安達祐実

日本の女優、タレント

安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本女優タレントである。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。安達有里は実母。安達哲朗は実兄、安達大は異父弟。夫は、カメラマンの桑島智輝。

あだち ゆみ
安達 祐実
安達 祐実
本名 長谷川祐実
生年月日 (1981-09-14) 1981年9月14日(40歳)
出生地 東京都
身長 152 cm[1]
血液型 A型
職業 女優、タレント
ジャンル テレビドラマ映画など
活動期間 1984年 -
活動内容 1983年:デビュー
1990年:テレビドラマ初出演
1993年:歌手デビュー
2005年:産休
2006年:復帰
配偶者 井戸田潤2005年 - 2009年
桑島智輝(2014年 - )
著名な家族 安達有里(母)
安達哲朗(兄)
安達大(弟)
事務所 サンミュージックプロダクション: - 2021年11月30日[2]
公式サイト yumi adachi official gallery
主な作品
テレビドラマ
家なき子』シリーズ
聖龍伝説
ガラスの仮面』シリーズ
大奥
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
初めて恋をした日に読む話
捨ててよ、安達さん。
映画
REX 恐竜物語
花宵道中
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1993年REX 恐竜物語
優秀主演女優賞
1994年『家なき子』
その他の賞
テンプレートを表示

来歴編集

2歳時に子育て雑誌でモデルデビューし[3]、後に子役としてCMなどで活躍した。子役としてデビューしているため、同年代の芸能人と比較して非常に芸歴が長い。本人曰く「ウッチャンナンチャンTM NETWORKは同期」である[4]。子役時代初期は東京児童劇団スペースクラフトジュニアに所属していた。

1991年、テレビCMハウス食品・咖喱工房」で注目を集め、「具が大きい」のフレーズは流行語にもなった[5]。以後、女優としての道を歩む。

1993年 『REX 恐竜物語』で映画デビュー。初映画にして主演を務める。

1994年、テレビドラマ『家なき子』で主人公の相沢すず役を演じ、12歳とは思えない演技力で一躍脚光を浴びる。同作品は最高視聴率37.2%を記録し[5]、すずの台詞である「同情するならカネをくれ」は新語・流行語大賞にも選ばれるなど社会現象となった[6]

2005年9月14日、自身の24歳の誕生日にスピードワゴン井戸田潤と結婚。都内のホテルで結婚会見を行い、妊娠2か月であることも発表した。2人は同年4月下旬に知り合ったという[7]。2005年11月13日に都内の教会で結婚式を挙行した。2005年12月上旬から産休に入り、2006年4月に第1子となる女児を出産、同年6月から仕事復帰している。

2009年1月8日、井戸田と離婚。翌日に双方の所属事務所が発表した。長女の親権は安達が持ち、井戸田が養育費を支払うことで合意した。慰謝料はない[8]

2014年11月13日、カメラマンの桑島智輝と再婚[9][10]。同年、『花宵道中』で20年ぶりに映画主演を果たした[11]

2016年2月24日、第2子妊娠を発表[12]。7月29日に男児出産をブログで報告[13]。同年10月4日から仕事復帰している。

2020年12月、アパレルブランド「虜」をプロデュース、新作コレクションを発表した[14]

2021年10月4日、11月末を以って所属するサンミュージックを退社することを発表[2]

人物・エピソード編集

  • デビュー当初は明るい性格の役が多かったが、『家なき子』以降は演技に幅が出て、多種多様な性格の役をこなすようになった。また、10代の前半で30代の役を演じたり、20歳近くになってから5歳前後の少女の役や、39歳で6歳の少女を演じるなど、通常なら無理がある年齢設定の役も演じている。
  • 1994年12月20日に日本テレビに郵送された「安達祐実」宛の郵便物が爆発して、サンミュージック関連会社の社員ら3人が重軽傷を負う事件が発生した(日本テレビ郵便爆弾事件)。この時、安達に怪我は無かった。
  • 2007年1月には全国理容連合会が主催する『第2回さわやかヘアスタイル大賞』を室伏広治木村遼希と共に受賞した。
  • 1997年1998年に放送されたテレビドラマ『ガラスの仮面』では、原作者の美内すずえから直々に指名されて主人公北島マヤを演じた。
  • 高校時代の同級生には岩隈久志佐藤江梨子中村勘九郎がいる。
  • 2020年4月23日発売の女性ファッション誌『CanCam』6月号(小学館)の表紙モデルに起用され、1982年に創刊された同誌史上最年長のカバーモデルとなった。
  • 2020年12月、アパレルブランド「虜」をプロデュース、新作コレクションを発表した。

