メインメニューを開く

日本のラウンドアバウト

糸満ロータリーラウンドアバウト

日本のラウンドアバウトは、日本におけるラウンドアバウト(環状交差点)の状況と一覧である。

目次

概要編集

2013年6月14日法律第43号改正道路交通法により「環状の交差点における右回り通行」(標識327の10)として現代的ラウンドアバウトが定義され、国土交通省も整備する際の適用条件・留意事項を提示し、導入の目安は1日の車の交通量が1万台未満とされた。そして国内では2014年9月1日から本格的な運用が始まった。2014年度中は7都府県15か所の導入に留まったが、2016年2月19日時点で17都府県32市町52箇所に、2018年3月末には、全国27都府県の75箇所に拡大した[1][2][3]

日本における「環状交差点(ラウンドアバウト)」と「円形交差点」の違いは、改正道交法で「環状交差点に入ろうとするときは(中略)徐行しなければならない」(第37条の2)とあり、円形交差点は一時停止となる[4]

道路交通法改正の施行からの1年間(2014年9月~2015年10月)におけるラウンドアバウト内での死亡事故・重傷事故は0件、軽傷事故は5件であった。警察庁が2018年3月末の全国27都府県の75箇所のうち61か所で調査したところ、事故件数が導入前3年間と比べて、約37%減少する効果があった[5]

各地の状況編集

北海道地方編集

北海道

2016年9月、上ノ国町国道228号北海道道5号江差木古内線、上ノ国町道が交差する大留交差点において、北海道内で初のラウンドアバウトが導入されることが決定し、調査設計が進められている[6][7]

東北地方編集

 
仙台市泉区のラウンドアバウト。中心の島に鉄塔が配置されている。
青森県

八戸市河原木字八太郎山官地地内(自衛隊八太郎山特借宿舎そば)のロータリーが2018年8月27日にラウンドアバウト化された[8]

岩手県

岩手県宮古市鍬ヶ崎地内の鍬ヶ崎地区ラウンドアバウトが2017年3月12日に開通した[9][10][11]

宮城県

宮城県内には仙台市(11箇所)、名取市(5箇所)などを中心に、住宅団地内に設置されたロータリーが数多くあり、その多くがラウンドアバウト化された[12]。2018年3月末時点で、県内には合計20箇所のラウンドアバウトがあり、全国のラウンドアバウト数の27%を占めている。

山形県

長井市平山地区に2017年11月23日にラウンドアバウトが供用された[13]

関東地方編集

茨城県
2012年6月27日に常陸多賀駅前ロータリーで導入。[14]
栃木県

大田原市の狭原(せばはら)の市道に県内初のラウンドアバウトが設置されることが2018年7月13日に公表された。市道南金丸狭原線と市道旧東野鉄道線のほか、細い市道なども含めた六差路の交差点を直径36mのラウンドアバウトに改修する。2018年度に用地を買収し、2019年度に着工する。事業費は1億2000万円[15][16][17]

群馬県

群馬県は、安中市の北陸新幹線安中榛名駅前の信号交差点をラウンドアバウトとする社会実験を2018年9月26日から実施する[18]。群馬県での最初のラウンドアバウトとなる。

埼玉県
千葉県
  • 2015年03月16日に、千葉市稲毛区緑町2の同市立緑町小学校前、市原市有秋台東3の有秋台東団地内、市原市鶴舞の鶴舞団地内の市道交差点の3箇所にラウンドアバウトが導入された[22]
東京都
神奈川県

中部地方編集

新潟県
山梨県
長野県
  • 道路交通法改正前の2013年2月5日、飯田市の東和町交差点で全国で初めて既存の信号機を撤去しラウンドアバウトを導入した。また東和町からほど近い吾妻町ロータリーもラウンドアバウト化された[29]
  • 2012年11月13日から、軽井沢町六本辻交差点がラウンドアバウト化された[30]
  • 2014年9月1日に須坂市野辺町に導入された[31]。また、須坂市ではラウンドアバウトサミットin須坂が2015年11月に開催された[32]
  • 2015年4月15日に安曇野市に導入。本村円(まどか)交差点と命名された[33]
  • 2016年6月29日に、須坂市沼目町に市内2か所目のラウンドアバウトが供用開始した[34]
静岡県
  • 2014年9月に、焼津市関方の山の手ラウンドアバウトが導入された[35]
 
白糸の滝交差点」(静岡県富士宮市)のラウンドアバウト(滝へは左手)
  • 2016年5月24日に、富士宮市上井出の県道富士富士宮線と市道内野44号線との三差路「白糸の滝交差点」にラウンドアバウトが試験導入された[36][37]

2016年秋まで試験をし、本格導入に向けた構造検討を行う予定である[38]

