第12期九段戦

1961年度の九段戦

第12期九段戦(だい12きくだんせん)は、1961年度(1960年11月26日 - 1961年12月30日)に行われた、13回目の全日本選手権戦となる最後の九段戦(全日本選手権戦)である[1]大山康晴九段に二上達也八段が挑戦した九段戦七番勝負は、その対戦成績を大山九段が二上八段に4勝2敗として九段を防衛した。大山九段の九段獲得は4期連続6期目となった[2]

第12期 九段戦
開催期間 1960年11月26日 - 1961年12月30日
前九段 大山康晴(5期目)
第12期九段 大山康晴(6期目)
九段戦
第11期第1期十段戦 >
テンプレートを表示

第12期九段戦七番勝負

編集
対局者 第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局
1961年
11月8日・9日
1961年
11月16日・17日
1961年
12月1日・2日
1961年
12月13日・14日
1961年
12月22日・23日
1961年
12月29日・30日
大山康晴九段 九段防衛
二上達也八段

本戦

編集
1回戦 2回戦 準決勝 挑戦者決定三番勝負
加藤一二三八段
大野 ○●○
大野源一八段
大野
C 松田茂役八段
松田 ●○●
花村元司八段
大野源一八段 ●○●
A 芹沢博文八段
芹沢 ○●●
灘蓮照八段
丸田
丸田祐三八段
丸田 ●○○
E 本間爽悦七段
加藤博二八段
加藤博 ○○
B 有吉道夫七段
加藤博 ○●●
高島一岐代八段
高島 ●●
D 北村昌男七段 二上達也八段 ○●○ 挑戦者
升田幸三九段 ○●●
二上 ●○○
二上達也八段
二上 ●○○
松浦卓造八段

三次予選

編集
1回戦 2回戦 決勝
下平幸男七段
芹沢
芹沢博文七段
芹沢博文七段 A
関根茂六段
関根
原田泰夫八段
山川次彦七段
山川
剱持松二四段 山川次彦七段
高柳敏夫八段
1回戦 2回戦 決勝
有吉道夫七段
有吉道夫七段 B
南口繁一八段
南口
藤川義夫六段
五十嵐豊一八段
松下力八段
松下力八段
松下
関屋喜代作四段
1回戦 2回戦 決勝
松田茂役八段
松田茂役八段 C
萩原淳八段
萩原
大内延介
熊谷達人八段
賀集
賀集正三四段
賀集正三四段
清野静男七段
清野
岡崎史明六段
1回戦 2回戦 決勝
北村昌男七段
北村昌男七段 D
小堀清一八段
小堀
富沢幹雄七段
山田道美七段
山田
坂口允彦八段 山田道美七段
廣津久雄七段
1回戦 2回戦 決勝
山中和正六段
山中
大原英二五段 本間爽悦七段 E
本間爽悦七段
宮坂幸雄四段
宮坂
大友昇七段
宮坂幸雄四段
長谷部久雄六段
長谷
佐藤庄平六段

二次予選

編集
1回戦 決勝
山中和正六段
市川伸五段
市川伸五段
板谷進
1回戦 決勝
賀集正三四段
賀集正三四段
星田啓三六段
相馬清司三段
相馬清司三段
二見敬三六段
1回戦 決勝
大原英二五段
大原英二五段
北村秀治郎七段
角田三男六段
角田三男六段
内藤國雄四段
1回戦 決勝
藤川義夫六段
大村和久四段
大村和久四段
伊達康夫四段
1回戦 決勝
大内延介
大内延介
佐藤大五郎五段
河口俊彦
河口俊彦
木川貴一五段
1回戦 決勝
山口千嶺
山口千嶺
佐瀬勇次七段
宮坂幸雄四段
宮坂幸雄四段
津村常吉五段
1回戦 決勝
関屋喜代作四段
関屋喜代作四段
吉田利勝五段
木村嘉孝四段
木村嘉孝四段
佐伯昌優四段
1回戦 決勝
剱持松二四段
剱持松二四段
斎藤銀次郎八段
山本武雄七段

一次予選

編集
1回戦 2回戦 決勝
山口千嶺
山口
大野清司アマ 山口千嶺
木村義徳
平野広吉五段
平野広吉五段
藤代三郎三段
藤代
丸山寛アマ
1回戦 2回戦 決勝
河口俊彦
河口
浅子雄アマ 河口俊彦
桜井昇
森脇太郎三段
森脇太郎三段
遠藤彌太郎アマ
1回戦 2回戦 決勝
大内延介
大内延介
杉浦徳三郎アマ
米長邦雄
米長邦雄
佐藤健伍三段
佐藤
南川義一アマ
1回戦 2回戦 決勝
相馬清司三段
相馬清司三段
橋本三治五段
北村文男四段
北村
寺尾直樹アマ 北村文男四段
高島弘光
2回戦 決勝
藤原雄三アマ
板谷進
板谷進
西本馨四段
西本馨四段
大麻重明三段

脚注

編集
  1. ^ 発展的解消し、翌年からは十段戦として行われるようになった。
  2. ^ 九段戦(全日本選手権戦)・十段戦|終了・休止棋戦”. 日本将棋連盟. 2021年8月10日閲覧。

外部リンク

編集