子役時代編集

  • 初恋の相手はAD。恋してしばらくした頃、帰宅すると家にその彼がおり「おかえり」と言われ、母からの「今日からこの人がお父さんよ」という一言により失恋したことを悟った。
  • 10代後半には、『週刊プレイボーイ』誌で水着グラビア姿を披露して、話題を集めた。本人曰く「プールや海ではみんな水着になるから恥ずかしくない」と回答している[要出典]
  • 自分と同じく子役として活動している芦田愛菜をとても気にかけており[15]、『メレンゲの気持ち』で初対面した際には「ずっとテレビに出てるけど、大丈夫?」と声をかけていた。

評価編集

290人が投票に参加した「実年齢より若く見える女優ランキング」では、深田恭子や石田ゆり子らを抑え1位を獲得した[16]

出演編集

連続ドラマ編集

太字表記は主演作品

単発ドラマ編集

Webドラマ編集

映画編集

吹き替え編集

劇場アニメ編集

テレビアニメ編集

  • 伝説のワニ ジェイク 第2章 失われた地図(2002年)

舞台編集

PV編集

バラエティ編集

ラジオ編集

  • 安達祐実のおしゃまな夜(1992年 - 1993年、TBSラジオ
  • 祐実をとりまく男たち(1993年 - 1994年、TBSラジオ)
  • 千葉市広報番組「安達祐実のBAY MORNING GLORY」(2001年 - 2005年、bayfm
  • 安達祐実のTOKYO UBERSEXUAL LIFE(2006年11月 - 2007年3月、文化放送
  • 安達祐実のTOKYO UBERSEXUAL LIFE NEXT(2007年4月 - 2007年9月、文化放送)
  • 安達祐実のYou&Me(2010年10月 - 2011年3月、ニッポン放送

CM編集

※その他多数

ゲーム編集

  • テレビシリーズ 家なき子 〜すずの選択〜(1995年3月22日発売、バッププレイディア用ソフト) - 相沢すず 役
  • 祐実とトコトンプレイディア(1995年、バンダイ、プレイディア用ソフト〈祐実ちゃんの“ワクワクドキドキキャンペーン”景品〉)

その他編集

受賞歴編集

1994年

ディスコグラフィー編集

シングル編集

ソロシングル編集

# 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番
ビクターエンタテインメント
1st 1993年6月23日 GOOD NIGHT/REX 恐竜物語 8cmCD VIDL-10361
2nd 1993年11月3日 元気だしてBOYS & GIRLS 天使をください 8cmCD VIDL-10361
3rd 1994年2月23日 どーした!安達 あしたになったら 8cmCD VIDL-10488
4th 1995年5月24日 風の中のダンス 誓いのブリッジ 8cmCD VIDL-10657
5th 1995年12月1日 逃げたいときは/おじいちゃんはマメなのだ 8cmCD VIDL-10710
6th 1997年7月21日 ボクってまんまる ヒトコト 8cmCD VIDL-30049
7th 1998年4月1日 涙くんさよなら 未来の花 8cmCD VIDL-30197

デュエットシングル編集

名義 発売日 タイトル c/w 規格 規格品番
ビクターエンタテインメント
ふれみんぐ(安達祐実 & 高橋部長) 1993年8月21日 パパと祐実の“考え中” 平教委の人々 8cmCD VIDL-10382

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
ビクターエンタテインメント
1st 1994年3月3日 ラブピース CD VICL-8101
2nd 1995年12月16日 BiG CD VICL-716
3rd 1996年12月18日 Viva!AMERICA CD VICL-851
4th 1997年9月22日 I Have a Dream CD VICL-60118

ベストアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
ビクターエンタテインメント
1st 2010年8月18日 ゴールデン☆ベスト 安達祐実 CD VICL-63650

ビデオクリップ編集

発売日 タイトル 規格 規格品番
ビクターエンタテインメント
1st 1994年3月24日 モァ ラブピース VHS VIVL-116
2008年11月19日 DVD VIBL-438
2nd 1995年7月21日 風の中のダンス VHS VIVL-152
3rd 1997年9月22日 Travelling Dreamer VHS VIVL-205
2008年11月19日 DVD VIBL-439

