メインメニューを開く

WTAファイナルズ

プロテニス世界ツアーの年間最終戦
WTAツアー選手権から転送)

WTAファイナルズ(WTA Finals)は、毎年10月末から11月上旬に行われるWTAツアーの年間最終戦である。

WTAファイナルズ
2019年WTAファイナルズ
WTA Tour
開催国 中華人民共和国の旗 中国
深セン市(2019年-2028年)
会場 深セン湾体育中心体育館
カテゴリ ツアー選手権[1]
サーフェス 屋内ハードコート
ドロー 8M / 8D
賞金総額 US$14,000,000 (2019年)
公式サイト WTAFinals.com
WTAトーナメント


歴史編集

1972年アメリカフロリダ州ボカラトンで「バージニアスリム選手権」として第1回が行われ、1979年以降、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで行われた。歴代の冠スポンサーの中には日本トヨタ自動車も名前を連ねたことがある。1995年から2000年までは「チェイス選手権」の名称であった。

最近は大会会場の変更が多く、2001年ドイツミュンヘンの「オリンピアハレ」で行われ、2002年から2005年まではロサンゼルスで開催された。2006年2007年の2年間スペインマドリードで行われた後、2008年カタールドーハに会場を移す。2011年からはトルコイスタンブール、2014年からはシンガポール、2019年から28年までは中国深セン市で開催される。

2002年までは、年間最終ランキング16名の選手に出場資格が与えられ、1回戦からのトーナメントで試合が行われていた。しかし2003年以後、男子年間最終戦の「テニス・マスターズ・カップ」と同じ方式に変更された。出場資格選手は世界ランキング上位8名の選手に減らされ、4人ずつの2組に分かれて総当たり戦(ラウンド・ロビン)を行い、上位選手2名が決勝トーナメントに進出する。その4名で準決勝 → 決勝が行われ、優勝者が決定する。

このWTAツアー最終戦は、1998年までは決勝戦が最大5セット・マッチで行われ、女子テニスツアーでは唯一5セット・マッチで行われるゲームであった。この制度は1984年、当時の世界ランキング1位だったマルチナ・ナブラチロワがあまりにも強すぎたことから導入された。しかし女子選手に5セット・マッチは体の負担が大きすぎるという声が大きく、1999年からは決勝戦も通常の最大3セット・マッチで行われている。本大会シングルスの優勝者にはビリー・ジーン・キング・トロフィー、ダブルスにはマルチナ・ナブラチロワ・トロフィーが授与される。

2009年からは翌週に大会に出場出来なかった選手によるWTAトーナメント・オブ・チャンピオンズが行われるようになった。2015年からはWTAエリート・トロフィーとして開催されている。

開催地編集

都市 開催年 会場 サーフェス 座席数
  ボカラトン 1972–1973 クレー
  ロサンゼルス 1974–1976 カーペット
  ニューヨーク 1977 マディソン・スクエア・ガーデン カーペット 18,000
  オークランド 1978 オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム・アリーナ カーペット
  ニューヨーク 1979–2000 マディソン・スクエア・ガーデン カーペット 18,000
  ミュンヘン 2001 オリンピアハレ ハード 12,000
  ロサンゼルス 2002–2005 ステイプルズ・センター ハード 17,000
  マドリード 2006–2007 マドリード・アリーナ ハード 10,500
  ドーハ 2008–2010 カリファ国際テニスコンプレックス ハード 6,911
  イスタンブール 2011–2013 スィナン・エルデム・ドーム ハード 15,000
  シンガポール 2014–2018 シンガポール・インドア・スタジアム ハード 10,000
  深圳 2019–2028 深セン湾体育中心 ハード 12,500

