ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(ドラえもん のびたのひみつどうぐミュージアム)は、2013年3月9日に公開された日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第33作(アニメ第2作2期シリーズ第8作)。

ドラえもん
のび太のひみつ道具博物館
Doraemon:
Nobita's Secret Gadget Museum
監督 寺本幸代
脚本 清水東
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
千秋
ゲスト
三瓶由布子
松平健
向井理
音楽 沢田完
主題歌 Perfume未来のミュージアム
制作会社 シンエイ動画
製作会社 映画ドラえもん制作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年3月9日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 39.8億円
前作 ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜
次作 ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜
テンプレートを表示

テレビ朝日開局55周年記念作品。第31回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞[1]

概要編集

第2期の映画としては初の2年連続リメイクではないオリジナルストーリー[注 1]藤子プロと今作の漫画版を執筆したむぎわらしんたろうが共同で作った企画が元になっている[2]

スタッフ編集

作画面ではキャラクターデザインが前作の大城勝から、テレビシリーズのキャラ設定・総作画監督を務める丸山宏一に交代。第2期映画シリーズでは『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』以来置かれていた総作監は不在で、丸山を含めた6人の作画監督と『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』でメカ・エフェクト作画監督を務めた鈴木勤がメカ作監を担当する体制となった。また、撮影監督が『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』より務めてきた岸克芳に代わり、第1期映画シリーズでエリ合成[3]など、撮影スタッフとして作品に携わっていた末弘孝史が抜擢(ばってき)されている。

作風編集

監督の寺本幸代2011年にオープンした川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムを訪れた際の仕掛けなどに影響を受け制作に取り掛かったという[4]。今作はたくさんのひみつ道具が登場しており、寺本は「『ドラえもん ひみつ道具大事典』のページを日本で一番めくったのは私ではないかと思っている」と語っている[4]

寺本にとっての前作『新・のび太と鉄人兵団』がシリアスなドラマだったこともあり、「今回はうってかわって楽しい映画を作りたい」「お客さんが笑って映画館を出られるような、そんな映画にしたい」[5]とも語っており、漫画版で見られるシリアスな雰囲気よりも、映画版では寺本好みのコメディ要素が多く打ち出された作品となっている。主題歌も映画のイメージに合わせたコミカルな曲調となっている。またシャーロック・ホームズネタをいくつか仕込んでおり「にやっとしてもらえたらうれしい」と述べている[5]

今までの『映画ドラえもん』シリーズでは、主人公であるドラえもんよりものび太が活躍することが多かったが、今作の隠れた主役はドラえもんであり[4]、原作第1話「未来の国からはるばると」[注 2]のワンシーンが登場するなど、ドラえもんとのび太の友情が改めて描かれている。

おまけ映像編集

第2期の映画では恒例となっている、エンドロール後のおまけ映像の内容は、ドラえもんがどこでもドアで登場し『ドラえもん のび太の大魔境』を思わせる探検帽を被り、藤子・F・不二雄生誕80周年と出る際にめくられるページ(原作『のび太の大魔境』のワンシーン)に飛び込むというもので、2014年春の公開も告知された。その後、テレビシリーズの2013年7月12日放送のエンディングにて『ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』のタイトルでリメイクされ、2014年春に公開されることが発表された。脚本は引き続き清水東が担当し、監督はテレビシリーズ演出および本作でおまけ映像を担当した八鍬新之介が初監督を務める。

興行成績編集

全国353スクリーンで公開され、2013年3月9・10日の初日2日間で興収6億6,729万1,850円、動員59万7,899人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[6]。また、ぴあ初日満足度ランキングでも首位となっている[7]。続く公開第2週も累計興収が12億3,170万3,850円累計動員は110万2,266人となり二週連続映画観客動員ランキング第1位となっている[8]。公開16日間で興収20億円、動員180万人を記録。公開5週目で累計動員は330万8,785人、累計興収は35億8,922万1,400円を記録した。累計動員数348万121人、累計興収37億8,457万3,000円を記録し、声優陣を一新してからの新シリーズ最高記録だった昨年公開の『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』を超える最高興収を記録した。2014年1月に発表された観客動員数は365万人、最終興収は39.8億円[9]興行収入39.8億円は2015年時点で、『映画ドラえもん』シリーズの最高額である。

