メインメニューを開く

サンフレッチェ広島F.Cの育成組織

サンフレッチェ広島F.Cの育成組織(サンフレッチェひろしまエフシーのいくせいそしき)は、Jリーグサンフレッチェ広島F.Cの育成組織(アカデミー、下部組織)。Jリーグ百年構想のもと、サッカー選手の育成とサッカーの普及、および青少年の健全育成を目的に活動する組織である。

註:本記事の題名「育成組織」は、サンフレッチェ広島の公式サイトの表記[1] に従った。また「下部組織」と言及されることもあるものの、Jリーグの指針では「下部組織」という用語は用いないとしている[2]

概要編集

1992年クラブ創設とともにジュニア(小学生年代)、翌1993年にユース(高校生年代)およびジュニアユース(中学生年代)を創設。

ユースの拠点は広島県安芸高田市吉田町の吉田サッカー公園、ジュニアユースおよびジュニアの拠点は主に広島県安芸郡府中町の広島青少年文化センター。スクールの拠点は、広島県内のほか山口県島根県にもある。

外部からユースへの入団はスカウトと募集(セレクション)があり、毎年来年度高校1年生となる中学3年生を対象に6月ごろに案内募集が出され、8月末ごろにセレクションを開催している。ジュニアユースへの入団はセレクションのみであり、来年度中学1年となる小学6年生を対象に、10月ごろに案内募集が出され、12月末ごろにセレクションを開催している。ジュニアはスクールからの選抜メンバーで編成されている。スクールおよびジュニアは男女共に入れるが、ジュニアユースおよびユースは男子のみである。

2チーム編成で大会に出場する場合、チーム名に「セカンド」あるいは「ベアース(BearsあるいはB)」を付け登録している場合もある。なお一部では、トップチームに対する育成組織であるということから、「子熊」「仔熊」の愛称で呼ばれている[3][4]。これらの熊とは、チームマスコットであるツキノワグマサンチェに由来する。

毎年3月、年度最初のホームゲーム試合前に、スクール・ジュニア・ジュニアユース・ユース・トップの選手が一堂に集まり、「サンフレッチェファミリー紹介」と題し、サポーターに向け顔見世を行っている。

編成編集

規約編集

Jリーグクラブライセンス制度では、Jリーグの各チームにU-18チームU-15チームU-12チーム、U-10チームを保有することを義務づけ、女子チームを保有できるものとしている。これを元に広島では以下のチームを編成している。男子は全カテゴリ、女子はスクール及びU-12に相当するチーム(広島ジュニア)に入団できる。なおクラブは2015年現在、女子チームを創設する予定は全くなく地元のアンジュヴィオレ広島とともに広島サッカー界を盛り上げていくと明示しているが[5]、正式な提携までには至っていない。更に、1種アマチュアチーム、いわゆるセカンドチームも創設する予定もないと明示している[5]

編成一覧編集

幹部スタッフ
  • 強化部長 足立修
  • アカデミー部部長 : 山出久男
  • ユースダイレクター兼スカウト : 佐々木直人
  • 育成マネージャー兼スカウト : 村山哲也
  • 普及グループマネージャー兼スクールマスター : 塩崎浩作
 
 
吉田サッカー公園
 
広島青少年文化センター
 
広島広域公園第二球技場
拠点。
 
くにびき
 
びんご
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年現在のスクール拠点。特記は提携スクール。
直轄
スクール等
  • スクール(小学生以下)
  • 女性
    • フレッチェスクール(中学生以下)
    • レディーススクール(高校生および社会人)
  • ジュニアユーススクール(中学生)
    • 広島
  • GKスクール
  • おとなサッカースクール(サッカー未経験・初心者の20歳以上の男女)
提携スクール
  • サンフレッチェくにびきフットボールクラブ
    • 1996年4月提携
    • 代表 : 吉川公二
    • 拠点 : 出雲ドームサッカー場(出雲市矢野町)
  • サンフレッチェびんごフットボールクラブ

所属選手編集

ユース
ジュニアユース以下

以前はイヤーブックやホームページなどで名簿を公開していたが、個人情報保護法が施行した2005年以降公開されていない。

特徴編集

一流のサッカー選手である前に一流の社会人であれ

—今西和男[6][7]

気持ちには引力がある

—森山佳郎[8]

クラブ目標の一つに「日本一の育成型クラブ」を掲げ[9][10][11][12]、2001年以降「人もボールも動くサッカー」「やっていても見ていても楽しい攻撃的なサッカー」をクラブ全体のポリシーとしており[13]、その中で「技術があってハートもあってハードワークできる」選手の育成を目指している[14]

