メインメニューを開く

宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、日本の宮城県東方沖を震源とする地震。特に日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源として周期的に発生するマグニチュード M 7.5前後の地震を指す。

概要編集

東北地方などがのる北アメリカプレートの下に、同地方の東方沖で海洋プレートの太平洋プレートが沈み込んでいる(東北地方がのるプレートはアリューシャンプレートまたはオホーツクプレートとする説もあるが、いずれも北アメリカプレートと同系列、あるいは広義には同じとみなせる)。

この両プレート間で両側のプレートから圧縮を受けて歪みが生じ、プレート間に存在する活断層が活動することによって発生する地震の内、牡鹿半島沖を震源とするマグニチュード M 7.1-7.4 前後の地震が繰り返し発生している。平均発生間隔は約38年である。また、陸よりと海溝よりの2つのアスペリティがあると考えられていて、宮城県沖地震には1930年代の地震のように時間をおいて複数のアスペリティが別々にすべる場合と、1978年の地震のように同時にすべる場合があると考えられている。過去の地震の規模から別々にすべった場合は M 7.1-7.4、同時にすべった場合はM 7.4前後になるとみられる[1]。なお、宮城県沖地震の想定震源域のプレート面では毎日何度も地震が発生しているが、ほとんどが無感地震(震度0)である[2]

宮城県沖地震は、これまで25-40年という比較的短い間隔で周期的に発生している。また三陸沖南部海溝寄りの地震と連動した場合、M8.0前後の地震になるといわれる。このタイプの地震は、過去の記録などから1793年に起きたとみられている。

一方、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震三陸沖を震源とするものの、北は岩手県沖から南は茨城県沖まで広範囲の震源域における連動型地震となっており、地震予知連絡会や国の地震調査研究推進本部も「想定される宮城県沖地震も同時に発生した」との見解を示している[3][1]。地震調査研究推進本部は、このような複数の震源域が連動する地震は、平均約600年間隔で発生していると推定した。過去の地震の規模からモーメントマグニチュード(Mw)8.4-9.0前後の地震になるとみられる[1]

なお、地震保険において、宮城県は2等地(4等級のうち、危険度が低い方から2番目の等級)となっており、三大都市圏よりも危険度は低いと見積もられているが[4]、地震保険の世帯加入率は愛知県、東京都に次いで全国で3番目に高い[5]

主な地震編集

下の表は宮城県沖地震であるとされた地震、および宮城県沖地震の想定震源域と他の震源域が連動して発生したと考えられる地震の発生履歴である[6]。地震の詳細は下記参照。

発生年月日 間隔(平均36.4年) 規模 備考
869年7月13日 M8.4以上 他の震源域と連動(貞観地震
1793年2月17日 M8.2前後 他の震源域と連動(寛政地震
1835年7月20日 前の地震から42.4年 M7.0前後
1861年10月21日 前の地震から26.3年 M7.3
1897年2月20日 前の地震から35.3年 M7.4
1933年6月19日 前の地震から36.3年 M7.1 複数のアスペリティが別々にすべるタイプ。浅い地震
1936年11月3日 前の地震から6.4年 M7.4 複数のアスペリティが別々にすべるタイプ
1937年7月27日 前の地震から0.7年 M7.1 複数のアスペリティが別々にすべるタイプ。深い地震
1978年6月12日 前の地震から41.6年 M7.4
2005年8月16日 前の地震から24.2年 M7.2 複数のアスペリティが別々にすべるタイプ
2011年3月11日 前の地震から5.6年 M9.0 他の震源域と連動(東北地方太平洋沖地震[3]

1793年2月17日編集

 
寛政地震(1793年)の震度分布

1793年2月17日寛政5年1月7日)14時頃、北緯38.5度、東経144.5度付近を震源とするM8.0-8.4程度の地震が発生した。他の震源域と連動して宮城県沖地震も発生したとみられる。

死者100人程度。損壊家屋1,000戸以上。津波あり。

1835年7月20日編集

1835年7月20日天保6年6月25日)14時頃、北緯38.5度、東経142.5度付近を震源とするM7.0前後の地震が発生した。

死者多数。仙台城が損壊した。津波あり。

1861年10月21日編集

1861年10月21日文久元年9月18日)4時頃、北緯38.5度、東経142.0度付近を震源とするM7.3の地震が発生した。

死傷者あり。津波あり。江戸も揺れを感じた。

1897年2月20日編集

1897年明治30年)2月20日5時50分頃、北緯38.1度、東経141.9度付近を震源とするM7.4の地震が発生した。「仙台沖地震」ともいう[7]

