メインメニューを開く

S7航空(エスセブンこうくう、ロシア語: S7 Airlines エース・セーヴェン・エーイルラーインス)は、ロシア連邦の航空会社・公開株式会社シベリアエアラインズ(シベリア航空)の商標及び愛称名。 アメリカン航空日本航空フィンエアーなどと同じ航空連合ワンワールドに所属している。モスクワノヴォシビルスクイルクーツクを主な拠点とする。ロシア国内線では最大のシェアを占める[1][2][3]

公開株式会社シベリアエアラインズ(S7航空)
S7 Airlines
250x90
IATA
S7
ICAO
SBI
コールサイン
SIBERIAN AIRLINES
法人番号 6700150066995
設立 1992年5月
(シベリア航空として)
ハブ空港 ドモジェドヴォ空港
トルマチョーヴォ空港
イルクーツク国際空港
焦点空港 チェリャビンスク空港
ハバロフスク空港
ウラジオストク国際空港
マイレージサービス S7 Priority
会員ラウンジ S7 Business Lounge
S7 Comfort Lounge
航空連合 ワンワールド
保有機材数 58機
就航地 107都市
親会社 S7 Group
本拠地 ロシアの旗 ロシア モスクワ
代表者 ウラジーミル・オブィエトコフ (CEO)
外部リンク http://www.s7.ru/
テンプレートを表示

歴史編集

 
旧塗装機。名称は「シベリア航空」が用いられている(Il-86型機)

本社はかつてはシベリアノヴォシビルスクに置かれていたが、現在ではモスクワに移転している[4]。 2005年から、運航をはじめとする航空サービス全般については、新しい商標「S7 Airlines」のもとで提供を始める。これはシベリア航空ロシア語: Авиакомпания „Сибирь“ アヴィアカンパーニヤ・シビーリ)の商標・愛称である。「S7」とはIATAの2レター航空会社コードであり、2レター航空会社コードを航空会社の商標名に使ってきたことになる。現在では「シベリア航空」の名称は一般的には用いられなくなった。なお、それより以前では、シビル航空(シビーリ航空; Sibir Airlines)と呼ばれた時代もあった。

2008年3月に子会社「グローバス英語版」を設立[5]。ロシア国内各都市への定期便のほか、ヨーロッパ各都市への定期便や季節限定のチャーター便を運航している[3]。現在では、S7航空の機材を使用し、S7航空と同様のサービスを提供しながらも、運航はグローバスによるものも見られる[6]

2009年5月、日本航空アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズなどが加盟する航空連合「ワンワールド」へ加盟する事を発表[7]2010年11月15日に正式加盟した。2013年1月からは、東京/成田 - ハバロフスク線・ウラジオストク線で、日本航空とコードシェアを開始した[8]。さらには、ウラジオストク、ハバロフスク線において、アエロフロート・ロシア航空ともコードシェアを行っている。2018年就航のイルクーツク、ノヴォシビルスク線でもJALのコードシェアを行っている。

2015年3月以降、旅客機の発着時刻や遅延情報などの分析を行う米国のFlightStats社より毎月発表される報告によると、S7航空が世界で最も定時到着率の高い航空会社となっている(同年8月現在、同ランキング1位を5ヶ月連続で維持している)[2][9]

2017年4月より大阪(関西国際空港)にもウラジオストク線が就航した。さらに、2018年4月より、成田 - イルクーツク線[10]が就航した。さらに、6月より成田 - ノヴォシビルスク線が週1便で就航した。[11][12]

2019年7月15日エア・アスタナとコードシェア契約を締結した[13]

2019年8月1日、シベリアで起きた森林火災復興支援のために社名を一時的に「S7航空」から「シベリア航空」に変更し、機体を特別塗装することを発表した[14]

就航都市編集

本拠地のモスクワ(ドモジェドヴォ空港)ノヴォシビルスクイルクーツクから、ロシア国内線と独立国家共同体諸国、東アジアドイツオーストリアスペインなどへ国際線を運航している。2000年頃にフラッグ・キャリアアエロフロート・ロシア航空が不採算国内線を整理している間も国内線を拡張し続けた。その結果、現在では国内だけで約50都市に就航しており、国内線ではロシア最大手となっている。一方、アエロフロートが積極的に進出しているアメリカ大陸には、自社便・提携便含め、未だ進出していない。また、ワンワールドメンバー13社の中で、唯一ロンドン・ヒースロー空港への路線がない。

下表は、S7航空が運航する路線の就航都市一欄である。S7航空便名で運航するグローバス便を含む。コードシェア便による他社運航路線のみの就航都市は含まない。

コードシェアパートナー編集

保有機材編集

機材は2008年10月まではツポレフTu-154B2Mを主に使っていたが、現在はボーイングエアバスを中心に2017年からエンブラエルERJ-170を使用している。これにより、ロシア製のS7航空の機材は姿を消した。なお、ボーイング787 ドリームライナーを発注していたが、金融危機によるロシアの貸し渋りから15機全てキャンセルしている[18]

2017年のエンブラエルERJ-170導入を機に新塗装をまとっている。機体全体の黄緑色塗装は変わらないものの、S7のロゴ表記が変更された。

現在の運航機材編集

2018年12月現在、S7航空が保有する機材は以下のとおりである[19]

S7航空の保有機材
機種 保有数 発注数 OPT数 座席数 備考
C Y
エアバスA319-100 20 144 144 VP-BTNはワンワールド塗装[19]
エアバスA320-200 19 11 8 150 158
エアバスA320neo 1 17 8 156 164 2017年7月21日に導入。[20]
エアバスA321-200 4 8 189 197
エアバスA321neo 8 195 203
ボーイング737–800 13 7[21] 10 8 168 176 VQ-BKWはワンワールド塗装[19]
ボーイング737MAX8 8 168 176
エンブラエル170 17 78 78
58 18 10