第1作映画『ドラえもん のび太の恐竜』が公開された1980年3月15日から今作『ひみつ道具博物館(ミュージアム)』までの2013年3月22日の34作[注 3]で、33年(1万2,060日)をかけ邦画史上初となるシリーズ累計動員1億人を突破した[10]。これまでの邦画シリーズの最高記録はゴジラシリーズ28作の9,900万人であった[注 4]YouTubeの公式チャンネルでは1億人突破を記念したスペシャル動画が公開されている[12]

テレビ放送編集

次作『新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』の公開を記念して、2014年3月7日放送分の『ドラえもん・クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り・第2部』(19:35 - 21:48)にて地上波初放送。なお、この放送の際、掃除機でしずかの服が破れてしまうシーンでは、白い光による修正がかけられ、裸の姿がほぼ映らないようになされた[13][注 5]。今作以降、『名探偵コナン』の映画シリーズと同様に 新作の公開前日に放送されるのが恒例となっている。

2018年3月3日の『ドラえもん のび太の宝島』の公開を記念して、同年2月25日に『最新映画公開記念!映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(10:00 - 11:50、『日曜ワイド』枠外で放送)と題して2回目の地上波放送を行った。これは2013年3月15日に放送された『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』以来(ただし放送日時はゴールデンタイム)で、内容も『新魔界大冒険』同様に番組編成上の都合から多数のシーンをカットした編集版が放送された。そのため、問題となっていた掃除機でしずかの服が破れてしまうシーンはカット。

回数 放送枠 放送日 放送時間 放送分数 視聴率
1 2014年3月7日 19:35 - 21:48 133分 13.1%
日曜ワイド 2018年2月25日 10:00 - 11:50 110分 4.7%
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

あらすじ編集

昼寝中に怪盗DXと名乗るハンターに首に付けた鈴を盗まれたドラえもん。のび太がシャーロック・ホームズセットでその行方を調査したところ、あらゆるひみつ道具が展示されている未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」にあるということが分かる。鈴を探すために博物館を訪れたドラえもんたち5人は、案内役のクルトと共に館内を見て回ることにした。その翌日、博物館に「大事なひみつ道具をいただきに参る」という怪盗DXからの予告状が届く。ドラえもんたちは、現れた怪盗DXに応戦するも、結局6つのひみつ道具を盗まれてしまう。果たして怪盗DXの正体とその目的とは?

登場人物編集

レギュラーキャラクター編集

ドラえもん
声 - 水田わさび
怪盗DXに鈴を盗まれた挙げ句にスッポンロボによってポケットが使えなくなるなど、ろくな目に遭っていない。「(ひみつ道具が使えない自分は)おっちょこちょいののび太くんと同じだ」「君はバカだね」と毒を吐いている。この一件で鈴がなくなることで野良猫化することも判明した。鈴の代わりに付けているものは度々変わっている。
ドラえもんが鈴に拘る理由は、のび太と暮らし始めて間もない頃、のび太とケンカした際に鈴がドブに落ちてしまい、それをのび太が懸命になって見つけ出してくれたことで、勉強も運動も駄目だけどのび太の優しさを知ることが出来た思い出深いものであるため。
野比のび太
声 - 大原めぐみ
シャーロックホームズセットを使ってシャーロックのび太になるが、DXをDX(デラックス)と読むことを知らなかったり、隠し扉の場面などでしずかにだし抜かれるが、それでも最後にある証拠品を押さえたことで怪盗DXの正体を暴いた上に、人工太陽を止める方法を思いついて成功させた。
源静香(しずか)
声 - かかずゆみ
6つの道具の共通点があると示唆したり、隠し扉に気づくなど、劇中では重要な役割をし、スネ夫に「のび太(シャーロックホームズセットを使った状態)よりしずかちゃんの方がホームズっぽい」と言われたが、最後まで怪盗DXの正体に気づかなかった。また、襲い来るゴルゴンの首を機転を効かせて返り討ちにもした。
剛田武ジャイアン
声 - 木村昴
事件の経緯を知り、スネ夫と共に探すのを協力する(実際は博物館に行きたかっただけで、鈴を探そうともせず、遊んでいた)。しかし、遊んでいた際に誤ってガリバートンネルをくぐってしまい、トラブルが相次ぎ元に戻れなくなった[注 6]まま終盤まで小さい状態で過ごすことになる。
骨川スネ夫
声 - 関智一
ジャイアンと同様の理由で小さくなり、元に戻れなくなった[注 6]まま終盤まで小さい状態で過ごすことになる。しかし、ペプラー博士の研究室に向かう際、落ちていた壊れたビッグライトを直して元に戻った。
野比玉子(のび太のママ
声 - 三石琴乃
ドラミ
声 - 千秋
ドラえもんのためにメロンパン20個と交換でミュージアムのチケットを渡す。
セワシ
声 - 松本さち
ドラえもんの回想に少し登場する。

