吉井理人

日本の元プロ野球選手、メジャーリーガー、野球指導者

吉井 理人(よしい まさと、1965年4月20日 - )は、和歌山県有田郡吉備町(現:有田川町)出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者体育学者学位体育学修士筑波大学大学院2016年)。現在は千葉ロッテマリーンズのピッチングコーディネーター。

吉井 理人
野球日本代表 投手コーチ #81
LM-Masato-Yoshii20210606.jpg
ロッテ投手コーチ時代
(2021年6月6日。左は佐藤都志也捕手。)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田郡吉備町(現:有田川町
生年月日 (1965-04-20) 1965年4月20日(57歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト2位
初出場 NPB / 1985年9月16日
MLB / 1998年4月5日
最終出場 NPB / 2007年9月21日
MLB / 2002年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

現役時代は近鉄バファローズを皮切りに、日本プロ野球(以下:NPB)4球団・メジャーリーグベースボール(以下:MLB)3球団でプレー。2007年に現役を引退してからは、野球解説者としての活動期間(2013年2014年[1][2]をはさみながら、パシフィック・リーグの3球団でコーチを務めている。

また、2014年度以降は、筑波大学大学院の人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻野球コーチング論研究室の学生として野球のコーチング理論を研究(詳細後述)。2016年には、日本ハムの一軍投手コーチへ復帰する一方で、プロ野球シーズンの前に同課程から修士(体育学)の学位を授与されている[3]

経歴編集

プロ入り前編集

高校までを和歌山県で過ごす。東尾修(元西武ライオンズ監督)とは卒業した小学校・中学校・高校が同じで、吉井は東尾と同じ背番号21を希望していた。

中学生時代は陸上競技の円盤投で近畿大会に出たこともあった[4][5]県立箕島高校では2年生の時、1982年春の選抜に控え投手として出場。準々決勝では上野山辰行投手(同志社大)をリリーフして甲子園初登板を果たすが、エース榎田健一郎を擁するPL学園に0-1で惜敗。1年上のチームメイトに住吉義則畑山俊二がいた。翌年にはエースとして夏の甲子園に駒を進める。この大会では3回戦に進出するが、津野浩のいた高知商に敗退。高校同期に山下徳人がいる。

1983年11月22日に行われたドラフト会議近鉄バファローズから2位指名を受け、入団した。

近鉄バファローズ時代編集

2年目の1985年に一軍初登板を果たすと、4年目の1987年には初勝利を挙げた[6]

1988年は、抑え投手として活躍し、50試合に登板して10勝2敗24セーブ、防御率2.69の成績を残した。また、リーグトップの34セーブポイントを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得。「10.19」でも登板した。

1989年は、5勝5敗20セーブ、防御率2.99の好成績を残した。日本シリーズでは、第2戦、第3戦、第5戦 - 第7戦に登板した。第2戦、第3戦、第6戦はいずれも無失点で、特に、第2戦、第3戦の試合終了に際しては、相手の巨人打線について、加藤哲郎らとともに(加藤については加藤哲郎 (野球)を参照)「打たれる気がしない」[7]、「気の抜ける打線」[8]などと、広言していた。第5戦では、二死一・三塁の場面から、仰木彬監督の指示でウォーレン・クロマティを敬遠して原辰徳と勝負して満塁本塁打を打たれ、シリーズの流れを大きく巨人に傾けさせることとなり、試合終了後の談話では、満塁として投げにくかったという趣旨のこと[9]、あの球ではいくら不調の原でも打つという趣旨のこと[10]など、ショックを感じさせず、他人事のように「独演会」状態で話し続けたという[11]。第7戦では、登板を告げられ、走ってマウンドに行くというパフォーマンスをやったが、中畑清に「引退の花道」となる本塁打を打たれるなどし、走って疲れたという趣旨のコメントをした[12]

1990年も主に抑えとして45試合に登板し、8勝9敗15セーブ、防御率3.39の成績を収めた。

1991年は21試合の登板で2勝1敗2セーブに留まり、抑えの座は赤堀元之に明け渡した。

1992年は9試合の登板に留まったが、防御率は2.31であった。

1993年からは先発投手に転向した。この時期には、一軍監督・鈴木啓示との間で確執があったことが報じられている[13]

ヤクルトスワローズ時代編集

1995年西村龍次とのトレードヤクルトスワローズへ移籍。ヤクルトでは先発陣の一角として活躍し、先発だけでの初の2桁勝利を挙げ初めて規定投球回にも到達、リーグ優勝・日本一に貢献した。

それまで14先発で8勝3敗2完封の成績を残していた同年8月6日の広島東洋カープ戦(明治神宮野球場)では、3回頃から雷鳴が轟き稲妻が走り始めた。すると突然、それまでセ・リーグで最も与四死球が少ない投手だった吉井の制球が乱れ始め、四球を連発。結局2回2/3を8失点でノックアウト、試合も4-15で大敗した。試合後野村克也監督は「(吉井は)雷が怖いって言うんだよ」と報道陣に語っているが、実際は「雷が気になってしまって」とチームメイトに話したところを野村に聞かれただけであり、雷はそこまで怖くないという[14]

1996年は、チームが低迷する中、先発ローテーションを守り二年連続2桁勝利を達成。

1997年は、8月5日の読売ジャイアンツ戦の3回裏に、バックネット裏にいたと思われる観客がレーザーポインターによると思われる光線を登板中の吉井の顔面に照射するという事件が起きた[15]。眼に光線を受けた吉井はすぐさまマウンドを下りバックネット裏を指して抗議。犯人・狙った意図は未だ不明である。シーズンでは、終盤まで最優秀防御率のタイトル争いに加わりハイレベルな戦いをしていた。選手の個人タイトルにも理解があった(吉井談[16])野村は「個人タイトルは選手の勲章だ」と言って、あと数イニング無失点なら最優秀防御率に手が届く位置にいた吉井に「せっかくのチャンスやないか」とわざわざ登板機会をつくった。吉井は「ありがとうございます!それなら投げてきます!」と勇んでマウンドに上がったものの、あえなく打ち込まれてしまい防御率は2.99となる。タイトルを取った広島の大野とは0.14差のリーグ4位となった[16]ものの、3年連続で二桁勝利となる自己最高の13勝を記録しリーグ優勝・日本一に貢献する。