家屋損壊あり。同日8時47分頃に強い余震。

8か月前に発生した明治三陸地震誘発地震と考えられている。また、この地震から約5ヶ月半後の同年8月5日に三陸沖でM7.7の地震が発生した。

1933年6月19日編集

宮城県沖地震(1933年)
 
 
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1933年昭和8年)6月19日
発生時刻 6時37分34秒
震央   日本 宮城県
北緯38度6.5分
東経142度19.4分(地図
震源の深さ 12 km
規模    マグニチュード(M)7.1
最大震度    震度4:岩手県水沢市など
津波 小規模な津波
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1933年昭和8年)6月19日6時37分頃、北緯38.1度、東経142.5度付近を震源とするM7.1の地震が発生した。

現在の岩手県宮古市、宮城県仙台市宮城野区などで最大震度4を観測した。小規模な津波あり。

各地の震度編集

震度4以上の揺れを観測した地点は以下の通り。

震度 都道府県 市区町村
4 岩手県 水沢市 宮古市 盛岡市
宮城県 仙台市宮城野区 石巻市


1936年11月3日編集

宮城県沖地震(1936年)
 
 
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1936年昭和11年)11月3日
発生時刻 5時45分57秒
震央   日本 宮城県
北緯38度15.7分
東経142度3.7分(地図
震源の深さ 61 km
規模    マグニチュード(M)7.4
最大震度    震度5:宮城県石巻市仙台市福島県いわき市
津波 小規模な津波
被害
死傷者数 負傷者 4人
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1936年昭和11年)11月3日5時45分57秒、北緯38度15.7分・東経142度3.7分の宮城県沖を震源とするM7.4(Mw7.2)の地震が発生した。「金華山沖地震」ともいう[8]

現在の宮城県石巻市仙台市、福島県いわき市で最大震度5を観測した。死者はなく、負傷者4人。家屋被害も全壊3戸、半壊2戸にとどまり、同じ規模の1978年宮城県沖地震に比べて被害は極めて小規模だった。

各地の震度編集

震度4以上の揺れを観測した地点は以下の通り。

震度 都道府県 市区町村
5 宮城県 石巻市 仙台市
福島県 いわき市
4 岩手県 水沢市 盛岡市
福島県 猪苗代町 福島市
茨城県 つくば市 石岡市
栃木県 宇都宮市
群馬県 前橋市
埼玉県 熊谷市
山梨県 甲府市
静岡県 富士宮市 伊東市


1937年7月27日編集

宮城県沖地震(1937年)
 
 
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1937年昭和12年)7月27日
発生時刻 4時56分32秒
震央   日本 宮城県
北緯38度7.3分 東経142度0.0分(地図
震源の深さ 56 km
規模    マグニチュード(M)7.1
最大震度    震度5:宮城県石巻市
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1937年昭和12年)7月27日4時56分32秒、北緯38度7.3分・東経142度0.0分の宮城県沖を震源とするM7.1(Mw7.2)の地震が発生した。

各地の震度編集

震度4以上の揺れを観測した地点は以下の通り。

震度 都道府県 市区町村
5 宮城県 石巻市
4 岩手県 水沢市
宮城県 仙台市
福島県 福島市
茨城県 つくば市 水戸市


1978年6月12日編集

1978年昭和53年)6月12日17時14分25秒、北緯38度9.0分、東経142度10.0分の宮城県沖を震源とするM7.4の地震が発生した。 (陸側のアスペリティを破壊)[9]

2005年8月16日編集

宮城県沖地震(2005年)
 
 
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2005年平成17年)8月16日
発生時刻 11時46分25秒
震央   日本 宮城県
北緯38度8.9分
東経142度16.6分(地図
震源の深さ 42 km
規模    マグニチュード(M)7.2
最大震度    震度6弱:宮城県川崎町
津波 40cm: 志津川町(現南三陸町
被害
死傷者数 負傷者 100人
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示
 
震度分布図

2005年平成17年)8月16日11時46分25秒、北緯38度8.9分、東経142度16.6分の宮城県沖を震源とするM7.2(Mw7.1)の地震が発生した。宮城県はこの地震を8・16宮城地震と呼称している[10]

宮城県川崎町で最大震度6弱を観測した。地震による揺れは、北は北海道から西は徳島県までの広い範囲で有感(震度1以上)となった。志津川町(現南三陸町)で40cmの津波を観測した。

