メインメニューを開く

藻岩山

日本の北海道にある山

藻岩山(もいわやま)は、北海道札幌市の中心部から南西約5キロメートル札幌駅の南西6km[2])に位置する[3]標高531メートル (530.9m[4][5]〈531.03m[6]〉) の山である[1]。藻岩山にはロープウェイ自動車道が通り[1]展望台や冬季はスキー場により、札幌市民や観光客の行楽地となっている[2]

藻岩山
Moiwa Mountain in Sapporo in 2009.jpg
藻岩山(2009年3月)
標高 531 m
所在地 日本の旗 日本
北海道札幌市南区
位置 北緯43度01分21秒 東経141度19分20秒 / 北緯43.02250度 東経141.32222度 / 43.02250; 141.32222座標: 北緯43度01分21秒 東経141度19分20秒 / 北緯43.02250度 東経141.32222度 / 43.02250; 141.32222[1]
山系 後志山地
種類 複成火山
最新噴火 280-230万年前
藻岩山の位置(札幌市内)
藻岩山
藻岩山 (札幌市)
藻岩山の位置(北海道内)
藻岩山
藻岩山 (北海道)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
山頂展望台より石狩平野の眺望(2012年4月)

山頂に登るには、北側から「もいわ山ロープウェイ」と「もーりすカー」(ケーブルカー)を乗り継ぐか[7]、あるいは南側から「藻岩山観光自動車道」(冬季休業)で中腹まで至り、「もーりすカー」に乗り換えて行くことができる。ともに有料。また、5つの登山道も整備されている[8][9]

山頂展望台から望む札幌市街の夜景(2009年10月)

山頂展望台からは石狩平野、そして石狩湾までを一望することができ、夜には札幌市街の夜景を楽しめる[10]。夜景は、函館市函館山小樽市天狗山とともに「北海道三大夜景」の1つとされ[6]、日本の「夜景100選」にも認定されている[11]。また、札幌市は2015年平成27年)より「日本新三大夜景都市」に認定されている[12]

札幌市南区北部に位置し[2]、中心部から近いという立地もあって、多くの市民や外国人を含む観光客でにぎわう。2017年(平成29年)度の来訪者は約90万6000人[13]。山頂の南東方向に札幌藻岩山スキー場がある。

地質と地形編集

 
円山の頂上から見た藻岩山と豊平川扇状地(2005年1月)

藻岩山の基盤を構成する地質は、650-300万年前[14]第三紀中新世末から鮮新世[15]浅い海底に溶岩が噴出した際に形成された西野層と称される堆積岩であり[16]角閃石デイサイト質溶岩・貫入岩、ハイアロクラスタイト(水冷破砕岩[17])、安山岩軽石凝灰岩泥岩からなる[18]。その後、280-230万年前にかけて[14]、鮮新世末から第四紀更新世初頭に起きた[19][20]三度の噴火により安山岩質溶岩が噴出し、山体を作った[14][21]。最も古い下部の藻岩溶岩 3(軍艦岬溶岩[22])は「軍艦岬」と呼ばれる北尾根突端部に見られるが、山体の大部分は2度目の噴火による山頂付近から北側尾根にかけての[23]藻岩溶岩 2(藻岩山溶岩 II[24])に覆われる[15]。山頂から南側の尾根沿いには最も新しい藻岩溶岩 1(藻岩山溶岩 I[24])が認められる[15]

藻岩山は後志山地の東端に位置する[25]。藻岩山の山頂からは、崖錐状堆積物[26](山麓緩斜面堆積物[23])の見られる幅広いを挟んで、南東に向けて尾根が北側と南側に並んで延びる[15]。藻岩山の北東面は直線状の斜面を形成し、豊平川扇状地面(札幌面)に接している[27]。山麓に近いところが山鼻という地区で[28]、その北方に札幌市中心部が発展している。市街にビルが立ち並ぶ以前に札幌の人々が馴染んだ藻岩山の姿は、この方面から見たものである。

 
藻岩山と豊平川(2004年5月)

北側の尾根は、札幌市街方面から見ると裾野が長く緩やかに延び、先端がのように急に落ちて見える[29]。この姿が軍艦の舳先の形に似ていたことから[30][31]、北尾根の先端は明治時代より「軍艦岬」と呼ばれた[29][32]。岬と呼ばれるが、崖下は海や湖ではなく山鼻川が流れている[29]。南側の尾根の先端は「割栗岬(わりぐりみさき)」と呼ばれ[33]、崖下を豊平川が流れる[34]。2つの尾根に挟まれた浅い谷は藻岩下という地区で[33]、山鼻川が流れ出る[35]。軍艦岬から割栗岬に至るこの地は地形上古くから交通の要衝であり[35]1870年(明治3年)に東本願寺が「本願寺道路」(山鼻 - 八垂別〈はったりべつ、現在の川沿〉間「ハッタルベツ新道」)を開削した後、石山からの札幌軟石の輸送などにも使われた[33]。現在は国道230号が通じている[36]

