LOSCリール・メトロポール

LOSCリール(LOSC Lille)は、フランスリールに本拠地を置くサッカークラブチーム。正式名称は、リール・オランピク・スポーティング・クラブフランス語: Lille Olympique Sporting Club, フランス語発音: [lil ɔlɛ̃pik spɔʁtɪŋ klœb])。

LOSCリール
原語表記 Lille Olympique Sporting Club
愛称 Les Dogues(猛犬), LOSC
クラブカラー 青と赤
創設年 1944年
所属リーグ Ligue de Football Professionnel (LFP)
所属ディビジョン リーグ・アン
ホームタウン リール
ホームスタジアム スタッド・ピエール=モーロワ
収容人数 50,186[1]
代表者 フランスの旗 オリヴィエ・レタン
監督 フランスの旗 ジョスリン・グヴェベネック
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

愛称はLes Dogues(猛犬)であり、エンブレムにも犬が描かれている。リーグ・アン(旧ディヴィジョン・アン)で4回、クープ・ドゥ・フランスで6回の優勝を誇る名門である。 1944年に設立されると、1945-46シーズン、1953-54シーズン、2010-11シーズン、2020-21シーズンの4回リーグ・アンで優勝し、6回クープ・ドゥ・フランスで優勝した。クープ・ドゥ・フランスで3連覇を達成したことがあるのはリールとFCレッドスター・サン=トゥアンの2クラブのみである。最も成功を収めた10年間は1945年から1955年までの期間[注 1] であり、この期間はジョージ・ベリー監督とAndré Cheuva監督が采配を振るった[2][3]

かつてはヴィルヌーヴ=ダスク近郊にあるスタジアム・ノール・リール・メトロポールをホームスタジアムとしていたが、2012年にグラン・スタッド・リール・メトロポールにホームスタジアムを移転した。南西約30kmの距離にあるパ=ド=カレー県ランスに本拠地を置くRCランスとはライバル関係にあり、両者の対戦はデュービ・ド・ノール(北部ダービー)と呼ばれる。

歴史編集

黎明期編集

 
オリンピック・リロワの紋章

1944年9月23日、SCフィヴェ(1901年創設)とオリンピック・リロワ(1902年創設)が合併してLOSCリール・メトロポールが誕生した。前身クラブのリロワは1932-33シーズンにリーグ優勝しており、1939年にもSCフィヴとの合併を協議していたが、合意には至らず、地元のIris Club Lilloisと合併してオリンピック・リロワとなっていた。しかし、第二次世界大戦ヴィシー政府のプロサッカー禁止令の影響で、多くの選手はアマチュアリーグでプレーした。当初の名称はスタッド・リロワ(Stade Lillois)であり、1944-45シーズンに先駆けた親善試合2試合をこの名称で戦ったが、1944年11月10日に監督らがミーティングを行ない、クラブ名称をLOSC(Lille Olympique Sporting Club)に変更した。この名称はオリンピック・リロワ(LO)とSCフィヴェ(SC)に敬意を払ってのものである。ホーム用ユニフォームにはリロワが使用していた赤色と白色を採用し、アウェー用にはFivesが使用していた青色を採用した。フィヴの元会長であるルイ・エノがリールの初代会長に就任した。

黄金期編集

第二次世界大戦後、リールはプロリーグに復帰してディヴィジョン・アンに登録され、エノ会長はイングランド人のジョージ・ベリーを監督に招いた。また、Joseph Jadrejak、Marceau Somerlinck、Jules Bigot、フランソワ・ブルボット、Jean Baratte、Jean Lechantreなど、かつてのフィヴとリロワの選手たちを呼び寄せることにも成功した。彼らのおかげで、1945年のクープ・ドゥ・フランスでは決勝に進出。コロンブスタッド・オランピック・イヴ=ドゥ=マノワールで行われた決勝では、より経験豊かなラシン・クラブ・ド・フランスに0-3で敗れた。1945年にはディヴィジョン・アンが復活し、リールは1945-46シーズンのディヴィジョン・アンとクープ・ドゥ・フランスのダブル(2冠)を達成して驚きをもたらした。ディヴィジョン・アンでは26試合で28得点を挙げたRené Bihelに導かれ、ASサンテティエンヌに勝ち点1差でトロフィーを獲得した。決勝でFCレッドスター・サン=トゥアンと対戦したクープ・ドゥ・フランスでは、Bihel、Bolek Tempowski、Roger Vandooren(2得点)の得点で勝利した。地元紙によって「War Machine」というニックネームが付けられた。ベリー監督はエノ会長とたびたび衝突し、シーズン終了後に退任してAndré Cheuvaが新監督に就任した。