この地震により100名が重軽傷を負ったものの、死者は出ていない。仙台市のスポーツ施設「スポパーク松森」の屋内プールで天井が9割方崩落、20人以上が負傷。また、震度4を観測した埼玉県加須市で民家1棟が全壊した。他に福島・宮城など4県で住宅の一部破損984棟の被害が出た[11]仙台市営地下鉄東北新幹線秋田新幹線山形新幹線が全線で運行停止した(このうち東北新幹線・秋田新幹線・山形新幹線は終電までダイヤが乱れお盆のUターンラッシュに影響を及ぼした)。

この地震について、当時政府の地震調査委員会は、想定されていた宮城県沖地震ではないという見解を示したが、2011年の評価では宮城県沖地震の一つであるとした[1]。これは、後の調査で宮城県沖地震の3つ程のアスペリティのうち南側の1つが滑ったもので、宮城県沖地震の部分的再来であったとする研究を反映したものである[12]。但し、想定されていたアスペリティの一部のみを破壊しただけで、滑り残しが有るとされていた[13]

この地震では緊急地震速報が作動し、仙台市では揺れの来る14秒前、震度3を観測した東京都千代田区大手町では70秒前に情報が流れたとされる。

NHKは地震発生後直ちに全放送波通常放送を強制中断させたうえで(八波全中)、地震関連のニュースに切り替えた。また、テレビ東京系を除く民放各局は番組の途中に地震関連のニュースを臨時で放送した。

余震活動は年内いっぱい続き、12月にはM6クラスの余震が発生している。この余震ではシステム障害で震度の入電が遅れるトラブルがあった。[14]

各地の震度編集

震度5弱以上の揺れを観測した地点は以下の通り[15]

震度5弱以上が観測された気象庁の発表地点
震度 都道府県 観測点名
6弱 宮城県 宮城川崎町前川
5強 岩手県 藤沢町藤沢
宮城県 蔵王町円田・名取市増田・仙台泉区将監・仙台宮城野区苦竹・東松島市矢本・登米市迫町・栗原市築館・宮城田尻町沼部・小牛田町北浦・涌谷町新町・石巻市桃生町・石巻市門脇
福島県 福島鹿島町西町・新地町谷地小屋・相馬市中村・川俣町五百田・福島国見町藤田
5弱 岩手県 室根村役場・千厩町千厩・平泉町平泉・花泉町涌津・衣川村古戸・岩手胆沢町南都田・前沢町七日町・金ケ崎町西根・岩手東和町土沢・矢巾町南矢幅・江刺市大通り・一関市山目・一関市舞川・北上市柳原町・花巻市材木町・二戸市福岡・陸前高田市高田町
宮城県 石巻市泉町・石巻市北上町・石巻市鮎川浜・石巻市相野谷・石巻市前谷地栗原市金成・石巻市雄勝町・登米市南方町・登米市中田町・登米市米山町・登米市登米町・登米市東和町・東松島市小野・栗原市若柳・栗原市高清水・栗原市志波姫・栗原市栗駒・栗原市瀬峰・栗原市一迫・山元町浅生原・亘理町下小路・柴田町船岡・村田町村田・大河原町新南・岩沼市桜・角田市角田・白石市亘理町・塩竈市旭町・仙台宮城野区五輪・仙台若林区遠見塚・歌津町吉野沢・志津川町塩入・女川町女川浜・鹿島台町平渡・宮城松山町千石・宮城加美町中新田・宮城南郷町木間塚・大衡村大衡・大郷町粕川・気仙沼市赤岩・古川市三日町
福島県 飯舘村伊丹沢・小高町本町・原町市三島町・田村市大越町・田村市都路町・中島村滑津・福島東和町針道・霊山町掛田・保原町舟橋・梁川町青葉町・桑折町東大隅・福島市五老内町
茨城県 日立市助川町


2011年3月11日編集

2011年平成23年)3月11日14時46分18秒、北緯38度6.2分、東経142度51.6分の三陸沖を震源とするMw9.0の東北地方太平洋沖地震が発生した。震源域は宮城県沖も含み、岩手県沖から茨城県沖まで広範囲に及んでいる。地震予知連絡会は同年4月26日、「3月11日の本震発生時に想定されている宮城県沖地震も起きていた」との見解を示した[3]

また、地震発生後、宮城県沖に区分される範囲でもこの地震による多数の余震が発生している。

その他の宮城県沖を震源とする地震編集

以下の地震は、宮城県沖を震源とするものの、地震の規模や種類により宮城県沖地震に分類されない地震である。

1855年9月13日編集

1855年9月13日安政2年8月3日)、北緯38.1度、東経142.0度付近を震源とするM7.3前後の地震が発生した。

負傷者あり。

1898年4月23日編集

1898年明治31年)4月23日8時37分頃、北緯38.6度、東経142.0度付近を震源とするM7.2の地震が発生した。

小規模な津波あり。

1915年11月1日編集

1915年大正4年)11月1日16時24分頃、北緯38.3度、東経142.9度付近を震源とするM7.5の地震が発生した。

津波あり。

2003年5月26日編集

2003年(平成15年)5月26日18時24分33秒、北緯38度49.2分、東経141度39.0分の宮城県沖を震源とするM7.1の地震が発生した。

2011年4月7日(東北地方太平洋沖地震の余震)編集

宮城県沖地震(2011年)
 