同年シーズンオフにFA権を行使。メジャーを含む8球団ほどから声がかかり、ヤクルト残留か移籍かを悩む吉井に野村は納会の席で「ヤクルトを出なさい」と助言した[16]。これについて吉井は「この年、ヤクルトはリーグ優勝、西武との日本シリーズにも勝って2年ぶり4回目の日本一になった。僕は13勝6敗。先発として3年連続2ケタ勝利を記録した。指揮を執る監督が戦力ダウンを危惧して引き留めるならまだしも、野村監督の口から出てきた言葉はまったく逆。どういうつもりで言っているのか一瞬、理解できなかったが、疑問はすぐに氷解した。野村監督と言えば「ID野球」が代名詞。アタマを使った野球、論理的な解説で知られるが、実際は情に厚く、親身になって選手のことを考える監督だった。つまり、多くの球団がおまえを必要としているし、請われるうちが華、外の世界も知ってステップアップしてこいと尻をたたいてくれたのだ」と語っている[16]

ニューヨーク・メッツ時代編集

 
1998 New York Mets #21 Masato Yoshii road jersey

団野村を代理人とし、中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ西武ライオンズ阪神タイガース横浜ベイスターズの国内5球団からの誘いを断りニューヨーク・メッツと1年20万ドル+出来高で契約。NPB史上初のFA権行使によるメジャー移籍となった[17]

1998年は、4月5日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャー初登板初先発を果たし、7回を3安打無失点でメジャー初勝利を挙げる。5月21日のシンシナティ・レッズ戦では、9安打3四球ながら1失点に抑え、野茂英雄に次ぎ日本人メジャーリーガー史上2人目の完投勝利を挙げるなど、前半戦を16試合の先発で4勝4敗、防御率3.42、WHIP1.29の成績で折り返す。8月には背番号を日本時代と同21に変更した。しかし、後半戦は13試合の先発で2勝4敗、防御率4.52、WHIP1.25の成績に終わった。8月6日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では捕手のマイク・ピアッツァと配球を巡って口論になったが、その後は一緒に食事に出かけるほどに仲が良くなった[18]。11月12日には2年500万ドルでメッツと再契約。

1999年は、右膝痛にも悩まされ、前半戦は17試合の登板で6勝7敗、防御率5.02、WHIP1.40の成績に終わる。しかし、8月には2勝1敗、防御率2.51、WHIP0.80と好投しチームの月間最優秀投手に選ばれ、9月5日のコロラド・ロッキーズ戦では10勝目を記録。8月以降は2試合のリリーフ登板を含む11試合に登板し5勝1敗、防御率2.31、WHIP0.96と復調した。アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディビジョンシリーズ第1戦では、日本人メジャーリーガー初のポストシーズン開幕投手となり、ランディ・ジョンソンと投げ合った。アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第1戦でも先発しグレッグ・マダックスと投げ合った。

コロラド・ロッキーズ時代編集

2000年1月14日にトレードでコロラド・ロッキーズへ移籍。4月26日のパイレーツ戦で日本人メジャーリーガー史上2人目の本塁打を放つ。また、アジア人初盗塁も記録している。6月には3連勝も記録したが、前半戦は17試合の登板で4勝9敗、防御率5.55、WHIP1.47の成績に終わる。9月3日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で日本人メジャーリーガー史上2人目の通算500投球回に到達したが、結局後半戦も12試合の登板で2勝6敗、防御率6.32、WHIP1.58と調子を取り戻せず、28日に右腕上腕の手術を受けシーズンを終えた。

2001年スプリングトレーニングで解雇された。

モントリオール・エクスポズ時代編集

2001年4月13日にモントリオール・エクスポズと1年30万ドルで契約。先発とロングリリーフを兼任し、4月16日のメッツ戦では新庄剛志と対戦し遊ゴロに仕留めた。この試合以降16回2/3連続無失点と好調を続けた。6月8日のメッツ戦では故障した伊良部秀輝に代わって先発し、6回0/3を2失点に抑えたが打線の援護がなく敗戦。8月8日のヒューストン・アストロズ戦では延長10回から登板し2か月ぶりの勝利となるNPB/MLB通算100勝を挙げた。先発では11試合の登板で2勝7敗、防御率5.56、WHIP1.56、リリーフでは31試合の登板で2勝0敗、防御率4.03、WHIP1.15の成績を残した。12月21日には1年30万ドルでエクスポズと再契約。

2002年のスプリングトレーニングでは最速92mph(約148km/h)を計時するなど好調を見せ開幕から先発として起用される。4月16日のシカゴ・カブス戦で5回3安打1失点の投球で日本人メジャーリーグ史上3人目の通算30勝に到達。しかし、21日のメッツ戦で3回2/3を7安打3失点と打ち込まれ先発ローテーションから外れる。6月11日のデトロイト・タイガース戦で先発に復帰したが、4回にランドール・サイモンの打球が右頬に直撃し降板。検査では異常は見られず、20日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発し5回7安打無失点の投球を見せ、8月6日のセントルイス・カージナルス戦では3年ぶりの完投勝利を挙げる。9月に左肩を痛めオフに手術を受ける。12月5日にノンテンダーFAとなった。

オリックス・ブルーウェーブ/オリックス・バファローズ時代編集

2003年1月7日、オリックス・ブルーウェーブと契約。古巣・近鉄との開幕3連戦では、自身初の開幕投手を務めたが勝てなかった。その後も先発として役割を全うできず中継ぎでも登板した。8月には左足首を手術するなど年間通して活躍できず、24試合に登板しながら2勝に留まり期待に応えられず、チームも投手陣の崩壊で最下位に終わった。

