ユーゴ・アンベール

フランスのテニス選手 (1998 - )

ユーゴ・アンベール(Ugo Humbert, フランス語発音: [yɡo œ̃bɛʁ]1998年6月26日 - )は、フランスメス出身の男子プロテニス選手。ATP自己最高ランクはシングルス14位、ダブルス361位。これまでにATPツアーではシングルスで6勝を挙げている。身長188cm、体重73kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ユーゴ・アンベール
Ugo Humbert
2022年モンテカルロ・マスターズでのユーゴ・アンベール
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・メス
生年月日 (1998-06-26) 1998年6月26日(25歳)
身長 188cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2016年
ツアー通算 6勝
シングルス 6勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 4,839,177 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2023・24)
全仏 2回戦(2023)
ウィンブルドン(英) 4回戦(2019)
全米 2回戦(2018・20)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2020)
全仏 1回戦(2018-20・22)
ウィンブルドン(英) 1回戦(2019・22・23)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 1回戦(2018)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位(2024年3月4日)
ダブルス 361位(2019年10月14日)
2024年3月4日現在

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

フランスメスで有名な肉屋の仕出し屋を営んでいる両親の元で生まれる。12歳のときにフランステニス委員会が運営しているポワティエまで電車で移動して指導を受けていたが、最終的に現地に移り住み、指導を受ける。しかし、長期的な怪我に見舞われ、1年半もテニスができなくなる。

2016年 プロ転向 編集

2015年にジュニアのダブルスで準優勝するなど戦績を上げて、2016年の1月にジュニア世界ランキングで自己最高の18位を記録。同年にプロ転向。

2017年 フューチャーズ初優勝 編集

ワイルドカードをもらい、フランスバニェール=ド=ビゴールで開催されたITF男子サーキットでフューチャーズ初優勝を果たす。同年11月にはパリ・マスターズの予選1回戦で当時世界ランキング73位のトーマス・ファビアーノ英語版を破り、トップ100選手に初勝利を上げる活躍を見せた。

2018年 グランドスラム初勝利 編集

全米オープンで予選を通過し、グランドスラム初出場を果たす。さらに1回戦を勝利し、グランドスラム初勝利を挙げた。

2019年 グランドスラム4回戦進出 編集

 
2019年全仏オープンでのウゴ・アンベール

2019年ウィンブルドン選手権では1回戦では同じフランスの第16シードのガエル・モンフィスが第5セットで途中棄権で勝利、3回戦で第19シードのフェリックス・オジェ=アリアシムを6-4, 7-5, 6-3で破り、4回戦進出を果たす[1]。4回戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチに敗れた。シーズン末には年間の若手上位8人が出場できるネクストジェネレーション・ATPファイナルに出場したが、1勝2敗でグループステージ敗退。

2020年 ツアー初優勝 編集

ASBクラシックで自身初のATPツアー決勝進出。決勝で同胞の先輩ブノワ・ペールを7–6(2), 3–6, 7–6(5)で破り、ツアー初優勝を挙げた[2]。しかし、全豪オープンではジョン・ミルマンに初戦敗退。デルレイビーチ・オープンではベスト4入り。準決勝で西岡良仁に敗退。

ウエスタン・アンド・サザン・オープンではグリゴール・ディミトロフに初戦敗退。全米オープンでは1回戦で杉田祐一を破るも、2回戦で第6シードのマッテオ・ベレッティーニに敗れた。BNLイタリア国際ではケビン・アンダーソンファビオ・フォニーニらを下し、3回戦進出。3回戦ではデニス・シャポバロフに敗退。全仏オープンでは初戦敗退するも、10月のヨーロピアン・オープンでは決勝でアレックス・デミノーを破り、ツアー2勝目を挙げた。パリ・マスターズでは準々決勝でミロシュ・ラオニッチに敗れた。年間最終ランキングは30位。

2021年 東京五輪ベスト8 ツアー3勝目 編集

全豪オープンにて第29シードとして出場。1回戦で内山靖崇を破るも、2回戦でニック・キリオスにフルセットの熱戦の末に敗れた。オープン13では準決勝でピエール=ユーグ・エルベールに敗れた。マイアミ・オープンでは2回戦でミロシュ・ラオニッチに敗退。

モンテカルロ・マスターズではジョン・ミルマンに、マドリード・オープンではアスラン・カラツェフに、BNLイタリア国際ではヤニック・シナーに、リヨン・オープンでは西岡良仁に、全仏オープンでは第29シードとして出場したが、リカルダス・ベランキスに、すべて初戦敗退。

ハレ・オープンでは2回戦でアレクサンダー・ズベレフ、準々決勝でセバスチャン・コルダ、準決勝でフェリックス・オジェ=アリアシム、決勝で第4シードのアンドレイ・ルブレフを破って、初のATPツアー・500シリーズを獲得し、ツアー3勝目を挙げた。その結果、2021年6月21日にキャリア最高のATPランキング25位を記録。ウィンブルドン選手権では第21シードとして出場したが、1回戦でキリオスに4-6, 6-4, 6-3, 1-6, 7-9のフルセットで惜敗。

