島根県の市町村章一覧

ウィキメディアの一覧記事

島根県の市町村章一覧(しまねけんのしちょうそんしょういちらん)は、島根県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部編集

市章 由来 制定日 備考
松江市   「松」を公木と崩して図案化し、城址亀田山に因み、外郭は「亀田」、中は「松葉」を表したもの[1][2] 2005年3月31日[2] 旧・松江市制時の1898年12月20日に制定され、新制施行後に継承される[3]
浜田市   「波」を図案化したものを「浜」と表し、星を配している[4] 2006年2月23日[4] 旧・浜田市制時の1940年12月21日に制定され、新制施行後に継承される[5]
出雲市   「出」を図案化したもの[2] 2005年3月22日[2] 2代目の市章である
益田市   「マスダ」を図案化したもの[4] 1953年4月10日[4] 1923年に益田町章として制定されていたのを市制施行後に一部修正して継承される[6]
大田市   「大」を矢印と円の形に図案化したもの[2] 2006年4月1日[2] 旧・大田市制時の1954年6月30日に制定され、新制施行後に継承される[7]
安来市   「安」を図案化したもの[4] 2004年10月1日[4] 2代目の市章である
色は緑色・橙色・青色が指定されている[8]
江津市   「G」を基本とし、中央から外に向かって伸びる二枚の翼を表したもの[4] 2004年10月1日[4] 2代目の市章である
色は緑色・赤色・青色が指定されている[9]
雲南市   「U」を図案化したもの[2] 2004年11月1日[2] 赤色と橙色が指定されている[10]
2004年9月26日に公表され、2004年11月1日に制定される[10]

町村部編集

町村 町村章 由来 制定日 備考
仁多郡 奥出雲町   四つの「輪」を表したもの[2] 2005年12月21日[2] 色はシアン・マゼンタ・黄色・黒色の四色の内の何れかを指定している[11]
飯石郡 飯南町 (著作権存続) 赤来町・旧頓原町がしっかりと腕を組み和と団結を図っているのを表し、「i」を図案化したもの[2] 2005年1月21日[2]
邑智郡 川本町   「川」と「水」を象って中央に配したもの[2] 1965年4月8日[2]
美郷町   「み」を図案化したもの[4] 2004年10月1日[4] 色は楕円は赤色・上方の円弧は青色・下方の円弧は緑色が指定されている[12]
邑南町   「邑」を図案化したもの[2] 2004年10月1日[2] 色は青色が指定されている[13]
鹿足郡 津和野町   石見地方の「石」と二つの「巴」で表しているもの[4] 2005年9月25日[4] 2代目の町章である
吉賀町   「吉」を図案化したもの[4] 2005年10月1日[4] 色は黄色・緑色・青色・白色が指定されている[14]
隠岐郡 海士町   下方の三は水で、輪郭は波を表し、「海」中央部のキクは「士」形を成し、それらを表したもの[15][4] 1915年7月8日[4] 海士村章として制定されていたものを町制施行後に継承される
西ノ島町 (著作権存続) 西ノ島町の地形を表したもの[16][4] 1971年1月1日[4]
知夫村 (著作権存続) 「知夫」を円形に図案化したもの[17][4] 1966年3月[4]
隠岐の島町   「0」と日本海の波頭を表したもの[2] 2005年10月1日[18] 色は水色と青色が指定されている[18]

