国のかたち研究会

国のかたち研究会(くにのかたちけんきゅうかい)は、立憲民主党議員グループ。2020年9月の新立憲民主党への合流前も旧立憲民主党のグループとして活動していた。通称、かんグループ。2021年11月6日時点16名[1]

国のかたち研究会
Kan Naoto (2016).jpg
会長の菅直人
略称 菅(直人)グループ
設立 1999年10月20日
設立者 菅直人
種類 立憲民主党の派閥・議員グループ
本部 東京都武蔵野市中町
会員数
立憲民主党所属国会議員
会長 菅直人
重要人物 江田五月
関連組織 社会民主連合
民主改革連合
日本新党
新党さきがけ
社会民主党
旧民主党
テンプレートを表示

概説編集

1999年9月の民主党代表選挙菅直人の陣営についた議員を中心に結成された[2][3]

毎週木曜日に菅の自宅での会合を定例としていたが[4]、2002年12月に菅が党代表に就任して以降は、かつて社民連で菅の同僚であった江田五月が実質的な運営者となった[4]

旧民主党・民進党を通じ立憲民主党内では左派リベラル色が比較的強いとされている[5][6]。旧社民連・旧さきがけ出身者や市民運動家の受け皿となっていた一面もあるが、民主党時代は菅の選挙区である東京都、江田の選挙区である岡山県の選出の議員も多かったことから人間関係を元に作られたグループ[6] という側面もあった。

民主党自体は所属の議員が重なる旧社会党系の新政局懇談会護憲派のリベラルの会と政策面で同一歩調を取ることが多かった。

2017年10月以降はサンクチュアリと共に、(旧)立憲民主党系として、(新)立憲民主党の主要グループを形成している[1]

沿革編集

民主党時代編集

1999年10月20日に設立準備会合を開き[2]、9月の代表選で菅直人の推薦人となった衆参約10人の国会議員が参加して[2]、会長に相当する代表幹事(後に座長に変更)に江田五月[3]、事務局長に河村たかし[7] を内定した[2]2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では現職15人のうち3人が落選したが、新人15人以上が当選して勢力を倍増させた[8]2002年9月12月の代表選で菅を支え、菅が代表に選出されると江田がまとめ役となり[4]阿久津幸彦水島広子など若手が中心に集まる二十数人規模のグループとなった[4]

2005年には会員が50人を超えて会費なども増えたため、4月1日に政治団体の届出をしたが[9]、9月の第44回衆議院議員総選挙では若手を中心に多くのメンバーが落選して打撃を受けた[10][11]。菅はその後も代表選に出馬し続けたが、2005年9月の代表選では前原誠司にわずか2票差で敗れ、2006年4月の代表選では小沢一郎に大差で敗れた。2007年7月の第21回参議院議員通常選挙後、江田が参議院議長に就任し、グループ座長を退任した[12]

2009年5月の代表選では菅は出馬せず自主投票とし[13]鳩山由紀夫が代表に選出された。8月の第45回衆議院議員総選挙を経た政権交代後の内閣人事では、菅は副総理経済財政政策担当大臣に就任し、2010年1月からは財務大臣も兼任した。また、2月には枝野幸男行政刷新担当大臣として初入閣した。

2010年6月2日に鳩山が辞意を表明すると、続く6月の代表選では菅が代表に選出され、その後の内閣人事では荒井聰が経済財政政策担当大臣として初入閣した。7月の第22回参議院議員通常選挙後、江田が参議院議長を退任し、8月23日にグループ座長に復帰した[12]9月の代表選でも菅が再選され、その後の内閣改造では細川律夫厚生労働大臣として初入閣した。2011年1月の内閣改造では江田が法務大臣、枝野が内閣官房長官に就任した。また、6月からは江田が環境大臣、枝野が行政刷新担当大臣を兼任した。

2011年8月26日に菅が辞意を表明すると、続く8月の代表選では自主投票としたが[14][15]、江田が野田佳彦の陣営の会合に出席するなど[16]、大半は野田支持に動き[17]、決選投票となった場合には海江田万里以外の候補を支持することを8月29日に決定した[15][18]。野田が代表に選出された後の内閣人事では平岡秀夫が法務大臣として初入閣し、内閣発足直後の9月11日に辞任した鉢呂吉雄の後任として12日に枝野が経済産業大臣に就任した。11月には内閣総理大臣就任に際してグループ会長の座を離れていた菅がグループ会長に復帰した[19]2012年1月の内閣改造では小川敏夫が法務大臣として初入閣した。

