メインメニューを開く

大友 花恋(おおとも かれん、1999年10月9日 - )は、日本女優ファッションモデルタレント

おおとも かれん
大友 花恋
本名 大澤花恋
生年月日 (1999-10-09) 1999年10月9日(19歳)
出身地 日本の旗 日本 群馬県高崎市[1]
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優ファッションモデルタレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2012年 -
活動内容 女優・ファッションモデル
事務所 研音
公式サイト 所属事務所プロフィール
主な作品
映画
悪夢ちゃん The 夢ovie
案山子とラケット 〜亜季と珠子の夏休み〜
君の膵臓をたべたい
テレビドラマ
悪夢ちゃん
恋仲
こえ恋
屋根裏の恋人
チア☆ダン
あなたの番です

群馬県高崎市出身[1]研音所属。

目次

略歴編集

雑誌の読者モデルに自ら応募。小学6年生の時に「もっとやりたい!」と母に相談する。母が探してくれたオーディションを1度きりという約束で受けたところ見事合格し、研音に入る[2][3]

2012年、ドラマ結婚同窓会 〜SEASIDE LOVE〜』に出演し女優デビュー[4]。その後、ドラマ『悪夢ちゃん』で地上波連続ドラマ初出演を果たした[4]

2013年、ドラマ『幽かな彼女』『夫のカノジョ』に出演するなど、女優としての活動の幅を広げる[4]

雑誌Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2013」で、応募総数6,478通[5]の中から田辺桃子と共にグランプリを受賞し、専属モデルになる。

2014年、Suzuの曲「step by step」でプロモーション・ビデオに初出演。5月に公開の映画悪夢ちゃん The 夢ovie』に出演し、スクリーンデビュー。

2015年に、映画『案山子とラケット 〜亜季と珠子の夏休み〜』で、初主演を果たした(平祐奈とのダブル主演)[6]

2016年11月10日、第95回全国高等学校サッカー選手権大会の第12代目応援マネージャーに就任[7][注 1]

オフィシャルブログ「かれんな花」が「BLOG of the year 2016」で優秀賞(オフィシャル部門)を受賞[8][9]

2019年3月12日配信開始の『いつか、眠りにつく日』(フジテレビオンデマンド)で連続ドラマに初主演[10]

人物編集

  • 弟と妹がいる。[4]
  • 読書家で自身のインスタグラムでは「#ハナコイ図書室」のハッシュタグをつけてオススメの本を紹介している[11]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ番組編集

  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 胸キュンスカッと どっちが先に恋人できる?(2016年1月18日) - 松原朋美 役
    • 胸キュンスカッと 消せない想い(2016年4月11日) - 木野江美 役
    • 胸キュンスカッと 夏祭りは好きな人と…(2016年7月24日) - 川口奈々 役[注 4]
    • 学生時代の思いでスカッと 君にエールを…(2016年10月24日) - 甲田佳奈子 役
    • 胸キュンスカッと 恋も部活も全力スマッシュ(2017年4月3日) - 西門彩音 役
    • 胸キュンスカッと 口に出せない想い(2018年11月5日) - 大原真帆 役
  • 王様のブランチ(2017年4月1日 - 、TBS)[24]

情報番組・ナレーション編集

  • 知るしん 信州を知るテレビ(NHK長野 総合)
    • 背番号のない夏〜上田西高校・硬式野球部〜(2017年8月4日) - ナレーション[25]
    • 撮るしんスペシャル(2018年12月7日)

舞台編集

  • 大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜(2017年8月29 - 9月3日、ザ・ポケット) - ヒロイン・麻樹 役

ラジオ編集

  • クラスメイトは大友花恋!(2017年4月5日 - 、文化放送) - レギュラーパーソナリティ

CM編集

  • ブリヂストンサイクル アルベルト[26][21]
    • 「親の責任」篇(2015年1月4日 - )
    • 「親の想い」(通学)篇(2016年1月4日 - )
    • 「コンテナ」篇(2017年3月21日 - )
    • 「通学自転車、始めて乗るなら両輪駆動。 出張!電動アシスト体験トラック 学校」篇(2018年1月3日 - )[27][28]
  • グレンジ「ポコロンダンジョンズ」(2016年7月 - 2017年4月)[29]
  • 臨海 学習塾 臨海セミナー 「わかったフリ許さないガール」(2018年2月 - )[30]
    • 「わかったフリ バンコク」篇
    • 「わかったフリ ピカソ」篇
  • 資生堂 アネッサ×Seventeen 大友花恋の「SUNGENIC REPORT」(2018年2月28日 - )
  • NHK日本放送協会 「NHK前橋放送局 フレッシャーズキャンペーン」

