ゴルゴ13 (架空の人物)

漫画『ゴルゴ13』に登場する架空の人物
ゴルゴ13 > ゴルゴ13の登場人物 > ゴルゴ13 (架空の人物)

ゴルゴ13(ゴルゴサーティーン)は、 さいとう・たかを作の劇画ゴルゴ13』に登場する超A級スナイパー狙撃手)の主人公で架空の人物。

ゴルゴ13
ゴルゴ13のキャラクター
登場(最初) 第1話「ビッグ・セイフ作戦」
作者 さいとう・たかを
プロフィール
別名 デューク・東郷
生年 1930年代後半から1940年代前半
性別 男性
身長  182cm
体重 80kg
血液型  A
肩書き  スナイパー
テンプレートを表示

以下のサブタイトルの作品が載っている本はゴルゴ13のエピソード一覧を参照。

人物編集

個人情報編集

  • 性別:男性
  • 生年月日・年齢・国籍・経歴:いずれも不明[1]。素性については多くの仮説が立てられているが、正確なところはわかっていない。出生については作品の中で複数の説や憶測が語られている。
  1. 彼の父親は2・26事件の首謀者の一人であった将校だったが、事件後暇乞いに訪れた実家の父親から自分が純粋な日本人ではないことを知らされ、日本を離れることを勧められる。父親は自宅に放火して自殺。軍はその焼死体が将校であるとして事件をうやむやにした。将校はシベリアにわたり、そこで亡命貴族の娘との間に子供が生まれ、それがゴルゴ13ではないかという説。父親は中国の核実験に巻き込まれ瀕死の重傷を負うが、中国が核実験を隠蔽するために彼の殺害を企てる。その暗殺を未然に防いだのがゴルゴ13だった。(『蒼狼漂う果て』)
  2. 毛沢東八路軍が日本人の戦争孤児を拾い、毛沢東がその才能に着目し武器の扱いや格闘技、語学などの英才教育を行った。それがゴルゴ13ではないかという説。(『毛沢東の遺言』)
  3. 日本軍が日満の関係強化のために、日本人の由緒ある軍人の子息と清朝の王族の血を引く娘とを政略結婚させ、その結果生まれたのがゴルゴ13であるという説。

上記のことより、ゴルゴ13の生まれた年は、1930年代後半から遅くとも1940年代前半までであろうことが推定される。 これは、ジョン・F・ケネディ暗殺(『統計解析射撃』など)や、ダグ・ハマーショルド暗殺(『300万通の絵葉書』)もゴルゴの仕業と噂されることから、「1960年代当時で、彼が20代」であると仮定すれば、逆算するとやはり1930年代後半生まれということになるが、作品の連載が長期に渡ったことから、ゴルゴ13の年齢設定は完全に破綻しており、これは作者自身が認める所である。

  • 本名:不明。ゴルゴ13 (Golgo13)、またはその頭文字から G とも呼ばれる。しかし普段自らゴルゴ13と称することはほとんどなく、自称、他称含めてデューク・東郷(デューク・とうごう、Duke Togo)と呼ばれることの方が多いが偽名と推定され、依頼内容や状況に合わせその他の名前を名乗ることもある(東郷隆、トーゴ・ロドリゲスなど)。
  • 職業:自身の発言によれば「スナイパー」(『落日の死影』)、「狙撃屋」(『ANGRY WAVES』)。
  • 身長は182cm、体重は80kg(『ゴルゴ13のすべて』[2])。さいとうによれば連載開始当初は相当な大男のつもりであったが、2014年現在から見るとそれほどでもなくなった[3]
  • 外見:東洋系。外見からは日本人、日露混血、日ユ混血、日中露混血などの推測がある[4][5]。短髪。無駄のない筋肉質の体を持ち、全身に無数の傷跡(銃創、切り傷など)がある。「剃刀の刃」と形容される鋭い目つき、猛禽類の翼のような眉毛が印象的。髪の色は黒、瞳の色は鳶色(『冷血キャサリン』)。
  • 能力:オリンピック選手のフィジカルコーチだった人物を驚愕させる[6]ほどバランスの良い運動能力を持つ(『36000秒分の1秒』)。また、どのような苦境に陥っても諦めることのない強靭な精神力だけでなく、自身を「臆病」と表現するほどの用心深さと、目的を達成するためには何時間でも辛抱強く練習を繰り返す忍耐強さもある。
  • 血液型:A型(『7号コテージ事件』など。彼の個人情報の中で、血液型、利き腕、身長、体重、性別は明確に判明している)
  • 利き腕:右(ただし、左手も右手同様に使えるよう訓練されているため、実質的には両利きともいえる)
  • 住居:世界各地にセーフハウス(隠れ家)を持っている。休養の時などに使うようだが、敵襲にも対応できるよう建物の立地場所や構造などが考えぬかれており、武器なども充分に保管されている。『禍なすもの』に登場したゴルゴの山荘は外見は小さなログハウスだが、窓は全て防弾ガラス、ドアは鉄板入り、丸太の壁の中には鉄筋コンクリートが仕込まれており、さらには核攻撃まで想定したらしく、地下に核シェルターまで備えられていた。
  • 持病:年に一度程度、腕の筋肉に力が入らなくなる症状を発症する。ギラン・バレー症候群に似ているが、可能性は作中で否定されている(『喪服の似合うとき』)。一度、修験道による特訓によって克服を試みているが、中止を余儀なくされた(『震える修験者』)。
  • 第三者の評価:国際的テロリスト。超一流のプロフェッショナル。超A級のスナイパー。狙われればアメリカ大統領でも助からない。他に、神、モンスター、死神、黄色い魔神(『バイオニック・ソルジャー』)、白い巨人様(ヒガンテ・ブランコ、『白い巨人』)、20世紀最大の謎(『マークのリクエスト』)など。
  • 一話(一度の依頼)において、最も多い殺人数は約2,000人。線路のポイントを切り替え、精鋭部隊が隠れて乗っていた貨物列車を摂氏零下の湖に沈めて溺死させた(『ロシア・クライシス』より)。

性格編集

  • ビジネスライクな姿勢を重んじる。
    • 無駄な会話をせず、相手の無駄な言動も好まない。しかし、相手によって口数の多さを許容したり、相手の矛盾や嘘を突くために警告を含んだ皮肉を言う場合もある。
    • 時間厳守。状況により早めに会合場所に潜み、依頼人の様子及び接触場所の状況を偵察する場合がある。
    • 相手が依頼人でも挨拶はしない。相手が誰であれほとんど敬語は使わず[7]、老若男女問わず同じような態度で接する。例外としては、自らの命を救ってくれたような相手及びその親族に対しては敬語を使用する事がある。
    • 自らの仕事のスタイルを相手にも要求し、同意されない場合は依頼を受けない。
  • 喜怒哀楽の表現がほとんどない。『ゴルゴ学』によれば、ゴルゴが笑っているのは、「ビッグ・セイフ作戦」「デロスの咆哮」「黒い熱風」「力は我々にあり」のわずか4話。加えて「ミッドナイト・エンジェル」では苦笑しているシーンがある[8][9]
    • 時には態度や目つき、佇まい、または強い語気で不満や怒りの感情を表すことがある(ただし仕事を遂行する上で必要な場合はそうとは限らないと思われる)。
    • ゴルゴ曰く「強すぎることは、弱すぎることと同じくらい悪い。強すぎることで、自分を過信してしまい殺されてしまう」と述べている(『ザ・スーパースター』)
    • 自ら手を下した遺体の手を組む、所有物を供えるなど死者を弔う稀有な例もある。
  • 第三者からは、常に冷静沈着に見られている。反面、自らは性格について「ウサギのように臆病だから」と述べている(『ザ・スーパースター』)。また作者のさいとうも、臆病である、堂々としていない、と語っている[3]
    • 自分と比肩しうるプロフェッショナルを相手に戦う前、微かな動揺を悟られているシーンがある。
    • 臆病な性格は、敵の罠を事前に察知したり、窮地を脱して生き抜く術として不可欠である、という趣旨のことを自らの命を狙った相手に話したことがある。
  • 基本的に他者との交流を好まない。自らが大怪我を負って無意識の状態ですら、近づいてきた人間に対して「ノーサンキュー」「放っておいてくれ」など各国語で伝えようとする(『バスク・空白の依頼』)。
  • 逆に任務に関係することであれば、他者とのやり取りは厭わない。
    • 相手を年齢・人種・性別・身分などで区別・差別することはなく、彼にとってはアメリカ大統領の言葉すら道ばたの酔っぱらいの戯言と同じである(当の大統領自身がそう独白している)。
    • 必要な場合は、仕事の遂行に最適と思われる相手を最適な方法で必ず手伝わせることに尽力する。
    • 自らが命を救われたなど、恩恵を受けたと判断した相手には、手を尽くして報いようとする。
      • 恩人に対しては敬意を表し、(普段が無愛想な口調とは思えないほど)丁寧に接する(『パッチワークの蜜蜂たち』)。
      • 恩人が亡くなった場合、その人が運営していた慈善団体へ莫大な金額を匿名で寄付したり(『感謝の印』)、その人物の家族のトラブルに無償で対処したことがある。
      • 依頼を遂行中に出会った恩人が亡くなった場合、その恩人の願いが叶う方法でターゲットを殺害する(『熱砂の彼方に』)。
    • 狙撃相手に飼われているペットがいた場合、必要ならペットに対しても正面から応対する(『南仏海岸』)。
    • 忠実な協力者には労いの言葉をかけたり、弱音を吐けば叱咤するなどして、モチベーションを上げさせる場合もある。結果が思わしくない時にはフォローも行う(『ブーメランを持つ女』など)。
      • 協力者の責任で危機に陥いったり、状況が良くない場合に「気にするな」「俺の責任ということだ」など(『最後の酒』など)。
      • 協力者が遂行途中で死を迎える事態になった場合、後のことは自分がやりとげる旨を伝えたりする。
    • 協力者には(暗に口止め料を含めた)高額な報酬で(貨幣とは限らない)報いる。
      • ゴルゴの依頼を完遂した後、その協力者が心境の変化(「これは既に自分自身の仕事として行動したから」といった旨)で報酬を断ったが、ゴルゴは「それと自分の依頼は別の事」「ルールに抵触しなければ何をしようと自由だ」といった旨の返答をし、契約通りに報酬を支払っている。なお、この協力者は依頼の途中でターゲットに狙撃されかけるアクシデントに見舞われているが、それに対するゴルゴのフォローも含まれているのかは不明(『殺人マニュアル』)。
    • 相手が協力を望まない場合でも様々な手段で手伝わせようとする。協力させるために必要なら、無償で仕事を引き受ける場合もある。
    • 依頼とは関係のない第三者の所有物が仕事のためにどうしても必要で、それを盗まねばならないときは、盗んだ物の対価として多額の現金を置いて立ち去る(『極限標的』)。

以上、接した者に強い印象を残し、また分析しようとすると極端すぎるという、相反を併せ持つ性格の持ち主。作中、ゴルゴの分析にあたったFBI主任捜査官は、「社会不適格者(ソシオパス)」と総括した。

初期の性格編集

上記のゴルゴの性格は、長期に渡る漫画連載によって形成された物であり、初期作品においては後年での作中描写とは違っている点がある。当作品に限った話ではなく、長期連載作品の宿命とも言えるものであるが、若く未熟だったゴルゴが歳月を経て成長したとも解釈できる。

感情がハッキリ顔に出る。
  • ハッキリと驚いた表情を浮かべる(『ビッグ・セイフ作戦』、『殺意の交差』)
  • 相手を罠にはめた時など、皮肉たっぷりにニヤリと笑う(『黒い熱風』)
  • 自分に不都合なことがあれば、舌打ちなどもみられる。
  • 肉体関係を持った一般女性を殺害する時に、苦悩の表情を浮かべる(『白夜は愛のうめき』)
  • ピンチに陥った時、自身に問いかける場面がある(『ブービートラップ』)
  • 窮地に陥った時に、わかりやすく動揺する。
後年での作中描写に比べて、注意力が足りず、警戒心が薄い。
  • 一般人の女性がゴルゴの後を付いて来ても気づかず、狙撃の現場を目撃される。(『白夜は愛のうめき』)
  • 他人を狙った爆弾に巻き込まれて爆死しかける(ゴルゴは爆弾の存在やその背後関係には全く気が付いておらず、爆死を免れたのも単なる幸運だった)(『殺意の交差』)
  • 狙撃されかけたことがある(『そして死が残った』)
口数が多く、余計なことも口にする。
  • ターゲットが偽者と分かった理由を長々と喋る(『デロスの咆哮』)
  • ターゲットの殺害前に暗殺される理由を説明したり、自分の名前を名乗ったりする(『檻の中の眠り』)
  • 囚人としてゴルゴがやって来た刑務所の所長に、(死刑囚であるターゲットに近づくための手段とも考えられるが)多数侮辱的な言葉を吐き、挑発する(『檻の中の眠り』)
  • 刑務所からの脱獄中という緊迫した状況にもかかわらず、ハレーションの原理などを長々と解説する(『檻の中の眠り』)
  • 依頼人からの報酬を受け取る際に「たしかに………領収書はいらないだろうね?」とジョークを言ったことがある(『ビッグ・セイフ作戦』)

作者によれば、ゴルゴが無口になったのは「ゴルゴ自身で語らせるよりも周囲の人間に語らせたほうが面白い」という作劇上の都合である。なお、無口がゴルゴの性格として定着した以降においても、ストーリー上の都合でどうしてもゴルゴに語らせる必要がある場合、稀にゴルゴが饒舌になることがある(『百人の毛沢東』において、ターゲットである漢卑将軍を殺す直前の会話、など)。

名前の意味編集

  • ゴルゴタの丘イエス・キリストに荊の冠をかぶせて殺した13番目の男」つまり、神に背を向けた、13番目という不吉な数字を背負った男という意味であると言われる。本作のロゴマークには、荊の冠をかぶった白骨化したキリストをあしらったものもある。また自身をキリストと認識したコンピュータプログラム「ジーザス」が、2000年前の復讐としてゴルゴを抹殺しようとしたことがある(『15-34』)。
  • 以前収監された刑務所で囚人番号が1214であり、その際に生きて出てきたものはいないとされる独房(通称:ゴルゴタの棺桶)から生還したことから、囚人達にそう呼ばれていた(『ビッグ・セイフ作戦』、『檻の中の眠り』)。
  • 相手に自ら名乗っている(『檻の中の眠り』)。
  • ドワイト・D・グリンヒルが頭取を務めるスイス銀行にあったゴルゴ13の口座の番号は「F5・R6・I5・D1・A3・XY」となっていた。数字だけ抜くと「56513」になる。英文字を抜くと「FRIDAXY」となり、「FRIDAY」と解釈すれば「13日の金曜日」に通じる。(リイド社コミックス第3巻『最後の間諜―虫―』)