2012年9月の代表選では野田再選を支持したが[20][21][22]、12月の第46回衆議院議員総選挙では勢力を半減させ[23]、菅も小選挙区で落選して比例復活となった。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では民主党は11議席増にとどまったものの、復帰したメンバーも多く、勢力は復調となった[24]

民進党時代編集

2016年3月の民進党結党後に行われた9月の代表選では立候補締め切りまで推薦人集めに苦慮していた玉木雄一郎に対してグループから菅や石橋通宏など3人の推薦人を出したことが報じられた[25]

2017年9月の代表選ではグループから枝野が立候補を表明し、グループとしては8月9日に自主投票の方針を確認した一方、菅が枝野の支援に回り、同日のグループ会合に枝野を招いて説明を受けるなどしていることから[26]、枝野の支持グループの一つに数える報道もあった[27][28]

立憲民主党時代編集

民進党は9月28日の両院議員総会で希望の党への事実上の合流方針が了承された一方、9月29日に希望の党代表の小池百合子東京都知事が「リベラル派は排除する」と明言したことを受け、10月2日に枝野が「立憲民主党」の結成を表明し、菅らが結党メンバーに名を連ねた。10月の第48回衆議院議員総選挙では、枝野・菅いずれも小選挙区で当選を果たした。阿久津ら落選中のメンバーも立憲民主党公認で出馬、当選し、グループは10人超の勢力となった[29]

2018年5月7日の国民民主党結成に参加しなかったメンバーが立憲民主党に合流すると、立憲民主党所属議員ら約30人による勢力となった。10月頃、合宿を検討していることが報じられた[30]

2020年9月、立憲民主党と国民民主党とが合流した新立憲民主党にグループ全員が参加した。それに伴う9月の代表選直後の報道では、27人の勢力と報じられた[31]。党代表にグループのメンバーである枝野幸男が選出された。

2021年10月の第48回衆議院議員総選挙後には、16人の勢力であることが報じられた。2021年11月、枝野が代表を辞任したのに伴い実施される代表選挙には、グループ所属の西村智奈美が立候補した[32]

所属国会議員一覧編集

役員
会長 事務局長
菅直人 石橋通宏[33]
衆議院議員(12名)
菅直人[34][35][36][37][38]
(14回、東京18区
枝野幸男[34][35][39][注 1]
(10回、埼玉5区
末松義規[36][40]
(7回、東京19区
田嶋要[35][36][37][41][注 2]
(7回、千葉1区
西村智奈美[34][35][37][40]
(6回、新潟1区
山崎誠[注 3][42][注 4]
(3回、比例南関東神奈川5区
大河原雅子[37]
(2回・参院1回、比例東京東京21区
岡本章子[43]
(2回、比例東北宮城1区
神谷裕[44][注 4]
(2回、比例北海道北海道10区
中谷一馬[注 3][42][注 4][注 5]
(2回、比例南関東・神奈川7区
荒井優
(1回、比例北海道・北海道3区
山岸一生[43]
(1回、東京9区
参議院議員(4名)
石橋通宏[38]
(3回、比例区
川田龍平[45][注 4][注 6]
(3回、比例区)
杉尾秀哉[注 4][46][47]
(2回、長野県
打越さく良[48][注 4]
(1回、新潟県

