メインメニューを開く

ノーサイド・ゲーム

日本の小説作品、テレビドラマ番組

あらすじ編集

トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。この案件は、結局取締役会で見送られたが、それからおよそ3か月後、君嶋は横浜工場総務部長に左遷させられる。

横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。アナリストの佐倉多英やキャプテンの岸和田徹の助言を受けながら、新監督は柴門琢磨に決まる。新生アストロズが始動し快進撃を続け、柴門が監督に就任して1年目のアストロズは3位の成績に終わる。

そして、君嶋は元上司・脇坂賢治から、見送られたはずのカザマ商事買収案件が復活したことを聞く。その後、脇坂は君嶋に経営戦略室に戻るように伝えたが、君嶋は横浜工場の総務部長として、またアストロズのゼネラルマネージャーとしてやり残したことがあると伝える。

滝川は取締役会でカザマ商事買収を提案しまとまりかけようとしたところ、脇坂にカザマ商事に関する経営情報報告で不備な点を指摘されたことで白紙となる。これをきっかけに滝川は社内での信用を失い関連会社の社長に転出し、脇坂は立場が入れ替わる形で常務取締役に昇進する。

脇坂が常務取締役に就任してからは、アストロズの強化費削減をしアストロズを廃部に持ち込もうとして、アストロズは苦境に立たされる。そして、脇坂はアストロズの強化費削減案を取締役会に提案したが、君嶋がアストロズの存在証明と日本蹴球協会に戦いを挑んでいることの説明に島本が同意したことで提案は退けられる。そのあとに君嶋からの「コンプライアンス問題に関する報告」をしたことで脇坂は常務取締役の役職を解くことになる。同時に日本蹴球協会の定例会議で専務理事の木戸は「プラチナリーグ改革案」と会長の富永の解任を提案し、理事たちの賛同を得たことでプラチナリーグは変化しようとし始める。

