メインメニューを開く

東京都立八王子東高等学校(とうきょうとりつ はちおうじひがしこうとうがっこう、英語: Tokyo Metropolitan Hachioji Higashi Senior High School)は、東京都八王子市高倉町にある都立高等学校

東京都立八王子東高等学校
東京都立八王子東高等学校校舎棟・体育館棟.jpg
国公私立の別 公立学校都立
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1976年昭和51年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(8学級)
学期 3学期制
高校コード 13224B
所在地 192-0033
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概観編集

1976年創立。周辺住民の請願によって開校に至った。構想当時の仮称は「都立高倉高校」で、校地は1950年に閉場した八王子競馬場の跡地の一部が使われた。

学校群制度であった当時は新設校ということで学校群に属さず、単独選抜校であった。以来、学区内の学力上位層が集中し、1982年の旧・71グループ(八王子・日野)内で最難関校となる。以来、旧第七学区(八王子・町田・日野)の進学校となり、2001年日比谷高校戸山高校西高校と共に進学指導重点校に指定された。学区が廃止された現在でも、国立高校立川高校と共に多摩地域における都立高校の難関校となっている。

英語教育推進校、理数研究校、アクティブ・ラーニング推進校、「新しい学び」研究校にも指定されている。

生徒の居住地は主に八王子町田日野で、全体の約7割を占めている。

略称編集

  • 在校生や市内の住民、近隣の高校生からは「[1]」「東高」と呼ばれることが多い。
  • 公式の略称は「八東」である。

制服編集

  • 男女ともにこげ茶色のブレザーと、えんじ色のネクタイである(女子はリボンの着用も可)。こげ茶色は武蔵野の大地の色、えんじ色は若者の情熱の色として選ばれた。コンセプトは「街の中でも目立ち、しかも品位のあるもの」である。
  • 平成30年度入学者(43期生)より制服をリニューアルした[2]

校章編集

  • 1期生からの応募作品を基に、当時の美術教諭である平野武司が図案化したものである。「八王子」の由来である、須佐之男命(スサノオ)の8人の王子が住んだ、という八王子の王の字を八つ環状に並べて、光を表し、中央に東の字を入れて、太陽を象徴化したものである[3][4]
  • 生徒用のバッジでは東の字は省かれている。

校樹編集

シラカシ
もし人間が大地を切り開くということが無かったら、この辺は樫の類で覆われていたはずであるという。「シラカシ」は防風・防火・生垣用として古くから人家にとり入れられ、その固く弾力に富む材質は農具・工具等あらゆる器具に用いられ、日本人の生活に大きな貢献をしてきた。古事記に「くまかしが葉をうずに挿せその子」日本書紀にも「しらかしが枝をうずに挿せ」などとあるように、上代人はその形の美しい常緑の葉に邪気を払う霊力を認めていた。「健康」「勉学」「良識」という本校の教育目標の象徴として選んだゆえんである。

— 一部抜粋・改変(生徒手帳p.2より)

校歌編集

昭和51年(1976年)に制定された。

  • 作詞:石坂富司(初代校長)、作曲:杉嵜昭夫(当時の音楽教諭)

沿革編集

教育目標編集

「健康」「勉学」「良識」
人間尊重の精神を基調とし、心身共に健康で知性と感性に富み、思いやりと規範意識のある生徒の育成を目指して、次の目標を掲げ、その実現に努める。
  1. 恵まれた環境・施設を活かして、たくましい身体と豊かな情操を養う。
  2. 学問と芸術に対する興味と関心を引き出し、自主的勉学の態度を養成する。
  3. 自由と規律についての正しい自覚を育て、高校生らしい生活態度を養成する。

教育編集

  • 難関国立大学を目指したカリキュラムが組まれている。すべての教科・科目を偏りなく学ぶために、2年次までは文系と理系に分けることなく、全員が同じ授業を受ける。1学年から2学年に進級するときにクラス替えを行うが、2学年から3学年に進級する際はクラス替えを行わない。これは、文理融合の時代を見据えて、多様な考え方、価値観を共有し充実させ、生徒同士の相乗効果を生み出すことを狙いとしている。
  • 土曜授業が年20回実施されている。長期休業中には多くの講習が用意されている。3年生は、10月後半に実施される秋期講習、テーマ講習、国公立大入試対策講習など、1年中数多くの講習が開かれている。早朝には補習も実施される。
  • 英語(全学年)と数学(3年次理系)の一部の授業で習熟度別授業を取り入れている。

入試編集

2003年より一般入試に国語・数学・英語での自校作成問題を導入した。2014年度入試からグループ分けに基づくグループ作成問題に変更した[6][7]。しかし、2018年度入試から再度自校作成問題が導入されることとなった[8]

探究編集

本校では2018年より、大学入試改革に対応した教育活動として「探究」という独自の授業を実施している。具体的には、大学の研究室や企業と連携した課題解決プロジェクト、個人での調査研究・論文作成・成果発表などを通して生徒の主体性と対話的で深い学びを促し、普遍的・汎用的な課題解決能力を養っている。