ゲストキャラクター編集

クルト・ハルトマン[注 7]
声 - 三瓶由布子
博物館のガイドを務める少年。ひみつ道具職人を目指している。アルバイトのためかガイド役はあまりまじめではなく、よく抜け出している。しかし、そのせいでドラえもんたちが迷ってしまい、館長から怒られている。ハルトマン博士の孫であり、ペプラー博士を師匠に道具製作をしているが、へっぽこな道具ばかり作っては館長のフィークスを困らせている。また、ジャイアンとスネ夫からは「祖父はすごい発明家なのに、お前はへっぽこ道具ばかり作っている」とからかわれている。いつか博物館に飾られるような道具を作ることを目標としている。
ジンジャーに好意を抱いているが、今のところ気づかれていない。
前述のように、館長やジャイアン、スネ夫から皮肉を言われても、前向きであり、ひみつ道具作りに熱中するあまり、時間を忘れることもある。劇中では、ポポンの修理を真夜中までやっていた。また、「それだけ夢中になれるものがあることがうらやましい、僕は何をやっても駄目で長続きしないから…」と落ち込み気味だったのび太に「そんなことないよ。師匠が言っていたけどね、取り柄がない人間はいないって。だから、きっとのび太にも取り柄があるはずだよ」と言うなど、優しい性格で仲間たちからバカにされるのび太を自分と重ね、励ました。
ポポン
声 - 愛河里花子
スライムのような姿をした、クルトが偶然作り出したペット型ひみつ道具。外見は『T・Pぼん』に登場するブヨヨンの色違いである。関連企画のひみつ道具クイズにも登場するがセリフはない。名前の由来は「いつもポンポン跳ねてる」という理由から。
クルトに懐いている[注 8]。クルトは元々ナカミスイトールを改良(中身を2倍にして出す)していたが、ヤケになってナカミスイトールの失敗作とお菓子、ジュースをミキサーに入れて混ぜた結果、ポポンが生まれた。中身だけを吸い取って食べるが、食べ過ぎでお腹を壊してしまうことがある。
ジンジャー
声 - 堀江由衣
ペプラー博士の孫娘。大きな水色のリボンで髪を結えている。見た目は可愛いが少々口が悪く気が強い性格。博士と共に博物館に隠れ住んでいる。クルトに好意を寄せられているものの全く気がついていない。両親への言及は一切なく、祖父に育てられた。
食料の調達と家事を担当しており、料理の腕前はかなりのもの。お茶とお菓子にこだわりがあるようで、紅茶は茶葉から淹れてケーキも手作りしており、館長のお菓子をつまみ食いして出来合いにしてはまあまあと言っている。お茶と食事の時間にテーブルを空けておかないと怒る。
修理工場でペプラー博士が捕まった際、警察に保護されるもペプラー博士の元へ戻っている。
フィークス
声 - 土師孝也
ひみつ道具博物館館長。クルトの作るひみつ道具の一番の被害者。なにやら隠し事をしているようで、怪しげな行動をとっており、ジャイアンとスネ夫からは疑われている。が、実際は芝刈り魚に隠したまま失くしてしまったへそくりを怪盗DXの混乱に乗じて探すためだったという、ただのミスリードであった。
マスタード
声 - 松平健
怪盗DXを追っている22世紀の刑事。階級は警部。最初はドラえもん達を軽くあしらっていたが、ドラえもんの鈴が盗まれた事情を聞くと皆を捜査に参加させる。怪盗DXの予告状により自然館で見張りをしていたが、鬼は外ビーンズの襲撃にあい、攻撃を避けるためぬけあなボールペンを使用したためなんでも館に飛ばされてしまった。その後、怪盗DXとひみつ道具13番勝負をした。警部の役を演じた松平健曰く、ひみつ道具13番勝負がお気に入りのシーンらしい。関連企画のひみつ道具クイズでは「〜マスタード」が口癖。漫画版では未登場。
ハルトマン博士
声 - 石井康嗣
クルト・ハルトマンの祖父。故人。フルメタルを発見し、初期型どこでもドアなどを作りひみつ道具を大きく発展させた偉大な発明家。ペプラー博士とは親友で、ライバル視されているがめちゃくちゃ仲が良く、彼が追放された際も大変悲しんでいた。
ゴンスケ
声 - 龍田直樹
前作に引き続いて登場する芋掘りロボット。今作では博物館のスッポンロボ釣りコーナーで働いている。
向井おさる
声 - 向井理[14][15]
「見ざる聞かざる向井おさる」がキャッチフレーズの22世紀のアイドル・俳優。向井理の子孫。「向井おさる」は芸名で[16]、本名は不明。映画本編ではワンシーンのみ登場(漫画版では未登場)。公開直前スペシャル「最強!ころばし屋Z」ではころばし屋Zの最初の被害者になる。