過去の在籍者編集

衆議院議員

立憲民主党
自由民主党
日本維新の会

参議院議員

立憲民主党
国民民主党
自由民主党

元衆議院議員

民進党
希望の党
立憲民主党
国民民主党
日本維新の会
れいわ新選組
無所属・その他

元参議院議員

立憲民主党
民進党
自由民主党
国民民主党
日本維新の会
れいわ新選組

政治資金収支報告書の記載編集

本年収入額 会費納入者数 寄附金納入者 備考
2005年(平成17年) 389万7612円 50人 菅直人江田五月石毛鍈子泉房穂井上和雄市村浩一郎枝野幸男岡崎トミ子小川敏夫加藤公一金田誠一小林千代美篠原孝首藤信彦園田康博樽井良和辻恵土肥隆一長島昭久西村智奈美白真勲藤田一枝平岡秀夫細川律夫本多平直松野信夫水島広子村越祐民山内功山﨑順子 [34]
2006年(平成18年) 709万5776円 65人 菅直人・江田五月・市村浩一郎・枝野幸男・岡崎トミ子・小川敏夫・加藤公一・金田誠一・篠原孝・土肥隆一・長島昭久・西村智奈美・平岡秀夫・細川律夫・山﨑順子・荒井聰逢坂誠二黒岩宇洋郡和子古賀一成佐々木隆博笹木竜三田嶋要田村謙治内藤正光藤末健三柚木道義横光克彦鷲尾英一郎 [35]
2007年(平成19年) 631万6612円 57人 菅直人・江田五月・市村浩一郎・岡崎トミ子・小川敏夫・加藤公一・金田誠一・篠原孝・土肥隆一・長島昭久・平岡秀夫・細川律夫・山﨑順子・逢坂誠二・郡和子・佐々木隆博・笹木竜三・田嶋要・田村謙治・内藤正光・藤末健三・柚木道義・横光克彦・鷲尾英一郎・家西悟末松義規高井美穂田島一成津村啓介ツルネン・マルテイ福田昭夫前川清成山井和則 [36]
2008年(平成20年) 608万6184円 67人 菅直人・江田五月・市村浩一郎・岡崎トミ子・加藤公一・金田誠一・篠原孝・土肥隆一・長島昭久・西村智奈美・平岡秀夫・細川律夫・松野信夫・山﨑順子・逢坂誠二・郡和子・佐々木隆博・笹木竜三・田嶋要・田村謙治・藤末健三・柚木道義・横光克彦・鷲尾英一郎・家西悟・高井美穂・田島一成・津村啓介・ツルネン・マルテイ・福田昭夫・前川清成・山井和則・今野東大河原雅子大島九州男岡本充功舟山康江藤谷光信松浦大悟吉川沙織 [37]
2009年(平成21年) 373万1705円 15人 江田五月・市村浩一郎・岡崎トミ子・加藤公一・金田誠一・篠原孝・土肥隆一・長島昭久・西村智奈美・平岡秀夫・細川律夫・松野信夫・山﨑順子・逢坂誠二・郡和子・佐々木隆博・田村謙治・藤末健三・柚木道義・横光克彦・鷲尾英一郎・家西悟・高井美穂・田島一成・津村啓介・ツルネン・マルテイ・福田昭夫・前川清成・山井和則・今野東・大島九州男・舟山康江・藤谷光信・松浦大悟・吉川沙織・末松義規・池田元久 [40]
2010年(平成22年) 2780万5908円 61人 [57]
2011年(平成23年) 353万9018円 48人 [58]
2012年(平成24年) 374万1692円 46人 [59]
2013年(平成25年) 396万0416円 33人 [38]
2014年(平成26年) 69万0400円 18人 [60]
2015年(平成27年) 64万0181円 17人 [61]
2016年(平成28年) 52万0055円 10人 [62]
2017年(平成29年) 46万0005円 11人 [63]
2018年(平成30年) 169万4007円 20人 [64]
2019年(令和元年) 200万0004円 18人 [65]
2020年(令和2年) 146万0024円 20人