歴史編集

インカルシペ編集

現在の藻岩山は、アイヌ民族からアイヌ語で「インカル[37](インカルシュペ[38])」(いつも登って見張りをするところ)と呼ばれていた[10][39]。この山はアイヌにとっての聖地であり[40]、尊い神の山であった[10][39]。山腹にはカムイシュネ(神の灯火)が灯るさまが眺められたという[41]。山鳴りがするような時は、大吹雪天然痘(疱瘡)の流行などの兆しとして警戒し[39]、本当に天然痘の流行が始まればこの山に逃げ込み、神の加護を願った[42]江戸時代末期松浦武四郎は、1859年安政6年)の『後方羊蹄日誌』[43]において、「エンガルシベ」は往古より深く信仰される山であり、ここに「蝦夷総鎮守の宮」を建てるよう意見を記している[39]

明治時代に入植した初期の和人たちは、インカルシペ山(インカルシペヌプリ[3])の意味および発音から、当初は「眺臨山」や「笑柯山(えんがるやま)[44]」と称した[39]。しかし、「モイワ」(小さな山[45])と呼ばれていた隣の小山に「円山」の字があてられると、「円山」はモイワやインカルシペのある山岳の総称ともなった[46]。やがてモイワとインカルシペを取り違え、「インカルシペ」を藻岩山、「モイワ」を円山と呼び習わすようになり、そのまま地名として定着してしまった[47]

藻岩原始林編集

開拓使1871年(明治4年)より7種(イチイハリギリイヌエンジュヤマグワトドマツカツラ[48]エゾヤマザクラ)の立木の伐採を禁じ、1873年(明治6年)に官林を定めると、藻岩山や円山は禁伐林として保護された[49]。しかし、1882年(明治15年)の開拓使の廃止による三県一局時代を経て北海道庁1886年〈明治19年〉-1887年〈明治20年〉)となると、樹木の伐採禁止は緩和され、針葉樹など一部が伐採されるようになる[50]。明治時代中頃には南側で木材が伐採され、この藻岩山は札幌に近いこと、近くの豊平川を用いた水運が利用できることから、北の沢川から豊平川、創成川を経由して札幌まで流された。

1892年(明治25年)に来日したアメリカ植物学者サージェント[51]札幌農学校出身で藻岩・円山を研究フィールドとした植物学者の宮部金吾の案内で藻岩山を訪れ[52]、その狭い地域における植生の多様性を『日本森林植物誌』(: “Forest flora of Japan”1894年)で世界的にも珍しいと紹介した[51]。その後、明治時代末から大正時代初頭になると北海道の主な原始林の保存が検討され、北東斜面にあるシナノキミズナラダケカンバなどの広葉樹が生い茂る「藻岩原始林」が、1915年(大正4年)に北海道庁より原生天然保護林[注 1]に指定された[53]。その後、1921年(大正10年)3月3日、「円山原始林」とともに北海道で最初の天然記念物史蹟名勝天然紀念物[38])に指定された[5][54]。指定区域は284.7ヘクタール[5] (284.68ha[9][55]) の国有林であり[56]、天然記念物になる以前、開拓使時代から伐採などの利用が禁止されてから今日まで、一度も人の手が入ったことのないという厳密な意味での原始林ではなく[54]原生林に近い天然林にあたる[9][55]1969年(昭和44年)11月、文部省北海道教育委員会により[57]「天然記念物 藻岩山原始林」碑が、藻岩山山頂[58]、ロープウェイ終点広場[57]、慈恵会病院登山口[59][60]に建立されている[61]

南(南西)斜面の原生林は明治時代の数度の山火事により焼失し、天然記念物区域に指定されておらず[54]太平洋戦争後はスキー場などに利用された[5]

藻岩観音編集

山麓にある新善光寺の初代住職が、1885年(明治18年)に北海道新西国三十三番観音安置の許可を受けたことより、山道が開かれ[62]、1886年(明治19年)、参道が整備されると[40]、同年6月1日に山開き大祭がとり行なわれた[62]1901年(明治34年)には2代住職により[63][64]、各所に西国三十三所観音霊場を模した33体の観音像が置かれ[65]、山頂に石堂が造られた[63]。以来、6月1日には「藻岩山山開き」として、信者が山頂に参拝する行事が毎年行われ[40]、明治時代末頃には、山開きは札幌の年中行事として親しまれた[66]。参道の幅は1932年(昭和7年)に拡張された[67]。その後、石堂は観光施設建設のために[68]山頂の別の場所に移設され、1973年昭和48年)に六角堂として再建された後[69]、山開き大祭108回となった1992年(平成4年)に本格的建築として落成し、今日の藻岩観音奥の院(正式名称「浄土宗観音寺藻岩観音奥之院」)になった[40][64]。堂内には竜頭観音が安置されており[70]、堂の傍らにある水かけ観音は、かつての石堂に安置された石像である[64]。山頂に至る藻岩観音の参道は、今日の主要な藻岩山登山道(慈啓会病院前コース)となっている[40][60]