歴代優勝者編集

シングルス編集

優勝者 準優勝者 決勝結果 備考
1972年   クリス・エバート   ケリー・レイド 7-5, 6-4
1973年   クリス・エバート   ナンシー・リッチー 6-3, 6-3
1974年   イボンヌ・グーラゴング   クリス・エバート 6-3, 6-4
1975年   クリス・エバート   マルチナ・ナブラチロワ 6-4, 6-2
1976年   イボンヌ・グーラゴング・コーリー   クリス・エバート 6-3, 5-7, 6-3
1977年   クリス・エバート   スー・バーカー 2-6, 6-1, 6-1
1978年   マルチナ・ナブラチロワ   イボンヌ・グーラゴング・コーリー 7-6, 6-4
1979年   マルチナ・ナブラチロワ   トレーシー・オースチン 6-3, 3-6, 6-2
1980年   トレーシー・オースチン   マルチナ・ナブラチロワ 6-2, 2-6, 6-2
1981年   マルチナ・ナブラチロワ   アンドレア・イエガー 6-3, 7-6
1982年   シルビア・ハニカ   マルチナ・ナブラチロワ 1-6, 6-3, 6-4
1983年   マルチナ・ナブラチロワ   クリス・エバート・ロイド 6-2, 6-0
1984年   マルチナ・ナブラチロワ   クリス・エバート・ロイド 6-3, 7-5, 6-1 決勝戦に5セット・マッチ導入
1985年   マルチナ・ナブラチロワ   ヘレナ・スコバ 6-3, 7-5, 6-4
1986年1月   マルチナ・ナブラチロワ   ハナ・マンドリコワ 6-2, 6-0, 3-6, 6-1
1986年11月   マルチナ・ナブラチロワ   シュテフィ・グラフ 7-6, 6-3, 6-2
1987年   シュテフィ・グラフ   ガブリエラ・サバティーニ 4-6, 6-4, 6-0, 6-4
1988年   ガブリエラ・サバティーニ   パム・シュライバー 7-5, 6-2, 6-2
1989年   シュテフィ・グラフ   マルチナ・ナブラチロワ 6-4, 7-5, 2-6, 6-2
1990年   モニカ・セレシュ   ガブリエラ・サバティーニ 6-4, 5-7, 3-6, 6-4, 6-2
1991年   モニカ・セレシュ   マルチナ・ナブラチロワ 6-4, 3-6, 7-5, 6-0
1992年   モニカ・セレシュ   マルチナ・ナブラチロワ 7-5, 6-3, 6-1
1993年   シュテフィ・グラフ   アランチャ・サンチェス・ビカリオ 6-1, 6-4, 3-6, 6-1
1994年   ガブリエラ・サバティーニ   リンゼイ・ダベンポート 6-3, 6-2, 6-4 伊達公子が日本人選手として初出場
1995年   シュテフィ・グラフ   アンケ・フーバー 6-1, 2-6, 6-1, 4-6, 6-3
1996年   シュテフィ・グラフ   マルチナ・ヒンギス 6-3, 4-6, 6-0, 4-6, 6-0
1997年   ヤナ・ノボトナ   マリー・ピエルス 7-6, 6-2, 6-3
1998年   マルチナ・ヒンギス   リンゼイ・ダベンポート 7-5, 6-4, 4-6, 6-2
1999年   リンゼイ・ダベンポート   マルチナ・ヒンギス 6-4, 6-2 決勝戦を3セット・マッチに戻す
2000年   マルチナ・ヒンギス   モニカ・セレシュ 6-7, 6-4, 6-4
2001年   セリーナ・ウィリアムズ   リンゼイ・ダベンポート 不戦勝
2002年   キム・クライシュテルス   セリーナ・ウィリアムズ 7-5, 6-3
2003年   キム・クライシュテルス   アメリ・モレスモ 6-2, 6-0
2004年   マリア・シャラポワ   セリーナ・ウィリアムズ 4-6, 6-2, 6-4 大会史上最年少優勝
2005年   アメリ・モレスモ   マリー・ピエルス 5-7, 7-6, 6-4
2006年   ジュスティーヌ・エナン=アーデン   アメリ・モレスモ 6-4, 6-3
2007年   ジュスティーヌ・エナン   マリア・シャラポワ 5-7, 7-5, 6-3
2008年   ビーナス・ウィリアムズ   ベラ・ズボナレワ 6-7, 6-0, 6-2
2009年   セリーナ・ウィリアムズ   ビーナス・ウィリアムズ 6-2,7-6
2010年   キム・クライシュテルス   キャロライン・ウォズニアッキ 6–3, 5–7, 6–3
2011年   ペトラ・クビトバ   ビクトリア・アザレンカ 7–5, 4–6, 6–3
2012年   セリーナ・ウィリアムズ   マリア・シャラポワ 6-4, 6–3
2013年   セリーナ・ウィリアムズ   李娜 2–6, 6–3, 6–0
2014年   セリーナ・ウィリアムズ   シモナ・ハレプ 6–3, 6–0
2015年   アグニエシュカ・ラドワンスカ   ペトラ・クビトバ 6–2, 4–6, 6–3
2016年   ドミニカ・チブルコバ   アンゲリク・ケルバー 6–3, 6–4
2017年   キャロライン・ウォズニアッキ   ビーナス・ウィリアムズ 6–4, 6–4
2018年   エリナ・スビトリナ   スローン・スティーブンス 3–6, 6–2, 6–2
2019年   アシュリー・バーティ   エリナ・スビトリナ 6–4, 6–3

