三井E&Sホールディングス

三井造船から転送)

株式会社三井E&Sホールディングス(みついイーアンドエスホールディングス)は、造船、機械、プラントなどを手掛ける三井グループ重工業メーカー。

株式会社三井E&Sホールディングス
Mitsui E&S Holdings Co., Ltd.
Mitsui E&S Holdings logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7003
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 7003
1949年5月14日 - 2013年1月21日
名証1部 7003
2013年1月21日上場廃止
福証 7003
2013年1月21日上場廃止
札証 7003
2013年1月21日上場廃止
略称 MES
本社所在地 日本の旗 日本
104-8439
東京都中央区築地五丁目6番4号
(浜離宮三井ビルディング)
設立 1937年昭和12年)7月31日
(株式会社玉造船所)
業種 輸送用機器
法人番号 9010001034946 ウィキデータを編集
事業内容 船舶機械プラント環境など
代表者 岡良一(代表取締役社長
資本金 443億84百万円
発行済株式総数 8,309万8千株
売上高 連結:6,565億4百万円
経常利益 連結:△505億2百万円
純利益 連結:△695億99百万円
純資産 連結:2,802億39百万円
単独:555億73百万円
総資産 連結:9,991億円
単独:3,646億80百万円
従業員数 連結:13,607名
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.35%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6.18%
三井物産 3.15%
百十四銀行 3.14%
日本トラスティ・サービス信託銀行(三井住友信託銀行退職給付信託口) 2.88%
主要子会社 三井海洋開発株式会社 50.1%
株式会社加地テック 51.2%
関係する人物 加藤泰彦(元代表取締役社長・会長)
山本隆樹(元代表取締役副社長CCO
田中孝雄(元代表取締役社長・会長)
外部リンク https://www.mes.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2019年3月期のもの
テンプレートを表示

旧社名は三井造船株式会社(みついぞうせん、Mitsui Engineering & Shipbuilding Co.、Ltd.)。2018年(平成30年)4月1日付をもって持株会社制へ移行した[1]三井広報委員会に属している。

概要編集

三井物産が玉(現岡山県玉野市)に設立した造船部を発祥とし、大東亜戦争時には各種軍用艦の建造に携わった。現在では商船、自衛隊の艦艇、船舶用ディーゼルエンジンといった船舶分野だけでなく、発電・化学プラントといったエンジニアリング事業や、港湾クレーン、橋梁の建設など社会インフラ事業まで多岐にわたる。

主に船舶、機械、エンジニアリングの3つの事業を柱とする。傘下には浮体式海洋石油ガス生産設備(FPSO)で大きなシェアを誇る三井海洋開発を持つ。またメタンハイドレートの実用化に向けた研究も進めており、他の重工業メーカーと比べ海洋分野に力を入れていることが特徴である。

日経平均株価構成銘柄の1つである。

主要グループ企業編集

三井E&S造船編集

 船舶・艦艇事業を引き継いだ事業会社。

関連会社編集

  • MES-KHI由良ドック
  • 三井造船昭島研究所
  • 三井造船特機エンジニアリング
  • MESシッピング
  • 四国ドック
  • 新潟造船
  • TGE Marine Gas Engineering GmbH

三井E&Sマシナリー編集

 機械・システム事業を引き継いだ事業会社。主力製品の港湾クレーンや船舶用エンジンは国内外で大きなシェアを占める。

関連会社編集

  • 加地テック
  • 三井E&Sパワーシステムズ
  • 三井E&S鉄構エンジニアリング
  • 三井ミーハナイト・メタル
  • 三井E&Sテクニカルリサーチ
  • 三造加工
  • ドーピー建設工業
  • アヅママシナリー
  • PACECO Corp.

三井E&Sエンジニアリング編集

 エンジニアリング事業を引き継いだ事業会社。プラント建設やスーパーカミオカンデなど素粒子関連の施設の建設も手掛けている。

関連会社編集

  • 三井E&S環境エンジニアリング
  • 浜松グリーンウェーブ
  • 市原グリーン電力
  • 別海バイオガス発電
  • Engineers and Constructors International, Inc.
  • DASH Engineering Philippines, Inc.

