大塚商会アルファーズ

大塚商会アルファーズ(おおつかしょうかいアルファーズ、Otsuka Corporation ALPHAS)は、男子バスケットボールチームである。ホームタウンは埼玉県。母体は大塚商会

大塚商会アルファーズ
Otsuka Corporation ALPHAS
Koshigaya sports center.JPG
愛称 アルファーズ
所属リーグ 日本の旗 B3.LEAGUE
創設年 1997年
本拠地 埼玉県
企業 大塚商会
代表者 閤師敏晃
ヘッドコーチ 青野和人
公式サイト www.otsuka-alphas.net
ユニフォーム
Kit body Otsuka Corporation ALPHAS 17-18 HOME.png
ホームのジャージ
Kit shorts Otsuka Corporation ALPHAS 17-18 HOME.png
チームカラー
ホーム
Kit body Otsuka Corporation ALPHAS 17-18 AWAY.png
アウェイのジャージ
Kit shorts Otsuka Corporation ALPHAS 17-18 AWAY.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

チーム名の「アルファーズ」は、大塚商会の商品名や関連会社の社名に「α(アルファ)」が多く使われていることが由来である。

目次

歴史編集

1997年1月11日創部。関東実業団リーグ6部から始まり、5部昇格後の2000年より本格的な強化を始め、3部まで昇格。

2004年ニデックブルーダックスのリーグ撤退を受け、2004-05より日本リーグ参戦。当時は関東実業団2部昇格を決めたばかりで本来なら資格はなかったが、実業団の強豪で日本リーグ参戦に手を挙げたチームがなかったため、異例の「特別推薦」で参加することが決まった。全日本実業団にも出場し、ベスト8に入った。

2007年、大塚商会創業者の地元栃木県を本拠地として元チームスタッフにより発足されるプロチーム「ドリームチームエンターテイメント栃木」(DTE栃木)に会員資格が譲渡され、6月1日にチーム名「栃木ブレックス」などが発表された。その際、所属選手は全員移籍選手リストに公示された。

その後、大塚商会バスケットボール部は関東実業団に戻り、再び6部に所属。2部まで昇格し、2011年に2部優勝。2012年には関東代表としてオールジャパンに5年ぶり出場を果たす。

2012年にJBL2への新規加盟が認められ、2012-13シーズンより参戦することとなった。5年ぶりの全国リーグ復帰となる。2013年よりJBL2の後継たるNBDLに引き続き参戦。

2016年よりB3.LEAGUEに参戦。同年度はB3に参加する、いわゆる企業(実業団)母体のクラブ(4クラブ)の中で、唯一レギュラーシーズンと、その前後のカップ戦であるファースト・ファイナルの3ステージに出場している。

2017年から埼玉県越谷市と連携をし、越谷市をホームタウンとして2020年までのB2リーグ昇格及びプロ化を目指すことが発表された[1]

なお、JBL2加盟に合わせて二軍のレッドアルファーズが結成され引き継ぐ形で関東実業団リーグに所属しており、一軍にコールアップ(実業団からB3への登録変更)されることもある[2]

2018-2019シーズンよりチーム名を「大塚商会越谷アルファーズ」に変更する。

成績編集

B3.LEAGUE編集

大塚商会アルファーズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref.

1 2016-17 B3 4 20 12 (.625) 9.0 6-0(1.000) 14-12(.538) 20-12(.625) 0-0(–) 2467 2316 151 4 4位 山口肇 [3]

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  2018年04月19日更新

過去のリーグ戦編集

日本リーグ

  • 2004-05 5位
  • 2005-06 5位
  • 2006-07 4位

JBL2NBDL

  • 2012-13 東4位
  • 2014-15 7位
  • 2014-15 5位
  • 2015-16 3位

スタッフと選手編集

大塚商会アルファーズ ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
F/C 0 レイモンド・ニクソン 33 (1984/9/10 ) 2.03 m (6 ft 8 in) 100 kg (220 lb)   ウィスコンシン大学 
G/F 2 坂本裕基 31 (1987/2/2 ) 1.81 m (5 ft 11 in) 74 kg (163 lb)   京都産業大学 
G/F 3 横塚螢 27 (1990/7/31 ) 1.80 m (5 ft 11 in) 82 kg (181 lb)   白鴎大学 
F 7 塩塚直人 27 (1990/5/31 ) 1.82 m (6 ft 0 in) 86 kg (190 lb)   京都産業大学 
G/F 10 谷尾俊紀 37 (1981/5/2 ) 1.85 m (6 ft 1 in) 76 kg (168 lb)   京都産業大学 
F 13 西片翼   29 (1989/4/13 ) 1.85 m (6 ft 1 in) 78 kg (172 lb)   国士舘大学 
G 14 兒玉貴通 25 (1992/6/22 ) 1.66 m (5 ft 5 in) 68 kg (150 lb)   大東文化大学 
F 16 鮫島宗一郎 30 (1987/8/13 ) 1.88 m (6 ft 2 in) 80 kg (176 lb)   東海大学 
F/C 17 田村晋 28 (1989/8/17 ) 1.90 m (6 ft 3 in) 83 kg (183 lb)   明治大学 
F 21 筑波拓朗 25 (1992/9/13 ) 1.88 m (6 ft 2 in) 75 kg (165 lb)   東洋大学 
C 24 ジョセフ・ヲルフィンガー 32 (1985/10/8 ) 2.11 m (6 ft 11 in) 113 kg (249 lb)   シタデル大学 
G/F 30 村田翔 26 (1992/2/4 ) 1.87 m (6 ft 2 in) 72 kg (159 lb)   関東学院大学 
C 32 長谷川武 33 (1984/8/1 ) 1.95 m (6 ft 5 in) 110 kg (243 lb)   拓殖大学 
F/C 34 カイル・リチャードソン 27 (1991/4/13 ) 2.01 m (6 ft 7 in) 103 kg (227 lb)   ポートランド州立大学 
F/C 41 砂川貴哉 27 (1990/7/25 ) 1.90 m (6 ft 3 in) 84 kg (185 lb)   筑波大学 
PF 55 小林礼秧 (+) 24 (1993/7/3 ) 1.88 m (6 ft 2 in) 80 kg (176 lb)   京都産業大学 
F 92 佐藤雄太郎 28 (1989/11/30 ) 1.85 m (6 ft 1 in) 85 kg (187 lb)   富山大学 
総監督
山口肇
監督
山根昭利
ヘッドコーチ
青野和人
アシスタントコーチ
菊田卓

記号説明
    チーム・キャプテン      故障者
  (特) 特別指定選手    (S) 出場停止
  (帰) 帰化選手   (+) シーズン途中契約
外部リンク

更新日:2018年04月19日


過去の所属選手編集

2007-08シーズン以降編集

2006-07シーズン編集

太字は栃木ブレックスへ移籍した選手

2005-06シーズンまで編集

脚注編集

外部リンク編集