メインメニューを開く

来歴編集

デビュー前編集

幼稚園の年長から母親の勧めでダンスを始め、小学2年から本格的に歌を習い始める。歌手になろうと思ったはっきりとしたきっかけはなく、物心ついた頃から将来の夢を聞かれたときに歌手以外はイメージできなかったという[1]

小学4年の2008年にはキッズダンスバトル "SPROUT" 大阪大会に現Dancing DollsのMisakiと共に出場し、準優勝を果たす[2]

小学5〜6年の頃、両親が買ってきてくれたMacBook Pro作曲ソフトを使い独学で作詞作曲を始める[1]

初の渡米から全米デビュー編集

中学1年の2011年9月、英検3級の合格祝い[1]ニューヨークへ行った際に、ライブハウスVillage Undergroundのオープンマイクステージに立つ[2]。その後1〜2週間の短期留学を3度ほど経験し[3]2012年4月11日アポロ・シアターで行われたアマチュアナイト "Amateur Night -Stars of Tomorrow-" にて優勝[4]。同年9月より1年間ニューヨークへ留学する。

留学中は芸術校プロフェッショナル・チルドレンズ・スクールに通いながら、ミュージカルMama, I Want to Sing!』の作者であるヴァイ・ヒギンセン率いるゴスペルチーム "Gospel For Teens" に所属[2]。チームでは唯一のアジア人であり、内部オーディションで選ばれリードボーカルも務めた[3]。またニューヨークではマンツーマンボイストレーニングや、ビヨンセなどの振り付けも担当したラプソディ・ジェームズによるダンスレッスンも行っていた[5]

2013年1月13日日本でリリースされたDJ和コンピレーション・アルバム『A GIRL↑↑ mixed by DJ和』に、MIREI名義でデビュー前の新人ながら楽曲「Hysteric Girl」を書き下ろし提供。

14歳の同年6月18日MIREI名義で配信シングル「Tattoo」をリリース、全米デビューを果たした[6]。またYoung Moneyのアーテスト、Torionの楽曲「Online」にも参加した[2]

日本デビュー以降編集

帰国後は2013年12月4日リリースのDJ和のコンピレーション・アルバム『A GIRL↑↑2 mixed by DJ和』に「I Wanna NO feat. SHUN」を提供[7]2014年3月19日リリースの童子-Tのアルバム『T's MUSIC』収録の「未来へと feat. 當山みれい」に参加[8]するなどの活動を経て、15歳の同年6月25日両A面シングルFallin' Out/I Wanna NO feat.SHUN』をリリースし日本デビュー[7]iTunesR&B/ソウルチャートで1位を獲得した[9]。また6月28日にはダンスユニット・BAD QUEENと共に、ロサンゼルスBET AWARDSの前夜祭として開催された "BET Experience" に初の日本人として出演、パフォーマンスを披露した[10]

同年10月1日、2ndシングル『Memories』をリリース[11]10月22日リリースのSPICY CHOCOLATEのアルバム『渋谷純愛物語』収録の「ひとつだけの feat. TAK-Z & 當山みれい」にも参加した[12]

2015年に入ってからも、2月4日リリースのDJ和のコンピレーション・アルバム『A GIRL↑↑3 mixed by DJ和』に「Memories」を提供[13]した他、10月21日には「Love Me Crazy」[14]12月2日には「Our Song」のリリックビデオをYouTubeで公開した[15](この2曲は後にアルバム『My Way』に収録)。

また12月16日リリースのglobeトリビュート・アルバム#globe20th -SPECIAL COVER BEST-』収録の「Can't Stop Fallin' in Love[16]Beat Buddy Boiのミニアルバム『JUICEBOX』収録の「better days feat. 當山みれい」[17]12月23日リリースのSPICY CHOCOLATEのアルバム『渋谷純愛物語2』収録の「ベイビーガール feat. RAY & 當山みれい」[18]にそれぞれ参加した。

2016年7月20日RADIO FISHの配信シングル「GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい)」に参加した[19]。また7月29日にはRADIO FISH feat. 當山みれいとしてテレビ朝日系ミュージックステーション』に初出演[20]8月26日には赤坂BLITZで開催されたRADIO FISHのワンマンライブ「PERFECT SUMMER」にもゲストとして出演した[21]