旧札幌スキー場編集

戦後占領期1946年(昭和21年)に北東の山腹(ロープウェイ沿線の北側)を切り拓いた進駐軍専用の札幌スキー場が建設されるとともに[71]1947年(昭和22年)1月、長野県志賀高原丸池スキー場と並んで日本初のスキーリフトが導入された[72]。当時、宮部金吾およびその後の舘脇操が同地の保全を提唱した[73]。そして、1958年(昭和33年)の第13回国民体育大会における使用を最後に、自然保護のため立ち入りが禁止されたことで[71]、現在は植生がある程度回復しており[74]、スキーリフトの台座などの遺構が残るのみである。

仏舎利塔編集

北東側の山麓に近い標高178メートルの位置に[75]、白い仏舎利塔(通称「平和の塔」、正式名称「札幌平和塔」)が建っている。太平洋戦争の犠牲者の冥福と世界・日本の平和を祈る目的で、日本山妙法寺藤井日達の発願により、1959年(昭和34年)に建立され[76][77]、その後、改装されている[78]。高さ33メートル、基底幅28メートル[76]インドネール首相から贈られた仏舎利が安置されている[77]

この平和塔の南側の中腹(ロープウェイの沿線下付近)には、かつてエゾシカ園が設けられていたが[79]、その後、「森永牧場」(1966年〈昭和41年〉森永乳業開設[80])と呼ばれる乳牛牧場となり、北海道の形状をした浅い池も存在していた[81]。現在は撤去され、跡地は「はらっぱ」と呼ばれる広場になっている[82]

また、山麓の観光スポットとして「ちざきバラ園」があったが、2009年(平成21年)10月に閉園した[83]。現在、同地にはローズガーデンクライスト教会2010年〈平成22年〉6月完成[84])が建つ。

藻岩山神社編集

ロープウェイ中腹駅の近隣にある藻岩山神社は、1987年(昭和62年)に建立されたもので[85]、現在の中央区伏見の山麓に位置する札幌伏見稲荷神社の境外末社となる。オーストリア=ハンガリー帝国の軍人レルヒからスキーを学んだ学生数人が1912年(明治45年)3月に藻岩山スキー登山を決行したことが北海道の山スキーの発祥とされることから[86]、伏見稲荷大神とともに、ウルの神(北欧神話のスキーの神)、レルヒの神(スキー術を伝授したレルヒ)、ブランデージの神(札幌オリンピック時の国際オリンピック委員会〈IOC〉会長)を祀り、藻岩山スキー客の無病息災と安全を祈願して建立された[85]

行政区域としての「藻岩山」地区編集

2015年(平成27年)国勢調査によれば、行政町名としての「藻岩山」地域は、調査時点で人口0人である[87]

自然編集

気象編集

最寄りの観測地点からの気温推定値を以下に示す。

藻岩山の気温推定値[88]
地点 標高(m) 年平均気温(℃) 最寒月均気温(℃) 最暖月均気温(℃)
藻岩山山頂[注 2] 531 5.4 -6.9 19.0
札幌市中央区 17 8.9 -3.6 22.3

積雪は、札幌藻岩山スキー場の最上部では市街地に比べておよそ30センチメートル多い[88]。また、木々が芽吹く季節である4-5月は平均風速が大きく、それにより山頂や尾根沿いでは偏形樹(風衝樹形)が見られる[89]

植物編集

樹木は100種余り(高木41種、低木54種、つる植物12種、計107種[90])の数多くの樹種が認められる[91]。冷温帯性の落葉広葉樹林が最も多く[92]、伐採の影響が見られない北・東斜面などにはイタヤカエデ(エゾイタヤ)・シナノキ林が広がり、ミズナラやホオノキなどが多様に混生しており[93]、山頂付近にはダケカンバ林が見られる[94]。尾根沿いや伐採の影響より再生した二次林は若いミズナラ林となる[93]。軍艦岬の沢沿いなどにはカツラ林がある[95]

発見地などにちなんだ和名・学名が以下の植物につく[52]

藻岩や関連する和名・学名(太字)をもつ植物[96]

動物編集

藻岩山周辺の大型哺乳類としては、エゾシカのほかヒグマも挙げられる[97]リス類は、エゾリスエゾシマリスのほかエゾモモンガが生息する[98]。また、エゾユキウサギも認められるが、キタキツネの増加により減少したといわれる[99]。このほか特定外来生物であるアライグマも定着・拡大している[100]ネズミ類は、アカネズミ類であるヒメネズミ、ハントウアカネズミ(カラフトアカネズミ)、アカネズミ(エゾアカネズミ)[101]ヤチネズミ類英語版エゾヤチネズミが生息するほか、ヒメヤチネズミ英語版(ミカドネズミ)も認められている[102]。また、ネズミとは別系統であるトガリネズミ類としてバイカルトガリネズミ(エゾトガリネズミ)、オオアシトガリネズミが生息する[103]

