パリ=オルリー空港

オルリー国際空港から転送)

パリ=オルリー空港(パリ=オルリーくうこう、: Aéroport de Paris-Orly[1])は、フランスパリ国際空港

パリ=オルリー空港
Aéroport de Paris-Orly
Vue Orly Sud Tour VORDME Orly.jpg
IATA: ORY - ICAO: LFPO
概要
国・地域 フランスの旗 フランス
所在地 エソンヌ県ヴァル=ド=マルヌ県
母都市 パリ
種類 民間
運営者 ADPグループ
標高 89 m (292 ft)
座標 北緯48度43分31秒 東経2度21分34秒 / 北緯48.72528度 東経2.35944度 / 48.72528; 2.35944座標: 北緯48度43分31秒 東経2度21分34秒 / 北緯48.72528度 東経2.35944度 / 48.72528; 2.35944
公式サイト パリ空港公式サイト
地図
イル=ド=フランス地域圏内の位置
イル=ド=フランス地域圏内の位置
LFPB
イル=ド=フランス地域圏内の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
02/20 2,400×60 アスファルト
06/24 3,650×45 コンクリート
08/26 3,320×45 コンクリート
夏時間:3月最終日曜日-10月最終日曜日
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

パリ=シャルル・ド・ゴール空港と並ぶパリの玄関口のひとつ。空港敷地は、オルリーを含むパリ南の郊外コミューン7つにまたがっている。主にヨーロッパ域内、中近東アフリカカリブ海方面へのフライトが就航している。

エールフランスイベリア航空エア・ノストラムブリットエアCCM航空シティジェットTAP ポルトガル航空が利用する西ターミナル「Orly Ouest」と、それ以外の航空会社が利用する南ターミナル「Orly Sud」の二つのターミナルビルがあったが、2019年3月より西ターミナルはオルリー1(Orly 1)、オルリー2(Orly 2)、新築された西と南を結ぶターミナルビルはオルリー3(Orly 3)、南ターミナルはオルリー4(Orly 4)となった[2]

歴史編集

開設編集

1932年に、ヴィルヌーヴ=オルリー空港(: Villeneuve-Orly Airport)として開港した。当時はル・ブルジェ空港の補助空港の位置付けだった。

第二次世界大戦編集

1940年、ナチス・ドイツのフランス侵攻によりフランスはドイツに占領された。オルリー空港はドイツ空軍に接収され、戦闘機や爆撃機の部隊が空港に駐留した[3]。その結果、オルリー空港は連合軍の攻撃対象となり、イギリス空軍アメリカ陸軍航空隊が繰り返し攻撃を行った。空港施設の多くが破壊され、滑走路には多数の爆弾痕が残った。

オーヴァーロード作戦により1944年8月にパリ周辺からドイツ軍が撤退した後、オルリー空港はアメリカ軍によって部分的に修復され、第9空軍英語版が戦術用飛行場A-47として使用した。第50戦闘群英語版が同年9月までこの空港から戦闘爆撃機P-47サンダーボルトを飛ばし、その後1945年10月まで連絡飛行隊がこの飛行場を使用した[4]

戦後編集

戦後も、アメリカ陸軍航空隊第1408部隊がオルリー空港を運営していた。陸軍航空隊は、ロカンクール英語版にある欧州連合軍最高司令部(SHAPE)を支援するために、空港の一部を使用していた。1947年3月、フランス政府に管理権が返還された。1967年、フランスがNATOの統合軍事司令部から離脱したことから、フランス以外のNATO軍はフランスの退去を求められた[5]

ル・ブルジェ空港の容量制限のため、エールフランスは1952年に全ての運航をオルリー空港に移した[6]

1970年9月27日、手荷物ロッカー室で爆発が発生、空港従業員1人が負傷。ル・ブルジェ空港でも航空機に積み込まれる予定であった荷物が爆発する事件があった[7]

1974年にシャルル・ド・ゴール空港(CDG)が開港して、ほとんどの国際線が移管され、以降はフランス・ヨーロッパ域内および旧フランス領土への旅客・貨物路線の発着が主となっている。

新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響により、2020年4月1日から同年6月25日までの間、オルリー空港からの全ての商業運航が停止され[8][9]、シャルル・ド・ゴール空港に移された。その間、オルリー空港は政府の航空機や、緊急時の迂回、医療避難のために使用された。

就航会社と就航地編集

航空会社 就航地
  エールフランス ヨーロッパ: ニーストゥールーズマルセイユアジャクシオ英語版バスティア英語版ビアリッツブレスト英語版ボルドーカルヴィ英語版クレルモン=フェラン英語版フィガリモンペリエ英語版ペルピニャン英語版ポー英語版トゥーロン英語版

アフリカ: サン=ドニ

  エールフランス

運航は  オップ!