配信限定編集

  • いばらのみち(紅子version) / 紅子 starring 安達祐実(2010年5月26日)

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録作品
GOOD NIGHT 映画『REX 恐竜物語』イメージソング シングル「GOOD NIGHT/REX 恐竜物語」
REX 恐竜物語 映画『REX 恐竜物語』挿入歌
ハウス『咖喱工房』CFソング
パパと祐実の“考え中” フジテレビ系 『たけし・逸見の平成教育委員会』エンディングテーマ デュエットシングル「パパと祐実の“考え中”」
元気だしてBOYS & GIRLS テレビ朝日月曜ドラマ・イン愛してるよ!』挿入歌 シングル「元気だしてBOYS & GIRLS」
どーした!安達 福武書店進研ゼミ小学講座」CMソング シングル「どーした!安達」
風の中のダンス 日本テレビ系ドラマ 『家なき子2』挿入歌 シングル「風の中のダンス
逃げたいときは フジテレビ系『ポンキッキーズ』メロディ シングル「逃げたいときは/おじいちゃんはマメなのだ」
おじいちゃんはマメなのだ ドリームソングコンテスト大賞受賞曲
ボクってまんまる テレビ朝日系アニメ『忍ペンまん丸』オープニングテーマ シングル「ボクってまんまる」
涙くんさよなら TBS系ドラマ『天までとどけ7』主題歌 シングル「涙くんさよなら
TBS系ドラマ『天までとどけ8』主題歌
未来の花 全国珠算教育団体連合会 イメージソング

書籍(写真集)編集

イメージビデオ編集

  • 楽園の魚 -first present file-(2001年10月17日発売、ポニーキャニオン)VHS/DVD
  • あしたのちはれ。 -present file next-(2001年11月21日発売、ポニーキャニオン)VHS/DVD
  • digi+Kishin DVD(安達祐実)(2002年10月16日発売、小学館)DVD
  • 風はきんいろ -Yumi in Sicilia Vol.1-(2003年9月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD
  • Gravitation -Yumi in Sicilia Vol.2-(2003年10月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD
  • Special DVD-BOX(2004年4月20日発売、ラインコミュニケーション)DVD3枚組(風はきんいろ / Gravitation/未公開映像DVD)
  • 遊女A -映画「花宵道中」より-(2014年10月10日発売、東映)

