関東ローカル

関東地方に限定されている事物
東京ローカルから転送)

関東ローカル(かんとうローカル)とは関東地方に限定されている物事を指す。

地方独自のものは多くあるが、「関東ローカル」の事象はそれが全国区的なものと勘違いされ易い点に特徴がある。

目次

関東ローカルの商品編集

かつては関東ローカル商品だった物
関東以外での知名度・流通量が著しく低い商品

関東ローカルのチェーン店舗編集

スーパーマーケットは各地域ごとに特有のものが多く、関東も例外ではない。

関東ローカルの新聞編集

新聞については関東地方のほか山梨県・静岡県のほぼ全域(一部は西部地域のみ名古屋本支社編集分を販売)・長野県も販売エリアとなっている(新潟県は北陸・東北エリアの範疇が多いとされる)。

中日新聞東京本社発行。中日新聞と一部記事を共有(国際面、日曜版など)。南関東4都県では夕刊もある。山梨県と長野県、静岡県西部では未発売(長野県中信南信、静岡県西部では中日新聞が発売されているほか、静岡県中・東部では中日新聞と東京新聞が併売されている)。
大阪発祥の新聞であるが、1950年に東京に進出して全国紙としての体制を確立した。2002年3月末で東京発行版のみ夕刊の発行を廃止し、朝刊専売紙に移行した。関西ではシェアが高いのに対し、関東では他の全国紙に大きく差を付けられている。
中日スポーツの関東版。2面に「名古屋へ行ったら中日スポーツ」という小さな広告が掲載されている。反対に、中日スポーツには2面に「東京へ行ったら東京中日スポーツ」の広告が掲載されている。販売エリアは関東地方と静岡県(西部除く)。
講談社グループの「株式会社日刊現代」が発行。日本新聞協会に非加盟。近畿地方でも発行され、東海3県においては中部経済新聞社が委託発行。
産業経済新聞社産経新聞)が発行する夕刊紙。産経新聞発祥の地である近畿地方でも発行。
夕刊紙では日本最大の発行部数を誇る。近畿地方では「大阪スポーツ」、中京3県及び静岡県西部では「中京スポーツ」、さらに九州地方では「九州スポーツ」の題号でそれぞれ朝刊を発行。
関西発祥のスポーツ紙であるが、1955年に関東進出。東京本社版は1975年から「夕刊デイリー」の題号で夕刊も発行されていたが、2009年11月30日をもって東京本社版の夕刊は休刊となった。

関東ローカルの雑誌編集

関東ローカルのテレビ番組編集

関東広域圏テレビ局ラジオ局、関東各地の独立UHF放送局テレビ神奈川テレビ埼玉千葉テレビ放送群馬テレビなど)やラジオ局などで放送されるローカル番組を指すことが多い。

関東広域テレビ局は全国的に放送される番組の多い「キー局」であるが、本当の意味で全国放送(国内全ての市町村で同時に受信できる状態)になっているとは言えない。例えば、全国のニュースを読んでいるキャスターがそのまま関東ローカルのニュースを読んでいることが多い。こうしたことから関東地方で生まれ育ち且つ他の地方(特に民放で受信できる地上波が4局以下の地域)に在住した経験のない者は関東ローカルの番組やCMでも全国放送されていると錯覚してしまっていることがあり、特に地上波のアニメで最も顕著に見られる。「地上波のアニメは関東広域圏ではほぼ余すことなく見られる」と言われているため、事実上「地上波のアニメもほぼ関東ローカル」と化している。ただし『ガラスの艦隊』や『アニアニランド』など関東では途中で打ち切られた作品もあり、全作品が見られても他地方と同様に全話見られるわけではない(いずれも関西ローカルでTV版最終話までが放送された)。夕方ニュースの18時台後半の特集なども基本的には関東ローカルであるが、重大事件の報道や『スーパーJチャンネル』『FNNスーパーニュース』などのように系列局でも放送する場合がある。これ以外にも裏送り扱いでキー局でも放送されない番組(5分間のミニ番組など)がある。