廃止された市町村章編集

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
那賀郡 伊南村   不明 1918年[19] 1923年2月11日
能義郡 安来町   安来公園社日桜を表したもの[20] 不明 1954年4月1日
八束郡 玉湯町 (著作権不明) 不明 不明 1979年6月 初代の町章である
安来市   「安ギ」を図案化したもの[21] 1954年4月1日[21] 2004年10月1日 初代の市章である
1954年4月26日に再制定された[7]
色は赤色が指定されている[22]
能義郡 広瀬町   「吐月山」を図案化したもの[21] 1899年6月10日[21] 旧・広瀬町制時に制定され、新・広瀬町制時に継承された[21]
伯太町   「伯太」を図案化したもの[21] 1954年7月1日[21] 色は緑色が指定されている[23]
江津市   「江ツ」を鳥の形に図案化したもの[24][25] 1954年10月8日[26] 初代の市章である
邑智郡 桜江町   「サ」を図案化したもの[27] 1956年1月1日[26]
邑智町   「邑」を図案化し、周囲の円は融和と発展を表したもの[28] 1958年10月[29]
大和村 (著作権存続) 円形は「大和」、左右の三本の筋は合併前に三村(都賀村・都賀行村・布施村)を表したもの[30] 1967年[30]
瑞穂町   中心に「円」・生産性を表すために「稲束(イネの束)」を表したもの[31][32][33] 1964年8月19日[31]
石見町   「い」を図案化したもの[34] 1957年7月26日[34]
羽須美村   「羽」を図案化したもの[35] 1967年2月11日[36]
隠岐郡 西郷町   隠岐(隠岐島後)の玄関である西郷港(西郷湾)を図案化し、上部に西郷市街地・左右に愛宕山・中央部は日本海を表したもの[37][38] 1984年10月7日[39] 1921年刊行の「西郷町誌」で発案・使用されていたものを1984年10月7日に告示された[40]
布施村   三本(三箇所の部落である飯美卯敷布施を表している)のを使ったもの[41][42] 1916年3月31日[41][42] 1914年に制定されたものを再制定したもの[41]
五箇村 (著作権存続) 全体の円形は村の融和と団結、中央の空白部分は「ゴ」を表したもの[43][44] 1979年[43] 制定前は作成されていなかった[45]
都万村 (著作権存続) 左右対称の半円は闘牛の角、真ん中の二つの三角形は高田山を表したもの[46] 1979年[47] 制定前は作成されていなかった[48]
美濃郡 美都町   「ミト」を図案化したもの[6] 1956年4月1日[6] 2004年11月1日
匹見町   「匹」を図案化したもの[6] 1955年7月1日[6]
大原郡 大東町   の花の真ん中に「大」を配したもの[49][50] 1903年11月6日[50] 旧・大東町制時から使用され、新制施行後に継承される
加茂町 (著作権存続) 「カ」を力強く表し、雄和と発展を表したたもの[51] 1974年5月1日[52]
木次町   「木」を鋭くして図案化したもの[53][54] 1958年10月[54] 1981年10月26日に告示される[53]
飯石郡 三刀屋町   全体をの形にし、三つの「ト」と「Y」を表したもの[55][56] 1954年1月20日[57] 第二次世界大戦前に制定されていたが詳細は不明である[55]
掛合町   「×」は乗法で「掛」を「+」は加法で「合」を意味し、前向きに表したたもの[58][59] 1951年4月1日[58] 明治時代に制定されていたが、詳細は不明である[58]
吉田村   四つの「よ」と「田」を合わせて丸く円満を目的とするために図案化したもの[60][61] 1889年4月1日[60] 町村制より前に制定されていたが、詳細は不明である[60]
飯石郡 頓原町   頓原の「ト」と志々の「志」を「四」に読み替え、円形に組み合わせたもの[62] 1958年[63] 2005年1月1日
赤来町   「ア」を図案化したもの[64] 1959年5月[65]
出雲市   「出」を表したもの[66] 1947年11月3日[66] 2005年3月22日 初代の市章である
1957年11月3日に形状を決定した[67]
平田市   「ヒラ」を図案化したもの[66] 1955年10月20日[66]
簸川郡 佐田町   「サ」を象徴したもの[66] 1956年12月21日[66] 佐田村章として制定され、町制施行後に継承された[68]
多伎町 (著作権存続) 円と弧は「和」を象徴し、「タキ」を組み合わせたもの[66] 1966年9月30日[66] 多岐村章として制定され、町制施行後に継承された[69]
湖陵町 (著作権存続) 「コ」を円形に図案化したもの[66] 1969年11月3日[66]
大社町   「大」を表したもの[66] 1961年9月26日[66]
八束郡 鹿島町   「カしマ」を図案化したもの[70][71] 1971年5月[71] 2005年3月31日 1980年7月15日に告示された[72]
島根町 (著作権存続) 左側の半円で「し」・右側の半円と点で「マ」・中央が「ネ」をあしらったもの[73] 1971年12月11日[74]
美保関町   「美」を図案化し、合併前の四町村(美保関町、千酌村、片江村、森山村)をがっちりと結び、円満団結と飛躍を表したもの[75][76] 1957年5月31日[76][75]
玉湯町 (著作権存続) 玉(勾玉)を中央にしてから「ユ」を湾曲させて、それらで単純明快に図案化たもの[70][77] 1979年6月[77][78] 2代目の町章である
宍道町   「宍」を曲がった形にして発展を意味して図案化したもの[70][79] 1975年11月14日[80][81]
八束町   八つの「カ」を円周で組み合わせたもので「八カ」=「八束」読むことが出来、町内の八大字江島遅江亀尻寺津入江波入二子馬渡)を表したものである[70][82] 1970年4月1日[83]
八雲村   岩坂村・旧熊野村・旧大庭村を円満な形にして象徴したもの[70][84] 1954年3月10日[84][85]
仁多郡 仁多町   「仁」を円形と三角形にして図案化したもの[23] 1955年[86]
横田町  
(赤色篇)
 