優勝の立役者となったベリー監督は去ったが、Cheuva監督の下でも調子を維持し、1946-47シーズンのリーグ戦では4位となった。クープ・ドゥ・フランスの決勝ではRCストラスブールと対戦し、2-0で破って2連覇を果たした。1947-48シーズンはリーグ戦こそオリンピック・マルセイユに次ぐ2位だったが、クープ・ドゥ・フランスでは決勝でローカル・ライバルのRCランスと対戦し、Baratteが86分に決勝点を挙げて3連覇を達成した。その後の4シーズンも継続して3位以内に入った。1950-51シーズンのラテン・カップでは決勝に進出したが、ACミラン(イタリア)に敗れた。JadrejakとBigotが去ったが、リールは1952-53シーズン(4回目)と1954-55シーズン(5回目)にもクープ・ドゥ・フランスで優勝した。1955年以降は2011年まで優勝に見放された。

低迷期編集

Baratte、Lechantre、Sommerlynck、1950年に獲得したCor van der Hartなどもチームを去り、リールは負のスパイラルに足を踏み入れた。フランス国内で有望株を探すのに苦労し、エノ会長は獲得対象を外国出身選手にも広げた。1954年、1954 FIFAワールドカップハンガリー代表として優れたプレーを見せたディフェンダーのジョゼフ・ザカリアスに興味を持った。しかし、同年の第一次インドシナ戦争終結後、ザハリアスの新天地での名声獲得願望を利用しようと企んだチェコスロバキアの退役軍人が、ザカリアスになり済ました。この偽ザカリアスはフランスを訪れ、「鉄のカーテンを開き、自由の側を選択する」と宣言することでリールとの契約の意思を明らかにした。エノ会長は彼の本人同一確認書類を見落とし、正式に契約を済ませて報道陣に紹介した。しかし、1954年7月2日に行なわれた試合で偽ザカリアスの計略が明るみに出た。その下手糞なプレーを見て、観客と報道陣はすぐにザカリアス本人でないことに気付き、彼はプレー中に逮捕された。偽ザハリアスはなりすましを白状し、懲役2年の判決を受けた。フランスにおけるリールの名声は完全に傷つき、海外にも話が広まると、やがてリールはスポーツ面での名声も失っていった。 クープ・ドゥ・フランス優勝からわずか2年後の1955-56シーズン、リールは16位に終わり、クラブ史上初のディヴィジョン・ドゥ(2部)降格となった。わずか1シーズンでディヴィジョン・アン復帰を果たしたが、その2年後の1959年には再びディヴィジョン・ドゥに降格した。同年夏にはエノ会長が退任し、Cheuva監督が辞任した。

2度目の降格は財政難を招き、当時のフランス最高額の移籍金(1900万フランス・フラン)でジャン・ヴァンサンスタッド・ランスに売却するなど、多くの主力選手を売らざるを得なかった。1959年から1978年まではエレベータークラブとしてディヴィジョン・アンとディヴィジョン・ドゥを行き来した。1969年にはフランスアマチュア選手権(CFA)まで落ち込んだ。15クラブ中10位だったにもかかわらず、運営上の理由によって、フランスサッカー連盟(FFF)とフランスプロリーグ機構(LFP)にディヴィジョン・ドゥ昇格を許された。1977-78シーズン終了後にディヴィジョン・アン復帰を果たし、その後の19シーズンはディヴィジョン・アンの地位を維持した。この期間の最高位は6位であり、昇格初年度の1978-79シーズンと1990-91シーズンに記録した。