鳥類編集

鳥類は藻岩山・円山でほぼ同様に[104]120種余りが認められ、夏鳥を含む繁殖期に種数および個体数が最大になる[105]。特に天然記念物のクマゲラの繁殖例が有名であるが稀であり[106][107]、減少が懸念されるヨタカエゾライチョウ1980年(昭和55年)以降の記録としてあるが21世紀以降は不明である[108]留鳥としては、カラ類キツツキ類ヒヨドリシメカケス(ミヤマカケス)、猛禽類フクロウ(エゾフクロウ)やタカ類などが生息する[109]。また、多くの夏鳥が繁殖するほか[110]渡り鳥の要地として多くの旅鳥も見られ、冬鳥としては、ツグミレンジャク類アトリ類などが知られる[111][112]

昆虫編集

昆虫は藻岩山で数千種が確認されている[113]チョウ類は藻岩山・円山に約90種が生息する[114]。日本の国蝶であるオオムラサキが一部で観察され[115]、多くのミドリシジミ類ゼフィルスZephyrus〉)をはじめ[116]、ウスバシロチョウ類(パルナシウス英語版Parnassius〉)を含むアゲハチョウのほか、本州では高地に生息するチョウも見られる[117]

1926年(大正15年)8月4日に藻岩山で採集された1雌の標本より、1935年(昭和10年)に新種として発表されたエゾムモントゲヒゲトラカミキリ Grammographus jezoensis (Matsushita & Tamanuki, 1935) は、その後一度も見つかっておらず[118]、そのタイプ標本も行方不明のため正体不明とされる[119]。また、札幌農学校出身で藻岩山・円山を研究調査地とした[120]昆虫学者の松村松年らにより、多くの昆虫に採集地の藻岩山にちなんだ和名・学名がつく[52]

藻岩を和名・学名(太字)にもつ昆虫[121]

藻岩山観光自動車道編集

1958年(昭和33年)夏開催の北海道大博覧会を視野に、観光と市勢の伸展を目的として1957年(昭和32年)より藻岩山の中腹に至るロープウェイとともに山頂を通る観光有料道路の新設が進められ[123]陸上自衛隊の手により[124]同年10月末には貫通し[125]、翌1958年(昭和33年)7月、北ノ沢から山頂までの自動車道が開通した[126]

その後、観光自動車道は2011年(平成23年)の藻岩山山頂施設の改装に伴い、中腹駐車場までに縮小された[127]

札幌もいわ山ロープウェイ編集

 
ロープウェイ4代目ゴンドラ(2015年9月)

最初に札幌市交通局によってロープウェイが建設されたのは、観光自動車道と同じ1958年(昭和33年)で、7月5日より運行が開始された。3線並列循環式で8人乗りの小型のゴンドラ30台が1分間隔で発車し、高低差366メートル、全長(傾斜長)約1,200メートルを片道10分で登り下りしていた[128]。この「藻岩山ロープウェイ」は、1972年(昭和47年)の札幌冬季オリンピック開催を迎えるにあたり、より安全性を図るため1970年(昭和45年)9月に運行を中止[129]。翌1971年(昭和46年)に4線交走式で66人乗りのゴンドラ2台(こぶし号・はるにれ号)へと代わり、時間も片道5分に短縮された[130]

以前は、山上の「中腹展望台駅」からリフトに乗って山頂展望台に至っていた[131]1975年(昭和50年)、1976年(昭和51年)にリフトの大改修が行われたが[130]、その後、老朽化のため2005年(平成17年)4月より休止。代わりに無料シャトルバス「もーりす号」を走らせ、冬季には雪上車[注 3]が運行していた[131]

2010年(平成22年)4月より施設を休止して改装・整備された後、2011年(平成23年)12月23日より再開し、ゴンドラもまた新型にリニューアルされた。2基のゴンドラはそれぞれ藻岩山に生息するエゾフクロウ(銀色)、エゾリス(オレンジ色)をイメージしている。「もいわ山麓駅」から「もいわ中腹駅」間を運航し、中腹駅より「もーりすカー」に乗換えが可能である[132]

設備概要[133]
  • 運行間隔 - 15分
  • 乗車定員 - 最大66名
  • 乗車時間 - 約5分
  • 距離 - 1.2km
  • 時速 - 18km/h
利用料金[134]
  • 往復 - 一般1,100円、団体(15名以上)・65歳以上880円。小学生以下550円、団体(15名以上)440円。
  • 片道 - 一般600円、団体(15名以上)・65歳以上480円。小学生以下300円、団体(15名以上)240円。
  • 往復セット(ロープウェイ + もーりすカー) - 一般1,700、団体(15名以上)・65歳以上1,360円、市民1,000円。小学生以下850円、団体(15名以上)680円、市民500円。
  • 片道セット(ロープウェイ + もーりすカー) - 一般900円、団体(15名以上)・65歳以上720円。小学生以下450円、団体(15名以上)360円。
  • 年間パスポート(もーりすカーも利用可能) - 一般2,800円、65歳以上2,500円。小学生以下1,400円。