犯罪者編集

ペプラー博士[注 7]
声 - 千葉繁
昔、クルトの祖父・ハルトマン博士と共に研究をしていた博士。しかし自身の過失で太陽製造機を暴走させてしまい追放、一時は修理工場に身を隠し研究を続けていたが、4月1日に発見され、そこからも追放となり、以降はジンジャーと共に博物館に隠れ住み研究を続けている。だが、ジンジャーには頭が上がらない。下半身の自由がきかないようで常に浮遊椅子で移動する。
ハルトマン博士と共に研究していただけあって、博物館のセキュリティに気づかれず隠れ住んだり抜け穴を作ったりと腕は悪くない。フルメタルを超える性質『ペプラーメタル』の完成を目指しており、それと関わりがあるひみつ道具を集めている[注 9]
明るい性格の映画版と異なり、漫画版では一人の真摯な研究者として描かれている。
怪盗DX(デラックス)
声 - 関智一
ドラえもんの鈴を盗んだ22世紀の怪盗。ドラえもんの鈴のほかに博物館でビッグライトも盗んでおり、その正体は謎に包まれている。かなりの長身でスーツに身を包み、身の動きが軽いのが特徴で、頭に被っているシルクハットは、ひみつ道具を出すこともしまうこともできる。ドラえもんたちが博物館にやって来た次の日に予告状を出し、その後何度もみんなの前に現れ、勝負を挑んできたマスタード警部とひみつ道具13番勝負をした。しかし結局勝負がつかず実力行使に切り替え、改良したひみつ道具でのび太たちやマスタード警部、他の警官たちを軽くあしらい、4つのひみつ道具を盗んでいった。しかし、その後あるものによって、のび太に正体を突き止められた。
手下
怪盗DXのころばし屋 集団
怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット) 集団
怪盗DXのゴルゴンの首
ガードロボ
ラスボス。『ドラえもん のび太の恐竜』ほかで登場した監視ボール(パトボール)の初期型巨大ロボット。攻撃力が高すぎるため、危険物としてフルメタル製の鎖で封印されていたがペプラーメタルが原因で鎖が消滅し、ロボが再起動した。太陽製造機フロアに迷い込み、ドラえもんたちを侵入者と間違えて排除しようとしたが怪盗ドラXにメモリーカードを抜かれ機能停止。その際に太陽製造機の制御パネルに倒れ込んでしまった衝撃により太陽製造機が爆破しガードロボと博物館は木っ端微塵となるが、ドラえもんの道具で博物館は元に戻る。

その他編集

テレビ朝日系列のアナウンサーも参加している。警官・作業員役の系列局アナウンサーはいずれも上映当時の平日朝のローカル情報番組の司会者から抜擢。
ルパン
声 - 飯田利信
警官・作業員
声 - 寺崎貴司(テレビ朝日アナウンサー)、小松靖 (テレビ朝日アナウンサー)、浦川泰幸 (ABC朝日放送<当時>アナウンサー)、宮本啓丞 (KBC九州朝日放送アナウンサー)、林和人 (HTB北海道テレビ放送アナウンサー)
きこりの泉、怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット)
声 - 川村万梨阿
怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット)は一つの泉に物を入れれば他の女神ロボットも入れたものより上等な物を持って現れる。
怪盗DXのゴルゴンの首
声 - 高戸靖広
怪盗DXのゴルゴンの首は2m位の大きさ。空を飛べる。鏡で光線をはね返すことができる。
カーナビ
声 - 上山千穂 (テレビ朝日アナウンサー)
お掃除ロボ・秘書
声 - 島本真衣 (テレビ朝日アナウンサー)
宇宙館ナレーション
声 - 鈴木しおり(名古屋テレビ放送アナウンサー)