東京オリンピックではフランス代表として出場。3回戦で第3シードのステファノス・チチパスを破って、オリンピックでベスト8入り。準々決勝では第12シードのカレン・ハチャノフに敗れた。

ナショナル・バンク・オープンでは2回戦でチチパスに敗退。ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは1回戦でフランシス・ティアフォーに敗れた。全米オープンでは第23シードとして出場するも、1回戦でペーター・ゴヨフチクに1-6, 6-1, 6-2, 5-7, 4-6のフルセットで敗れた。年間最終ランキングは35位。

2022年 ATP杯初出場 編集

 
2022年モンテカルロ・マスターズでのウゴ・アンベール

ATPカップフランス代表として、初出場。グループステージでロシアイタリアオーストラリアと対決して、結果はラウンドロビン敗退。

全豪オープンでは第29シードで出場するも、同胞の先輩リシャール・ガスケに6-3, 6-7(4), 6-7(3), 3-6で1回戦敗退。

6月、ウィンブルドンでは1回戦でトマス・マルティン・エチェベリを6-3 3-6 4-6 6-3 6-4、2回戦でキャスパー・ルードを3-6 6-2 7-5 6-4で下し、3回戦進出。3回戦ではダビド・ゴファンに6-4 5-7 2-6 5-7で敗れた。

2023年 ツアー4勝目 編集

10月、上海マスターズでは3回戦で第4シードのステファノス・チチパスを6-4, 3-6, 7-5で破り、そのまま大会初のベスト8入り。準々決勝では第5シードのアンドレイ・ルブレフに2-6, 3-6のストレートで敗れた。

11月、地元メスでのモゼール・オープンで、決勝でアレクサンダー・シェフチェンコ英語版を6-3, 6-3のストレートで破り、ツアー4勝目を挙げた。これにより、初のランキングのトップ20入りを果たした。

2024年 ツアー5勝目 編集

1月、全豪オープンでは第21シードとして出場し、1回戦でダビド・ゴファンを6-2, 7-5, 5-7, 6-3、2回戦でジャン・ジジェン英語版を6-2, 7-5, 6-1, 7-6(3)で破るも、3回戦では第9シードのホベルト・ホルカシュに6-3, 1-6, 6-7(4), 3-6の逆転で屈した。

2月、オープン13の準決勝でホルカシュを6-4, 6-4のストレートで破り、リベンジをして決勝進出。さらに決勝でグリゴール・ディミトロフを6-4, 6-3のストレートで下して、ツアー5勝目を挙げた。

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 6回 (6勝0敗) 編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPファイナルズ (0-0)
ATPツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPツアー500 (2-0)
ATPツアー250 (4-0)
サーフェス別タイトル
ハード (5-0)
クレー (0-0)
芝 (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2020年1月18日   オークランド ハード   ブノワ・ペール 7-6(7-2), 3-6, 7-6(7-5)
優勝 2. 2020年10月25日   アントワープ ハード (室内)   アレックス・デミノー 6-1, 7-6(7-4)
優勝 3. 2021年6月20日   ハレ   アンドレイ・ルブレフ 6-3, 7-6(7-4)
優勝 4. 2023年11月12日   メス ハード (室内)   オレクサンドル・シェフチェンコ 6-3, 6-3
優勝 5. 2024年2月11日   マルセイユ ハード (室内)   グリゴール・ディミトロフ 6-4, 6-3
優勝 6. 2024年3月2日   ドバイ ハード   アレクサンダー・ブブリク 6-4, 6-3

成績 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 2R 1R 3R 3R 5–6
全仏オープン A 1R 1R 1R 1R 2R 1R 1–6
ウィンブルドン LQ 4R NH 1R 3R 1R 5–4
全米オープン 2R 1R 2R 1R 1R 1R 2–6

大会最高成績 編集

大会 成績
ATPファイナルズ A 出場なし
インディアンウェルズ 3R 2023, 2024
マイアミ 3R 2021, 2024
モンテカルロ QF 2024
マドリード 1R 2021-23
ローマ 3R 2020
カナダ 2R 2021, 2023
シンシナティ 2R 2023
上海 QF 2023
パリ QF 2020
オリンピック QF 2021
デビスカップ RR 2021
ATPカップ RR 2022
Next Gen ATPファイナルズ RR 2019

脚注 編集

  1. ^ Humbert Upsets Felix, Sets Djokovic Showdown At Wimbledon” (英語). ATP. 2020年1月19日閲覧。
  2. ^ Humbert Clinches Maiden Title In Auckland” (英語). ATP. 2020年1月19日閲覧。

外部リンク 編集