2004年は3試合の登板に留まり、10月6日に戦力外通告を受ける[19]。他球団との交渉はまとまらなかったが、ブルーウェーブが近鉄との球団合併により『オリックス・バファローズ』となったことに伴い、4年ぶりに監督に就任した仰木彬が「彼(吉井)を必ず残せ」と球団に進言。合格すれば再契約という条件で2005年2月にオリックスのキャンプにテスト参加。仰木から高評価を得て再入団した。

2005年は仰木監督の下で再出発し、先発を任されると2年ぶりに勝ち投手になると負けなしの6連勝を果たした。しかし、8月13日のロッテ14回戦(スカイマークスタジアム)、雷の鳴る試合で2回持たずに5失点でノックアウトされ、敗戦投手となった。6連勝後は5連敗してシーズンを終了し、合併球団1年目は15試合、6勝5敗、防御率4.03の成績だった。なお、仰木は監督就任前から肺癌を患っており、シーズン中にも過労で居眠りや西武ドームの階段を上がれなくなるなど体調が悪化していたこともあり、この年限りで監督を辞任。その後12月15日に死去している。

2006年先発ローテーションの一角として活躍。3月29日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)では、吉井がマウンドに違和感を覚え、球場関係者が調べたところ、マウンドの中からクレイベース煉瓦状のクレイの塊。明治神宮野球場などのマウンドにも埋まっている)が露出し、補修のため試合が数十分間中断するという珍事が起きた。この年は、1997年以来9年ぶりにオールスターゲームにも出場。第1戦でヤクルト時代の本拠地である神宮球場での凱旋登板を果たした。最終的に19試合の登板ではあったが、日本復帰後最多の7勝を挙げた。

2007年も先発ローテーション入りし、4月25日の楽天戦では5回1失点の好投で、相手先発の高卒ルーキー・田中将大に投げ勝ったが、この勝利が現役最後の勝利となった。その後は不調が続きテリー・コリンズ監督から中継ぎ降格を命じられた。しかし、先発へのこだわりを持っている吉井は応じず、他球団への移籍を求めた。

千葉ロッテマリーンズ時代編集

2007年6月28日に、平下晃司との交換トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍した。背番号は高校同期の山下徳人が現役時代につけていた24で、山下引退後につけた立川隆史からそのトレード相手の平下を経て引き継いだものであった。移籍後は、一軍公式戦4試合に先発。しかし、1勝もできずに、防御率も13.14に終わった。シーズン終了後の10月27日に、球団から戦力外通告を受けた。

通告直後の吉井は、アメリカ、台湾、韓国でのプレーも視野に入れるほど、現役続行に強い意欲を示していた。やがて、「現役を続けると家族に迷惑がかかる」と考えるようになったことから、現役引退を決めた。

第1次北海道日本ハムファイターズ投手コーチ時代編集

現役引退後、エージェントが各球団に売り込んだ結果、北海道日本ハムファイターズから連絡を受け、2008年から日本ハムの一軍投手コーチに就任した[6]。当初、吉井自身は、コーチは「最低な職業やな」と思っていたため、「仕方なしにやっていた」という[6]

その一方で、ロッテは3月11日に、日本ハムとのオープン戦千葉マリンスタジアム)を吉井の引退試合として開催した[20]。これは、メッツおよびロッテ在籍時の恩師であるボビー・バレンタイン監督の計らいで実現したものであり、打席にもバレンタインが立った。吉井が投手コーチになった時描いた理想像が『仰木さん、野村さん、バレンタイン、権藤さん。この4名。そしてもう一人、メッツの投手コーチボブ・アポダカからも大きな影響を受けています。彼は最初に会った時「自分のことを一番知っているのは自分自身だから、君のことを俺に教えてくれ」と。日本でそういうことを言われたことがなかったので衝撃でした、この言葉がコーチ人生で一番の礎になっているかもしれません。』と語っている[21]

日本ハムでは、2009年まで一軍投手コーチ、2010年に二軍投手コーチ、2011年から2012年まで再び一軍投手コーチを務めた。2012年のシーズン終了当初は、2013年も一軍投手コーチを続けることを予定していた[22]。しかし、11月4日に、コーチ契約を更新せずに退団することが球団から発表された[23]。退団へ至った背景に、2012年から一軍監督に就任した栗山英樹との間で投手の起用をめぐって確執があったと報道があったが[24]、後に吉井と栗山は「チームの中には色々な意見があって、そのことには何も思っていない。」と、これを否定している[25]

野球解説者時代編集

2013年から2014年までは、北海道放送や「FOX SPORTS」(FOX SPORTS ジャパンが当時日本国内で運営していたBSのスポーツ専門チャンネル)の野球解説者として活動。FOX SPORTSでは主に、『BASEBALL CENTER』(FOX bs238でプロ野球中継の前後に放送する解説番組)でメインアナリストを務めた[26]。その一方で、北海道放送と同じJRN加盟局で、地元・関西のラジオ局でもあるMBSラジオのプロ野球中継(『MBSタイガースライブ』)やスポーツ情報番組にも不定期で登場。2014年には、NHK BS1でも、メジャーリーグ中継の解説を務めた。

大学院在籍とコーチ業の両立編集

筑波大学大学院への入学編集

2014年4月には、自身と同じ元プロ野球選手の工藤公康仁志敏久と共に、筑波大学大学院の人間総合科学研究科修士課程・スポーツ健康システムマネジメント専攻へ入学。日本ハムコーチ時代(第1期)の指導に対する反省から、「自分の経験を理論で理解したうえで、言葉で説明できるようになりたい」として、野球コーチング論研究室で野球の指導に関する理論などを研究するようになった[27]。しかし、工藤が11月1日に福岡ソフトバンクホークスの一軍監督へ就任したことを受けて、工藤から一軍投手コーチへの就任を打診。11月20日には、2015年から一軍投手コーチを務めることが球団から発表された[28]

