主文

裁判の判決の中で、結論を記載した部分

主文(しゅぶん)とは、裁判の中で、結論を記載した部分をいう。

主文と内容編集

主文
無罪判決 被告人は無罪。
有罪判決 被告人を○○に処す。(この裁判が確定した日から○年間その刑の執行を猶予する。)
原告敗訴判決 原告の請求を棄却する
原告勝訴判決 被告は原告に対し、○○を支払え(引き渡せ etc)。
上訴審の棄却判決 本件控訴(上告)を棄却する。
上訴審の破棄判決 原判決を破棄する。(原判決を次の通り変更する etc)。

民事訴訟編集

民事訴訟終局判決においては、主文で訴えの却下、請求棄却あるいは請求認容が明らかにされなければならない。さらに、訴訟費用の負担(民事訴訟法67条)、控訴権濫用に対する制裁(民事訴訟法303条2項、及び仮執行宣言(民事訴訟法259条)に関する事項も主文に記載される。

既判力があるのは、主文の部分とされる(民事訴訟法114条1項)が、主文の解釈に必要である場合は、理由の参照が許され得る。既判力類似の効力を、主文を超えて理由にまで拡張しようとする争点効という理論があるが、判例では認められていない(最高裁判決昭和44年6月24日判例時報569号48頁)。

刑事訴訟編集

刑事訴訟の終局判決においては、主文で刑の言渡し、無罪の免除、免訴公訴棄却あるいは管轄違いが明らかにされなければならない。さらに、刑の執行猶予保護観察没収押収物還付、罰金等の仮納付、訴訟費用の負担などが必要な場合には主文に記載される。

刑事訴訟における既判力は、認定された犯罪事実又は審判の対象となった犯罪事実と公訴事実において同一と考えられる範囲に及ぶのであって、主文のみで決することはできない。

裁判官が刑事事件の判決を朗読する際、通常は主文を先に言い渡し、続いて判決理由を読み上げる。一方で死刑判決の場合は判決理由を先に言い渡し主文を後回しにすることが多く、一般的には主文後回しといわれている。これは、死刑判決において冒頭で主文を言い渡すと、被告人が動揺してその後の判決理由を聞かなくなるため、判決理由を被告人によく聞かせるためとされている[1]。このため、判決公判の冒頭に主文朗読がなされずにまず判決理由の説明が行われることは、「死刑の可能性が非常に高い」と裁判の当事者や報道機関等が判断する材料ともなっている。

ただし、判決の主文と判決理由を読み上げる順番については明確な規定があるわけではない。そのため、裁判官によっては、冒頭で主文の死刑判決を言い渡し判決理由を後回しにしたり、無期刑判決で先に判決理由を言い渡し主文を後回しにしたりする例外も存在する。

また、2009年5月、音楽プロデューサー小室哲哉の著作権譲渡に関する詐欺事件において、極めて異例ともいえる主文後回しによる判決理由の説明がおこなわれた。同月21日から始まる予定の裁判員制度の評議では、まず、有罪か無罪かの判断をした上で量刑を決めることになっており、裁判員制度を意識したものとみられている[1]。ただし、この著作権譲渡に関する詐欺事件を担当した杉田宗久元判事は執行猶予でも主文後回しにすることが多い[2]

