World of Warships』(略称:WoWS, WoWs、: 戰艦世界)とは、ベラルーシWargaming.net社が開発し運営している、艦隊による海戦を扱ったオンライン海戦ストラテジーゲームである[3]。開発当初は『World of Battleships』という名称だったが[3]、公開前に現在の名称に変更された。

World of Warships
ジャンル 海戦ストラテジーゲーム
開発元 Wargaming.net
運営元 Wargaming.net
メディア ダウンロード
運営開始日 2015年9月17日
利用料金 基本無料(アイテム課金あり)
デバイス キーボードマウス
エンジン BigWorld
テンプレートを表示
動作環境
最小動作環境 推奨動作環境
Windows[1]
OS Windows7 64-bit Windows 7 64-bit
CPU Intel Core 2 Duo 2.7 GHz (Core 2 Duo E6750) もしくはAMD FX 4170 もしくはAMD A8 Intel Core i3 (2.4 GHz) もしくはAMD FX 6300
メモリ 2 GB[2] 4 GB
HDD
空き容量
42 GB
グラフィック
カード
Intel HD 4600 以上[2]

もしくは nVIDIA GeForce 8800GT / 9600GT 以上 もしくは nVIDIA GeForce 740M、830M 以上

VRAM:512MB

nVIDIA GeForce GTX 460 (550 Ti) 以上

もしくは AMD 250xAMD 7770 以上

VRAM: 1024 MB

ディスプレイ 1280*720以上 1920*1080
サウンド
カード
DirectX 9.0c と互換性のあるもの
ネットワーク 1024 Kbps以上
Mac OS
OS OS 10.7.5 以上 OS 10.10 以上
CPU Intel Core i3 Intel Core i5
メモリ 2 GB[2] 4 GB
HDD
空き容量
42 GB
グラフィック
カード
IntelHD 3000[2]

もしくは nVIDIA GeForce 8600M GT もしくは AMD 4850 HD

IntelHD 5000[2]

もしくは nVIDIA GeForce GT 640M もしくは AMD Radeon R9 M370X

ディスプレイ 1280*720以上 1920*1080
サウンド
カード
DirectX 9.0c と互換性があるもの DirectX 9.0c
ネットワーク 1024 Kbps 以上

概要編集

1プレイヤーは1つの艦艇の艦長として海戦に臨む事になる[4]。対応OSはWindowsmacOSとなり[1]、基本無料でプレイできるが、課金する事も可能でその場合はプレミアム艦艇を入手したり、経験値等の入手を増やす事ができる。プレイヤー対プレイヤーの「ランダム戦」が主だが「Co-op戦」と呼ばれる対NPC戦もある。また、シナリオと呼ばれるストーリー性のあるモードも存在する。ゲーム内での戦闘では英語を使うことが推奨されている[5]。現在では日本語版対応。

艦艇のモデリングを重視しており、例えばゲーム中に登場する戦艦『大和』には12万枚以上のポリゴンを使用している[6]。開発にはゲームエンジンBigWorld英語版を改良して使用している[7]。運営公式によりフォーラムWikiも運営されている。

他のFPSゲームと比較すると「ゆったりめの独特なテンポ」でゲームが展開されるのが特徴[8]

サーバーについて編集

ゲームは全世界的に展開されているが、アジア(ASIA)・EU・ロシア(CIS)・北米(NA)などの複数のサーバーに分かれている。日本はアジアサーバーに属し、韓国・中国・台湾などのプレイヤーと共闘する事となる[注 1]

また、これらとは別に新バージョンの試行の為のテストサーバーも存在し、こちらは世界で1つのサーバーとなっている。

ゲーム概要編集

駆逐艦巡洋艦戦艦航空母艦の4種類からなる艦隊戦を行える。通常戦闘には潜水艦[9]は登場しないが、2018年のハロウィンイベントにてイベント限定のオリジナル潜水艦が実装された。国籍も日本やアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス等幾つもあり、その200隻を超える中から好みの艦艇を選ぶ事になる。およそ日露戦争から第二次世界大戦までの艦艇が登場するが、各艦艇は『Tier』と呼ばれる区分で10段階にランク付けされており、最初から強力な艦艇を操作する事はできない[注 2]

操作は簡略化されており、最小限であればWASDの移動キーとマウスのみで戦闘可能である[10]

戦闘のマッチングも艦艇のTierを元に自動的に行われるようになっている。フレンドリーファイアが可能なシステムになっているが、それを行うとペナルティが課される。MAPの広さには限度があり、戦場を離脱するような事はできない仕様になっている。

ゲームとしての海戦は、プレイする際に「一番アドレナリンが出るタイミング」を切り取って再現しており、海戦で重要とされる索敵の段階は簡略化され、すでに敵味方の大まかな位置はお互いに把握している状況からの戦闘開始となる[4]

戦闘タイプ編集

入門ミッション編集

操艦、射撃、エリア占領の練習を行う、初心者限定のモード。任意の戦闘10戦まで[11]

Co-op戦編集

敵のボットチームを相手に他のプレイヤーと共闘するモード。8対8で行う。難易度は対人戦のランダム戦よりは低め。まずはここで海戦の技術を磨いてからランダム戦に挑戦する事になる[12]。マッチングの際にプレイヤーが不足した場合、数合わせのために味方チームにボット艦艇が入る事もあり、その際はプレイヤー名の前後に「:」(コロン)が入っている事で見分けられる[13]

ランダム戦編集

2チームにランダムで分かれてプレイヤー同士で戦うモード。Co-op戦と比べると相手がボットではなく人間という事と、最大12対12と艦艇数が増加し必要な情報処理量が増えるため難易度が上がる[12]

通常戦
基本となるゲームモード。勝利条件は敵陣地の占領または敵艦艇の殲滅。Co-op戦でも出現する[11]
制圧戦
複数の中立占領エリアがあり、Co-op戦、ランダム戦、ランク戦、クラン戦で出現[11]
中央攻略戦
同心円状に区切られたエリアが一箇所あり、内側を占領すると外周も占領された事になる。Co-op戦とランダム戦で出現[11]
要塞戦
陸上施設が存在する。ランダム戦で出現[11]するが、現在では一時的に削除されている。

ランク戦編集

プレイヤースキルのランク付けを行うモード。勝ち続けるとプレイヤーのランクが上がり、同じようなプレイヤースキルのプレイヤー同士で戦闘を行う事になる。負けが込むと降格もあり得る。ランクは23から始まり最高はランク1。シーズン制を採用している。

クラン戦編集

7名1組のクランのチーム同士で対戦するモード。Tier10艦艇のみ参加可能。勝敗でレーティングが変動し、4つあるリーグの最上位を目指す[14]

シナリオ編集

幾つもシナリオが用意されており、定められた目標の達成を目指すモード。船団の護衛や味方基地の防衛、敵基地の撃破など。Co-op戦の延長に相当し、戦う相手はボットである[11]