自身の18歳の誕生日である同年7月27日、1stアルバム『My Way』をリリース[22]。iTunesのR&B/ソウルチャートで1位を獲得した[23]

同年11月23日、3rdシングル『君のとなり』をリリース[24]

人物編集

交友関係編集

ディスコグラフィ編集

配信限定シングル編集

# 発売日 タイトル 備考
Cool Japan Music
1st 2013年6月18日 Tattoo MIREI名義でのリリース。
日本国内においても2016年2月1日よりAmazon.co.jpで購入が可能である。
MASTERSIX FOUNDATION
1st 2018年7月25日 P.S. 等身大のラブソング Aqua Timezの楽曲「等身大のラブソング」のアンサーソング。
2nd 2019年5月29日 大嫌い feat. さなり
3rd 2019年7月31日 Let Me Know 関西テレビフジテレビ系グータンヌーボ2』エンディングテーマ。
4th 2019年9月25日 もしも feat. まるりとりゅうが 日本テレビ系バズリズム02』オープニングテーマ。

シングル編集

# 発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2014年6月25日 Fallin' Out/I Wanna NO feat.SHUN SRCL-8560〜1:初回生産限定盤 (2CD)
SRCL-8562:通常盤 (CD)
141位
2nd 2014年10月1日 Memories SRCL-8607〜8 (CD+DVD) 298位
3rd 2016年11月23日 君のとなり SRCL-9198〜9:初回生産限定盤 (CD+DVD)
SRCL-9200:通常盤 (CD)
-
4th 2018年3月7日 Dear My Boo SRCL-9617〜8:初回生産限定盤 (CD+DVD)
SRCL-9619:通常盤 (CD)
93位

アルバム編集

# 発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2016年7月27日 My Way SRCL-9109〜10:初回生産限定盤 (CD+DVD)
SRCL-9111:通常盤 (CD)
137位
2nd 2018年8月29日 Answer SRCL-9811〜2:初回生産限定盤 (CD+DVD)
SRCL-9813:通常盤 (CD)
82位

ミニアルバム編集

# 発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2017年7月26日 願い E.P. SRCL-9464〜5:初回生産限定盤 (CD+DVD)
SRCL-9466:通常盤 (CD)
-

参加作品編集

発売日 曲名 収録作品 最高位
2013年1月16日 Hysteric Girl V.A.『A GIRL↑↑ mixed by DJ和 36位
2013年12月4日 I Wanna NO feat. SHUN V.A.『A GIRL↑↑2 mixed by DJ和』 29位
2014年3月19日 未来へと feat. 當山みれい 童子-TT's MUSIC -
2014年7月23日 I Wanna NO feat. 當山みれい SHUNNever Change feat.Lyu:Lyu 114位
2014年10月22日 ひとつだけの feat. TAK-Z & 當山みれい SPICY CHOCOLATE渋谷純愛物語 10位
2015年2月4日 Memories V.A.『A GIRL↑↑3 mixed by DJ和』 57位
2015年12月16日 Can't Stop Fallin' in Love globe#globe20th -SPECIAL COVER BEST- 8位
better days feat. 當山みれい Beat Buddy Boi『JUICEBOX』 102位
2015年12月23日 ベイビーガール feat. RAY & 當山みれい SPICY CHOCOLATE『渋谷純愛物語2 38位
2016年7月20日 GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい) RADIO FISH「GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい)」 -
2016年10月12日 RADIO FISH『WORLD IS MINE 16位
2016年10月26日 Just You V.A.『A GIRL↑↑4 mixed by DJ和』 47位

楽曲提供編集

作詞

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ
2014年 I Wanna NO feat. SHUN テレビ東京系超流派』6月度エンディングテーマ
Just You 日本テレビ系ぐるぐるナインティナイン』7 - 9月度エンディングテーマ
2016年 My Way テレビ東京系『超流派』7月度エンディングテーマ
Love Me Crazy 関西テレビフジテレビ系雨上がり食楽部』7月度エンディングテーマ
GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい) MBSTBS系プレバト!!』8 - 9月度エンディングテーマ
2019年 Let Me Know 関西テレビ・フジテレビ系『グータンヌーボ2』エンディングテーマ
もしも feat. まるりとりゅうが 日本テレビ系『バズリズム02』9月度オープニングテーマ