柴門が監督に就任して2年目のアストロズは念願かなって優勝し、その4か月後に君嶋は経営戦略室長のポストに異動し、アストロズ部長職を兼務することになる。

登場人物編集

トキワ自動車編集

君嶋隼人(きみしま はやと)
経営戦略室次長→横浜工場総務部長、アストロズGM兼務→経営戦略室長、アストロズ部長兼務。城南大学卒。
富山出身で役場員の父と近くの工場で働く母との間に生まれた長男。弟と妹がひとりずついる。家族は妻と息子ふたりの4人。
収益を上げラグビーを活性化させるために地域密着型のチーム作りを目指し、下部組織のジュニア・アストロズの創設や選手たちのボランティア参加を行なっている。さらに、日本蹴球協会の改革を目指している。
アストロズGMに就任してから2年後にアストロズがプラチナリーグを優勝し、その4か月後に経営戦略室長のポストに異動する。また、アストロズ部長職を兼務し、日本蹴球協会理事就任のオファーを受ける。
島本博(しまもと ひろし)
社長。トキワ自動車の創業家出身。
社会人ラグビーの最上位リーグのプラチナリーグ創設に賛同する。ゼネラルマネージャーに就く君嶋を激励する。
滝川桂一郎(たきがわ けいいちろう)
常務取締役営業本部長→関連会社社長。
明成学園大学卒。広報部長時代にアストロズ副部長兼務。
子供の頃に父に連れられて高校ラグビーを観に行った影響で一度はラグビーをしたかったが、高校のときは勉強で忙しく大学に入ってからは父が経営していた家業が傾いたためラグビー部に入らなかった。
カザマ商事を買収する計画で進めていたが、取締役会で脇坂にカザマ商事に関する経営情報報告で不備な点を指摘されたことで白紙となり、社内での信用を失い関連会社の社長に転出する。
脇坂賢治(わきさか けんじ)
経営戦略室長→常務取締役兼広報・経理・総務総責任者。
君嶋が経営戦略室時代の上司。滝川と同期入社。
明成学園大学附属高校から神奈川国立大学卒。
カザマ商事の買収によって大きな損失になるのを取締役会で防いだことで、滝川と立場が入れ替わる形で常務取締役に昇進する。
常務取締役に就任してから、アストロズの強化費削減をしてアストロズを廃部に持ち込もうとし取締役会で提案したが、君嶋がアストロズの存在証明と日本蹴球協会に戦いを挑んでいることの説明に島本が同意したことで提案は退けられる。
その後に君嶋からの「コンプライアンス問題に関する報告」により、風間にバンカーオイルの隠蔽工作と価格引き下げによる再売却の提案をしたことを明らかにされたことで、常務取締役の役職を解かれる。
藤島レナ(ふじしま レナ)
海外事業部員で七尾の教育担当。
アストロズの熱狂的ファンであり、選手では浜畑ファン。
中本理彩(なかもと りさ)
経理部員。
レナと同じラグビー好き。選手では友部をひいきにしている。
星野信輝(ほしの のぶてる)
研究所研究員。横浜工科大学卒。岸和田と同期入社。
白水商船のタンカー座礁事故を起こした原因が、船舶エンジンに使われるバンカーオイルによるもので、そのバンカーオイルが買収を予定しているカザマ商事の製品であることを君嶋と岸和田に伝える。
新堂智也(しんどう ともや)
横浜工場長、アストロズ部長兼務。ずんぐりした体型の50代半ばの男性。
吉原欣二(よしはら きんじ)
横浜工場総務部長、アストロズGM兼務→子会社に出向。
柴門琢磨(さいもん たくま)
城南大学ラグビー部監督→アストロズ監督。城南大学ラグビー部OB。選手時代のポジションはナンバーエイト
君嶋とは大学の同学年で同クラスだったが、ほどんど接点がなかった。
城南大学ラグビー部の監督として3連覇を成し遂げたが、津田たちのいるOB会の反発にあい更迭された。2年前にアストロズ監督の打診をされていて本人は乗り気だったが、会社の意思疎通が出来ていなかったことにより断られた。そのときに打診していたのが当時アストロズ副部長の滝川だった。そのため、城南大学ラグビー部監督更迭後、君嶋からアストロズ監督を打診されたときは一度断ったが、彼の手紙による謝罪と熱意により監督の意思を固め、各選手に分析点を記した手紙を送って一同の同意を得て正式にアストロズ監督に就任する。攻撃的ラグビーを目指している。
佐倉多英(さくら たえ)
アストロズアナリスト、横浜工場総務部員→横浜工場総務部係長、イベント企画担当兼務。
父はトキワ自動車ラグビー部の選手として活躍したが、大学時代に亡くなった。
岸和田徹(きしわだ てつ)
アストロズキャプテン、横浜工場総務部員。ポジションはナンバーエイト。
浜畑譲(はまはた じょう)
アストロズ選手→アストロズGM。選手時代のポジションはスタンドオフ
2年前まで日本代表に選出されていた。
アストロズが優勝したあとに選手を引退し、君嶋の後を継いでアストロズGMに就任する。
七尾圭太(ななお けいた)
海外事業部員→アストロズ選手。ポジションはスタンドオフ。
小学6年生に上がる直前にニュージーランドに移り住み、間もなくラグビーに出会う。地元の大学でラグビーをしていて将来はプロ選手を目指していたが、大学2年生のときに膝の怪我をしたことにより安定的な人生設計を優先させる。大学を卒業して日本に戻り、柴門に勧められて第二新卒枠でトキワ自動車に入社する。
当初はアストロズ仮入部の立場だったが、紅白戦の控え組で活躍したことによりアストロズ正式入部と同時に横浜工場に異動する。
里村亮太(さとむら りょうた)
アストロズ選手、横浜工場品質管理課員→日本モータース・サイクロンズ選手。ポジションはスクラムハーフ
日本代表としての出場経験がある。
紅白戦の直後にサイクロンズGMの鍵原から連絡が入り、サイクロンズへの移籍を決意する。今以上にラグビーに打ち込める環境と日本代表で一緒にやってきた選手が何人もいるのがサイクロンズ移籍の理由だが、それ以上に佐々の急成長によって控えにまわるのがわかっていたためである。
佐々一(ささ はじめ)
アストロズ選手、ジュニア・アストロズのコーチ。ポジションはスクラムハーフ。
友部祐規(ともべ ゆうき)
アストロズ選手。ポジションはプロップ
岬洋(みさき ひろし)
アストロズ選手。ポジションはフルバック
本波寛人(もとなみ ひろと)
アストロズ選手。バックスのリーダー格。