理数教育編集

2018年から理数研究校に指定されている。文理を問わず、生徒の知的好奇心を刺激するための取り組みを実施し、将来的に科学技術の分野で活躍できる人材を育成している。

英語教育編集

  • 2016年から英語教育推進校に指定されており、生徒の「使える英語力」の向上などの英語教育の充実を図るため、英語4技能の育成に重点を置いたきめ細かい指導がなされている。主な取り組みとして、放課後の時間を活用したICTによる外国人との英会話が行われている。
  • 2010年5月に東京外国語大と高大連携協定を締結し、授業体験、大学概要説明、留学生と生徒の交流などの活動を定期的に行っている。

進路編集

ほぼ全ての生徒が四年制大学に進学し、国公立大学を志望する風潮が強い。都立大横浜国大農工大電通大学芸大といった周辺の国公立大への進学者が多い。また、東大京大一橋大東工大をはじめとする難関大への進学者数も都立高校としては上位である。

地理編集

周辺環境編集

アクセス編集

 
 
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線 北八王子駅から徒歩11分
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)中央線 豊田駅北口から
    • 徒歩20分
    • 八王子駅北口行(豊56[京王])バスより「大和田坂上」下車徒歩6分
    • 平山工業団地循環(豊41[京王])バスより「旭ヶ丘中央公園」下車徒歩6分
    • 旭ヶ丘循環(日野市営)バスより「日野平山台住宅」下車徒歩1分
  • JR中央線横浜線八高線 八王子駅北口もしくは京王線 京王八王子駅から
    • 豊田駅北口行(豊56[京王])、日野駅行(八58[京王])、八王子工業団地行(八59[京王])バスより「大和田坂上」下車徒歩6分

施設編集

 
都立八王子東高校 校舎案内図
  • 校舎棟 - 内階段2箇所(東・西)、外階段2箇所(東・西)、エレベーター1基(西)
    • 屋上 - 太陽光パネル、避雷針、ヘリサイン[9]
    • 5階[10] - 5階ホール・準備室、美術室・準備室
    • 4階 - ホームルーム教室 (1学年)、図書室、司書室、音楽室・第2音楽室・準備室、国語科準備室、生徒会室
    • 3階 - ホームルーム教室 (2学年)、3階特別教室、社会科書道室・準備室、被服室、調理室、家庭科準備室、文化委員室
    • 2階 - ホームルーム教室 (3学年)、物理実験室・準備室、化学実験室・準備室、生物実験室・準備室、CALL教室
    • 1階 - 職員室[11]、校長室、進路指導室、ガイダンスルーム、保健室、保健相談室、会議室、小会議室、経営企画室、印刷室、放送室、主事室、警備室、数学科準備室、英語科準備室、職員更衣室、購買[12]
  • 体育館棟[13] - 内階段3箇所(1階~4階、1階~2階、3階~4階)、外階段2箇所(北:1階~3階、南:1階~2階)
    • 4階 - 放送室、倉庫(南・北)
    • 3階 - 体育館(4階まで吹き抜け)、ステージ、器具庫(南・北)
    • 2階 - 体育準備室、体育科更衣室、女子更衣室、シャワー室(南・北)、部室(4室)、体育館ギャラリー
    • 1階 - 剣道場、柔道場、トレーニング室(2階まで吹き抜け)、男子更衣室、部室(4室)
  • プール棟 - 内階段2箇所(南・北)、上下通路(機械室〜監視室)
    • 2階(屋上)- 25mプール、監視室
    • 1階 - 更衣室(男女)、シャワー室(男女)、機械室
  • グラウンド
  • バレーコート(2面)
  • テニスコート(3面)
  • ハンドボールコート(2面)
  • 憩いの広場
  • 自転車置き場
    • 3年生用 - 体育棟南
    • 2年生用 - 体育棟南、体育棟西、プール棟南
    • 1年生用 - 校舎棟北
  • 電気室、ガス室、倉庫1、倉庫2
  • ゴミ置き場、焼却炉
  • 体育倉庫
  • 災害用備蓄倉庫

しらかし祭(白樫祭)編集

 
第42回しらかし祭(白樫祭)(2017年9月2,3日)

しらかし祭白樫祭)」とは、文化祭、体育祭、後夜祭の総称で、毎年9月上旬(土・日曜日)に文化祭が、中旬(金曜日)に体育祭・後夜祭が開催される。校樹であるシラカシに因んでいる。

文化祭編集

  • 本校の学校行事では唯一、一般市民が参加できる行事となっており、近隣の小中高生や保護者、本校卒業生をはじめ、多くの人が訪れる。
  • クラス団体は主に、1年生は演劇、2年生はアトラクション、3年生はアトラクション、パーラー(喫茶)、休憩所を企画する。その他、音楽系の部活や有志団体による公演も人気となっている。また、有志熱気球が大型熱気球の係留飛行を校庭で行っており、来場者の搭乗が可能である。
  • 賞の種類は「しらかし大賞(上位3団体)」「部門賞(演劇・アトラクション・パーラー・展示・公演・映画・バンド)」「看板大賞」「垂れ幕大賞」があり、来場者と在校生からの得票数によって決められる。