福岡ソフトバンクホークス投手コーチ時代編集

2015年には、工藤と共に筑波大学の大学院へ引き続き在籍しながら[29]、ソフトバンクの投手コーチとして主に一軍のブルペンを担当。工藤の監督就任1年目でのパシフィック・リーグ優勝・日本シリーズ制覇に貢献した[30]。その一方で、投手への指導と並行しながら、大学院での研究活動の一環としてクイックモーションの速い投手に関する調査を実施している(詳細後述[31]。なお、球団はシリーズ終了後に、三軍コーチへの異動を打診。しかし、吉井が大学院へ提出する修士論文の執筆を理由に打診を辞退したため、球団は11月3日に吉井の退団を発表した[32]

第2次北海道日本ハムファイターズ投手コーチ時代編集

吉井のソフトバンク退団を受けて、日本ハムでは、吉井に対して一軍投手コーチへの復帰を打診。その結果、「(復帰に際して球団・吉井)双方の障壁がなくなった」という結論に達した[33]ため、2015年11月29日に吉井の一軍投手コーチ復帰を発表した[25]。日本ハムへは4年ぶりの復帰で、背番号は前回の在籍期間中と同じく81。コーチ復帰の記者会見では、「『(筑波大学の大学院で)研究の道に進もうか』と思った時に、(日本ハムから)熱心に誘ってもらった。今の自分の年齢(50歳)では『まだ現場で指導できる』と思っているので、(誘いを)断る理由も見付からなかった」と述べた[34]。なお、復帰が決まってからは、年末年始を返上しながら修士論文を仕上げた[35]

2016年には、日本ハムの一軍投手コーチとして、アメリカのアリゾナ州で実施された春季一軍キャンプに帯同。キャンプ開始前の1月上旬に修士論文を筑波大学へ提出できたため、口述試験の結果、修士号の取得が決まった[3]。修士号の授与後は、栗山監督の下で2018年まで日本ハムの一軍投手コーチを務めていたが、同年シーズン終了後の10月16日に退団。退団当初は、浪人生活を送る可能性をほのめかしていた[36]

千葉ロッテマリーンズ投手コーチ時代編集

現役の投手として最後に所属した千葉ロッテマリーンズが、日本ハムを再び退団したばかりの吉井に対して、コーチへの就任を打診[37]。2018年11月1日に、2019年より、一軍投手コーチとして12年振りにロッテに復帰することが発表された。現役時代に所属したチームのコーチに就任することは初めてで、背番号も初めて71を着用した[38]

コーチへの就任後は、投手陣に対する登板の管理を徹底させたことによって、救援投手の負担を軽減。実際に3試合以上の連投を減らしたこと[39]もあって、2020年2021年にはチームの救援防御率がリーグ2位[39][40]に達したほか、チームとしては36年振りの2年連続2位以上の達成に貢献した[41]。一方で2021年のチーム防御率は5位だった。

また、佐々木朗希(筑波大学OBの國保陽平岩手県立大船渡高等学校で指導した右投手)が同校から入団した2020年には、佐々木に対して「一軍どころか二軍(イースタン・リーグ)の公式戦にも一切登板させない代わりに、春季キャンプからレギュラーシーズンの終盤まで一軍に帯同させながらトレーニングを積ませる」という異例の育成方針を講じた。佐々木が投じるストレートの球速は高校時代に163km/h(高校野球の公式戦における最速記録)に達していたが、吉井は國保と同様に、「160km/h以上の剛速球を投げられるだけの技術を佐々木が持っていても、その負荷に耐えうるだけの身体が備わっていなければ必ず故障につながる」と判断。一軍監督で内野手出身の井口資仁から佐々木の育成を一任されていたこともあって、一軍の先発ローテーションを担う投手の調整法を間近で見られる環境に佐々木を置きながら、身体に負担の掛かりにくい投球フォームを固めることに相当の時間を割いた[42]。佐々木は、この方針の下で2021年に一軍の公式戦で3勝を挙げると、2022年4月10日の対オリックス戦(QVCマリンスタジアム)でNPB公式戦28年振り(令和時代初)の完全試合を歴代最年少の20歳5ヶ月で達成している。

野球日本代表投手コーチ/千葉ロッテマリーンズピッチングコーディネーター時代編集

ロッテの一軍投手陣が2021年にリーグ5位のチーム防御率と失点数を記録したことなどから、同年限りで一軍コーチを退任した。ただし、ロッテが球団本部にコーディネーター部門を新設したことを受けて、2022年以降も「ピッチングコーディネーター」という肩書でロッテに在籍[43][44]。「一・二軍の監督やコーチとのチーム状況に関する情報の共有、全選手の状態や課題の把握」「中・長期的な視点による強化施策の策定と実施」「データを活用した課題の抽出と解決策の作成」「現場(チーム)とフロントなどのスタッフとの調整」「海外球界における最新事情の収集」といった役割を一手に担っている[43][44]

その一方で、2021年シーズンまで日本ハムの監督を務めていた栗山が同年12月から野球日本代表の監督へ転身したことに伴って、日本代表チームの投手コーチへ就任[45]。2022年3月には、MLBで最先端のシステムやトレーニング方法を学ぶ目的で、ロッテ球団に籍を置きながらロサンゼルス・ドジャーススプリング・トレーニングに「短期コーチ」として参加した[46][47]

選手としての特徴編集

野茂英雄に競馬を教えた見返りにフォークボールを教わった[48]。MLB在籍中に記者会見で「僕のフォークボールは野茂直伝のものです」と語っている。

それまで150km/h近い直球で三振を取っていた吉井だが、当時主に投げていた変化球もシュートだったためストッパーとしては奪三振数が少なかった。しかしフォーク習得後は先発で奪三振が増え、1996年には145奪三振を記録している。また、ラモン・マルティネス直伝という「メキシカン・カーブ」なる変化球を操る(親指ではなく、人差し指に力を入れて投げるタイプのカーブの一種)。90年代中盤-後半ごろは野茂と一緒にオフシーズンにバラエティ番組に出ることもあった。

