朝加真由美

日本の女優・元歌手 (1955−)

朝加 真由美(あさか まゆみ、1955年9月6日[1] - )は、日本女優、元歌手。本名:手塚 容子、旧姓:竹内[1]北海道[2]函館市生まれ[3][4]上磯郡上磯町(現:北斗市)出身[5]イイジマルームケイファクトリー所属。

あさか まゆみ
朝加 真由美
本名 手塚 容子[1]
別名義 あさか まゆみ
生年月日 (1955-09-06) 1955年9月6日(67歳)
出生地 日本の旗 日本北海道北斗市
身長 163 cm
血液型 O型
職業 女優
元歌手
ジャンル 映画
テレビドラマ
舞台
活動期間 1973年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
篠塚勝1986年 - 2005年 - 2006年頃)
著名な家族 手塚真生(長女)
事務所 ケイファクトリー
主な作品
テレビドラマ
ウルトラマンタロウ
暴れん坊将軍II
Dr.コトー診療所
S -最後の警官-
映画

S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE
テンプレートを表示

人物・来歴編集

3人姉妹の真ん中[3]函館白百合学園高等学校中退[1]

1971年ミス・セブンティーンコンテスト北海道大会でスカウトされた(同コンテストのグランプリだった坂口良子[6]は、同期で同年齢で同郷である)。花王石鹸ホワイトのCMで芸能界入り[3]

1973年、『ウルトラマンタロウ』(TBS)のヒロイン・白鳥さおり役でドラマデビューしたが、第16話で降板し、以降は小野恵子が最終回まで代役を務めた。

オールスター家族対抗歌合戦』(フジテレビ)で萩本欽一アシスタントを務め人気を集める[3]

その後に劇団青年座に研究生として所属。当初は芸名が平仮名の「あさか まゆみ」で、この時に歌手デビューもしている。本人は「まゆみ」という芸名は、「さこ」「うこ」「ちこ」という三人の友人の名の頭文字をとったと話していたことがある[4]

あさかまゆみ時代の1973年に「虹色の夢 C/W 少女の胸に」で歌手デビュー。その後はヒット曲に恵まれず、タレントや女優活動にシフトすると音楽活動からは遠ざかった。1981年には久々に作詞も手がける意欲的なアルバム『優しい関係』を発表。

『オールスター家族対抗歌合戦』のアシスタントを終えたタイミングで水着姿のグラビアを解禁。衣裳の上からではわからなかったグラマラスな肢体で、『週刊プレイボーイ』『平凡パンチ』『GORO』をはじめとする男性誌のグラビアを軒並み飾って席巻した。

1980年代前半に週刊誌でオールヌードを披露し、当時はヘア解禁前であり、清純派女優でもあったため、世間に与えたインパクトは大きかったとされる[要出典]

2000年代以降は多くのドラマ・映画で主人公やヒロインの母親役を演じることが多い。

私生活では、1986年に俳優の篠塚勝と結婚し2女をもうけたが、2005年-2006年頃に離婚した[7]。長女は女優の手塚真生[8]

特技は水泳

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

BSジャパン編集

WOWOW編集

映画編集

バラエティー・教養番組編集

他多数

CM編集

その他編集

  • 交通安全教育ビデオ 悲しみは消えない〜飲酒運転の代償〜(埼玉県交通教育協会制作)
  • 週刊プレイボーイ特別編集 朝加真由美写真集(1981年、集英社
  • 別冊スコラ2 写真集「翅をください」(1982年、講談社・スコラ)

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
あさかまゆみ 名義
Dan
1 1973年
8月20日
A面 虹色の夢 阿久悠 森田公一 馬飼野康二 VA-30
B面 少女の胸に 千家和也 鈴木邦彦 青木望
2 1974年
1月
A面 野いちご 馬飼野康二 VA-34
B面 このごろ私は 阿久悠 森田公一
3 1974年
5月1日
A面 あやまち 千家和也 馬飼野康二 VA-39
B面 風と雨の季節
朝加真由美 名義
CBS・ソニー
4 1975年
3月
A面 ひとり暮らし 松本隆 馬飼野康二 SOLB-218
B面 それはあなたが決めること 千家和也
5 1975年
9月
A面 ドレミファくんこんにちわ さいとう大三 SOLB-308
B面 やさしい歌
6 1976年
8月
A面 ハロー・チャーミング 佐藤健 高田弘 06SH-33
B面 さよなら夏の日
フィリップス・レコード
7 1981年
1月
A面 優しい関係 朝加真由美 中島正雄 河内淳一 7PL-55
B面 Hold on Me 稲村一志

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

オムニバス・アルバム編集

  • ウルトラマンタロウ 45th Anniversary Music Collection(2018年5月30日、COCX-40344〜6)
    • 挿入歌として使用された「虹色の夢」を収録。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、27頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ 公式プロフィール”. ケイファクトリー. 2014年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 大森富士雄 (1975年6月16日). “《美女ある記》 朝加真由美 画面(テレビ)とはガラリ活発 思ったことはボンボン マネージャーはハラハラ 19歳…年相応の女の子”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社): p. 6 (1975年6月、朝加のインタビューを含む記事)
  4. ^ a b 深夜放送ファン(自由国民社)1973年10月号 p.58 - 61 本人の記事
  5. ^ 北斗市歴史年表 平成時代”. 北斗市. 2017年7月16日閲覧。
  6. ^ 『Dr.コトー』出演中の朝加真由美、アイドルとしての挫折・体当たりの演技が開いた女優人生 smartFLASH 光文社 2023年1月29日
  7. ^ 朝加真由美が8年前に離婚「週刊女性」報じる
  8. ^ 手塚真生、朝加真由美の長女だった!母娘で「オールスター家族対抗歌合戦」アシスタント”. 映画.com. 2016年7月14日閲覧。
  9. ^ “吉沢亮主演NHK大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年7月10日). https://mdpr.jp/news/detail/2138891 2020年8月19日閲覧。 
  10. ^ “朝加真由美 大河ドラマ「青天を衝け」出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2020年7月10日). https://www.k-factory.net/information/act/post/14766 2020年8月19日閲覧。 
  11. ^ “京本大我の主演ドラマ「束の間の一花」ビジュアル解禁、新キャストに駒井蓮や山之内すず”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月1日). https://natalie.mu/eiga/news/495823 2022年10月1日閲覧。 
  12. ^ 月9『イチケイのカラス』に朝加真由美が出演 事件の記憶を失った被害者役【コメントあり】”. ORICON NEWS. 2021年5月17日閲覧。
  13. ^ WEBザテレビジョン. “<イチケイのカラス>朝加真由美、1年半ぶりに月9ドラマにゲスト出演! (1/3)” (日本語). WEBザテレビジョン. 2021年5月17日閲覧。
  14. ^ 小堺一機主演『ずんずん!』鈴鹿央士、阿部純子らの出演決定”. ORICON NEWS. 2021年3月15日閲覧。
  15. ^ “映画「Dr.コトー診療所」に柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々ら出演!富岡涼も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/491042 2022年8月26日閲覧。 

外部リンク編集