メインメニューを開く

同志社中学校・高等学校

同志社高校から転送)
学校法人同志社 > 同志社中学校・高等学校

同志社中学校・高等学校(どうししゃちゅうがっこう・こうとうがっこう、英語Doshisha Junior and Senior High School)は、学校法人同志社が設置し、京都府京都市左京区岩倉大鷺町に所在する私立中学校高等学校。中学・高校は別組織で運営されている[1]。中学校は2010年平成22年)9月に同志社大学今出川キャンパスから高等学校の校地に移転した。

同志社中学校・高等学校
過去の名称 同志社尋常中学校
同志社中学校(旧制)
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人同志社
校訓 良心教育、自由、自治、自立
設立年月日 1896年(明治29年)
創立記念日 11月29日
創立者 新島襄
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 26505F
所在地 606-8558
外部リンク 同志社中学校
同志社高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 同志社中学校・高等学校

概要編集

1896年明治29年)11月29日京都市上京区今出川通烏丸(現:同志社大学今出川キャンパス)に同志社尋常中学校が開設。以来、新制まで旧制の5年制中学であったが、1947年昭和22年)に同志社中学校となり、1948年(昭和23年)に同志社高等学校が左京区岩倉大鷺町に設立。中学・高校は別組織で運営されている[1]2006年同志社小学校が高校の隣りに開校し、2010年平成22年)9月に中学校が高校の校地に移転した。

中学校は1学年約290名でほぼ全員が同志社高校へ進学する。高校からは約70名が外部から入学する。同志社高校卒業生は例年、全体の約85%が推薦制度により同志社大学同志社女子大学に進学し、約15%が他大学を受験。ほぼ全員が四年制大学へ進学している[2]

2010年平成22年)9月に中学校が高等学校の校地に移転し、今後中高一貫教育をより推進する予定である。

ラグビー部が今まで獲得した全国タイトルは、計8回(選手権8回・選抜なし)であり、全国屈指の強豪高である。

教育目標・教育理念編集

創立者新島襄の唱えた「キリスト教主義教育」に基づき、「良心」を育むことを教育の基本としている。知識教育に偏ることのない全人教育を行っている。

中学では、「ほんもの」にふれる機会を多く持たせ、物事の真理や本質を探ることの大切さが重視されている。

高校では、国公立大学をはじめとする多様な進路にも進めるように、多様な選択科目が設けられている。

学校生活は「朝の礼拝」から始まる。中学においても高校においても「自由・自治・自立」が基本とされているため[1]、自発的に勉強することが求められる。ただし同志社大に内部進学する者の成績は低い。

中学から私服登校が認められている。

課程編集

中学編集

中学課程を全員にしっかりと理解させ、思考力と創造力を育成することに主眼がおかれている。1クラス36名編成。英語の授業では半分の18名編成となる。市販の教科書はあまり用いられず、独自のサブテキストやプリントが使われたり、ときには高校レベルの授業が行われることもある。長期休暇中の課題や補習などが課されることはなく、代わりに自由研究が中心である。自由研究を提出しなくても成績評価に関係ないが、生徒の90%以上が取り組んでいる[1]

移転を機に「教科センター方式」が導入されており、近畿では唯一である[3]

高校編集

文系・理系等のコース制をとらず、ホームルームを基礎とした共通履修科目と、2年生からの多彩な自由選択科目からなるカリキュラムを実施している。教科の枠を超え、物事を色々な視点でとらえて学ぶことを重視している。

共通履修科目を採用しており、生徒を文系理系に分けない。そのため高校2年生から始まる選択教科目が文理に捉われず自由に選択できる。

教員が急病などで授業を休んだ場合、他の教員が代行するのでなく基本的に「休講」となる。教員は担任をもっていない場合、自分の授業が終われば学校に残る必要もない。

編成編集

幼稚園から入園し、または小学校もしくは中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、第1学年から混合してクラスを編成する併設混合型中高一貫校[4]。中学校からの内部進学者約290名、外部からの入学者約70名で構成される。