ビアリッツ、ブレスト、クレルモン=フェラン、ルルド英語版リヨンロリアン英語版、モンペリエ、ナント、ペルピニャン、ポー、トゥーロン、カンペール英語版アジャン英語版ブリーブ・ラ・ガイヤルド英語版ミュールーズ(ユーロエアポート)オーリヤック英語版カストル英語版
  エール・コルシカ アジャクシオ、バスティア、カルヴィ、フィガリ
  コルセール・インターナショナル ポートルイスダカールアビジャンザウジ英語版、サン=ドニ、アンタナナリボ
  トランサヴィア・フランス英語版 ヨーロッパ: エディンバラナポリヴェネツィアカターニアヴェローナアムステルダムウィーンプラハダブリンブダペストドゥブロヴニク英語版スプリト英語版バレッタリスボンファロポルトフンシャルアテネヘラクリオン英語版サントリーニ英語版テッサロニキティラナマドリードバルセロナパルマ・デ・マヨルカマラガイビサセビリアバレンシア

中東: テルアビブ/ベン・グリオンベイルート
アフリカ: カサブランカアガディールフェズウジダ英語版マラケシュタンジェエッサウィラ英語版チュニスジェルバモナスティル英語版ダフラ英語版
季節運航: ティヴァトミコノス島英語版ハニア英語版ケルキラ島

  フレンチ・ビー サン=ドニ
  ツインジェット リモージュ英語版ペリグー英語版ルピュイ英語版
  シャレールエア英語版 ランニオン英語版
  ブリティッシュ・エアウェイズ

運航は BAシティフライヤー

ロンドン/シティ
  イージージェット ニース、トゥールーズ、ベルリン/シェーネフェルトミラノ/リナーテ、ローマ/フィウミチーノ、ナポリ、ピサ、ヴェネツィア、ジュネーヴ、ファロ

季節運航: オルビア英語版ブリンディジ英語版カリャリ英語版ロードス島

  ブエリング航空 ミラノ/マルペンサローマ/フィウミチーノフィレンツェコペンハーゲン、リスボン、ポルト、バルセロナ、アリカンテ、パルマ・デ・マヨルカ、テネリフェ/スール、マラガ、ビルバオ、イビサ、バレンシア、グラン・カナリアランサローテメノルカ
  イベリア航空 マドリード
  エア・ヨーロッパ マドリード、パルマ・デ・マヨルカ
  ITAエアウェイズ ミラノ/リナーテ
  トランサヴィア アムステルダム
  TUIフライ・ベルギー カサブランカ、アガディール、ウジダ、マラケシュ、ラバト、タンジェ
  イージージェット・スイス英語版 ジュネーヴ
  ノルウェー・エアシャトル ストックホルムオスロ

季節運航: ベルゲン

  ノルウェー・エア・インターナショナル英語版 ヘルシンキ、コペンハーゲン
  アイスランド航空 レイキャヴィーク
  マルタ航空 バレッタ
  TAPポルトガル航空 リスボン、ポルト
  ペガサス航空 イスタンブール/サビハ
  イラン航空 テヘラン/エマーム・ホメイニー
  ロイヤル・エア・モロッコ カサブランカ、アガディール、フェズ、マラケシュ、タンジェ、ワルザザート
  ロイヤル・エア・モロッコ

運航は  ノーベルエア英語版

アガディール、フェズ、ウジダ、マラケシュ、ラバト
  チュニスエア チュニス、ジェルバ
  アルジェリア航空 アルジェ、アンナバ英語版、オラン、ベジャイア、バトナ英語版ビスクラ英語版、コンスタンティーヌ、セティフ、トレムセン

過去の就航会社と就航地編集

航空会社 就航地
  AOMフランス航空 東京[10]ニース[10]トゥールーズ[10]

アクセス編集

(主なもののみ掲載)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Présentation de l'aéroport Paris-Orly sur le site officiel de l'exploitant Aéroports de Paris. Consulté le 24/08/2012.
  2. ^ Orly 1-2-3-4” (フランス語). www.parisaeroport.fr. 2020年10月1日閲覧。
  3. ^ The Luftwaffe, 1933–45”. 2015年6月2日閲覧。
  4. ^ Johnson, David C. (1988), U.S. Army Air Forces Continental Airfields (ETO), D-Day to V-E Day; Research Division, USAF Historical Research Center, Maxwell AFB, Alabama.
  5. ^ McAuliffe, Jerome J. (2005). US Air Force in France 1950–1967. San Diego, California: Milspec Press, Chapter 14, Paris-USAF Operations. 978-0-9770371-1-7.
  6. ^ Paris Charles de Gaulle Airport - Part 1” (英語). A VISUAL HISTORY OF THE WORLD'S GREAT AIRPORTS. 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ 空港で連続爆発 パリとロンドンで三件『朝日新聞』1970年(昭和45年)9月28日朝刊 12版 3面
  8. ^ Paris's Orly airport to shut as passenger numbers plunge amid coronavirus crisis”. France 24. France Médias Monde (2020年3月31日). 2020年8月18日閲覧。
  9. ^ O'Brien, Chris (2020年6月25日). “Paris Orly Airport Reopens Friday After Being Closed For 3 Months”. Forbes. 2020年8月19日閲覧。
  10. ^ a b c Denis Fainsilber (1994年12月15日). “Le Crédit Lyonnais remet 300 millions dans AOM”. Les Echos. 2017年11月7日閲覧。
  11. ^ a b c d Paris-Orly en transports en commun http://www.parisaeroport.fr/passagers/acces/paris-orly/transports-en-commun

外部リンク編集