もーりすカー編集

 
もーりすカー(2015年9月)

従来のチェアリフトに代わり、2011年(平成23年)12月23日の藻岩山の観光施設リニューアルとともに開通した[132]密閉型キャビンを持つ2両編成のミニケーブルカー。ロープウェイの乗換駅となる「もいわ中腹駅」から山頂展望台「もいわ山頂駅」間の約230メートルを運行している[135]。「もーりす」は藻岩山のキャラクター[136]

設備概要[135]
  • 編成 - 2両
  • 運行間隔 - 15分
  • 乗車定員 - 最大60名(1両30名×2両)
  • 乗車時間 - 約1分40秒
  • 距離 - 約230m
  • 時速 - 12.6km/h
利用料金[134]
  • 往復 - 一般600円、団体(15名以上)・65歳以上480円、市民で藻岩山観光自動車道利用300円。小学生以下300円、団体(15名以上)240円、市民で藻岩山観光自動車道利用150円。
  • 片道 - 一般300円、団体(15名以上)・65歳以上240円。小学生以下150円、団体(15名以上)120円。

登山道編集

自然歩道を利用して藻岩山山頂に至る総延長12.5メートルの5つの登山コースが整備されている[9]

自然歩道 藻岩山ルート[137][138]
コース 距離(-山頂) 時間(登り) 時間(下り) ルート(入口-山頂)
慈恵会病院前コース 2.9km 70分 50分 1.8km-馬の背-1.1km
旭山記念公園コース 4.0km 110分 90分 2.4km-T6分岐-0.5km-馬の背-1.1km
スキー場コース 2.5km 90分 60分 2.5km
小林峠コース 4.5km 90分 80分 2.9km-T6分岐-0.5km-馬の背-1.1km
北の沢コース 2.4km 60分 50分 1.3km-馬の背-1.1km
慈恵会病院前コース
慈啓会病院前より入り、北麓の登山口となる藻縁山(そうえんざん)観音寺から33体の観音像が安置され、参道として整備された由緒のある登山道である[139]
旭山記念公園コース
旭山記念公園前の登山口および園内より通じており、T6分岐で小林峠コースと合流し、馬の背分岐で慈恵会病院前コースと合流する[140]
スキー場コース
南麓の札幌藻岩山スキー場入口より尾根に登り、稜線沿いに兎平(うさぎだいら)、ロープウェイ中腹駅を経て山頂に至る。スキー場の休業期は場内を歩くこともできる[141]
小林峠コース
西麓の小林峠付近に登山口があり、T6分岐で旭山記念公園コースと合流し、馬の背分岐で慈恵会病院前コースなどと合流する[142]
北の沢コース
南西側の北の沢の禅宗寺より入った西麓に登山口があり、馬の背付近の分岐で慈恵会病院前コースなどと合流する[143]

このほかロープウェイと山麓駅周辺には、水道記念館まで往復約30分のコースや、平和塔を経由して一周する約60分のコースなどもある[144]。なお、軍艦岬からの登山道は廃道となっている[29]

旧藻岩ドリームランド編集

藻岩山ロープウェイ山ろく遊園地
施設情報
愛称 藻岩山ドリームランド
事業主体 札幌市交通局
閉園 1977年昭和52年)
所在地 北海道札幌市南区
テンプレートを表示

かつてロープウェイ山麓駅の傍らより、ジェットコースター[145]ゴーカート観覧車、洋弓(アーチェリー)場といった遊具施設のほか、エゾシカ園を備えた[146]「藻岩山ドリームランド」(藻岩山ロープウェイ山ろく遊園地)という施設が存在したが、1977年(昭和52年)に閉園。その後撤去され、往時の面影はない。ジェットコースターや観覧車などの遊具施設は、北海道百年記念北海道大博覧会真駒内会場「子供の世界のファミリーランド」から移設されたものであった。

藻岩山の日編集

藻岩山山開き(6月1日)の前日である5月31日が、標高の531メートルに符合することから、近年は毎年5月31日を「もいわ山の日」として、この前後の数日には藻岩山観光運営委員会が企画したイベントが催されている[147]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1913年(大正2年)-1915年(大正4年)にかけて原生天然保護林を全道11か所選定。
  2. ^ 推定値(気温低減率0.65℃/100m)。
  3. ^ 4か所のタイヤ無限軌道台車に交換したマイクロバス三菱・ローザ4WDの改造車)。