(青色篇)
「よ」を鳩の形に図案化したもの[87] 1959年7月[87] 色はメインカラーは赤色(横田レッド)・サブカラーは青色(横田ブルー)が指定されている[87]
鹿足郡 津和野町   三つの松葉を意匠化し、その中に「津」を配したもの[88] 1955年1月10日[89] 2005年9月25日 旧・津和野町制時(制定日不明[89])に制定され、新町制時に継承され、1978年1月1日に再制定された[88]
初代の町章である
日原町   「日」を図案化したもの[88] 1938年4月10日[88] 制定前から仮に使用していた[90]
那賀郡 金城町   「カ」を図案化したもの[5] 1960年7月10日[5] 2005年10月1日 金城村章として制定され、町制施行後に継承した
旭町   「旭」を図案化したもの[5] 1958年12月1日[5]
弥栄村 (著作権存続) 「ヤサカ」を大胆に組み合わせて図案化したもの[5] 1967年9月27日[5]
三隅町   三つの「ス」を図案化したもの[5] 1955年4月1日[5]
邇摩郡 温泉津町   「ゆ」を輪上にして図案化したもの[91][92] 1954年7月3日[91]
仁摩町   白字で「二」・赤字で「マ」を組み合わせ、表したもの[93][94] 1954年7月[93] 色は赤色と白色が指定されている[93]
鹿足郡 六日市町   「六日」を組み合わせたもの[95] 1970年6月6日[95]
柿木村   三角形を組合せたもの[95] 1968年12月24日[95]
八束郡 東出雲町   「ヒ」・「雲」を図案化したもの[4] 1963年11月5日[4] 2011年8月1日
斐川郡 斐川町   「ひ川」を組み合わせたもの[4] 1955年[4] 2011年10月1日 斐川村章として制定され、町制施行後に継承した

参考文献編集

書籍編集

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。
  • 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。
  • NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック7 [中国]』日本放送協会、1992年5月1日。
  • 国際図書『事典 シンボルと公式制度』国民文化協会、1968年。

ウェブサイト編集

  • 島根県の地名鑑(2006年3月31日現在に存在する自治体名と1987年2月1日現在に存在する自治体名を掲載している)

自治体書籍編集

  • 島根県地名研究会・島根県総務部地方課『島根県の地名鑑』島根県総務部地方課、1987年3月。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 32 島根県』角川書店、1979年7月。

