メインメニューを開く

来歴編集

1993年長野県上田東高等学校を卒業[1]後、芸能界入り[2]マーク・ジェイコブスコム・サ・デ・モード・メンのショーや『POPEYE』『an・an』などの雑誌でモデルを務める[2]。平行して俳優業も行っていたが、2003年に出演したJTセブンスターの広告が大谷健太郎監督の目に止まり[2]2005年公開の映画『NANA』にヤス役で出演し、脚光を浴びる[3]

青木崇高尚玄らとともに立ち上げた劇団REBOUND GLAMOURに所属していたが2007年に解散[2]

人物編集

  • 小学校中学年から中学時代は柔道、高校時代にはバレーボール部に入っていた[4]
  • 趣味・特技はバレーボール、料理、サーフィン。栄養士の資格を取得している[4]
  • 既婚で2男1女の父[5]

出演編集

テレビドラマ編集

Webドラマ編集

  • フジコ(2015年11月13日、全6話、Hulu) - 若村春 役[22]
  • 配信ボーイ 〜ボクがYouTuberになった理由〜(2018年3月24日 - 3月30日、全8話、dTV) - 赤井 役

映画編集

バラエティ編集

舞台編集

  • 開放弦(2006年、PARCO劇場 他)
  • 血は立ったまま眠っている(2010年、Bunkamuraシアターコクーン/シアターBRAVA!)
    • 作:寺山修司、演出:蜷川幸雄
  • 地の婚礼(2011年、にしすがも創造舎体育館特設会場)
    • 作:清水邦夫、演出:蜷川幸雄
  • PRESS 〜プレス〜(2012年、Bunkamuraシアターコクーン)
    • 主演:明石家さんま、作:生瀬勝久、演出:水田伸生
  • 祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜(2012年 - 2013年、Bunkamuraシアターコクーン/シアターBRAVA!)
    • 作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • 君が人生の時(2017年、新国立劇場)
    • 主演:坂本昌行、作:ウィリアム・サローヤン、翻訳:浦辺千鶴、演出:宮田慶子

ミュージック・ビデオ編集

モデル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人の気持ちを背負える役者に”. 長野県上田東高等学校同窓会. 長野県上田東高等学校. 2017年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 丸山智己”. KINENOTE. 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ 丸山智己”. 映画.com. 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ a b 丸山智己オフィシャルブログ「踊るアホウ」 (2011年11月22日). “小池先生、遠回りですが役立っています”. 2012年12月1日閲覧。
  5. ^ 丸山智己オフィシャルブログ「踊るアホウ」 (2011年11月17日). “ご報告”. 2011年11月25日閲覧。
  6. ^ 宮沢りえ14年ぶり連続ドラマ主演 「神様のボート」制作開始!(NHKオンライン、2013年1月23日)2015年11月閲覧。
  7. ^ 丸山智己、青年実業家役で『オトナ女子』に出演 - 吉瀬美智子と恋の予感?”. マイナビニュース. 2015年11月8日閲覧。
  8. ^ 玉山鉄二、瀧本美織、松重豊ら豪華キャストが集結!『素敵な選TAXI』で竹野内豊と共演”. テレビドガッチ (2016年2月15日). 2016年4月1日閲覧。
  9. ^ “池松壮亮、主演ドラマの刺客解禁に「楽しみしかない」”. Smartザテレビジョン. (2016年12月27日). https://thetv.jp/news/detail/96796/ 2016年12月27日閲覧。 
  10. ^ ストーリー第2話”. 貴族探偵. フジテレビ (2017年). 2018年5月23日閲覧。
  11. ^ 「コード・ブルー」丸山智己らキャストが続々クランクアップ〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年9月30日). 2017年11月11日閲覧。
  12. ^ 板谷由夏、丸山智己、木下ほうか『刑事ゆがみ』に豪華俳優陣がゲスト出演”. テレビドガッチ (2017年11月2日). 2017年11月11日閲覧。
  13. ^ 丸山智己 (2018年5月17日). 丸山智己、共演者やスタッフに不思議な縁「今までの作品とは何かが違う」【「スモーキング」インタビューVol.2】. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/147162/ 2018年5月23日閲覧。 
  14. ^ 内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 平家伝説殺人事件”. 月曜名作劇場. TBS (2018年5月21日). 20018-05-23閲覧。
  15. ^ 第7話 ストーリー”. ヘッドハンター. テレビ東京 (2018年). 2018年5月23日閲覧。
  16. ^ りょう主演『島耕作』スピンオフドラマに丸山智己&カンニング竹山が出演”. テレビドガッチ (2018年6月19日). 2018年8月13日閲覧。
  17. ^ 9話ストーリー”. GIVER 復讐の贈与者. テレビ東京 (2018年9月7日). 2018年11月18日閲覧。
  18. ^ 中島健人、丸山智己との共演で見せた“愛され座長”の素顔〈ドロ刑・放送直前企画3〉”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年10月13日). 2018年11月18日閲覧。
  19. ^ 相関図”. 盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜. WOWOW (2019年). 2019年3月24日閲覧。
  20. ^ “柳ゆり菜、木崎ゆりあ、中尾暢樹ら注目の若手がフジ深夜連ドラにゲスト出演”. 産経ニュース. (2019年1月23日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190123/ent1901230006-n1.html 2019年1月27日閲覧。 
  21. ^ 水原希子演じる円香の過去が明らかに?丸山智己が謎の男役で出演『グッドワイフ』第7話”. テレビドガッチ (2019年2月23日). 2019年3月24日閲覧。
  22. ^ キャスト&スタッフ|Huluオリジナルドラマ「フジコ」”. Huluオリジナルドラマ「フジコ」公式サイト. 2015年10月9日閲覧。
  23. ^ 「ニセコイ」中島健人が年男・岸優太に無茶ぶり三昧、猪突猛進ポーズを要求”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年1月10日). 2019年1月10日閲覧。

外部リンク編集