三井海洋開発編集

 詳細は「三井海洋開発」を参照

三井E&Sシステム技研

Burmeister & Wain Scandinavian Contractor A/S

沿革編集

  • 1917年大正6年)11月 - 三井物産の造船部として岡山県児島郡日比町玉(現玉野市)で創業。
  • 1937年昭和12年)7月 - 株式会社玉造船所として設立。
  • 1942年(昭和17年)1月 - 三井造船株式会社に商号変更。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 東京証券取引所大阪証券取引所に上場。
  • 1952年(昭和27年) - 本社を東京に移転。
  • 1960年(昭和35年)11月 - 三井造船エンジニアリング株式会社を設立。
  • 1962年(昭和37年)5月 - 千葉工場操業開始。
  • 1962年(昭和37年)10月 - 日本開発機製造株式会社と合併。
  • 1964年(昭和39年)2月 - 東海鋳造株式会社(現三井ミーハナイト・メタル株式会社)を設立。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 株式会社藤永田造船所を合併。
  • 1973年(昭和48年)3月 - 東洋鉄構株式会社(後の三井造船千葉機工エンジニアリング株式会社)を設立。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 修繕船専門工場、由良工場操業開始。
  • 1974年(昭和49年)2月 - 播磨工事株式会社を設立。
  • 1978年(昭和53年)6月 - 昭島研究所(現株式会社三井造船昭島研究所)開設。
  • 1981年(昭和56年)10月 - 大分事業所操業開始。
  • 1985年(昭和60年)10月 - 三造環境サービス株式会社(現三井造船環境エンジニアリング株式会社)を設立。
  • 1986年(昭和61年)5月 - 三造メタル株式会社(後に三井ミーハナイト・メタル株式会社に吸収合併)を設立。
  • 1987年(昭和62年)6月 - 三井造船プラント工事株式会社(現三井造船プラントエンジニアリング株式会社)を設立。
  • 1988年(昭和63年)10月 - 株式会社大分三井造船(後に三井造船に吸収合併)、株式会社由良三井造船(その後、株式会社エム・イー・エス由良を経てMES-KHI由良ドック株式会社)を設立。三井物産と共同でPACECO.CORP.を設立。
  • 1988年(昭和63年)12月 - 株式会社モデック(現三井海洋開発株式会社)に経営参加。
  • 1989年(平成元年)12月 - デンマークのBurmeister & Wain Scandinavian Contractor A/S を買収。
  • 1990年(平成2年)4月 - MES Engineering Inc.(現Engineers and Constructors International, Inc.)をアメリカに設立。
  • 1990年(平成2年)12月 - 三幸実業株式会社の出資で三幸物流株式会社を設立。
  • 1992年(平成4年)10月 - 三幸実業株式会社を合併。
  • 1994年(平成6年)11月 - 三井造船鉄構工事株式会社(現三井造船鉄構エンジニアリング株式会社)と共同で三造リフレ株式会社を設立。
  • 1995年(平成7年)3月 - 株式会社エム・ディー特機(現三井造船マシナリー・サービス株式会社)を設立。
  • 1995年(平成7年)9月 - イギリスのBabcock Energy Limited(後のMitsui Babcock Energy Limited)を買収。
  • 1997年(平成9年)7月 - 日本初のキルン式ガス化溶融炉を福岡県八女西部広域事務組合から受注。
  • 2001年(平成13年)1月 - 三井造船プラントエンジニアリングが、三井造船エンジニアリングと合併。
  • 2002年(平成14年)1月 - 三井造船鉄構工事が、三造リフレ及び株式会社運搬機エンジニアリングの2社と合併。
  • 2003年(平成15年)4月 - 新潟鐵工所から造船事業の営業譲渡を受け、新潟造船株式会社設立。
  • 2004年(平成16年)4月 - 鹿島建設、三井物産との共同出資により市原グリーン電力株式会社設立。
  • 2004年(平成16年)9月 - ドーピー建設工業株式会社の株式を取得(後に連結子会社化)。
  • 2007年(平成19年) - イギリスのMitsui Babcock Energy Limitedを売却。
  • 2011年(平成23年)6月 - 戸田工業との共同出資でM&Tオリビン株式会社を設立
  • 2012年(平成24年)7月 - 国内鋼製橋梁事業・沿岸製品事業を三井造船鉄構エンジニアリングへ吸収分割により承継。
  • 2013年(平成25年)1月 - 大阪証券取引所・名古屋証券取引所福岡証券取引所札幌証券取引所での上場廃止(申請に基づく)。
  • 2014年(平成26年)3月 - 昭和飛行機工業株式会社を連結子会社化。
  • 2015年(平成27年)4月 - 株式会社エム・イー・エス由良が川崎重工業との合弁会社となり、MES-KHI由良ドック株式会社に商号変更。
  • 2017年(平成29年)3月 - 株式会社加地テックを連結子会社化。
  • 2018年(平成30年)4月 - 純粋持株会社化、「株式会社三井E&Sホールディングス」へ社名変更。
  • 2020年(令和2年)3月 - BCPEプラネットケイマンが実施した株式公開買付けにより、昭和飛行機工業がグループから離脱。
  • 2020年(令和2年)3月 - JFEエンジニアリング株式会社との株式譲渡契約が締結され三井E&Sプラントエンジニアリング株式会社を売却。
  • 2020年(令和2年)6月 - 三菱重工業に艦艇事業を譲渡受け渡しに基本合意[2][3][4][5]