2000年代後半頃から日本テレビのように、全国ネットの番組であえて関東ローカルの番組を取り上げる事例も見られる。そのため、関東でしか視聴できないにもかかわらず『ラジかるッ』などの番組名の知名度だけが全国区になっている場合もある(在阪各局など制作の場合も同様に関西ローカルの番組名だけをあげることもあり、同様のケースが見られる)。また、『FNNスーパーニュース』の関東ローカル天気予報を担当している石原良純が全国ネットの番組で度々「気象予報士」として取り上げられることにより気象予報士としての知名度が向上する、といった現象も見られる。

通常のタレントとはかなり異なった人選をしており、人気を誇る俳優女優声優歌手を起用した物が多く毎日何らかの番組で必ず芸能人を見掛ける。また深夜時間帯にバラエティ番組を試験的に放送し、好評だった番組を全国ネットに拡大するケースが多い(『夢で逢えたら』『料理天国』など)。これには、とりわけ東京には芸能・テレビ関係者が多いという特殊な事情もある。

関東地方(小笠原諸島などを除く)は、羽田空港東京駅を中心とした交通網が発達していることを活かし、旅行番組が多く制作されるのも特徴である(『小さな旅』『ぶらり途中下車の旅』『ちい散歩』『旅美人』など)。関東広域圏内には日光秩父川越箱根横浜鎌倉水郷などの著名観光地があり、それらは概して鉄道を利用して日帰りで行ける。

ラジオ番組に関しても朝から夕方にかけての帯ワイド番組はほぼローカル放送であり、帯番組の担当者は他のメディアにはあまり出演しないため、他地域では名前だけ知れ渡ることが多い。

現在放送中のローカル番組は次の通りとなっている。

以下、地上デジタル放送の親局のチャンネル順、同じチャンネル内は50音順に並べてある。キー局以外にネットされているもの(BSデジタルも対象)を含まない。ただし、帯番組で特定曜日のみネットされているものを除く。

NHK放送センター編集

NHK放送センターCategory:NHKの地域番組も参照。

日本テレビ編集

日本テレビ放送網Category:日本テレビのローカル番組も参照。

テレビ朝日編集

テレビ朝日Category:テレビ朝日のローカル番組も参照。

TBS編集

TBSテレビCategory:TBSのローカル番組も参照。

テレビ東京編集

テレビ東京Category:テレビ東京のローカル番組も参照。

フジテレビ編集

フジテレビジョンCategory:フジテレビのローカル番組も参照。

関東ローカルのラジオ番組編集

近年は在京AM3局であるTBSラジオ(TBS)・文化放送(QR)ニッポン放送(LF)を中心に、今まで関東ローカルで放送されてきた日中及び夜ワイド番組が(土日を中心に)関東以外の一部地域へもネットされる割合が増えてきている。

なお在京球団プロ野球デーゲーム中継は県域FM局であるFM NACK5(本社:埼玉県)を除いて非実施で、年数回程度特番扱いで放送するのみである(他地域局は各地区球団が出場するデーゲームを中継)。

TBSラジオ編集

2010年シーズンより土日のナイター中継枠は廃止され、冬期(ナイターオフ期)と同じ編成に改められた(もっとも『ラジオ寄席』は引き続きナイターオフ期限定であるため、ナイター期間の編成は全く同じではない。但し聴取率調査期間の場合は単発特番扱いでナイター中継をする場合があるほか、日本シリーズならびにナイター時のクライマックスシリーズは土日であっても放送する)。

文化放送編集

ニッポン放送編集

ラジオ日本編集

ラジオ日本は独立局なのでネットワークは持っていないが、一部のミニ番組は東海・近畿のAM局に番組販売としてネットすることもある。

茨城放送編集

茨城放送はネットワークに属してはいるものの、ほとんどが茨城ローカルの独自制作番組である。

栃木放送編集

栃木放送NRNに属しているものの、ほとんどが栃木ローカルの自社制作番組である。プロ野球ナイター中継及び深夜放送枠はNRNを活用している。

関東ローカルのCM編集

この項目ではキー局5社(日本テレビテレビ朝日TBSテレビテレビ東京フジテレビ)で放映されているCMを取り上げる。

関連項目編集