自治体書籍編集

出雲地区編集

  • 鹿島町役場『鹿島町例規集』島根県八束郡鹿島町。
  • 美保関町変遷委員会『美保関町誌 下巻』島根県八束郡美保関町、1986年11月30日。
  • 山陰中央新報社『玉湯百年のあゆみ』島根県八束郡玉湯町、2005年1月。
  • 宍道町役場『志んじ』島根県八束郡宍道町、1976年。
  • 宍道町役場『宍道町例規集』島根県八束郡宍道町。
  • 八束町役場『八束町例規集』島根県八束郡八束町。
  • 八束町教育委員会『八束町誌』島根県八束郡八束町、1992年。
  • 八雲村役場『八雲村例規集』島根県八束郡八雲村。
  • 大東町誌編纂委員会『新大東町誌』島根県大原郡大東町、2004年10月。
  • 木次町役場『木次町例規集』島根県大原郡木次町。
  • 加茂町合併70周年閉町記念誌編集委員会『ふるさとわがまち 加茂町合併70周年・閉町記念誌』雲南市加茂総合センター、2005年2月。
  • 三刀屋町総務課『広報みとや縮刷版 合併30周年記念昭和29 - 58年』島根県飯石郡三刀屋町、1984年。

石見地区編集

  • 瑞穂町専門委員会『瑞穂町誌 第3集』島根県邑智郡瑞穂町教育委員会、1976年。
  • 温泉津町誌編纂委員会『温泉津町誌研究』島根県邇摩郡温泉津町、1990年。
  • 仁摩町役場『仁摩町制施行50周年記念誌』島根県邇摩郡仁摩町、2004年11月。
  • 邑智町役場『邑智町誌 上巻』島根県邑智郡邑智町、1978年。
  • 邑智町役場『邑智町誌 下巻』島根県邑智郡邑智町、1978年。
  • 大和村誌編纂委員会『大和村誌 上巻』島根県邑智郡大和村、1981年。
  • 大和村誌編纂委員会『大和村誌 下巻』島根県邑智郡大和村、1981年。
  • 続・大和村誌編纂委員会『続・大和村誌』島根県邑智郡大和村、2004年9月。