事業拠点編集

主製品編集

艦船・艦艇編集

艦艇編集

大東亜戦争中より艦艇建造に携わり、主に海防艦を建造、戦後も自衛艦の建造を続けている。

大日本帝国海軍
海上自衛隊

船舶編集

貨物船
  • 赤城山丸」 - 1924年(大正13年)竣工[6]。日本最初のディーゼル主機の商船
  • 「太平丸」 - 1928年昭和3年)竣工[7]
  • 「空知丸」 - 1930年(昭和5年)竣工[7]多号作戦参加輸送船中、唯一の残存船
  • 「吾妻山丸」 - 1933年(昭和8年)竣工[8]船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「天城山丸」 - 1933年(昭和8年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「海平丸」 - 1934年(昭和9年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「阿蘇山丸」 - 1934年(昭和9年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「青葉山丸」 - 1935年(昭和10年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「朝日山丸」 - 1935年(昭和10年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「明石山丸」 - 1935年(昭和10年)竣工[8]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「かんべら丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「神祥丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「東京丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 金城山丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]
  • 有馬山丸」 - 1937年(昭和12年)竣工[10]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • 「浅香山丸」 - 1937年(昭和12年)竣工[10]
  • 「熱田山丸」 - 1937年(昭和12年)竣工[11]
  • 淡路山丸」 - 1939年(昭和14年)竣工[11]優秀船舶建造助成施設適用船[9]
  • 「綾戸山丸」 - 1941年(昭和16年)竣工[12]
貨客船
  • 「山西丸」 - 1931年(昭和6年)竣工[8]
  • 「山東丸」 - 1931年(昭和6年)竣工[8]。太平洋戦争残存船の一隻
  • 「波上丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]
  • 浮島丸」 - 1937年(昭和12年)竣工[10]
  • 報國丸」 - 1940年(昭和15年)竣工[12]。優秀船舶建造助成施設適用船[9]
  • 愛國丸」 - 1941年(昭和16年)竣工[12]。優秀船舶建造助成施設適用船[9]
  • 護國丸」 - 1942年(昭和17年)竣工[13]。優秀船舶建造助成施設適用船[9]
タンカー
  • 「音羽山丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]
  • 「御室山丸」 - 1936年(昭和11年)竣工[10]。船舶改善助成施設適用船[9]
  • ULCC(大型タンカー)「ベルゲ・エンペラー」 - 1975年(昭和50年)竣工
  • ULCC (大型タンカー)「ベルゲ・エンプレス」‐1976年(昭和51年)竣工 ベルゲ・エンペラーの姉妹艦 
  • VLCC (大型タンカー)「ベルゲ・ヘレネー」‐1976年(昭和51年)現在はFSOに改造された
  • ULCC (大型タンカー)「ベルゲ・パイオニア」‐1980年(昭和55年)竣工 
  • ULCC (大型タンカー)「ベルゲ・エンタープライズ」‐1981年(昭和56年)竣工 ベルゲ・パイオニアの姉妹艦。現在はFSOに改造された 
  • VLCC(大型タンカー)「シヅキサン」 - 2009年(平成21年)竣工
戦時標準船
  • 1B型:「白根山丸」、「花川丸」、「白金山丸」、「大敬丸」、「夏川丸」、「明隆丸」 - 1943年(昭和18年)および 1944年(昭和19年)竣工[14]
  • 2A型:「安土山丸」、「天津山丸」、「加古川丸」、「勝川丸」、「大彰丸」、「大寿丸」、「飛鳥山丸」、「相模川丸」、「大博丸」、「荒尾山丸」、「辰城丸」、「那珂川丸」、「大郁丸」、「阿里山丸」、「大敏丸」、「第二宏山丸」、「明精丸」、「阿武隈川丸」、「弥彦丸」、「広長丸」、「英彦丸」、「第一大拓丸」、「向日丸」 - 1944年(昭和19年)および 1945年(昭和20年)竣工[15]
  • 2A型(タンカー改装):「大修丸」、「第十五多聞丸」、「延暦丸」、「阿蘇川丸」、「逢坂山丸」、「阿波川丸」、「牡鹿山丸」、「延慶丸」、「大暁丸」、「大江山丸」、「辰洋丸」 - 1944年(昭和19年)竣工[16]
  • 2D型:「琴平山丸」 - 1945年(昭和20年)竣工[17]
陸軍特殊船
旅客船
  • 双胴船「ニューとびしま」 - 1989年平成元年)竣工
  • 双胴高速船「シーガル2」 - 1989年(平成元年)竣工
  • ホーバークラフト「ドリームアクアマリン」-1990年(平成2年)竣工
  • 高速船「ソレイユ」 - 1991年(平成3年)竣工
  • ホーバークラフト「ドリームエメラルド」-1991年(平成3年)竣工
  • ホーバークラフト「ドリームルビー」-1995年(平成7年)竣工
  • ホーバークラフト「ドリームサファイア」-2002年(平成14年)竣工