死刑判決の冒頭主文朗読の例編集

無期刑以下判決の主文後回しの例編集

求刑死刑
求刑無期刑
求刑有期刑
  • 保全経済会事件、1960年3月、東京地方裁判所判決
  • 小室哲哉著作権譲渡詐欺事件、2009年5月11日、大阪地方裁判所判決
  • 強制わいせつ致傷事件、2015年12月、千葉地方裁判所、懲役5年判決(裁判員裁判)
  • 宮崎市女性殺人・死体損壊・遺棄事件の2016年2月、宮崎地方裁判所無期懲役判決(裁判員裁判。求刑懲役25年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1987年(昭和62年)1月4日に新潟県新潟市上木戸(現:新潟市東区上木戸)で元愛人一家6人を襲って2人(元愛人の女性とその義母)を刺殺し、元愛人の子供3人にも怪我を負わせた[11]。新潟地裁で言い渡された死刑判決は当時、22年ぶりだったが[12]、東京高裁(近藤和義裁判長)は1991年(平成3年)10月22日に原判決(第一審の死刑判決)を破棄して無期懲役判決を言い渡した[13]。その後も量刑不当を理由に最高裁へ上告したが、1993年(平成5年)3月31日までに最高裁第三小法廷園部逸夫裁判長)から上告を棄却する決定を受け、無期懲役が確定した[14]
  2. ^ 1992年(平成4年)7月10日に岡山県赤磐郡山陽町桜が丘西六丁目で会社社長の男が拳銃を乱射し、4人が死傷(2人が死亡)した[17]。刑事裁判では被告人の責任能力が争点となり、第一審で2回、控訴審(広島高裁岡山支部)で1回の計3回にわたり被告人の精神鑑定が実施されたが[18]、被告人は控訴中の2002年(平成14年)2月18日に死亡したため[19]、本事件は同高裁支部(片岡安夫裁判長)により公訴棄却の決定が出された[20]
  3. ^ 2009年(平成21年)5月30日に[29]自宅アパート(神奈川県川崎市幸区中幸町一丁目)[30]の隣室などで、男性(当時71歳)を刺殺したほか、物音で駆けつけた男性の妻(当時68歳)と大家(男性の兄・当時73歳)を殺害した[29]。判決後(2011年6月29日)に弁護団が東京高裁へ控訴したが[31]、同年6月4日に被告人が自ら控訴を取り下げ、死刑が確定(裁判員裁判では2件目の死刑確定事件)[32]。2015年12月18日に東京拘置所で死刑執行(法務大臣岩城光英 / 裁判員裁判で死刑を言い渡され、刑が確定した死刑囚の刑執行は初)[33]
  4. ^ 同事件は控訴審・東京高裁第6刑事部(大熊一之裁判長)で[38]2019年12月5日に「犯行時、被告人は心神耗弱状態だった」として原判決破棄・無期懲役の判決が言い渡され[39]東京高検は上告を断念[40]。2020年9月9日付で最高裁第一小法廷(山口厚裁判長)が被告人の上告を棄却する決定を出したため、無期懲役が確定[41]

