メインメニューを開く
本来の表記は「詹詠然」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

詹 詠然 (チャン・ユンジャン、英語表記:Yung-Jan Chan) またはラティシャ・チャン (Latisha Chan, 1989年8月17日 - ) は、台湾台北市出身の女子プロテニス選手。マルチナ・ヒンギスとペアを組み、2017年全米オープン女子ダブルスで優勝した選手である。ベースライン・プレーヤーで、バックハンド・ストロークのダウン・ザ・ラインを最も得意にする。身長170cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。これまでにWTAツアーでダブルス31勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス50位、ダブルス1位。日本では「チャン・ユンヤン」の表記も見られる。

詹詠然
Latisha Chan
Tennis pictogram.svg
Chan Y.J. WM15 (16) (20604321116).jpg
詹詠然
基本情報
フルネーム Yung-Jan Chan
国籍  台湾
出身地 台湾・台北市
生年月日 (1989-08-17) 1989年8月17日(30歳)
身長 170cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 28勝
シングルス 0勝
ダブルス 28勝
生涯獲得賞金 5,627,954 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2009・13)
全仏 3回戦(2011)
全英 2回戦(2010)
全米 3回戦(2010)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(2007・15)
全仏 ベスト4(2017)
全英 ベスト8(2017)
全米 優勝(2017)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2011)
全仏 優勝(2018)
全英 ベスト4(2011)
全米 ベスト4(2014-16)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 50位(2007年6月11日)
ダブルス 1位(2017年10月23日)
獲得メダル
女子 テニス
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006 ドーハ 団体
2010 広州 ダブルス
2010 広州 混合ダブルス
2014 仁川 団体
2006 ドーハ ダブルス
2010 広州 団体
2018 ジャカルタ ダブルス
2014 仁川 ダブルス
2019年4月20日現在

来歴編集

6歳からテニスを始める。詹は10歳の時、1999年9月21日台湾大地震で被災した経験を持つ。ジュニア時代、2004年全豪オープン中国孫勝男とペアを組んで優勝したことがある。2004年8月にプロ入り。国際テニス連盟(ITF)主催のサテライト・サーキット(女子ツアー下部組織の大会群)で下積み生活を始めた初期の頃から、日本のトーナメントにも数多く参加してきた。2005年全米オープンでシングルスの予選3試合を勝ち上がり、4大大会の本戦に初出場を果たす。この大会では、詹は本戦1回戦で第8シードのセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 3-6 で敗れた。

2006年度の4大大会では、詹はウィンブルドン全米オープンで予選会を通過した。この後、10月のジャパン・オープンでシングルスのベスト4に入り、ダブルスでは準優勝する。シングルスでは準々決勝で第2シードの杉山愛を 6-3, 6-4 で破ったが、続く準決勝で中村藍子に 6-7, 6-2, 4-6 で競り負けた。ダブルスでは荘佳容とのペアで出場し、準決勝で第1シードのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組を破ったが、決勝でバニア・キング&エレナ・コスタニッチ組に敗れて準優勝になっている。

詹詠然と荘佳容は、2007年全豪オープンの女子ダブルスで躍進した。詹はシングルスでは1回戦でアリシア・モリクに敗れたが、荘と組んだ女子ダブルス準決勝で前年度優勝の中国ペア、鄭潔&晏紫組を 6-3, 6-4 で破り、台湾出身のテニス選手として初の4大大会決勝戦に進出した。2人は決勝で第3シードのリーゼル・フーバー&カーラ・ブラックと対戦し、第2セットのタイブレークを奪う健闘を見せたが、結局 4-6, 7-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。2人は2007年全米オープンでも女子ダブルス決勝に進んだが、ディナラ・サフィナ&ナタリー・ドシー組に 4-6, 2-6 で敗れ、ここでも優勝を逃した。

詹は2007年10月のバンコク大会でツアー初のシングルス決勝に進んだがフラビア・ペンネッタに 1–6, 3–6 で敗れている。4大大会のシングルス最高成績は2010年全米オープン2011年全仏オープンの3回戦進出である。

2011年全豪オープンの混合ダブルスではポール・ハンリーとペアを組んで決勝に進出した。決勝ではダニエル・ネスター&カタリナ・スレボトニク組に 3–6, 6–3, [7–10] で敗れ準優勝となった。

詹詠然の妹の詹皓晴もプロテニス選手になり、2012年2月のパタヤ大会では2人で組んだダブルスで決勝に進出した。決勝ではサニア・ミルザ&アナスタシア・ロディオノワ組に 6–3, 1–6, [8–10] で敗れ準優勝となった。2013年シーズン開幕戦の深圳オープンでは決勝でイリナ・ブリャコク&バレリア・ソロビエワ組を 6–0, 7–5 で破りダブルスツアー10勝目を挙げた。

2017年全米オープンではマルチナ・ヒンギスと組み女子ダブルスの決勝でルーシー・ハラデツカカテリナ・シニアコバ組を 6–3, 6–2 で破り初の4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2017年10月23日付のランキングでヒンギスと並んでダブルス1位になった。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 1回 (0勝1敗)編集