その他

鉄道車両編集

大東亜戦争終結後、1946年(昭和21年)5月から政府の傾斜生産方式に応えるため、三井造船玉野造船所では一時的に鉄道車両製造に関わった[18][19]

三井鉱山(現・日本コークス工業)、三菱鉱業(現・三菱マテリアル)等から石炭車1,000両以上を受注・製造した[18][19]。鉄道車両工事も行われ、鉄道省広島鉄道局・大阪鉄道局、東京急行電鉄(当時は大東急時代)から相当量の発注があった[18][19]

製造例

車体は造船部門で、機関は造機部門で製造を行った[18][19]。専門の車両工場が復旧が進められたため、1948年(昭和23年)をもって鉄道車両事業からは撤退した[18][19]

船舶用エンジン編集

三井造船のエンジン生産拠点は玉野事業所に集約されている[20]。大型船舶用エンジンでは国内シェア5割を担い2015年度には貨物船向けを中心に181基のエンジンを製造した[20]。過去には1基10万馬力級の船舶用ディーゼルエンジンも製造していた時期もあるが[20]、2016年時点で主力となっているエンジンは、シリンダー直径50cm、5-6気筒の1万5000-2万馬力のディーゼルエンジンである[20]。2017-2019年に今治造船向けの11気筒10万馬力のエンジンを生産するために、35億円をかけて玉野事業所の5面加工機や自動溶接ラインやエンジンの試験運転設備を増強する[20]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 会社分割による持株会社体制への移行に伴う分割準備会社設立、吸収分割契約締結及び定款の変更(商号変更及び事業目的の一部変更)に関するお知らせ”. 三井造船株式会社 (2017年5月22日). 2018年4月1日閲覧。
  2. ^ “三菱重工、三井E&Sの艦艇事業を買収で協議”. 日本経済新聞. (2020年6月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60291460S0A610C2TJC000/ 2020年6月22日閲覧。 
  3. ^ 三井E&Sが艦艇事業譲渡 三菱重工へ来秋めど”. 時事通信社 (2020年6月12日). 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ 艦艇事業の譲渡受けに関し三井E&Sホールディングスと基本合意”. 三菱重工業 (2020年6月12日). 2020年6月13日閲覧。
  5. ^ 三井 E&S 造船株式会社の艦艇事業の譲渡に関する協議開始のお知らせ”. 三井 E&S ホールディングス (2020年6月12日). 2020年6月22日閲覧。
  6. ^ #三十五年史 p.56
  7. ^ a b #三十五年史 p.57
  8. ^ a b c d e f g h i #三十五年史 p.58
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p #正岡 p.22
  10. ^ a b c d e f g h i j #三十五年史 p.59
  11. ^ a b #三十五年史 p.60
  12. ^ a b c #三十五年史 p.61
  13. ^ a b #三十五年史 p.100
  14. ^ a b #三十五年史 p.101
  15. ^ #三十五年史 pp.102-103
  16. ^ #三十五年史 p.102
  17. ^ #三十五年史 p.103
  18. ^ a b c d e 三井造船株式会社「35年史」。
  19. ^ a b c d e 三井造船株式会社「三井造船株式会社50年史」103P。
  20. ^ a b c d e 超大型10万馬力エンジン製造へ 岡山・三井造船玉野が13基受注 山陽新聞デジタル 2016年10月9日(日)9時41分配信 2016年10月11日閲覧

参考文献編集

  • 三井造船(編)『三十五年史』三井造船、1953年。
  • 正岡勝直「日本海軍特設艦船正史」『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 6-91頁。
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。
  • 三井造船(編)『三井造船株式会社100年史』、三井造船株式会社、2017年。

外部リンク編集