2022年7月に『フルタの方程式』で語ったところによると、軸足で押し込んで蹴り足をつっかえ棒のように踏み込むロジャー・クレメンスの投げ方をMLBから輸入したことで、日本球界復帰後の引退間際の頃にある程度成績が持ち直したという。本人はこの体の使い方を「一流投手の共通点」と主張している。また、フォークも挟んだ指がC字を描くように巻いた方がよく落ちる、球が上から下へ抜ける方が良いとしている。「フォークを多投すると肘を傷める」という一般的な野球論に対しては「何を投げても傷める」と反論しており、そういう論が浸透したこともあって2020年代には外国人選手もフォークを教えて欲しいと頼むようになったと話している[49]

人物編集

愛称は「おいやん[50]

趣味はギター競馬。極度の嫌煙家である。

大阪近鉄バファローズの最後の試合には対戦相手のオリックスの選手として参加していたが、試合後に行われた梨田昌孝監督の胴上げにベンチから猛スピードで駆け寄り参加した(当時オリックスに在籍していた元近鉄の大島公一ユウキも同様に参加していた)。

公式ブログでは、選手達を独特なニックネームで表現。また、記事の最後には、「ほな、また」(「それじゃ、また」という意味の関西弁)という言葉を必ず用いている。

2013年11月25日、ブログによるとJRA(日本中央競馬会)の馬主登録申請が認められたこと報告した[51]。 2016年1月23日、所有馬のフォーシーム(牝馬、父ダイワメジャー、母マイヴィヴィアン、母父ダンシングブレーヴ)が初出走した[52]。フォーシームは中央競馬では勝ち星を挙げられず、名古屋競馬に移籍した[52]。地方競馬の馬主資格がないため馬主名義は生産者のものとなっていた[52][53][注 1]。ちなみに、同馬の半兄にJRAでG14勝を挙げたメイショウサムソンがいる。

仰木彬との関係編集

1988年から近鉄監督に就任した仰木彬は、投手起用の不規則さなどから、投手コーチの権藤や一部の投手との確執があった。

吉井については、同年10.19のダブルヘッダーでリリーフ登板した第1試合、9回終了前に阿波野に交替させられ、ロッカーのドアを蹴り上げていたという。

1989年、近鉄は、マジックナンバー1で迎えた10月14日の福岡ダイエーホークス戦(藤井寺球場)で、仰木監督は、そのシーズンも通して抑え投手を務めていた吉井ではなく、阿波野を優勝決定の場面で投げさせた。吉井は、グラウンドでの胴上げをよそに、室内練習場で用具に当たり散らして、権藤投手コーチが懸命に慰めた。シーズン終了後、権藤はまだ契約年が残っていたにもかかわらず退団した[54](仰木と権藤の確執については、権藤博を参照)。

仰木著『燃えて勝つ』[55]では、10.19や1989年の優勝決定などに関する記述で吉井への言及がほとんどない。しかし、2005年、前述のとおり、オリックスの監督に就任した仰木が吉井をオリックスに再入団させた。

上記のように仰木の厳しい起用法に反発心を抱いたこともあったが、根本的には後述のように仰木に感謝と尊敬の気持ちも抱いていた。プロ4年目の夏当時ヘッドコーチだった仰木から「吉井、来年はお前を良い場面で使うからな」と言われ[21]、もちろん仰木が監督になるとは聞かされておらず

『「この人、何言っているんや」って。でも、その年のオフは何か暗示にかけられるように、大活躍するイメージができていました。この言葉に支えられ、練習に取り組み、キャンプ、オープン戦でも充実した日々を過ごすことができ、その年実際に活躍し、やっとプロ野球選手になれたと思えました[21]。仰木さんは、試合では厳しい使い方をするんですが、打たれた後などに球場内を走っていると、いきなり一緒に走ってきて並走しながら「どや、疲れたか?へこたれるなよ!」と言ったりしてくれるなんです。だからこの人のために頑張ろうと思わせてくれる方でしたね。』

と語っている[21]

その後吉井は、日本ハム投手コーチであった2011年に、指導者の立場になって「あの頃の仰木さんや権藤さんが行っていたことが初めてわかったような気がする」と語った[54]

野村克也との関係 編集

1995年に近鉄からヤクルトへ移籍。その時の監督が野村で吉井はメジャー移籍後、そして引退後もことあるごとに野村への感謝の言葉を口にしている。

「近鉄でそれほど活躍していなかったのに一人前扱いをしてくれて、3年間大事に使っていただきました。言葉とは裏腹に選手をすごく大事に思う使い方をしてくださった」[56]

「本当に尊敬する方。全ての面で影響を受けました」

「近鉄の時は何も考えず投げていた。まさに野蛮な勇気だったが、ヤクルトでID野球に接し、準備することの大切さを知った」

「言葉とは裏腹に、選手のことをすごく大事に思ってくれる起用の仕方をしていた。それは自分がコーチになって気づいた部分でもあります」

「最も影響を受けたのは、選手がやることを尊重する、理由あってやっていることをしっかり認めてあげる、ということ。指導者としても大事にしています」[57]

「選手をやる気にさせるのがすごくうまい監督でした。たとえば、先発で投げていて、終盤に打たれて負けたとします。でも次の試合でも、また同じような場面で使ってくれるし、ピンチがきても替えないのです。普通なら、一度失敗したら、替えますよね。でも、野村監督は、一度失敗しても、また使ってくれるんです。起用方法で選手のやる気を引き出すのがうまい。ある意味、情に厚い監督です。野村監督というと、ID野球、データ野球というイメージがあるかもしれません。もちろんデータは大事にするのですが、データ通りにやれということではなく、たとえば、マウンドでパニックになったときに自分を取り戻す材料としてデータを使いなさい、準備として頭に入れておきなさい、という考え方でした」[58]

など、吉井の感謝の言葉は尽きない。

なお、コーチ経験を積んだ今、あらためて振り返ってその教えが参考になっている指導者は?の問いには野村と共に近鉄時代の投手コーチだった権藤博の名を挙げている[6]