出典編集

  1. ^ a b c 『三省堂 日本山名事典』徳久球雄・石井光造・武内正、三省堂、2011年、改訂版、1035頁。ISBN 978-4-385-15428-2
  2. ^ a b c 『コンサイス日本地名事典』三省堂編集所、三省堂、2007年、第5版、1222頁。ISBN 978-4-385-16051-1
  3. ^ a b 朝日新聞社: “いつもそこに 藻岩山物語 (1) 自然の植物園 クマにも言い分あり”. gooブログ (2012年4月30日). 2018年9月6日閲覧。
  4. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、64頁
  5. ^ a b c d 『日本の天然記念物』講談社、1995年、220-222頁。ISBN 4-06-180589-4
  6. ^ a b 『北海道の歴史散歩』北海道高等学校日本史教育研究会編、山川出版社〈歴史散歩 1〉、2006年、113・126-127頁。ISBN 4-634-24601-5
  7. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、6・18頁
  8. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、4頁
  9. ^ a b c d 札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課 (2004年). “自然歩道 藻岩山ルート <自然歩道>”. 公園検索システム. パスコ. 2019年1月20日閲覧。
  10. ^ a b c 藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ”. ようこそSAPPORO. 札幌観光協会. 2018年9月6日閲覧。
  11. ^ 夜景スポット認定地リスト”. 日本新三大夜景. 新日本三大夜景・夜景100選事務局. 2019年1月20日閲覧。
  12. ^ 日本新三大夜景”. 夜景観光コンベンション・ビューロー. 2019年1月20日閲覧。
  13. ^ “輝く夜の札幌 絶景かな 藻岩山(札幌市) おもてなし魅せどころ”. 日経MJ(観光・インバウンド面) (日本経済新聞社). (2019年11月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXKZO37865920W8A111C1H91A00/ 2019年1月20日閲覧。 
  14. ^ a b c さっぽろ自然調査館 (2013)、34頁
  15. ^ a b c d 札幌市教育委員会 (1996)、109頁
  16. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、22・107頁
  17. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、22頁
  18. ^ 札幌市博物館活動センター (2007)、53・55・57-58頁
  19. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、67頁
  20. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、22・109・282頁
  21. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、16・109頁
  22. ^ 札幌市博物館活動センター (2007)、52-53・57頁
  23. ^ a b 札幌市博物館活動センター (2007)、54頁
  24. ^ a b 札幌市博物館活動センター (2007)、54・57頁
  25. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、102・107頁
  26. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、77頁
  27. ^ 札幌市教育委員会 (1996)、110頁
  28. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、28-35頁
  29. ^ a b c d さっぽろ自然調査館 (2013)、21頁
  30. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、207頁
  31. ^ 山崎 (1995)、82頁
  32. ^ 軍艦岬(南区再発見)”. 南区. 札幌市 (2018年8月27日). 2019年1月20日閲覧。
  33. ^ a b c 10万坪開拓から(南区開拓夜話)”. 南区. 札幌市. 2019年1月20日閲覧。
  34. ^ SAN 2010年秋号 - 南区キーワード 割栗(わりぐり) (PDF)”. 東海大学地域連携研究グループ SAN(サウスエリアネットワーク). p. 7 (2010年). 2019年1月20日閲覧。
  35. ^ a b 山崎 (1995)、85頁
  36. ^ 山崎 (1995)、89-92頁
  37. ^ 藻岩山の歴史 (PDF) 」 『広報さっぽろ』2008年2月号、札幌市、 2頁、2019年1月20日閲覧。
  38. ^ a b 『山溪カラー名鑑 日本の山1000』山と溪谷社編、山と溪谷社、1998年(原著1992年)、改訂第2版、66頁。ISBN 4-635-09025-6
  39. ^ a b c d e 札幌市教育委員会 (1980)、13頁
  40. ^ a b c d e (いつもそこに 藻岩山物語: 4)祈りの山 観音像、街を見守る/北海道 北海道新聞 2012年05月03日 北海道朝刊 27頁 1道 写図有
  41. ^ 好きですふるさとの山々(南区開拓夜話)”. 南区. 札幌市. 2019年1月22日閲覧。
  42. ^ 更科源蔵『アイヌ伝説集』みやま書房〈更科源蔵アイヌ関係著作集 I〉、1981年(原著1971年)、158頁。
  43. ^ 後方羊蹄日誌”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 国立国会図書館. 2019年1月20日閲覧。
  44. ^ 藻岩山の話 (PDF)”. 北海道林業技士会 (2010年). 2019年1月20日閲覧。
  45. ^ 『自然紀行 日本の天然記念物』講談社、2003年、28頁。ISBN 4-06-211899-8
  46. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、13・16・97頁
  47. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、13・237頁
  48. ^ 『開拓使時代』札幌市教育委員会編、北海道新聞社〈さっぽろ文庫50〉、1989年、207-208頁。ISBN 4-89363-049-0
  49. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、15-16頁
  50. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、17頁
  51. ^ a b 札幌市教育委員会 (1980)、17-18・113-114頁
  52. ^ a b c 21.札幌の自然が生んだ植物学、昆虫学の“知の巨人””. 誇ろう・つなごう・札幌の自然. 札幌市政研究所 (2012年). 2019年1月20日閲覧。
  53. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、18-19頁
  54. ^ a b c 札幌市教育委員会 (1980)、19頁
  55. ^ a b 国指定 天然記念物 円山原始林/藻岩原始林 (PDF)”. 札幌市. 2018年9月6日閲覧。
  56. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、146頁