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 近藤Gにも所属。
  2. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加後は無所属を経て2020年9月に入党。希望の党の所属議員だった頃は客員として菅グループに参加(自身が正会員として復帰する際に赤松グループの正会員として参加していた徳永エリが国民民主党の結党に参加する際に客員会員に転じている[1]。)。
  3. ^ a b 直諫の会にも所属している。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 旧立憲民主党のグループとしての勉強会より参加した議員。
  5. ^ a b 菅直人衆議院議員秘書出身。
  6. ^ a b 江田グループ出身。
  7. ^ 菅グループ離脱後の所属は無派閥。
  8. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に参加するが、2019年6月に除籍。無所属を経て2020年9月に入党。希望の党への合流と同時に菅グループを離脱し重複所属していた前原グループに所属するが国民民主党除籍後は無派閥→旧立憲会派内グループ無所属フォーラム→小勝会
  9. ^ 菅グループ離脱後の所属は近藤グループ鹿野グループ→大畠グループ→旧大畠グループ→無派閥。国民民主党分党後に入党。
  10. ^ 2013年3月に民主党離党。2013年秋田市長選に無所属で出馬し落選。2014年11月に復党。
  11. ^ 菅グループ離脱後の所属は近藤グループ→無派閥→小勝会。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加後は無所属を経て2020年9月に入党。
  12. ^ 菅グループ離脱後の所属は原口グループ→無派閥→泉グループ
  13. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ→無派閥→近藤グループ。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に参加するが、同年8月に除籍。無所属を経て2020年9月に入党。
  14. ^ 菅グループ離脱後の所属は長島グループ。2017年4月に民進党除籍。その後の所属は希望の党→無所属→自由民主党。
  15. ^ 菅グループ離脱後の所属は長島グループ→旧長島グループ。2017年11月に民進党離党。その後の所属は無所属→自由民主党。
  16. ^ 2014年6月に民主党離党。無所属を経て2016年12月に参加。
  17. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。無所属を経て2020年8月に参加。
  18. ^ 2012年7月に民主党離党。その後の所属はみどりの風無所属(所属会派は「民進党新緑風会」)。
  19. ^ グループ離脱後の所属は細野派。民進党を離党せず引き続き国民民主党に参加。2019年11月に離党。2020年5月の自由民主党国民の声への入会を経て2022年4月自由民主党に入党。
  20. ^ 菅グループ離脱後の所属は樽床グループ細野派→旧細野グループ→階グループ。2017年10月に合流。
  21. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ→階グループ[50]。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に参加し、2020年9月に入党。
  22. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に参加し、2020年9月に入党。
  23. ^ 2017年12月に民進党離党。無所属(所属会派は「無所属の会」→「立憲民主党・無所属フォーラム」)を経て2019年9月に入党。グループ離脱後の所属は野田グループ
  24. ^ 2012年11月に民主党除籍。その後の所属は日本維新の会維新の党民進党希望の党→無所属→旧立憲民主党立憲民主党
  25. ^ 枝野幸男衆議院議員秘書出身。
  26. ^ 2020年4月に立憲民主党除籍。2021年10月に入党。
  27. ^ 江田五月衆議院議員秘書出身。
  28. ^ 2012年12月に民主党除籍。その後の所属は日本未来の党→無所属→国民怒りの声→無所属→れいわ新選組。
  29. ^ 2011年3月に民主党離党。
  30. ^ 設立当初の事務局長。2009年4月に民主党離党。2009年名古屋市長選に無所属で出馬し当選。
  31. ^ 2017年7月に民進党離党。2017年仙台市長選無所属で出馬し当選。
  32. ^ 菅グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ→無派閥→一丸の会。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。無所属を経て同年10月に入党するが2022年2月に離党。
  33. ^ 枝野幸男衆議院議員政策担当秘書出身。
  34. ^ 2017年10月に民進党離党。旧立憲民主党及び2020年9月の合流新党である立憲民主党結党に参加するが、2021年7月に離党し、衆議院議員を辞職。
  35. ^ 2013年12月に民主党離党。その後の所属は無所属→政治団体「共和党」。
  36. ^ 2011年2月に民主党離党。2011年明石市長選無所属で出馬し当選。
  37. ^ 菅グループ離脱後の所属は小沢グループ。2012年5月に民主党離党。その後の所属は国民新党減税日本・反TPP・脱原発を実現する党
  38. ^ 生前までグループの座長(設立当初は代表幹事)を務めた。
  39. ^ 2012年7月に民主党離党。その後の所属は国民の生活が第一日本未来の党生活の党→生活の党と山本太郎となかまたち→自由党→旧国民民主党→立憲民主党。
  40. ^ 2017年8月に民進党除籍。2022年6月に自由民主党の公認を受ける。
  41. ^ 2016年5月に民進党離党。その後の所属は国民怒りの声→旧国民民主党→国民民主党。
  42. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2019年5月に参加。
  43. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。2022年4月に入党。
  44. ^ 民進党を離党せず引き続き旧国民民主党に参加。2020年11月、次期衆院選の公認内定を得る。