出典編集

  1. ^ a b “裁判員制度にらみ?異例の「量刑」後回し”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2009年5月11日). オリジナルの2009年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090514041808/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20090511041.html 2009年5月12日閲覧。 
  2. ^ 福富正大 (2009年1月23日). “Can You Celebrate?”. にしてんま傍聴日記. 2009年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月1日閲覧。
  3. ^ 『中日新聞』1973年2月22日夕刊E版第一社会面11面「死刑でも娘は戻らぬ 大久保判決 目を押える遺族たち 鬼か…大久保うす笑い "人間じゃない"の声も」(中日新聞社)
  4. ^ 中日新聞』1973年2月22日夕刊E版1面「大久保清に死刑 前橋地裁が判決 "他に道なし…"と "欲望のままに犯行"」(中日新聞社
  5. ^ a b 『中日新聞』1982年3月23日夕刊E版一面1頁「木村に死刑判決 〇〇さん誘拐殺人で名地裁 冷酷で反社会的 『情状』の余地認めず 動機・計画性 厳しく責める」(中日新聞社)
  6. ^ 『中日新聞』1982年3月23日夕刊E版第一社会面9頁「“覚悟”の木村、一瞬ギクリ 断罪の声じっと聞き入る」(中日新聞社)
  7. ^ a b 毎日新聞』1988年2月9日東京夕刊第4版第一社会面9頁「富山・長野連続誘拐殺人判決 X被告「無罪の涙」 深々と頭垂れて Mとは目も合わせず」(毎日新聞東京本社) - 『毎日新聞』縮刷版 1988年(昭和63年)2月号335頁
  8. ^ a b c 『読売新聞』1988年2月9日東京夕刊一面1頁「富山、長野連続誘拐殺人 富山地裁判決 X被告無罪、「M」は死刑 共謀の証拠ない 取り調べ段階で心理的負担の形跡」(読売新聞東京本社)
  9. ^ 神奈川新聞』1988年3月11日朝刊B版第二社会面22頁「F被告死刑判決 『冷酷非情極まる犯行』 異例の冒頭言い渡し 弁護側主張 ことごとく却下」(神奈川新聞社)
  10. ^ 『毎日新聞』1988年3月10日東京夕刊第一社会面13頁「死刑判決 神奈川の母娘3人など5人殺害のF被告に横浜地裁」(毎日新聞東京本社)
  11. ^ 『朝日新聞』1987年1月5日東京朝刊第一社会面23頁「新潟 復縁断られ2人刺殺 元愛人一家6人襲う」(朝日新聞東京本社)
  12. ^ a b 朝日新聞』1988年3月31日東京朝刊第12版新潟版地方面19頁「新潟地裁 22年ぶり極刑判決 5人殺傷事件 法廷内にどよめき 『平穏得られる』と遺族」(朝日新聞東京本社
  13. ^ 『朝日新聞』1991年10月22日東京朝刊第一社会面15頁「死刑を破棄、無期懲役に 新潟の5人殺傷 東京高裁」(朝日新聞東京本社)
  14. ^ 『朝日新聞』1993年4月1日東京朝刊第一社会面31頁「新潟の5人殺傷に『無期』が確定 最高裁が上告棄却」(朝日新聞東京本社)
  15. ^ 『読売新聞』1997年4月14日東京夕刊一面1頁「幼女4人誘拐殺人の宮崎被告に死刑判決 責任能力、完全と認定/東京地裁」(読売新聞東京本社)
  16. ^ 佐木隆三『宮崎勤裁判』下、朝日新聞社、1997年10月1日、第1刷、147頁。ISBN 978-4022571991
  17. ^ 『朝日新聞』1992年7月10日東京朝刊第一総合面1頁「単銃乱射、4人死傷 銃刀法違反容疑で出入りの業者逮捕 岡山」(朝日新聞東京本社)
  18. ^ 『朝日新聞』2002年2月14日大阪朝刊岡山版第一地方面24頁「責任能力認める鑑定書を提出 山陽町の乱射事件控訴審 /岡山」(朝日新聞大阪本社・岡山総局)
  19. ^ 『朝日新聞』2002年2月19日大阪夕刊第二社会面14頁「死刑判決の被告が病死 岡山・4人死傷事件」(朝日新聞大阪本社)
  20. ^ 『朝日新聞』2002年3月8日大阪朝刊岡山版第一地方面28頁「被告死亡で公訴棄却に 山陽の短銃乱射事件 高裁岡山支部 /岡山」(朝日新聞大阪本社・岡山総局)
  21. ^ 『朝日新聞』1999年2月27日大阪朝刊岡山版地方面「短銃乱射の××被告に死刑判決 『死んだ人間帰らず』 地裁 /岡山」(朝日新聞大阪本社・岡山総局)
  22. ^ 毎日新聞』1999年3月24日大阪夕刊社会面17頁「女性5人殺害の××被告に死刑 〇〇(被害者の実名)ちゃんの遺族の姿、法廷になく」(毎日新聞大阪本社 記者:中川博史)
  23. ^ 『読売新聞』2000年2月9日大阪夕刊第一社会面19頁「4女性殺害の元タクシー運転手に死刑 『冷酷非情、責任重い』 /広島地裁判決」(読売新聞大阪本社
  24. ^ a b 『読売新聞』2003年8月28日大阪夕刊一面1頁「池田小児童殺傷事件 宅間被告に死刑判決 冒頭に暴言、退廷/大阪」(読売新聞大阪本社)
  25. ^ 大阪地方裁判所刑事第二部判決 2003年(平成15年)8月28日 『判例時報』第1837号13頁、『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット)文献番号:28095012、平成13年(わ)第5006号・平成13年(わ)第5245号、『建造物侵入、殺人、殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、傷害、暴行、器物損壊被告事件【著名事件名:大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件判決】』「被告人が、A小学校に侵入して多数の子どもたちを殺害しようと企て、出刃包丁1丁と文化包丁1丁を隠し持ち、A校敷地内に侵入した上、8名の子どもを殺害するとともに、13名の子ども及び2名の教諭に対し加害行為に及んだ事案で、被告人の刑事責任能力の存在を認めた上で、被告人の刑事責任がこの上なく重大であり、罪刑の均衡、一般予防、特別予防等の見地からも、法が定める最も重い刑をもって処断する以外ないとし、被告人を死刑に処した事例。」。