ルコント会長時代編集

1994年にはベルナール・ルコントが会長に就任し、ルコント会長はLFPの財政基準外転落からクラブを救った。ルコント会長は高額な移籍金で有望株を獲得するのではなく、下部組織での選手の育成を重要視することに回帰し、ベノワブルーノのシェイルー兄弟や、他の多くの若手有望株を下部組織に連れてきた。1996-97シーズン終了後、リールはディヴィジョン・ドゥ降格となった。1999-2000シーズン終了後、ボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の下でディヴィジョン・アン復帰を果たした。2000-01シーズンは3位となり、2001-02シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグの本選グループリーグを戦った。2002年1月、有名映画プロデューサーのミシェル・セイドゥがクラブの株式を購入して小規模株主となった。

セイドゥ会長時代編集

 
2002年から2008年までリールを率いたクロード・ピュエル監督

2002年夏には、かつてASモナコを指揮したクロード・ピュエルが監督に就任した。2004年夏、セイドゥはクラブ株式の過半数を得てクラブの会長に就任した。彼の会長下初年度となった2004-05シーズンには、リヨンに次ぐ2位でシーズンを終え、クラブ史上初めてUEFAチャンピオンズリーグ本選グループリーグからの出場権を獲得。ASモナコオリンピック・マルセイユを抑え、多くのフランスのサッカーファンを驚かせた。また、同シーズンのUEFAカップではベスト16となった。2005-06シーズンにも安定したプレーぶりで3位となった。2005年11月2日、UEFAチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦では強豪相手に白星を挙げた。4大会(国内リーグ、国内カップ、国内リーグカップ、CL)を掛け持ちした2006-07シーズンはリーグ戦で10位に終わったが、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグではACミランに次ぐ2位となり、クラブ史上初めて決勝トーナメントに進出したが、議論の余地のある試合の末にマンチェスター・Uに敗れた。2007-08シーズンにはパトリック・クライファートなどのベテランに加えて才能ある若手が台頭し、リーグ戦で7位となった。

(ミシェル・)セイドゥ会長にはジェローム(・セイドゥ)という兄弟がおり、ジェロームはオリンピック・リヨンの株主である。リールからリヨンに移籍する選手は数多く、2000年代後半だけでもエリック・アビダル(2004年)、マチュー・ボドメ(2007年)、カデル・ケイタ(2007年)、ジャン・マクーン(2008年)、ミチェル・バストス(2009年)などがいる[4]。2007年から2009年にかけては、バストス、マクーン、ケヴィン・ミララスなど、何人かの中心選手を他クラブに売却した。2008年6月にはピュエル監督が退任してリヨン指揮官に転任し、リュディ・ガルシア監督が就任。ミシェル・セイドゥ会長はジェルヴィーニョフローラン・バルモンリオ・アントニオ・マヴュバピエール=アラン・フローなどの名選手を獲得し、「リールは売り手クラブである」という認識の払拭に努めた。ガルシア監督は若手のアディル・ラミをレギュラーに抜擢し、ベルギー人エデン・アザールを下部組織からトップチームに昇格させた。移籍市場での動きやクラブ方針の転換は直ちに実を結び、2008-09シーズンは5位でUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得。ガルシア監督のリールは攻撃的なスタイルで強い印象を与え、2009-10シーズンはリーグ最多の72得点を挙げて4位に躍進した。2010-11シーズンには、1954年以来57年ぶり3度目のリーグ制覇を果たした。ストライカーのムサ・ソウが25得点を挙げてリーグ得点王に輝き、17得点15アシストのアザールがリーグ最優秀選手に選出された[5]。チームは2シーズン連続でリーグ最多の68得点を挙げると、クープ・ドゥ・フランスでも優勝し、リーグとカップの2冠を達成した[6][7]