ミュージックビデオ編集

曲名 監督
Fallin' Out / I Wanna NO feat. SHUN moocho
QUEEN'S ALIVE」當山みれい×BAD QUEEN Yusuke Oishi
Memories
GOLDEN TOWER (feat. 當山みれい)」RADIO FISH CATTLEYA TOKYO
My Way 務中基生
君のとなり
君のとなり Another ver.
音色 Regards
願い〜あの頃のキミへ〜
Missing You 赤井宏次
Dear My Boo Spikey John
大嫌い feat. さなり

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

舞台編集

WEB編集

MV編集

ライブ編集

ワンマンライブ編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “當山みれい「Fallin' Out / I Wanna NO feat.SHUN」インタビュー”. 音楽ナタリー. (2014年6月11日). http://natalie.mu/music/pp/touyamamirei 2016年10月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 當山みれい公式Facebook - 基本データ”. Facebook. 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ a b c d “【インタビュー】當山みれい、音楽とダンスで海を渡った15歳の素顔”. BARKS. (2014年6月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000104199 2016年10月29日閲覧。 
  4. ^ Amateur Night at the Apollo” (英語). 2016年10月29日閲覧。
  5. ^ 2014年7月29日 情報ライブ ミヤネ屋 放送内容より
  6. ^ “US Debut for 14-Year Old Singer MIREI” (英語). JaME U.S.A.. (2013年6月17日). http://www.jame-world.com/us/news-96320-us-debut-for-14-year-old-singer-mirei.html 2016年10月29日閲覧。 
  7. ^ a b “ゴスペル仕込み!15歳の當山みれい、6月にデビュー”. 音楽ナタリー. (2014年5月19日). http://natalie.mu/music/news/116962 2016年10月29日閲覧。 
  8. ^ “童子-Tの新アルバムに中島美嘉、Mummy-D、hy4_4yhら”. 音楽ナタリー. (2014年2月19日). http://natalie.mu/music/news/110140 2016年10月29日閲覧。 
  9. ^ “當山みれい、清水翔太のツアーオープニングアクトに抜擢”. BARKS. (2014年6月25日). https://www.barks.jp/news/?id=1000105016 2016年10月29日閲覧。 
  10. ^ “當山みれい、LAフェスでBAD QUEENとともに大喝采”. 音楽ナタリー. (2014年7月2日). http://natalie.mu/music/news/120295 2016年10月29日閲覧。 
  11. ^ a b “當山みれい新作に“LINE”デモ曲、カバーも”. 音楽ナタリー. (2014年9月4日). http://natalie.mu/music/news/125331 2016年10月29日閲覧。 
  12. ^ “SPICY CHOCOLATE新作に清水翔太ら19組”. 音楽ナタリー. (2014年9月29日). http://natalie.mu/music/news/127251 2016年10月29日閲覧。 
  13. ^ “DJ和「A GIRL↑↑3」はアガる42曲ノンストップMIX”. 音楽ナタリー. (2015年1月23日). http://natalie.mu/music/news/136902 2016年10月29日閲覧。 
  14. ^ “女子高生シンガー當山みれい、Taku(m-flo)プロデュースの新曲公開”. Musicman-NET. (2015年10月26日). http://www.musicman-net.com/artist/51139.html 2016年10月29日閲覧。 
  15. ^ a b “當山みれい、LINE悩み相談から生まれた曲のリリックビデオを公開”. Musicman-NET. (2015年12月3日). http://www.musicman-net.com/artist/52241.html 2016年10月29日閲覧。 
  16. ^ “globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー. (2015年12月4日). http://natalie.mu/music/news/168086 2016年10月29日閲覧。 
  17. ^ “Beat Buddy Boi、新曲「traveling」MV初公開&當山みれいとの曲を先行配信”. Musicman-NET. (2015年11月26日). http://www.musicman-net.com/artist/52079.html 2016年10月29日閲覧。 
  18. ^ “SPICY CHOCOLATE、渋谷純愛物語&グラミー賞ノミネート作の各第2弾リリース”. 音楽ナタリー. (2015年12月21日). http://natalie.mu/music/news/170098 2016年10月29日閲覧。 