佐々木朗希について編集

本人は2022年7月に『フルタの方程式』で佐々木について最初から「誰が面倒みんのやろ?絶対ワシやんな」と考えていた、責任の所在を明確にするために自分1人で指導したと明かしている。また2022年4月10日の完全試合については「6回で降板させたかった」と説明している。佐々木の育成はメディカルからのデータの提供と自分の所見を総合して決め、佐々木本人からの申告も聞いていた。佐々木のことは放っておいても成長するタイプだと見ていた一方、故障させたらマズいと憂慮していた。本来は1年目から登板予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響、及び感染拡大中本人が思ったより練習していなかったことで育成プランの進捗が遅れ、結果的に初登板が延びたという。佐々木のことは「20歳になる前から話してても自分のことが分かってる」「自分が納得しないと(メニューを)やらないし、自分に合ってるかどうかって判断してやる」と良くも悪くも自分の判断に従うタイプである一方で自分を客観視できると評している。佐々木にはダルビッシュ有や大谷翔平のような独特の空間把握能力も共通して備わっていると主張している。吉井は「前シーズンから20%以上投球回数が増えないようにする」というアメリカ球界流の選手管理を佐々木に適用している間に、他の投手も同じように管理しなければならないと感じるようになった[59]

研究活動編集

筑波大学大学院での指導教官は、工藤公康の在学中と同じく、准教授の川村卓。川村が筑波大学硬式野球部の監督でもあることから、在学中には、野球のコーチング理論やプロ野球選手のクイックモーションを研究した。

ソフトバンクの投手コーチ時代には、「クイックモーションの速い投手」という五十嵐亮太二保旭に対して、指導の合間に聞き取り調査や投球フォームの撮影を実施していた。吉井によれば、この調査や撮影で得られたデータを、修士論文に反映させたという[31]。その結果、日本ハムの投手コーチへ復帰した2016年に、修士号を取得した。ちなみに吉井は、修士論文の口述試験に合格したことを伝える公式ブログ内の記事に、「これで終わりじゃないので,これからももっと勉強していいコーチになりたいと思う」という抱負を記している[3]

2015年のシーズン終了後にソフトバンクを退団してからは、修士論文の執筆を優先しながら、自身と同じタイミングでオリックスのコーチを退いたばかりの大島公一へ川村研究室の門を叩くことを勧めた。「コーチとしての指導に限界を感じていた」という大島は、2016年から筑波大学大学院の人間総合科学研究科へ進学すると、川村研究室で打撃の動作や高卒プロ野球選手の育成環境に関する研究に従事[60]。2019年からは、硬式野球クラブのイートファクトリーベースボールクラブ(チーム名は「満マルビリケンズ」)の初代監督を務める。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1985 近鉄 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 20 3.0 6 1 3 0 0 1 0 0 9 7 21.00 3.00
1986 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 2.1 10 1 2 0 0 2 0 0 7 6 23.14 5.14
1987 13 2 1 0 0 2 1 0 -- .667 157 36.0 45 3 12 1 0 23 2 0 21 19 4.75 1.58
1988 50 0 0 0 0 10 2 24 -- .833 344 80.1 76 3 27 2 6 44 0 0 27 24 2.69 1.28
1989 47 0 0 0 0 5 5 20 -- .500 358 84.1 77 8 37 7 3 44 2 0 28 28 2.99 1.35
1990 45 2 0 0 0 8 9 15 -- .471 330 74.1 80 4 30 4 4 55 5 0 29 28 3.39 1.48
1991 21 0 0 0 0 2 1 2 -- .667 108 26.1 30 0 6 2 1 13 0 0 11 10 3.42 1.37
1992 9 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 45 11.2 10 1 2 0 0 4 1 0 3 3 2.31 1.03
1993 22 13 2 1 0 5 5 0 -- .500 423 104.2 100 7 25 1 2 66 2 1 38 31 2.67 1.19
1994 21 19 2 0 1 7 7 0 -- .500 436 97.0 118 16 37 0 1 42 4 0 69 59 5.47 1.60
1995 ヤクルト 25 22 7 2 2 10 7 0 -- .588 589 147.1 127 14 39 2 3 91 8 1 53 51 3.12 1.13
1996 25 24 9 1 2 10 7 0 -- .588 749 180.1 177 20 47 3 4 145 4 0 69 65 3.24 1.24
1997 28 26 6 2 2 13 6 0 -- .684 702 174.1 149 15 48 6 6 104 4 0 61 58 2.99 1.13
1998 NYM 29 29 1 0 0 6 8 0 -- .429 724 171.2 166 22 53 5 6 117 5 1 79 75 3.93 1.28
1999 31 29 1 0 0 12 8 0 0 .600 723 174.0 168 25 58 3 6 105 1 0 86 85 4.40 1.30
2000 COL 29 29 0 0 0 6 15 0 0 .286 726 167.1 201 32 53 5 2 88 2 1 112 109 5.86 1.52
2001 MON 42 11 0 0 0 4 7 0 0 .364 493 113.0 127 18 26 2 5 63 4 0 65 60 4.78 1.35
2002 31 20 1 0 1 4 9 0 1 .308 553 131.1 143 15 32 2 4 74 5 0 66 60 4.11 1.33
2003 オリックス 24 12 1 1 0 2 7 1 -- .222 350 76.0 103 14 20 1 3 43 0 0 58 55 6.51 1.62
2004 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 25 3.2 9 2 4 1 0 2 0 0 9 7 17.18 3.55
2005 15 15 0 0 0 6 5 0 0 .545 303 73.2 80 10 9 0 1 33 0 0 35 33 4.03 1.21
2006 19 19 0 0 0 7 9 0 0 .438 420 101.2 109 10 22 0 2 33 1 0 47 43 3.81 1.29
2007 10 10 0 0 0 1 6 0 0 .143 190 40.2 51 5 14 1 4 14 0 0 39 26 5.75 1.60
ロッテ 4 4 0 0 0 0 3 0 0 .000 73 12.1 30 1 6 1 2 4 1 0 19 18 13.14 2.92
'07計 14 14 0 0 0 1 9 0 0 .100 263 53.0 81 6 20 2 6 18 1 0 58 44 7.47 1.91
NPB:18年 385 170 28 7 7 89 82 62 0 .520 5640 1330.0 1387 135 390 32 42 763 34 2 632 571 3.86 1.34
MLB:5年 162 118 3 0 1 32 47 0 1 .405 3219 757.1 805 112 222 17 23 447 17 2 408 389 4.62 1.36
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

