メインメニューを開く
本来の表記は「深圳宝安国際空港」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

深圳宝安国際空港(しんせんほうあんこくさいくうこう、中国語: 深圳宝安国际机场)は、中華人民共和国広東省深圳市に位置する国際空港である。

深圳宝安国際空港
深圳宝安国际机场
Shenzhen Bao'an International Airport
Shenzhen Bao'an Airport.jpg
IATA: SZX - ICAO: ZGSZ
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 広東省深圳市宝安区
種類 公共
運営者 深圳機場公司
標高 4 m (13 ft)
座標 北緯22度38分22秒 東経113度48分39秒 / 北緯22.63944度 東経113.81083度 / 22.63944; 113.81083座標: 北緯22度38分22秒 東経113度48分39秒 / 北緯22.63944度 東経113.81083度 / 22.63944; 113.81083
公式サイト

http://www.szairport.com/

英語版http://eng.szairport.com/
地図
深圳宝安国際空港の位置
深圳宝安国際空港の位置
SZX/ZGSZ
深圳宝安国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
15/33 Yes 3,400×45 コンクリート
16/34 Yes 3,800×60 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
深圳宝安国際空港
各種表記
繁体字 深圳寶安國際機場
簡体字 深圳宝安国际机场
拼音 Shēnzhèn Bǎoān Guójì Jīchǎng
発音: シェンヂェン バオアン グオジー ジーチャン
英文 Shenzhen Bao'an International Airport
テンプレートを表示

概要編集

1991年10月12日に開港し、香港国際空港広州白雲国際空港と並ぶ中国南部の3大空港に数えられる。深圳航空が当空港をハブ空港としている。2010年UPSが、アジア地域拠点をクラーク国際空港から移転した。

中国では6番目に利用客・発着数が多い空港であり、今後の利用増に対応するため、拡張工事が進められている。2011年7月26日、平行滑走路が完成した[1]。新ターミナルの建設工事は2008年に着手。2013年11月28日に供用が開始され[2]、それまで使われていた3つのターミナルは閉鎖された。

旅客ターミナル編集

2013年11月28日に供用が開始された新ターミナルのは広さは45万平方メートル、南北1,050メートル、東西600メートルの巨大な建築物となっている。主要部分は大きな内部構造を持つターミナルビルと、上空から見ると十字の形になっている搭乗ゲートビルに分かれる。内部は六角形のモチーフを多用した設計で、建築家イタリアマッシミリアーノ・フクサス、構造設計はドイツのKnippers Helbigが担当。62箇所の搭乗ゲートがある。ターミナルビルは地上4階、地下2階となっている。チェックイン・エリアはA-Hのカウンターに分かれ、全部で192箇所の窓口がある。


就航路線編集

国内線編集

航空会社 目的地
  中国南方航空 北京/首都上海/浦東上海/虹橋成都昆明西安重慶杭州廈門長沙武漢ウルムチ南京青島大連鄭州三亜瀋陽海口貴陽ハルビン福州南寧太原南昌長春温州フフホト桂林合肥寧波石家荘銀川麗江無錫西寧オルドス包頭楡林義烏延吉張家界贛州洛陽連雲港大理舟山牡丹江瀘州南陽済寧南充遵義常徳丹東梅州
  深圳航空 北京/首都、上海/浦東、上海/虹橋、成都、昆明、西安、重慶、杭州、廈門、長沙、武漢、ウルムチ、南京、青島、大連、鄭州、三亜、瀋陽、海口、貴陽、ハルビン、天津、福州、南寧、済南、太原、南昌、長春、温州、フフホト、桂林、蘭州、合肥、銀川、麗江、無錫、西寧、泉州常州運城綿陽宜昌湛江南通揚州台州襄陽宜賓景徳鎮衢州広元宜春カラマイ
  海南航空 北京/首都、成都、昆明、西安、重慶、杭州、廈門、長沙、ウルムチ、南京、青島、大連、鄭州、三亜、瀋陽、海口、貴陽、ハルビン、天津、済南、太原、南昌、フフホト、蘭州、合肥、寧波、石家荘、西寧、カシュガル徐州、宜昌、臨沂、襄陽、淮安
  中国東方航空 上海/浦東、上海/虹橋、昆明、西安、武漢、南京、青島、海口、太原、南昌、フフホト、蘭州、寧波、麗江、無錫、常州、潞西、大理、井岡山永州
  中国国際航空 北京/首都、上海/浦東、成都、重慶、杭州、武漢、南京、貴陽、天津、合肥、大連、達州
  春秋航空 上海/虹橋、杭州、瀋陽、ハルビン、天津、石家荘、淮安、張家口
  厦門航空 杭州、厦門、天津、福州、南寧、南昌、泉州
  山東航空 青島、済南、温州、煙台威海
  吉祥航空 上海/浦東、上海/虹橋、北海
  四川航空 成都、重慶、万州
  成都航空 成都、桂林
  東海航空 大連、寧波
  雲南祥鵬航空 麗江、遵義
  チベット航空 成都、ラサ
  奥凱航空 天津、南寧
  中国聯合航空 北京/大興
  上海航空 上海/虹橋
  重慶航空 重慶
  中国西部航空 重慶
  河北航空中国語版 石家荘
  長竜航空 杭州
  昆明航空 昆明

