アカデミー国際長編映画賞ポーランド代表作品の一覧

ウィキメディアの一覧記事

ポーランドは1963年に初めてアカデミー国際長編映画賞[nb 1]に映画を出品した。

パヴェウ・パヴリコフスキ監督による『イーダ』がポーランド代表としては初の受賞作となった。

アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としており[3]1956年度より設置されている[4]

代表作編集

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している[4]。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[3]。以下はポーランドの代表作品の一覧である。

2021年度までにポーランドは57本の映画を出品しており、その内ノミネートに至ったのは12本、受賞したのは2014年度の『イーダ』のみである[5]


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 原題 監督 結果
1963
(第36回)
水の中のナイフ Knife in the Water Nóz w wodzie ロマン・ポランスキー ノミネート
1964
(第37回)
パサジェルカ Passenger Pasażerka アンジェイ・ムンクウィトルト・レシェウィッチ 落選
1966
(第39回)
太陽の王子ファラオ Pharaoh Faraon イェジー・カヴァレロヴィチ ノミネート
1968
(第41回)
Matthew's Days Żywot Mateusza ヴィトルド・レシチンスキ 落選
1969
(第42回)
すべて売り物 Everything for Sale Wszystko na sprzedaż アンジェイ・ワイダ 落選
1970
(第43回)
The Taste of Black Earth Sól ziemi czarnej カジミェシュ・クッツ 落選
1971
(第44回)
Family Life Życie rodzinne クシシュトフ・ザヌッシ 落選
1972
(第45回)
Pearl in the Crown Perła w koronie カジミェシュ・クッツ 落選
1973
(第46回)
Copernicus Kopernik エパ・ペテルスカチェスワノ・ペテルスキー 落選
1974
(第47回)
遠雷 The Deluge Potop イェジー・ホフマン ノミネート
1975
(第48回)
約束の土地 The Promised Land Ziemia Obiecana アンジェイ・ワイダ ノミネート
1976
(第49回)
夜と昼 Nights and Days Noce i dnie イェルゼイ・アンツァック ノミネート
1977
(第50回)
Camouflage Barwy ochronne クシシュトフ・ザヌッシ 落選
1978
(第51回)
Death of a President Śmierć prezydenta イェジー・カヴァレロヴィチ 落選
1979
(第52回)
ヴィルコの娘たち The Maids of Wilko Panny z Wilka アンジェイ・ワイダ ノミネート
1980
(第53回)
Olympics 40 Olimpiada 40 アンジェイ・コトコフスキ 落選
1981
(第54回)
鉄の男 Man of Iron Człowiek z żelaza アンジェイ・ワイダ ノミネート
1985
(第58回)
Yesterday Yesterday Radosław Piwowarski 落選
1986
(第59回)
Axiliad Siekierezada ヴィトルド・レシチンスキ 落選
1987
(第60回)
ヒーロー・オブ・ザ・イヤー Hero of the Year Bohater roku フェリクス・ファルク 落選
1988
(第61回)
A Short Film About Love Krótki film o miłości クシシュトフ・キェシロフスキ 落選
1989
(第62回)
Kornblumenblau Kornblumenblau Leszek Wosiewicz 落選
1990
(第63回)
コルチャック先生 Korczak Korczak アンジェイ・ワイダ 落選
1991
(第64回)
ふたりのベロニカ The Double Life of Véronique Podwójne życie Weroniki クシシュトフ・キェシロフスキ 落選
1992
(第65回)
All That Really Matters Wszystko, co najważniejsze ロベルト・グリンスキ 落選
1993
(第66回)
Squadron Szwadron ジュリアス・マチュルスキ 落選
1994
(第67回)
トリコロール/白の愛 Three Colors: White Trzy kolory. Biały クシシュトフ・キェシロフスキ 落選
1995
(第68回)
からす達 Crows Wrony ドロタ・ケンジェルザヴスカ 落選
1996
(第69回)
At Full Gallop Cwał クシシュトフ・ザヌッシ 落選
1997
(第70回)
Love Stories Historie miłosne イエルジー・スチュエル 落選
1999
(第72回)
パン・タデウシュ物語 Pan Tadeusz Pan Tadeusz アンジェイ・ワイダ 落選
2000
(第73回)
Life as a Fatal Sexually Transmitted Disease Życie jako śmiertelna choroba przenoszona drogą płciową クシシュトフ・ザヌッシ 落選
2001
(第74回)
クオ・ヴァディス Quo Vadis Quo Vadis イェジー・カヴァレロヴィチ 落選
2002
(第75回)
Edi Edi ピョトル・トシャスカルスキ 落選
2003
(第76回)
ポルノグラフィア 本当に美しい少女 Pornografia Pornografia ヤン・ヤコブ・コルスキ 落選
2004
(第77回)
The Welts Pręgi マグダレーナ・ピェコシュ 落選
2005
(第78回)
The Collector The Collector フェリクス・ファルク 落選
2006
(第79回)
Retrieval Z odzysku Sławomir Fabicki 落選
2007
(第80回)
カティンの森 Katyń Katyń アンジェイ・ワイダ ノミネート
2008
(第81回)
トリック Tricks Sztuczki アンジェイ・ヤキモフスキ 落選
2009
(第82回)
裏面 Reverse Rewers ボリス・ランコシュ英語版 落選
2010
(第83回)
All That I Love Wszystko, co kocham ヤツェク・ボルツフ 落選
2011
(第84回)
ソハの地下水道 In Darkness[6][7] W ciemności アニエスカ・ホランド ノミネート
2012
(第85回)
80 Million[8] 80 milionów ヴァルデマル・クシステク 落選
2013
(第86回)
ワレサ 連帯の男 Walesa. Man of Hope[9] Wałęsa. Człowiek z nadziei アンジェイ・ワイダ 落選
2014
(第87回)
イーダ Ida[10] Ida パヴェウ・パヴリコフスキ 外国語映画賞受賞[5]
2015
(第88回)
イレブン・ミニッツ 11 Minutes[11] 11 minut イエジー・スコリモフスキ 落選
2016
(第89回)
残像 Afterimage[12] Powidoki アンジェイ・ワイダ 落選
2017
(第90回)
ポコット 動物たちの復讐 Spoor[13] Pokot アニエスカ・ホランド 落選
2018
(第91回)
COLD WAR あの歌、2つの心 Cold War[14] Zimna wojna パヴェウ・パヴリコフスキ ノミネート[15]
2019
(第92回)
聖なる犯罪者 Corpus Christi[16] Boże Ciało ヤン・コマサ英語版 ノミネート[17]
2020
(第93回)
Never Gonna Snow Again[18] Śniegu już nigdy nie będzie マウゴシュカ・シュモフスカ英語版ミハウ・エングレルト英語版 落選
2021
(第93回)
Leave No Traces[19] Żeby nie było śladów ヤン・P・マトゥシンスキ英語版 落選