ロペス会長時代編集

2016-2017シーズンは、開幕から低迷し、11月18日のオリンピック・リヨン戦に敗れ、降格圏の19位に転落したことでフレデリック・アントネッティは解任された。後任にはアシスタントコーチであったパトリック・コロが暫定監督に就任[8]。また2017年1月には、ルクセンブルク出身の実業家でロータスF1チームの代表などを務めるジェラール・ロペスがクラブを買収し、新会長に就任した[9]

スタジアム編集

クラブが創設された1944年から1974年はスタッド・アンリ・ジョリをホームスタジアムとしていた。このスタジアムはかつてオリンピック・リロワが使用していたスタジアムであり、SCフィヴェとの合併後はリールの所有物となった。スタジアム名は1910年から1932年までオリンピック・リロワの会長を務めたアンリ・ジョリに由来している。1974年、30年近く使用することになるスタッド・グリモンプレ・ジョリに移転し、1975年10月28日にフェイエノールト(オランダ)を招いて落成記念試合が行なわれた。グリモンプレ・ジョリが老朽化したため、2003年、クラブはスタジアムが建っている場所に新スタジアムを建設すると発表し、2004-05シーズンからは一時的に郊外のヴィルヌーヴ=ダスクにあるスタジアム・ノール・リール・メトロポールに移転した[10]。行政的・政治的手続きの遅延により、建設計画は不透明な状態におかれ、計画は結局2005年に取り消された。リール市がヴィルヌーヴ=ダスクとLezennesに位置するグラン・スタッド・リール・メトロポール建設への資金補助を決定したのは2006年だったが、リール都市圏がグリモンプレ・ジョリの取り壊し費用供出に同意し、正式に取り壊しが開始されたのは2010年3月22日になってからだった[10]。スタッド・ノール・リール=メトロポールはUEFAチャンピオンズリーグの開催基準を満たしていなかったため、同大会のホームゲームはスタッド・フェリックス・ボラール(RCランスのホームスタジアム)やサン=ドニスタッド・ドゥ・フランスを借りて使用した。2011年に欧州サッカー連盟(UEFA)が新レギュレーションを採用し、スタッド・ノール・リール=メトロポールの使用が可能となった。新スタジアムは2012年に完成し、UEFA EURO 2016の開催予定地となった[1][10]。8月17日、2012-13シーズンのホーム開幕戦のASナンシー戦(1-1)が初試合となり、45,000人を集めた[1]

タイトル編集

国内タイトル編集

1945-46, 1953-54, 2010-11, 2020-21
1945-46, 1946-47, 1947-48, 1952-53, 1954-55, 2010-11
2021
1963-64, 1973-74, 1977-78, 1999-00
  • クープ・ガンバルデッラ:1回
1960