国際線編集

航空会社 目的地
  中国南方航空 東京/成田(2019年10月29日より就航予定)[3]大阪/関西ソウル/仁川台北/桃園ホーチミンバンコク/スワンナプーム済州バリジャカルタプーケットプノンペンシドニードバイメルボルン[4]
  深圳航空 ソウル/仁川、台北/桃園、プノンペン、バンコク/スワンナプーム、プーケットクアラルンプールシンガポール、大阪/関西、東京/成田[5]
  中国国際航空 フランクフルト[6]ロサンゼルス[7]ヨハネスブルグ[8]
  海南航空 大阪/関西[9]ダナンダブリン、プーケット、ブリスベン[10]ケアンズ[11]オークランド[12]バンクーバー[13]マドリード[14]ブリュッセル[15]チューリッヒ[16]ウイーン[17]
  厦門航空 シアトル[18]
  春秋航空 プノンペン[19]名古屋/中部
  アシアナ航空 ソウル/仁川
  大韓航空 ソウル/仁川
  チャイナエアライン 台北/桃園、高雄
  ユニー航空 台北/桃園、台中
  スクート シンガポール
  シルクエアー シンガポール
  エアアジア クアラルンプール、コタキナバルランカウイクチン
  タイ・エアアジア バンコク/ドンムアン
  Sky Shuttle中国語版 マカオ(フェリーターミナル)

貨物便編集

航空会社 目的地
  翡翠国際貨運航空 ソウル/仁川、上海/浦東、天津、アムステルダムバルセロナブレシアチェンナイドバイシャールジャイスタンブール

フランクフルト・アム・マインジュネーヴラゴスラホールキト(季節性運航)

  深圳東海航空 上海/浦東、香港、成都、瀋陽、マニラ
  揚子江快運航空 上海/浦東、香港、杭州、瀋陽、クラークダッカ
  UPS航空 大阪/関西、ソウル/仁川、シンガポール、クアラルンプール、バンコク/スワンナプーム、クラーク、ムンバイケルン/ボン
  フェデックス ソウル/仁川、アンカレッジ
  ASL航空ベルギー リエージュ
  ラヤ航空 クアラルンプール

アクセス編集

深圳空港到着後、各方面に行く、あるいは逆に各方面から深圳空港に行くには必ず地面交通センターを利用する。地面交通センター(英語名:Grand Transportation Center)は深圳空港直結の施設で、施設内に地下鉄、バス、タクシーのほか、高速船が無料シャトルバス経由で利用できる。内部にはインフォメーションセンターや各種チケット売り場、飲食店、コンビニ、更には隣接ホテルと空港との間の接続空間にもなっている。