出典編集

  1. ^ a b 推薦人の壁 立憲代表選は混沌” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月6日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d “民主党:菅直人氏中心の政策グループを近く結成”. 毎日新聞. (1999年10月21日). オリジナルの2000年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20001010162314/http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/199910/21/1021m179-100.html 
  3. ^ a b 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 創刊準備号」より(1999-12-25閲覧)
  4. ^ a b c d e “民主党内で5グループが主導権争い/保守系から左派まで幅広く”. 東奥日報. (2003年12月7日). オリジナルの2004年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040313093230/http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/seikyoku/20031207.html 
  5. ^ “立憲民主党代表選、選挙のしくみと「党内グループ」のまとめ”. Yahooニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/oohamazakitakuma/20211118-00268495 2021年11月17日閲覧。 
  6. ^ a b 世界情勢を読む会 『面白いほどよくわかる政治のしくみ : 国会、政党、官僚、選挙制度…日本政治のすべてがわかる!』日本文芸社〈学校で教えない教科書〉、2010年、197頁。ISBN 9784537257984 
  7. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月のショートコメント 2002 2002/02/18」より(2002-02-18閲覧)
  8. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 第5号」より(2000-07-15閲覧)
  9. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月の国会レポート 第36号」より(2005-06-10閲覧)
  10. ^ “沈む民主、後継も混迷 指導力か世代交代か”. 朝日新聞. (2005年9月13日). オリジナルの2006年8月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060824113524/http://www2.asahi.com/senkyo2005/news/TKY200509120314.html 
  11. ^ 江田五月オフィシャルブログ「江田五月 活動日誌」より(2005-09-15閲覧)
  12. ^ a b 江田五月オフィシャルブログ「2010年 江田五月のショートコメント 2010/08/23 《民主党代表選》」より(2010-08-23閲覧)
  13. ^ “菅グループは自主投票=民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2009年5月14日). オリジナルの2009年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090519064032/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000106-jij-pol 
  14. ^ “伸び悩む前原、小沢一郎「苦肉の海江田擁立」、勝者が読めない液状化した民主党の代表選挙”. 現代ビジネス. (2011年8月27日). オリジナルの2017年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327165647/http://gendai.ismedia.jp/articles/-/17436?page=2 
  15. ^ a b “非海江田で結集…岡田氏「描いたシナリオ通り」”. 読売新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2011-0830-0227-05/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000997-yom-pol 
  16. ^ “【民主党代表選】かすむ他の候補…「前原包囲網」は!? 野田氏の救世主は「菅グループ」”. 産経新聞. (2011年8月24日). オリジナルの2011年8月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110824174004/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110824/stt11082422010015-n2.htm 2011年11月22日閲覧。 
  17. ^ “【民主代表選】決選投票は不可避 野田、前原両氏が2位争い”. 産経新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110829052534/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/stt11082901420000-n1.htm 
  18. ^ “非小沢勢力結集に成功”. 東京新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110905012410/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011082902000170.html?ref=rank 
  19. ^ “菅前首相、議員グループ会長に復帰”. 朝日新聞. (2011年11月2日). オリジナルの2012年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120718183424/http://www.asahi.com/politics/update/1102/TKY201111020615.html 2011年11月22日閲覧。 
  20. ^ “年内解散ないから…野田再選に支持の輪!情けない民主代表選事情”. 夕刊フジ. (2012年9月10日). オリジナルの2012年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2012-0910-1923-56/www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120910/plt1209101541004-n1.htm 
  21. ^ “21日民主代表選 首相に追い風、圧勝へ 街頭演説会では罵声”. 産経新聞. (2012年9月20日). オリジナルの2012年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120923054214/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000092-san-pol 
  22. ^ “野田首相、民主党代表に再選 1回目の投票で大差つける”. 朝日新聞. (2012年9月21日). オリジナルの2012年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120921185918/http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201209210213.html 
  23. ^ “民主の議員グループ「溶解」 抗争の気力・余裕なし、主流派は労組系”. 夕刊フジ. (2013年1月14日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20130501224748/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130114/plt1301141131000-n1.htm 
  24. ^ 江田五月オフィシャルブログ「2014年 江田五月のショートコメント 2014/12/15 《たたかいを終えて》」より(2014-12-15閲覧)
  25. ^ “2016年民進党代表選:野党共闘で温度差 蓮舫氏「継続」、前原氏「リセット」、玉木氏「一線画す」”. 毎日新聞. (2016年9月3日). オリジナルの2016年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20160920042219/http://mainichi.jp/articles/20160903/ddm/005/010/014000c 
  26. ^ “【民進党代表選】党内5グループが前原誠司元外相を支援 国会議員票では枝野幸男前幹事長が劣勢”. 産経新聞. (2017年8月10日). オリジナルの2017年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170809185457/http://www.sankei.com/politics/news/170810/plt1708100006-n1.html 
  27. ^ “民進枝野氏も事務所開設 代表選準備が本格化”. 共同通信. (2017年8月17日). オリジナルの2017年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170818090421/https://this.kiji.is/270730798228635655 