広告・広報編集

MV編集

ネット配信編集

イベント編集

  • Seventeen夏の学園祭
    • Seventeen夏の学園祭2013(2013年8月23日、パシフィコ横浜[37]
    • Seventeen夏の学園祭2014(2014年8月21日、パシフィコ横浜)[38]
    • Seventeen夏の学園祭2015(2015年8月25日、パシフィコ横浜)[39]
    • Seventeen夏の学園祭2016(2016年8月23日、パシフィコ横浜)[40]
    • Seventeen夏の学園祭2017(2017年8月24日、パシフィコ横浜)[41]
    • Seventeen夏の学園祭2018(2018年8月23日、パシフィコ横浜)[42]
  • 研音ネクジェネ夏祭り(2014年8月31日、時事通信ホール[43]
  • 音夏祭〜研音ガールズイベント〜
    • (2015年8月1日・2日、クラブeX[44]
    • (2016年8月20日・21日、クラブeX)[45]
  • 超十代
    • 超十代 -ULTRA TEENS FES- 2017(2017年3月28日、幕張メッセ[46]
    • 超十代 -ULTRA TEENS FES- 2018(2018年3月27日、幕張メッセ)[47]

ランウェイ編集

  • GirlsAward
    • GirlsAward 2015 AUTUMN/WINTER(2015年10月24日、国立代々木第一体育館[48]
    • GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER(2016年10月8日、国立代々木第一体育館)[49]
    • GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER(2017年5月3日、国立代々木第一体育館)[50]
    • GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER(2017年9月16日、幕張メッセ)[51]
    • GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER(2018年9月16日、幕張メッセ)
  • 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER(2018年3月31日、横浜アリーナ)[52]

書籍編集

雑誌編集

小説表紙編集

  • 君色。〜ベランダ越しの恋〜(著:ゆあ、2014年11月21日、集英社ピンキー文庫) - カバーモデル

写真集編集

カレンダー編集

  • 大友花恋カレンダー2018.04-2019.03(2018年2月10日、東京ニュース通信社)[57][58]

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 同回の応援歌は、研音の同僚である家入レオの『それぞれの明日へ』で、応援マネージャーと応援歌歌手が同じ事務所所属となるのは初めて。
  2. ^ ドラマオープニングでは、<10年前の栄光の七人>として名前が載っている。
  3. ^ 研音の情報は高校生となっているが、主人公の皆川七海は中学校の非常勤職員なので中学生の役。Archived 2018年2月16日, at the Wayback Machine.
  4. ^ ドラマ後半は生放送
  5. ^ a b 明治による公式YouTubeチャンネル「バレンタインチャンネルPowerd by明治ミルクチョコレート」にて公開されたスペシャルムービー『すすめ! 恋する乙女たち。「あなたのことが、大好きです」篇』に出演。同ムービーはタイアップ曲であるSuzuの楽曲「step by step」のプロモーション・ビデオの一部に使用された。なお、同楽曲はSuzuのミニアルバム『step by step』に収録されるがプロモーション・ビデオは収録されない。
  6. ^ 青空エール』とのコラボレーション作品前編。
  7. ^ 『青空エール』とのコラボレーション作品後編。
  8. ^ MVとCDジャケット表紙に出演。
  9. ^ FODで配信後、2017年5月24日にフジテレビで、11月8日にBSフジで放送。