上記以外に、次の2箇所が環状交差点の指定を受けている[39]

  • 浜松市浜北区内野台地区内の交差点
  • 菊川市柳地区内の交差点
愛知県

北陸地方編集

石川県

2014年11月20日に、かほく市白尾ヲ287 の白尾ロータリー交差点がラウンドアバウト化された[44]

加賀市大聖寺上福田町ロの区画整理地内に、100m離れた2つのラウンドアバウト(岡野第1交差点、岡野第2交差点)が2015年8月21日に設置された[45][46][47]

関西地方編集

滋賀県
  • 2014年に守山市立田町に環状交差点を仮設置し、事故抑止力の効果を確認、2015年に植栽等を整備し県内初導入された[48]
京都府
  • 南丹市八木大藪のロータリー交差点が2014年9月1日にラウンドアバウト化された[49]
大阪府
  • 2014年9月1日、堺市東区日置荘西町1丁42 の六差路の円形交差点が指定され、府内初導入となった[50]
  • 2017年6月26日、能勢町の町道平野線とそのバイパスとの交差点がラウンドアバウト化された[51]
  • 2018年2月23日、和泉市のJR和泉府中駅前の交差点がラウンドアバウト化された[52][53]
兵庫県
  • ポートアイランド(第2期)において、兵庫県警察と連携し、県内初となるラウンドアバウトを整備し、供用を開始。

 神戸開港150年の年に整備が完了することを記念して、交差点中央部に神戸開港150年事業ロゴマークをデザイン。[54]
 導入箇所:環状交差点の道路標識神戸市中央区港島南町6丁目
 供用開始日時:平成29年12月26日(火曜)10時

中四国地方編集

島根県
  • 2018年3月18日に開通の山陰自動車道国道9号 多伎・朝山道路/朝山・大田道路大田朝山インターチェンジの一般道接続部に導入[55]。上下線それぞれの交差点に別のラウンドアバウトが導入され[56]、2つのラウンドアバウトを組み合わせた日本初のツイン・ラウンドアバウトの設置となった[57]。しかし、このツイン・ラウンドアバウトでは設置して間もない2018年6月4日に70代男性が軽自動車で逆走事故を起こしており誘導方法の改良等が検討されている[58]
岡山県
愛媛県
  • 2018年1月15日、松前町エミフルMASAKIのフィッタ前交差点で四国地方の初のラウンドアバウトとして導入された[61]

九州地方編集

福岡県
  • 2017年3月1日に北九州市八幡東区の尾倉ロータリーがラウンドアバウト化された[62]
  • 2017年5月15日に、宗像市岬地区の上八(こうじょう)交差点がラウンドアバウト化された[63]。なお2017年7月2日に5差路に改良された。
熊本県
  • 2018年5月、熊本県合志市竹迫のアンビー熊本の敷地内に、熊本県初のラウンドアバウトが供用された[64][65]
宮崎県
鹿児島県
  • 2015年3月、鹿児島県いちき串木野市において、もともとロータリー交差点であった旭町ロータリーが鹿児島県公安委員会により環状交差点に指定される。鹿児島県内初のラウンドアバウトである。
沖縄県
  • 2015年10月に糸満市において、もともとロータリー交差点であった糸満ロータリーがラウンドアバウトに切り替えられ、県内初のラウンドアバウトが導入された[67]
  • 2017年3月25日に、与那原町のマリンタウン内のベイサイドビスタ通りに、ミニラウンドアバウトが開通した[68]。このラウンドアバウトは通常のものと比べて直径が小さい。そのため中央島はフラットになっており、大型車は環道を回展するのでは無く、中央島を通過させる形式である[69]
  • 2018年4月にうるま市安慶名地区の安慶名3区線(中部農林高校近くの交差点)のラウンドアバウトの工事が開始された。2018年10月頃に完成の予定である[70]