トレーニング戦編集

手動でプレイヤーを2チームに振り分け、トレーニングを行うモード。バージョン0.7.0から正式に実装された。修理費などのコストがかからないが、EXPとクレジットの取得も無い。マップも手動で選べ、標的艦を設ける事もできる。トレーニングルームの作成は任務記録レベル15から行える[15]

宇宙戦編集

エイプリルフールイベントとして期間限定で実装された戦闘タイプ[16]。宇宙が舞台だが艦艇が3次元機動能力を手に入れる訳ではなく、基本9対9の対人戦の背景等が宇宙をテーマにした外観になっただけで、艦艇の操作方法に大きな変化は無い。宇宙艦艇しか出撃できない。数合わせでボット艦艇が入る事もある。

艦艇編集

このゲームでは、大きく分けて4種類の艦種が存在する。国籍は、日本、アメリカ、ドイツ、ソ連、イギリス、フランス、ポーランド、パンアジア、イタリア、イギリス連邦の10の国と地域である。技術ツリーの艦艇は歴史的に有名な艦艇から選んでおり、一部は建造途中の艦艇、計画が存在した艦艇、実在艦艇や計画艦艇に基く架空の艦艇が存在する。また、ゲーム内名とモデリング名が異なる艦も存在するが、プレミアム艦艇は概ね名前の通りのモデリングとなっている[注 3]。艦艇建造計画は2020年まで埋まっている[注 4]

ゲーム中のチャット等では船体分類記号を基に、駆逐艦は「DD」、戦艦は「BB」、航空母艦は「CV」と略して呼ばれる事がある。 ただし、巡洋艦は重巡洋艦軽巡洋艦などの区別を付けず、一概に重巡の分類記号である「CA」が用いられるケースが多い(軽巡洋艦の分類記号は「CL」である)。同様に、巡洋戦艦も本来の分類記号の「BC」ではなく、戦艦の分類記号である「BB」と呼ばれる事が殆どである。

艦種編集

駆逐艦
小型で快速だが打たれ弱い(防郭は存在しない)。しかし、立ち回り次第では戦艦などに肉薄して魚雷にて沈めるといった運用が可能。潜水艦は登場しないので爆雷といった対潜水艦用の装備は無い。隠蔽性が高めで敵情の偵察も主な役割となる[17]。主砲や対空砲を撃つのは控えつつ敵艦に接近して魚雷を撒くのが一つの定跡となっている[18]が、主砲をメインで撃つことを推奨されている駆逐艦も多数存在している。
空母の居ないクラン戦ではチームの「目」として重要な存在で、生き残り続ける事が最重要とされている[19]
巡洋艦
駆逐艦より排水量が増え、砲が強力になり、汎用性の高い戦い方ができる。手数が多いためHE弾により敵艦を炎上させる使い方がよく用いられるが、一部の艦はAP弾のみしか使用できない。「軽巡洋艦」と「重巡洋艦」などの区別は無いが、概ね低いTier帯が軽巡で、Tierが上がって来ると重巡が登場する傾向にある。駆逐艦以上に強力な雷装を持つ艦も一部存在する。各国のTier1の艦艇のみ砲艦となっている。クローズドテストの際は重雷装艦北上が実装されていた事もある[20]。駆逐艦には対応し易い傾向にあるが、戦艦からは一回の斉射撃沈される事もある[21]
クラン戦での役割は警戒レーダー搭載艦と攻撃用艦とで分かれてくるが[22]、状況に合わせてフレキシブルに対応する事が求められている[19]
戦艦
砲撃や装甲が強力になるがリロードや旋回性能などは低下するため、一撃一撃がより重要になる。主砲の口径が比較的大きく、敵艦の防郭を抜き易い。しかし、船体が比較的大型で動きも鈍重になる為、駆逐艦や雷撃機からの雷撃等も回避が難しくなる。船体の構造物も大きく炎上し易い。また、火災や浸水などの対応に要する時間も比較的長い。「戦艦」という区分だが巡洋戦艦の金剛型フッドなども含まれている。航空戦艦は2017年12月時点では実装されていない[注 5][23]
クラン戦での役割はランダム戦とほぼ同じで盾役。ダメージの吸収や巧みな位置取り、忍耐が鍵[19]
航空母艦
母艦及び複数の航空機編隊を操作する事になり、操作が忙しくなる。他の砲撃艦とも違った操作体系となり癖があるが、ゲームの戦場では重要視される存在で、マッチングの際には1チームに0~2隻で偏りも無いように調整される。正規空母以外にも「軽空母」や「護衛空母」なども含まれている。使える艦上機の種類は艦上戦闘機艦上爆撃機艦上攻撃機の3種類。艦上偵察機は無いが、艦上機を使って索敵を行う事も主な役割となる[24]。Tierが上がるごとに艦載機の性能が上がり搭載機数も増えるが、中隊数が多くなる傾向にあり、より複雑な操作が求められる[25]。バージョン0.6.3にてTier4とTier5の空母では「Alt攻撃」と呼ばれる、手動で行う攻撃操作が行えなくなっている[26]。またバージョン0.8.0.1より、一度に1中隊しか使えない、航空機を操作する際の視点が俯瞰視点から3人称視点に変更される等、大幅なシステムや操作方法の変更が行われた。

兵装編集

主砲
プレイヤーが手動にて操作する。艦によって、射程や散布界などが異なる。口径が大きくなる程、装填時間が遅くなる傾向にある。砲弾の重量は史実と同様であるが、初速は艦によってはゲーム内で大幅に変更されている(副砲も同様と思われる)[注 6]
副砲
射程内に入った敵艦に対して、自動的に射撃を行う。両用砲も副砲として機能する。副砲によってHE弾を撃つものと、AP弾を撃つものがある。手動で敵艦を指定し、その敵艦を集中的に攻撃させる事も可能である。
対空砲 (対空機銃)
射程内の敵航空機に対して攻撃を行う。射程ごとに短距離、中距離、長距離に分類されている。また、対空砲によりそれぞれ平均の秒間ダメージ量が決められている。ダメージ量は全方位に適用されるが、両用砲のみ迎撃可能な角度が制限されている。副砲同様、手動で敵航空隊を指定し、集中的に攻撃させる事が可能である。
雷装
主砲同様、プレイヤーが手動にて操作する。種類により射程、威力、雷速などが異なる。魚雷自体に隠蔽距離が決められており、その範囲内に敵艦または敵航空機が侵入した場合に、魚雷が発見されるシステムとなっている。
深度魚雷
「深度魚雷」と呼ばれる特殊な魚雷は、喫水の浅い艦艇には効果がないものの、隠蔽性が高く、通常の魚雷より浸水の確率も高く設定されている[27]。パンアジアの駆逐艦とドイツの航空母艦グラーフ・ツェッペリン、日本の駆逐艦「朝潮」が使用できる[28][29][30]。公式フォーラムでは「深層魚雷」などもっと意味が通じる訳への改名提案がプレイヤーより提出されている[31][注 7]