  19. ^ “RADIO FISH、配信5弾で當山みれいとコラボ”. 音楽ナタリー. (2016年7月6日). http://natalie.mu/music/news/193612 2016年10月29日閲覧。 
  20. ^ “次週Mステに初登場WANIMA、ジャニスト、スピッツ、乃木坂ら”. 音楽ナタリー. (2016年7月22日). http://natalie.mu/music/news/195565 2016年10月29日閲覧。 
  21. ^ “RADIO FISH赤坂BLITZでのワンマン成功に、オリラジ・中田「まだまだ走り続けます」と宣言! セカンドアルバムリリースもサプライズ発表!!”. よしもとニュースセンター (吉本興業). (2016年8月27日). http://news.yoshimoto.co.jp/2016/08/entry55855.php 2016年10月29日閲覧。 
  22. ^ “當山みれい、18歳の誕生日に1stAL『My Way』決定。表題曲は清水翔太プロデュース”. BARKS. (2016年4月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000126211 2016年10月29日閲覧。 
  23. ^ “RADIO FISH初コラボ相手・當山みれいのアルバム好調”. ニュースウオーカー. (2016年7月30日). http://news.walkerplus.com/article/83086/ 2016年10月29日閲覧。 
  24. ^ “當山みれい、新たな一歩を印象付ける至極のバラード・ソング「君のとなり」11/23発売”. Musicman-NET. (2016年10月13日). http://www.musicman-net.com/artist/61771.html 2016年10月29日閲覧。 
  25. ^ a b c “オリラジ RADIO FISHゲストボーカルで話題!當山みれい 17歳と18歳の間で今、伝えたいたくさんのこと【インタビュー】”. T-SITEニュース. (2016年7月27日). http://top.tsite.jp/entertainment/j-pop/i/29849327/ 2016年10月29日閲覧。 
  26. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2016年5月23日). 2016年10月29日閲覧。
  27. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2015年8月8日). 2016年10月29日閲覧。
  28. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2014年8月4日). 2016年10月29日閲覧。
  29. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2014年4月18日). 2016年10月29日閲覧。
  30. ^ “アメリカ留学後、メジャーデビュー! 現役女子高生シンガー・當山みれいが語る“夢のかなえ方”「好きなことなら素直に頑張れる」”. V.I.P. Press (LINE). (2016年9月10日). http://lineblog.me/official/archives/1059904009.html 2016年10月29日閲覧。 
  31. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2015年1月13日). 2016年10月29日閲覧。
  32. ^ “當山みれい、LINEアカウント開設「みんなと曲をつくりたい」”. BARKS. (2014年8月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000106461 2016年10月29日閲覧。 
  33. ^ “當山みれい、ファンとの交流から生まれたLINEデモ曲をYouTubeで公開”. BARKS. (2014年8月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000106852 2016年10月29日閲覧。 
  34. ^ “元テラハ平澤遼子、担当アーティストと異例の対談実現 素顔で互いを語り合う”. モデルプレス. (2014年10月2日). http://mdpr.jp/interview/detail/1426888 2016年10月29日閲覧。 
  35. ^ 聞いてね(≧∇≦) - Misaki”. Dancing Dolls Official Blog (2015年2月17日). 2016年10月29日閲覧。
  36. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2015年5月30日). 2016年10月29日閲覧。
  37. ^ 紗蘭(SARA)”. Twitter (2015年7月24日). 2016年10月29日閲覧。
  38. ^ “當山みれいが18歳の誕生日に1stアルバム発売、清水翔太提供曲も”. 音楽ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/music/news/183586 2016年10月29日閲覧。 
  39. ^ 當山みれい/MIREI”. Twitter (2016年7月27日). 2016年10月29日閲覧。
  40. ^ “清水翔太、シングル「Damage」MVに加藤ミリヤらアーティスト仲間が集結”. Musicman-NET. (2016年1月25日). http://www.musicman-net.com/artist/53688.html 2016年10月29日閲覧。 

外部リンク編集