メインメニューを開く

JAPAN COUNTDOWN

JAPAN COUNTDOWN』(ジャパン・カウントダウン)は、テレビ東京系列で毎週日曜日に放送されている音楽番組1998年10月3日テレビ東京の制作により、土曜深夜で放送を開始、その後日曜未明に枠移動するも、2011年10月2日からテレビ大阪制作に移管のうえ、日曜朝に再度枠移動した。2012年4月より放送時間拡大のうえ、スワン・ソングの単独制作に変更されたが、テレビ大阪が幹事局となり[1]、現在に至る。略称J-CD

JAPAN COUNTDOWN
ジャンル 音楽番組
出演者 鮎貝健
オープニング 下記参照
エンディング 下記参照
プロデューサー 渋谷陽一
制作 テレビ東京(1998年10月 - 2011年9月)
テレビ大阪(2011年10月 - 2012年3月)
スワン・ソング(単独制作 2012年4月 - )
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送分 30分
放送開始から2000年3月まで
放送期間 1998年10月3日 - 2000年3月25日
放送時間 土曜日 23:45 - 翌0:15
放送分 30分
公式サイト
2000年4月から2002年3月まで
放送期間 2000年4月2日 - 2002年3月31日
放送時間 日曜日 0:20 - 0:50
(土曜日深夜)
放送分 30分
公式サイト
2002年4月から2011年9月まで
放送期間 2002年4月7日 - 2011年9月25日
放送時間 日曜日 0:25 - 0:55
(土曜日深夜)
放送分 30分
公式サイト
2011年10月から2012年3月まで
放送期間 2011年10月2日 - 2012年3月25日
放送時間 日曜日 9:30 - 9:55
放送分 25分
公式サイト
2012年4月から
放送期間 2012年4月1日 -
放送時間 日曜日 9:30 - 10:00
放送分 30分
公式サイト

元々、この番組は1996年10月から1998年9月26日まで放送されていた『TOWER COUNTDOWN』(タワー・カウントダウン)の後継番組としてスタートした。この『TOWER COUNTDOWN』についても本項目で扱う。

目次

内容編集

  • 毎週、日本全国のCDショップのシングル(SG)・アルバム(AL)CDセールスチャートのカウントダウンが中心になっている。チャートは、プラネット社の最新データとHMVTOWER RECORDSなどの外資系大型CDショップの売り上げを基に決定する。そのため、オリコンチャートとは異なった結果が出ることも少なくない。現在のチャートは、シングルがTOP20、アルバムがTOP10となっている。また、最新の音楽情報や人気アーティストのインタビューも織り交ぜながら放送している。なお、1月・5月・9月は特別企画があるため、通常のチャートは紹介されず、総合売上チャート(現在はアルバム)が紹介される。
  • タイトルコールは「音楽シーンの今を伝えるミュージック・プログラム、JAPAN COUNTDOWN[2]である。
  • 『JAPAN COUNTDOWN』としての第1回放送のシングル1位は、globeの「Sa Yo Na Ra」だった。
  • 開始当初は、番組が紹介するアーティストや楽曲はロックやR&Bなどが多く、CSなどで放送されている音楽番組と似ていたが、2003年4月頃からアルバムTOP10とシングルTOP40 - 20を入れ替えたり、過去のチャートを振り返るFLASH BACK(2001年7月までTOP10の前に1年前のTOP10を振り返るコーナーがあったので、正式には復活。)や、1ヶ月のDVD売上チャート、DVDチャートTOP10などが増えた。そのため、以前よりもインタビューやTOP10の時間が短くなった。また、外資系CDショップや都内大型CDショップのシングルTOP10なども紹介していた。
  • 開始当初からJポップの曲をランキングで紹介しているが、2010年初夏から扱っている演歌声優の歌う楽曲はオリコンより下位になる事が多く、ランクインしない事も多い。また、同時期から扱っている洋楽も時折アルバムチャートにランクインする[3]
  • オープニングでは画面下部に今週誕生日を迎えるアーティストの名前が表示、エンディングでは都内大型CDショップ&アルバムTOP10(2005年4月から、以前は外資系CDショップ&アルバムTOP10)、最新音楽ニュースや音楽クイズなど、すべて音楽ファンによる音楽ファンのための内容になっている。
  • オープニング・エンディングテーマは1ヶ月ごとに変更しているが、スポンサーになっている後述のレコード会社のタイアップが多く、中にはインディーズアーティストがこの番組のスポンサーのレコード会社でのタイアップでメジャーデビューした歌手も存在する。
  • 毎週、ROCKIN'ON JAPAN、bridge、H、Cutなどの音楽雑誌の視聴者プレゼントがある[4]。かつてはJAPAN CIRCUITなどのコンサートのチケット先行予約などのお知らせもこのコーナーで伝えていた。
  • お笑い芸人関連の楽曲(特にフジテレビ水10!」から派生したくずゴリエなど)がランクインするといつもPVが流れず、写真だけ表示される。その時「諸事情により流せません」というナレーションが入る事がある。
  • 2002年から毎年8月と12月にアーティストが一堂に会したロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FES.」「COUNTDOWN JAPAN」も開催され、「TOPICS」コーナーで内容や出演者を紹介している。2010年からの「GO!FES」も同様である。
  • 地上波にはほとんど出ないBUMP OF CHICKENDragon Ashは、この番組で数回出演している。
  • 2004年4月から、シングルTOP10の曲を着信メロディとして、テレビ東京の携帯電話サービス「てれともばいる」で実施している。
  • 2011年10月2日から放送時間が変更となり、これまでの0:20 - 0:50(土曜深夜)から9:30 - 9:55に枠移動・5分縮小される事となり、同時に共同制作局もテレビ東京からテレビ大阪へ変更され、合わせて文字多重放送も開始された[5][6][7]。この変更に伴ってテレビ大阪は9:55 - 10:00の枠を『週刊育児ニュース』としていたが2012年3月25日で終了し、2012年4月1日以降は30分番組に戻ると共に、スワン・ソングの単独制作となった。
  • 2017年5月7日からはロッキンオンとサンリオがコラボのショートアニメ『Caribadix』がスタート。