大会グレード
2008年以前 2009年以後
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-0)
ティア II (0–0) プレミア (0–0)
ティア III (0–1) インターナショナル (0–0)
ティア IV & V (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年10月14日   バンコク ハード   フラビア・ペンネッタ 1–6, 3–6

ダブルス: 55回 (31勝24敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年10月2日   ソウル ハード   荘佳容   ナタリー・グランディン
  ジル・クレイバス
6–2, 6–4
準優勝 1. 2006年10月8日   東京 ハード   荘佳容   バニア・キング
  エレナ・コスタニッチ
6–7(2), 7–5, 2–6
準優勝 2. 2007年1月27日   全豪オープン ハード   荘佳容   カーラ・ブラック
  リーゼル・フーバー
4–6, 7–6(4), 1–6
準優勝 3. 2007年2月11日   パタヤ ハード   荘佳容   ニコル・プラット
  マラ・サンタンジェロ
4–6, 6–7(4)
優勝 2. 2007年2月18日   バンガロール ハード   荘佳容   アーラ・クドゥリャフツェワ
  謝淑薇
6–7(4), 6–2, [11-9]
準優勝 4. 2007年3月18日   インディアンウェルズ ハード   荘佳容   リサ・レイモンド
  サマンサ・ストーサー
3–6, 5–7
準優勝 5. 2007年5月26日   イスタンブール クレー   サニア・ミルザ   アグニエシュカ・ラドワンスカ
  ウルシュラ・ラドワンスカ
1–6, 3–6
優勝 3. 2007年6月17日   バーミンガム   荘佳容   孫甜甜
  メイレン・ツー
7–6(3), 6–3
優勝 4. 2007年6月22日   スヘルトーヘンボス   荘佳容   アナベル・メディナ・ガリゲス
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
7–5, 6–2
準優勝 6. 2007年9月9日   全米オープン ハード   荘佳容   ナタリー・ドシー
  ディナラ・サフィナ
4–6, 2–6
準優勝 7. 2007年10月7日   シュトゥットガルト ハード   ディナラ・サフィナ   クベタ・ペシュケ
  レネ・スタブス
7–6(5), 6–7(4), [2–10]
優勝 5. 2008年2月10日   パタヤ ハード   荘佳容   謝淑薇
  バニア・キング
6–4, 6–3
準優勝 8. 2008年3月9日   バンガロール ハード   荘佳容   彭帥
  孫甜甜
4–6, 7–5, [8–10]
優勝 6. 2008年5月18日   ローマ クレー   荘佳容   イベタ・ベネソバ
  ヤネッテ・フサロバ
7–6(5), 6–3
準優勝 9. 2008年5月24日   ストラスブール クレー   荘佳容   晏紫
  タチアナ・ペレビニス
4–5, 7–6(3), [6–10]
優勝 7. 2008年7月27日   ロサンゼルス ハード   荘佳容   ブラディミラ・ウーリロバ
  エバ・ハルディノバ
2–6, 7–5, [10–4]
準優勝 10. 2009年8月2日   スタンフォード ハード   モニカ・ニクレスク   セリーナ・ウィリアムズ
  ビーナス・ウィリアムズ
4–6, 1–6
優勝 8. 2009年9月27日   ソウル ハード   アビゲイル・スピアーズ   カーリー・ガリクソン
  ニコール・クリッツ
6–3, 6–4
準優勝 11. 2010年1月16日   ホバート ハード   モニカ・ニクレスク   荘佳容
  クベタ・ペシュケ
6–3, 3–6, [7–10]
優勝 9. 2010年2月28日   クアラルンプール ハード   鄭潔   アナスタシア・ロディオノワ
  アリーナ・ロディオノワ
6–7(4), 6–2, [10–7]
準優勝 12. 2010年8月1日   スタンフォード ハード   鄭潔   リンゼイ・ダベンポート
  リーゼル・フーバー
5–7, 7–6(8), [8–10]
準優勝 13. 2012年2月12日   パタヤ ハード   詹皓晴   サニア・ミルザ
  アナスタシア・ロディオノワ
6–3, 1–6, [8–10]
優勝 10. 2013年1月5日   深圳 ハード   詹皓晴   イリナ・ブリャコク
  バレリア・ソロビエワ
6–0, 7–5
準優勝 14. 2014年4月6日   チャールストン クレー   詹皓晴   アナベル・メディナ・ガリゲス
  ヤロスラワ・シュウェドワ
6–7(4), 2–6
準優勝 15. 2014年4月20日   クアラルンプール ハード   鄭賽賽   詹皓晴
  ティメア・バボシュ
3–6, 4–6
優勝 11. 2014年6月21日   イーストボーン   詹皓晴   マルチナ・ヒンギス
  フラビア・ペンネッタ
6-3, 5-7, [10-7]
準優勝 16. 2015年1月30日   全豪オープン ハード   鄭潔   ルーシー・サファロバ
  ベサニー・マテック=サンズ
4–6, 6–7(5)
優勝 12. 2015年2月15日   パタヤ ハード   詹皓晴   青山修子