サッカーの技術的な面だけではなく、学業・生活面の指導など人間教育にも非常に力を入れている[6][15][16]。これは、参考にしたオランダのクラブの方針(下記参照)であることに加え、育成組織を整備した今西和男の哲学によるところが大きい。メンタル面でのアプローチも積極的に取り組んでおり[8][17]、さまざまな業種の人物を招いて講話を開いたりしている[15]。その中には俗にいう炎上個人情報漏洩を防ぐSNS講習も含まれる[18]

トップチームの2012年2013年のJリーグ連覇の要因の一つとなったことから、またこれらは比較的小さいクラブ財政基盤での戦力強化モデルであることから、その育成ノウハウが注目されており[19][20][21]、他からの問い合わせに対し広島側はそのノウハウを全面的に公開している[22]。例えば、京都サンガF.C.は2005年から柱谷幸一の音頭で"スカラーアスリートプロジェクト"という育成プロジェクトを立ち上げたが、ベースとなったのが広島の育成ノウハウである[6]。その他にも、地元広島のみならず中国地方の街クラブにもそのノウハウを提供している[10][22]。一方で2014年海外の育成組織評価機関では、これらノウハウは指導者の勘や経験によるものが大きく体系化するべき、スカウトなどの選手評価を数値化することが望ましい、など改善の余地があると指摘されている[23]。ノウハウ公開と平行して、研修などを目的とした短期間の受け入れも行っている。例えば、フィッツジェラルド舞行龍ジェームズは2004年15歳当時広島ユースで短期間受け入れ、これが縁で日本の高校に通いプロ入りし日本に帰化している[24]

クラブ財政の問題からトップチームですぐ使える選手を昇格させている[25] ため、その昇格人数は極めて少なくなっている[14][26]。ユースにおいてプロになれなかった選手の就職および大学進学率はJリーグユースの中でもトップクラスを誇る[15]。一方でライバルの不在つまり県サッカーのレベル低下を防ぐため、意図的に上のカテゴリ昇格を制限している部分もある[27]。広島の育成組織を退団後他の学校などで活躍し、広島のみならず他のJリーグチームでプロ入りを果たした選手もいる。2012年2月24日、日本代表対サッカーアイスランド代表戦にて、広島の育成組織出身者が日本代表として4人出場を果たした。国際Aマッチにおいて同一クラブユース出身者4人出場は日本サッカー史上初のことである[28]。また国内組の縛りがあったこともあり、東アジアカップ2013では5人育成組織出身者から日本代表に選ばれている[29]

映像外部リンク
  サッカー国際大会開会式を盛り上げたサンフレッチェユース劇場 - 当時フィジカルアドバイザーを務めた木場克己がアップロードした動画。やべっちFCでも紹介されている。

こうした特徴からメディアに取り上げられることも少なくない。Jリーグが始まった当初は少ない予算の中で自前の選手を育てることに力を入れていたとして「育成のジェフ、育成の広島」と評価された[30]。例えば、2011年イタリアで行われたクラウディオサッシ国際ユーストーナメントでの開会式のパフォーマンスが話題となり、やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜でも取り上げられている[31]。2016年中国網は「日本一大“球星加工厂”(日本の一大タレント育成組織)」と紹介している[32]

取り組み編集

前史編集

広島のサッカー土壌

広島は古くは静岡・埼玉と共にサッカー御三家と言われる土地であった[33]。戦前から広島高師附属中学(現広島大学附属高校)・広島一中(現広島国泰寺高校)・修道中学(現修道高校)の広島サッカー御三家を中心に全国大会で数々のタイトルを取り、福原黎三渡部英麿松田輝幸浜本敏勝ら戦後の教員指導者の尽力により、数多くのサッカー選手を輩出してきた[34]

1950年代後半になると、指導者不足から東洋工業蹴球部(後のマツダSCでありサンフレッチェ広島F.Cの前身)をはじめとする地元実業団の現役選手が頼まれて市内の小中高校へ指導に出かけるようになった[注 1][35]。1965年東洋工業現役選手によるサッカー教室を正式に開始[36]、マツダSC以降も「マツダサッカースクール」の名称で船本幸路小城得達など蹴球部OBを講師に県下を指導・普及して周っていた[注 2]

1970年代以降、オイルショックから広島経済の地盤沈下が進み、広島サッカーも影響し停滞していった[40]。地元出身の楚輪博金田喜稔木村和司などは大学を卒業後は関東や関西の実業団チームへ入団し、森島寛晃田坂和昭などは他県の高校へ越境入学するなど、タレントが流出していった[34]

