メインメニューを開く

ミロスラフ・クローゼ

ドイツのサッカー選手

ミロスラフ・クローゼMiroslav Klose, 1978年6月9日 - )は、ポーランドオポーレ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはFW。サッカーの指導者でもあり、現在はFCバイエルン・ミュンヘン U17チームの監督を務めている。ポーランド語の表記法ではミロスワフ・クローゼ (Mirosław Kloze) 。愛称はミロ

ミロスラフ・クローゼ Football pictogram.svg
2016209185719 2016-07-27 Champions for Charity - Sven - 1D X - 0149 - DV3P4742 mod.jpg
2016年
名前
本名 ミロスラフ・ヨーゼフ・クローゼ
Miroslav Josef Klose
愛称 ミロ、ミレク
ラテン文字 Miroslav Klose
ポーランド語 Mirosław Josef Kloze
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1978-06-09) 1978年6月9日(41歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド オポーレ
身長 182cm[1]
体重 83kg[1]
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2004 ドイツの旗 カイザースラウテルン 120 (44)
2004-2007 ドイツの旗 ブレーメン 89 (53)
2007-2011 ドイツの旗 バイエルン 98 (24)
2011-2016 イタリアの旗 ラツィオ 139 (55)
代表歴
2001-2014 ドイツの旗 ドイツ 136 (71)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

FIFAワールドカップでの歴代最多の通算得点数の記録をもっている。また、ドイツ代表での出場試合数は歴代2位、得点数は歴代最多。

目次

生い立ち編集

ポーランドシレジアオポーレで生まれた。父はAJオセールなどでプレーし、ポーランド代表経験も持つ元サッカー選手ユゼフ・クローゼ (Józef Kloze) 、母はポーランド代表で82試合出場した元ハンドボール選手バルバラ・イェジュ (Barbara Jeż) 。妻はポーランド出身のポーランド人[2]。祖父のエルヴィン・クローゼ(Erwin Klose)はシレジア(ドイツ語シュレージェン、ポーランド語シロンスク)地方出身のドイツ人で、第二次大戦後にシレジアがドイツ領からポーランド領となってから(旧ドイツ東部領土参照)もそのまま定住した。家庭ではドイツ語でなくポーランド語で話している[3][4]。若い頃に大工の資格を取得しており、アルバイト経験もある。

経歴編集

9歳でドイツに移住し、7部リーグに所属する小さなクラブ、ブラウバッハ=ディーデルコップフFCホンブルクでアマチュア時代を過ごす。

カイザースラウテルン時代編集

1999年にブンデスリーガ・1.FCカイザースラウテルンのサテライトチームに移籍し[5]2000年4月にプロデビュー。翌シーズンには計11得点を挙げた。2001–02シーズンには16得点の成績で[6]、チームはUEFAカップ準決勝まで進出した。

2002-2003, 2003-2004シーズンは少し調子を落としたが、一定の成績は残した。

ブレーメン時代編集

2004年7月1日に移籍金500万ユーロでヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり復活した[7][8]クロアチア代表イヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンには25得点を挙げ、ブンデスリーガ得点王となった。チームはDFLリーガポカールで優勝した。

 
ブレーメン時代(2006年)

バイエルン・ミュンヘン時代編集

2007年6月26日、移籍金1200万ユーロ(約19億8千万円)でバイエルン・ミュンヘンへ移籍した[9]。2007–08シーズンにチームはDFBポカール優勝、ブンデスリーガ優勝、DFLリーガポカール優勝を果たした。

2009-2010シーズンはマリオ・ゴメスが移籍してきたことやトーマス・ミュラーの台頭により、出場機会および得点数が減少した。しかしチームはDFLスーパーカップで優勝し、決勝で自身もゴールを決めた[10]

2010-2011シーズンは出場機会がさらに減少し、リーグ戦での得点はわずか1点に終わった。

ラツィオ時代編集

2011年6月9日、契約期間満了でバイエルンを退団[11]SSラツィオへ移籍した[12][13]。初の海外挑戦に対し不安の声も聞かれたがすんなりとチームにフィットし、怪我での離脱がありながらもチームトップのリーグ戦13得点を記録した。活躍したことでラツィオファンからすぐに受け入れられたが、10月16日のASローマ戦でクローゼがゴールを挙げて勝利すると一部の過激なラツィオファンが敬意を示すためにナチス式敬礼をして問題になるということもあった[14][15][16]