航空機編集

航空機まではあまり重視されていないようで[23]、特に挙動は簡略化されている[注 8]

水上機
巡洋艦または戦艦に搭載される艦載機。カタパルトより発艦した後は自動で母艦の周囲を一定時間旋回する。1回の戦闘で使用出来る回数が決まっている。再使用する際も一定時間が経過しないと再使用できない。水上戦闘機と着弾観測機の2種類がある。(詳しくは#消耗品の項を参照)
艦上機
航空母艦で使用する兵装として扱われ、飛行甲板から発艦し、弾薬や魚雷、爆弾消費後には航空母艦に戻り着艦して補給を行わないと再度攻撃を行う事ができない。母艦が炎上している際は発着艦不能に陥るが、艦長スキルの中には母艦炎上時にも艦上機が発着艦可能になる「緊急発艦」というスキルが存在する[32]
攻撃機
敵機を迎撃する要撃機から仕様変更によりHEロケットによる対艦攻撃の行える攻撃機へ変更された。飛行速度が速く敵艦の索敵に使われるケースが最も多い機種でもある。速度が比較的速く、生存性も高い。
雷撃機
航空魚雷を用いて敵艦に雷撃を加える。航空魚雷は水上艦搭載の魚雷に比べると威力が低く雷速も遅い。雷撃機には後部機銃が付いており、迎撃に来た敵戦闘機に僅かながらも抵抗が可能である。
爆撃機
爆弾を用いて敵艦に急降下爆撃を加える。現在、爆弾はHE爆弾AP爆弾の2種類があり、AP爆弾は火災が発生しないものの大型艦に大きなダメージを与える事が可能である[33][注 9]。雷撃機同様、後部機銃を備えている。

技術ツリー編集

戦闘で獲得した艦EXPを使用する事で、船体や主砲、機関部などのモジュールを開発する事ができる。

アップグレード編集

艦の性能を向上させる為に使用する。値段により6つの枠に別れており、それぞれ一つずつしか装備出来ない。Tierにより使用可能な枠の数が異なる。プレイスタイルに合わせ、好みの組み合わせにする事も可能。

消耗品編集

戦闘中に使用可能なアイテム。艦によって搭載出来る内容が異なる。

応急工作班
火災や浸水時には艦艇にダメージが蓄積されていくが、それを食い止める為に使用する。また、構造物などの破損時もある程度であれば対応が出来る。いわゆるダメージコントロール
修理班
HPが回復する。一回で回復できる量の上限が決まっている。また、受けたダメージの種類によってどれだけ回復できるかが変わる。
水上戦闘機
発艦すると数分間自艦の周囲を飛行する。敵機の迎撃などを自動的に行ったり、また敵が発射した魚雷などを発見する事も出来る。
着弾観測機
発艦すると水上戦闘機同様、数分間自艦の周囲を飛行する。飛行中のみ主砲の射程が延長される。また、飛行中は双眼鏡視点が上空へと移される。
水中聴音
効果時に範囲内に侵入した敵艦及び魚雷を強制的に発見する。いわゆるソナー
警戒レーダー
効果時に範囲内に侵入した敵艦を強制的に発見する。水中聴音とは異なり、魚雷は発見出来ないものの効果範囲は広い。
対空防御砲火
中、長射程の対空砲の敵機への平均ダメージ数が増加する。また、敵航空機からの雷撃や爆撃の命中精度を悪化させる事が可能。
発煙装置
自艦から一定の範囲に煙幕を展開する。範囲内に入ると隠蔽性が通常より向上する。海戦の主導権を握る上で鍵となる事がある[34]
エンジンブースト
一時的に自艦の速力が向上する。
主砲装填ブースター
主砲の再装填に必要な時間を短縮できる。
魚雷装填ブースター
魚雷の再装填に必要な時間を短縮できる。

外装編集

迷彩
隠蔽性の向上や、敵艦の精度の悪化させる事が可能である。また、クレジットや後述の艦EXPや艦長EXPの収入を増加させる事も可能である。
信号旗
装備可能な数は航空母艦が4枚、その他の艦種は8枚となっている。EXPやクレジットなどの取得量の向上が可能。また、艦の性能を向上させる事もできる。デザインは国際信号旗に似ている。

艦長編集

それぞれの艦に1人ずつ配備が可能である。最高ランクは19。ランクが上がるごとに、スキルを振り分ける事が可能。他の艦に乗せ換えを行うとスキルにペナルティが発生し、効果が無くなったり半分になったりするが、再訓練を行う事で本来の効果を発揮出来るようになる。スキルの再分配にはダブロンかエリート艦長EXPが必要になる。

Wargaming設立18周年記念でアルペジオの艦長「Iona」と「Kirishima」がログインするだけで配布された事がある[35]

プレミアム艦艇編集

プレミアムショップで課金する事によって購入が可能な艦艇で、「ダブロン」を購入する事によって技術ツリーに表示されているものを購入する事も可能である。特徴的なのは艦長の再訓練が不要である事と、修理費が通常の同Tier艦艇に比べて安い事、経験値などを増加させることが可能な永久的に使える迷彩を持っている事などが挙げられる[36]

コラボレーション艦艇編集

期間限定イベントの『蒼き鋼のアルペジオ』や『ハイスクール・フリート』などのコラボレーション企画に参加すると、その作品に登場する艦艇が期間限定で入手可能になる。ただし、これらは基本的に作中に登場する既存艦艇のバリエーションであり、全くの新規艦艇として一から追加されるものではない(しかし、『ハイスクール・フリート』の晴風(はれかぜ)のように陽炎型駆逐艦が基本ながら、主砲を作中の武装に換装可能なケースはある)。

作品内で使用される特殊兵器(侵食魚雷やクラインフィールドなど)は実装されず、艦艇が特に変わった仕様にはならないが、作品内での姿が再現され、その艦艇に属する登場人物の艦長ボイスが付与される(なかには『アルペジオ』のイオナのように、搭乗艦が潜水艦でコラボレーション実施当時未実装だったため、別の艦のボイスを担当したケースもある)。

マップ編集

マップは幾つも用意されており、Tier帯によって出現するマップが違ってくる。「ソロモン諸島」や「沖縄」など、実際に激戦があった地区をイメージしたマップもある[37]。それぞれのマップで戦術が異なる[22]

  • マップ「ソロモン諸島」はガダルカナル島をイメージしたTier2 - 4向けのマップとなっている[37]
  • マップ「沖縄」は実際の沖縄近海がモデルのTier9 - 10向けのマップとなっている[37]