環境編集

中学編集

立志館
中学生が学びの中心として使用する校舎。教科センター方式を実践するための独自の設計がなされている。中学の各クラスのホームベースや各教科のステーションとメディアスペース、図書・メディアセンター、校務センターを備えている。
雄飛館
中学生が主に使用する体育館。

高校編集

桑志館
中庭を囲むように高校HR教室を配置し、学びの中心となる新校舎。
メディアセンター知創館
7万冊にも上る蔵書や視聴覚資料、100台以上の生徒利用PCなどを活用し、学び・創造・発表のの楽しさを味わうことができる。また生徒会活動の中心となる生徒会室・生徒集会室や、自習室も備えている。
万象館
理科の各分野の実験室、講義室があり、天体観測の行えるドームなど、学びを深めるための設備が揃っています。また、中高の保健室も備えている。

中高共用編集

想遠館
美術教室、家庭科で利用する調理実習室・被服実習室など高校生は主に実技教科で利用する。また、中学技術科・理科・中学生徒会室がある。
宿志館
毎朝、厳かな礼拝が行われるグレイス・チャペルを中心に、魁ホール、カフェテリア、音楽教室、和室(自占庵)など多くの施設が集まっている。
メディアセンター知創館
高校校舎に隣接している図書館。図書だけでなくノートPC設備も完備しており、情報Cなどの授業もここで行われる。またプレゼンスペースを設けており、生徒の発表なども行えるようになっている。なお、中学校メディアセンターは、立志館(中学校教室棟)に設置される。
南体育館
広大なメインフロアのほかに、小体育館、ダンス室、柔道場も備えている。さらに、トレーニング室もありクラブなどで利用することができる。
南グラウンド
ラグビーグラウンド、4面のテニスコート、130m直線全天候型走路などのある広々としたグラウンド。また道路を挟んで硬式野球部、サッカー部が同時に練習できる広さのある「東グラウンド」がある。

進学先編集

大学の系列校でありながらも、国公立大学あるいは同志社大学以外の私立大学に進学する生徒もいる。

2017年実績 京大4 滋賀医科 3 など
2016年実績 広島大2 など
同志社大学に医学部がないことから医学部のある他大学を受験する生徒も多い。

沿革編集

経緯編集

同志社中高の歴史は1896年明治29年)の同志社尋常中学校に始まる。幾度の変遷を経て1947年昭和22年)には男女共学の(新制)同志社中学校、1948年(昭和23年)には新制高等学校になった。当初は今出川の校地に中高が置かれていたが、同地が手狭となったため、途中で高等学校が岩倉に転出。以降、中学校と高等学校は別々の場所で教育活動を続けてきたが、2010年度後期より中高が岩倉校地1つに統合されることとなった。

年表編集

  • 1896年 - 同志社尋常中学校を設置。
  • 1947年 - 今出川校地に同志社中学校(新制)を設置。
  • 1948年 - 今出川校地に同志社高等学校開設。
  • 1949年 - 現校地(旧同志社高商校地)へ移転。
  • 1955年5月 - 父母の会の建設費用寄付による、ゴシック風鉄筋コンクリート造のチャペルが完成。
  • 2004年 - 図書館・情報教室・プレゼンテーションステージ・生徒会室などを備えた、メディアセンター 知創館を開設。
  • 2008年9月30日 - 中高移転統合事業第II期工事(北校地に、創作芸術棟・中学校教室棟・新体育館・チャペル棟の建設)が着工。
  • 2008年10月31日 - 旧HR教室棟(鶏鳴館・桑志館)・管理棟(柏心館)を閉鎖。
  • 2008年11月4日 - 中高移転統合事業第I期工事(南校地に、高校教室棟(桑志館そうしかん)・共用管理棟(恵潤館けいじゅんかん)の建設)が竣工。
  • 2008年11月10日 - 桑志館・恵潤館の供用開始。
  • 2010年2月までに第二期工事が順次完成。
  • 2010年8月
    • 同志社中学校と同志社高等学校が統合し同志社中学校・高等学校となる。
    • 宿志館献堂 (チャペル・音楽・カフェテリア棟)
    • 立志館[中学教室棟]・想遠館[創作芸術棟]・雄飛館[中学体育館]竣工