国際タイトル編集

2004

過去の成績編集

シーズン ディビジョン クープ・ドゥ・フランス クープ・ドゥ・ラ・リーグ
リーグ 順位
1944-45 ディヴィジョン・アン 22 14 0 8 69 37 28 5位 準優勝
1945-46 ディヴィジョン・アン 34 19 7 8 89 44 45 1位 優勝
1946-47 ディヴィジョン・アン 38 20 7 11 89 52 47 4位 優勝
1947-48 ディヴィジョン・アン 34 20 7 7 82 51 47 2位 優勝
1948-49 ディヴィジョン・アン 34 21 5 8 102 40 47 2位 準優勝
1949-50 ディヴィジョン・アン 34 20 5 9 79 44 45 2位 準々決勝敗退
1950-51 ディヴィジョン・アン 34 17 7 10 57 43 41 2位 ベスト16
1951-52 ディヴィジョン・アン 34 19 6 9 85 50 44 3位 準々決勝敗退
1952-53 ディヴィジョン・アン 34 15 10 9 61 43 40 4位 優勝
1953-54 ディヴィジョン・アン 34 17 13 4 49 22 47 1位 ベスト32
1954-55 ディヴィジョン・アン 34 11 8 15 61 58 30 16位 優勝
1955-56 ディヴィジョン・アン 34 10 4 20 58 65 24 16位 ベスト32
1956-57 ディヴィジョン・ドゥ 38 21 10 7 99 51 52 3位 準々決勝敗退
1957-58 ディヴィジョン・アン 34 17 3 14 71 59 37 6位 ベスト32
1958-59 ディヴィジョン・アン 38 9 11 18 56 78 29 18位 ベスト32
1959-60 ディヴィジョン・ドゥ 38 12 12 14 62 62 36 11位 準々決勝敗退
1960-61 ディヴィジョン・ドゥ 36 14 12 10 49 43 40 9位 ベスト32
1961-62 ディヴィジョン・ドゥ 36 14 9 13 64 56 37 8位 ベスト64
1962-63 ディヴィジョン・ドゥ 36 15 8 13 63 59 38 7位 ベスト64
1963-64 ディヴィジョン・ドゥ 34 22 6 6 62 29 50 1位 ベスト32
1964-65 ディヴィジョン・アン 34 10 14 10 57 43 34 9位 ベスト32
1965-66 ディヴィジョン・アン 38 12 6 20 51 71 30 18位 ベスト16
1966-67 ディヴィジョン・アン 38 15 8 15 48 50 38 10位 ベスト16
1967-68 ディヴィジョン・アン 38 9 9 20 35 52 27 19位 ベスト64
1968-69 ディヴィジョン・ドゥ 40 14 14 12 56 51 40 13位 ベスト32
1969-70 ディヴィジョン・ナシオナル 28 9 6 13 40 47 24 10位 ベスト64
1970-71 ディヴィジョン・ドゥ 30 19 6 5 56 25 44 1位 ベスト32
1971-72 ディヴィジョン・アン 38 8 10 20 43 68 26 18位 ベスト64
1972-73 ディヴィジョン・ドゥ 34 19 6 9 60 26 44 3位 ベスト16
1973-74 ディヴィジョン・ドゥ 34 24 8 2 68 21 67 1位 ベスト32
1974-75 ディヴィジョン・アン 38 15 5 18 53 56 39 13位 ベスト16
1975-76 ディヴィジョン・アン 38 14 8 16 59 73 40 13位 ベスト16
1976-77 ディヴィジョン・アン 38 7 7 24 40 67 21 19位 ベスト32
1977-78 ディヴィジョン・ドゥ 34 21 9 4 75 28 51 1位 ベスト16
1978-79 ディヴィジョン・アン 38 11 18 9 67 62 40 6位 準々決勝敗退
1979-80 ディヴィジョン・アン 38 12 11 15 45 49 35 13位 ベスト16
1980-81 ディヴィジョン・アン 38 10 11 17 55 71 31 17位 準々決勝敗退
1981-82 ディヴィジョン・アン 38 13 8 17 46 54 34 14位 ベスト64
1982-83 ディヴィジョン・アン 38 13 8 17 38 45 34 13位 準決勝敗退