出典編集

  1. ^ a b “大友花恋、2nd写真集のテーマは「卒業旅行」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年4月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/01/0011122867.shtml 2018年6月2日閲覧。 
  2. ^ 大友花恋、“永野芽郁の衝撃”を胸に「その姿はずっと忘れない」 (1) 「10歩近づく」理想の演技” (日本語). マイナビニュース (2019年3月12日). 2019年5月4日閲覧。
  3. ^ 大友花恋 (2013年10月22日). 【気になるPERSON2013】大友花恋 ドラマ「夫のカノジョ」. (インタビュー). テレビファン・ウェブ.. http://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/57426 2015年7月22日閲覧。 
  4. ^ a b c d 大友花恋 (2013年5月17日). 大友花恋インタビュー-今クール『放課後グルーヴ』『幽かな彼女』の2作品に出演中。憧れていた女優の仕事を昨年からスタートし、早くも注目を浴びている。役への挑み方から今後の目標などについて聞いた。. (インタビュー). プラスアクト.. http://www.wani.co.jp/act/interview/interview.php?id=77 2015年7月22日閲覧。 
  5. ^ a b ミスセブンティーン2013が決定したよ!!”. Seventeen ONLINE (2013年8月23日). 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  6. ^ “大友花恋、主演作「案山子とラケット」で女優に開眼 高校生活にも意欲満々”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年4月1日). http://eiga.com/news/20150401/4/ 2018年3月10日閲覧。 
  7. ^ a b “大友花恋『高校サッカー』12代目応援マネージャー抜てき「一緒にアツい冬を」”. ORICON STYLE. (2016年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2081147/full/ 2016年11月10日閲覧。 
  8. ^ “SEVENTEEN専属モデル・大友花恋が「BLOG of the year 2016」優秀賞受賞「すごく幸せです」”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2017年2月3日). http://music-book.jp/video/news/news/134796 2018年3月10日閲覧。 
  9. ^ 2016年注目されたブログを発表!”. BLOG of the year 2016(ブログオブザイヤー2016). 2018年8月14日閲覧。
  10. ^ a b “大友花恋、FODで連ドラ初主演!「いつか、眠りにつく日」3・12スタート”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年1月13日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190113/geo19011307000012-n1.html 2019年1月13日閲覧。 
  11. ^ ハラハラしているところに、ワクワクが隠れていたのです。” (2017年5月15日). 2018年3月31日閲覧。
  12. ^ 大友花恋13歳「顔と名前一致する存在に」”. サンスポ (2013年5月6日). 2013年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  13. ^ 野村周平、福士蒼汰の“恋敵”に “月9”初出演「自分らしくチャレンジ」”. ORICON (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  14. ^ 「お迎えデス。」門脇麦が福士蒼汰を思う幽霊に!?”. ニュースウォーカー (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
  15. ^ “ドラマ「こえ恋」会長役を竜星涼、紙袋男子・松原くんの声を櫻井孝宏”. コミックナタリー. (2016年6月6日). http://natalie.mu/comic/news/189826 2016年6月6日閲覧。 
  16. ^ “飯豊まりえ:「電影少女」で学校のマドンナ役に 清水尋也、大友花恋も出演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年12月5日). https://mantan-web.jp/article/20171204dog00m200030000c.html 2017年12月6日閲覧。 
  17. ^ 平祐奈「未知の世界」に挑戦<ミューブ♪〜秘密の歌園〜>”. モデルプレス (2018年3月8日). 2018年3月8日閲覧。
  18. ^ “平 祐奈主演!春のメ〜テレドラマは、青春ど真ん中の女子高生たちが歌い踊る“新感覚シチュエーションコメディ”「ミューブ♪〜秘密の歌園〜」4月16日スタート” (プレスリリース), メ〜テレ, (2018年3月8日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000348.000014977.html 2018年3月8日閲覧。 
  19. ^ “土屋太鳳主演「チア☆ダン」に石井杏奈、山本舞香ら出演、制服ビジュアル解禁”. 映画ナタリー. (2018年4月4日). https://natalie.mu/eiga/news/276448 2018年4月4日閲覧。 
  20. ^ Seventeenモデル・大友花恋 テニス女子中学生を演じた映画が無事にクランクアップ”. 集英社ハピプラニュース (2014年9月10日). 2014年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月4日閲覧。
  21. ^ a b 新年企画・大友花恋さん(1/1)”. 朝日新聞デジタル (2015年1月9日). 2015年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月11日閲覧。
  22. ^ 大友花恋 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』に出演”. 2018年2月22日閲覧。
  23. ^ “大友花恋、北川景子と同じ役で「繋げていきたい」 「キミスイ」新キャスト発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月13日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1645432 2018年1月9日閲覧。 
  24. ^ 『ブランチ』新レギュラーに藤森慎吾&美女3人 石田ニコル、大友花恋、山本舞香”. 2018年2月23日閲覧。
  25. ^ 知るしん。”. 大友花恋オフィシャルブログ「かれんな花」Powered by Ameba (2017年8月5日). 2018年12月7日閲覧。
  26. ^ 1000万円の賠償責任補償つき通学車。イメージキャラクターは大友花恋”. サイクルスタイル (2014年12月18日). 2015年1月11日閲覧。