 
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2011年平成23年)4月7日
発生時刻 23時32分43秒
震央   日本 宮城県
北緯38度12.2分
東経141度55.2分(地図
震源の深さ 66 km
規模    マグニチュード(M)7.2
最大震度    震度6強:宮城県仙台市宮城野区栗原市
地震の種類 スラブ内地震逆断層型)
被害
死傷者数 死者 4人、負傷者 296人注1
注1: 消防庁発表による。
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2011年平成23年)4月7日23時32分43秒、北緯38度12.2分、東経141度55.2分の宮城県沖を震源とするM7.2(Mw7.1)の地震が発生し、北海道道北から島根県・広島県にかけて揺れを観測した[16][17]。東北地方太平洋沖地震の余震とみられる。

宮城県仙台市宮城野区栗原市で最大震度6強を観測した。地震発生直後、気象庁は地震の規模をM7.4と速報していたが、のちにM7.1に下方修正し[18]、震源の深さも約40kmから66kmに修正した(深発地震)。2011年12月以降の気象庁報道発表、及び気象庁一元処理震源リストではM7.2とされている。同日23時47分にはこの地震の余震とみられる震度3の地震も発生した。

この地震は想定される宮城県沖地震と規模、範囲ともに酷似しているが、気象庁は「宮城県沖地震では深さ約40km地点を震源とするプレート境界型が想定されるのに対し、今回は震源が比較的深い太平洋プレートの内部で起きたスラブ内地震の可能性が高く、宮城県沖地震とは別物」とみている。また、東北大学地震噴火予知研究観測センターの海野徳仁教授も金華山に設置されたGPSのデータから「地殻が隆起して西側にずれており、プレート境界型の地震とは逆の動きだった。宮城県沖地震の場合、東側の海底が隆起し海面が上昇することで20-40cmの津波の発生が想定されるが、今回の地震では潮位の変化も見られなかった。2003年に三陸沖で発生した地震と同タイプの地震と考えられる」との見解を述べている[19]

地震発生直後、気象庁は宮城県に津波警報を発表し、青森県太平洋沿岸、岩手県、福島県、茨城県に津波注意報を出したが、津波は観測されず[20]、翌日0時55分に解除した。

この地震により、火災が宮城県と秋田県で3件、ガス漏れなどが仙台市を中心に約100件発生した[21]。3月11日の大震災後、回復に向かっていた宮城県内のライフラインや鉄道網が再びストップする事態に陥った[22]。激甚災害指定に関しては、一般的に余震災害は本震による災害に含まれると解釈されるため、この地震単独での指定は行われていない。

各地の震度編集

震度5弱以上の揺れを観測した地点は以下の通り[23]