服装及び所持品編集

  • 服装:ビジネススーツを中心にTPOに合ったもの。地域の環境や風土に適応した民族衣装を着る場合もある。
  • 下着:ブリーフ
  • 腕時計:正確性よりも核爆発などの磁場の影響を受けない信頼性を優先し、スイスの高名な時計職人の自動巻時計を愛用。この時計にはナイフ・爆発物など特殊な機構が組み込まれている(『螺旋』、『海神が目覚める』)。
  • ライター:様々なタイプのライターが登場するが、ダンヒルに代表されるローラータイプが多く登場する。
  • 財布:必要に応じ、各国の紙幣を十分用意して携行する(『バスク・空白の依頼』など)。ただし、クレジットカードを所持していないわけではなく、ITに強いハッカーなどに利用履歴から足取りをたどられたり、無効化されて行動を制限されることもある(『シリコンアイランド』など)。
  • 護身用品
    • 左腋の下に取り付けたショルダーホルスターに拳銃
    • 足首にナイフもしくは拳銃
    • 硬貨に偽装された小型ナイフ
    • 腕時計には仕込み刃がある
    • オイルライター、葉巻または煙草の箱、万年筆に偽装した手榴弾。
    • 移動時の車などには拳銃、愛用のM16を備えつけて置くこともあるが、特に規制や検問が厳しい国や地域ではその限りではない。
    • 使用するコテージの室内には寸鉄が置かれている。

その他:トルコ産のトレンドの葉巻(『黒い熱風』より)、または紙巻タバコ。黒のアタッシェケース

  • 使用する石鹸は王族も御用達の一流品。

劇画の中では、「英国王室御用達のブラウン・ウインザーの石鹸」と説明されている。しかし、ここ数十年間、実際の英国王室御用達の石鹸ブランドは『BRONNLEY of LONDON』と『D.R.HARRIS』の2社。

信条編集

自分のルールを厳格に守り、生き抜くことを第一に考える。仕事は完遂するために最大限の努力をする。

時間厳守
指定された面会場所に依頼人が遅れてくると依頼を破棄することがある。ただし、依頼人や自分自身に止むを得ない事情で遅れた場合は融通が効く場合もある。
自衛行動
相手が誰であろうと自分に危害を加える者を許さない。背後に立たれることを極端に嫌い、立たれると反射的に殴り飛ばし、特に不意に相手に立たれた場合には、ゴルゴ自身の意思に反して勝手に身体が動いて殴り倒してしまう。依頼内容を聞く際も分厚い壁や太い柱を背にして聞く場面が多い。ただし、状況として止むを得ず背後に相手がいる必要があり、ゴルゴ自身が事前にそれを心得ていた場合は意識して抑えることもできる(正体を隠す必要があるとき、ボディーチェックを受けるとき、運転する自動車の後部座席に誰かが乗るなど)。
また、利き手を相手に預けることを嫌い、握手はしない。ただし相手の能力を測る場合、自分の正体を隠している際に握手をするのが自然な場合など、必要があればする(『生存確率0.13%』、『G資金異聞 潮流激る南沙』)。また、接触した相手が自分と全く握手をしなかったことから、自分と同じ「その道の人間」と気付いたことがある(『デロスの咆哮』)。
他者とは極力関わらない
任務に関係のない他者の生命の問題には一切介入しない。たとえば射撃テストのために鳥を撃つことはあっても(『バイオニック・ソルジャー』)、ランニング・トレーニングにおいては、巣から落ちている鳥の卵は踏まないように避けている。ただし逆に巣に戻すこともしない(『静かなる草原』)。

習慣編集

睡眠
睡眠中も常に周囲を警戒しており、睡眠時は、自分の傍らに銃を置いて寝る(『夜は消えず』など多数)。殺気を感じた場合は、寝ていながら相手にナイフを向けるなど無意識の反撃姿勢をとる(『ゴルゴ in 砂嵐』など多数)。敵の奇襲に対して臨機に応戦できるよう、靴を履いたままベッドで眠ることがある(『みな殺しの森』)。
また訓練と音の暗示によって、睡眠状態から瞬時に覚醒し任務を遂行する能力を身につけた(『テレパス』)。
飲食
飲料などは新品の封を切った物からしか飲まない。他人から渡された物も相手が口にし、安全を確信するまで使用しない。食事に関してはレストランなどで出された食事を普通に食べているが、食事に毒物を入れられた際には簡単にそれを見破っているため、食物に毒物を混入されても見破る自信があっての行動と思われる(『キャサワリー』)[10]。またも使える(『チャイナ・タウン』)。食事のマナーに関しては、依頼人から修羅場を多くくぐってきた人物とは思えない優雅な手付きと称賛される一方(『黒い星』)、レストランでステーキを食べながら電話をかけるなどあまり行儀がいいとは言えない時もある(『戦艦ヨークシャーの反乱』)。
医療
飲食と同じく、薬物など他人から渡された物をそのまま摂取することはせず、同じ物を摂取するなど安全が確信できるまで使用しない(『アルヘンチーノ・ティグレ』、『36000秒分の1秒』)。毒物が入っていないかを確認した場合、直後に吐き出させたり、直前に制止させる。
休暇
1年のうち必ず1ヶ月は全く活動せず、何をしているのか不明な期間がある(『おろしや間諜伝説』)。モンタナ州の田舎にあるロッジでリフレッシュしていた場面があった。ロッジは全面防弾で発電機を備えているばかりか地下に核シェルターまで備えてある代物で、その中でも常に銃を携帯して過ごすなど、強い警戒は普段通りだったが、屋上に椅子を置いて寝込む所が見られた。周囲の住民の様子を見る限り、定期的に使用していると思われる(『禍なすもの』)。
また大型クルーザーを所有しており、休暇、および健康維持管理の施設として用いている。執事がひとりおり、その話によると休暇中は主に本を読んで過ごしている(『いにしえの法に拠りて』)。

知名度編集

本人の意向もあり、一般人には知られていない。公にしようとした者は阻止される。各国の権力者、軍事・警察関係者の重要人物には知られているが、それらの組織の中でも下の方の要員には知らされていない。

  • 各国政府首脳や、情報機関、高位の役人などの権力者は連絡ルートと存在を把握している。友好国同士、常に彼の動きを連絡し合っている(『闇の封印』)。
  • 国際連合事務総長は、代替わりの際にコンタクト方法を継承している。
  • ただし日本の役人の中にはゴルゴを知らない者がおり、他国の役人にその無知を呆れられたことがある。
  • 警察や犯罪組織、企業や個人は極限られた人間しか存在を知らない。FBI本部のそばに素顔でいても周囲の警官に咎められもしなかった(『宴の終焉』)。しかし捜査情報や記録としてはファイルやパソコンに記録されているため、時として一刑事や一般人に存在や連絡方法、犯罪歴を知られてしまう場合もある。
  • 保存されている資料は記録されている内容には乏しく、たとえ記録が存在してもゴルゴ自身が不都合と判断して廃棄させるように働きかけるケースもある。そのため顔写真もあまり出回っていないせいか、ゴルゴの存在が噂と認識されてしまうことすらある。第三者が偶然に写真や映像に撮ろうとしても避けるため、なかなか撮影できない(『トリポリの埋葬』では、日本の公安一課特殊処理班に「植物図鑑A-32 鬼百合」という暗号名で資料がある)。
  • 依頼を必ず遂行するという評判から、知っている者はアメリカ合衆国大統領でさえ極力敵対を避ける。
    • 過去に軍隊の排除をゴルゴに依頼した紛争国のある村には、周辺に軍隊が近づかない空白地域になっている(『静かなる記念日』)。
    • 団体の中にゴルゴを簡単に動かせる人物がいると分かり、報復を避けるため国の機関による暗殺などの強硬手段を断念させた(『冥王の密約』)。
  • その評判ゆえに、本人の意図がなくとも敵を作ることがある。
    • 個人や団体、新兵器の箔付けや実力の証明のためにゴルゴが標的にされる。
    • たまたま同じ地域にいただけで、その地域で作戦を遂行中だった軍隊・情報部が「作戦妨害のために雇われたのでは」と思い込み、抹殺を考える。
  • 様々な情報からゴルゴの存在が第三者に発見されてしまうことがある。
    • 株価の推移と殺人事件の発生の同期(『システム・ダウン』)
    • カジノのスロットマシンの大当たりと、ラジオへのリクエストの同期(『システム・ダウン』)
    • 繰り返し届く意味のない絵葉書の文面(『300万通の絵葉書』)
    • 銀行の多額の口座情報

人間関係編集

常に一人で行動する。現在までに家族は登場していない。ただし、家族である可能性のある者(または血縁者である旨を自称する者)は登場している。ゴルゴが自ら友人であると述べた人物はいないが、ゴルゴを友人であると述べた人物はいる。概略を以下に述べるが、各キャラクターの詳細は別記事を参照。

親密な関係者編集

ビジネス上の付き合いをしている者の中には、ゴルゴ13と特に親密な関係を持つ者もいる。以下にその例。

デイブ・マッカートニー
ニューヨーク在住の初老になりかけている男で、ゴルゴが信頼する超一流のガン・スミス(銃職人)。そして、ビジネスライクなゴルゴが謝礼の言葉を述べる数少ない人物。ゴルゴが依頼する銃の改造などのリクエストや制限時間に確実に応え、宇宙で狙撃可能なM16を不眠不休72時間以内で製作(『軌道上狙撃』)、極めて困難なスーパーバレルなどの製作(『傑作・アサルトライフル(アニメ)』)や、ボディチェック回避と証拠隠滅のため低融点合金を用いた小型銃の金型を作る(『殺人劇の夜』)など、腕前は登場しているガン・スミスの中でも超一流。
マーカス・モンゴメリー
終身刑で服役中の囚人で、ゴルゴへの連絡手段の仲介者。彼との間には強い信頼関係が存在することが示唆されている(『マークのリクエスト』)。
ヒューム
MI6の部長であり、個人としてゴルゴ13への依頼回数が最多。ゴルゴのルールに抵触するような接触や依頼を繰り返しても許せるような信頼関係があると思われる。また、作中でゴルゴが「ヒュームさん」と呼ぶ場面があり(『そして死が残った』)、『イングリッシュローズ』では彼の後継にあたる人物に、「ヒューム家のバラは見事だった、ということだな?」と彼の存在を偲ぶ発言をしている。
ローゼン・ザメック
ゴルゴのことを友人と呼ぶ人物であり、ゴルゴと握手できないことを嘆いている。ゴルゴと酒を酌み交わしたり、会話の中でゴルゴにプロとしての秘訣(10%の才能と20%の努力、30%の臆病さ、残る40%は運)を語らせたりと、それなりに親密な仲ではある。ローゼンが死んだ時には、ゴルゴはローゼンは恐らく自分に依頼をしているだろうと思い、その依頼内容を探るために行動しており、依頼に厳密なルールを課しているゴルゴとは思えない態度を取っている。一方ローゼンがゴルゴの面前で狙撃された際、ゴルゴ自身は狙撃に十分に注意を払っていたにも関わらず、ローゼンが狙撃には絶好のポイントに立っていたのを黙って見過していた。
天城勘蔵
宮城県で夫婦共に農業を営んでいるが、元大物政治家で、現在でも政治界に多大な影響力がある。ゴルゴとは夫婦共に付き合いがある。作中で描写されたゴルゴへの依頼は1件のみだが、その際には「充分な報酬額は払えないが長い付き合いに免じて引き受けてほしい」と頼み、ゴルゴも了承しており、そういうことが許される信頼関係を作っている様子(『剥がれた鍍金』)。
張金栄
台湾の幇(台湾華僑)・「竹連幇」の大家姐(女当主)。腹心が依頼した仕事を身内で片付けると一旦キャンセルし、お詫びにと会食を共にした。そして敵の術中に嵌まろうとした張を制止し、再び依頼を引き受けている。普段は相手と絶対会食しないゴルゴが唯一会食を共にした相手で、依頼以外相手に一切関与しないゴルゴが唯一関与したことから張の人間性を高く評価している(『黒い星』)。

依頼人編集

各国の首脳から財界人、軍人、同業者、犯罪組織、犯罪者、老人、子供まで。階級、人種、性別、職種、思想、宗教を全く問わず非常に幅広い。本人曰く、「他の手段ではどうしようもない状況だから依頼に来る者が多い」とのこと。

本人のルールに抵触しなければ依頼人となることができる。また、本人のルールに抵触した場合、それは死への報復につながる。

  • 特に依頼人が政治家や富豪といった上流階級の人間の場合、諸々の理由から(依頼の際に隠し事は禁物であるという)本人のルールを知る知らないに関係なく、つい自分の暗部や裏事情といった他人に知られたくない後ろめたいことを隠してしまい、報復を受けるケースが多々ある(『感謝の印』など)。
    • 金品や利権に対する執着心からゴルゴをも信用せず、それ絡みの件を隠して依頼をする(『黄昏のカシミール』、『海の鉱山』など)。
  • 本人に会った際に依頼者あるいはその関係者が、軽く見る、信用しない、暴言を吐く、などの失礼な態度をとった場合は依頼を断る(「依頼者になる資格がない」など)。
    • 国家や組織に属さぬ個人だから(『カリフォルニア軍団』、『カフカーズの群狼』)。
    • 東洋系で肌の色が黄色(依頼人が白人の場合)だから(『天使と悪魔の“腕”』、『万能ベクター・VOGUE』)。
  • 依頼者から提示された、或いは押し付けられた報酬がゴルゴが納得できるものではなく明確に依頼人に対して拒否をしていても、その報酬として提示・押し付けられた物品を依頼者に返品する、または依頼拒否を了承される前に依頼者が死亡・返品の受け取りができない状態に陥った場合にはしぶしぶ依頼を了承することもある(『ガリンペイロ』など)。
    • その場合においてもゴルゴにとっては自身が納得した依頼と同等にそれ等の依頼を扱う。『ガリンペイロ』のエピソードの際には小粒の屑ダイヤ5つと言う報酬に対して最新鋭の火器・装備を惜しげもなく搭載した装甲車を自費で購入した上に、ハイジャックを行い高額の身代金を要求する(但し身代金受け取り時に同額の紙幣が入ったトランクを引き渡しに来た刑事に渡している)という高いリスクを負ってまで、その行為自体をターゲット達を自分の下に集わせる撒き餌として扱っている。