    • 裁判官:川合昌幸(裁判長)・畑口泰成・渡辺英夫
    • 判決主文:被告人を死刑に処する。押収してある出刃包丁1丁(平成14年押第2号の2)及び文化包丁1丁(同号の3)を没収する。
  26. ^ 『読売新聞』2003年8月28日大阪夕刊第一社会面15頁「付属池田小事件判決 宅間被告、遺族に罵声 1分で退廷 傍聴席やり切れぬ視線」(読売新聞大阪本社)
  27. ^ a b c 『毎日新聞』2007年12月26日西部朝刊第一社会面25面「福岡・大牟田の4人殺害:『人命軽視甚だしい』 妻、次男の死刑支持--福岡高裁」(毎日新聞西部本社 記者:石川淳一)
  28. ^ 最後まで謝罪の言葉なく 比女性殺害「逆転死刑」の被告」『MSN産経ニュース産業経済新聞社、2010年10月8日。2018年9月22日閲覧。オリジナルの2010年10月11日時点におけるアーカイブ。
  29. ^ a b 川崎のアパート3人殺害事件で死刑判決/横浜地裁」『カナロコ』神奈川新聞社、2011年6月17日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  30. ^ 川崎3人刺殺事件、××容疑者を鑑定留置へ/横浜地検」『カナロコ』神奈川新聞社、2009年6月15日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  31. ^ 川崎・大家ら3人殺害事件で死刑不当と弁護団が控訴/横浜地裁」『カナロコ』神奈川新聞社、2011年6月29日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  32. ^ 川崎の大家ら3人殺害事件、裁判員裁判2件目の死刑確定、被告が控訴取り下げ」『カナロコ』神奈川新聞社、2011年7月5日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  33. ^ 2人の死刑執行 裁判員裁判の死刑囚で初」『日本経済新聞日本経済新聞社、2015年12月18日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  34. ^ 川崎3人殺害に死刑、「結果は誠に重大」/横浜地裁」『カナロコ』神奈川新聞社、2009年6月15日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  35. ^ 『朝日新聞』2011年6月18日東京朝刊横浜版第一地方面29頁「裁判員『最後まで悩む』 川崎の3人殺害、横浜地裁が死刑判決/神奈川県」(朝日新聞東京本社・横浜総局)
  36. ^ 浜名湖殺人に死刑判決 「犯人、合理的に推認」 被告、宣告に顔色変えず」『産経新聞』産業経済新聞社、2018年2月24日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  37. ^ 死刑判決「生命軽視の態度著しい」 浜名湖連続殺人で被告指弾」『静岡新聞アットエス』静岡新聞社、2018年2月24日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  38. ^ 東京高等裁判所第6刑事部判決 2019年(令和元年)12月5日 『D1-Law.com』(第一法規法情報総合データベース)判例ID:28280988、平成30年(う)第651号、『住居侵入、強盗殺人、死体遺棄被告事件』。
    • 裁判官:大熊一之(裁判長)・浅香竜太・小野寺健太
    • 判決主文:原判決を破棄する。被告人を無期懲役に処する。原審における未決勾留日数中500日をその刑に算入する。(弁護人が上告、検察官は上告せず)
      • 検察官:亀卦川健一(公判出席、および控訴趣意書への答弁書を作成)
      • 弁護人:原琢己(主任弁護人)・佐藤健太(いずれも控訴趣意書を作成)
  39. ^ <熊谷6人殺害>ショック大きい…被告に無期懲役、死刑判決を破棄 妻子亡くした男性…裁判官に怒り憎しみ」『埼玉新聞』埼玉新聞社、2019年12月6日。2019年12月18日閲覧。オリジナルの2019年12月18日時点におけるアーカイブ。
  40. ^ 熊谷6人殺害、検察は上告断念 一審の死刑破棄で―遺族「絶望しかない」」『時事ドットコム』(時事通信社)、2019年12月19日。2019年12月19日閲覧。オリジナルの2019年12月19日時点におけるアーカイブ。
  41. ^ <熊谷6人殺害>ばかばかしい…妻子殺害された男性、無期懲役確定に悔しさ「ああ、終わっちゃったんだな」」『埼玉新聞』埼玉新聞社、2020年9月11日。2020年9月14日閲覧。オリジナルの2020年9月14日時点におけるアーカイブ。
  42. ^ <熊谷6人殺害>死刑判決に自然と涙 妻子奪われた男性が胸の内、謝罪なく「怒りと憎しみしかない」」『埼玉新聞』埼玉新聞社、2018年3月9日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  43. ^ 埼玉 熊谷 6人殺害事件 ペルー人被告に死刑判決」『NHKニュース日本放送協会、2018年3月9日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  44. ^ 熊谷6人殺害 被告に死刑判決」『NHK首都圏』日本放送協会、2018年3月9日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  45. ^ 6人殺害 責任能力認め死刑判決」『NHK 埼玉県のニュース』NHKさいたま放送局、2018年3月9日。2018年3月9日閲覧。オリジナルの2018年3月9日時点におけるアーカイブ。
  46. ^ さいたま地方裁判所刑事第4部判決 2018年(平成30年)3月9日 『判例時報』第2416号98頁、平成28年(わ)第631号、『住居侵入、強盗殺人、死体遺棄被告事件』。
    『判例時報』第2416号98頁

