メインメニューを開く

コヤブソニック (: KOYABU SONIC) とは、2008年から2014年まで、及び2017年から毎年大阪府大阪市で開催される音楽フェスティバルである。通称「コヤソニ」。

コヤブソニック
KOYABU SONIC
通称・略称 コヤソニ
開催時期 不定 (おおむね夏から秋)
開催年 2008年 - 2014年・2017年 -
会場 インテックス大阪
旧会場 舞洲スポーツアイランド特設会場
大阪城野外音楽堂
主催 吉本興業・キョードーファクトリー
共催 FM OH!851KANSAI Walker
特別協賛 タウンワーク
協賛 mandai / KIRIN / bitflyer / 大阪王将 / HMB ULTIMATE / 日光ホーム / ほっかほっか亭 / NEW ERA / LOGOS
企画制作 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
協力 近鉄百貨店
運営協力 キョードー大阪
プロデューサー 小藪千豊
ジャンル ロックお笑い
最寄駅 コスモスクエア駅中ふ頭駅
駐車場
公式サイト0/0公式Twitter
テンプレートを表示

概説編集

吉本新喜劇座長である小籔千豊が企画・主催する音楽イベントである。音楽だけでなくお笑いにも重点を置き、出演芸人たちによるネタブロックを各日2ブロック(約2時間)設けているほか、出演ミュージシャンと芸人のコラボ企画を実施するなど、音楽とお笑いを融合させている。同じく大阪・舞洲で開催される野外音楽イベント「SUMMER SONIC」を意識しており、自身がレイザーラモンと組んで活動するユニット「ビッグポルノ」がかつてサマソニに出られなかった過去の悔しさから、酒を飲みながら「コヤブソニックでも作ってサマソニ潰したる!」または「隣でコヤソニやって潰したろか!」とボケた所、その場でレイザーラモンRGが乗っかってきたことをきっかけに、スチャダラパーをはじめとした知り合いに声をかけてみたところ好評であり、イベントが発足したという[1][2]。元々はサマソニ同様野外音楽イベントとして発足したが、2013年以降は屋内型のイベントに移行している。また、 2011年には当時の大阪府知事橋下徹も出席した。

ビッグポルノの解散に伴い2014年に一旦イベントを終了したが、2017年に小籔の結成した5人組バンド「吉本新喜劇ィズ」[注 1]が出演するイベントとして3年ぶりに復活することが明らかにされた[3]

開催日時と会場編集

開催年 開催日 会場
2008年 7月20日・21日 大阪城野外音楽堂 (大阪市中央区大阪城公園内)
2009年 8月23日 舞洲コヤブソニック特設会場 (大阪市此花区舞洲スポーツアイランド内)[4]
2010年 8月28日・29日 インテックス大阪5号館 (大阪市住之江区)[5]
2011年 5月21日・22日 舞洲コヤブソニック特設会場
2012年 9月29日・30日 舞洲コヤブソニック特設会場
舞洲アリーナ (2日目途中〜)
2013年 9月15日・16日 インテックス大阪5号館
2014年 9月13日・14日・15日 インテックス大阪5号館
2017年 11月3日・4日・5日 インテックス大阪5号館・2号館
2018年 9月15日・16日・17日 インテックス大阪5号館・1号館

コヤブソニック2008編集

コヤブソニック2009編集

コヤブソニック2010編集

コヤブソニック2011編集

コヤブソニック2012編集

この年は2日目が台風17号の直撃を受けてしまう。当初は予定通り特設会場でステージを開始したものの、風雨が強まる中屋外でのイベント継続は困難だと判断。たまたま近隣の舞洲アリーナが予定されていたイベントが中止になり空いていたことから、イベンターのキョードー大阪の協力の下急遽シャトルバスにて出演者・観客・機材を移動し開催を続行した[6][7]

9月29日 9月30日
出演アーティスト 出演芸人 出演アーティスト 出演芸人
遠藤舞 (アイドリング!!!) (オープニングアクト) COWCOW AKTION a.k.a. 真木蔵人 麒麟
AFRA 桂三度 AFRA ダイアン
EGO-WRAPPIN' and THE GOSSIP OF JAXX シャンプーハット ET-KING 天竺鼠
加藤紀子 千鳥 orange pekoe 中川家
小泉今日子 土肥ポン太 カジヒデキ 2700
サイプレス上野とロベルト吉野 中山功太 Zeebra 2丁拳銃
サニーデイ・サービス 南海キャンディーズ スモールポルノ 博多華丸・大吉
スチャダラパー バッファロー吾郎 HALCALI フットボールアワー
スモールポルノ モンスターエンジン ビッグポルノ ロバート
田島貴男 (ORIGINAL LOVE) 矢野・兵動 ホフディラン 笑い飯
チャットモンチー and more!! 盆地で一位 and more!!
TOKYO No.1 SOUL SET YO-KING
ビッグポルノ and more!!
N'夙川BOYS
and more!!