その他編集

津田三郎(つだ さぶろう)
日本モータース・サイクロンズ監督。城南大学ラグビー部OB。
鍵原誠(かぎはら まこと)
日本モータース・サイクロンズGM。城南大学ラグビー部OB。
富野賢作(とみの けんさく)
日本モータース・サイクロンズ選手。ポジションはスタンドオフ。
前田利晴(まえだ としはる)
前トキワ自動車・アストロズ監督。
来期も監督を契約更新するつもりだったが、成績低迷と胃がんを患ったことにより辞任した。
竹原正光(たけはら まさみつ)
高本遥(たかもと はるか)
上記2名は、前GMの吉原が選んだアストロズの次期監督候補。
羽衣親方(はごろもおやかた)
錦糸町駅が最寄りの大相撲羽衣部屋の親方で、柴門の依頼により3日間アストロズの選手全員の入門を実現させる。
片桐努(かたぎり つとむ)
プラチナリーグ担当部長。
富永重信(とみなが しげのぶ)
日本蹴球協会会長。日本教育大学ラグビー部出身。
伝統とアマチュアリズムを掲げて新たな提案を廃し権威を誇ってきた絶対的存在。
木戸祥助(きど しょうすけ)
日本蹴球協会専務理事。
前々からプラチナリーグを改革しようと分かっているものの、富永の前に何も逆らえずにいたが、君嶋を始め参加チームGMから「プラチナリーグ改革案」の強い要望を受け入れ、定例会議で「プラチナリーグ改革案」を提案し、その場にいた理事たちの賛同を得る。同時に富永の会長解任を提案し、こちらも理事たちの賛同を得る。
風間有也(かざま ゆうや)
オイル専門商社のカザマ商事社長。明成学園小学校から明成学園大学までエスカレーター方式で上がり卒業。滝川とは大学の同学年。
大学卒業後は財閥系の商社に入社し、27歳で父が社長を務めているカザマ商事に入社、35歳で取締役、父の急逝で40歳にして社長に就任する。
森下章市(もりした しょういち)
横浜工科大学教授。横浜マリンカントリーのゴルフ場建設反対運動の旗振り役。
カザマ商事にバンカーオイルの検証データを偽装するように依頼され、風間社長の指示で動いた青野から3億円を受け取って以来ゴルフ場建設反対運動を退いた。
苗場章雄(なえば あきお)
横浜マリンカントリーの環境破壊を訴える会代表。
青野宏(あおの ひろし)
横浜マリンカントリー責任者、カザマ商事社長室長代理兼務→トキワ自動車子会社の製造管理担当。帝都大学ラグビー部OB。
「多むら」の女将
元アストロズ栄養士。
峰岸飛呂彦(みねぎし ひろひこ)
東京キャピタル社長。
カザマ商事買収にあたり、トキワ自動車側の代理人を受ける。脇坂が風間にバンカーオイルの隠蔽工作と価格引き下げによる再売却を提案したと、君嶋に情報提供する。

テレビドラマ編集

ノーサイド・ゲーム
ジャンル 連続ドラマ
原作 池井戸潤
『ノーサイド・ゲーム』
脚本 丑尾健太郎
演出 福澤克雄
田中健太
平野俊一
出演者 大泉洋
松たか子
高橋光臣
眞栄田郷敦
笹本玲奈
濱津隆之
西郷輝彦
尾藤イサオ
橋幸夫
大谷亮平
渡辺裕之
中村芝翫
上川隆也
音楽 服部隆之
オープニング 服部隆之「ノーサイド・ゲーム -Main Theme-」
エンディング 米津玄師馬と鹿
時代設定 2017年 - 2019年
プロデューサー 伊與田英徳
制作 TBS
放送
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域   日本
放送期間 2019年7月7日 - 9月15日
放送時間 日曜 21:00 - 21:54
放送枠 日曜劇場
放送分 54分
回数 10
公式サイト

特記事項:
初回は25分拡大(21:00 - 22:19)。
第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
最終話は20分拡大(21:00 - 22:14)。
7月21日は、同日投開票が行われる第25回参議院議員通常選挙に関するJNN報道特別番組Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル』(19:57 - 翌2:00[2])を放送のため、休止[3]
テンプレートを表示