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “安達祐実、七夕の願いごとは「あと10センチ身長が伸びますように」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月4日). https://hochi.news/articles/20180704-OHT1T50218.html 2019年11月15日閲覧。 
  2. ^ a b "安達祐実が11月末で所属事務所サンミュージックからの退社を発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 October 2021. 2021年10月4日閲覧
  3. ^ 「夫が私を人間にしてくれた」2度の結婚、出産が女優・安達祐実に与えたもの”. Yahoo!ニュース (2018年2月25日). 2021年5月26日閲覧。
  4. ^ “元天才子役”安達祐実&芦田愛菜が共演 サンド富澤「もはや神回」 ネットも騒然「同世代に見える」”. スポニチ Sponichi Annex (2021年3月13日). 2021年6月9日閲覧。
  5. ^ a b “31歳安達祐実が初セミヌード「生の私」”. 日刊スポーツ. (2013年8月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130803-1167253.html 
  6. ^ ヒットドラマの共通項!! 心に残る“決め台詞”ランキング”. ORICON STYLE (2013年9月8日). 2015年2月7日閲覧。
  7. ^ 復刻・安達祐実、井戸田とできちゃった婚”. 日刊スポーツ (2009年1月9日). 2021年1月31日閲覧。
  8. ^ 甘~くなかった…安達祐実、井戸田潤が離婚”. スポニチ (2009年1月10日). 2021年1月31日閲覧。
  9. ^ 安達祐実、桑島氏と婚姻届提出!愛娘のために「環境を整えたい」 サンケイスポーツ 2014年11月14日
  10. ^ 再婚の安達祐実、祝福に感謝「温かいお言葉本当に嬉しかった」”. ORICON STYLE (2014年11月13日). 2016年12月1日閲覧。
  11. ^ 安達祐実「花宵道中」で初挑戦の濡れ場は「想像以上にアクロバティックなスポーツ」”. 映画.com (2014年11月8日). 2015年2月7日閲覧。
  12. ^ “安達祐実 第2子妊娠を発表「大切に育んでいきたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/24/kiji/K20160224012099680.html 2016年2月24日閲覧。 
  13. ^ “安達祐実 第2子男児を出産「我が家は喜びに満ちております」”. スポニチアネックス. (2016年7月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/29/kiji/K20160729013057730.html 2016年7月29日閲覧。 
  14. ^ 安達祐実がアパレルブランドを初プロデュース、YouTubeで新作を発表(2020年12月16日 )”. FASHIONSNAP.COM. 2021年5月23日閲覧。
  15. ^ 「芦田愛菜“大先輩”安達祐実が「働きすぎだけど大丈夫?」」『週刊文春』2011年10月20日号、文藝春秋、2011年。
  16. ^ “[https://saru.co.jp/tvmaga/looksyoung-actress/ 実年齢より若く見える女優ランキングベスト15!安達祐実、深田恭子、石田ゆり子…1位は?【290人が投 票】]” (日本語). TVマガ (2021年1月16日). 2021年1月28日閲覧。
  17. ^ “パンチラ祐実ちゃん松下由樹とダブル主演”. 日刊スポーツ. (2003年11月13日). オリジナルの2003年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031112222150/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-031113-0006.html 2021年3月12日閲覧。 
  18. ^ ドールハウス〜特命女性捜査班〜”. TBSチャンネル. 2021年3月12日閲覧。 “主演は松下由樹とTBS連ドラ初主演となった安達祐実のコンビ。”
  19. ^ 天海祐希と安達祐実の“女のバトル”が奏功!? 「緊急取調室」が最高視聴率を更新!”. ザテレビジョン (2014年1月24日). 2017年4月20日閲覧。
  20. ^ ストーリー 第7話”. 日本テレビ. 2021年9月5日閲覧。
  21. ^ 高橋秀武「トクボウ」TVドラマ化 主人公の警視は伊原剛志(2014年2月21日)、コミックナタリー、2014年2月21日閲覧。
  22. ^ 毎日新聞デジタル (2014年4月2日). “注目ドラマ紹介:「トクボウ」 伊原剛志初の連ドラ主演作 法に代わって“お仕置き””. 2014年4月4日閲覧。
  23. ^ 連ドラ初主演の木村文乃「3色弁当のようなドラマ」”. Smartザテレビジョン (2015年4月7日). 2015年6月18日閲覧。
  24. ^ 小泉孝太郎、“究極のKY”刑事役で新境地 松下由樹とバディ「すごく楽しみ」”. モデルプレス (2015年11月23日). 2016年12月1日閲覧。
  25. ^ “小泉孝太郎“KY刑事”再び テレ東「警視庁ゼロ係」7月スタート”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/16/kiji/20170515s00041000334000c.html 2017年5月16日閲覧。 
  26. ^ “小泉孝太郎主演ドラマ、シリーズ第3弾が7月放送へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806070000869.html 2018年6月8日閲覧。 
  27. ^ “小泉孝太郎&松下由樹「警視庁ゼロ係」がシーズン4へ突入!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月26日). https://thetv.jp/news/detail/188170/ 2019年4月26日閲覧。 
  28. ^ 小泉孝太郎&松下由樹の“迷コンビ”『警視庁ゼロ係』シーズン5、今夜スタート 中山美穂が初の刑事役に挑戦”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年4月30日). 2021年5月31日閲覧。
  29. ^ 安達祐実、『相棒』で女優業再開 第2子出産後初のドラマ”. ORICON STYLE (2016年11月23日). 2016年11月23日閲覧。
  30. ^ 松平健さん主演「PTAグランパ!」制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2017年2月1日). 2017年3月29日閲覧。