ゲーム内ポイント編集

経験値(EXP)編集

「戦闘で取得した経験値」は「任務記録EXP」と「艦長EXP」と「艦EXP」に加算され、一定割合は「フリー経験値」として取得する事になる。

任務記録EXP
プレイヤーアカウントが得る経験値。任務記録レベルが向上する。任務記録レベルは15まであり[注 10]、徐々に出来ることが解放されていく。
艦長EXP
艦艇に乗艦させている艦長キャラクターが得る経験値。必要経験値分貯まるとスキルポイントが増え、プレイスタイルに応じて好みの艦長スキルに割り振る事ができる。最高ランクの艦長は「エリート艦長EXP」を取得するようになり、他の艦長へ配分したり、「フリーEXP」に変換可能。
艦EXP
その艦艇で取得した経験値。艦艇の性能を向上させるモジュール研究に使用したり、次のTierの艦艇を研究する際に使用する。
フリー経験値
艦艇の性能を向上させるモジュールの研究に使用したり、次のTierの艦艇を研究する際に使用する。「フリーEXP」と呼ばれる事もある。

ゲーム内通貨編集

クレジット
戦闘に参加し活躍する事で獲得できる。Tierが高くなってくると艦艇の一戦辺りの必要な修理費などが増える為、戦闘であまり活躍出来なかった場合、収支がマイナスになる事もある。新規モジュールや新艦艇の購入時などに使う[12]
ダブロン
リアルマネーで購入する通貨。プレミアム品の購入や経験値の変換などの際に使用する。クレジットへ変換する事も可能[12]

主な実装艦艇編集

実装されている艦艇は概ね以下のようになっている。過去に販売が終了している艦艇もあるためこれが全てでは無い[注 11]

 日本編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I 橋立
II 筑摩 海風 三笠
III   河内 天龍 若竹 香取
IV 鳳翔 妙義 球磨 磯風 石鎚 夕張
V 瑞鳳(現在凍結) 金剛 古鷹 睦月 峯風 矢矧 神風[注 12]
VI 龍驤 扶桑 青葉 吹雪 初春 陸奥
VII 飛龍(現在凍結) 長門 妙高 白露 愛鷹[38] 夕立
VIII 翔鶴 天城 最上 陽炎 秋月 加賀 紀伊 愛宕
IX 大鳳(現在凍結) 出雲[注 14][39] 伊吹 夕雲 北風 武蔵 吾妻
X 白龍 大和 蔵王 島風 春雲 敷島 吉野 疾風

 アメリカ編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I エリー
II チェスター サンプソン オールバニ スミス
III サウスカロライナ セントルイス ウィックス
IV ラングレー ワイオミング フェニックス クレムソン
V ボーグ (現在凍結) ニューヨーク オマハ ニコラス テキサス マーブルヘッド
VI インディペンデンス ニューメキシコ ペンサコーラ ダラス ファラガット アリゾナ モナハン
VII レンジャー(現在凍結) コロラド ニューオーリンズ ヘレナ マハン サイパン カリフォルニア シムス
VIII レキシントン ノースカロライナ ボルチモア クリーヴランド ベンソン エンタープライズ キッド[41]
IX エセックス(現在凍結) アイオワ バッファロー シアトル フレッチャー ミズーリ

ジョージア

ブラック
X ミッドウェイ モンタナ デモイン ウースター ギアリング オハイオ セーラム サマーズ

 ソ連編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 巡洋艦 駆逐艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I オルラン
II ノヴィーク ストロジェヴォイ ジアーナ
III ボガトィーリ デルズキー
IV スヴェトラーナ イズィヤスラフ
V コトフスキー パドヴォイスキー Okt. Revolutsiya キーロフ オホトニク
VI ブジョンヌイ グネヴヌイ
VII ショールス ミンスク レニングラード
VIII タリン キエフ オグニェーヴォイ
IX リガ タシケント ウダロイ クロンシュタット
X ペトロパブロフスク ハバロフスク グロザヴォイ スターリングラード

モスクワ

 ドイツ編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 戦艦 巡洋艦 駆逐艦 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I ヘルメリーン
II ドレースデン V-25英語版 エムデン
III ナッサウ コルベルク G-101英語版 アルベルト
IV カイザー カールスルーエ V-170
V ケーニヒ ケーニヒスベルク T-22
VI バイエルン ニュルンベルク ゲーデ グラーフ・シュペー T-61
VII グナイゼナウ ヨルク マース シャルンホルスト Z-39
VIII ビスマルク ヒッパー Z-23 グラーフ・ツェッペリン ティルピッツ

オーディン

プリンツ・オイゲン

マインツ

IX F. Der Grose ローン Z-46 エギル

ジークフリート

X G. Kurfürst ヒンデンブルク Z-52

 イギリス編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 戦艦 巡洋艦 駆逐艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I ブラックスワン  
II ウェイマス メディア
III ベレロフォン カレドン ヴァルキリィ キャンベルタウン
IV オライオン ダナイー ウェイクフル
V アイアン・デューク エメラルド アカスタ
VI クイーン・エリザベス リアンダー イカルス ウォースパイト ギャラント
VII キング・ジョージ5世 フィジー ジャーヴィス ベルファスト[43]
VIII モナーク エディンバラ ライトニング
IX ライオン ネプチューン ジャトランド
X コンカラー マイノーター デアリング

 ポーランド編集

プレミアム艦艇
Tier 駆逐艦
VII ブウィスカヴィツァ

 パンアジア編集

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 巡洋艦 駆逐艦 巡洋艦 駆逐艦
I 成安(チョンアン)
II 龍江(ロンジャン)
III プラ・ルアン
IV 瀋陽(シェンヤン)
V 建威(ジャンウェイ)
VI 撫順(フーシュン) 黄河(ファンフー) 鞍山(アンシャン)
VII ガジャ・マダ
VIII 咸陽(シャンヤン) 洛陽(ローヤン)
IX 忠武(チュンム)
X 襄陽(シェンヤン)

 フランス編集

フランスの戦艦ツリーはバージョン0.7.2より実装された[44]

技術ツリー プレミアム艦艇
Tier 戦艦 巡洋艦 駆逐艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
I ブーゲンヴィル
II ジュリアン Enseigne Gabolde(英語版)
III テュレンヌ フリアン Fusilier
IV クールベ デュゲイ・トルーアン Bourrasque
V ブルターニュ エミール・ベルタン Jaguar
VI ノルマンディー ラ・ガリソニエール Guepard ダンケルク ド・グラース エーグル
VII リヨン アルジェリー Vauquelin
VIII リシュリュー シャルル・マルテル Le Fantasque ガスコーニュ
IX アルザス サン=ルイ Mogador
X レピュブリク アンリ4世 Kleber ブルゴーニュ コルベール

 イタリア編集

プレミアム艦艇
Tier 戦艦 巡洋艦
V ジュリオ・チェザーレ
VI ドゥーカ・ダオスタ
VII ドゥーカ・デリ・アブルッツィ
VIII ローマ[45]