協力者編集

特殊技能(変装)、武器の調達、情報収集など、また必要と判断した際にその分野の中でもさらに優れたプロに委託したり、直接師事し教えを乞おうとする。秘密厳守で、必要な情報以外は用途すら知らされないばかりか、ゴルゴの正体すら知らない場合も多い。引き受ければ過分な報酬をもって報いる。

また、非常事態に備えて各地に保険的な意味合いで雇っている者が多数いる。滅多に連絡することはないが、万が一の時は連絡があったら24時間いつでも理由を聞かずにゴルゴを助けることを条件に、平常時から多額の報酬を支払い続けている。

  • 少ないが正体を知った上で雇用関係にある者もいる。
  • 超一流を自他共に認めるゴルゴに名指しで依頼されることに、プロとしての誇りを感じている者もいる。
  • 自身の知識も相当だが、健康診断にはきちんと正規の医師を雇用する(『プライベート・タイム』、『キャサワリー』など)。
  • 依頼の実行に必要な協力者がプライベートに問題を抱えていてゴルゴに協力できない状況にある場合、その問題の解決に助力する(『バスを待つ人びと』)。
  • 敵の狙撃時のクセを解析してもらうために天才オペレーターを雇った(『スーパースターの共演』)。
  • 雇ったということではないが、結果として利用する形になった相手に対しては、命を救うことをもって報酬としたこともある(『日本人・東研作』『TATOO・刺青』)
  • 依頼・逃亡などの過程で、死の淵に立たされていた者の命を助ける代わりに協力を求めることもある(『タラントゥーラ=舞踏蜘蛛』など)。
  • 簡単な作業(張り紙を貼る、偽装した小型装置を設置する等)であれば一般人を用いることもある。ただし、それでも確実に遂行させるため、借金などで生活苦の者を用いることも多い。

女性関係編集

ひどく無愛想な性格でありながら女性には好かれ、性関係を持つことも多い(反対に同性愛(ホモセクシャル)の経験はない)。また、しばしば仕事の前に娼婦を呼ぶことも。売春宿に宿泊することも多いが、これは仕事に関連した情報を娼婦から集めるという目的もある(『ラオスのけし』)。しかし相手を受け入れるには基準があり、基本的に高飛車な女は嫌いである。

  • 性行為の最中でもほとんど表情が変わらない。
  • 葉巻を燻らせながら騎乗位で行なう場面が多く見られる(背後に人を立たせないようにするためらしい)。
  • 百戦錬磨の娼婦不感症の女も絶頂に導いたり、ニンフォマニアの女を虜にするエピソードがある。
  • 性行為の相手の括約筋の具合から人種を判別できる(『見えない翼』)。
  • 性行為を止め「二度三度と味わえる女は滅多にいない」と発言したことがある(『飢餓共和国(後編)』)。
  • 任務遂行の手段として、標的(ジョー・アガスラッグ)の恋人でスージーをレイプし、悲鳴を録音した(『氷結海峡』)。
  • 作品中で射精した描写は昏睡時に少女に“口”でされた時(『VOODOO』)以外存在せず、そのことに対する女性からの質問には答えない。ただしゴルゴのものと思われる子供(ゴルゴ13の登場人物#その他を参照)は何人かいるため、それが事実であれば射精したことは何度かあるはずである。
  • マフィアがゴルゴに梅毒を感染させようとして、梅毒に感染した娼婦をゴルゴの元に送り込んだことがあるが、それを見破り、娼婦の首を折ってしまった(『キャサワリー』)。
  • DIA女性職員ディアナがゴルゴの魅力に引かれたため、売春婦のフリをしてゴルゴと関係を持ったが、ゴルゴの名を知っていたことを怪しまれて射殺されてしまった(『プレイバック』)。
  • 追われて逃げ込んできたり、レイプされそうになった女性を結果的に助けた後、その女性がゴルゴを誘い、男女関係を持ったりする。(『モンゴルの鷹』、『女カメラマン・キム』、『フルマーク』など多数)
  • ゴルゴが女性を「美人」と言ったのは、英国諜報部の女性だけである(『ビッグ・セイフ作戦』)
  • ゴルゴが女性を「いい体だ……」と褒めたことがある(『幽霊定期便』)
  • 前述の通り「二度三度と味わえる女はいない」と言うゴルゴだが、任務のパートナーの女性を2度も抱いたことがある(「『ダイブ to トリポリ』、『冷血キャサリン』(一度関係をもってから数年後に二度目))。
  • 娼婦に「あんた、淋しそうでいい男なんだから…そんな目(睨みつけるような鋭い目つき)をしなきゃ、もてるのに」と言われて、ゴルゴが苦笑する場面がある(『ミッドナイト・エンジェル』)
  • ゴルゴが敵組織に捕まった時に、関係を持った娼婦が巻き添えで拷問され殺された。(『統計解析射撃 ダラスの極限』)
  • 女性とカーセックスをしていたことがある(『南仏海岸』)
  • ゴルゴ13の背後にひっそり立とうとした娼婦を条件反射で殴ってしまい、これがきっかけで警察に捕まってしまった(『ビッグ・セイフ作戦』)
  • 500話目にして連載開始以来、初めて日本人女性と関係を持った(『史上初の狙撃者 ザ・ファースト・スナイパー』2回戦にも及んでいる)
  • なお、女性関係とは直接の関係はないが、黒人に変装して刑務所に入った際、黒人と認識していたにもかかわらず看守が驚いてしまうほどの巨根の持ち主である。
  • 敵と見抜いた女性の陰部に催淫薬を塗りこみ、我を失った女性から情報を聞き出し(『死の収穫』)、その後女性の陰部に銃口を突っ込んで射殺。『ゴルゴ学』にて「ゴルゴ史上最も残酷な殺し方」と指摘された。

ゴルゴ13に匹敵する能力を持つ人物編集

作中でゴルゴよりも射撃や格闘面で優れているか、対等な技量・能力を持つ可能性のある人物が存在する。なお、下記の人物は全て作中で死亡している。

登場作品 能力・備考
イクシオン 漫画:南仏海岸(第9話) 盲人ながら、ゴルゴ以上の早撃ち。ゴルゴは盲人ゆえの弱点を突いて勝利する。
デイビッド(デイブ)・クルーガー スタジアムに血を流して オリンピックのシルエット競技で世界最高記録をマークした射撃の名手。姉の仇としてゴルゴと対決。ゴルゴに気づかれずに背後を取り、袖のボタンだけを撃ち飛ばして挑戦状を叩きつける。後日の決闘においては、ゴルゴより早く銃を撃ち、右腕を負傷させる。しかし元は競技者ゆえに人間を撃ったことはなく、それゆえのクセがあり、隙をゴルゴに突かれて敗れる。
”白紙”のギル 激怒の大地 ゴルゴが「大物」と認めるプロの殺し屋。遠距離(正確な距離は不明)の鉄パイプの隙間から標的を1発でしとめる技量を持つ。同じ標的(ビセンテ・ヨーク)を追うゴルゴと遭遇し、先にゴルゴの始末を図るも、標的を「聖者」と崇拝する少年バルビーに背後からナイフを飛ばされ死亡。
暗殺部ベスト3 標的24分の1 ギャング「ニューヨーク・ファミリー」直属の暗殺部でトップレベルの実力を持つ3人。ボスを狙うゴルゴに対抗するため、暗殺部リーダーのトムソンが招集をかけた。ゴルゴの抜き打ちの早さを計測した後に招集されたことからも、高い実力を有していたことがわかる。
ビリー 漫画:レディー・ビッチ(第97話)
アニメ:プリティウーマン
ハンドガンの早撃ちならゴルゴ以上と自負する。

ゴルゴの方は、「(抜き打ちの速さは)0.17秒、(自分と)互角か…」と、冷静に判断している。
最終局面では、ビリーがリンダの手を握っている場を狙ってゴルゴが現れ、銃の抜き打ち勝負でゴルゴが勝利する。ビリーの最期の言葉「お前(リンダ)の手を握っていなければ、俺は、奴(ゴルゴ)より先に銃を抜けた筈だ…。こんな時を狙って来るなんて…、さすが…」

ウェブナー 破局点 ハーバード大学教授で犯罪心理学の権威。ゴルゴの思考をほぼ全て読み、追い詰めた。ゴルゴは自らを”破局理論”に置く(自身とウェブナー両方が予想できない環境を作る)ことでウェブナーの理論から脱却した。
スパルタカス 鬼畜の宴 ゴルゴも自分と同格と認める敵手。
通常であれば常に1発以上の弾を弾倉に残すようにして使い切らないようにしているゴルゴが、弾倉を使い切るまで撃たなければならなかった。
ゴルゴ13を標的とした依頼を受け、ローマ・コロセウムを舞台にしたお互いに拳銃を使っての一騎討ちを行ったが、決闘後にゴルゴ13から依頼は口実で金持ちの道楽として撮影されていた事を教えられ、死の間際に依頼主の始末をゴルゴ13に依頼し、ゴルゴ13はそれを引き受ける。
AX-3 落日の死影 ゴルゴと銃(での近距離戦闘)では互角。生物兵器研究所の破壊任務においてもゴルゴと遜色ない仕事を見せた。
具体的な状況は、研究所の隠されていた孤島の海岸での近距離戦。お互いにいざという時のためにとっておいた最後の銃弾を撃ち合った(ゴルゴの弾丸は外れ、AX-3の弾丸は命中するも決定打にはならず。アニメ版では両方の弾丸が命中)後、拳銃に武器を持ち替えて戦闘を続行。
キム EBONY EYES ロスのマフィア・トーマスの用心棒。北朝鮮からアメリカへ密入国後、ベトナム戦争に従軍。特殊工作員として活躍した経歴を持つ。ナイフと銃器の能力が高い。トーマス暗殺の依頼を受けたゴルゴを始末するため、奇襲を計画した。その際ゴルゴの思考を読み(キム曰く「蛇の道はヘビ」)、ゴルゴの泊まるホテルを突き止め、あわや成功寸前だった。
アンナ テレパス KGBの超能力研究所に所属。ゴルゴの標的を警護する役目を帯びていた。ゴルゴの気配を察知し、標的から2発も銃弾を避けた。
シュヴァイツェル
(本名:ニコライ・セルゲヴィチ・ロマノフ)
すべて人民のもの 接近戦(ショートキル)においてソ連最強を謳われ、接近戦に関してはゴルゴを上回る可能性がある。しかしゴルゴは長距離狙撃(ロングキル)であっさりと片付ける。ゴルゴの異父兄かもしれない人物。
ライリー バイオニック・ソルジャー ペンタゴンの高官リチャード・パトリッチが医学博士のクリスティーンと共に造りあげた超人兵士。卓抜した頭脳と五輪選手並みの身体能力を持ち、その上薬物でドーピングまでしてゴルゴに襲いかかった。銃弾をかわされた際に、ゴルゴを「人間の速さじゃない」と驚愕させた。
燐隊長 白龍昇り立つ 中国山岳部隊の隊長。7000メートル級の高地という特殊環境においてであるが、ゴルゴを圧倒する体力を持つ。
ジョン・スミス(偽名) 未来予測射撃 タイミングを合わせた先読みで正確に狙撃する「見越し射撃」が得意な殺し屋。狙撃銃での長距離戦ではゴルゴと決着つかず。互いに狙撃用の銃弾が尽きて接近戦になるも、それを見越したゴルゴがライフル銃に一発だけを残しておきハンドガン戦に持ち込むという策略の前に敗れる。死の間際にゴルゴは敬意を表して名を尋ねた。
ジョー・アガスラッグ 氷結海峡 驚異的な体力を持つエスキモー。ゴルゴが唯一、標的以外の人間に危害を加えて利用して倒した。
東堂高志 南フロリダ殺人ゲーム FBI捜査官マーク・ブラッドが、ゴルゴ13に匹敵する狙撃手として「ホーク・アイ、ヨン・リー・バンミン」(東堂のあだ名・偽名)の名を挙げている。
「禿鷲伝説」においてゴルゴ13と同一人物の可能性が疑われたが、別人であり既に死去していたことが判明。

ゴルゴ13のルールを破った者たち編集

いずれも報復を受け、死亡もしくは何らかの処置を受けているが、例外的に報復を受けていないケースもある。

登場作品 備考
アドリン・B・カザリアン 国際ダイアモンド保安機構 国際ダイヤモンド保安機構の総裁。

ゴルゴは娘の敵であり、殺すことを計画した。

ゴルゴには敵対組織のクリューガー兄弟の暗殺を依頼し、

一方でクリューガー兄弟にも偽の情報を流した。

ドミンゴ 内陸地帯 ボリビア軍大佐。アメリカ軍事顧問団と共同でゲリラ殲滅を依頼した。

一方でゲリラと組み、ゴルゴの暗殺を図った。

発掘したダイヤ鉱脈をアメリカに発見されることを防ぐためであった。

ガルシア 死の収穫 ボリビア軍少佐。フランス大使を誘拐したゲリラの撲滅をゴルゴに依頼したことに不服。

「フランス大使の救出」という条件がゴルゴに課されていたにもかかわらず独断で仏大使を

射殺した。そしてゴルゴが行動に移す前にゲリラ撲滅の手柄の独占を図った。

”ペルシャ人の店"店主 アクシデンタル 武器屋。アラブ情報局の依頼でゴルゴに銃器を提供した際、好奇心で空砲を混ぜた。
ランディ Dabbie!! COFO(各州共同協議会)の幹部。ゴルゴに裏切り者の暗殺を依頼した。

しかし、KKKなどの敵対組織からの報復を恐れ、警察にゴルゴの存在を密告した。

リカルド・マルネス 柩に誓いを 兄をゴルゴに殺され、その復讐のために虚偽の依頼を行った。
テオドール・ナッソー 曲線の男 ベルギー情報機関長官。東ドイツに連れ去られた前長官の暗殺を依頼。