スポンサーについて編集

放送の流れ編集

  • オープニング→最新音楽情報→アルバム1位を獲得したアーティストのみの特集(TOP10位からテロップで流れてるスタイル)→インタビュー→シングル1位を獲得したアーティストのみの特集(アルバム同様、TOP10位から流れてるスタイル)→ニューリリース→エンディング・次回の見どころ→クイズ(提供ジングルの後にSee You Next Time!のテロップとゲストの書いた答えが書かれたボードを見せた静止画と共にその答えが発表され、ナビゲーターの鮎貝も『また来週!』の前に字幕では表示されない英語のナレーションの他に単純にSee you next week!といった単純なもの、それに答えに関するナレーションをする事がある)の順となっている。
    • 番組エンディング時のクイズはゲスト(2017年現在見どころの中に出てくるCLOSE UPとして紹介したアーティストまたはその一部のメンバーには、『日曜日の朝に食べたいものは?』を必ず聞く事になっている)に纏わるものやシングルチャート1位アーティストに関するものとなっており、答えが番組からのプレゼントであるROCKIN'ON JAPAN(2015年4月からはその月の最終週にプレゼントされるbridgeやCut、H)の最新号を葉書から応募する時に必要になってくる[9]

ハイビジョンでの放送について編集

2010年6月からハイビジョン制作となり、地上デジタルでは16:9サイズで放送している[10]

特番による休止・変更編集

スタッフ編集

  • ナビゲーター:鮎貝健
  • ディレクター:飯塚理恵子、宮崎諭史、小段好、下井大祐、尾川祐太
  • 作家:小畑良浩
  • 構成補:小池清彦(スワン・ソング)→橋本裕美、高橋瑞香、藤井知子(以前はデスク)
  • 技術:JCTV、ふくみみプロ
  • 編集:八木英和、柳澤諭
  • MA:高橋正敏、小菅康夫
  • CG:小倉ヨシヒロ(OGOOD)
  • デスク:藤井知子→赤尾仁美→関根知花→落合奈緒美、新保美緒子
  • 演出補:濱岡真貴、白波瀬真央
  • 企画・構成・プロデューサー:渋谷陽一(スワン・ソング)
  • プロデューサー:斉藤知太(スワン・ソング)
  • 制作:スワン・ソング(2012年3月まではテレビ大阪(2011年9月まではテレビ東京)との共同制作だったが、同年4月1日放送分より現行枠での30分化により単独制作となった。実質に当番組は、テレビ大阪は制作局の扱いではなく、幹事局の扱いとなっている。)[13]

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
大阪府 テレビ大阪 テレビ東京系列 日曜 9:30 - 10:00 (2度目の枠移動後の)制作局→幹事局
関東広域圏 テレビ東京 (2度目の枠移動前までの)制作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
  • 過去にはテレビ東京系列外での系列外ネットを行っていた局があった(すでに打ち切り済み)。

歴代テーマソング編集

TOWER COUNTDOWN時代
JAPAN COUNTDOWN時代