NPB

表彰編集

NPB
MLB
  • グッドガイ賞:1回(1999年) ※全米野球記者協会(BBWAA)のニューヨーク支部が取材対象である選手の人柄を評価する賞[61]
  • ジョン・J・マーフィー賞(1998年) ※ニューヨーク・メッツ担当記者の投票による球団のオープン戦新人賞[62]

記録編集

NPB編集

初記録
節目の記録
その他の記録

MLB編集

初記録

背番号編集

  • 36(1984年 - 1988年)
  • 11(1989年)
  • 21(1990年 - 1994年、1996年 - 1997年、1998年途中 - 2000年、2006年 - 2007年途中)
  • 24(1995年、2007年途中 - 同年終了)
  • 29(1998年 - 同年途中)
  • 55(2001年 - 2004年)
  • 77(2005年、2015年)
  • 81(2008年 - 2012年、2016年 - 2018年)
    • 日本代表コーチでも着用。
  • 71(2019年 - 2021年)

書籍編集

単著編集

共著編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2022年現在、地方競馬の馬主資格を取得している。
  2. ^ 但し、達成時点で存在する全球団からの勝利であり、かつて自身が在籍した大阪近鉄バファローズからは勝利を挙げていない。
  3. ^ 1996年10月9日の金森隆浩中日ドラゴンズ)以来の記録。但し、失点する前に二死でグレッグ・ラロッカ三塁手の失策があったため、自責点は0。後に2010年6月20日に阿南徹、2013年8月22日に大石達也が記録。
  4. ^ 42歳以上で勝利投手となったのは、浜崎真二阪急ブレーブス)、若林忠志毎日オリオンズ)、佐藤義則(オリックス)、大野豊広島東洋カープ)、工藤公康横浜ベイスターズ)に次いで6人目(当時)。なお、相手の先発投手は18歳の田中将大だった。