体育祭編集

  • 赤団(1,2組)、白団(3,4組)、青団(5,6組)、緑団(7,8組)の4団に分かれて争う。「援団」と呼ばれる応援団によるパフォーマンスや各団のテーマに合わせて作られた巨大なパネルが目玉である。
  • 賞の種類は、「総合賞」「応援賞」「同窓会賞」「パネル賞」「サポーターズクラブ(後援会)賞」「大縄賞(上位5クラス)」がある。

後夜祭編集

体育祭の日の夕方に開かれ、在校生のみによる自由参加である。しらかし大賞受賞3団体と、文化祭における投票で決められた2バンドによる公演を見ることができる。

学校行事編集

各項の後の括弧内は参加学年である。表記がない場合は全学年による。

新歓祭
入学式翌日に行われる。2年生が主体となり、部活動・有志団体・同好会が新入生に活動を紹介する場となっている。
スポーツ大会
5月初旬に実施される。サッカーバレーボールドッジボールの三種目をクラス対抗戦で行う[14]
芸術鑑賞教室
オーケストラ歌舞伎演劇等を鑑賞する。
宿泊防災訓練 (1)
自然災害等で帰宅が困難になった場合に学校に宿泊することを想定して行う訓練。災害に関する講演や、消防の指導による体験等も組まれている。また、災害用備蓄品の更新も兼ねて、備蓄倉庫の非常食、毛布等を使用する。
修学旅行 (2)
近年では主に広島大阪など関西地方に赴く。3泊4日で、11月に行われる。
遠足 (1,3)
1年生の遠足先は横浜鎌倉方面、3年生の遠足先は上野浅草方面等から班ごとに自由に選ぶ。
スキー教室 (1,2)
冬季休業初頭に行われる。希望者のみ自由参加。
合唱祭 (1,2)
2月に実施される[15]。金賞・銀賞・銅賞・敢闘賞(1年生のみ)の計4つの賞を2学年16クラスで争う。

部活動編集

現在体育系19、文科系9の部活動があり、活発に活動している。また、音楽系の有志団体も盛んである。

体育系

同好会・有志団体


高校関係者と組織編集

著名な卒業生編集

法曹編集

学術編集

文化・芸能編集

マスメディア編集

スポーツ編集

著名な教職員編集

関連団体編集

  • 八王子東高等学校同窓会
  • 八王子東サポーターズクラブ(後援会)- 2006年発足。PTAの枠を超えて本校の支援をすることを目的とする有志保護者団体。

対外関係編集

姉妹校
  •   台湾 高雄市立高雄高級中学 - 2011年より、定期的に相互訪問を行っている。
協定締結校
  • 東京外国語大学 - 2010年より、授業体験、大学概要説明、留学生と生徒の交流などを行っている。

関連書籍編集

  • 殿前康雄『都立高校は死なず―八王子東高校躍進の秘密』祥伝社新書、2005年4月。ISBN 978-4396110079 - 元校長による著作。
  • 宮本久也『検証 迷走する英語入試』岩波ブックレット、2018年6月。ISBN 9784002709840 - 現校長による著作。
  • 服部健太郎『路上―歌う高校教師』岩崎書店、2003年4月。ISBN 4-265-80118-8 - 本校英語科教諭による著作。
  • 山崎 謙『都立高校のすべてがわかる本』山下出版、2000年8月。ISBN 4-89712-111-6

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ただし、この場合のイントネーションは「ひ↑がし」である。
  2. ^ 制服が新しくなります。東京都立八王子東高等学校
  3. ^ 本校の概要 東京都立八王子東高等学校
  4. ^ 「志邏伽之」に見る東高はじまり物語 八王子東高等学校PTA
  5. ^ 理科・社会は都立高校共通問題。
  6. ^ 東京都 2016年度入試用|Z会 2014年度、自校作成問題からグループ作成問題に変更
  7. ^ 【高校受験】東京都立高校(進学指導重点校)2016出題傾向リサーチ — SAPIX中学部 公式サイト
  8. ^ 2018年度より、都立高校入試「自校作成問題」が復活! Z KAI
  9. ^ 緑色の下地に黄色の字で「八王子東高」と記されている。
  10. ^ 西側の約1/4の部分のみ。
  11. ^ 通り抜けが容易で、教員に質問がしやすい構造になっている。
  12. ^ (株)岩崎製パンの手作りパンや紙パック飲料を昼に販売している。予約も可能。
  13. ^ 校舎棟との接続は1階と3階。
  14. ^ ドッジボール (1,2)、サッカーは校庭、バレーボール (1,2) はバレーボールコート、ドッジボール (3)、バレーボール (3) は体育館で行われる。
  15. ^ 場所は日野煉瓦ホール(日野市民会館)。

外部リンク編集