メインメニューを開く

大出俊 (俳優)

大出 俊(おおいで しゅん、本名;大出 俊隆〈おおいで としたか〉[1]1941年1月11日[1] - )は、日本俳優東京市出身[1]

おおいで しゅん
大出 俊
本名 大出 俊隆(おおいで としたか)
生年月日 (1941-01-11) 1941年1月11日(77歳)
出生地 日本の旗 日本東京市
血液型 O型
ジャンル 俳優
活動期間 1967年 - 現在
活動内容 舞台、テレビドラマ、映画
配偶者 工藤明子
著名な家族 大出真也(長男)
主な作品
テレビドラマ
荒野の素浪人
騎馬奉行
必殺仕業人

妻は工藤明子。息子は大出真也(前妻との子)。身長170cm、体重60kg。血液型O型。文学座に所属していた[1]

目次

来歴・人物編集

日本大学卒業[1]後、一般企業へ入社するも半月程で辞めてしまい、その後は職を転々とするなど定職に就かない毎日を送っていた。ある日、たまたま東京の六本木を歩いていた時に俳優座養成所の募集を見つけ、特に理由もなく応募したところ合格[2]1967年、第16期生として俳優座養成所に入所(同期生は古谷一行峰岸徹太地喜和子)。養成所卒業後は文学座へ入る[2]

デビュー時より、端整なマスクの「二枚目俳優」として多数の時代劇で活躍。特に『荒野の素浪人』(鮎香之介役)『必殺仕業人』(やいとや又右衛門役)は広く知られている。

文学座は21年在籍した後、退座。退座の理由について「40歳代半ばまで文学座でやってきたことにもどかしさや不安があって、外に出たらもっと気持ちが昂って他のことが何か出来るかも知れない、長年の垢を落としてみたいと思った」ということを話している[2]

日本社会党衆議院議員村山富市内閣で郵政大臣を務めた大出俊は同姓同名の別人(血縁関係もない)。

子どもは上述の真也のほか、娘もいる(前妻との間にもう1人息子もいたが、皮膚ガンで亡くしている)。

特技は日本舞踊[1]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

吹き替え編集

バラエティ編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、40頁。
  2. ^ a b c 悲劇喜劇早川書房)1997年10月号 p.67 - 69 本人のインタビューより。

外部リンク編集