出典編集

  1. ^ お知らせがあります”. 吉井理人オフィシャルブログ (2013年1月31日). 2013年2月25日閲覧。
  2. ^ 産まれました”. 吉井理人オフィシャルブログ (2014年3月17日). 2022年5月30日閲覧。
  3. ^ a b c 修士の学位”. 吉井理人オフィシャルブログ (2016年1月26日). 2016年2月15日閲覧。
  4. ^ わかやまスポーツ・お宝を巡る 吉井理人の近鉄ユニホーム 理論派、日米で奮闘 /和歌山[リンク切れ]
  5. ^ 吉井理人
  6. ^ a b c d 「いいコーチほど選手の記憶に残らない」と、あの名コーチは言った…”. Sportiva (2019年3月8日). 2021年12月15日閲覧。
  7. ^ 1989年10月23日 日刊スポーツ2頁
  8. ^ 1989年10月23日スポーツニッポン 2頁
  9. ^ 1989年10月27日朝日新聞22頁
  10. ^ 1989年10月27日 朝日新聞26頁 - 27頁
  11. ^ 1989年10月27日日刊スポーツ5頁
  12. ^ 1989年10月30日 朝日新聞24頁 - 25頁、吉井が跪いて中畑に花束をささげるという漫画を掲載(画 : 針すなお
  13. ^ 吉井理人”. VICTORY (2017年11月17日). 2021年12月18日閲覧。
  14. ^ 1995年の吉井理人 ノムさんに“雷嫌い”をバラされたあの日”. 文春オンライン (2020年3月30日). 2021年12月18日閲覧。
  15. ^ マウンドの吉井理人を襲ったレーザービーム事件!【1997年8月5日】”. 週刊ベースボール (2017年8月5日). 2021年12月18日閲覧。
  16. ^ a b c d 悩む吉井に野村監督が「ヤクルトを出なさい」と言った真意”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2020年2月12日). 2021年10月12日閲覧。
  17. ^ FAの歴史を振り返る。最初にFA権を行使したのは誰?”. Sportiva (2013年12月20日). 2013年12月31日閲覧。
  18. ^ 99シーズンにかける日本人メジャーリーガー『月刊スラッガー』1999年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌05456-3、9頁。
  19. ^ 「吉井に戦力外通告」『読売新聞』(縮刷・関東版) 2004年(平成16年)10月7日付朝刊、22面(スポーツ面)。
  20. ^ “吉井コーチ 千葉マリンで引退試合”. スポーツニッポン. (2008年3月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/03/04/kiji/K20080304Z00000910.html 2021年12月18日閲覧。 
  21. ^ a b c d 週刊ベースボール、2013年5月20日号、P20-P23
  22. ^ 【プロ野球】吉井理人「斎藤佑樹は二軍に落とすべきではなかった」”. Sportiva (2012年11月25日). 2021年12月15日閲覧。
  23. ^ コーチ退団のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2012年11月4日). 2012年11月4日閲覧。
  24. ^ “日ハム吉井コーチ退団の真相”. 東京スポーツ. (2012年11月8日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/52773/ 2015年11月30日閲覧。 
  25. ^ a b “日ハム復帰の吉井投手コーチが就任会見 「監督とどうのこうのは全くない」”. Full-Count. (2015年11月29日). https://full-count.jp/2015/11/29/post23053/ 2021年12月18日閲覧。 
  26. ^ 2013年3月28日(木) FOX SPORTS 遂に本格始動! プロ野球プレゲームショー & ポストゲームショー FOX bs238で生放送スタート!”. msn産経ニュース (2013年1月31日). 2013年2月25日閲覧。
  27. ^ “野茂英雄より早いメジャー志向、「もっと野球のことを知りたい」と筑波大大学院へ…元大リーガー・吉井理人(上)”. 産経WEST (産経新聞). (2014年4月20日). http://www.sankei.com/west/news/140420/wst1404200021-n1.html 2015年11月30日閲覧。 
  28. ^ “吉井コーチが会見「工藤監督から学校でお話を」”. (2014年11月20日). https://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/11514.html 2021年12月18日閲覧。 
  29. ^ “吉井氏“二刀流”大学院生コーチに…クイック革命で連覇貢献を”. スポーツニッポン. (2015年11月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/20/kiji/K20141120009317660.html 2015年11月30日閲覧。 
  30. ^ “ホークス工藤監督、投手目線の采配ズバリ 「明るく真剣に」そして“嫌らしく””. SportsNavi. (2015年6月22日). http://sports.yahoo.co.jp/sports/baseball/npb/2015/columndtl/201506220008-spnavi?page=2 2015年11月30日閲覧。 
  31. ^ a b ソフトバンク二保のクイックが修士論文になる”. 日刊スポーツ (2015年7月9日). 2015年11月30日閲覧。
  32. ^ ソフトB吉井コーチ、退団し大学院復学”. デイリースポーツ (2015年11月3日). 2015年11月3日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク退団の吉井氏 4年ぶり日本ハム復帰、一軍投手コーチに”. スポーツニッポン (2015年11月28日). 2015年11月30日閲覧。
  34. ^ ソフトバンク退団の吉井氏 4年ぶり日本ハム復帰、一軍投手コーチに”. 日刊スポーツ (2015年11月29日). 2015年11月30日閲覧。
  35. ^ 修士論文”. 吉井理人オフィシャルブログ (2016年1月8日). 2016年1月16日閲覧。
  36. ^ 感謝”. 吉井理人オフィシャルブログ (2018年10月16日). 2018年11月1日閲覧。
  37. ^ お知らせ”. 吉井理人オフィシャルブログ (2018年11月1日). 2019年2月8日閲覧。
  38. ^ “ロッテ、吉井理人氏が投手コーチ就任”. サンケイスポーツ. (2018年11月1日). https://www.sanspo.com/article/20181101-ZWMNUGBWEVMDPEY5JRRUBQVZBM/ 2018年11月1日閲覧。 
  39. ^ a b 救援防御率リーグ2位の「3.30」 ロッテの“強力ブルペン陣”を振り返る”. BASEBALL KING (2020年11月18日). 2021年12月18日閲覧。
  40. ^ 救援防御率「3.24」ロッテを支えたリリーフ陣”. BASEBALL KING (2021年11月16日). 2021年12月18日閲覧。
  41. ^ “ロッテ2年連続2位以上確定 稲尾和久監督率いた84年~85年以来”. 日刊スポーツ. (2021年10月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110230000982.html 2021年12月18日閲覧。 
  42. ^ ロッテ首脳陣が佐々木朗希を“守る”ワケ 井口監督の信念と吉井コーチの親心” (日本語). Full-Count(フルカウント) 野球ニュース・速報・コラム (2021年1月3日). 2022年7月10日閲覧。
  43. ^ a b “ロッテがコーディネーター部門新設 吉井理人前投手コーチらが就任”. Full-Count. (2021年12月14日). https://full-count.jp/2021/12/14/post1167261/ 2021年12月18日閲覧。 
  44. ^ a b 2022年 新体制について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2021年12月14日). 2021年12月14日閲覧。
  45. ^ “侍ジャパン吉村禎章氏、吉井理人氏、清水雅治氏、白井一幸氏がコーチ就任”. 日刊スポーツ. (2021年12月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112170000407.html 2021年12月18日閲覧。 
  46. ^ “ロッテ・吉井ピッチングコーディネーターがド軍に短期留学へ MLB最先端のシステム、トレーニング法学ぶ”. スポーツニッポン. (2022年3月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/03/08/kiji/20220308s00001173125000c.html 2022年4月15日閲覧。 
  47. ^ “米国での勉強の成果は… 今から楽しみ ロッテ・吉井ピッチングコーディネーターの“恩返し””. スポーツニッポン. (2022年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/15/kiji/20220414s00001007828000c.html 2022年4月15日閲覧。 
  48. ^ 週刊ベースボール2012年7月23日号 P8
  49. ^ 名投手コーチ・吉井理人が考える 『一流投手の共通点』とは?【コーチングバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】 2022/07/25 (2022年7月27日閲覧)
  50. ^ 71 吉井 理人 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月25日閲覧。
  51. ^ 馬主になりました” (2013年11月25日). 2013年11月25日閲覧。
  52. ^ a b c フォーシーム”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年11月28日閲覧。
  53. ^ 名古屋競馬”. 吉井理人オフィシャルブログ (2016年11月16日). 2016年11月28日閲覧。
  54. ^ a b Sports Graphic Number 790 35頁-39頁
  55. ^ 仰木彬『燃えて勝つ』学習研究社、1990年3月、241ページ、ISBN 978-4051045821
  56. ^ ロッテ吉井コーチ、野村氏ID野球で準備大事さ学ぶ” (日本語). 日刊スポーツ (2020年2月11日). 2021年10月12日閲覧。
  57. ^ SANKEI DIGITAL INC (2020年2月11日). “ロッテ・吉井投手コーチが恩師・野村氏悼む「全ての面で影響受けた」” (日本語). サンスポ. 2021年10月12日閲覧。
  58. ^ COACH A. Co.,Ltd. (2017年3月6日). “第3回 仰木・野村監督、名指導者たちから学んだこと | Hello, Coaching!” (日本語). coach.co.jp. 2021年10月12日閲覧。
  59. ^ 本当は1年目から登板予定だった 吉井理人が明かす佐々木朗希育成プラン【コーチングバイブル】 フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】2022/07/17 (2022年7月27日閲覧)
  60. ^ 元プロ選手も学ぶ「野球学」広がり見せるワケ 筑波大学大学院の川村教授が第一人者”. 東洋経済ONLINE (2019年1月22日). 2019年2月8日閲覧。
  61. ^ 「グッドガイ賞」に松井 日本人では吉井以来2人目 Archived 2011年12月22日, at the Wayback Machine.,47NEWS(2003年11月6日付),2009年9月12日閲覧
  62. ^ A Real Award for Fake Games Faith and Fear in Flushing,2015年9月6日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集