脚注編集

  1. ^ この部門は以前は「外国語映画賞」と呼ばれていたが、アカデミーが「外国」という言葉が時代にそぐわないと判断したために2019年4月に国際長編映画賞に変更された[1][2]

参考文献編集

  1. ^ Academy announces rules for 92nd Oscars”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ Academy Announces Rule Changes For 92nd Oscars”. Forbes. 2019年7月12日閲覧。
  3. ^ a b Special Rules for the Best Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月29日閲覧。
  4. ^ a b History of the Academy Awards - Page 2”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月21日閲覧。
  5. ^ a b Oscars 2015: Winners list”. BBC News. 2015年2月23日閲覧。
  6. ^ Poland to Submit Agnieszka Holland’s In Darkness for Oscars”. indiewire.com. 2011年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月22日閲覧。
  7. ^ 63 Countries Vie for 2011 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2011年10月14日閲覧。
  8. ^ 80 milionów polskim kandydatem do Oscara”. Polish Daily News. 2012年9月5日閲覧。
  9. ^ Oscars: Poland Nominates Andrezj Wajda's 'Walesa' in Foreign Language Category”. Hollywood Reporter. 2013年11月18日閲覧。
  10. ^ Oscars: Poland Anoints ‘Ida’ as Candidate for Foreign-Language Academy Award”. Variety. 2014年8月11日閲覧。
  11. ^ Poland Taps Thriller '11 Minutes' as Oscar Entry in Foreign-Language Race”. IndieWire. 2015年9月22日閲覧。
  12. ^ Holdsworth, Nick (2016年9月28日). “Oscars: Poland Selects 'Afterimage' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2017年6月18日閲覧。
  13. ^ Holdsworth, Nick (2017年9月9日). “Oscars: Poland Selects 'Spoor' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2017年9月9日閲覧。
  14. ^ Holdsworth, Nick (2018年9月24日). “Oscars: Poland Selects 'Cold War' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2018年9月24日閲覧。
  15. ^ Oscars 2019: The nominees in full”. BBC News. 2019年1月22日閲覧。
  16. ^ Barraclough, Leo. “Toronto Entry Corpus Christi Selected as Poland's Candidate in Oscar Race”. Variety. 2019年9月13日閲覧。
  17. ^ Academy Unveils 2020 Oscar Shortlists”. The Hollywood Reporter (2019年12月16日). 2019年12月17日閲覧。
  18. ^ Roxborough, Scott. “Oscars: Poland Selects 'Never Gonna Snow Again' for International Feature Category”. The Hollywood Reporter. 2020年8月10日閲覧。
  19. ^ Grater, Tom (2021年9月3日). “Poland Submits Venice Premiere 'Leave No Traces' To International Oscar Race”. Deadline. 2021年9月3日閲覧。

関連項目編集