しかしゴルゴに関する情報を東ドイツに流していた。

猟奇的な性格をしており、対立する勢力を手玉に取る癖を有する。

ダニエル・バルドー 夜は消えず 娼婦の過去を持つ、ベルギーの町長夫人。

娼婦時代に人殺しの経験があり、それをゴルゴに知られていた。

この時ゴルゴからは「おれを巻き込むな」と言及されていた。

偶然ゴルゴに再会したことから、過去がもれることを恐れ、殺し屋に依頼。

閣下 スキャンダルの未払い金 西ドイツ政界の大物。

能力編集

  • 強靭な肉体と強い精神力、集中力を持つ。
    • 拳銃を撃つ速さは0.04秒に1発。銃やナイフを抜く速さは0.17秒(『動作・24分の4』)。
    • コンピューターが「生存不可」と判断した窮地からも脱出する。
    • パラシュート降下、登山、スキー、スキューバ(潜水)、犬ゾリや乗馬などのスポーツ能力に長ける。
    • 格闘技も達人レベルで、中国拳法のみで対決したり(『チャイナ・タウン』)、空手柔術サンボ古武道の技量を有しており、ショートキルでは拳銃を使わず、格闘のみで対処することもある。
    • 協力者に「イルカの速さで泳がない限り無理だ」と言われるが、爆発を利用して地下水脈を数十秒で泳ぎ地上に出た(『ミッション・イン・ヘル』) 
    • 常人なら1ヶ月で精神崩壊してしまう過酷な独房に60日間も入って脱獄し、暗殺を成功させた(『60日間の空白への再会』)
  • 膨大な知識を持つ。
    • ライフル銃、拳銃、バズーカ砲対戦車ミサイル、ナイフ、果ては吹き矢など、古今東西の武器・戦闘方法に精通(『死闘ダイヤ・カット・ダイヤ』)。
    • 自動車オートバイ・飛行機・船舶・潜水艦・ロケットなど幅広い操縦が可能。特に戦闘機の操縦は、その分野でのプロフェッショナルすら驚愕する技量。
    • 世界各国の文化習慣、科学知識、ニュースはもとより、薬学(火薬・毒物・劇物の知識も含む)、医術、歴史政治経済、政財界の裏事情、など幅広い知識に精通。
    • サバイバルへの対応に対する知識・能力にも長けている(『最後の戦場』、『ストレンジャー』等多数)。
    • 読唇術を修得している。依頼人の女性が一時的に喋れなくなった時、口の動きで女性の周りにいた人物達を無関係者(=敵)だと読唇術で判断した(『複合標的群』)。ただし当初は習得していなかった技能で、『行方不明のH氏』では読唇術のできる者を雇って敵の行き先を確かめさせている。その後自分自身で習得した模様。
  • 学習能力に長けており、新たな技能が必要になった時でも熱心に非常に早く習得する。
    • 超人的体力と高い技量を要するアルパインスタイル(短期速攻法)を短期間で身に付けて、エベレストを登山した(『白龍昇り立つ』)
    • 短期間で完璧な自己催眠を身に付け、深い眠りの状態から瞬時に覚醒して、身体能力をフルに引き出せる(『テレパス』)。
    • 和弓の流派の家元に教えを乞い、師匠を上回る技能にまで短期間で到達(『一射一生』)
  • 肉体的負荷に強い
    • 如何なる拷問にも屈せず、逆に執行人の方が音を上げる。
    • 薬物や催眠術による自白の強要も自己暗示でガードされており、口を割ることはない。また、完璧な自己催眠がかけられる。
    • 戦闘機による瞬間的な12.6Gの旋回にも耐える(『偽空座標X』[11])。
  • 意外な所ではチェスの心得もある。チェスでピンチになると窓の外に出て気分転換する癖のある男を狙撃する際に、ネット上での対戦を挑んで屋外に誘き出している。その任務を完遂するために急遽身に付けた技能なのか、以前からチェスを嗜んでいたのかは不明。ただゴルゴのチェスでの指し手は、対戦相手曰く「まるで機械と対決しているような気分だ…人間臭さのようなものを感じない…」とのこと。(『メイティング・マテリアル』)

以上のように万能と言える才能の持ち主であるが、ゴルゴ13の能力の真骨頂であり、彼を世界最高と言わしめているのは、やはり長距離狙撃・ロングキルである。

技能編集

成功率
依頼遂行率はほぼ100%。スナイパーとしての技術は超A級と評価される。
  • いかなる困難な状況の中においても、その技量と緻密な作戦によって不可能といわれる狙撃を成功させる。ただし失敗も皆無ではなく、関係者の裏切りによる狙撃中断(『アクシデンタル』)があり、この際はやり直しをせず依頼人に失敗を告げる。また『テレパス』においては超能力者に読まれて完全に失敗したが、依頼料を返金した上で「自分の問題」として、再度の狙撃を成功させている。
従って、狙撃成功率は100%ではないが、依頼達成率は100%に近い。
  • ただし、狙撃対象を別の人物に先に狙撃、暗殺されるなど、依頼人にとっては目的が達成されているが、ゴルゴの側の事情としては依頼を果せなかった例もある(『南仏海岸』、『傑作・アサルトライフル』、『情報遊戯』、『ロックフォードの野望 謀略の死角』など)。
  • また「狙撃が失敗するように見せかけること」を依頼されたことが1回、真の標的をおびきよせる目的で故意に狙撃失敗にみせかけたことが1回、狙撃対象が物品(人形)だった場合に、その物品の所有者を対象とする狙撃の失敗と見せかけた事が1回ある。これらがゴルゴ13の失敗であるかのように流布され、誤解されている可能性もある(特に人形への狙撃の際は、狙撃失敗と流布される事を意図した行動を取っている)。
  • 証拠は基本的に残さないが、武器に関しては依頼内容に銃を残すという条件が含まれる場合や、何らかの意図をもって残すことがある(『天使と悪魔の腕』)。狙撃を目撃された第三者は例外なく殺害することを基本とするが、その目撃者が直接依頼を出した場合は殺害しないなど例外がある。
即応能力
いかなる場合でも、直ちに対応策を実行する。
  • 携行している拳銃を、ダブルアクションで腰だめ(肩の高さまで持ち上げない)の上にノン・サイト(狙いをつけるための照準を使用しない)で撃ってもほぼ百発百中。
  • 避けながら撃つ不安定な体勢であってもほぼ百発百中。
  • ショルダー・ホルスターから拳銃を抜く速さは0.17秒である。
  • 想定と違う箇所にある地雷を、銃弾で弾き飛ばして狙った場所に導き銃弾で起爆させ標的を爆破。
  • 想定の脱出ルートが使用できなくとも常に予備も検討しておく。
思考能力
狙撃の位置決めや通常の移動の際などにも常に敵の存在を仮定し、最も安全なルートを行動する。また、軍用戦略AIコンピュータの検討結果を凌ぐ行動をしばしば取る。(『人工知能AIの誤算』) 
心理学者が自らの理論でゴルゴの動きを読みきったが、ゴルゴが自ら破局点(予想できない環境の変化のこと)を作り、その理論を破った(『破局点』)

狙撃編集

最長射撃距離
今まで行った最長狙撃距離は、レールガンを使い大気圏内に飛来する隕石を狙撃で破壊。対人ではレーザー銃を用いた2000mの狙撃の成功。その他、特殊軽量弾を用い、積乱雲の暖気による上昇気流に乗せて5000m先の目標への着弾にも成功している(『害虫戦争』)。M16を使用した通常の射撃距離は六百数十m[12]、現時点での作中で描かれた最長射撃距離は1500mである[13]。アニメ版では実弾で2,000mの狙撃を成功している[14]
特殊な狙撃例
  • 事故に見せかけて標的を狙撃。(『クラウン夫妻の死』増刊28話・『燃える氷塊』・『ピンヘッドシュート』・『凍った炎』・『FIRE!』など)
  • 角度を完璧に計算した跳弾射撃。(『110度の狙点』)
  • 標的との間にポイントを設けての中継射撃。(『円い村』)
  • 自分と標的の間に障害物があっても、標的の位置さえ分かれば弾道を計算して狙撃。(『饒舌なコイン』)
  • 標的との直線上にある建物の窓とドアをすべて開けさせ、屋内に弾道を通過させて標的を狙撃。(『橋は崩れた』)
  • 水中からの狙撃。(『クレムリン名簿』)
  • 弾道さえ曲がる強風下での見越し狙撃。(『直線と曲線の荒野』)
  • ブラインド状態から、音だけを頼りに狙撃。(『潜入ルートG3』)
  • 防弾ガラスの窓枠だけを打ち抜いて標的を狙撃。(『死刑執行0:01AM』)
  • プールにて偶発的にできる波の角度を利用した跳弾による狙撃(『硝子の要塞』)
  • 専用のライフルを使用した宇宙での狙撃。(『軌道上狙撃』)
  • 和弓を使用した宇宙空間での軍事攻撃衛星の無力化。(『一射一生』)
  • 潮の満ち干きの高低差を利用した狙撃。(『南フロリダ殺人ゲーム』)
  • 筋弛緩剤を使用し、長時間射撃姿勢を保ったままチャンスを待っての狙撃。(『36000秒分の1秒』)
  • 厳重な警備体制が敷かれている街頭の一角で、古ビルを発破解体で爆破して警備に死角を作り出し、標的がパニックに陥っている隙をついて狙撃。(『アッシュ最良の日』)
  • 高層ホテルの屋上から身を投げ、落下しながらホテル内の標的を狙撃。特殊な姿勢で真下の水深1mのプールに落着して落下の衝撃を殺し、そのまま犯行現場から逃走。(『メデジンカルテル』)
  • 統一前のドイツで、東ベルリンから西ベルリンへベルリンの壁越しに標的を狙撃。(『ドイツはひとつ』)
  • ネオジム磁石を使用した弾丸を使い、電磁誘導で発生した誘導電流による核融合施設の誤動作(破壊)。(『地上の太陽』)
  • 人質に危害が及ばないようにするため「NATO-198実包二重弾」という特殊な弾丸を使用し、2発で3人の敵を倒した。(『レバノンの焦燥』)
特殊な標的
  • F-14トムキャット」のレーダーカバー部分。(『陽気な狙撃者』)
  • 敵の武器の銃口。(『装甲兵SDR2』)
  • アメリカ軍特殊部隊や戦車大隊に単身で応戦し、戦車の履帯のピンを狙撃し戦車同士を激突させた。(『軽火器×戦車砲』)
  • 英軍機ハリアー(VSTOL機)に搭乗中、機を空中で静止させながらコクピットから身を乗り出して、敵機が発射したサイドワインダーをライフル銃で撃墜。(『アルヘンチーノ・ティグレ』)
  • 銃弾より硬い1000カラットもの巨大ダイヤモンドの結晶点に狙いを定め、通常の鉛の弾頭により一撃で粉砕[15]。(『死闘ダイヤ・カット・ダイヤ』)
  • 移動中の自力航行仕様メガフロートの制御パネルをヘリコプターから狙撃、予め解析していた目標のICチップ一つだけを撃ち抜いて制御不能に陥らせ沈没させた。(『大地動く時』)
  • スティンガー・ミサイルの弾頭部分のカメラを狙撃し、追跡能力を破壊。(『スティンガー』)
  • 演奏中のバイオリンの弦(G線)を狙撃し切断。(『G線上の狙撃』)
  • ターゲット(ゴルゴの依頼人)を狙っている狙撃者が狙撃銃のトリガーに指をかけた瞬間、その指を狙撃して銃口をはね上がらせ、ターゲットの座る車椅子を押す人物(狙撃者の依頼人)の脳天を見事に撃たせる。直後、その狙撃者もゴルゴの銃弾で射殺される。(『スーパー・スターの共演』)
  • 超巨大砲の電子回路を跳弾射撃をして、エラーを発生させて破壊。(『アム・シャラーの砲身』)
  • 鳩の足に付いている妨害電波発信器を狙撃し、ロケット発射妨害を阻止。(『リスキー・ビジネス』)
  • 揺れる海上で、船の甲板上の人物のイヤリングを弾き飛ばす。(『ピリオドの向こう』)
  • 2000年のアメリカ大統領選で票の再集計の最中、見つかった未発見の票の束が高々と掲げられた瞬間、屋外から換気扇の羽の隙間をぬって狙撃。弾痕が穿たれたパンチカードの票の束は穴が潰れて無効票となってしまい、これにより大統領選の勝敗が変わってしまう。(『星条旗を撃つ』)
  • ワインボトル。ボトルの破壊が目的では無く、ボトルを落下させ「澱」を舞い上げ、長期間ワインを飲めなくするのが目的。非致死性の軟質木材で作られた「特殊弾」を使用している。(『神の滴』増刊・第55話)
  • 原子炉のサージ管。高放射能の蒸気が充満しなおかつ目標物が見えない状態だったが原子炉の部面を完全に記憶して目標とする配管の破壊に成功。ホームラードングタイプの対戦車銃を使用。(『2万5千年の荒野』)
  • アイスホッケーのパック。「ホーランド&ホーランド・水平2連銃」に「氷の弾丸」を使用。(『氷上の砦』)
  • 地雷の信管。12時間以上も試射を繰り返し練習した。(『GOT HAND』)
  • 密輸防衛犬ピンキー。体色が「灰色」の防衛犬のピンキーは、遠方からは最も視認も狙撃も困難。そこでゴルゴは「蝶のフェロモン」を犬にかけ、黄色の蝶を大量に纏わり付かせ、犬を黄色に染め上げた状態で狙撃する。(『蝶を撃つ!』増刊・第7話)
  • 電話端子板。A-2とB-1のコードの交わる箇所。電話回線からアクセス不能のホストコンピュータ。この両者のコードの隙間に銃弾を打ち込んで通電させ「アクセス可能」にする狙撃。(『2000.2.29』)
  • 絵画「涙するイエス」を、「炭酸ガスレーザー」で「狙撃」。(『涙するイエス』)
  • 電車(弾性車輪の鋼製タイヤ)。(『歪んだ車輪』)
  • 五円玉。原子力施設の事故により多量の放射線を浴び、五円玉自体が放射線物質となっており、その事故の証拠品として保管されていた。(『饒舌なコイン』)
  • 液化窒素タンクのバルブ。(『総統の揺りかご』増刊・57話)
  • 「アンティークドール(人形)」の頭部に隠されたICチップ。(『人形の家』)
  • 「海上油田プラットフォーム」。建造物の「固有周期」や海の「卓越周期」を計算し、風速35メートルの海上で許容誤差6〜7cmという困難な狙撃だが、ロケットランチャーを使用して成功。(『燃える氷塊』)
  • 「鍼治療の鍼」。首筋の急所に刺さった鍼の先端を狙撃し、鍼を深く刺し込んで標的の人間を即死させる。標的は「事故死」となる。(『ピンヘッドシュート』)
  • 「ゲートバルブのハンドル」。ブラインドプレートを外させておいて、遠方よりバルブのハンドルを狙撃(劇画で確認出来る着弾数は5発前後)。噴出するLNGを引火させて爆発させる。(『凍った炎』)
  • 「時限爆弾のバッテリー」。400mの高層から降下してくる高速エレベーターに仕掛けられたバッテリーの大きさは「煙草のケース」ほど。ゴルゴは勿論狙撃に成功して時限爆弾を解除する。(『臆病者に死を』)
  • その他に、処刑台のロープ、カバーのかかった人物絵の目の部分、F-1マシン、人間の体内に仕掛けられたプラスチック爆弾のリモコン、競走馬のハミの金具、疾走中の馬の注射の打たれた場所と同じ場所、過去の狙撃の再現、時速240kmで走行中の水素自動車の隠れて見えないシート下の配管、宇宙空間で接近できない人工衛星を狙撃など多数。