2012-2013シーズンでは、2013年5月5日ボローニャFC戦でセリエAでは27年ぶりとなる1試合5ゴールを記録した[17]。最終的にリーグ戦15得点を記録した。チームとしてはコッパ・イタリアで優勝した[18]

2013-2014シーズンは出場機会が少し減り、最終成績も7得点に留まった。

ワールドカップ後の2014年7月22日に突然、地元ドイツの「ビルト紙」のインタビューに「来年の夏が引退の時」と自ら引退を示唆する発言をした。2014-2015シーズンはリーグ戦で13ゴール7アシスト、カップ戦6試合で3ゴール2アシストの成績を残した。

2015-2016シーズンは計8得点を挙げた。2016年5月10日にラツィオはクローゼとの契約を延長しないことを発表し[19]、2015-2016シーズン終了後に契約満了に伴い退団した。またラツィオでの最後の試合となった5月15日のフィオレンティーナ戦ではPKからゴールを挙げ[20]、ラツィオで通算64得点とし、クラブの外国人選手最多得点記録保持者となった[21][22]

その後、現役続行の意思を示し、古巣カイザースラウテルン復帰やアメリカ、中国といったヨーロッパ外など様々な移籍オファーが報じられたが、同年11月1日にドイツ・サッカー連盟を通じて現役引退を発表した。この選択について、引退発表時には「この数か月、指導者という新たな立場からピッチに立ちたいと思っていた。試合の流れを読み、緻密に準備し、戦術や戦力を発展させる。それは現役時代から考えていたよ」と明かしている[23]

代表経歴編集

2000-2001シーズンにFWとして一定の成績を残したことで2001年にポーランドとドイツ両代表から招集を受けるが、クローゼはドイツ代表を選択[24][25]2001年3月24日アルバニア戦で代表デビューを果たした[26]

2002年、FIFAワールドカップ日韓大会を控えた親善試合でハットトリックを2度達成して好調を維持。大会本番でも7試合5得点(全ての得点がヘディングシュート)で得点ランク2位になり、ユルゲン・クリンスマンオリバー・ビアホフを継ぐドイツ代表のエースストライカーとしてドイツの準優勝に貢献した。

2004年のUEFA EURO 2004では代表チームに召集されたが怪我からの復帰直後で調子が上がらず、2試合の出場で無得点に終わった。チームもグループステージで敗退した[27]

2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。

2008年のUEFA EURO 2008にも出場し、準々決勝のポルトガル戦と準決勝のトルコ戦でゴールを決めた。決勝では無得点に終わり、チームも敗れた[28]

2010年には自身3度目となる2010 FIFAワールドカップに出場した。若返ったチームの中でも活躍し、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で得点を挙げ、3大会連続得点を記録した。第2戦のセルビア戦では2枚のイエローカードを受けて前半で退場し、ドイツも敗れた。出場停止明けの決勝トーナメント1回戦イングランド戦ではマヌエル・ノイアーからのゴールキックをDFに競り勝って直接決め、先制点を挙げた。代表通算100試合目の出場となった準々決勝のアルゼンチン戦では2得点を挙げ、この時点でゲルト・ミュラーに並び、W杯通算得点を歴代2位の14得点とした[29]。その後、準決勝のスペイン戦は無得点、3位決定戦のウルグアイ戦は欠場したため大会通算4得点、W杯歴代通算14得点で大会を終えた。

「この大会で代表を引退する」と宣言したが、その後UEFA EURO 2012への正式招集が決定。会見で「自分はまだ若いし、2014年まで十分やっていける。」と2014 FIFAワールドカップへの参加を示唆する発言をした。

2011年2月10日イタリアとの親善試合に出場し代表出場試合数が106となり、ユルゲン・コーラーを抜き歴代単独3位となった。この試合では通算59得点目となる先制点も挙げた。

2012年のUEFA EURO 2012は、予選では出場した試合すべてで得点したが[30]、本選では1ゴールに終わった。

2013年9月6日の2014 FIFAワールドカップ予選オーストリア戦で代表通算68得点目を挙げ、ゲルト・ミュラーのドイツ代表歴代最多得点記録に並んだ[31]