マツダSCの試み

1984年、マツダSCはJSL2部に降格したことを機に、今西和男が監督に就任した。今西は蹴球部OBだが引退後はマツダ社員として働いており、指導者としてのキャリアがまったく無かったので、オランダからハンス・オフトをコーチに招聘した[41]。今西とオフトは、マツダSCはこのままではタレント不足で勝てないと悟った。

今西は外国人選手獲得[注 3]も兼ねて、オフトの出身クラブであるフェイエノールトとその他にもアヤックス・アムステルダムを視察した。そこで、プロには予備軍(フェイエノールト・アカデミーオランダ語版アヤックス・アカデミー[注 4])が存在すること、予備軍ではトップの内容に近いトレーニングをこなしてること、プロになれなかった場合のリスクを避けるために予備軍に勉強をさせていたこと、を知った[20][42]

一方、新たな日本人選手発掘・獲得には、地方というハンディキャップからか、なかなか即戦力の選手を獲得できなかった。彼らは相談した結果、即戦力となる大卒選手の獲得を継続する中で、高卒選手の獲得と育成に力を入れ、フェイエノールトやアヤックスのような予備軍の実現を目指そうとした[42]。さっそく2軍である「マツダSC東洋」を強化し中国サッカーリーグに参戦、森保一片野坂知宏柳本啓成らを育成していった[43][44]

さらに、指導者育成にも着手[45]、後に小林伸二松田浩中村重和なとチームを影で支える指導者が誕生した。

また1990年代以降、当時マツダSCコーチだったビル・フォルケスの紹介で、森保や高木琢也など若手数人を年に1度1ヶ月程度マンチェスター・ユナイテッドFC.リザーブ[注 5]に練習参加させていた[46][47][48]

高校年代の強化編集

 
ユースの拠点である安芸高田市にある吉田サッカー公園
 
吉田郡山城展望台からみる吉田町。手前の建物が吉田高校。

1993年、Jリーグが開幕すると、すべてのJリーグクラブは育成組織を持つことが必須となった。サンフレッチェ広島も例外ではなく、この年に育成組織を作っている[要出典]。当初ハード面で遅れており、特にユースは広島市内で練習グラウンドの確保すらままならなかった[42]。そこへ、高田郡吉田町(現安芸高田市)がサッカーを中心としたスポーツで町おこしをする「若者定住促進等緊急プロジェクト」の一環として全面協力することが決定、ユースは育成拠点を吉田町内に置き、町内の吉田運動公園を練習拠点として活動を開始した[6][15]

ほぼゼロからのスタートであったが、前身の東洋工業/マツダSC時代から若手を育てることがクラブとして生きる道だという思い[42] から、若手育成のノウハウができつつあり、その後の試行錯誤から以下のような独自の発展を遂げた

吉田町は広島市内から車で1時間半以上かかる遠方[15] にあるため設立開始から全寮制をひいており、マツダで独身寮運営経験がある稲田夫妻を寮長・寮母に迎えた[注 7][6]。当初は民家を借りて行っていたが、環境の充実をはかり、1994年にJリーグチームとしては初めてユース寮を新設した[42]。稲田の定年退職に伴い2011年から中山夫妻[注 8]が、2015年から3代目として遠藤夫妻[51] が寮長・寮母に就任している。
1998年に吉田サッカー公園が完成し、本格的に練習を開始した[6]
  • 地元吉田町との関係強化
特筆すべきは、吉田町と完全に地域密着していることである[6][52]
所属する全選手を広島県立吉田高等学校に通わせている[6]。学校での生活態度を逐一報告を受け、成績の悪い選手はペナルティとしてユースの練習に参加させないようにしている[6][15]。また高校の学校行事に積極的に参加[注 9]、ときには吉田高校サッカー部(ここには広島ユース生は所属していない)や吉田中学校にユース監督以下スタッフを派遣し指導に当たる[6] など、互いに密な関係を築いている。
また設立当初からサッカーフェスティバルなど町民との積極的な交流を深めた結果、2000年代以降地域に溶けこんだ。ユースの全国大会決勝では町民が応援に駆けつけたりもしている[52]
  • ユース独自のスカウト網
専門のスカウトを置き、若年層の有望株を全国津々浦々まで網羅しカバーしており、その情報量は2004年当時は他クラブを圧倒していた[42]

中学年代以下の強化編集

 
拠点である広島青少年文化センター入口
ジュニアユース

ジュニアユースへの選手入団は、ユースと違いスカウトは基本的に行っておらず、セレクションによるものである。

ユースと同様に強化に努めたが、結果として現れだしたのは2000年以降である。ここで育った選手がユースに昇格し、ユースも結果が出るようになった。また、ここで育った選手のうちユースに昇格できなかった選手のほとんどは地元高校に進学し、広島県の高校による2000年代の高校3大大会(インターハイ高円宮杯選手権)好成績はジュニアユース出身者によってもたらされている[53]