ゴルゴの対人狙撃は、ほとんどが頭部への狙撃、いわゆる「ヘッド・ショット」である。作中においてもゴルゴの狙撃と特徴とされ、ゴルゴを模倣した狙撃手がヘッド・ショットを敢えて多用した例もあった。

弱点編集

  • 子供の足音や金属製オイルライター、ハンドバッグの開閉音(リボルバーの撃鉄を起こす音に似ている)にも敏感に反応し、警戒してしまう。そのため、その行動を周囲に怪しまれたり、逮捕されてしまうこともある。(『マニトバ』など)
  • 変装の技術は稚拙で、付け髭や眼鏡程度に留まり、変装しても見破られることがある(読者からは一目瞭然であり、作中の人物からも正体を感付かれることも少なくない)。故に最近の作品ではプロのメーキングアーティストを雇い入れ、数度完璧とも言える変装をしている(『ティモールの蹉跌』『リプレイ』など)。
    • 変装をしている際や身分を偽っている際は、それに応じた言語や知識などを問題なく披露できるが、鍛え上げた体型までは特に隠そうとしたり変えないため、場合によっては「〇〇にしては体格が良すぎる」と怪しまれたり警戒されたりする事もある。
  • 一般人として捕まり拷問されるも苦痛の声も上げないことから、逆に相手が「プロだ」、「こいつは、ゴルゴ13」と気づいてしまうことが多い。また、拷問などで体に負った傷の跡を特に消そうとしないので、プールなど素肌を晒す場所では否応なく目立つこともある。
  • 基本的に撮影や記録は困難であるが、それでもゴルゴ13の写真や情報などは存在し、それらは裏社会のみならず表社会にも出回っているために居場所などが掴まれやすく、空港で待ち伏せされたり、尾行や監視されることが多い。
  • 上記の理由からたまたま見かけた情報屋などに「あいつは確か、ゴルゴ13…!!」などと感づかれたり、鋭い目つきなどのただならぬ雰囲気や存在感から、ゴルゴを知らない者や一般人にも「只者じゃない」などと怪しまれることも珍しくない。
  • 突発的に右手が痺れて動かなくなる症状が発現することがある(『喪服の似合うとき』『キャサワリー』『再発ギラン・バレー症候群』など)。ギラン・バレー症候群と疑われたが、後に可能性・類似性は否定された。この際は銃はおろか、ペンや葉巻さえ持てないほどの症状を呈し、暫くの間依頼を受けず、各地の別荘で治療のための休養をとっているようである。また、台湾の漢方医の調合した薬を求めることもある(『戦域ミサイル防衛 TMD幻影』)。この症状の原因は不明だが、主に精神的なものによるのではないかと幾度か示唆されており、むしろゴルゴ13の過酷な状況下では数年を経ずして廃人となるのが普通であり、この程度の症状で済んでいるのが奇跡との事(『震える修験者」』)。ゴルゴ13は修験者の元に弟子入りし、自律神経をコントロールする事で症状を抑えようとしたが、修行途中でその修験者が殺されたため、完治しないまま中断を余儀なくされた。ただし修験者からは必ず克服できるだろうと言われている(『震える修験者」』)。
  • 背後に立たれることを極端に嫌い、立たれると反射的に殴り飛ばす癖は、自分の身の安全を守る武器になってきたとは推測されるものの、作中ではそのためにかえって窮地に立ったことが多い。例えば、背後に立った娼婦を殴ってしまったため警察に逮捕される(『ビッグ・セイフ作戦』)、FBI捜査官が意図的に後ろに立ち、ゴルゴに殴らせて公務執行妨害と傷害罪で逮捕した(『神に贈られし物』)など。中には敵の2人組が「1度に2つの動作はできない」と、意図的に1人が背後に立って殴り飛ばされ、もう1人が銃口を向けるという戦法を用いたこともあった(『スキャンダルの未払い金』)。
  • 依頼の遂行には手段を選ばず、結果として標的の関係者や、果てはその場にたまたま居合わせただけの第三者が巻き添えになろうとも依頼を遂行する。そのため、巻き添えによって肉体的や精神的、あるいは金銭的にダメージを受けた人間がゴルゴ13に恨みを抱くなどして報復行為に出ることもある(『喪服の似合うとき』、『ミステリーの女王・2』)。後述の通り、ゴルゴは無関係な人間を巻き込んだ場合に、可能であれば被害相応以上の弁済を行っているが、こうした事情も弁済の動機の一つと推察される。また近年の作品では第三者が巻き添えになる描写は減っており、ゴルゴも「弱点の改善」に努めている様子である。

限界編集

  • ゴルゴが用いる武器の性能の限界は、自身の能力では到底補いきれない場合もある。一例としてゴルゴがライフル銃使用時に「レーザー兵器」を用いる相手と対峙した時は、狙撃が長距離であればあるほど発射から着弾までの到達時間、空気抵抗や重力に影響されるライフル銃には当然不利となり、相打ちとなった場合に銃弾が着弾する前にレーザーの直射を受けることになる。過去、レーザーを直視してしまい一時的に視力を失い、窮地に陥り療養を余儀なくされる。こうしたこともありレーザー兵器の製造、拡散を企てる者には警告を含むペナルティを科し、結果、それらの行為に対する抑止力を与えている(『いにしえの法に拠りて』)。
  • 特殊な訓練や技能、天賦の才能を以てしても、常人では身につかない能力を持っている人間相手の狙撃には失敗している(狙撃瞬間の思念を感知され狙撃対象を外す、遺伝子操作とドーピングによって心身共にパワーアップさせた兵士に銃撃方向を予測され避けられるなど、ゴルゴが一瞬驚愕するエピソードがある)。
ゴルゴが過去、インサイトの状態から狙いを外したエピソードは『バイオニックソルジャー』『リオの葬送』『アクシデンタル』『テレパス』の4つ。ただし『バイオニックソルジャー』『リオの葬送』については依頼自体は完遂。『アクシデンタル』は依頼者が信用できないとして中断。『テレパス』については依頼を果たせなかったとして報酬の返金を申し出、「自分の問題」として無報酬で依頼を続行(依頼者のCIAは、エスパーの調査不足を詫び、協力)。ゴルゴは、エスパーに感知されない「自己催眠」を短期間で習得し、再度の狙撃を遂行し成功した。
  • 優れた知識や知能、そして情報屋など独自の情報網を有しているが、さすがに世界中全ての情報を網羅しているわけではないため、標的の情報が分からず時に危険を冒さねば標的を突き止められない場合もある(『チャイナ・タウン』『情報遊戯』など)。

使用言語編集

使用する銃器編集

基本的に拳銃以外の銃器は携行せず、狙撃に使用する小銃などは別の手段で目的地に運搬し、必要に応じて試射する。

連載開始直後の頃は、宝石箱、螺旋ネジ製作機械、碍子などの商品サンプルに偽装して銃を小包で送り、現地で組み立てることもあった(『ビッグ・セイフ作戦』など)が、偶然輸送車が襲われた結果、銃が第三者の手に渡るというトラブルが発生している(『暗い街灯の下で』)。

拳銃編集

主に携帯しているのはスミス&ウェッソン社製の短銃身タイプのリボルバーである。

  • 自動拳銃を使用している敵に、ジャムなどの動作上の問題が少ないためリボルバーのほうが信用できるというような発言(『キャサワリー』より)をしており、信頼性の点でリボルバーが優れていると考えていることがわかる[16]。また、速射性の高さを考慮しているとも思われる(0.04秒に1発というゴルゴの超人的な早撃ちはリボルバーでないと銃の構造上不可能)。
  • ただし屋内での殺害などで必要がある場合は、サプレッサー付きの自動拳銃を使用することがある(リボルバーにはサプレッサーの装着は意味がない)。
  • 作中もっとも使用率が高いのがS&W M36チーフスペシャル2インチ、次いでS&W M10ミリタリー&ポリス2インチ、S&W M19 2.5インチなどである。他にもコルト・ファイヤーアームズ社製のリボルバーを使用することがある。

ライフル編集

主に使用するライフルは、狙撃用へとカスタマイズされたアサルトライフルアーマライトM16」。この銃は軽量自動小銃としてデザインされ、他のアサルトライフルと比べて命中精度は優れているが、ボルトアクション方式の狙撃銃とは命中精度・有効射程・殺傷力の面で劣っているため、必要とあればボルトアクション方式の狙撃銃を使用し、アンシュッツ製や、ウルティマ・ラシオカルカノなどの使用歴がある。また特殊な狙撃銃としてソ連製のメドヴェージ三連銃(劇中のセリフによると9mm口径で、名前から3点バースト射撃が可能な模様)なる銃を用いたこともある(『マイアミの奇跡』)。その際の選択基準は、命中精度や信頼性を重視していることが窺える。射程は600〜1000m。なお、第100巻339話『傑作・アサルトライフル』以降は、M16の新型のアーマライトA2に切り替えている。

何故1960年代に登場した(しかも狙撃銃ではなく)アサルトライフルであるアーマライトM16を今日に至る長期にわたって狙撃に愛用しているのかという理由[17]は、作中でも軍事関係者や銃器設計者達の議論や詮索の対象となっている。またゴルゴが愛用しているという理由でM16が世界の銃器市場で過大評価されているとされており、その評判を失墜させてシェアを奪おうと欧州やロシアの武器製造・輸出関係者がゴルゴ打倒に挑んだ事がある(『傑作・アサルトライフル』、『激突! AK-100 vs M-16』)

M16採用の理由として、作中のゴルゴは「自分一人しかいない軍隊[18]」だからだと述べている(『激突! AK-100 vs M-16』)。要するに、M16の狙撃銃として至らぬ点は自身の腕で十分カバーができるため、それよりも不測の事態(狙撃現場を強襲された場合の迎撃のしやすさ、故障があった場合の予備部品の入手が比較的容易なこと等)の利便性を考慮しての選択である。

多数登場するM16の中には違う銃があることは作中で描写されている(別の職人・商人から調達。あるいは軍で使用しているM16をそのまま借用するなど)。実際、武器そのものに対する執着は特に見せてはおらず、必要とあれば廃棄することもいとわない(M16そのものに対するこだわりがあるわけでもなく、「M16は一般的な武器としては近い将来に淘汰される物」とも語っている)。また、幾多の狙撃を遂行しているが、現場に残った銃弾のライフリングによる同一銃による犯行の線は作中で1度しか描かれていない(『さらば愛銃』にて、ゴルゴが以前に『Dr.V・ワルター』で使用したものであると条痕から確定される銃が登場する)ため、依頼(あるいは場所)によって複数の同じ銃を使い分けている可能性もある。ただし新型のアーマライトA2については、作中で初めて使った際はスイスの銃職人・ベリンガーが8年の歳月を費やした特製品と描写されており、それ以降、それ以外の銃職人や商人からA2を調達した例は作中にはない。また、何らかの判断で通常よりも倍率の大きい超長距離狙撃用のスコープを用意したがトラブルで手元に届かなかったり(『禁忌のスコープ』)、ストック作りの名人がかつての職場を引退し、長年連れ添った妻が死亡して世間との接点が少なくなったのを見計らってストックを作るよう頼み、期待通りの品を入手したこともある(『STOCK』)。この他、必要と判断すればM203 グレネードランチャーも装着して使用する(『バイオニック・ソルジャー』、『世紀末ハリウッド』等)。一方で、標的を油断させた上で仕留めるための罠として、M16自体を暴発爆弾として使用したり(『独裁者の晩餐』)、問題を解決するために止む無くM16を用いた結果、破損して使い物にならなくなったこともある(『マンモスの牙』)。

大型銃編集

実在する対物ライフルは滅多に使用せず、敵が対物ライフルを所持していても自身は使わなかったほど(『新法王の条件』『スナイパーたち』)。唯一の使用例は「ツルベロの14.5mm」[19]だが、これは現地調達したものであり、あえてゴルゴが選んで事前調達したものではない。ただし依頼人から依頼内容を聞き、なおかつその時に依頼人から教えられた「どんな武器でも選り取り見取り」な場所から選んで調達した武器ではある(『顔の無い男』)。

架空の銃としては、デイブが製作した150ミリの装甲を貫く特製銃が、通常の対物ライフル並みかそれ以上のサイズである。この銃は戦車砲の滑腔砲APFSDS弾の原理を狙撃銃に応用した、デイブの完全オリジナル。

なお、対物ライフルは軍や警察では長距離狙撃に利用されているが、発射音や巻き上がる煙が凄まじいため、ゴルゴのように隠密性を重視する暗殺などの用途には向かず、銃自体も非常に大型のため秘匿しての運搬が難しい。唯一の例である「ツルベロの14.5mm」の使用時は、砂漠の中であり、発射音を第三者に聞かれる可能性がまずない状況であった。デイブが製作した特製銃も、発射音が凄まじいことが作中で描写されている。