1983-84 ディヴィジョン・アン 38 13 11 14 49 49 37 9位 ベスト64
1984-85 ディヴィジョン・アン 38 9 13 16 37 45 31 16位 準決勝敗退
1985-86 ディヴィジョン・アン 38 13 11 14 40 48 37 10位 ベスト32
1986-87 ディヴィジョン・アン 38 12 10 16 39 38 34 14位 準々決勝敗退
1987-88 ディヴィジョン・アン 38 13 10 15 45 40 36 12位 準々決勝敗退
1988-89 ディヴィジョン・アン 38 15 11 12 50 38 56 8位 ベスト16
1989-90 ディヴィジョン・アン 38 12 9 17 43 52 33 17位 ベスト16
1990-91 ディヴィジョン・アン 38 11 17 10 39 37 39 6位 ベスト32
1991-92 ディヴィジョン・アン 38 11 13 14 31 34 35 13位 ベスト64
1992-93 ディヴィジョン・アン 38 7 16 15 26 48 30 17位 ベスト64
1993-94 ディヴィジョン・アン 38 8 16 14 41 52 32 15位 ベスト64
1994-95 ディヴィジオン・アン 38 13 9 16 29 44 48 14位 ベスト32 ベスト32
1995-96 ディヴィジオン・アン 38 9 12 17 27 50 39 17位 準々決勝敗退 ベスト16
1996-97 ディヴィジオン・アン 38 8 11 19 32 58 35 19位 ベスト16 ベスト32
1997-98 ディヴィジオン・ドゥ 42 17 14 11 62 44 65 4位 8回戦敗退 ベスト32
1998-99 ディヴィジオン・ドゥ 38 19 7 12 45 35 64 4位 ベスト16 1回戦敗退
1999-00 ディヴィジオン・ドゥ 38 25 8 5 58 25 83 1位 ベスト64 1回戦敗退
2000-01 ディヴィジオン・アン 34 16 11 7 43 27 59 3位 ベスト64 ベスト32
2001-02 ディヴィジオン・アン 34 15 11 8 39 32 56 5位 ベスト64 ベスト32
2002-03 リーグ・アン 38 10 12 16 29 44 42 14位 ベスト16 準々決勝敗退
2003-04 リーグ・アン 38 14 9 15 41 41 51 10位 ベスト64 ベスト16
2004-05 リーグ・アン 38 18 13 7 52 29 67 2位 ベスト16 ベスト16
2005-06 リーグ・アン 38 16 14 8 56 31 62 3位 準々決勝敗退 ベスト16
2006-07 リーグ・アン 38 13 11 14 45 43 50 10位 ベスト16 ベスト16
2007-08 リーグ・アン 38 13 18 7 45 32 57 7位 ベスト16 ベスト32
2008-09 リーグ・アン 38 17 13 8 51 39 64 5位 準々決勝敗退 ベスト32
2009-10 リーグ・アン 38 21 7 10 72 40 70 4位 ベスト64 準々決勝敗退
2010-11 リーグ・アン 38 21 13 4 68 36 76 1位 優勝 準々決勝敗退
2011-12 リーグ・アン 38 21 11 6 72 39 74 3位 準々決勝敗退 準々決勝敗退
2012-13 リーグ・アン 38 16 14 8 59 40 62 6位 ベスト16 準決勝敗退
2013-14 リーグ・アン 38 20 11 7 46 26 71 3位 準々決勝敗退 ベスト32
2014-15 リーグ・アン 38 16 8 14 43 42 56 8位 ベスト64 準決勝敗退
2015-16 リーグ・アン 38 15 15 8 39 27 60 5位 ベスト32 準優勝
2016-17 リーグ・アン 38 13 7 18 40 47 46 11位 準々決勝敗退 ベスト16
2017-18 リーグ・アン 38 10 8 20 41 67 38 17位 ベスト32 ベスト16
2018-19 リーグ・アン 38 22 9 7 68 33 75 2位 ベスト16 3回戦敗退
2019-20 リーグ・アン 28 15 4 9 35 27 49 4位 ベスト16 準決勝敗退
2020-21 リーグ・アン 38 24 11 3 64 23 83 1位 ベスト32