2014年6月6日、マインツで行われたアルメニアとの試合で途中出場からゴールを決めて、ゲルト・ミュラーの記録を40年ぶりに塗り替えた[32]2014 FIFAワールドカップでは6月22日に行われたグループリーグ第2戦のガーナ戦で元ブラジル代表ロナウドと並ぶFIFAワールドカップ歴代通算最多タイのゴールを決めた[33]。さらに7月9日準決勝では、ブラジル戦で前半23分に右足でシュートを決め、以降6分間でドイツ代表が立て続けに3ゴールを奪うというドイツ圧勝への道筋をつけた。またこのゴールにより、ワールドカップ通算得点を16とし、歴代通算得点の記録を更新した[34][35]。この記録はギネスに認定された。決勝にも先発出場した。自身の得点はなかったが交代したマリオ・ゲッツェが決勝点を決め、優勝を飾った。また、ワールドカップでの出場試合数が24になり、歴代2位となった。

2014年8月11日、クローゼは代表引退を発表した[36][37]。 2014年9月3日にはデュッセルドルフで行われたアルゼンチンとの親善試合の一環として、同じく代表引退を発表したフィリップ・ラームペア・メルテザッカーとともに功績を讃えるセレモニーが行われた[38][39]

 
2014 FIFAワールドカップ準決勝ブラジル戦でワールドカップ通算得点を更新し喜ぶクローゼ

指導者経歴編集

引退発表時に今後は指導者の道を歩むと発言し[23]ドイツ代表のスタッフ入りも同時に発表された[40]2018 FIFAワールドカップではドイツ代表のコーチングスタッフを務めた。

2018年5月11日、FCバイエルン・ミュンヘンとU-17チームの監督としての2年契約に合意した[41][42]

選手としての特徴編集

驚異的な得点能力を誇っているが、フィニッシュのバリエーションは決して多くない。代表として歴代最多の71得点を挙げているが、ペナルティーエリア外から決めたシュートは1つもない。得意のヘディングかダイレクトシュートでネットを揺さぶった回数が極端に多く、全体の約8割にあたる56ゴールをワンタッチで記録している[43]。それでも偉大な金字塔を打ち立てられたのは、絶妙な動き出しやポジショニング、卓越したフィニッシュなど磨き上げた技能があるからで、なかでもゴール前での抜群の嗅覚は年齢を重ねるごとに研ぎ澄まされていった[44][45][46]。また、それらのテクニックを自身の得点だけでなく、味方の得点にも生かす判断力をもっていた[47]

代表での活躍があまりに印象的で「代表専」と一部で言われるが、クラブにおいても安定した成績を残している。

エピソード編集

  • カイザースラウテルン時代は、プロになるまで大工アルバイトをしていた。これは父の「何か手に職を持っておけ」という言いつけによって大工の職業訓練を受けていたためである[48][49]
  • フランツ・ベッケンバウアーはクローゼを「クロージーニョ」とあだ名している[50][51]
  • ゴールを奪うと、前方宙返りでその喜びを表現することから、「サルト・クローゼ」と呼ばれている[52][53]
  • 2005年4月30日、ブレーメン対ビーレフェルト戦では0-0の時点で自らが得たPKに対して、「自分が倒れただけで、PKではない」と審判に申告し、PKと相手選手への警告を取り消させた。その後、試合はクローゼ自身のゴールもあって3-0でブレーメンが勝利した。このプレーによってクローゼはドイツオリンピック委員会選定の「フェアプレー賞」を受賞している[54][55][56]
  • 2012年9月26日のラツィオ対ナポリ戦では、0-0の前半3分にCKからネットを揺らしたが、ナポリの選手がハンドをアピールして猛抗議すると自らハンドを認め、主審はゴールを取り消した[57]。試合後、ナポリの主将であるパオロ・カンナヴァーロは、「クローゼの行動は、賞が与えられるべきものだ」とそのフェアプレー精神を称賛した。
  • 2014 FIFAワールドカップ・決勝では先発出場した。
    • 同戦はW杯史上最多7回目の対戦組み合わせであるアルゼンチン戦であり、決勝での同カードはこれもW杯史上最多の3回目[58][59]86年メキシコ大会90年イタリア大会)、決勝での戦績は1勝1敗、加えて両者とも当時2大会の直接対決以後優勝から遠ざかっており、因縁の対決ともなった。
    • 更に同戦は直近2大会の準々決勝(2006年大会準々決勝および2010年大会準々決勝)で実現しているカードであり、クローゼは両大会ともアルゼンチンからゴールを奪っている。直近2対戦は何れもドイツが勝利しており、クローゼはアルゼンチンキラーとしての活躍も期待された[60]
    • 結局クローゼはこの決勝では自らゴールネットを揺らすことは出来ず、スコアレスのまま延長に突入する直前の後半43分にマリオ・ゲッツェと交代。この際ゲッツェに「おまえならできる」と話している[61]。過去3大会の好成績を支えながらもあと一歩で母国の優勝の栄光を逃してきたクローゼからバトンを受け継ぐような形で、22歳のゲッツェは延長後半8分にゴールを決めた。これがこの決勝戦唯一のゴールとなり、試合は1-0でドイツが勝利。4回目24年(6大会)ぶり・南米開催大会では欧州勢史上初の優勝を果たした。