舞台・設定編集

フルメタル
太陽製造機の暴走の過程で生まれた、ひみつ道具に使われている特殊な金属。扱うためには免許が必要なため、クルトの道具には使用されていない。資源量に限りがあるらしく、将来的な枯渇が心配されている。
漫画版では「フルエネルギー」に差し替えられている。
ペプラーメタル
ペプラー博士が開発中のフルメタルに代わる金属。変換装置によってすべてのフルメタルをペプラーメタルに変換したが未完成だったため、ひみつ道具などの消滅を招いた。
怪盗DXスーツ
劇中のある人物が作成した、怪盗DXに変身するための道具。普段は蝶ネクタイの形をしており、首元にかざすことで怪盗DXに変身し、モノクルについた紐を引く(漫画版ではスーツの蝶ネクタイ部分を引っ張る)ことで変身が解除される。変身後は体型が変わり、上記のように身体能力が大きく上昇する。また、何かを盗む際にはその持ち主に対して、怪盗DXのホログラムとメッセージが流れる「予告状」(DXの文字が書かれたもの)を送る決まりになっている。
博物館の怪人
博物館でお菓子など細々なものが紛失したり、自然館から不気味な声が聞こえてくるなど、怪談のようにその存在が噂されている。警部は怪盗DXとの関連を疑っている。
ひみつ道具ミュージアム
22世紀にある秘密道具が初期の型から新型まですべて展示されている、空中に浮かぶ博物館。アクセスは入場チケットから出現する専用の乗り物で行われている。ひみつ道具はテーマ別に各ホールにまとめられており、各展示室へはエントランスホールの歴代のどこでもドアや、各館にある専用のどこでもドアや抜け穴ボールペンなどでも移動できる。博物館下の島にはひみつ道具職人が集まり、日々新しいひみつ道具の製作に勤しんでいる。博物館はとてつもなく広大で、開館当初は遭難者が何人も出た。博物館職員の間では「博物館の怪人」などの怪談がまことしやかに語られている。
太陽製造機プロトタイプ
ハルトマン博士とペプラー博士が共同開発した太陽のレプリカ。ひみつ道具ミュージアム内のフルメタルで封印されたフロアにある。太陽の一生を再現するために作られたが暴走すると太陽が膨張し、最終的には赤色巨星となって地球を消滅させる危険性を秘めている。
ペプラー博士のミスで暴走したがハルトマン博士が開発したフルメタル製の制御装置によって膨張が止まった。
ペプラーメタルによって制御装置が機能停止したことで再び膨張し、周囲の装置を溶解した。最後はポポンによって消滅させられた。

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「夢をかなえてドラえもん
作詞・作曲 - 黒須克彦 / 編曲 - 大久保薫 / 歌 - mao / コーラス - ひまわりキッズ(コロムビア
エンディングテーマ「未来のミュージアム
作詞・作曲・編曲 - 中田ヤスタカcapsule)/ 歌 - PerfumePerfume Records / ユニバーサルJ
劇中歌「笑顔はひみつ道具」
作詞 - マイクスギヤマ / 作曲・編曲 - 沢田完 / 歌 - 千秋

関連企画編集

最強!ころばし屋Z編集

2013年3月1日放送の「最強!ころばし屋Z」は映画公開直前スペシャルとして放送された映画連動エピソード。映画キャラクターの向井おさるが登場するほか、博物館も少しだけ登場する。内容は前半は原作「ころばし屋」に沿った内容になっているが[注 10]、後半はころばし屋Zと対決するオリジナルストーリーとなっている。

ひみつ道具クイズ編集

テレビアニメ2013年1月11日放送分より放送最後に挿入されるミニコーナー。ひみつ道具にちなんだクイズで、映画本編にも登場するマスタード警部も登場する。

漫画版編集

月刊コロコロコミック』2013年2月号より短期連載のコミカライズ版を掲載[注 11]。漫画はむぎわらしんたろう。コミックスは2013年3月30日発売。あらすじは映画版と同じであるものの、違いがいくつかあり、ストーリーの根幹に関わる違いもある。

家庭用ゲーム編集

ニンテンドー3DSソフト『ゲーム ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』。2013年3月7日フリューより発売。映画を題材にひみつ道具を探す探偵アドベンチャーゲーム。また結末が映画と異なっている。

