メインメニューを開く
大鹿歌舞伎の舞台(大磧神社)

農村歌舞伎舞台(のうそんかぶきぶたい)は、日本において江戸時代より農民娯楽として行われている農村歌舞伎人形浄瑠璃を催すための舞台[1]

目次

概要編集

神戸市北区編集

西日本、特に兵庫県において発達した。農村舞台は全国に1000基以上残っているが、およそ10%が兵庫県内に存在する。旧・山田町を含む北神戸には15の農村舞台があり、この地域で特に盛んであったと推測されている。天彦根神社境内の下谷上農村歌舞伎舞台天保11年、1840年建立)や北僧尾農村歌舞伎舞台は特に保存状態がよく当時の面影を伝えている。江戸時代には農民による芝居の鑑賞や上演は原則禁止されていたが、実際には各地にこうした歌舞伎舞台が造られ農民らは歌舞伎を楽しんでいた[1]

下谷上農村歌舞伎舞台では、天保12年(1841年)から始まった天保の改革水野忠邦による)の風俗粛清の影響で閉鎖された大坂の芝居小屋の浄瑠璃太夫や人形遣いらがこの地に流れ込み、特に水野忠邦の失脚後には盛況を極めたという。規模は間口12m、奥行8mと壮大である。また舞台には、皿回し型の回り舞台が設置され、花道には一部が反転すると反り橋が現れる「裏返し機構」まで備わっていた。これは全国的に見ても珍しく、ここ以外では見られない装置であった。本来は神社境内の付属建造物である長床を舞台に利用したり、その他、太夫座、二重台、回り舞台、大迫(おおせり)、ぶどう棚など多彩な機能を有していた[1]

天満神社(神戸市北区山田町上谷上)境内には文久3年(1863年)建立の、割拝殿形式の歌舞伎舞台があり、床几回しという装置を備えていた。また山田村周辺で催された人形浄瑠璃は山田文楽と呼ばれ、淡路島の三原地区と並び称されるほど有名であったが、その後芸能が継承されずに現在では上演不能となっている[1]

現存する主な農村歌舞伎舞台編集

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集