校風編集

同志社系列の中学校・高等学校に共通することであるが、比較的柔軟である。染髪・化粧などはもちろん、ピアスやネックレス・指輪などの装飾具も、体育の時間を除き許可されている。

学校行事編集

学校行事は、10月の学園祭から3月までは特に行われない。また、3月半ばに自由参加のスキーキャンプがあるが、修学旅行はない。

  • 遠足
    5月に開かれる。行き先はほとんど山や湖である。
  • 球技大会
  • クラス合宿(1年生)
    1学期末試験の後に実施される。
  • 体育祭
  • 学園祭
    10月に3日間行われる。通称「岩倉祭」と呼ばれる。
  • 卒業式
    3月10日に行われる。(曜日の関係で前後する)
  • 学校スキー
    3月に全学年から参加者を募って長野県戸隠高原スキー場で実施される。

生徒会活動・部活動など編集

生徒会、クラブ活動とも、生徒の自主的な運営により執り行われている。中でも硬式野球部、ラクロス部、ラグビー部、スキー部、硬式テニス部、アーチェリー部、山岳部などは強豪として知られている。 スキー部は毎年全国高等学校スキー選手権大会(インターハイ)に何名も輩出しており、全国でも有数なスキー強豪校として知られている。

部活動(中学校)編集

運動部
  • 軟式野球
  • バスケット

スキー

  • 剣道
  • ラグビー
  • サッカー
  • 卓球
  • 硬式テニス
  • 陸上競技
  • バレーボール
  • ワンゲルJr.


文化部
  • 放送
  • 漫画研究
  • 演劇
  • 工業
  • 英語
  • ハンドベル
  • ホザナコーラス
  • 和太鼓
  • 管弦楽
  • 鉄道
  • サイエンス
  • かるちゃんぷる
  • 美術

部活動(高等学校)編集

運動部
  • アーチェリー
  • バドミントン
  • バスケットボール(男・女)
  • ラクロス
  • ハンドボール
  • 柔道
  • 空手道
  • 剣道
  • 体操競技
  • 硬式テニス
  • 硬式野球
  • ソフトテニス
  • ラグビー
  • 陸上競技
  • サッカー
  • 山岳
  • スキー
  • 卓球
  • バレーボール(男・女)
  • ワンダーフォーゲル


学芸部
  • 美術
  • 地学
  • 地歴
  • 英語
  • 演劇
  • ホザナ・コーラス
  • 化学
  • 茶道
  • 写真
  • 管弦楽
  • 生物
  • 新聞
  • 将棋囲碁
  • 宗教
  • 放送


同好会
  • 軽音楽
  • 文芸
  • ダンス
  • 映画研究
  • 和太鼓
  • コミックアート
  • 女子ハンドボール


交通編集

著名な関係者編集

出身者編集

政治編集

経済編集

研究編集

法曹編集

宗教編集

文学編集

芸術編集

芸能編集

マスコミ編集

アナウンサー編集

スポーツ編集

その他編集

教員編集

系列校編集

学校法人同志社が設置する諸学校は、大学を頂点とした大学附属学校の形態を取らず、独立の学校群として位置づけられている。なお、同志社小学校同志社国際学院初等部・国際部に限り、同志社大学の付属校である。

関連項目編集

脚注および参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『2001年 価値ある学校(ラッキースクール)を探そう 関西男子校+共学校』旺文社、2000年7月1日。ISBN 4-01-008958-X
  2. ^ 進路情報 | 同志社中高
  3. ^ 「教科センター方式」とは – 同志社中学校
  4. ^ 同志社中学校-中学受験スタディの「基本情報」の表による。

外部リンク編集