2019年7月7日から9月15日まで毎週日曜日21時 - 21時54分に、TBS系の「日曜劇場」で放送された。主演は大泉洋[1]。日曜劇場での池井戸潤原作作品は、『半沢直樹』(2013年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年)、『下町ロケット』(2015年版)、『陸王』(2017年)、『下町ロケット』(2018年版)に次いで6作目で、前5作と共通したスタッフで制作される[1]

東京都府中市が市民らからエキストラを募集するなどドラマを盛り上げる取り組みを進めており、同市を本拠地とするジャパンラグビートップリーグ東芝ブレイブルーパスのラグビーグラウンドが、アストロズの練習場に選ばれたほか、府中駅周辺で、市民に親しまれているケヤキ並木も撮影で使用され、各場面で登場する[4]。また、プラチナリーグの試合会場となるトキワスタジアムとして、熊谷ラグビー場がロケ地に使われている[5]。「アストロズ」のメンバーを演じる役者は全員ラグビー経験者で構成されている[6]

キャスト編集

トキワ自動車編集

アストロズ部員編集

君嶋家編集

サイクロンズ編集

その他編集

ゲスト編集

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第8話
  • 森下真奈 - 滝口芽里衣
第9話
最終話

スタッフ編集

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル[24] 演出 視聴率[25]
第1話 7月07日 新しいサラリーマンヒーローの誕生!
どん底からはい上がれ!
福澤克雄 13.5%
第2話 7月14日 サラリーマンは人事が全て! 愛ある選択 11.8%
第3話 7月28日 涙の大逆転! 仲間を信じて奇跡を起こせ 田中健太 10.9%
第4話 8月04日 リストラに負けるな 仲間を信じて戦え! 10.6%
第5話 8月11日 運命の頂上決戦!! 涙の大逆転なるか? 福澤克雄 11.4%
第6話 8月18日 本社復帰のチャンス〜涙! 最後の決断とは 平野俊一 13.0%
第7話 8月25日 引き抜き! 絶体絶命〜男の覚悟に大号泣!! 田中健太 09.7%
第8話 9月01日 最終章〜社長交代で廃部!? 涙の反撃開始 福澤克雄 11.3%
第9話 9月08日 最終回前〜負けたら廃部! 怒涛の反撃へ 平野俊一 12.2%
最終話 9月15日 最終回スペシャル! 涙の決勝戦?
逆転に挑む! 裏切りか友情か
福澤克雄
田中健太
13.8%
平均視聴率 12.0%[26](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

原作との相違点編集

  • 原作では、君嶋の異動先はトキワ自動車横浜工場であるが、ドラマでは府中工場に変更され、君嶋も同市内在住と設定されている。
  • 君嶋の家族側のエピソードは全てドラマオリジナルである。ただし、名前は不詳だが、原作でもドラマと同様、妻と息子2人がいる設定である。

関連商品編集

Blu-ray・DVD
  • ドラマ「ノーサイド・ゲーム」Blu-ray BOX:2020年1月10日発売予定、TCエンタテインメント、ディスク4枚、品番:ASBDP-1235
  • ドラマ「ノーサイド・ゲーム」DVD-BOX:2020年1月10日発売予定、TCエンタテインメント、ディスク6枚、品番:ASBP-6163
サウンドトラック


TBS 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
集団左遷!!
(2019年4月21日 - 6月23日)
ノーサイド・ゲーム
(2019年7月7日 - 9月15日)
グランメゾン東京
(2019年10月20日 - )