  27. ^ “広がる通学用電動アシスト自転車市場をけん引 新テレビコマーシャル“通学自転車 初めて乗るなら両輪駆動” 2018年1月より放映開始” (プレスリリース), ブリヂストンサイクル, (2017年12月13日), https://www.bscycle.co.jp/news/release/2017/4957 2018年3月6日閲覧。 
  28. ^ 「通学自転車、始めて乗るなら両輪駆動。 出張!電動アシスト体験トラック 学校」篇 - YouTube
  29. ^ “「ポコロンダンジョンズ」のテレビCMが7月29日から放送。記念キャンペーンも”. 4Gamer.net. (2016年7月27日). http://www.4gamer.net/games/252/G025266/20160727028/ 2016年7月27日閲覧。 
  30. ^ “大友花恋、バンコクの長過ぎる正式名称スラスラと読み上げる”. Deview-デビュー (oricon ME). (2018年2月22日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2106199 2018年2月23日閲覧。 
  31. ^ お知らせです!”. 大友花恋オフィシャルブログ「かれんな花」 (2013年12月2日). 2013年12月2日閲覧。
  32. ^ 春の少女マンガフェア 2017 女の子は、3つでできている。ぜんぶが私。ぜんぶで私。|集英社”. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月8日閲覧。
  33. ^ a b 明治ミルクチョコレートがおくる制服女子の告白ムービー公開、楽曲は沖縄発SSW“Suzu””. CDジャーナル (2014年1月20日). 2014年1月20日閲覧。
  34. ^ オリコンスタイル (2014年3月20日). “新人Suzu、人気マンガ『青空エール』と合体”. 2014年3月27日閲覧。
  35. ^ musicman-net (2014年4月8日). “Suzu、「青空エール」コラボ続編となる「ひかりの方へ」MV公開”. 2014年4月28日閲覧。
  36. ^ RO69 (2014年5月11日). “NICO Touches the Walls、新曲“天地ガエシ”のMVを期間限定で公開”. 2014年6月5日閲覧。
  37. ^ 西内まりや、三浦翔平ら美男美女集結 「Seventeen 夏の学園祭2013」”. 2018年2月22日閲覧。
  38. ^ 「Seventeen 夏の学園祭2014」開催”. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  39. ^ 「Seventeen夏の学園祭2015」開催”. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  40. ^ 広瀬すず、三吉彩花ら「Seventeen」モデル&千葉雄大らイケメンゲストが豪華集結<夏の学園祭2016/写真特集>”. 2018年2月22日閲覧。
  41. ^ 大友花恋 黒崎レイナ 木内舞留『Seventeen夏の学園祭2017』”. 2017年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  42. ^ “永野芽郁&大友花恋&横田真悠、“かれまゆめい”ポーズにファン歓喜<Seventeen 夏の学園祭2018>”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2018年8月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1787999 2018年8月27日閲覧。 
  43. ^ 研音ネクジェネ夏祭り - 川口春奈を輩出した研音Next Generationによるイベントを開催!”. 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  44. ^ 「音夏祭〜研音ガールズイベント〜」開催決定!”. 2018年2月22日閲覧。
  45. ^ 研音の若手女優によるイベント「音夏祭 〜研音ガールズイベント〜」今年も開催決定!8月20日(土)、21日(日)”. 2015年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  46. ^ わおわお”. 2018年2月23日閲覧。
  47. ^ 超十代 - ULTRA TEENS FES -”. 2018年2月22日閲覧。
  48. ^ 大友花恋・黒崎レイナ 10月24日(土)「Girls Award 2015 AUTUMN/WINTER」に出演!”. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  49. ^ GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER|ガールズアワード”. 2018年2月22日閲覧。
  50. ^ マイナビ GirlsAward 2017 SPRING/SUMMER 総勢257名出演の総動員延べ31,000人で閉幕!”. 2018年2月22日閲覧。
  51. ^ ““美少女好き”広瀬すず、1年ぶりにガルアワのランウェイ登場!”. ザテレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2017年8月17日). https://thetv.jp/news/detail/118488/ 2019年5月11日閲覧。 
  52. ^ マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER”. 2018年2月22日閲覧。
  53. ^ 「ミスセブンティーン」に中2コンビ”. ディリースポーツ (2013年8月24日). 2013年8月28日閲覧。
  54. ^ 未来の北川景子・木村カエラ 「ミスセブンティーン2013」に2名が決定”. モデルプレス (2013年8月23日). 2013年8月28日閲覧。
  55. ^ “大友花恋、水着に初挑戦した写真集が発売「自分のアルバムを作っていただいた」”. ORICON STYLE. (2016年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2079441/full/ 2016年10月6日閲覧。 
  56. ^ “大友花恋 2nd写真集3/31(土)発売決定!”. 研音Message. (2018年2月13日). http://spn.ken-on.com/headline/article.php?id=1518511308 2018年2月15日閲覧。 
  57. ^ “「王様のブランチ」などで活躍中の女優・大友花恋の人生初のカレンダーが発売決定!!「カレンダーを見て、ハッピーになっていただけると嬉しいです!」” (プレスリリース), 東京ニュース通信社, (2017年12月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000346.000006568.html 2018年2月12日閲覧。 
  58. ^ “大友花恋 カレンダー発売「一日のエネルギーをゲットして」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/12/kiji/20180211s00041000399000c.html 2018年2月12日閲覧。 

外部リンク編集