対物ライフルに準ずる大型銃として、象撃ちに用いられる大威力の猟銃を使用したことがある(『陽気な狙撃者』)。

その他の武器編集

状況により各種銃器や野砲や無線爆弾などの陸上兵器にとどまらず、F15F-104などのジェット機や、回天などの潜航艇など、陸海空問わず武器を使用する場合がある。なお、ゴルゴは「銃とは自身の欲望や興味を満たすための物でなく、仕事を遂行するための道具」だと定義している。また必要とあらば、銃が手元にあってもあえて状況を乗り切るべくナイフを使ったり(『呪術の島』)、標的に人ごみに紛れて背後から接近して「死の宣告」をした上でナイフで背中を刺して殺害したこともある(『焼けただれた砂』)。さらには太極拳の使い手に成りすましていた時には素手で修羅場に挑んでいるが、最後には拳銃を用いたケースもある(『チャイナ・タウン』)。ゴルゴ自身の主体的選択でなく、依頼者の要望に基づき、火縄銃を狙撃に用いた事もある(『史上初の狙撃者 ザ・ファーストスナイパー』)。

点検編集

使用する物は全て信頼性を重視しており、一例として『使用する弾丸は不発弾や精度不良を極力避けるために、100発中ランダムに抜いた80発を試射して全て異常なしなら残り20発を使用、1発でも不良なら100発全て破棄する』という手順を踏んでいる。こうすることで不発弾の発生を限りなくゼロに近づける(『アクシデンタル』ではそんなゴルゴの弾丸の中から不発弾が発生。これが自然に出た物ならば良いが人為的な物であれば自らに対する挑戦であると考え、ゴルゴは一時仕事を中断して徹底した調査に乗り出した)。また愛用銃をM16A1から改良型のA2ベースに切り換えたのも、アメリカ軍がA2を正式採用してから10年以上経って信頼性が十分実証された後のことであった(『傑作・アサルトライフル』)。もっとも信頼する職人・デイブについては例外であり、初体面・初依頼時にはヘンメリーワルサーカスタム(超ロングマグナムカスタム弾)を注文し改造させる際に、1発しか作製されなかった(ただしこれは「3時間でやれ」という無茶な依頼のため)(『AT PIN-HOLE!』)。後に、特製銃の製作を依頼した時は弾丸は5発のみしか渡されなかった(試し撃ち用が1発、本番に4発で、余裕が全くない)が、ゴルゴはそれをよしとした(『宴の終焉』)。

ただし緊急時には、敵から奪ったり、敵地で調達した銃を点検せずに発砲することもある(『ゼロの反撃』、『マンモスの牙』等)。また、銃は敵地で調達したが、弾丸は前もって自前で用意した物を使ったケースもある(『人質 HOSTAGE』)。

仕事編集

内容編集

  • 依頼内容の全て(動機、目的、ターゲット、効果など)を依頼者より語らせる。依頼者がその一部でも意図的に隠していると見るや即座に指摘し、全てを正直に打ち明けた上でなくては依頼を受諾しない。
    • ただしゴルゴ13も依頼された時点で依頼主の嘘を必ず見抜けるわけではなく、依頼を受けてからその嘘が発覚していくというパターンも多い。またその嘘の結果、狙撃がキャンセルされることもあれば、ターゲットがその依頼内容と関係のない人物だったとしても殺すこともある。どちらにせよ、その後嘘をついた依頼人は『制裁』を受ける。(『海の鉱山』)
  • 逆に依頼者が真実を語っていれば、依頼の動機そのものがどんなに私的で身勝手なものであってもそれを理由に拒否する事はない。
  • 自身も「フリーランスのスナイパー」と称してはいるものの、狙撃はあくまでも依頼遂行の一手段であり、依頼目的を果たすのならどのような手段でも講じる。
    • 初期の作品においては狙撃以外の手段で任務を遂行する場合が多く(金庫室や刑務所に潜入して、至近距離で銃撃するなど)、事実上はオールマイティな殺し屋である。
  • 標的は人でも物でも引き受ける。
  • 狙撃とは標的を狙って撃つことだが、以下の仕事も引き受けている。
    • 依頼人が標的が誰なのかは知らない時、突き止め狙撃する。
    • 標的が真犯人か無実かを突き止めてから狙撃する。
    • 標的の依頼人に対する殺意を確認してから狙撃する。(『タミルの虎』)
    • 事故死などを装う必要がある場合、銃以外の方法で殺害する。
    • 敵が大勢いる場所にゴルゴ1人で突入して、大勢を射殺する。(『餓狼おどる海』など)
    • 特定の条件を満たす人物が現れた時にそれを始末する。
  • ボディーガード任務の依頼は、基本的に引き受けない。一度だけ、五島秀之なる人物の護衛を行った事があるが、この人物はゴルゴの実父の可能性が指摘されている(『蒼狼漂う果て』)。
    • ただし、「○○を狙ってくる者の排除」といった表現で、ボディーガード的な役割を果たす事もあるが、請け負うのはターゲットの排除であり、依頼者の命を守る事は任務の範囲外である(『円卓の騎士団』ではターゲットの排除によって結果的に依頼者の命を守ったが、『見えない軍隊』では依頼者は守りきれなかった)。ボディーガードを断られた依頼者が、「襲ってくる人間とそれを命令した者の排除」と依頼内容を換えた例もある。ただしこの依頼は実質的なボディーガードの性格が強く、ゴルゴは依頼者の側におりゴルゴの攻撃手段や行動パターンを知ってしまう事になるため、報酬として依頼人の命を求めた(『世紀末・ハリウッド』)。
    • また依頼された標的が特定の人物の殺害を企てていた場合に、依頼遂行の目的としてその人物のボディーガードを引き受けた事がある(ボディーガードを受けた人物は、自分のボディーガードがゴルゴ13である事を知らない)。
  • 依頼内容はかなり奇妙な内容であっても、理由が依頼者の心情にかなったものであれば希望通りに遂行してもらえる。「標的に恐怖を味わわせてほしい」「事故に見せかけてほしい」「……のタイミングにあわせて」「標的以外に死人や怪我人が出ないように」「犯人が…だと思わせて」などの多様なリクエストに完璧に応えており、顧客満足度は非常に高い。敢えて狙撃に失敗したように見せかけることを依頼され、依頼人よりゴルゴ13の信用が落ちるのを心配されたこともあるが、ゴルゴ13は「関係ないこと」として、その依頼を受けている。
  • ゴルゴの本業である狙撃については、「できれば○○もやってほしい」という曖昧な言い方は受け付けない。そして明確な依頼として引き受けた以上は必ず完遂する。
    • ただし依頼内容が明確でない時に独自で解釈したことはある。『ルート95』では、「他の組織に左利きのジョーの腕を取られたくはない、始末してくれ」という依頼を「命を取れとの言葉はなかった」と自分で解釈し、左腕を撃つだけで済ませたことがある。
  • 上述の通りゴルゴの本領である狙撃については曖昧な依頼は受け付けないが、それ以外の本来のゴルゴの仕事の範疇外においては、曖昧な依頼を受けることもある。その場合はゴルゴの側でも確約はせず、完遂できなかったケースもある。
    • ステルス機F-19の奪取。不可能なら破壊」という依頼を受け、奪取に失敗し破壊したことがある。ただしこの時は、ゴルゴの本業である狙撃に関しては成功させている(『見えない翼』)。
    • ダライ・ラマ14世からの「あなたの前に迷える人間が現れるので、願わくば救ってほしい」という依頼(というより正規の依頼に付随しての単なるお願い)があり、それに応じる旨の回答はしなかった。ただし結果として追っ手の燐隊長を倒すという形で、結果として依頼をゴルゴなりの解釈をしたととれる実行をした(『白龍昇り立つ』)。
    • また「ギランバレー症候群」らしき症状が現れた際にちょうど依頼があった場合には、ゴルゴにしては珍しく依頼そのものに対して受けることを確約しなかった。この時は長距離狙撃ではなく拳銃での至近距離で暗殺しており、依頼を遂行した。(『戦域ミサイル防衛 TMD幻影』)
  • 依頼者が真実を話せば、主義、宗教、人種、イデオロギー、善悪(読者が見て悪人が善人を殺す依頼も可)に関係なく仕事を請け負う。
    • 依頼の目的が「個人的な復讐」「政治的な理由」「組織間の抗争」「依頼者自身を狙撃させる」(拡大自殺)など、理由に関係なく請け負う。
    • ただし依頼の内容に問題があると判断すれば断ることがある(ユダヤ人のナチス残党に対する報復は「復讐は自分自身の手でやるべき」として依頼を受けようとはしなかった)。
    • 建前とは別の目的がある場合に真の目的を隠蔽していても、建前も嘘でないならば隠蔽の理由によっては見逃されることがある(『至近狙撃』)。
    • 依頼の達成の為に、依頼の段階でゴルゴに嘘をつく必要があった場合も、ゴルゴへの裏切りの意図が無ければ見逃される場合もある(『ワシントン・秘密工作 大統領はお元気?』)。
  • 期日を特定しない、将来起こりえる事柄に対応した依頼についてはルールが定まっておらず、「その時まで自分が生きている保証がない」として断ったケース、「死に金になってもよい」という言質を得て承諾したケースがある。承諾した場合はどれだけ時が経っても依頼人が想定したできごとが起きれば即時に対応する。
  • 依頼内容がゴルゴ自身の命を他人に全面的に委ねるような物である場合は、基本的には拒否するが、依頼者が自分の命を担保にする(ゴルゴが命を失った時は依頼者も道連れになる)という条件をつけて引き受けることもある(『イリスク浮上せよ』)。

依頼人との関係編集

  • 依頼人に会う前に、依頼人について情報収集を必ず行う。また狙撃対象の情報収集(背後関係、習慣、癖、嗜好)も行う。
  • 仕事の後で依頼人と再び会わない。ただし、後述の裏切りの疑いがあった場合や、その他別件でなど、例外はある。
  • 依頼人の裏切りは絶対に許さない。下記の制裁の項目を参照。
  • 依頼された仕事は100%果たすが、基本的に「仕事の結果」が依頼人の意図しない方向に動いたとしてもその責任は取らない(『G線上の狙撃』、『ラストジハード 最後の聖戦』など)。
    • 事前にその可能性について触れることも触れないこともある。また上記とは逆に、依頼内容に入っていなくとも依頼者の心情を察し、依頼者にとって「最善の結果」となるように依頼を遂行することもある。
  • 秘密は厳守。
    • 狙撃の腕と共にこの秘密厳守もゴルゴの評判のひとつであり、依頼内容そのものの難易度が低くても秘密の漏洩を防ぐためにあえてゴルゴに依頼するケースも少なくない。
    • 依頼人に対してもゴルゴのルールに則った依頼内容の秘密厳守を課す。これが破られた場合、後述の裏切り行為と見なされる。ただし依頼そのものの条件によっては、一定の情報を外部や標的に教えることを許可する場合もある(『銃殺人ひとり』『カオスの帝国』)。
    • 依頼は原則として一人で遂行し、パートナーなどは全て断る。ただし依頼の内容によっては(全てゴルゴの指示の下で)、依頼人やその他に雇った第三者に協力をさせる場合がある。専門家の協力を仰ぐ場面も多い。
      • 依頼遂行後に命を絶つという約束でゴルゴの仕事のバックアップを許可する場合がある。
      • 依頼人側からの申し入れによるパートナーの同行は原則として拒否するが、ゴルゴの提示する条件と一致する場合は同行を許可する。
      • 依頼の遂行に直接関わらないものの依頼内容によって情報提供者や連絡員などバックアップ要員が依頼人から提示される場合がある。
    • 油断したのか、敵対者の目の前で依頼人に電話をかけ、依頼人の名前と目的を口にしたことがある(『ティモールの蹉跌』)。しかもその敵対者を殺害することなく解放した(後に彼はゴルゴの攻撃により死亡するが、それは彼を殺害するためのものではなく、別の場所への攻撃の結果としての巻き添えに過ぎない)。
  • 依頼の二重受け(依頼人「A」からある人物「X」を始末するように依頼されている時に、別の人物「B」から同じターゲット「X」を始末する依頼を受けるなど)はしない。もし依頼があった場合は、2人目以降の依頼人については断る(別の者から依頼があったことを匂わせる場合と、頑に秘密にする場合がある)。また、複数の標的の狙撃を依頼された際に、その1つに先約があった場合、2人目の依頼人からは先約のない標的の狙撃だけを受けたことがある(『13階段の狙撃』)。ただし1人目からの依頼を遂行する目的で、2人目の依頼を無償で引き受けることもある(2人目を実質的協力者として、1人目の依頼を完遂する)。また、依頼の時点で(依頼人の知らない所で)既にターゲットをゴルゴが殺していた場合、依頼は受け付けず、またその事実も伝えない。
  • また、2人の依頼者の違う依頼内容に対し、それぞれから報酬を受け取って引き受け、結果として1発の狙撃で応じたことはある(『ラスト・ゴーギャン』『スワップ - 捕虜交換』)。
  • ターゲットがゴルゴへの依頼以前に死亡していた場合には、金銭を必要経費を差し引いた上で返還する。他の殺人者・狙撃者に先を越された場合は全額返還する。依頼後にターゲットが事故死した場合も返金するが、必要経費を差し引いているかどうかは不明。依頼者が死去した場合も、遺族に対して代理人を介して理由を告げずに返金を行う。
  • 偽者、もしくはたとえ変装後の姿であったとしても依頼人が容姿が自分に類似した人間を用意することを許さず、用意した場合は即刻偽者を殺害する。ただし変装する相手の姿が既に死んでいる者の場合や、全くの偶然で似ていた場合(例:『間違えられた男』のトニー・トウゴウ)にはその限りではない。
  • ゴルゴの依頼承諾の返事は、多くの場合「わかった…やってみよう…」と妙に曖昧な物であり、それが原因で彼の評判に疎い依頼人やその関係者とトラブルになる事もある。

コンタクト編集

ゴルゴへの連絡ルートは、手紙を出す、カジノに行く、無線を使うなど複数ある。依頼者とゴルゴの間には中継者がいることが共通しており、基本的に依頼者から直接の連絡はできない。

