メインメニューを開く

来歴編集

テレビドラマ『北の国から』や『ふぞろいの林檎たち』を見て演技に興味を持ち、監督になろうと日本大学芸術学部映画学科を受験したが不合格となり、早稲田大学第一文学部フランス文学専修に入学した[2]。大学在学中に演劇サークル「劇団森」、パントマイム集団「舞夢踏」に所属し役者活動を始める[1]1993年加藤健一事務所俳優教室に第8期生として入室[1]、その後卒業。1994年に劇団森出身者を中心に演劇企画ユニット「CAB DRIVER」を結成し、第1回公演『茹でた玩具』ののち個々の活動を経て、1997年、再結成[3]。同ユニットでは主宰を務め、全ての本公演に出演し、全ての企画立案を担っている[4]。大学を7年半かけて卒業した後は、損保会社のコールセンターで夜勤しながらCAB DRIVERの公演をはじめとする舞台を中心に活動していた。2000年4月、自身が演出・主演した『七部袖、ほくろ』がパルテノン多摩小劇場フェスティバルでグランプリなど主要3部門を受賞[2]

その後、芸能事務所に籍を置き、活動の中心を舞台から映像へ移す。2004年3月に出演したみずほ銀行CM「優遇される男」篇を皮切りに大手企業のCMに多数起用される[2]

人物・エピソード編集

特技はパントマイム料理、昔の野球選手の形態模写。趣味はサッカー、映画鑑賞。普通自動車第一種免許、損害保険初級資格を所持。私生活では二児の父[2]

笹野高史を理想的な形で俳優活動をしている人物に挙げており、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』への出演も笹野と共演できることに魅力を感じたことを理由としている[1]。一方、笹野も矢柴について目をつけている好きな俳優の1人に挙げており、自身の趣味に合う良い芝居をすると評している[5]

演技について、ただセリフを覚えたり指示された動きをこなすのではなく、役柄の個性を自発的に考えて貪欲に作り上げていくべきであるとの持論を持っており、『ニンニンジャー』で共演した矢野優花中村嘉惟人らはこのことをアドバイスされたことが転機になったことを述べている[6]

出演編集

テレビドラマ編集

CM編集

他多数

映画編集

Webドラマ編集

PV編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 38-39, 「NINNINGER MAIN CAST INTERVIEW_07 矢柴俊博」
  2. ^ a b c d 【矢柴俊博】“名脇役”の出演料「有名俳優とは2ケタ違います」”. ZAKZAK (2011年10月26日). 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ WHAT'S CAB DRIVER”. CAB DRIVER. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ 矢柴俊博の履歴”. CAB DRIVER. 2013年5月2日閲覧。
  5. ^ ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 40-41, 「NINNINGER MAIN CAST INTERVIEW_08 笹野高史
  6. ^ ニンニンジャー公式完全読本 2016, pp. 28、39.
  7. ^ おさらい - フジテレビ その原因、Xにあり! 2017年5月5日(金) 放送
  8. ^ “https://www.oricon.co.jp/news/2115736/full/”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2115736/full/ 2018年9月7日閲覧。 
  9. ^ 矢柴俊博が、関西テレビ ドラマスペシャル「FLY!BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました」に、田村龍平役で出演します。
  10. ^ フィギュア王』No.209、ワールドフォトプレス、2015年6月24日。
  11. ^ キャラクター”. 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド 公式サイト!. 2016年1月23日閲覧。

参考文献編集

  • 手裏剣戦隊ニンニンジャー公式完全読本 天下無敵』ホビージャパン、2016年6月25日。ISBN 978-4-7986-1248-5

外部リンク編集