    【事案の概要】ペルー共和国国籍の被告人が、金品欲しさに次々と3世帯の民家に侵入して、家人合計6名を殺害し、うち4名の死体を隠匿したとされた住居侵入、強盗殺人、死体遺棄被告事件において、各犯行当時、被告人は精神障害の圧倒的な影響により各犯行に及んだ者ではなく、精神障害の影響はあったにせよ、個々の具体的な犯行の決意、実行場面においては、残された正常な精神機能に基づく自己の判断として、他にも選択可能な手段があったのに、犯罪になると分かっていながらあえて各犯行に及んだものと認められるから、精神障害の影響により、被告人の害悪の判断能力や行動制御能力が著しく劣った状態にもなかったと認めるのが相当であると示し、したがって、被告人は、各犯行当時、心神喪失や心神耗弱の状態になかったものと認められるから、完全責任能力を有していたと認められるなどとして、被告人を死刑に処するとした事例(裁判員裁判)。

    TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25560015

    【要旨】

    1. 被告人は犯行当時統合失調症に罹患し被害妄想が存在しておりその内容が一定程度拡がっていたことが認められるが、命令性の幻聴のような自らの行動を支配する精神症状は認められず、各犯行の動機は、精神障害による病的体験の存在を介さずとも了解可能なものであり、被告人が有していた精神症状としての妄想が各犯行の犯意の形成に影響を与えた可能性はあるものの、各犯行が統合失調症による病的体験によって直接支配されたとはいえないから、被告人は、本件犯行当時、心神喪失や心神耗弱の状態にはなく、完全責任能力を有していたと認められる
    2. 本件は金品欲しさに次々と3世帯の民家に侵入して家人合計6名を殺害し、4名の死体を隠匿したという強盗殺人等の事案であり、強固な意志に基づく残虐な犯行態様、結果の重大性、犯行動機につき、被告人の精神症状としての妄想が一定の影響を与えていることは否定できないものの、その影響は限定的で意思決定に対する非難を大きく減ずる事情とまではいえないことなどに照らし、被告人の刑事責任は極めて重く、前科がないことなど被告人に有利な事情を考慮し慎重に検討しても死刑に処するのが相当である。
    • 裁判官(裁判員裁判):佐々木直人(裁判長)・四宮知彦・片山嘉恵
    • 判決主文:被告人を死刑に処する。(被告人および弁護人は控訴)
      • 検察官:秦智子・田原昭彦・芦沢和貴・川添達郎
      • 国選弁護人:村木一郎(主任)・神尾尊礼・中原潤一

関連項目編集