主な連絡ルート
特にポピュラーなのは、アトランタにあるアメリカ連邦刑務所に服役している終身犯マーカス・モンゴメリーに手紙を送ることである。彼が手紙を受け取ると、ラジオの宗教番組『夕べの祈り』『宗教の時間』に、『賛美歌13番』をリクエストする。これが流されるとニューヨーク・タイムズ紙に「13年式G型(またはG13型)トラクター売りたし」という広告と連絡先が掲載されるので、そこに連絡する。『賛美歌13番』の放送キャンセルが伝えられると、依頼のキャンセルとみなされる。
仲介者について
ゴルゴと依頼人との間にある仲介者は2通り存在する。
1つは先述のマーカス・モンゴメリーのような連絡ルートの仲介者であり、こちらはただ単に依頼の中身を見ずに「依頼が入っている」とゴルゴに知らせるだけの存在。
もう1つは連絡ルートを知っていて、ゴルゴへの依頼を行おうとする者に対してそれを手伝う者で、政財界や当局の要人、あるいは暗黒街の顔役など様々である。
前者の側の人間には、ゴルゴは手厚い報酬を用意しているようであり、ある連絡ルートが破壊されてしまった時、もうそのルートは使わないにも関わらず、「死ぬまで給料を支払う」とまで言い(『300万通の絵葉書』)、そのルートに関わっている全ての人々の面倒も見ている(『東ドイツの残骸』)。その一方、後者については依頼人や依頼内容との接点が大きいためか、依頼人を殺す程のトラブルが発生した場合は、その依頼を仲介した人間も同様に殺される(『錆びた黄金』)。
ゴルゴとの面談
ゴルゴは依頼に際しては、最終的に必ず依頼人と直接会って面談を行う。代理人の依頼は原則として認めない。依頼人が本人でない場合、顔や素性を隠している場合、無線や電話などで本人と確認できない場合は断る。例外として、依頼人の死後の遺言、緊急を要する無線連絡、過去に依頼を受けたことがある人物からの連絡などの際は本人でなくとも受ける場合がある。依頼人が面談の際に「金を払うのだから言われた通りにしろ」などと尊大な態度を取った場合、「依頼人になる資格がない」といった趣旨の台詞で依頼を断る(『110度の狙点』『錆びた黄金』)。また、用心のため依頼人との接触場所を当初伝えた場所からさらに子供や浮浪者、近くの電話などで変更を伝え、頻繁に場所を変えさせることもある(『守宮の盗聴』など)。一方、依頼者が重病などを患い外出が難しい場合は、ゴルゴ側が依頼者の元に出向いているシーンもよく見られる(『二十年目の毒』など)が、どのようにして依頼者の病状などを知ったのかは描写されていない。
緊急時・非正規の依頼方法
ゴルゴが定めた連絡ルート以外での連絡方法。基本的にはルール違反だが、そのほとんどが依頼人や伝達者にとって重要で急ぎの依頼であるため、忠告だけに留められる。
  • 正規の連絡網が途絶した際にCIAが行った方法として「13スターズ作戦」がある。「静止軌道衛星を「13」のパーツに分離させ、大気圏で燃える」様子を全世界のニュースで放送してコンタクトを取る。無論これは他に代える方法がない場合の、特殊な一度限りの方法である(『バイルスチェイス』)。
  • 現地のラジオやテレビで『13』に関連した偽のニュースを流す(例「賛美歌13番を声唱中に教会の壁が壊れた」)、即興で作った第三者には意味不明だがゴルゴには切実な依頼だと伝わるようなメッセージ(「13人の犠牲者に告げたい…」)を流す(『依頼保留』)、あるいは前述の連絡方法の逆に依頼者側が「G型トラクター」に関する広告を出すなどもある。また、ゴルゴの連絡方法を自力で探し、直接連絡を取るものもいた。(『ヘッドハンター』)
  • ゴルゴが依頼者の近辺にいることが判っている場合に限り、出入国管理やホテルなど、ゴルゴが痕跡を残しそうな場所をしらみ潰しに嗅ぎ回ると、それを察知したゴルゴから逆に接触してくることがある。依頼そのものに正当性があれば制裁はされない(『シーザーの眼』)。
  • 過去に命を救ってくれた恩人に対しては、ゴルゴ本人が紙片を渡すなどして連絡先を教えているが、どういう連絡手段かは不明(『冥王の密約』『パッチワークの蜜蜂たち』)。
  • ハム無線でのコールサイン(『シビリアン・コントロール』)
  • ゴルゴの射撃の腕を見て、何らかの形で居合わせた者が優秀な狙撃者だと判断して直接依頼することもある。(『2万5千年の荒野』『銃殺人ひとり』『飢餓共和国』)

報酬編集

報酬は必ず前もって決定し、成功報酬などの分割や追加謝礼は基本的に[20]認めない。入金が確認され次第任務を開始する[21]

  • 金額は平均にして20万ドルだが、その額は特に決まっておらず、ゴルゴ自身から指定してこない(テレビアニメ版ではおおむね300万ドルが相場となっている)。
  • 金額はほとんど依頼人が切り出す。
  • 報酬は基本的には金銭で、ドル以外の通貨も受け付ける。事情によっては金銭以外でも引き受ける。(『ガリンペイロ』)
  • 事前の面会と支払いが原則だが、進行中の状況によってはその場で依頼を受けることもある。
  • 大抵は依頼人の提示した依頼料で引き受けるが、依頼人が明確に提示しなかった場合は、自分から提示したり、平均依頼料の倍額を吹っかけることもある。(『シーザーの眼』)
  • 依頼遂行上で偶発・必然を問わず別途の費用が生じた場合、依頼金額以上でもゴルゴが負担し、依頼人には請求しない。
  • 依頼人自身に何らかの費用が発生する場合は、依頼人に協力を求めるという形で、費用を渡さない場合もある。
  • 依頼を受けてから遂行する前に、ターゲットが自分以外の者によって始末されてしまった場合など、遂行できなければ報酬は依頼人に全額返却する。また依頼時に既にターゲットが存在しなかった場合は、必要経費を差し引いて返却する。(『遡行 GO UP』)
  • 『テレパス』では狙撃の失敗を伝え、契約の延長を求められたものの、依頼人に報酬を返却。自分の問題として無報酬で再度の狙撃を遂行した。
  • 依頼者からの送金分に当初の契約にはない報酬以上の口止め料が入っていた場合、その分は返金する。(『ゲノム・フロンティア』)
  • 基本的に報酬以外の金銭のやり取りはしないが、何者かによって自身に対し何かしらの迷惑を被ったら、その関係者から迷惑料として報酬とは別の金銭を受けた場合、受け取る。(『システムダウン』)
  • 例外として信頼の置ける依頼人が報酬を支払えない状況にある場合、事後に支払われたケースがある(『ジェットストリーム』『ヒューム卿最後の事件』など)。また相場の倍額提示、かつゴルゴにとって易しい依頼内容(ゴルゴの口の固さだけが依頼理由)の場合に、事後支払いを承諾したケースがある(『300万通の絵葉書』)。
  • 平均依頼料よりも明らかに低額であっても、依頼者が事情を話して誠意を見せることで引き受けることもある。(『飢餓共和国』)
  • 猛烈な速度でインフレの進む通貨(1300京ジンバブエ・ドル)での支払いを希望した依頼者に対し、換金時のレートが受取時より下がるのが明白であったにも関わらず「受取後の価値の下落は自分の側の問題である」と語って依頼を引き受けたことがある(『標的は陽気な悪魔』)。
  • 現時点での最高報酬額はイギリス海軍省が依頼したもので時価1億ドル(『アルヘンチーノ・ティグレ(アルゼンチンの虎)』 )

報酬の例編集

通常の報酬
例外的報酬
  • 宝石、権利書などの物品
  • 株券(『突然死の予兆』)
  • 銀行口座の預金を譲渡(『鬼畜の宴』)
  • 犯罪容疑の除去
  • 依頼人の命
依頼人の命を賭した依頼についてはそれも「依頼料」の一部として加味して、低額の報酬で引き受けることがある。(『ガリンペイロ』『静かなる記念日』など)
また、依頼人の命だけを報酬に依頼に応じたことがあるが、依頼を受けたのが死後のことであり、物理的に依頼が断れない形だったので、他のケースで命のみを報酬に依頼に応じるかは不明(『黒い通信』)。
「○○を狙う者の排除(ボディガード依頼の変形)」を依頼され、ゴルゴの攻撃手段などを詳しく知ってしまう場合に要求(『世紀末ハリウッド』)。 ただし依頼人が致命傷を負って死亡したために、ゴルゴ自身は手を下さなかった。
  • 目撃者の命
ゴルゴ13の狙撃を目撃した者の命を、報酬の一部としたもの(『2万5千年の荒野』、『シャーロッキアン』)。今のところは、依頼者と同一人物であるケースのみである。
無報酬での請負
  • 過去に負傷した際に自身を助けてくれた軍医、アーノルド・ノイマンに対しては、その後ノイマンの身に危機が訪れるという情報が入った時は速やかに暗殺者を排除し、またノイマンの死後15年が経過し妻から相談された時にも、その件を他のどの依頼よりも最優先とし、また無償で引き受けた(『冥王の密約』『パッチワークの蜜蜂たち』)。
  • 過去に命を救ってくれたインディアンの酋長オールド・クラウドの条件付の依頼を、条件に最大限配慮しつつ遂行した(『甦るスタンディング・ベア』)。
  • 偶発的に事件や災害、事故に巻き込まれ、無償で依頼を引き受けるもの。ただし相手がゴルゴのことを知らず、またゴルゴの側にも(任務遂行の途上、あるいは逃走中など)事情がある場合である。
不明のもの
  • シャトー・ラ・ミッション当主のジャン・エミールの依頼をその父であるモンフェラン・エミールと話がついているとして、ジャンに対しては無報酬で依頼を受けたことがある。話をつけたモンフェランは報酬を支払っているのかどうかは全く不明である(『神の滴』)。

キャンセル編集

  • 依頼の中止を行えるのは依頼者のみ。そのため依頼者が死亡した場合、依頼の中止は不可能になる。
  • 依頼者の事情で依頼者自身がゴルゴの狙撃を阻止しようとした場合も、依頼の中止要請(ストッペイジ・オーダーとゴルゴは言っていた)がない限りそれを排除して依頼を遂行する。
  • 請け負った依頼は正当な理由があればキャンセルできる(ただし過去において「キャンセルできない」と思われていたこともある)。ただし「依頼内容の目的達成」に必要と判断すれば、「不明であった標的」が依頼人の望まない相手と発覚した場合でも躊躇わずに狙撃する。
  • ゴルゴに狙撃を依頼した人間が標的の人間に変装して、結果として自殺を図ったケースもある。最初ゴルゴは変装を暴き立てて狙撃を拒否する意志を示したが、自殺が依頼者の望みだと(読唇術で)理解した後は依頼者を殺している(『疫病神の道標』)。ゴルゴは命を賭した依頼には格安、あるいは命そのものを報酬に依頼に応じることがあり、このような「依頼内容の変更」が他のケースでも通用するかは現時点では不明。

依頼人への終了連絡編集

任務が終了しても依頼人へは基本的に連絡しない。依頼の遂行と同時に依頼人とは一切無関係となる。ただし何らかの事情で任務遂行の必要がなくなった場合(上記にあるゴルゴの実行前に第三者がターゲットを殺害した場合など)や標的の正体が間違っていたり、標的の行為などに依頼者が思い違いをしていた場合は、任務終了後に電話連絡したり、または自ら赴いて報酬を返却すると同時に報告を行うこともある(『ロックフォードの野望』など)。なお、任務遂行の報告を依頼者に行い、あえてルールを破っての気遣いをした事を依頼者に感謝された事が一度だけある。この時は任務達成時の「ボーナス」として、依頼者(女性)から自分の身体を提示されており、ゴルゴはそれを断っており、あえてルール破りを行ったのはその事と関係があると思われる(『オクトパスの疑似餌』)。

巻き込んだ人への対応編集

  • 任務の最中に無関係の人間を巻き込んで迷惑をかけた場合、律儀に謝罪・弁済を行う。
  • 金銭の場合、概ね相手にとって過分な額を支払う。金銭で代替できない物は、代物弁済も行う。敵に追われた際にある牧場の馬を無断で拝借し死なせた時は、その牧場の経営状況までも調べ、同名の馬を贈った上で牧場の借金全額を代わりに返済している(『静かなる草原』)。
  • 金銭を支払うという形の他に、困ったことが起こった時に無条件で依頼を受けるという形でも恩を返す。
  • このケースでは狙撃以外の依頼や恩人本人でない場合など、どのような内容でも決して断らない(『神の滴』『パッチワークの蜜蜂たち』他)(そもそもこの場合「困ったことがあったら連絡してくれ」と伝えている)。
  • 依頼者のミスで偶然同じ場所にいたそっくりさんが間違われた際は、報酬を彼に受け取らせた上で依頼を果たし、偽者としての制裁も加えなかった(『間違われた男』)。
  • 狙撃・銃殺の瞬間を偶然目撃した者については、当然ながら口封じを行っている。
  • ただし、上記の無関係の者を巻き込んだ場合の謝罪・弁済行為とは矛盾する行動でもある。よって、口外しない旨を意思表示した者に関しては、不問にする場合もある。(『百人の毛沢東』など)。これについては、どういう場合に不問にするかに関してルールが確立していない様子であり、ゴルゴ自身も矛盾を整合できない様子が窺える。
  • またゴルゴの狙撃のトリックを見抜かれた際に、不問にしたケースがある(『殺人劇の夜』)。その人物は依頼者のボディガードであり、ゴルゴのトリックを見抜いたのはただの好奇心であり、自分の雇い主の不利益になるので警察への通報は行わないと明言し、ゴルゴもその言い分を信じた。
  • 偶然ゴルゴの狙撃・銃撃を目撃してしまった者がそれをゴルゴに告白、自らへの口封じを代価の一部として依頼したケースもある(『シャーロッキアン』『2万5千年の荒野』など)。
  • 口封じを行う相手に対して、「何かできることはあるか」と訊ね、口封じと弁済の両方を行ったケースもある(『荒んだ大地』)。