コヤブソニック2013編集

FM OSAKAとのコラボ企画により、オープニングアクト出演のアーティストを選出する「ROAD to KOYABU SONIC」を開催[8]

9月15日 9月16日
出演アーティスト 出演芸人 出演アーティスト 出演芸人
イーゼル芸術工房 (オープニングアクト) 桂三度 ROYALcomfort (オープニングアクト) アンガールズ[注 2]
アイドリング!!! ずん 泉沙世子 (オープニングアクト)[注 3][9] COWCOW
AFRAに曽我部 ダイアン アスタラビスタ 麒麟
AFRA 千鳥 AFRA サバンナ
卯月 (シークレットアーティスト)[10] 中川家 ET-KING シャンプーハット
EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX 博多華丸・大吉 Charisma.com すち子&真也
サンボマスター 2700 カジヒデキ 天竺鼠
田島貴男 (ORIGINAL LOVE) バッファロー吾郎 小林幸子 (シークレットアーティスト)[11] 土肥ポン太[注 4]
TOKYO No.1 SOUL SET フットボールアワー サイプレス上野とロベルト吉野 どぶろっく
中村一義 with Hermann H. & The Pacemakers マキタスポーツ[注 4] サニーデイ・サービス ハリセンボン[注 5]
野宮真貴 & BIBA 野性爆弾 スチャダラパー ロバート
ビッグポルノ / スモールポルノ 矢野・兵動 ハナレグミ
PES (RIP SLYME) 笑い飯 ビッグポルノ / スモールポルノ
ホフディラン YOUR SONG IS GOOD
盆地で一位 レキシ

コヤブソニック2014ファイナル編集

コヤブソニック2017編集

コヤブソニック2018編集

9月15日 9月16日 9月17日
出演アーティスト 出演芸人 出演アーティスト 出演芸人 出演アーティスト 出演芸人
雨のパレード かまいたち AFRA ジョイマン EGO-WRAPPIN' ジョイマン
カジヒデキ ガリットチュウ福島 GLIM SPANKY ニッポンの社長 キュウソネコカミ ニッポンの社長
きのこ帝国 麒麟 THE SESELAGEES 爆乳三姉妹 ゲスの極み乙女。 爆乳三姉妹
クリープハイプ 霜降り明星 スチャダラパー 守谷日和 サンボマスター 守谷日和
崎山蒼志 ジョイマン SPYAIR ロングコートダディ ジェニーハイ ロングコートダディ
サニーデイ・サービス スーパーマラドーナ DJみそしるとMCごはん サンドウィッチマン TOKYO No.1 SOUL SET コロコロチキチキペッパーズ
田島貴男 (ORIGINAL LOVE) ダイアン 藤井隆とt-girls2018 シソンヌ tricot ザ☆健康ボーイズ
ホフディラン 天竺鼠 吉本新喜劇ィズ ジャルジャル ハナグレミ ずん
吉本新喜劇ィズ とろサーモン yonige シャンプーハット ミラクルひかる テンダラー
and more! なかやまきんに君 裸体 千鳥 吉本新喜劇ィズ ハリウッドザコシショウ
ニッポンの社長 渡辺直美 土肥ポン太 レキシ 藤崎マーケット
FUJIWARA and more! 中川家 and more! 柳原可奈子
爆乳三姉妹 2丁拳銃 ゆりやんレトリィバァ
守谷日和 博多華丸・大吉 ロバート
野性爆弾 矢野・兵動 and more!
ゆーびーむ☆ and more!
吉本新喜劇
ロングコートダディ
笑い飯
and more!

脚注編集

[ヘルプ]

注記編集

  1. ^ メンバーは小籔 (dr.)、宇都宮まき (vo&g)、松浦真也 (g)、金原早苗 (kb)、福岡晃子 (B)。
  2. ^ 台風18号の影響により、出演をキャンセルした (コヤブソニック2013:NEWS (2013年9月16日). “台風による出演者キャンセルのお知らせ”. 2013年9月17日閲覧。)。
  3. ^ 体調不良により、出演をキャンセルした (コヤブソニック2013:NEWS (2013年9月14日). “泉 沙世子 出演キャンセルのお知らせ”. 2013年9月17日閲覧。)。
  4. ^ a b 当初はマキタスポーツが15日、土肥ポン太が16日に出演の予定だったが、変更となった (Twitter・koyabusonic@koyabusonic2013 - 2013年9月11日 20:21)。
  5. ^ 台風18号の影響により、近藤春菜は出演をキャンセルした(コヤブソニック2013:NEWS (2013年9月16日). “台風による出演者キャンセルのお知らせ”. 2013年9月17日閲覧。)。
  6. ^ ドラムを小籔千豊が担当。

出典編集

  1. ^ 小籔千豊「人生はチョロQです」”. Webマガジン 月刊チャージャー (2010年8月). 2012年6月21日閲覧。 - archive today
  2. ^ 小籔千豊,インタビュー”. おとなの芸術村. 2014年5月28日閲覧。
  3. ^ “小籔千豊が主催のイベント「コヤブソニック」3年ぶりに開催決定”. RO69. (2017年5月12日). https://rockinon.com/news/detail/160553 2017年5月12日閲覧。 
  4. ^ コヤブソニック 2009 オフィシャルサイト”. 2012年6月21日閲覧。
  5. ^ コヤブソニック2010: ACCESS_STAGE”. 2012年6月21日閲覧。
  6. ^ 『KOYABU SONIC』2日目、小籔千豊がコメントを発表! - よしもとニュースセンター・2012年10月1日
  7. ^ 台風の中、吉本イベント“ウルトラC”開催! - サンケイスポーツ・2012年10月1日
  8. ^ コヤブソニック2013:NEWS (2013年8月27日). “「ROAD to KOYABU SONIC」オープニングアクト決定!!”. 2013年9月17日閲覧。
  9. ^ 泉沙世子オフィシャルブログ「東京うたうたい」 (2013年9月14日). “お知らせ”. 2013年9月17日閲覧。
  10. ^ Twitter・koyabusonic@koyabusonic2013 - 2013年9月15日 10:50
  11. ^ マイナビニュース (2013年9月17日). “小林幸子が「コヤソニ」に降臨! フェス初体験に「クセになるかも」”. 2013年9月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集