隠岐地区編集

  • 西郷町編纂委員会『西郷町誌 上巻』島根県隠岐郡西郷町、1975年。
  • 西郷町役場『日本海に浮かぶ:ふるさとアルバム』島根県隠岐郡西郷町、1989年。
  • 布施村編纂委員会『布施村誌』島根県隠岐郡布施村、1986年。
  • 五箇村編纂委員会『五箇村誌』島根県隠岐郡五箇村、1988年。
  • 都万村編纂委員会『都万村誌』島根県隠岐郡都万村、1990年。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ NHKふるさとデータブック p106
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 図典日本の市町村章 p175
  3. ^ 旧・松江市徽章
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 図典日本の市町村章 p176
  5. ^ a b c d e f g h i 浜田市・金城町・旭町・弥栄村・三隅町合併協議会 慣行の取扱い
  6. ^ a b c d e 第4回益田市・美都町・匹見町合併協議会資料
  7. ^ a b 都章道章府章県章市章のすべて p460
  8. ^ 安来市章
  9. ^ 江津市の概要 Archived 2012年5月7日, at WebCite
  10. ^ a b 雲南市 市章 デザインガイド
  11. ^ 町章並びに町旗
  12. ^ 美郷町の町章
  13. ^ 邑南町章の制定
  14. ^ 吉賀町の町章及び町旗
  15. ^ NHKふるさとデータブック p219
  16. ^ NHKふるさとデータブック p221
  17. ^ NHKふるさとデータブック p223
  18. ^ a b 隠岐の島町の町章及び町旗の制定
  19. ^ 伊南村
  20. ^ 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p68
  21. ^ a b c d e f g 安来市・広瀬町・伯太町合併協議会 慣行の取扱い
  22. ^ NHKふるさとデータブック p121
  23. ^ a b NHKふるさとデータブック p146
  24. ^ NHKふるさとデータブック p123
  25. ^ 旧・江津市の概要
  26. ^ a b 江津市・桜江町合併協議会 慣行の取り扱い
  27. ^ NHKふるさとデータブック p193
  28. ^ NHKふるさとデータブック p184
  29. ^ 邑智町誌 上巻
  30. ^ a b NHKふるさとデータブック p186
  31. ^ a b 瑞穂町誌 第3集
  32. ^ 瑞穂まちのプロフィール
  33. ^ 17 新生「邑南町」の町章(シンボルマーク)を募集しています
  34. ^ a b 石見町章
  35. ^ 羽須美村の概要
  36. ^ 羽須美村役場
  37. ^ NHKふるさとデータブック p211
  38. ^ 西郷町誌 上巻
  39. ^ 日本海に浮かぶふるさとアルバム 巻頭
  40. ^ 角川日本地名大辞典 32 島根県 p842
  41. ^ a b c 布施村史 プロローグ
  42. ^ a b NHKふるさとデータブック p213
  43. ^ a b 五箇村史 プロローグ
  44. ^ NHKふるさとデータブック p215
  45. ^ 角川日本地名大辞典 32 島根県 p839
  46. ^ NHKふるさとデータブック p217
  47. ^ 五箇村史 p452
  48. ^ 角川日本地名大辞典 32 島根県 p851
  49. ^ NHKふるさとデータブック p150
  50. ^ a b 新大東町誌
  51. ^ 加茂町章・町花・町木
  52. ^ ふるさとわがまち 加茂町合併70周年・閉町記念誌
  53. ^ a b 木次町例規集
  54. ^ a b 木次町章
  55. ^ a b 三刀屋町役場
  56. ^ NHKふるさとデータブック p156
  57. ^ 広報みとや縮刷版 合併30周年記念昭和29 - 58年
  58. ^ a b c 掛合町役場
  59. ^ ~島根県掛合町のプロフィール~ 掛合町の概要
  60. ^ a b c 吉田村役場
  61. ^ 吉田村の概要
  62. ^ NHKふるさとデータブック p162
  63. ^ 雲南まるごと博物館 町村アーカイブ 頓原町
  64. ^ NHKふるさとデータブック p164
  65. ^ 赤木町の歴史
  66. ^ a b c d e f g h i j k l 出雲地区合併協議会の調整方針 慣行の取扱いについて
  67. ^ 都章道章府章県章市章のすべて p459
  68. ^ NHKふるさとデータブック p168
  69. ^ NHKふるさとデータブック p171
  70. ^ a b c d e 島根県の地名鑑
  71. ^ a b NHKふるさとデータブック p127
  72. ^ 鹿島町例規集
  73. ^ 島根町民憲章・町章・町歌
  74. ^ 島根町のプロフィール
  75. ^ a b 美保関町誌 下巻 p37
  76. ^ a b NHKふるさとデータブック p130
  77. ^ a b 玉湯町章
  78. ^ 玉湯百年のあゆみ
  79. ^ NHKふるさとデータブック p138
  80. ^ 志んじ
  81. ^ 宍道町例規集
  82. ^ NHKふるさとデータブック p139
  83. ^ 八束町誌
  84. ^ a b NHKふるさとデータブック p136
  85. ^ 八雲村例規集
  86. ^ 仁多町のあゆみ 昭和30年〜39年
  87. ^ a b c NHKふるさとデータブック p148
  88. ^ a b c d 津和野町・日原町合併協議会 慣行の取り扱いについて 会議資料
  89. ^ a b 島根県の地名鑑 p288
  90. ^ NHKふるさとデータブック p207
  91. ^ a b 温泉津町誌 ページなし
  92. ^ NHKふるさとデータブック p178
  93. ^ a b c 仁摩町制施行50周年記念誌
  94. ^ 仁摩町概要
  95. ^ a b c d 柿木村・六日市町合併協議会の調整内容 慣行

関連項目編集