 イギリス連邦編集

プレミアム艦艇
Tier 巡洋艦 駆逐艦
III ヴァンパイア[46]
IV
V
VI パース
VII ハイダ

 パンアメリカ編集

プレミアム艦艇
Tier 巡洋艦
VII ヌエベ・デ・フリオ

期間限定実装艦編集

2018年3月29日、エイプリルフールイベントとして4月25日までの期間限定で戦闘タイプ「宇宙戦」が実装され、以下9隻の宇宙艦艇が期間限定で実装された。宇宙艦艇の入手には任務記録レベル12以上とTier6以上の艦艇が必要[47]。宇宙艦艇は「宇宙戦」にしか出撃できず、「宇宙戦」には宇宙艦艇しか出撃できない仕様となっている[16]。また類似した期間限定イベントは、異なる形態の物もあるが過去にも複数回行われている。

2018エイプリルフール艦艇
Tier 航空母艦 戦艦 巡洋艦 駆逐艦
VII ヘルキャリアー パリ
オールデストロイヤー
ギャラクシー
ザーヤ
ノーマ
オーロラ
フライファイアー
ブルー・アスター

主な実装艦載機編集

実装されている艦上機は概ね以下のようになっている。消耗品扱いの水上機の機種名は現在では明記されていないが[注 15]、過去にゲーム内やアップデートの際など表記されていた事はあり、E7KF1M2E13A1などが実装されている[28]

 日本編集

艦上機
Tier 戦闘機 雷撃機 急降下爆撃機
III A4N B1M
IV B4Y
V A5M4 D1A2
VI A6M2 B5N2 D3A1
VII A6M5c D3A2
VIII N1K5-A B6N D4Y2
IX A7M1 B7A2
X A8M[48][49] C6N1-B[注 16] Wakusei

 アメリカ編集

艦上機
Tier 戦闘機 雷撃機 急降下爆撃機
III F4B T3M英語版 BM2英語版
IV T4M英語版 SBU英語版
V SBD
VI F6F-3 TBD SBD-3
VII F6F-5 TBF SBD-5
VIII F4U-1 TBM-3 SB2C[注 17]
IX F4U-4 AD-1[注 18] BTD-1[注 17]
AD-2[注 18]
X XBTK-1[注 17]

歴史編集

  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
    • 6月17日 - ウォーゲーミング主催のオフラインイベントが名古屋で開催された。対戦イベントでは変則ルールもあり、駆逐艦によるバトルアクションレースゲーム等も行われた[60]
    • 6月30日 - 『ハイスクール・フリート』とのコラボを実施[61]
    • 8月3日 - 新要素として「ユニーク艦長システム」が発表された。第1弾は山本五十六となったが、幅広いキャラクターを登場させる方針が示された[62]
    • 8月25日 - 新艦艇として航空母艦のグラーフ・ツェッペリンがプレミアム艦艇として販売開始されたが、多くの議論が発生し、運営側より8月27日には販売を停止、返金の申請に応じるという声明が発表される異例の事態が発生した。新艦艇をリリースする前のバランス調整が不十分だったとされる[63]
    • 9月23日 - 東京ゲームショウ2017にて、WoWs公式大会のオフライン決勝戦が行われた[34]
    • 11月4日 - MicrosoftストアWindows10向けに「World of Warships」がリリースされた。こちらはWargamingのアカウントではなく、Microsoftのアカウントに紐づけられる模様[64]
    • 11月15日 - SteamにてWindows向けに「World of Warships」がリリースされた。こちらもデフォルトの状態ではWargamingのアカウントには紐付けられない模様[65]
    • 12月14日 - 公式フォーラムのユーザーインターフェースが多言語に対応[66]
  • 2018年
    • 1月18日 - モバイル端末向けアプリ『World of Warships Blitz』の正式サービスが開始された。iOSとAndroidのプレイヤーはこのアプリを同じサーバーでプレイできる[注 20]
    • 3月10日 - Wargaming Japanの提供でバーチャルYouTuberキズナアイに取り上げられた。ボーナスコードも提示され、新規登録者向けにTier4の石鎚と夕張の配布が行われた[67]
    • 3月29日 - エイプリルフールイベントとして4月25日までの期間限定で戦闘タイプ「宇宙戦」が再度実装された[47]
    • 4月2日 - 『アズールレーン』とのコラボを行うと発表された[68]。4月21日にはコラボ内容についてのトークイベントが行われ、WoWsの艦長キャラクターにアズールレーンのキャラクターが登場する事や、アズールレーン側にはWoWsに実装されている計画艦をモチーフにしたキャラクターが登場する事などが明かされた[69]
  • 2019年
    • 6月24日 - 期間限定イベントとして「烈波[70]」が実装された。
    • 8月22日 - 潜水艦ツリーの追加が発表された。

備考編集

  • コンピュータゲームである以上、チート行為を行うプレイヤーとのいたちごっこは避けられず、対処として警告アカウント停止処分といった処置が取られている[71][注 21]
  • MODの使用に関しては公式に方針が制定されており、公式により禁止されているMODを使用し続けると複数回の警告の後、アカウント永久停止処分に処される[72]
  • 「World of Warships」推奨PCなるものも存在するが、補助記憶装置にはSSDを使っているものの、CPUは「Core i5」、GPUは「GeForce GTX 960」といったレベルで、それほど高いスペックではない[73]
  • シニアプロデューサーのジェイク・ネリによると、プレイヤーは2種類に大別でき、一つは「勝つためにプレイ」もう一つは「コレクター」との事[74]
  • グローバルプロデューサーのオーサー・プロチンクによると、2016年のエキシビションマッチの時点では、WoWsのeスポーツ化では視聴者の増加とカメラの演出が課題とされた[75]

チャット関連編集

  • 試合中は基本英語を使うが、F2 - F12キーに割り当てられたクイックコマンド[注 22]が手軽で音声も付いており、よく使われる。「援護を求む!」「よくやった!」「各員の健闘を祈る!」等がある[76]
  • チャット機能は出撃前の画面にもあり、ここでは各言語向けのチャンネルがある。日本語向けだと「オフトピックディスカッション」という公式チャンネルが用意されている。

ぷかぷか艦隊編集

ぷかぷか艦隊』(ぷかぷかフリート)とは、WoWs公式サイトにて2016年3月から連載が始まり、2018年2月に一旦最終話を迎えた連載4コマ漫画。WoWs初心者向けの内容から始まり、ゲームアップデートの内容紹介や、オフラインイベントのレポート等がコミカルに掲載された。イラストは村正みかど[77][78]。2018年4月20日よりSeason 3として連載が再開された[79]