  • 深圳市内・近郊
深圳地下鉄11号線機場駅はGTC地下1階に接続しており、市内中心部までアクセス可能。なお、1号線機場東駅は旧ターミナルビルに近かったが、現在は空港連絡駅ではなくなったのに駅名は改称されておらず注意が必要。隣の后瑞駅からは連絡バスがある。
バスが市内各地、および近郊の都市に運行されている。羅湖駅深圳駅までは20、50分である。
バス:香港国際空港九龍香港島新界
※バスで香港に行く場合、深圳湾口岸でバスを下車し出国手続きをした後、別のバスで深圳湾大橋を渡る。
高速船:香港国際空港(珠江客運中国語版が運行[20]
※高速船で香港空港に行くには、同空港で出国手続きを行う関係上、当日の搭乗チケットが無いと乗船不可。
高速双胴船アウター・ハーバー・フェリーターミナルTurboJETが運行[21])、タイパ・フェリーターミナル発着便もあり。

空港名について編集

もともとは、深圳黄田国際空港という名称であった。しかし、台湾商人が多く利用しているが、閩南語において「黄田」(白話字:hông-chhân)が「黄泉」(白話字:hông-chuân)と発音が類似しており、それらを連想されると、空港のイメージダウンになることから、所在地(深圳市宝安区)と平安を保つ意味(中国語 : 保平安)から宝安(中国語では「保」と「宝」は同じ「bǎo」という発音である)と改めた。[22]

エアポートホテル編集

深圳宝安国際空港には3つの空港直結ホテルが地面交通センター(Ground Transportation Center)側に併設されている。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 深圳机场正式迈入双跑道运行时代 : 深圳宝安国际机场
  2. ^ 深セン空港の新ターミナルビルが営業開始”. 人民網日本版 (2013年11月29日). 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 中国南方航空、10月下旬から成田発着の上海・浦東、深圳線に就航FlyTeam 2019年9月26日
  4. ^ 中国南方航空、6月に深圳/メルボルン線を開設へ 週2便で運航開始FlyTeam 2017年5月29日
  5. ^ 深セン・東京間の直行便、2016年元旦に就航へ―中国メディア(Record China 2015年9月30日)
  6. ^ 中国国際航空、深圳/フランクフルト線に就航 週3便FlyTeam 2016年5月19日
  7. ^ 中国国際航空、12月から深圳/ロサンゼルス線に直行便 787-9で週3便FlyTeam 2017年10月26日
  8. ^ 中国国際航空、1月から北京/ヨハネスブルグ線直行便が深圳経由にFlyTeam 2018年12月6日
  9. ^ 海南航空、大阪/関西〜深セン線開設 2月2日から週3便Traicy 2019年1月18日
  10. ^ 海南航空、9月20日から深圳/ブリスベン線に新規就航 A330で週2便FlyTeam 2017年7月3日
  11. ^ 海南航空、12月から深圳/ケアンズ線に就航 A330で週2便FlyTeam 2017年9月1日
  12. ^ 海南航空、深圳/オークランド線に就航 A330で週3便の直行便FlyTeam 2017年1月5日
  13. ^ 海南航空、深圳/天津/バンクーバー線に就航 787で週2便FlyTeam 2018年5月30日
  14. ^ 海南航空、10月に深圳/ウィーン線を開設へ 787で週2便FlyTeam 2018年4月11日
  15. ^ 海南航空、3月下旬に深圳/ブリュッセル線を開設 787で週2便FlyTeam 2018年1月17日
  16. ^ 海南航空、8月下旬に深圳/チューリッヒ線を開設 787で週2便FlyTeam 2018年6月6日
  17. ^ 海南航空、10月に深圳/ウィーン線を開設へ 787で週2便FlyTeam 2018年4月11日
  18. ^ 厦門航空、9月から厦門/深圳/シアトル線に就航 初のアメリカ本土路線FlyTeam 2016年5月12日
  19. ^ 春秋航空、3月下旬に上海、深圳発着のプノンペン線をA320で就航FlyTeam 2017年3月8日
  20. ^ Routes&Fares”. 珠江客運有限公司. 2013年12月1日閲覧。
  21. ^ マカオ<=>深圳空港 時刻表”. TurboJET日本語版サイト. 2013年12月1日閲覧。
  22. ^ 深圳黄田机场改名宝安已获民航总局批准

外部リンク編集