震度5弱以上が観測された気象庁の発表地点
震度 都道府県 観測点名
6強 宮城県 仙台宮城野区苦竹・栗原市若柳・栗原市築館
6弱 岩手県 奥州市前沢区・奥州市衣川区・奥州市江刺区・平泉町平泉・一関市山目・一関市花泉町・一関市千厩町・一関市東山町・一関市室根町・矢巾町南矢幅・釜石市中妻町・大船渡市船渡町
宮城県 栗原市栗駒・女川町鷲神浜・大衡村大衡・利府町利府・松島町高城・東松島市矢本・塩竈市旭町・石巻市泉町・石巻市門脇・仙台宮城野区五輪・仙台若林区遠見塚・仙台青葉区大倉・宮城川崎町前川・蔵王町円田・岩沼市桜・名取市増田・大崎市古川北町・大崎市古川三日町・大崎市鹿島台・宮城美里町北浦・登米市南方町・登米市米山町・登米市迫町・登米市中田町・登米市東和町・涌谷町新町
5強 青森県 八戸市南郷区
岩手県 大船渡市猪川町・一関市大東町・一関市川崎町・釜石市只越町・釜石市只越町・金ケ崎町西根・遠野市松崎町・北上市相去町・北上市柳原町・花巻市東和町・花巻市材木町・八幡平市田頭・滝沢村鵜飼・盛岡市玉山区薮川・住田町世田米・奥州市水沢区佐倉河・奥州市水沢区大鐘町
宮城県 富谷町富谷・大和町吉岡・七ヶ浜町東宮浜・山元町浅生原・亘理町下小路・柴田町船岡・大河原町新南・南三陸町志津川・色麻町四竈・加美町気仙沼市赤岩・気仙沼市笹が陣・気仙沼市本吉町・登米市石越町・登米市豊里町・東松島市小野・仙台青葉区作並・仙台青葉区雨宮・仙台青葉区落合・仙台泉区将監・宮城加美町中新田
秋田県 大仙市大曲花園町・大仙市刈和野・大仙市高梨・横手市大雄・秋田市雄和妙法
福島県 南相馬市鹿島区・飯舘村伊丹沢・新地町谷地小屋・相馬市中村・福島伊達市保原町・田村市大越町・国見町藤田・桑折町東大隅
5弱 青森県 おいらせ町中下田・階上町道仏・青森南部町苫米地・五戸町古舘
岩手県 大船渡市盛町・盛岡市山王町・盛岡市玉山区渋民・盛岡市馬場町・花巻市石鳥谷町・花巻市大迫町・紫波町日詰・普代村銅屋・久慈市川崎町・宮古市門馬田代
宮城県 仙台太白区山田・石巻市大瓜・大崎市鳴子・大崎市三本木・丸森町鳥屋・村田町村田・角田市角田・白石市亘理町
秋田県 秋田市河辺和田・仙北市西木町上桧木内・湯沢市川連町・五城目町西磯ノ目
山形県 大石田町緑町・尾花沢市若葉町・河北町谷地・中山町長崎・東根市中央・村山市中央・大蔵村清水・舟形町舟形・最上町向町・新庄市東谷地田町
福島県 福島市松木町・福島市桜木町・郡山市朝日・郡山市開成・本宮市本宮・二本松市油井・南相馬市原町区高見町・南相馬市小高区・南相馬市原町区三島町・福島伊達市前川原・福島伊達市霊山町・田村市都路町・田村市常葉町・田村市滝根町・天栄村下松本・川俣町五百田・玉川村小高・楢葉町北田・双葉町新山


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価(第二版)、地震調査研究推進本部
  2. ^ NHK仙台放送局てれまさむね」で、毎週金曜日にCGを用いて1週間分の地震を解説している。
  3. ^ a b c 地震予知連、宮城沖地震「起きていた」長期予測に影響も(2011年4月26日付日本経済新聞)(2011年5月5日閲覧)
  4. ^ 地震保険等地図 (PDF) 損害保険料率算出機構統計集(平成18年度)第2部 地震保険 p.17
  5. ^ 第6表 地震保険 都道府県別付帯率の推移 (PDF) 損害保険料率算出機構統計集(平成18年度)第2部 地震保険 p.16
  6. ^ 宮城県沖地震の長期評価 - 地震調査研究推進本部
  7. ^ 長野地方気象台で見つかった明治時代の地震波形記録 日本地震学会
  8. ^ 中央防災会議専門調査会における想定地震 (PDF) 内閣府 東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会(第1回) 資料3-3
  9. ^ 2005年8月16日の宮城県沖の地震(M7.2)及びそれと想定宮城県沖地震との関係 地震予知連会報 第75巻
  10. ^ 「8・16宮城地震」の被害及び県の対応について”. Miyagi Prefectural Government. 2011年6月14日閲覧。
  11. ^ 宮城県沖を震源とする地震(確定報)消防庁、2006年2月3日。
  12. ^ 「地震本部ニュース」平成22年2月号 (PDF)
  13. ^ 飯尾能久, 松澤暢、東北地方太平洋沖地震の発生過程:なぜM 9が発生したのか? 『地質学雑誌} 2012年 118巻 5号 p.248-277, doi:10.5575/geosoc.2012.0023
  14. ^ 気象庁発表資料
  15. ^ 各地の震度(気象庁)
  16. ^ 気象庁 地震情報(その他の情報)
  17. ^ 気象庁「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第61報)
  18. ^ 7日深夜の余震、M7・1に修正 科学 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  19. ^ “宮城県沖”に相当せず?7日深夜の余震発生メカニズム(河北新報 2011年4月9日)
  20. ^ 気象庁 | 津波警報・注意報評価”. www.data.jma.go.jp. 2019年6月28日閲覧。
  21. ^ 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)(第106報) 消防庁
  22. ^ 震度6強の余震 JR運休、仙台駅水浸し(河北新報 2011年4月8日)
  23. ^ 各地の震度(気象庁)

関連項目編集

外部リンク編集