主な登場人物編集

山本かもめ
日本ツリーの巡洋艦担当。弱くてめったに勝てない「ぷかぷか艦隊」 のリーダー。使用艦艇は「球磨」。面倒見がよく、誰とでもすぐ仲良くなれるのが特徴。「レイテ沖の天使」と名乗った事がある[80]。航空機には詳しくない模様[81]
東郷みかん
アメリカツリーの戦艦を好む大艦巨砲主義者。使用艦艇は「ワイオミング」。実は寂しがりで「南洋のロンリーウルフ」と名乗った事がある[80]。試合のルールに関係なく、常に敵軍全滅を目指している。
伊藤なる
日本ツリーの駆逐艦担当。使用艦艇は「磯風」。アニメとゲームと睡眠が趣味な楽天家で、国家にも特にこだわりは無い。なぜか男子にモテたいという理由でWoWSを始めた。航空機には詳しくない模様[81]。Season 2でペンコ隊長率いる「すたこら艦隊」に引き抜かれそうになるが、本人としてはただ遊びに来ただけのつもりだった[82]
有栖川トト
アメリカツリーの空母乗り。使用艦艇は「レキシントン」だが「ぷかぷか艦隊」の他のメンバーに合わせてラングレーも使用する。言葉数は少なめで引っ込み思案。推理小説をよく読む。ゲーム中での第一目標は制空権を取る事。空母だけどたまに敵陣を占領する事もある。一機も撃墜されずに試合に勝利したいと思っており、航空機が全滅すると泣きそうになる。

Season 2からの登場人物編集

八代ゴロー
ぷかぷか艦隊が集まるネットカフェアルバイト定員。WoWSをプレイしているかは不明。山本かもめの事が気になるらしい。有栖川トトと仲が良い[83]
礼田トッコ
ドイツ巡洋艦ニュルンベルク乗り。偉そうだがWoWSのプレイヤースキルは山本かもめと同レベル。八代ゴローの事が気になるらしい。
西村さくら
日本戦艦好きな扶桑乗り。普段はおっとりしているが鉢巻をして気合を入れると強気になる[84]。しかしすぐ諦める模様。背が高めで被発見距離が長い[85]
小栗ペンコ
アメリカ巡洋艦ペンサコーラ乗り。逃げる事に特化した「すたこら艦隊」のリーダー。人見知り。いつでも逃げられるよう物陰に隠れる習性があり、緊密な連携を重視している[76]。同じアメリカツリーの東郷みかんと仲良くなりたいが、口に出せないでいる[84]
タチアナ・ロジェストヴェンスカヤ
ソ連駆逐艦乗り。「グネヴヌイ」や「ミンスク」を使っている。艦の速力さえ優れていれば、あとは何とかできる[86]。山本かもめに勧められてWoWSを始めた。山本かもめからは「ターにゃん」、伊藤なるからは「タッちゃん」と呼ばれている[87]。駆逐艦の「見えない脅威」としての立ち回りや「連携」の重要性を理解しており[87]、根は優しいがプレイ中は容赦無い[84]
有栖川ネネ
有栖川トトの姉。空母、戦艦、駆逐艦、巡洋艦を乗りこなしているオールラウンダー。日本空母「白龍」を好む。なぜか寝ている妹を逆さ吊りにしたりする[88]。妹曰く「人間のTierが低い」[89]

その他の用語編集

ぷかぷか艦隊ラジオ
略して『ぷかラジ』[90]。「反響が思いのほか大きかった」とされている[91]

World of Warships Blitz編集

World of Warships Blitz』とは、PC向けの「World of Warships」をモバイル端末向けにアレンジした、iOS 8.0以上およびAndroid 5.0以上向けのアクションゲームである[92]。2018年1月18日より配信されており、クロスプラットフォームに対応している[93]。PC版との違いとしては、タッチスクリーンによる操作となっている他にも、副砲を手動で操作できたり、技術ツリーにも違いがあるなど、各所でPC版とは異なっている。(ちなみにこちらでは航空戦艦として、伊勢が実装されている)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 日本からアジア以外のサーバーにアクセスする事も可能である。
  2. ^ 課金した場合を除く
  3. ^ ゲームの構成フォルダにて確認可能
  4. ^ 艦艇をモデリングする際は資料集めから始まるため、制作にはひとつ約8カ月から9カ月を要している。ドイツ戦艦ツリーついに実装! 「World of Warships」インタビュー”. GAME Watch (2016年8月22日). 2018年1月28日閲覧。
  5. ^ ウォーゲーミングジャパンのミリタリーアドバイザー宮永氏によると、開発チームに航空戦艦の資料は求められているため、実装前のゲームバランスの面で難航している思われる。
  6. ^ Wargaming.netがサポートを行なっているページより、初速と砲弾重量の確認が可能である。World of Warships - Global wiki. Wargaming.net”. Wargaming.net. 2018年2月1日閲覧。
  7. ^ バージョン0.7.2.2の段階ではまだ「深度魚雷」のままである。
  8. ^ バージョン0.7.1.0時点では、雷撃機が水面近くまで降りる事無く魚雷を投下していたり、山を貫通して来たり、水上機が直接カタパルトに戻って来たりする。
  9. ^ HE爆弾とAP爆弾は、旧日本海軍で言うと通常爆弾と徹甲爆弾に相当するかと思われる。(参考:大日本帝国海軍航空爆弾一覧#航空爆弾
  10. ^ 2018年1月21日現在
  11. ^ 主にゲームクライアントバージョン0.7.0.2および公式のWebサイト上にて販売中のものを確認(2018年2月時点)。
  12. ^ 神風はバランス調整により今後販売されないことが発表された。
  13. ^ アニメ『ハイスクール・フリート』に登場する架空の艦船である陽炎型駆逐艦『晴風』(はれかぜ)がモデルとなっている。HSF HAREKAZE”. Wargaming.net. 2018年2月4日閲覧。
  14. ^ ゲーム中の出雲は大和型の設計案の一つ「A-140-J2」をモデルとしており、主砲は41cm三連装砲3基を艦首側に集中配置している。
  15. ^ ゲームクライアントバージョン0.7.1.1にて確認(2018年2月時点)
  16. ^ 雷装した彩雲。計画のみ。(参考:en:Nakajima_C6N#Variants
  17. ^ a b c 通常のHE爆弾搭載機の他にAP爆弾搭載機もある。
  18. ^ a b プレミアム艦艇、アメリカTier7空母サイパンの搭載機。Saipan - Global wiki.”. Wargaming.net. 2018年4月5日閲覧。
  19. ^ 日本での反応は「もっとやってほしい」が多いが、アメリカやヨーロッパではそういう反応は全く上がって来ない模様。「World of Warships」の開発者インタビュー。ドイツ戦艦に続いてイギリス巡洋艦を実装し、その次は?”. 4Gamer.net (2016年8月19日). 2018年2月24日閲覧。
  20. ^ つまりPC向けのWoWsとはサーバーが違う模様。「World of Warships Blitz」の正式サービス開始日が1月18日に決定。事前登録でプレミアム艦艇“Aurora”獲得のチャンス”. 4gamer.net (2018年1月12日). 2018年1月29日閲覧。
  21. ^ WoWsプロデューサーの柳沼氏によると、チートやAFKでゲームバランスが崩れてしまうため、対策していきたいとのこと。2017年,「World of Warships」はこうなる。台湾で開催されたイベントで,プロデューサーに話を聞いた”. 4gamer.net (2017年4月12日). 2018年1月28日閲覧。
  22. ^ 他のFPSゲームだと「ラジオチャット」とも呼ばれる機能。よく使うであろう定型文が幾つか用意されており、文字入力を簡略化できる。