2008年にはジュニアユース出身選手から初の日本代表選手を生み出した。

 
びんごの拠点である広島県立びんご運動公園
提携スクール

提携スクールは、一般的な町クラブのように地元団体・企業が運営し、サンフレッチェが指導者を派遣するなど技術提携する形をとっている。ほぼゼロから始めたところばかりだが、中には町クラブを前身としサンフレッチェと技術提携したことにより提携スクールとなったところもある[54][55]。これらのチームはスクールを中心とした普及と、ジュニアユース(中学生年代)チームを頂点とする育成チームつまり高校年代以上のチームは持っておらず、高校年代は広島ユースへ入るか高体連・他のJリーグユースなどに入団する。提携スクール出身でトップチームに昇格したもの、また日本代表に選ばれた選手も存在する。

以下は現在開校している提携スクールである[56]

  • サンフレッチェくにびき - 島根県、1996年提携
元々は「くにびきFC」という町クラブだったが、1996年にサンフレと技術提携したことにより現名となった[55]。そのためチームとしては1996年より前に創設されたことになる。2009年、運営を株式会社化。
  • サンフレッチェびんご - 広島県尾道市、1998年提携
2013年、運営を特定非営利活動法人化。

以下は、以前提携スクールとして活動していたが離脱したスクールである。

その後、将来のJリーグ加盟へ本格的に動き始めた愛媛FCの育成組織に編入された[57]。編入後も一時提携関係にあり、若年層指導者交流や情報提供などを行っていたが、2001年以降愛媛FCが独力で運営している[注 11]
  • サンフレッチェ常石(旧・サンフレッチェみろくの里) - 広島県福山市(旧沼隈郡沼隈町)、1994年提携

普及事業その他編集

スクール

女子の「フレッチェスクール/レディーススクール」、小学生年代の「スクール」や中学生年代の「ジュニアユーススクール」、サッカー未経験の大人を対象とした「おとなスクール」など、幅広く行っている。なお直下のスクールの内、沼田(広島広域公園)のみトップス広島との提携の形で運用している。

また特定のポジションに特化した、「GKスクール」や「ストライカースクール」も開校している。

街クラブとの提携

前述のとおり広島県のサッカーは1980年代に停滞し、1990年代以降サンフレッチェを中心に高校生年代の強化に成功したものの、中学生年代は未整備だった。これに対し、市内の小学生年代の町クラブが広島大河FCをモデルケースとして中学生年代のチームを作る動きが加速し、指導体制を強化した[10][34][53]

この流れにサンフレ側も協力している。例えば、毎週火曜日に高校サッカーや街クラブの指導者とサンフレ育成スタッフ全員が集まる"育成ミーティング"を開催、その中でサンフレ育成ノウハウを公開しお互い情報交換するなど、広島のサッカー発展に貢献している[22]

小学校訪問

トップス広島やP3 HIROSHIMAでの活動の一環として、広島市主催の公共事業「Doスポーツ体育指導者招へい事業」の一環として、また広島県体育協会主催の「ジュニア育成事業」の一環として、トップチームの選手や育成コーチングスタッフ含めた全スタッフが広島市内を中心に県内の小学校訪問を行っている。2006年から本格的に開始し、1年間で平均10校程度訪れている[12]

指導者育成

元々マツダSC時代から指導者育成に力を入れており[45]、広島育成組織での指導経験がある人物でJFA 公認S級コーチを取得し他クラブで活躍しているものもいる[30]

2013年から他クラブに先駆けて、トップチームの現役選手がCないしD級コーチ資格を取得する手助けとして、クラブ独自で講習を開いている[58]

主な戦績編集

ユース編集

天皇杯

2000年、ユースが天皇杯広島県予選にあたる全広島サッカー選手権大会で初優勝し、天皇杯に初出場。その後、2度出場したがすべて1回戦敗退している[59]

開催年月日 大会名 対戦相手 開催スタジアム スコア 勝敗
2000年11月25日 第80回天皇杯1回戦 上田ジェンシャン 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場 0-1 敗北
2002年12月1日 第82回天皇杯1回戦 大分トリニータU-18 大分市営陸上競技場 1-1(PK4-5) 敗北
2003年11月30日 第83回天皇杯1回戦 水戸ホーリーホック 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場 0-1(延長) 敗北

ジュニアユース編集