ダブルス編集

優勝者 準優勝者 決勝結果
1974年   ロージー・カザルス
  ビリー・ジーン・キング
  フランソワーズ・デュール
  ベティ・ストーブ
6-1, 6-7, 7-5
1975年-76年
ダブルス競技実施なし
1977年   マルチナ・ナブラチロワ
  ベティ・ストーブ
  フランソワーズ・デュール
  バージニア・ウェード
7-5, 6-3
1978年-81年
ダブルス競技実施なし
1982年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  キャシー・ジョーダン
  アン・スミス
6-4, 6-3
1983年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  クラウディア・コーデ=キルシュ
  エヴァ・プファッフ
7-5, 6-2
1984年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  ジョー・デュリー
  アン清村
6-3, 6-1
1985年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  クラウディア・コーデ=キルシュ
  ヘレナ・スコバ
6-7, 6-4, 7-6
1986年1月   ハナ・マンドリコワ
  ウェンディ・ターンブル
  クラウディア・コーデ=キルシュ
  ヘレナ・スコバ
6-4, 6-7, 6-3
1986年11月   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  クラウディア・コーデ=キルシュ
  ヘレナ・スコバ
7-6, 6-3
1987年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  クラウディア・コーデ=キルシュ
  ヘレナ・スコバ
6-1, 6-1
1988年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  ラリサ・サブチェンコ
  ナタリア・ズベレワ
6-3, 6-4
1989年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  ラリサ・サブチェンコ
  ナタリア・ズベレワ
6-3, 6-2
1990年   キャシー・ジョーダン
  エリザベス・スマイリー
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  メルセデス・パス
7-6, 6-4
1991年   マルチナ・ナブラチロワ
  パム・シュライバー
  ジジ・フェルナンデス
  ヤナ・ノボトナ
4-6, 7-5, 6-4
1992年   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ヘレナ・スコバ
  ラリサ・ネーランド
  ヤナ・ノボトナ
7-6, 6-1
1993年   ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
  ラリサ・ネーランド
  ヤナ・ノボトナ
6-3, 7-5
1994年   ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ヤナ・ノボトナ
6-3, 6-7, 6-3
1995年   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ヤナ・ノボトナ
  ジジ・フェルナンデス
  ナターシャ・ズベレワ
6-2, 6-1
1996年   リンゼイ・ダベンポート
  メアリー・ジョー・フェルナンデス
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ヤナ・ノボトナ
6-3, 6-2
1997年   リンゼイ・ダベンポート
  ヤナ・ノボトナ
  ナタリー・トージア
  アレクサンドラ・フセ
6-7, 6-3, 6-2
1998年   リンゼイ・ダベンポート
  ナターシャ・ズベレワ
  ナタリー・トージア
  アレクサンドラ・フセ
6-7, 7-5, 6-3
1999年   マルチナ・ヒンギス
  アンナ・クルニコワ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ラリサ・ネーランド
6-4, 6-4
2000年   マルチナ・ヒンギス
  アンナ・クルニコワ
  ニコル・アレント
  マノン・ボーラグラフ
6-2, 6-3
2001年   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
  カーラ・ブラック
  エレーナ・リホフツェワ
7-5, 3-6, 6-3
2002年   エレーナ・デメンチェワ
  ヤネッテ・フサロバ
  カーラ・ブラック
  エレーナ・リホフツェワ
4-6, 6-4, 6-3
2003年   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
  キム・クライシュテルス
  杉山愛
6-4, 3-6, 6-3
2004年   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
  カーラ・ブラック
  レネ・スタブス
7-5, 6-2
2005年   リサ・レイモンド
  サマンサ・ストーサー
  カーラ・ブラック
  レネ・スタブス
6-7, 7-5, 6-4
2006年   リサ・レイモンド
  サマンサ・ストーサー
  カーラ・ブラック
  レネ・スタブス
3-6, 6-3, 6-3
2007年   リーゼル・フーバー
  カーラ・ブラック
  カタリナ・スレボトニク
  杉山愛
5-7, 6-3 [10-8]
2008年   リーゼル・フーバー
  カーラ・ブラック
  クベタ・ペシュケ
  レネ・スタブス
6-1, 7-5
2009年   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
  ヌリア・リャゴステラ・ビベス
  リーゼル・フーバー
  カーラ・ブラック
7-6, 5–7, [10–7]
2010年   ヒセラ・ドゥルコ
  フラビア・ペンネッタ
  クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
7–5, 6–4
2011年   リーゼル・フーバー
  リサ・レイモンド
  クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
6–4, 6–4
2012年   マリア・キリレンコ
  ナディア・ペトロワ
  アンドレア・フラバーチコバ
  ルーシー・ハラデツカ
6–1, 6–4
2013年   謝淑薇
  彭帥
  エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6-4, 7-5
2014年   サニア・ミルザ
  カーラ・ブラック
  謝淑薇
  彭帥
6-1, 6-0
2015年   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
  ガルビネ・ムグルサ
  カルラ・スアレス・ナバロ
6–0, 6–3
2016年   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
  ベサニー・マテック=サンズ
  ルーシー・サファロバ
7-6(5), 6-3
2017年   ティメア・バボシュ
  アンドレア・フラバーチコバ
  キキ・ベルテンス
  ヨハンナ・ラーション
4–6, 6–4, [10–5]
2018年   ティメア・バボシュ
  クリスティナ・ムラデノビッチ
  バルボラ・クレイチコバ
  カテリナ・シニアコバ
6–4, 7–5

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ BNP Paribas WTA Finals - Tournament Info”. WTA Tour. 2015年4月9日閲覧。

参考資料編集

  • WTAツアー公式メディア・ガイド、1996年版 (189・190ページ/ダブルス記録は190ページに従った)

外部リンク編集