脚注編集

  1. ^ 環状交差点の導入状況(2018年3月末現在) 合計75箇所、警察庁交通局
  2. ^ 安中榛名駅前に群馬初のラウンドアバウト 県が社会実験実施へ上毛新聞、2018年6月1日
  3. ^ 環状交差点の現状と導入に向けた警察の取組 沖縄しまたて協会講演会のご案内- ラウンドアバウトの機能と効果 -、沖縄しまたて協会、講演2資料、23/42ページ、 環状交差点の指定状況 2016年2月19日現在(なお、この表には公式には実験中の糸満ラウンドアバウトは含まれていない。)
  4. ^ 環状交差点、兵庫県内初に疑問続々 円形交差点との違い検証
  5. ^ [1] 読売新聞、2018年7月14日、「警察庁によると、18年3月末現在で、27都府県75か所で導入している。同庁が導入済み61か所で調査したところ、事故件数が導入前3年間と比べて、約37%減少したとの効果があった。」
  6. ^ 北海道初!ラウンドアバウト(環状交差点)導入! (PDF)”. 国土交通省北海道開発局函館開発建設部. 2017年12月16日閲覧。
  7. ^ “道内初のラウンドアバウト導入へ調査設計進む 函館開建”. 北海道建設新聞. (2017年12月8日). https://e-kensin.net/news/102848.html 2017年12月16日閲覧。 
  8. ^ 環状交差点(ラウンドアバウト)が導入されました 青森県八戸市建設部道路維持課、2018年8月27日
  9. ^ 鍬ヶ崎地区ラウンドアバウト供用開始式 岩手県宮古市都市整備部都市計画課
  10. ^ http://www.reconstruction.go.jp/portal/chiiki/2017/20170317182123.html 岩手県内初の環状交差点(ラウンドアバウト)利用スタート(宮古市)]復興庁
  11. ^ [2] 岩手県宮古市
  12. ^ 環状交差点の現状と導入に向けた警察の取組 沖縄しまたて協会講演会のご案内- ラウンドアバウトの機能と効果 -、沖縄しまたて協会、講演2資料、23/42ページ、 環状交差点の指定状況 2016年2月19日現在(なお、この表には糸満ラウンドアバウトは含まれていない。)
  13. ^ ラウンドアバウト本格運用しました 山形県長井市
  14. ^ 常陸多賀駅前広場が完成しました。”. 日立市. 2012年7月5日閲覧。
  15. ^ 大田原に環状交差点 交通事故防止へ20年度 栃木県内初の利用目指す 下野新聞、2018年7月14日
  16. ^ 大田原に環状交差点 県内初 32年度の利用目指す 産経新聞、2018年7月16日
  17. ^ 出合い頭重傷事故2件、ラウンドアバウト導入へ 読売新聞、2018年7月14日
  18. ^ 安中榛名駅入口交差点でラウンドアバウトの社会実験開始(道路管理課)群馬県県土整備部、2018年9月18日
  19. ^ [記者発表資料]ラウンドアバウト(円形交差点)の運用開始”. 戸田市役所 (2015年6月2日). 2018年4月25日閲覧。
  20. ^ 日高団地内のロータリーが環状交差点に指定されました。”. 日高市役所 (2017年3月22日). 2017年4月25日閲覧。
  21. ^ 須影地区のラウンドアバウト(環状交差点)の開通について”. 羽生市役所 (2017年1月26日). 2017年4月25日閲覧。
  22. ^ 環状交差点(ラウンドアバウト)の運用開始 千葉、市原の3カ所 県内初 千葉日報、2015年03月17日
  23. ^ “県内で初めての環状交差点が開通します” (プレスリリース), 新潟県三条地域振興局農業振興部, (2016年1月20日), http://www.pref.niigata.lg.jp/sanjou_nogyo/1356831258493.html 2016年5月12日閲覧。 
  24. ^ “県内で初めてのラウンドアバウト(環状交差点)が開通しました。” (プレスリリース), 新潟県三条地域振興局農業振興部, (2016年2月20日), http://www.pref.niigata.lg.jp/sanjou_nogyo/1356833556159.html 2016年5月12日閲覧。 
  25. ^ “【市内初】ラウンドアバウトが西蒲区角田浜に導入されます” (pdf) (プレスリリース), 新潟市, (2016年1月10日), https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/houdou/pressrelease2802.files/160210_2.pdf 2016年5月12日閲覧。 
  26. ^ 環状交差点:きょう供用開始、県内2カ所目 西蒲 /新潟 - 毎日新聞2016年3月31日
  27. ^ ラウンドアバウト:きょうから、富士川町の交差点で県内初 信号機がなく待ち時間短縮 /山梨 - 毎日新聞2016年3月23日
  28. ^ “小菅村にラウンドアバウト 県内2例目”. 朝日新聞. (2017年1月18日). https://www.asahi.com/articles/ASK1K4CCZK1KUZOB015.html 2018年1月6日閲覧。 
  29. ^ ラウンドアバウトに関する取り組みについて 飯田市地域計画課 調査計画係、:2015年7月6日