個人成績編集

クラブ個人成績編集

クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ戦 欧州カップ戦 合計
出場 得点 出場 得点 出場  得点 出場 得点
カイザースラウテルン 1999-00 2 0 2 0
2000-01 29 9 2 0 12 2 43 11
2001-02 31 16 4 0 35 16
2002-03 32 9 4 4 36 13
2003-04 26 10 1 1 2 1 29 12
合計 120 44 11 5 14 3 145 52
ブレーメン 2004-05 32 15 5 0 8 2 44 17
2005-06 26 25 5 2 9 4 40 31
2006-07 31 13 3 1 13 2 47 16
合計 89 53 13 3 30 8 132 64
バイエルン 2007-08 27 10 8 6 12 5 47 21
2008-09 26 10 4 3 8 7 38 20
2009-10 25 3 5 2 8 1 38 6
2010-11 20 1 4 3 2 1 26 5
合計 98 24 21 14 30 14 146 52
ラツィオ 2011-12 27 13 2 0 6 3 35 16
2012-13 29 15 2 0 5 1 36 16
2013-14 25 7 0 0 3 1 28 8
2014-15 34 13 6 3 40 16
2015-16 24 7 1 0 4 1 29 8
合計 139 55 11 3 18 6 168 64
通算(ドイツ) 307 121 45 22 74 25 423 168
通算(イタリア) 139 55 11 3 18 6 168 64

代表個人成績編集


ドイツ代表国際Aマッチ
出場得点
2001 7 2
2002 17 12
2003 10 1
2004 11 5
2005 5 0
2006 17 13
2007 5 3
2008 15 8
2009 6 4
2010 12 10
2011 8 5
2012 13 4
2013 4 1
2014 6 3
通算 136 71

