メインメニューを開く

宮城県沖地震 (2003年)

2003年5月26日、宮城県沖を震源として発生した地震

宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、2003年5月26日18時24分に宮城県沖を震源として発生したマグニチュード7.1(Mw7.0)、最大震度6弱の地震

宮城県沖地震
宮城県沖地震 (2003年)の位置(日本内)
宮城県沖地震 (2003年)
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2003年5月26日
発生時刻 18時24分33.4秒 (JST)
震央 日本の旗 日本 宮城県
北緯38度48.3分
東経141度40.9分 (地図)
震源の深さ 72km
規模    マグニチュード(M)7.1
最大震度    震度6弱:岩手県江刺市(現:奥州市)、大船渡市など
津波 なし
地震の種類 スラブ内地震逆断層型)
余震
最大余震 同年5月27日 M4.9 最大震度4
被害
死傷者数 負傷者174人[1]
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

目次

概説編集

本震は宮城県気仙沼沖の深さ72kmを震源として発生した。

岩手県大船渡市江刺市(現:奥州市)、衣川村(同)、平泉町室根村(現:一関市)、宮城県石巻市涌谷町栗駒町(現:栗原市)、高清水町(同)、金成町(同)、桃生町(現:石巻市)で震度6弱を観測した。マグニチュード3から5、最大震度4に達する余震が続いた。

地震の名称は「宮城県沖地震[2]」のほか、「三陸南地震」、「東北地震」、「東北地方地震」もしくは「宮城県北部沖地震」などと呼ばれている。なお、2008年6月14日午前8時43分(JST)頃に発生した岩手・宮城内陸地震とは異なる。

太平洋プレートの内部で、南北約30から40kmが上下20kmにわたってひび割れ、縦方向に約2mずれたとみられる(独立行政法人防災科学技術研究所)。震源の深さや発震機構が異なるため、地震調査研究推進本部は地震調査委員会で想定している宮城県沖地震とは異なるとしている[3]

この地震は被害が少なかった。ただ、北海道・東北地方・関東地方など、広い範囲で揺れを感じた。

被害編集

  • 死亡者なし。負傷者は174人[1]。住宅の全壊2棟、半壊21棟、一部破損2,404棟[4]仙台市内で火災あり。
  • 水沢江刺盛岡間の23箇所で東北新幹線の橋梁の橋脚の外壁が剥げ、鉄骨がむき出しになった[5]
  • 震源地のほぼ真上の気仙沼でがけ崩れ。築館町(現:栗原市)では、沢筋を盛り土造成した農地で平均勾配10゜という緩斜面で有りながら地すべりが発生[6][7]
  • 震度4を観測した山形市飯田西では電線破断により停電が発生。震度5強を観測した中山町では国道112号の橋梁の舗装部分が一部隆起したほか、震度5弱を観測した村山市楯岡の市道でも隆起が確認された。

地震発生の経緯編集

  • 5月26日
    • 午後6時24分 - 地震発生
    • 東北新幹線在来線の一部が運転を見合わせる。東北新幹線水沢江刺-盛岡間の高架橋橋脚が23本損傷、仙山線仙山トンネルでは壁の剥離が数カ所はがれているのが確認され見合わせが長引いた。
    • 仙台近郊では、一般電話は不通であったが携帯電話は使用可能で、インターネットへのモバイルでの接続が可能だった(地震直後)。
  • 5月27日
    • 午後6時 - 東北新幹線が全面復旧。宮城県内の在来線でも午前中までダイヤの乱れが続いた。

各市町村の震度(震度5弱以上)編集

対応編集

報道編集

地震の発生時刻、宮城・岩手・山形・秋田の各テレビ放送局は夕方の県内ニュースの生放送中で、大きくスタジオのセットが音を立てて揺さぶられる様子や、キャスターが机の下に逃げ込む姿が見られ、強烈な地震であったことを印象付けた。NHK盛岡放送局では「おばんですいわて」を放送中で、阪本篤志アナウンサーが激しい揺れの中で注意を呼び掛けた。またNHK秋田放送局など、秋田県内各局でこの時間にあったニュースでは、日本海中部地震から20周年を特集したニュースの放送中に地震が起きた。いずれも、まもなく東京都渋谷区のNHK放送センター(首都圏ネットワーク放送中)からの八波全中に切り替わった。

放送機器にも影響があった。IBC岩手放送のテレビ放送は、送信所のプログラム回線(STL)ケーブルが切れた影響で、地震発生直後の18時24分頃から21時20分頃までテレビ放送が出来ない状態となった。なお、ラジオの回線は無事であったため、同日22時ほどまで緊急地震放送を行った。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集