欧州の成績編集

シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計
2001-02 UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦   パルマ 0-1 2-0 2-1  
1次グループ
リーグG
  マンチェスター・ユナイテッド 1-1 0-1 3位  
  オリンピアコス 3-1 1-2
  デポルティーボ 1-1 1-1
UEFAカップ 3回戦   フィオレンティーナ 2-0 1-0 3-0  
4回戦   ボルシア・ドルトムント 1-1 0-0 1-1 (a)  
2002 UEFAインタートトカップ 3回戦   グロリア・ビストリツァ 1-0 2-0 3-0  
準決勝   アストン・ヴィラ 1-1 2-0 3-1  
決勝   シュトゥットガルト 1-0 0-2 1-2  
2004 UEFAインタートトカップ 3回戦   ディナモ・ミンスク 2-1 2-2 4-3  
準決勝   スラヴェン・ベルポ 3-0 1-1 4-1  
決勝   レイリア 0-0 2-0
(a.e.t.)
2-0  
2004-05 UEFAカップ 1回戦   シェルボーン 2-0 2-2 4-2  
グループH   アレマニア・アーヘン N/A 0-1 1位  
  ゼニト 2-1 N/A
  AEKアテネ N/A 2-1
  セビージャ 1-0 N/A
ラウンド32   バーゼル 2-0 0-0 2-0  
ラウンド16   オセール 0-1 0-0 0-1  
2005-06 UEFAチャンピオンズリーグ グループD   ベンフィカ 0-0 0-1 3位  
  ビジャレアル 0-0 0-1
  マンチェスター・ユナイテッド 1-0 0-0
UEFAカップ ラウンド32   シャフタール・ドネツク 3-2 0-0 3-2  
ラウンド16   セビージャ 1-0 0-2 1-2  
2006-07 UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦   ラボトニツキ 3-0 1-0 4-0  
グループH   アンデルレヒト 2-2 1-1 2位  
  ミラン 0-0 2-0
  AEKアテネ 3-1 0-1
ラウンド16   マンチェスター・ユナイテッド 0-1 0-1 0-2  
2009-10 UEFAヨーロッパリーグ 予選3回戦   セヴォイノ 2-0 2-0 4-0  
プレーオフ   ヘンク 4-2 2-1 6-3  
グループB   スラヴィア・プラハ 3-1 5-1 2位  
  バレンシア 1-1 1-3
  ジェノア 3-0 2-3
ラウンド32   フェネルバフチェ 2-1 1-1 3-2  
ラウンド16   リヴァプール 1-0 0-3 1-3  
2010-11 UEFAヨーロッパリーグ プレーオフ   ヴァスルイ 2-0 0-0 2-0  
グループC   スポルティングCP 1-2 0-1 2位  
  レフスキ・ソフィア 1-0 2-2
  ヘント 3-0 1-1
ラウンド32   PSV 2-2 1-3 3-5  
2011-12 UEFAチャンピオンズリーグ グループB   CSKAモスクワ 2-2 2-0 4位  
  トラブゾンスポル 0-0 1-1
  インテル 0-1 1-2
2012-13 UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ   コペンハーゲン 2-0
(a.e.t.)
0-1 2-1  
グループF   バイエルン・ミュンヘン 0-1 1-6 4位  
  バレンシア 0-1 0-2
  BATE 1-3 2-0
2014-15 UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦   グラスホッパーズ 1-1 2-0 3-1  
プレーオフ   ポルト 0-1 0-2 0-3  
UEFAヨーロッパリーグ グループH   ヴォルフスブルク 0-3 1-1 4位  
  エヴァートン 0-0 0-3
  クラスノダール 1-1 1-1
2016-17 UEFAヨーロッパリーグ プレーオフ   ガバラ 1-1 0-1 1-2  
2019-20 UEFAヨーロッパリーグ グループH   チェルシー 1-2 1-2 4位  
  アヤックス 0-2 0-3
  バレンシア 1-1 1-4
2020-21 UEFAヨーロッパリーグ グループH   セルティック 2-2 2-3 2位  
  スパルタ・プラハ 2-1 4-1
  ミラン 1-1 3-0
ラウンド32   アヤックス 1-2 1-2 2-4  