2015年6月現在、S7航空の保有機材の平均年数は9.5年である[22]。また、エアバス(52機)、ボーイング(23機)、エンブラエル(17機)で運航されている。

退役機材編集

 
エアバスA310-200

S7航空が現在保有している機材と過去に保有していた機材は以下のとおりである。

S7航空の歴代保有機材
機種 運航期間 備考
エアバスA310-200 2004-2010 5機がストア中
エアバスA310-300 2004-2014 3機がストア中・1機が解体済み
エアバスA319-100 2006-
エアバスA320-200 2008- 1機がアルマヴィアへ売却・9機が運航中
エアバスA321-200 2013-
ボーイング737-400* 2006-2008 子会社のグローバス航空英語版へ移管
ボーイング737-500* 2005-2009 3機がエール・イボワールへ売却・7機がエアロ・コントラクターズへ売却
ボーイング737-800 2008-
ボーイング767-300ER 2008-2017
イリューシンIl-86 1992-2008
ツポレフTu-154B-2 1992-2004 2004年にすべて解体済み
ツポレフTu-154M 1992-2009 3機がグローバス航空へ移管・2機がストア中・2機が解体済み
ツポレフTu-204-100 1992-2005

サービス編集

座席編集

 
ボーイング737型機のエコノミークラス

すべての機材において、エコノミークラスビジネスクラスを設定している。エコノミークラスの座席は日系大手と比較すると狭く、シートモニターなどは一切設置されていない。エアバス320neo運航便のみ、機内wifiを利用したエンターテイメントサービスとシート下部のユニバーサル電源、USBポートが利用できる。320neo以外の従来機では、エンターテイメント含めwifi、電源は一切利用できない。ビジネスクラスはエコノミークラスとカーテンによって隔離されており、エコノミークラスとは異なった機内食が提供されるほか、エコノミーが3-3列で構成されるのに対し、2-2列とかなり広い。[23]

ラウンジ編集

モスクワ(ドモジェドヴォ空港)とノヴォシビリスク(トルマチョーヴォ空港)には、ビジネスクラスラウンジがある。また、モスクワには、「S7コンフォートラウンジ」と呼ばれるエコノミークラス搭乗者向けの空港ラウンジがあり、S7航空・グローバス・ワンワールド加盟航空会社のフライトの搭乗者、S7 Ticket LLCのボーナスプログラムメンバーが利用できる[24]

マイレージプログラム編集

「S7 プライオリティ (S7 Priority)」というマイレージプログラムを提供している。会員ステータスはS7 Priority Platinum・S7 Priority Gold・S7 Priority Silver・S7 Priorityの4段階に区別され、ワンワールド・エリート・ステータスが適用される[3]

事件・事故編集

脚注編集

  1. ^ S7 AIRLINES LAUNCHS DAILY FLIGHTS TO MOSCOW”. Verona Airport (2013年12月5日). 2015年8月16日閲覧。
  2. ^ a b S7 Airlines is the most punctual airline in the world”. S7 Airlines (2015年4月10日). 2015年8月16日閲覧。
  3. ^ a b c S7 Airlines”. oneworld Alliance. 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ S7 Airlines”. S7 Airlines. 2015年8月16日閲覧。
  5. ^ Globus Airlines”. S7 Airlines. 2015年8月21日閲覧。
  6. ^ 例えば、ドモジェドヴォ発・トルマチョーヴォ行のS7航空179便 (S7179) は、グローバス179便 (GH179) の便名を併記しており、運航はグローバスによるものである。しかし、S7航空によって運航される同区間の便(S7181など)と機材やサービス、価格が大きく異なることはない。
  7. ^ Russia's S7 Airlines to join oneworld alliance
  8. ^ JAL、S7航空とのコードシェアを開始”. 日本航空 (2013年1月28日). 2015年8月16日閲覧。
  9. ^ Airline Performance Reports”. FlightStats. 2015年8月16日閲覧。
  10. ^ https://www.routesonline.com/news/38/airlineroute/275731/s7-airlines-adds-irkutsk-tokyo-in-s18/
  11. ^ S7 Airlines adds Novosibirsk – Tokyo service in S18”. Routesonline. 2017年10月8日閲覧。
  12. ^ Time table”. S7. 2017年10月8日閲覧。
  13. ^ エア・アスタナとシベリア航空がコードシェア契約を締結”. JETRO. 2019年8月13日閲覧。
  14. ^ S7航空が「シベリア航空」に名称変更、森林火災からの復興を目指す”. FlyTeam. 2019年8月6日閲覧。
  15. ^ Where we fly”. S7 Airlines. 2015年8月16日閲覧。
  16. ^ Flight timetable S7 Airilines”. S7 Airlines. 2015年8月16日閲覧。
  17. ^ Airlines-partners”. S7 Airlines. 2015年8月16日閲覧。
  18. ^ http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200901300130[リンク切れ]
  19. ^ a b c Our Fleet”. S7 Airlines. 2015年8月17日閲覧。
  20. ^ http://flyteam.jp/news/article/82027
  21. ^ Boeing orders and deliveries report for S7 Airlines
  22. ^ S7 - Siberia Airlines Fleet Details and History”. Planespotters.net. 2015年8月17日閲覧。
  23. ^ S7 Business Class”. S7 Airlines. 2015年8月17日閲覧。
  24. ^ S7 Airlines Business Lounge in Domodedovo airport”. S7 Airlines. 2015年8月17日閲覧。

外部リンク編集