代表での得点編集

  FIFAワールドカップでの得点

タイトル編集

クラブ
ブレーメン
バイエルン・ミュンヘン
SSラツィオ
代表
ドイツ代表
個人

文献編集

  1. ^ a b Miroslav Klose (英語) ESPN
  2. ^ http://www.em-08.info/spielerfrauen/sylwia_klose_/
  3. ^ http://www.123football.com/players/k/miroslav-klose/index.htm
  4. ^ http://www.spiegel.de/spiegel/print/d-54683212.html?name=Ein+dickk%26ouml%3Bpfiges+Bambi
  5. ^ Miroslav Klose”. tribalfootball.com Pty Ltd.. 2014年7月13日閲覧。
  6. ^ Arnhold, Matthias (2016年12月1日). “Miroslav Klose – Matches and Goals in Bundesliga”. RSSSF. 2016年12月7日閲覧。
  7. ^ "Klose seals move to leaders Bremen". Reuters. CNN.com. 2 March 2004. Retrieved 8 May 2011.
  8. ^ "Klose erhält Vertrag bis 2008 in Bremen". Der Spiegel (in German). 2 March 2004. Retrieved 8 May 2011.
  9. ^ Archives, Bayern Offside (2008年8月8日). “Player Profile: Miroslav Klose”. Bavarian Football Works. 2019年1月2日閲覧。
  10. ^ “WM-Helden Müller und Klose treffen” (German). kicker. (2010年8月7日). http://www.kicker.de/d-supercup-fb-1/2010/1/1003714/spielbericht_bayern-muenchen-14_fc-schalke-04-2.html 2014年7月28日閲覧。 
  11. ^ [1]
  12. ^ ラツィオ、クローゼ獲得を発表Goal.com 2011年6月9日
  13. ^ “Klose leaves Bayern for Lazio”. UEFA.com. (2011年6月9日). http://www.uefa.com/memberassociations/association=ita/news/newsid=1640785.html 2011年6月9日閲覧。 
  14. ^ ""Klose mit uns": Nationalstürmer "wütend" über italienische Faschos" (in German). Deutsch-tuerkische-nachrichten.de. 19 October 2011. Retrieved 20 October 2011.
  15. ^ "Lazio Rom: Miroslav Klose äußert sich zu Nazi-Banner" (in German). Goal.com. 19 October 2011. Retrieved 20 October 2011.
  16. ^ "Klose wütend wegen SS-Runen" (in German). Focus.de. 19 October 2011. Retrieved 20 October 2011.
  17. ^ クローゼ、1試合5得点も「チームのおかげ」Goal.com 2013年5月6日
  18. ^ Doyle, Mark (2013年5月26日). “Roma 0–1 Lazio: Biancocelesti edge dour derby to claim Coppa Italia”. fussballtransfers.com. 2013年5月27日閲覧。
  19. ^ 元ドイツ代表クローゼがラツィオ退団へ 現役は続行日刊スポーツ 2016年5月11日
  20. ^ Fiorentina win to finish fifth but Lazio's Miroslav Klose signs off with a goal”. ESPN FC (2016年5月15日). 2016年5月16日閲覧。
  21. ^ 37歳伝説クローゼ、感動的なグランド・フィナーレ「この5年間は決して忘れはしない」フットボールチャンネル 2016年5月17日
  22. ^ Lazio, Klose saluta con un record: è il miglior goleador straniero come Pandev” [Lazio, Klose says goodbye with a record: he's the top foreign goalscorer like Pandev] (Italian). La Gazzetta dello Sport (2016年5月15日). 2016年5月16日閲覧。
  23. ^ a b クローゼはなぜ多くのオファーを蹴って引退したのか? 偉大なるストライカーが描くセカンドキャリア | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2019年1月1日閲覧。
  24. ^ "Klose call as Germans beat Albania". BBC Sport. 24 March 2001. Retrieved 8 June 2008.
  25. ^ "Miroslav Klose: Gdybyście się nie spóźnili..." euro2008.pl (in Polish). 9 June 2008. Archived from the original on 11 June 2008. Retrieved 14 June 2008.
  26. ^ Mamrud, Roberto (2016年12月1日). “Miroslav Klose – Century of International Appearances”. RSSSF. 2016年12月7日閲覧。
  27. ^ “Sechs Wochen Pause für Klose”. UEFA.com. (2004年3月30日). http://de.uefa.com/uefaeuro/news/newsid=161130.html 2011年11月6日閲覧。 
  28. ^ "EM 2008: Deutschland und Spanien – Der Weg ins Finale mit allen Toren auf Video" (in German). Fanartisch.de. 29 June 2008. Retrieved 20 October 2011.