出典編集

  1. ^ a b World of Warships システム要件”. Wargaming.net. 2018年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e オンボードグラフィックの場合は2.5 GB
  3. ^ a b [Gamescom]「100%のF2Pが必勝のコンセプト」だ。WargamingのCEOがGDC Europeの基調講演で熱弁をふるう”. 2020年2月19日閲覧。
  4. ^ a b 航空戦艦伊勢!重雷装艦北上!WoWsで語るロマン艦の世界~WGJ宮永忠将氏 (1/5)”. ASCII.jp (2015年11月25日). 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ WORLD OF WARSHIPS ゲームルール”. Wargaming.net (2017年6月9日). 2018年1月27日閲覧。
  6. ^ 「大和」は12万ポリゴン以上! 「World of Warships」のこだわり制作秘話”. GAME Watch (2014年9月20日). 2018年1月14日閲覧。
  7. ^ 開発者日記 #8: ゲームエンジン”. Wargaming.net (2015年9月2日). 2018年1月27日閲覧。
  8. ^ 独特のテンポで展開される「World of Warships」のバトルで、敵の裏の裏を突け”. 4Gamer.net (2017年2月28日). 2018年2月24日閲覧。
  9. ^ 『World of Warships』 潜水艦、天候要素など、2016年のアップデート計画を語る動画が公開”. ファミ通.com (2016年2月4日). 2018年1月14日閲覧。
  10. ^ 操作”. Wargaming.net. 2018年1月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f 始めよう”. Wargaming.net. 2018年1月29日閲覧。
  12. ^ a b c d WORLD OF WARSHIPS ガイド (PDF)”. Wargaming.net. 2018年1月29日閲覧。
  13. ^ 週刊「ぷかぷか艦隊」 Vol.17”. Wargaming.net (2016年7月15日). 2018年2月24日閲覧。
  14. ^ クラン戦”. Wargaming.net. 2018年1月21日閲覧。
  15. ^ バージョン 0.7.0”. Wargaming.net (2018年1月19日). 2018年1月22日閲覧。
  16. ^ a b もうすぐ宇宙戦が登場!”. Wargaming.net (2018年3月22日). 2018年3月31日閲覧。
  17. ^ ちっちゃいボディーに強力なウェポンを搭載! 機動力と魚雷を武器に戦う“駆逐艦”の魅力”. ファミ通.com (2015年10月6日). 2018年1月23日閲覧。
  18. ^ 【World of Warships連載:第3回】駆逐艦の心強い武器・魚雷を使いこなそう!小型艦でも戦艦や航空母艦を撃沈できる強力な兵装”. OnlineGamer (2015年9月26日). 2018年2月24日閲覧。
  19. ^ a b c プロ級のプレイ”. Wargaming.net (2018年3月14日). 2018年4月8日閲覧。
  20. ^ 航空戦艦伊勢!重雷装艦北上!WoWsで語るロマン艦の世界~WGJ宮永忠将氏 (3/5)”. ASCII.jp (2015年11月25日). 2018年1月21日閲覧。
  21. ^ どんな場面でも活躍できる万能選手“巡洋艦”を乗りこなせ!”. ファミ通.com (2015年11月12日). 2018年1月25日閲覧。
  22. ^ a b プロ級のプレイ: マップ戦術”. Wargaming.net (2018年4月5日). 2018年4月5日閲覧。
  23. ^ a b 航空戦艦伊勢!重雷装艦北上!WoWsで語るロマン艦の世界~WGJ宮永忠将氏 (2/5)”. ASCII.jp (2015年11月25日). 2018年1月21日閲覧。
  24. ^ 神の視点と大量の艦載機こそが“空母”の魅力、戦場を支配するのはキミだ!”. ファミ通.com (2015年10月21日). 2018年1月23日閲覧。
  25. ^ 『World of Warships』に日本空母「翔鶴」実装! さっそく使ってみた”. ASCII.jp (2015年6月20日). 2018年2月17日閲覧。
  26. ^ そのTier帯は対空性能の低い艦が多いという理由でのバランス調整。メンテナンス バージョン 0.6.3”. Wargaming.net (2017年3月28日). 2018年3月13日閲覧。
  27. ^ パンアジア駆逐艦オーバービュー”. Wargaming.net (2017年11月27日). 2018年2月6日閲覧。
  28. ^ a b メンテナンス バージョン 0.6.12”. Wargaming.net (2017年10月17日). 2018年3月28日閲覧。
  29. ^ a b 週刊「ぷかぷか艦隊 -Season 3-」Vol.98”. Wargaming.net (2018年4月27日). 2018年4月30日閲覧。
  30. ^ a b プレミアムショップ Asashio 登場!”. Wargaming.net (2018年4月27日). 2018年4月30日閲覧。
  31. ^ パンアジア駆逐艦用魚雷 “Deepwater Torpedoes” の呼称変更” (2017年11月16日). 2018年3月28日閲覧。
  32. ^ 艦長スキルシミュレーター”. Wargaming.net. 2018年1月28日閲覧。
  33. ^ Enterprise Global wiki”. Wargaming.net. 2018年1月29日閲覧。
  34. ^ a b 『World of Warships』試合を盛り上げるために選手たちが動いた! 初の公式大会の模様をリポート【TGS2017】”. ファミ通.com (2017年9月24日). 2018年1月22日閲覧。
  35. ^ Kirishimaは人型の方でボイスはIonaと共通。スペシャル アルペジオ艦長ギフト”. Wargaming.net (2016年8月1日). 2018年3月12日閲覧。
  36. ^ Premium ships - Global wiki. Wargaming.net”. Wargaming.net. 2018年1月30日閲覧。
  37. ^ a b c マップタクティクス”. Wargaming.net. 2018年4月5日閲覧。
  38. ^ プレミアムショップ Ashitaka”. Wargaming.net (2017年12月1日). 2018年3月12日閲覧。
  39. ^ Izumo - Global wiki”. Wargaming.net. 2018年5月6日閲覧。
  40. ^ プレミアム艦艇スポットライト: Atlanta”. Wargaming.net (2015年7月14日). 2018年4月15日閲覧。
  41. ^ プレミアムショップ USS Kidd 再登場!”. Wargaming.net (2018年3月16日). 2018年3月17日閲覧。
  42. ^ Varyag マラソン - プレミアム艦艇を無料でゲットしましょう!”. Wargaming.net (2018年4月13日). 2018年4月29日閲覧。
  43. ^ プレミアムショップ イギリス巡洋艦: Belfast (ベルファスト)”. Wargaming.net (2016年10月21日). 2018年4月25日閲覧。
  44. ^ メンテナンス バージョン 0.7.2”. Wargaming.net (2018年2月27日). 2018年3月1日閲覧。