  28. ^ “民進代表選 前原氏、議員票でリード 枝野氏は地方・党員重視”. 東京新聞. (2017年8月18日). オリジナルの2017年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170818013522/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201708/CK2017081802000128.html 
  29. ^ “若手の目を摘んでる? 立憲民主・菅直人が元気な理由”. 週刊文春. (2017年12月14日). http://bunshun.jp/articles/-/5392 
  30. ^ “旧民進 グループで相次ぎ 合宿の季節 結束強化は遠く”. 読売新聞. (2018年8月12日) 
  31. ^ “立憲も「派閥」が活性化 ベテラン参加で地殻変動 配慮迫られる創業者・枝野氏”. 毎日新聞. (2020年9月13日). https://mainichi.jp/articles/20200921/k00/00m/010/138000c 
  32. ^ “立憲代表選、西村智奈美氏が立候補表明へ 元厚生労働副大臣”. 朝日新聞. (2021年11月17日). https://www.asahi.com/articles/ASPCK3PWJPCKUTFK007.html 
  33. ^ @NaotoKan. "【参院選振り返り】" (ツイート). Twitterより2022年7月16日閲覧
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac “平成17年分政治資金収支報告書の要旨(平成18年9月8日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2006年9月8日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000047151.pdf#page=32 
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad “平成18年分政治資金収支報告書の要旨(平成19年9月14日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2007年9月14日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000047145.pdf#page=33 
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah “平成19年分政治資金収支報告書の要旨(平成20年9月12日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2008年9月12日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000047140.pdf#page=38 
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao “平成20年分政治資金収支報告書の要旨(平成21年9月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2009年9月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000061384.pdf#page=34 
  38. ^ a b c d e f g h i “平成25年分政治資金収支報告書の要旨(平成26年11月28日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2014年11月28日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000328871.pdf#page=31 
  39. ^ “枝野幸男『シン・ゴジラ』を語る「3.11当時の官僚の頑張りは映画以上」”. ニコニコニュース. (2016年8月29日). オリジナルの2016年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160829120143/http://originalnews.nico/167 
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al “平成21年分政治資金収支報告書の要旨(平成22年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2010年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000094901.pdf#page=33 
  41. ^ 杉尾ひでや 2020年7月21日
  42. ^ a b c 大河原雅子 2018年10月9日
  43. ^ a b 杉尾 ひでや 2022年8月24日
  44. ^ 杉尾 ひでや 2020年9月1日
  45. ^ 杉尾ひでや 2019年2月28日
  46. ^ 「国のかたち研究会」の勉強会 2018年5月31日杉尾秀也公式HP
  47. ^ 杉尾ひでや - Facebook
  48. ^ [2]
  49. ^ a b 江田五月オフィシャルブログ「国のかたち研究会」より(2000-01-21閲覧)
  50. ^ 江田五月オフィシャルブログ「3月23日(日) スポ少、建労岡山大会、毎日展、長井さん結婚式、披露宴、毎日展祝賀会、津村さんつどい」より(2014-05-15閲覧)
  51. ^ 杉尾ひでや 2018年7月13日
  52. ^ a b 高井たかし 2018年10月12日
  53. ^ 堀越啓仁 2018年2月9日
  54. ^ 荒井さとし(北海道第3区選出・衆議院議員) 2017年10月31日
  55. ^ “民主・平山泰朗議員が離党届 「石原新党」へ合流か”. 産経新聞. (2012年4月11日). オリジナルの2012年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120412223040/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120411/stt12041118050019-n1.htm 
  56. ^ 杉尾ひでや 2018年10月29日
  57. ^ “平成22年分政治資金収支報告書の要旨(平成23年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2011年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000139372.pdf#page=33 
  58. ^ “平成23年分政治資金収支報告書の要旨(平成24年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2012年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000192019.pdf#page=30 
  59. ^ “平成24年分政治資金収支報告書の要旨(平成25年11月29日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2013年11月29日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000266791.pdf#page=32 
  60. ^ “平成26年分政治資金収支報告書の要旨(平成27年11月27日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2015年11月27日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000392767.pdf#page=22 
  61. ^ “平成27年分政治資金収支報告書の要旨(平成28年11月25日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2016年11月25日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000455750.pdf#page=22 
  62. ^ “平成28年分政治資金収支報告書の要旨(平成29年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2017年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000523851.pdf#page=23 
  63. ^ “平成29年分政治資金収支報告書の要旨(平成30年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2018年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000591251.pdf#page=23 
  64. ^ “平成30年分政治資金収支報告書の要旨(令和元年11月29日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2019年11月29日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000664156.pdf#page=23 
  65. ^ “令和元年分政治資金収支報告書の要旨(令和2年11月27日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2020年11月27日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000727455.pdf#page=24 

関連項目編集