  30. ^ 六本辻ラウンドアバウト 軽井沢町建設課、2015年3月27日
  31. ^ 野辺町ラウンドアバウトについて 須坂市まちづくり推進部道路河川課
  32. ^ 「ラウンドアバウトサミットin須坂」を開催しました 須坂市まちづくり推進部道路河川課
  33. ^ ラウンドアバウト「本村 円」交差点が開通しました 安曇野市建設課、2016年3月1日
  34. ^ 沼目町ラウンドアバウトが開通しました 須坂市まちづくり推進部道路河川課
  35. ^ 環状交差点(ラウンドアバウト)について 山の手(関方)環状交差点が完成しました。 焼津市都市基盤部道路課 道路安全施設担当、2015年11月26日
  36. ^ ラウンドアバウト、富士宮に試験導入 静岡県東部地区初 静岡新聞、2016年5月25日
  37. ^ ラウンドアバウトの試験導入 富士宮市都市整備部 管理課 管理係、2016年5月17日
  38. ^ 白糸の滝交差点が「ラウンドアバウト」に変わります!静岡県交通基盤部道路局道路企画課、2016年4月28日
  39. ^ ラウンドアバウト 静岡県内のラウンドアバウト 静岡県交通基盤部道路局道路企画課、2016年4月28日
  40. ^ 大井町地内の県道交差点にラウンドアバウトの導入予定 愛西市、2017年10月
  41. ^ 2018年5月8日からラウンドアバウト方式による通行方法に変更された。
  42. ^ 魔の十字路に「ラウンドアバウト」事故抑止狙う 読売新聞、2018年4月28日
  43. ^ 事故多発の十字路、「環状交差点」に 愛知・愛西 日本経済新聞、2018年6月22日
  44. ^ ラウンドアバウト 北陸地方整備局
  45. ^ 北陸地方整備局 ラウンドアバウト一覧
  46. ^ 大聖寺上福田町岡野交差点 のの字な道
  47. ^ 福の杜 清水不動産サービス
  48. ^ ラウンドアバウト社会実験の結果について 守山市
  49. ^ 急がばまわれ!「環状交差点」スタート 京都府警察本部交通規制課
  50. ^ 区の文化財・名所、大美野の町並み・噴水 堺市東区
  51. ^ 町道平野線バイパス区間全線開通について 大阪府能勢町、2017年06月30日
  52. ^ ラウンドアバウトについて、和泉府中駅前の交差点が変わります 大阪府和泉市
  53. ^ JR和泉府中駅前広場の交差点が、和泉市では初めてとなる「環状交差点(ラウンドアバウト)」として、平成30年2月23日から運用されました。 和泉市初! 環状交差点(ラウンドアバウト)
  54. ^ [3]神戸市暮らしの情報:市政情報[記者発表資料]2017年12月「ポートアイランド(第2期)において県内初となる「ラウンドアバウト(環状交差点)」の供用を開始します」
  55. ^ 一般国道9号朝山・大田道路 朝山IC(仮称)交差点の安全対策(環状交差点の導入)について”. 大田市. 2017年12月1日閲覧。
  56. ^ 「ラウンドアバウト」なぜふたつ? 日本初、高速道路ICで 逆走防止効果も?”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ (2017年11月21日). 2017年12月1日閲覧。
  57. ^ ツインラウンドアバウトの通行形態について 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所、2018年3月1日
  58. ^ 逆走防ぐ交差点から誤進入 4キロ走り事故誘発 テレ朝news、2018年6月5日
  59. ^ “中四国初!!ラウンドアバウト(環状交差点)の運用を開始します。” (pdf) (プレスリリース), 岡山県, (2016年4月22日), http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/469617_3314820_misc.pdf 2016年5月10日閲覧。 
  60. ^ [4] ラウンドアバウト(浅口市寄島町地内)導入後の効果検証を実施しました、2016年12月2日、岡山県土木部道路建設課
  61. ^ 愛媛県松前町のホームページ
  62. ^ [5]ラウンドアバウト運用開始(八幡東区尾倉)
  63. ^ 宗像市の上八交差点で環状交差点(ラウンドアバウト)の運用開始! 通行方法が変わりました 福岡県県土整備部、2017年7月2日
  64. ^ 熊本県内初の環状交差点 合志市「アンビー熊本」敷地内にお目見え 熊本日日新聞、2018年5月6日
  65. ^ 11月開業予定だった合志市の「アンビー熊本(仮称)」全面開業が1年遅れ2018年秋に
  66. ^ 円形交差点の運用開始 九州初、JR日向市駅西口 - 宮崎日日新聞 2014年12月5日付
  67. ^ 糸満ロータリーラウンドアバウト社会実験結果について 糸満市都市計画課、2016年5月1日
  68. ^ 信号ない環状交差点建設 与那原町マリンタウン 琉球新報、2014年12月21日
  69. ^ マリンタウン・ベイサイドビスタ・ラウンドアバウト のの字な道、2017年2月10日
  70. ^ 県内3例目!ラウンドアバウト化 うるま市、安慶名地区の交差点改良工事がはじまります!、2018年3月26日

外部リンク編集