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ナレーションも担当

出典編集

  1. ^ a b c “大泉洋、7月期TBS日曜劇場で主演 池井戸潤氏と初タッグに「うれしく、光栄であります」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2129730/full/ 2019年6月8日閲覧。 
  2. ^ a b 22日1:00 - 1:20は『S☆1・短縮版』のため、一時中断。
  3. ^ a b “小川彩佳、TBSの選挙特番出演 『Nスタ』と『NEWS23』がタッグ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2139281/full/ 2019年7月4日閲覧。 
  4. ^ “ドラマ盛り上げ府中PR 「ノーサイド・ゲーム」官民で応援”. 産経ニュース (産経新聞社). (2019年7月4日). https://www.sankei.com/smp/region/news/190704/rgn1907040003-s1.html 2019年7月27日閲覧。 
  5. ^ “エキストラ募集情報!TBSテレビ7月期日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』、熊谷ラグビー場にて大規模ロケ!日曜、どうでしょう?!” (プレスリリース), 熊谷観光局, http://www.oideyo-kumagaya.com/cate-info/10147/ 2019年7月28日閲覧。 
  6. ^ “全員がラグビー経験者! 日曜の夜を熱くする『ノーサイド・ゲーム』アストロズ俳優”. リアルサウンド (blueprint). (2019年8月4日). https://realsound.jp/movie/2019/08/post-396511.html 2019年8月13日閲覧。 
  7. ^ “笹本玲奈がTBS新ドラマに出演、有能な総務部員役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906120000767.html 2019年6月13日閲覧。 
  8. ^ “山崎紘菜『ノーサイド・ゲーム』出演が決定「光栄にそして誇りに思う」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2138746/full/ 2019年6月28日閲覧。 
  9. ^ “西郷輝彦、24年ぶり日曜劇場出演「若い連中とともに作り上げていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2138046/full/ 2019年6月20日閲覧。 
  10. ^ “大谷亮平『逃げ恥』以来3年ぶりTBSドラマ 大泉洋の“最強パートナー””. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2137747/full/ 2019年6月16日閲覧。 
  11. ^ “眞栄田郷敦が日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で連ドラデビュー…父は千葉真一、兄は新田真剣佑”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年6月23日). https://hochi.news/articles/20190622-OHT1T50224.html 2019年6月23日閲覧。 
  12. ^ “松たか子、大泉洋と『日曜劇場』で夫婦役 池井戸作品に初参加”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2137174/full/ 2019年6月8日閲覧。 
  13. ^ “二代目市川右近、ドラマ初出演 大泉洋の息子役に決定「歌舞伎じゃない自分を見て」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2139068/full/ 2019年7月3日閲覧。 
  14. ^ “中村橋之助、襲名後ドラマ初出演 父・芝翫の学生時代役で日曜劇場に登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2143450/full/ 2019年8月31日閲覧。 
  15. ^ “川田裕美アナ、本格女優業に挑戦 日曜劇場で大谷亮平の妻役に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2138624/full/ 2019年6月28日閲覧。 
  16. ^ “橋幸夫『日曜劇場』で悪役に初挑 西郷輝彦に続く“御三家”出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2142453/full/ 2019年8月17日閲覧。 
  17. ^ “ホラン千秋『ノーサイド・ゲーム』ゲスト出演 ラグビー選手に「テンションが上がりました!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2140880/full/ 2019年7月25日閲覧。 
  18. ^ “ノーサイド・ゲーム:吉田沙保里が本人役で出演 引退後初のユニホーム姿で大泉洋からタックル受ける”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年8月2日). https://mantan-web.jp/article/20190801dog00m200073000c.html 2019年8月2日閲覧。 
  19. ^ “Foorin:「ノーサイド・ゲーム」に出演 「パプリカ」で話題の人気子供ユニット”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年8月4日). https://mantan-web.jp/article/20190804dog00m200060000c.html 2019年8月4日閲覧。 
  20. ^ ““ラガーマン”濱田岳、直談判で『ノーサイド・ゲーム』出演が実現「一つの夢がかなった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2143941/full/ 2019年9月7日閲覧。 
  21. ^ “ラグビー経験者・濱田岳「ノーサイド・ゲーム」逆オファー出演 司令塔役「夢のよう」金八先生と同じ役名”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/07/kiji/20190907s00041000128000c.html 2019年9月7日閲覧。 
  22. ^ “嵐・櫻井翔、念願の日曜劇場出演 TBS『ノーサイド・ゲーム』で謎の男演じる”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2144368/full/ 2019年9月13日閲覧。 
  23. ^ “ドラマ「ノーサイド・ゲーム」主題歌は米津玄師、第1話の放送でサプライズ発表”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年7月7日). https://thetv.jp/news/detail/196415/ 2019年7月7日閲覧。 
  24. ^ Paravi ノーサイド・ゲーム
  25. ^ “大泉洋主演の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」最終回視聴率は番組最高13.8%で有終の美”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年9月17日). https://hochi.news/articles/20190917-OHT1T50025.html 2019年9月17日閲覧。 
  26. ^ “TBS幹部、7月ドラマ「ノーサイドゲーム」「凪のお暇」は「有終の美を飾りました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年9月25日). https://hochi.news/articles/20190925-OHT1T50120.html 2019年10月4日閲覧。 

外部リンク編集