  31. ^ 松平健さん主演「PTAグランパ2!」制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年2月13日). 2018年2月25日閲覧。
  32. ^ “剛力彩芽とバトル 山口紗弥加、安達祐実ら女囚6人のキャスト発表”. オリコン. (2017年2月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2086533/full/ 
  33. ^ “板尾創路の愛人役に壇蜜&安達祐実 テレ東ドラマ『フリンジマン』”. オリコン. (2017年10月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2098197/full/ 
  34. ^ 浜野謙太さん主演『男の操』制作開始!”. NHK (2017年9月8日). 2017年9月11日閲覧。
  35. ^ “安達祐実がクールなリケジョを熱演! その他の“リピーター”たちも続々明らかに”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年12月24日). https://thetv.jp/news/detail/131716/ 2017年12月24日閲覧。 
  36. ^ “安達祐実:月9「海月姫」で初オタク女子役 芸歴34年でも「でしゅ~」に苦戦”. まんたんウェブ (MANTAN). (2018年2月5日). https://mantan-web.jp/article/20180204dog00m200016000c.html 2018年2月5日閲覧。 
  37. ^ “安達祐実:内藤剛志と23年ぶり連ドラ共演 「家なき子」以来のタッグ復活「純粋にうれしい」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年2月28日). https://mantan-web.jp/article/20180227dog00m200034000c.html 2018年2月28日閲覧。 
  38. ^ “安達祐実、シングルマザー役に共感「いろいろ背負って生きている」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2117019/full/ 2018年8月7日閲覧。 
  39. ^ “米倉涼子主演『リーガルV』、向井理、林遣都、安達祐実、三浦翔平、勝村政信ら共演陣発表”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2018年9月3日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-244580.html 2018年9月5日閲覧。 
  40. ^ “死役所:第9話、第10話ゲストに濱田龍臣ら 安達祐実が“シ村”松岡昌宏の妻に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年11月27日). https://mantan-web.jp/article/20191126dog00m200051000c.html 2019年11月27日閲覧。 
  41. ^ 安達祐実が安達祐実演じるドラマ「捨ててよ、安達さん。」4月にスタート”. 映画ナタリー (2020年2月13日). 2020年2月13日閲覧。
  42. ^ “武井咲ドラマ復帰作『黒革の手帖』毎熊克哉、安達祐実らが参戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2178706/full/ 2020年12月9日閲覧。 
  43. ^ “高畑充希主演『にじいろカルテ』安達祐実、眞島秀和、水野美紀ら出演者10人発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2178209/full/ 2020年12月19日閲覧。 
  44. ^ 小出恵介“殺陣”上達に共演者絶賛「かっこ良くなった」”. ORICON STYLE (2015年10月29日). 2015年11月10日閲覧。
  45. ^ “ドラマ「不倫食堂」出張先で人妻と体を重ねる営業マンに田中圭”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月17日). https://natalie.mu/comic/news/265605 2018年2月19日閲覧。 
  46. ^ “水川あさみ、安達祐実、菊地凛子らがドラマ「ミス・シャーロック」にゲスト出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月20日). https://natalie.mu/eiga/news/278960 2018年4月20日閲覧。 
  47. ^ 大林宣彦監督の個人事務所
  48. ^ 株式会社TMエンタテイメント
  49. ^ 松居大悟監督『#ハンド全力』に蒔田彩珠、志田未来、安達祐実、仲野太賀ら”. CINRA.NET. 株式会社CINRA (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  50. ^ 新型コロナウイルスの感染による影響を鑑み、公開日の延期を発表。
  51. ^ “『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版、追加キャストが決定!ゾンビ社会を明るく生き抜くギャル役に 安達祐実 決定!” (プレスリリース), ソニー・ピクチャーズ, (2019年10月26日), https://www.sonypictures.jp/corp/press/2019-10-26 2019年11月15日閲覧。 
  52. ^ “作品データ”. ルパン三世NETWORK. オリジナルの2016年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160420200256/http://www.lupin-3rd.net/sakuhin_ova.html 2016年5月3日閲覧。 
  53. ^ 風を見た少年”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  54. ^ ““国民的女優”安達祐実が、ミルクボーイの2人とついに初共演&漫才初コラボ!?あの漫才にまさかのツッコミ!「オールブランやないかい!」” (プレスリリース), PR TIMES, (2020年4月21日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000040636.html 2020年5月31日閲覧。 
  55. ^ “女優・安達祐実さんがフリューのオリジナルカラーコンタクトのイメージモデルに就任!“わたしを魅せる、わたしを楽しむ”大人カラコン『BELLSiQUE(ベルシーク)』6月8日発売”. フリュー株式会社. (2020年6月4日). https://www.furyu.jp/news/2020/06/bellsique/ 2020年11月19日閲覧。 

外部リンク編集