入金ネット(にゅうきんネット)は、相互入金業務協議会に加盟する第二地方銀行信用金庫信用組合労働金庫のうち、全国の411 (2013年1月4日時点)の金融機関が参加し、参加金融機関相互間のATMにて入金ができるサービスのことで、2006年1月4日に開始された。

概要編集

入金ネット参加金融機関のキャッシュカードを、「入金ネット」のマーク(入金ネットのマークは赤色で文字は白抜き)のある金融機関のATMにて入金の際、全国キャッシュサービス(MICS)と同様に8:00-21:00の時間帯にて利用できる(個別に拡張MICSに加入していない金融機関を除く)。

なお、利用の際にはMICS扱いの出金と同じ手数料となる。大半の金融機関では平日8:45-18:00の入金手数料が105円、平日8:00-8:45と18:00-21:00及び土曜・日曜・休日8:00-21:00の入金手数料が210円が必要となるが、金融機関によっては土曜9:00-14:00の入金手数料を105円とする場合や、入金のできる時間帯が出金可能の時間帯と異なる場合があること、および土曜・日曜・休日の入金の取扱のないことがある。労働金庫のキャッシュカードで各入金ネットのATMで入金する場合は曜日時間にかかわらず終日無料である。ただし一旦手数料が引き落とされるが即時にキャッシュバックされる。

ただし、法人キャッシュカードは利用できない。

対象となるATMには「入金ネット」のステッカーが提示されている。なお「入金ネット」加盟外金融機関のキャッシュカードによる入金、あるいは「入金ネット」参加金融機関のキャッシュカードであっても加盟外金融機関のATMでの入金はできない(個別で相互入金提携している場合はこの限りでない)。

2006年1月4日付の人民網日本語版ウェブの記事[1]では、「今後、大手銀行や地銀、農協などにも参加を呼びかける方針。 」との記述がある。ただし、東京スター銀行大垣共立銀行ゼロバンク)などのように他行利用手数料を無料にした金融機関が参加した際に入金も同様に無料になるかどうかなど、未知数の点もある。

相互入金業務協議会編集

  • 金融機関の相互入金業務の実現と円滑な運営ならびに当該業務のより一層の発展および預金者の利用促進を目的として2005年11月に設立された機関である。

参加金融機関編集

※:2018年5月1日現在

掲載の順序は、都道府県ごとに「第二地方銀行」・「信用金庫」・「信用組合」・「労働金庫」とする。但し、各参加金融機関の店舗が複数の都道府県にまたがる場合は、その金融機関の本店所在地のある各都道府県の節に掲載する。また、金融機関名の頭に括弧書きの数字がある場合は統一金融機関コードであり、この順番で掲載する。

なお、相互入金業務協議会(入金ネット)に加盟(参加)する金融機関であっても、準備中もしくは取扱いを行っていない金融機関が含まれているため、実際に利用可能か否かは、利用する金融機関に確認する必要がある。

北海道編集

東北編集

青森県編集

秋田県編集

山形県編集

岩手県編集

宮城県編集

福島県編集

関東編集

群馬県編集

栃木県編集

茨城県編集

埼玉県編集

千葉県編集

神奈川県編集

東京都編集

中部編集

新潟県編集

山梨県編集

長野県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

静岡県編集

岐阜県編集

愛知県編集

三重県編集

近畿編集

滋賀県編集

京都府編集

大阪府編集

奈良県編集

和歌山県編集

兵庫県編集

中国編集

鳥取県編集

島根県編集

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

四国編集

徳島県編集

香川県編集

愛媛県編集

高知県編集

九州編集

福岡県編集

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集