メインメニューを開く

第76回アカデミー賞

目次

第76回アカデミー賞は2004年2月29日にコダック・シアターで発表・授賞式が行われた。司会はビリー・クリスタル。ノミネーションは2004年1月27日に行われた。

受賞結果一覧編集

概要編集

2003年度のアカデミー賞では、ピーター・ジャクソンの『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が、ノミネートとされていた11部門すべてを受賞して圧倒的な力を見せた。これは『タイタニック』、『ベン・ハー』に並ぶ数である。また、これまでノミネート部門ですべて受賞した作品は『恋の手ほどき』と『ラスト・エンペラー』があるが、共に9部門であり、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が新記録を立てたことになる。

日本からはに関する映画2本 - 助演男優賞に『ラストサムライ』の渡辺謙、外国語映画賞に『たそがれ清兵衛』 – がノミネートされた。

式典編集

司会編集

司会のビリー・クリスタルはこれで授賞式の司会は8回目となり、余裕の進行ぶりであった。『ターミネーター3』、『マスター・アンド・コマンダー』、『ファインディング・ニモ』、『恋愛適齢期』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、『ラストサムライ』といったヒット映画のパロディや、作品賞を紹介するメドレー、ロビン・ウィリアムズの物まねなどを披露した。

In Memorial編集

昨年亡くなった映画人を偲ぶIn Memorialにはトム・ハンクスが登場し、コメディアン・俳優のボブ・ホープ (2003年7月没)の功績を称えた。ボブ・ホープはアカデミー賞の司会を18回も務めた。また、ジュリア・ロバーツオスカーを4度受賞したキャサリン・ヘプバーン(2003年6月没)を紹介した。更に、アカデミー協会の会長フランク・ピアソンは、同じく協会の会長を務めたことのあるグレゴリー・ペック(2003年6月没)にスポットを当てた。その他には俳優のウェンディ・ヒラーホープ・ラングマイケル・ジェッターチャールズ・ブロンソンデヴィッド・ヘミングスアート・カーニーロバート・スタックグレゴリー・ハインズアラン・ベイツ、ドナルド・オコナー、アン・ミラー、脚本家のジョージ・アクセルロッドデヴィッド・ニューマン、監督のエリア・カザンジョン・シュレシンジャースタン・ブラッケージ、ドキュメンタリー作家のレニ・リーフェンシュタール、プロデューサーのレイ・スターク、作曲家のマイケル・ケイメンらの功績が称えられた。

プレゼンター編集

その他編集

ABCは放送中の不測の事態に対応するため、ライブではなく5秒遅れで授賞式を放映した。

候補と受賞の一覧編集

太字は受賞である。 また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。

作品賞編集

監督賞編集

主演男優賞編集

主演女優賞編集

助演男優賞編集

助演女優賞編集

脚本賞編集

脚色賞編集

撮影賞編集

編集賞編集

美術賞編集

衣装デザイン賞編集

メイクアップ賞編集

作曲賞編集

歌曲賞編集

音響賞編集

音響編集賞編集

視覚効果賞編集

外国語映画賞編集

長編アニメ映画賞編集

長編ドキュメンタリー映画賞編集

短編ドキュメンタリー映画賞編集

  • Asylum - サンディ・マクリード、ヴァージニア・レティカー
  • チェルノブイリ・ハート – マリアン・デレオ
  • Ferry Tales – カーチャ・エッソン

短編アニメ映画賞編集

  • ハーヴィー・クランペット - アダム・エリオット
  • バウンディン - バド・ラッキー
  • Destino – ドミニク・モンフェリー、ロイ・エドワード・ディズニー
  • Gone Nutty - カルロス・サルダーニャ、ジョン・C・ドンキン
  • Nibbles – クリストファー・ヒントン

短編実写映画賞編集

  • Die Rote Jacke - Florian Baxmeyer
  • Most – ボビー・ガラベディアン、ウィリアム・ザブカ
  • Squash - Lionel Bailliu
  • (A)Torzija - Stefan Arsenijevic
  • Two Soldiers - アーロン・シュナイダー、アンドリュー・A・サックス

外部リンク編集