ポッドキャスト編集

ポッドキャスト『ドラチャン★ドラヂオ』第9回・第12回で映画特集が放送。また、映画公式サイトで『Do-Radio 映画チャン★ドラジオ』が期間限定公開された。ゲストは『のび太のひみつ道具博物館』応援団長の松岡修造

ひみつ道具大作戦!編集

『ひみつ道具大作戦!〜キミの考えたひみつ道具を映画に出そう!〜』は、一般応募されたひみつ道具が映画本編に登場する企画。各応募の最優秀賞18作品は実際に映画に登場し、スタッフロールにも受賞者の名前が載る[17]

ドラえもん 100展編集

ドラえもん 100展』は2013年3月9日から31日まで、小田急グループ主催で神奈川県・箱根エリアを中心に実物大のドラえもん人形100体を展示するイベントが開催[18]。なお、2012年にも香港や台湾で同様の100体展示イベントが行われているが今回は改めて製作されたもの。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 第2期の映画で原作のエピソードを原案とし、オリジナルストーリーとして膨らませた手法ではない作品は本作が初となる。また、第1期を含めると『ドラえもん のび太とロボット王国』以来11年ぶりとなる。
  2. ^ てんとう虫コミックス1巻収録。第2期テレビシリーズでは2006年4月21日に放送。
  3. ^ ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』を含んだ作品数。
  4. ^ ゴジラシリーズは2016年公開の『シン・ゴジラ』で、邦画の実写としては初の動員1億人突破を達成している[11]
  5. ^ 後日放送されたCSテレ朝チャンネル1では無修正版が放送された
  6. ^ a b ガリバートンネルは点検のために作業員が彼らに気づかずに持って行ってしまったためで、博物館のビッグライトは怪盗DXに盗まれていて、ドラえもんのビッグライトはポケットに住みついたスッポンロボのせいでポケット自体が使えなくなったため。
  7. ^ a b 漫画版での名称は「ターメリック・ペプラー博士」「クルト・ハルトマン博士」。
  8. ^ 初対面時および、影武者としてクルトに化けていたコピーロボットと接した際にはしずかにくっついていた。
  9. ^ ゲーム版ではわずかだがペプラーメタルを完成させた
  10. ^ ころばし屋によって転ばされるのが原作ではジャイアンだが本作ではスネ夫になっている。
  11. ^ 第1話のみタイトルが『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 〜プロローグ〜』

出典編集

  1. ^ 過去のゴールデングロス賞 - 全国興行生活衛生同業組合連合会”. Japan Association of TheaterOwners.. 2020年3月25日閲覧。
  2. ^ OKStarsインタビューVol.242 アニメ監督寺本幸代参照。むぎわらは前作に引き続き「企画・原案協力」としてエンドロールで名前がクレジットされている。
  3. ^ ESP/UTB映像アカデミー 業界用語辞典 「エリ合成」参照。
  4. ^ a b c 映画パンフレットより。
  5. ^ a b 寺本幸代監督DXロングインタビューより
  6. ^ やっぱり春は『ドラえもん』!大ヒットスタートで初登場トップ!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年3月12日
  7. ^ 子供に大人気! 『ドラえもん』新作が映画満足度ランク首位チケットぴあ 2013年3月11日
  8. ^ 『ドラえもん』がV2!『レ・ミゼラブル』はついに興収55億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年3月19日
  9. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  10. ^ ドラえもん映画、1億人見た シリーズ34作目で突破朝日新聞 2013年3月26日
  11. ^ “国産ゴジラシリーズ、累計動員1億人突破!庵野秀明『シン・ゴジラ』で達成”. シネマトゥデイ. (2016年8月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085007 2017年12月10日閲覧。 
  12. ^ [映画ドラえもん]シリーズ累計動員数1億人突破記念 スペシャル動画 - YouTube
  13. ^ しずかちゃんの裸シーンに修正入った 「ドラえもん」に自主規制の「魔の手が」と衝撃走る J-CASTニュース 2014年3月11日
  14. ^ 俳優・向井理さんがドラえもんに出演決定!
  15. ^ 向井理、声優初挑戦!『ドラえもん』で“向井おさる”に!
  16. ^ 向井おさる 公式ファンページ「おさるの部屋 〜OsaRoom〜」
  17. ^ ひみつ道具大作戦!【結果発表】〜キミの考えたひみつ道具を映画に出そう!〜
  18. ^ ドラえもん100体が箱根でお出迎え "元祖"も出没msn産経ニュース 2013年2月27日

外部リンク編集