  57. ^ a b 『札幌の碑』札幌市教育委員会編、北海道新聞社さっぽろ文庫45〉、1988年、206頁。ISBN 4-89363-044-X
  58. ^ 天然記念物藻岩原始林碑(ふるさと小百科)”. 南区. 札幌市 (2016年3月1日). 2018年11月11日閲覧。
  59. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、262・265頁
  60. ^ a b さっぽろ自然調査館 (2013)、8-9頁
  61. ^ 天然記念物藻岩原始林(碑)”. 南区. 札幌市 (2011年2月25日). 2019年1月20日閲覧。
  62. ^ a b 札幌市教育委員会 (1980)、222-223・233・241頁
  63. ^ a b 札幌市教育委員会 (1980)、233頁
  64. ^ a b c 藻岩観音奥の院(ふるさと小百科)”. 南区. 札幌市 (2016年3月1日). 2019年1月20日閲覧。
  65. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、224-225・233頁
  66. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、223頁
  67. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、263頁
  68. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、225頁
  69. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、205頁
  70. ^ 山崎 (1995)、18頁
  71. ^ a b 真田英夫「堂垣内尚弘先生の足跡を訪ねて (ii) - 札幌スキー場の建設 (PDF) 」 『コンサルタンツ北海道』第112号、日本技術士会北海道本部、2007年、 39-43頁、2019年1月20日閲覧。
  72. ^ 柴田高「ポストバブル期のスキー場経営の成功要因 (PDF) 」 『東京経大学誌』第284号、日本経済大学経済学会、2014年、 165-186頁、2019年1月20日閲覧。
  73. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、114-115頁
  74. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、102-103頁
  75. ^ “<札幌低山めぐり1> 平和の塔・天神山”. 北海道新聞 どうしん電子版. (2018年5月3日). https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5779207008001 2019年1月20日閲覧。 
  76. ^ a b 山崎 (1995)、50頁
  77. ^ a b “藻岩山に平和塔 仏舎利まつる 来年7月までに完成”. 北海道新聞. (1958年11月26日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=803_0038.jpg?1543470895636&title=%91%94%8A%E2%8ER%82%C9%95%BD%98a%93%83%81A%95%A7%8E%C9%97%98%82%DC%82%C2%82%E9%81A%97%88%94N7%8C%8E%82%DC%82%C5%82%C9%8A%AE%90%AC 2018年11月11日閲覧。 
  78. ^ 札幌仏舎利塔(北海道札幌市)”. 大岡實建築研究所 (2012年). 2019年1月20日閲覧。
  79. ^ “藻岩山に観光用の牧場”. 北海道新聞. (1966年1月5日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=897_0013.jpg?1547945461748&title=%91%94%8A%E2%8ER%82%C9%8A%CF%8C%F5%97p%82%CC%96q%8F%EA 2019年1月20日閲覧。 
  80. ^ 森永乳業(株)『森永乳業五十年史』(1967.09) -年表”. 渋沢社史データベース. 渋沢栄一記念財団. 2019年1月20日閲覧。
  81. ^ “藻岩山に“乳牛牧場””. 北海道新聞. (1966年5月25日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=901_0059.jpg?1547945461748&title=%91%94%8A%E2%8ER%82%C9%81h%93%FB%8B%8D%96q%8F%EA%81h 2019年1月20日閲覧。 
  82. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、261頁
  83. ^ ちざきバラ園閉園のご案内”. 北海道興農社 (2009年11月25日). 2019年1月20日閲覧。
  84. ^ HISTORY”. 創和プロジェクト (2009年11月25日). 2019年1月20日閲覧。
  85. ^ a b 藻岩山神社(ふるさと小百科)”. 南区. 札幌市 (2016年3月1日). 2019年2月24日閲覧。
  86. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、27頁
  87. ^ [|総務省統計局統計調査部国勢統計課] (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査 小地域集計(総務省統計局) 第3表 年齢(5歳階級), 男女別人口, 総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. 
  88. ^ a b さっぽろ自然調査館 (2013)、37頁
  89. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、60頁
  90. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、100頁
  91. ^ 『NHK「さわやか自然百景」 ゆるり散策ガイド〈春〉』小学館「さわやか自然百景」編集部、小学館、2015年、186-189頁。ISBN 978-4-09-103760-2
  92. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、36・42頁
  93. ^ a b さっぽろ自然調査館 (2013)、42頁
  94. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、43・60頁
  95. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、99-100頁
  96. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、105-106頁
  97. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、90-91頁
  98. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、84-85頁
  99. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、127-128頁
  100. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、94頁
  101. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、123頁
  102. ^ 太田嘉四夫「北海道産ネズミ類の生態的分布の研究 (PDF) 」 『北海道大學農學部 演習林研究報告』第26巻第1号、北海道大学、1968年12月、 223-295頁、2019年1月20日閲覧。