現所属メンバー編集

2020-21シーズン 基本フォーメーション
2021年8月31日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   イヴォ・グルビッチ
2 DF   ゼキ・チェリク
3 DF   チアゴ・ジャロ
4 DF   スヴェン・ボトマン
5 DF   ガブリエル・グドムンドソン
6 DF   ジョゼ・フォンテ (副主将)
7 FW   ジョナタン・バンバ
8 MF   シェカ
9 FW   ジョナサン・デイヴィッド ( ) ★
10 FW   ジョナタン・イコネ
11 MF   ユスフ・ヤズジュ
15 MF   エウヘニオ・ピッツート ( )
16 GK   アダム・ヤクベフ
17 FW   ブラク・ユルマズ
No. Pos. 選手名
18 MF   レナト・サンチェス ( ) ( )
19 FW   イサック・リハディ ( )
20 MF   アンヘル・ゴメス ( )
21 MF   バンジャマン・アンドレ
22 FW   ティモシー・ウェア ( )
24 MF   アマドゥ・オナナ ( )
26 DF   ジェレミー・ピエ
27 MF   シェイク・ニアス
28 DF   ヘイニウド・マンダーヴァ
29 DF   ドマゴイ・ブラダリッチ
30 GK   レオ・ジャルディム ( )
34 MF   ロッコ・アスコネ
-- GK   オレスティス・カルネジス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   イヴォ・グルビッチ (アトレティコ・マドリード)
No. Pos. 選手名
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK   エルヴェ・クアク・コフィ (REムスクロン)
-- DF   サード・アグズル (REムスクロン)
-- DF   イヴ・ダビラ (ロイヤル・エクセル・ムスクロン)
-- DF   アダマ・スマオロ (ボローニャFC)
No. Pos. 選手名
-- MF   チアゴ・マイア (CRフラメンゴ)
-- MF   ウスマン・シンバコリ (スタッド・ラヴァル)
-- MF   アブ・ワッタラ (アミアンSC)
-- FW   ファディガ・ワタラ (バレンシアCF)

歴代監督編集

歴代監督には、元ベルギー代表ジョルジュ・ヘイレンス(1984年-1989年)、2002年から2004年にフランス代表を指揮したジャック・サンティニ(1989年-1992年)、2002 FIFAワールドカップセネガル代表を指揮したブルーノ・メツ(1992年-1993年)、かつてフランス代表のアシスタントコーチを務めたピエール・マンコウスキ(1993年-1994年)、1990年代後半の復調に貢献したヴァヒド・ハリルホジッチ(1998年-2002年)、オリンピック・リヨン監督に転身したクロード・ピュエル(2002年-2008年)などがいる。2008年から2013年まで監督を務めたリュディ・ガルシアは、1980年から1988年まで選手としてリールでプレーしていた。

1991年はミラン・デュリシッチ監督と共同


歴代所属選手編集

GK編集

DF編集


MF編集


FW編集


脚注編集

注釈編集

  1. ^ ディヴィジョン・アン優勝2回、クープ・ドゥ・フランス優勝5回。

出典編集

  1. ^ a b c Qoly.jp (2012年8月21日). “バスケの試合もできるリールの最新型スタジアムがオープン”. 2013年2月1日閲覧。
  2. ^ [1] France Football[リンク切れ]
  3. ^ Lille seal historic title”. ESPN Soccernet (2011年5月21日). 2011年5月24日閲覧。
  4. ^ livedoorスポーツ (2009年7月15日). “フランス期待の大型DF、マルセイユ移籍の話が立ち消え激怒”. 2009年7月17日閲覧。
  5. ^ スカイパーフェクTV (2012年5月13日). “マンUら関心のリールMFアザール、仏『レキップ』誌選定の年間MVPに”. 2013年2月1日閲覧。
  6. ^ UEFA.com (2011年8月2日). “王者リール、タイトル防衛の挑戦をスタート”. 2013年2月1日閲覧。
  7. ^ スポーツナビ (2011年6月16日). ““フランス版バルサ”が見せた快進撃 若き才能が輝いたリール、56年ぶりの戴冠”. 2011年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月1日閲覧。
  8. ^ Qoly (2016年11月24日). “リール、元ガンバ大阪のアントネッティ監督を解任”. 2017年2月1日閲覧。
  9. ^ Qoly (2017年1月31日). “買収でビッグクラブ化へ!リールがあのオランダの超新星を獲得”. 2017年2月1日閲覧。
  10. ^ a b c Goal.com (2012年3月14日). “リール、5万人収容の新スタジアムを披露”. 2013年2月1日閲覧。

外部リンク編集