  45. ^ ROMA”. Wargaming.net. 2018年2月4日閲覧。
  46. ^ プレミアムショップ HMAS Vampire”. Wargaming.net (2017年12月6日). 2018年2月4日閲覧。
  47. ^ a b 「World of Warships」エイプリルフールイベントとして「宇宙戦」が3月29日から4月25日まで実装。9隻の宇宙艦艇が登場へ”. 4Gamer.net (2018年3月28日). 2018年3月31日閲覧。
  48. ^ ペーパープラン兵器。Mitsubishi A8M”. Wargaming.net. 2018年2月22日閲覧。
  49. ^ pl:Mitsubishi-Nakajima_A8M
  50. ^ a b World of Warships 正式サービス開始!”. Wargaming.net. 2018年1月21日閲覧。
  51. ^ 「World of Warships」で2日間限定のプレミアムテスト実施。テスターの受付は公式サイトで本日20:00から予定”. 4Gamer.net (2014年12月9日). 2018年1月14日閲覧。
  52. ^ 「World of Warships」,第二次プレミアムテストが2015年1月23日にスタート。4Gamer枠として250名をご招待”. 4Gamer.net (2015年1月23日). 2018年1月24日閲覧。
  53. ^ 「World of Warships」のクローズドβテスター募集が3月12日18:00に開始。テストでは駆逐艦や巡洋艦などの新たな艦種が操作可能に”. 4Gamer.net (2015年3月10日). 2018年1月14日閲覧。
  54. ^ エープリルフールだと!?”. Vector (2015年4月12日). 2018年1月27日閲覧。
  55. ^ これが「World of Warships」に登場するアルペジオ艦だ! すべて集めた「霧の艦隊」をムービーで紹介”. 4Gamer.net (2017年3月7日). 2018年1月14日閲覧。
  56. ^ 皇宇(ZECO)作品《鋼鐵少女》遊戲化,中國將由空中網代理並與《戰艦世界》連動!”. Animen 動漫平台(.res) (2016年1月28日). 2018年4月3日閲覧。
  57. ^ 公認コミュニティライブストリーマー新登場!”. Wargaming.net (2016年7月11日). 2018年3月26日閲覧。
  58. ^ 「World of Warships」でスティーブン・セガール艦長が手に入る”. ASCII.jp (2016年11月1日). 2018年1月14日閲覧。
  59. ^ 0.7.2 公開テスト プレビュー”. Wargaming.net (2018年2月14日). 2018年3月3日閲覧。
  60. ^ 『WoT』と『WoWs』は変な対戦をするのに向いている”. ファミ通.com (2017年6月27日). 2018年1月28日閲覧。
  61. ^ 『World of Warships』にてTVアニメ『ハイスクール・フリート』の艦艇が6月30日より販売開始! 声優のLynnさん、五十嵐裕美さん特別インタビューも公開に”. ファミ通.com (2017年6月27日). 2018年1月14日閲覧。
  62. ^ 「World of Warships」、ユニーク艦長第1弾“山本五十六”やイギリス戦艦ツリーなど今後のアップデート情報を続々発表!”. GAME Watch (2017年8月3日). 2018年1月23日閲覧。
  63. ^ Graf Zeppelin: 販売停止、バランス再調整、返金に関するご案内”. Wargaming.net (2017年8月26日). 2018年2月1日閲覧。
  64. ^ World of Warships を入手”. Microsoft Store. 2018年3月17日閲覧。
  65. ^ Steam:World of Warships”. Steam. 2018年4月2日閲覧。
  66. ^ World of Warships 公式フォーラムアップデート”. Wargaming.net. 2018年1月21日閲覧。
  67. ^ 【World of Warships】#2 今回はちゃんと対人戦に挑戦します!”. A.I.Games (2018年3月10日). 2018年3月18日閲覧。
  68. ^ 「World of Warships」と「アズールレーン」がまさかのコラボ。スペシャルトークイベントが4月21日,秋葉原で開催”. 4Gamer.net (2018年4月2日). 2018年4月2日閲覧。
  69. ^ 「World of Warships × アズールレーン スペシャルトークイベント」が開催。新情報の発表やキャストのトークで盛り上がったイベントをレポート”. 4Gamer.net (2018年4月23日). 2018年4月25日閲覧。
  70. ^ (日本語) Rogue Wave: Sink them all! | World of Warships, https://www.youtube.com/watch?v=i1a4fhEkWww 2019年9月2日閲覧。 
  71. ^ チートにはご注意を!”. Wargaming.net (2016年12月16日). 2018年1月27日閲覧。
  72. ^ MOD 使用に関する重要なお知らせ”. Wargaming.net (2017年12月12日). 2018年2月7日閲覧。
  73. ^ 空母塗装がカッコイイ! オリオのNCASE「 M1」採用BTO”. ASCII.jp (2016年4月26日). 2018年2月17日閲覧。
  74. ^ 【E3 2015】『World of Warships』開発者を突撃!「大和のモデリングには多大な敬意を払った」…OBTの情報も”. Game*Spark (2015年6月23日). 2018年2月27日閲覧。
  75. ^ 『World of Warships』の担当者に聞く ドイツ艦、イギリス巡洋艦実装後の今後の未来図と、eスポーツ化に向けての課題とは?【gamescom 2016】”. ファミ通.com (2016年8月19日). 2018年3月17日閲覧。
  76. ^ a b 週刊「ぷかぷか艦隊 -Season 2-」 Vol.68”. Wargaming.net (2017年8月4日). 2018年4月30日閲覧。
  77. ^ 「World of Warships」漫画「ぷかぷか艦隊」公開!”. GAME Watch (2016年3月18日). 2018年3月5日閲覧。
  78. ^ ぷかぷか艦隊”. Wargaming.net. 2018年3月5日閲覧。
  79. ^ 週刊「ぷかぷか艦隊 -Season 3-」Vol.97”. Wargaming.net (2018年4月20日). 2018年4月30日閲覧。
  80. ^ a b vol08
  81. ^ a b vol30
  82. ^ vol78
  83. ^ 余計な事言って殴られるくらいには(vol46)
  84. ^ a b c vol55
  85. ^ vol44
  86. ^ vol49
  87. ^ a b vol51
  88. ^ vol56
  89. ^ vol89
  90. ^ vol53
  91. ^ vol54
  92. ^ システム要件”. Wargaming.net. 2018年4月5日閲覧。
  93. ^ Wargamingの海戦ゲーム「World of Warships Blitz」が配信スタート。PC版の醍醐味をスマホでも味わえる”. 4Gamer.net (2018年1月18日). 2018年4月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集