  103. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、127-128頁
  104. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、146-148頁
  105. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、96頁
  106. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、151頁
  107. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、106頁
  108. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、96-97頁
  109. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、97-99・102頁
  110. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、100-101頁
  111. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、145-146・156-158頁
  112. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、97・102頁
  113. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、123頁
  114. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、177頁
  115. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、21・110-111頁
  116. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、112-113頁
  117. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、186-189頁
  118. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、184頁
  119. ^ 114.6 Subfamily Cerambycinae Latreille, 1802 / カミキリ亜科”. 日本列島の甲虫全種目録 (2018年). japanesebeetles.jimdo.com (2017年). 2019年1月20日閲覧。
  120. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、169頁
  121. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、122頁
  122. ^ a b c d e f g 札幌市教育委員会 (1980)、170頁
  123. ^ “観光地になる藻岩山”. 北海道新聞. (1958年6月7日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=781_0044.jpg?1543274773701&title=%8A%CF%8C%F5%92n%82%C9%82%C8%82%E9%91%94%8A%E2%8ER 2019年1月20日閲覧。 
  124. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、216頁
  125. ^ “藻岩観光道路が貫通”. 北海道新聞. (1957年11月1日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=791_0003.jpg?1543307135572&title=%91%94%8A%E2%8A%CF%8C%F5%93%B9%98H%82%AA%8A%D1%92%CA 2019年1月20日閲覧。 
  126. ^ “札幌を一望に… 藻岩山ドライブ・ウェー来月開通”. 北海道新聞. (1957年1月29日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=798_0017.jpg?1543274336629&title=%8ED%96y%82%F0%88%EA%96 2019年1月20日閲覧。 
  127. ^ 施設ガイド - 自然を守る取り組み”. 札幌もいわ山ロープウェイ. 札幌振興公社. 2019年1月20日閲覧。
  128. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、215-217頁
  129. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、217-218頁
  130. ^ a b 札幌市教育委員会 (1980)、218頁
  131. ^ a b 中島信『日本のロープウェイ・ゴンドラ 全ガイド』千早書房、2010年、16-17頁。ISBN 978-4-88492-444-7
  132. ^ a b 北海道ファンマガジン編集部. “もいわ山観光施設リニューアルオープン! ミニケーブルカーも登場”. 北海道ファンマガジン. 北海道リレーション. 2019年1月20日閲覧。
  133. ^ ロープウェイ・もーりすカー乗り場 - ロープウェイ”. 札幌もいわ山ロープウェイ. 札幌振興公社. 2019年1月20日閲覧。
  134. ^ a b ロープウェイ・もーりすカー乗り場 - 料金詳細”. 札幌もいわ山ロープウェイ. 札幌振興公社. 2019年1月20日閲覧。
  135. ^ a b ロープウェイ・もーりすカー乗り場 - もーりすカー”. 札幌もいわ山ロープウェイ. 札幌振興公社. 2019年1月20日閲覧。
  136. ^ もーりす”. KAWAii!Hokkaido. 2019年1月20日閲覧。
  137. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、4-17頁
  138. ^ もいわ山の自然・登山 - もいわ山登山道5コース”. 札幌もいわ山ロープウェイ. 札幌振興公社. 2019年1月20日閲覧。
  139. ^ 札幌市教育委員会 (1980)、260-262頁
  140. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、10-11頁
  141. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、12-13頁
  142. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、16-17頁
  143. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、14-15頁
  144. ^ さっぽろ自然調査館 (2013)、18-19頁
  145. ^ 藻岩遊園地のジェットコースター”. 札幌市 (1969年4月29日). 2019年1月20日閲覧。
  146. ^ “藻岩山に一大遊園地 ロープウェイ周辺 シカ園や桜並木も 市交通局で計画 明春早々に着工”. 北海道新聞. (1958年12月18日). http://archives.city.sapporo.jp/Culture/scrap/scrap_photo_view.jsp?img=804_0032.jpg?1543470895636&title=%91%94%8A%E2%8ER%82%C9%88%EA%91%E5%97V%89%80%92n%83%8D%81 2019年1月20日閲覧。 
  147. ^ もーりす通信 - 第11回 もいわ山の日”. 藻岩山観光運営委員会. 2019年1月20日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集