  タマリネ・タナスガーン
2–6, 6–4, [10–3]
準優勝 17. 2015年6月27日   イーストボーン   鄭潔   キャロリン・ガルシア
  カタリナ・スレボトニク
6–7(5), 2–6
優勝 13. 2015年8月23日   シンシナティ ハード   詹皓晴   ケーシー・デラクア
  ヤロスラワ・シュウェドワ
6–4, 7–5
優勝 14. 2015年9月19日   東京 ハード   詹皓晴   土居美咲
  奈良くるみ
6–1, 6–2
準優勝 18. 2015年9月26日   東京 ハード   詹皓晴   ガルビネ・ムグルサ
  カルラ・スアレス・ナバロ
5–7, 1–6
準優勝 19. 2015年10月10日   北京 ハード   詹皓晴   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
7–6(9), 1–6, [8–10]
優勝 15. 2016年2月14日   高雄 ハード   詹皓晴   穂積絵莉
  加藤未唯
6–4, 6–3
優勝 16. 2016年2月27日   ドーハ ハード   詹皓晴   サラ・エラニ
  カルラ・スアレス・ナバロ
6–3, 6–3
準優勝 20. 2016年6月25日   イーストボーン   詹皓晴   ダリア・ユラク
  アナスタシア・ロディオノワ
7–5, 6–7(4), [6–10]
優勝 17. 2016年10月16日   香港 ハード   詹皓晴   ナオミ・ブローディ
  ヘザー・ワトソン
6–3, 6–1
優勝 18. 2017年2月5日   台北 ハード   詹皓晴   ルーシー・ハラデツカ
  カテリナ・シニアコバ
6–4, 6–2
優勝 19. 2017年3月18日   インディアンウェルズ ハード   マルチナ・ヒンギス   ルーシー・ハラデツカ
  カテリナ・シニアコバ
7–6(4), 6–2
優勝 20. 2017年5月13日   マドリード クレー   マルチナ・ヒンギス   ティメア・バボシュ
  アンドレア・フラバーチコバ
6–4, 6–3
優勝 21. 2017年5月21日   ローマ クレー   マルチナ・ヒンギス   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
7–5, 7–6(4)
準優勝 21. 2017年5月27日   ストラスブール クレー   詹皓晴   アシュリー・バーティ
  ケーシー・デラクア
4–6, 2–6
優勝 22. 2017年6月25日   マヨルカ   マルチナ・ヒンギス   アナスタシヤ・セバストワ
  エレナ・ヤンコビッチ
不戦勝
優勝 23. 2017年7月1日   イーストボーン   マルチナ・ヒンギス   アシュリー・バーティ
  ケーシー・デラクア
6–3, 7–5
優勝 24. 2017年8月19日   シンシナティ ハード   マルチナ・ヒンギス   謝淑薇
  モニカ・ニクレスク
4–6, 6–4, [10–7]
優勝 25. 2017年9月10日   全米オープン ハード   マルチナ・ヒンギス   ルーシー・ハラデツカ
  カテリナ・シニアコバ
6–3, 6–2
優勝 26. 2017年9月30日   武漢 ハード   マルチナ・ヒンギス   青山修子
  楊釗煊
7–6(5), 3–6, [10–4]
優勝 27. 2017年10月8日   北京 ハード   マルチナ・ヒンギス   ティメア・バボシュ
  アンドレア・フラバーチコバ
6–1, 6–4
優勝 28. 2017年10月15日   香港 ハード   詹皓晴   逯佳境
  王薔
6–1, 6–1
準優勝 22. 2018年1月12日   シドニー ハード   アンドレア・フラバーチコバ   ガブリエラ・ダブロウスキー
  徐一璠
3–6, 1–6
優勝 29. 2018年8月5日   サンノゼ ハード   クベタ・ペシュケ   リュドミラ・キチェノク
  ナディヤ・キチェノク
6–4, 6–1
準優勝 23. 2018年8月12日   モントリオール ハード   エカテリーナ・マカロワ   アシュリー・バーティ
  デミ・シュールス
6–4, 3–6, [8–10]
準優勝 24. 2019年1月5日   ブリスベン ハード   詹皓晴   ニコール・メリチャー
  クベタ・ペシュケ
1–6, 1–6
優勝 30. 2019年1月12日   ホバート ハード   詹皓晴   キルステン・フリプケンス
  ヨハンナ・ラーション
6–3, 3–6, [10–6]
優勝 31. 2019年2月16日   ドーハ ハード   詹皓晴   デミ・スゥース
  アンナ=レナ・グローネフェルト
6-1, 3-6, [10–6]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2010 2010 2011 2012 2013 2014 2015 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 1R 2R 1R LQ A 2R 1R LQ 2–6
全仏オープン A LQ 1R 1R A 1R 3R 2R A A LQ 3–5
ウィンブルドン A 1R 1R 1R 1R 2R LQ LQ A A A 1–5
全米オープン 1R 1R 1R 2R LQ 3R 1R LQ LQ 1R LQ 3–7

外部リンク編集