  29. ^ Bevan, Chris (3 July 2010). "Argentina 0–4 Germany". BBC Sport. Retrieved 5 July 2010.
  30. ^ Huntelaar top scorer in EC qualification matches”. Expatica (2011年10月12日). 2012年2月16日閲覧。
  31. ^ G・ミュラーに並んだクローゼ 「並んだとは思ってない」goal.com 2013年9月7日
  32. ^ Germany 6–1 Armenia: Miroslav Klose becomes all time top scorer as Andre Schurrle and Lukas Podolski net in easy win”. Daily Mail. DMG Media (2014年6月6日). 2014年6月6日閲覧。
  33. ^ World Cup 2014 : Veteran Klose scores record goal number '15' as Germany vs Ghana ends in a 2–2 draw”. hindustantimes.com (2014年6月21日). 2014年6月22日閲覧。
  34. ^ クローゼ、W杯通算得点記録を更新”. Goal.com (2004年7月9日). 2004年7月9日閲覧。
  35. ^ World Cup 2014: Germany's Miroslav Klose breaks World Cup record”. BBC (2014年7月8日). 2014年7月8日閲覧。
  36. ^ co.,Ltd, FromOne. “クローゼが代表引退を表明…W杯通算得点や独代表通算得点最多記録を保持” (日本語). サッカーキング. 2019年1月2日閲覧。
  37. ^ Klose beendet Laufbahn in der Nationalmannschaft dfb.de, abgerufen am 2. Dezember 2018
  38. ^ ドイツ代表引退のラーム、クローゼ、メルテザッカー、親善試合の試合前に表彰を受ける”. Qoly. 2019年1月2日閲覧。
  39. ^ Festlicher Abschied für die Weltmeister, dfb.de, abgerufen am 4. September 2014.
  40. ^ W杯歴代通算最多ゴールのクローゼが現役引退…今後は監督業の道へ」goal.com 2016年11月1日
  41. ^ Redaktion (2018年5月11日). “2020年までの契約:ミロスラフ・クローゼがU17の監督に” (日本語). FC Bayern Munich. 2019年1月1日閲覧。
  42. ^ Contract through 2020: Miroslav Klose to coach U-17s”. FC Bayern Munich (2018年5月11日). 2018年7月2日閲覧。
  43. ^ Germany's humble Klose a soft-spoken goalscoring giant”. Reuters (2014年6月21日). 2015年11月17日閲覧。
  44. ^ 嗅覚と正直の男、クローゼが引退。代表71ゴールは全てエリア内から。(遠藤孝輔)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2019年1月1日閲覧。
  45. ^ Door opens for Klose”. Sky Sports. 2015年11月17日閲覧。
  46. ^ Goodbye to a Humble Scoring Machine”. The New York Times (2014年8月12日). 2018年12月1日閲覧。
  47. ^ “Legend Profile: Miroslav Klose – Complete Breakdown + Tactical Analysis”. The Laziali. (2018年3月6日). http://thelaziali.com/index.php/2018/03/06/legend-profile-miroslav-klose/ 2018年3月30日閲覧。 
  48. ^ 増島みどり. “ミロスラフ・クローゼ「静かなる成功者」” (日本語). MASUJIMA STADIUM. 2011年12月28日閲覧。
  49. ^ Sven Becker (2007年6月27日). “From carpenter to goalgrabber” (英語). Bundesliga. 2011年12月28日閲覧。
  50. ^ 12 des Tages: Samba mit "Klosinho"” (ドイツ語). SPIEGEL ONLINE (2006年12月4日). 2011年12月28日閲覧。
  51. ^ Barça vai encarar "Klosinho" alemão” (ポルトガル語). Globoesporte.com (2006年12月3日). 2011年12月28日閲覧。
  52. ^ Wer jubelt am schönsten?” (ドイツ語). FIFA.com (2010年10月9日). 2011年12月28日閲覧。
  53. ^ Shreshta Trivedi (2006年7月12日). “Up Klose and personal with Miroslav” (英語). ZEENEWS.com. 2011年12月28日閲覧。
  54. ^ Miroslav Klose Picks Up Fair Play Award” (英語). Werder Bremen (2005年5月11日). 2011年12月28日閲覧。
  55. ^ FAIR PLAY TO YOU, MIROSLAV” (英語). sportinglife.com. 2011年12月28日閲覧。
  56. ^ National team player Miroslav Klose” (英語). DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. (2006年5月15日). 2011年12月28日閲覧。
  57. ^ クローゼがハンドを認めてゴール取り消しGoal.com 2012年9月27日
  58. ^ “ドイツ対アルゼンチン、決勝カードは過去1勝1敗”. 朝日新聞デジタル. (2014年7月10日). http://www.asahi.com/articles/ASG7B2V95G7BUTQP00N.html 2014年7月10日閲覧。 
  59. ^ “過去に2大会連続決勝で対戦=ドイツとアルゼンチン”. 時事ドットコム. (2014年7月10日). http://www.jiji.com/jc/wcup2014?s=news_30&k=2014071000770 2014年7月10日閲覧。 
  60. ^ 実はアルゼンチンキラー…クローゼ 代表引退は「決勝後に決断」スポーツニッポン 2014年7月12日
  61. ^ クローゼ、ゲッツェに「おまえならできる」Goal.com 2014年07月14日

外部リンク編集