標的の関係者への対応編集

  • 標的となる人間の家族・関係者に対しては、仕事の内容とは全く関係がない場合、極力干渉しないように努める。以下、例を挙げる。
    • 標的が妊娠している場合は、出産するまで殺害を延期し、胎児を巻き込まないようにする(『許された命』)。
    • 標的の家族が銃撃を目撃した場合、その死を待つ標的が家族の命乞いを意思表示した場合、その家族を見逃している(『黒い記憶』 ただし標的の息子である当人がこの一件を忘れるのが条件であり、思い出した時にはこれを殺害した)。
  • ただし任務遂行上に必要とあらば、その手段として関係者を巻き込むこともある。標的の弱点である婚約者を強姦し、その時の声を録音して標的を誘き寄せたことがある(『氷結海峡』)。

その他編集

  • 狙撃対象が病気などで結果的に死を免れぬと分かっていても依頼は必ず遂行する。またゴルゴに狙われ観念した対象が自殺に及ぼうとした場合も、それより早く抹殺を行なう。
  • 依頼の遂行には手段を選ばない。自身がわざと囚われて拷問を受けたり、目的のために協力者や無関係な第三者を囮や強姦、誤誘導したり、自ら殺害する場合もある。ゴルゴにそっくりな日系人のセールスマンを利用し、依頼を遂行した例もある。ゴルゴ自身はこうした姿勢について、「俺の目には標的しか見えていない」と発言している(『魔笛のシュツカ』)。ただし巻き込んだ相手には謝礼の支払や、弁済を行ったケースが多い。
  • 一度引き受けた仕事は依頼人が死亡しても確実に遂行される。依頼人が自殺または第三者による殺害で死亡した場合でも変わらず、依頼人以外にゴルゴの遂行を止める手段はない。依頼人の遺族から中止の訴えがあってもそれを受け入れず、依頼を遂行したこともある(『動作・24分の4』)。
  • ゴルゴが敵と定義した対象の目的が、依頼遂行後も進行中である事案には自ら赴いて後処理を行う(『ラストジハード 最後の聖戦』など)。
  • 死体の後始末は行わない。ただし死体が巻き込んだ関係者や恩人であったりする場合には、死体の手を合わせたり火器を添えるなどの手向けをする場合もある(『バスク・空白の依頼』など)。
  • 標的を狙う自分以外の人間と遭遇しても、自分に害をもたらさない限りは特に干渉はしない(『魔笛のシュツカ』、『熱砂の彼方に』、『落日の死影』など)が、狙撃に有利ならその状況を利用することもある。ただし、依頼人から「こちらの手で確実に」という要望を聞き、標的を狙う人間を全滅させてから狙撃を実行したこともある(『偽りの五星紅旗』)。
  • 狙撃対象者や自分の命を狙ってきた者と至近距離で対峙している時に、殺す相手から仕事の依頼を受けた場合、依頼に正当性があると判断すれば任務完了後にその依頼を引き受けることもある(『鬼畜の宴』など)。
  • 2人の依頼人からお互いの抹殺を依頼された場合、遂行期間や条件を決めていればどちらが後に依頼してもその場で即抹殺せず、依頼を引き受ける場合がある(『ビハインド・ザ・プレジデント』)。

制裁編集

以下の場合は制裁と称して対象者を抹殺する(事前に警告を入れることもある)。

  • 依頼人が嘘をついて虚偽の情報でゴルゴに依頼していたり、依頼終了後に口封じをしようとした場合。
  • 如何なる理由に関わらず依頼内容を漏洩した者(ゴルゴ自身が標的を炙り出すために意図的に漏洩する場合や、ターゲットに狙われる恐怖を与えてから殺すために漏洩することが依頼の条件に含まれている場合など、例外もある)。
  • 敵対や報復、脅迫及び、ゴルゴの動向を監視、追跡したり、行動の制限を強要する行為(『情報遊戯』など)。
  • 素性、出自、過去の経緯などを探り、ゴルゴに危害を加えようとした場合(『ミステリーの女王』)。
  • 存在を公にしようとした場合。
  • 依頼人からの仕事の依頼を妨害する行為(依頼ルートの妨害工作、依頼者の殺害など)。
  • 依頼遂行上、不利益な行為を行った者には必ず制裁を行うが、知らずに加担していたと分かった場合は口外しないことを条件に不問にする場合もある。また、相手に対して黒幕への報復に協力するという条件で、殺さなかった例もある(『最後の間諜-虫-』)。
  • ゴルゴに似せた整形を故意に施した者。
  • ゴルゴの名を騙り捏造した情報を意図的に漏洩したり、ゴルゴの行動に便乗して作為的な操作を行った者。
  • 資産を狙った者(『潮流激る南沙 G資金異聞』)。
  • 対象者の計画的、発作的、感情的、殺意の有無に関わらず銃器を向け危害を加えようとした場合(ただし、警察等の連行や逮捕目的の示威行為、正規軍によるゴルゴを制圧する威嚇行為等の正当な職務行為に関しては無視している)。
  • ゴルゴの身体機能(戦闘データなど)や血液を入手、分析して複製や解析を試みた者(『偽空座標X』『血液サンプルG』など)、依頼遂行上必要になった算出データ(身体測定など)はその場で抹消させる(『36000秒分の1秒』)。転用・転売や漏洩を試みる者には警告を出す。
  • ゴルゴを無断でカメラで直接撮影しようとする、または撮影した者。
    • ただし、たとえ撮影したとしても、撮影した者が自身の心情の変化によって写真やネガを破棄する意思を示した場合、不問とされることがある(『ある女の視界(ファインダー)』)。
    • 一度ビルの窓ガラスに写ったゴルゴを撮影しようとしたカメラマンがいたが失敗。作品中ではゴルゴがそのカメラマンを睨む場面で話が終わっているが、その後どうなったかは不明である(『クロスアングル』。アニメ版ではこの後、銃声が響いており、ゴルゴが制裁を行ったことが示唆されている)。
    • たまたま撮影した写真にゴルゴが写り込んだ場合にカメラマンを殺害したケースもある(『アクシデンタル』)。
    • 写真撮影の際の不可抗力で狙撃の瞬間が撮影されていた場合は、上記のようにゴルゴと敵対しない(存在を秘密にする)且つその写真を破棄する意思を示したため、不問とされた。ただしタイミングが間違っていれば秘密保持を優先する事をゴルゴは明言している(『シャッター』)。
    • 写真ではなく、ゴルゴの狙撃の様子を猟師と間違えて、絵画として描いてしまった画家がいる。ゴルゴは絵画自体は処分したものの、その画家が何者であるかは作中において明かされず、ゴルゴがその画家に制裁を加えたかどうかは不明(『涙するイエス』)。

上記の通り、ゴルゴに敵対及び存在を脅かす対象は個人、組織に関係なく、その脅威が排されるまで徹底的な殲滅を行い、状況により核の利用もありうる。

財産編集

想像できないほどの莫大な財産があると思われる(判明した中で過去最高額は200億ドル以上(約2兆円)『潮流激る南沙 G資金異聞』)。ただし単純な請け負った仕事の報酬の合計ではなく、スイス銀行の資産運用によって財産を殖やしていることが、作中でも示唆されている(スイス銀行への預金は利子はつかないので、預金を増やすには資産運用を依頼する必要がある)。

  • 目的のためならば、ほぼ全資産を寄付したり、報酬以上の経費を使ったとしか思えない描写がある(『最後の間諜-虫-』『潮流激る南沙 G資金異聞』『ガリンペイロ』)。
  • 任務がなくとも事情により定期的に報酬を支払っている協力者がいる(『最後の戦場』『300万通の絵葉書』)。

作者自身のゴルゴ像編集

さいとう自身が語るところによると「東郷」の名は、作者の中学時代の恩師の名前から取ったとしている[22]。また、連載当初のゴルゴ13の容姿のモデルは高倉健であったが、連載がすすむに連れ連載40周年の際にインタビューを受けたさいとうは、ゴルゴを「僕にとっては凄く言うことを聞いてくれる役者」と形容し、また2008年現在に実写化するならば、ハンマー投げ選手の室伏広治が適任であると語った[23]

配役編集

映画
アニメ作品の声優
その他のメディア作品の声優

脚注編集

  1. ^ 初期設定では、さいとう・たかをより1歳年上(1935年生まれ)の日本軍兵士で、南方戦線で米兵を殺戮していたとの記述があった。ただし、1935年生まれとすると1945年の敗戦時以前に日本軍で通常の形で兵士だったとは考えにくい部分もある
  2. ^ 第27巻のゴルゴ13の特集のデータにある。
  3. ^ a b 『週刊文春』2014年2月20日号 p.120-「阿川佐和子のこの人に会いたい 第1006回 劇画家 さいとう・たかを」
  4. ^ 日本かバイカル湖周辺をルーツとする可能性がある(『血液サンプルG』)。
  5. ^ しばしば依頼人に日本人扱いされた際は「そう思うのは勝手だが俺の仕事には関係ない」と返している。
  6. ^ 身体測定の際に、近代五種の選手やスペツナズ隊員に近似し、俊敏性と持久性がバランス良く最高点まで鍛え上げられているというデータを算出されたため。
  7. ^ ほとんどのケースで外国語(話し相手の公用語など)を話しているはずであり、また言語によっては常体・敬体を区別しない場合もあるため、作中で書かれている日本語の台詞は翻訳であると考えられる。従ってゴルゴが敬語表現を使わないのは、和訳の際に元の言葉での会話の雰囲気を伝えるものと解釈されうる。
  8. ^ 第107巻358話「力は我々にあり」などで相手を挑発するために、意識的に笑うケースはある。また、94巻317話『北の暗殺教官』では笑いながらヘラヘラと話す場面があるなど、キャラクターを偽装する目的でジョークを言いながら笑ったり困ったりと、表情豊かな場面がある。
  9. ^ 番外で『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公両津勘吉と左手で握手する笑顔のゴルゴが描かれたことがある。
  10. ^ 現実にも、飲料に薬品を仕込むのは容易であるが、食物の場合は困難であり、例えば三菱銀行人質事件では犯人への差し入れのステーキのソースに睡眠薬を入れようとしたが、味が変わってしまい断念したという事実がある。
  11. ^ アメリカ空軍の実験で、常人では10G、鍛えたパイロットでも12~13G、ゴリラは15Gで失神に至る。またジェットコースターでは安全上3Gが上限として設定、設計されている。
  12. ^ 現実世界での狙撃距離記録は、長らくベトナム戦争中に米海兵隊のカルロス・ハスコック軍曹がスコープを装着したブローニングM2機関銃によって行った約2,300mという記録であったが、2002年にアフガニスタンカナダ軍のロブ・ファーロング兵長対物ライフルによって2,430mの狙撃に成功したことで破られている。ただしいずれも12.7mmの大口径で大型の銃であり、ゴルゴの使う銃とは全く違うものである。
  13. ^ 『海神が目覚める』。高低差と強風を逆手に取ったものと思われる
  14. ^ デイブ・マッカートニーによる特別製の狙撃銃と弾丸を使用。『AT PIN-HOLE』
  15. ^ ただしダイヤモンドが割ることが困難な物質だという作中の描写は考証ミスであり、現実にはダイヤモンドは衝撃に弱く、金槌で叩いても簡単に割れる鉱物である
  16. ^ 現実にもシークレットサービスなど、確実性を重視する職種では現代でもリボルバーを使用することが多い。
  17. ^ 作者が狙撃銃ではないM16をゴルゴ13に持たせたのは、銃器に対する知識不足などが主な要因であったと作者本人が認めており、敢えてM16を使用し続けている理由についての作中の説明は、その設定ミスのフォローのためである。リュングマン式を採用したM16は、構造上その後継・省力/省資源型のAR-18などのアサルトライフルより命中精度は良好であるため、M16を狙撃銃に改造した派生品も存在し、実際の使用例もある。またベストセラーであるため潤沢な補修部品や多数のオプションパーツが市場に存在する。さらにほとんど同じ外観で民間向けのスポーツ射撃モデルがあるため、アメリカのような規制が緩い国では運搬時に見つかっても(偽造した)許可証があれば言い訳ができるという利点もある。
    使用弾薬である5.56mm NATO弾は、AKなどに使用される7.62x39弾に比べて弾道特性が優れているため、優れた命中精度を持つ銃と評価されている。ただし命中率を競う競技と異なり、狙撃の要は殺傷力にあるため、近年では7.62mm NATO弾を用いるM14が再利用(M16の登場で退役していた)されたり、同弾を用いるHK417などが登場している。
  18. ^ 通常、軍の狙撃手は狙撃を補助する観測手と二人か、周りを警戒する歩兵も含めた三人程度の小グループで行動するのが基本だが、ゴルゴは単独行動が基本なため、不意の襲撃にも対応できるアサルトライフルは合理的な選択肢の一つである
  19. ^ ツルベロとは南アフリカの銃器メーカーで対物ライフルを製造した実績のある「ツルベロ・アーモリー社」、14.5mmとは第2次大戦中に旧ソ連が対戦車ライフル用の弾薬として開発し、戦後も重機関銃や対物ライフルの弾薬として用いられている「14.5x114mm弾」と思われる。
  20. ^ ただし『スキャンダルの未払い金』など前金と成功報酬の分割払いにした例もある。
  21. ^ 『300万通の絵葉書』や『死刑執行0:01AM』など、特別な事情がある場合は入金される前から任務を開始し、依頼達成後の入金を認めたこともある。この場合でも報酬額は前もって決められている。
  22. ^ 石ノ森章太郎ほか著『漫画超進化論』河出書房新社、1989年、107-108p。
  23. ^ 『ゴルゴ13』連載40周年 さいとう・たかを氏、実写化するなら「室伏広治が適任」ORICON STYLE

関連項目編集

  • スナイパー
  • テロリスト
  • 殺し屋
  • ジョーク東郷 - ゴルゴ13の物真似をするお笑い芸人。
  • AERA - 創刊号から1990年代前半にかけて、連載当時の実在の世界情勢を、架空の人物も織り交ぜて分かりやすく解説する特集記事「スーパー特派員・亜江良十三(あえら・じゅうぞう)」が掲載された(挿絵はさいとう・プロダクションが担当)。最終回で亜江良は職場放棄して世界のどこかで失踪し音信不通となるのだが、最後に「亜江良の上司が朝日新聞社の人事部データを閲覧すると『出身地は十三、双子の兄はスナイパーである』と書かれていた」という記述で締めくくられた。なお、1000号記念号の「現代の肖像」のコーナーでゴルゴ13が登場している。