富山・長野連続女性誘拐殺人事件

1980年2月 - 3月に日本の富山県・長野県で発生した連続殺人事件

富山・長野連続女性誘拐殺人事件(とやま・ながのれんぞくじょせいゆうかいさつじんじけん)は、1980年昭和55年)2月に富山県女子高生が殺害され、次いで3月に長野県信用金庫に勤めるOLが殺害された事件である。警察庁広域重要指定111号事件に指定された。犯行現場で赤いフェアレディZが目撃されていたことから「赤いフェアレディZ事件」とも呼ばれる。

事件編集

富山県での殺害編集

1980年2月23日、富山県内で、帰宅中の女子高生がギフト店経営者の女・Mからアルバイトの話を持ちかけられ、Mが運転する日産スポーツカー・フェアレディZに乗せられて誘拐される。24日と25日の2日間、女子高生は自宅に「女の人にアルバイトを誘われ、会社の事務所に泊めてもらった」と電話したのを最後に連絡を絶った。25日午後になって、Mから家族に身代金要求の電話があったが、具体的な金額を提示しなかった。26日、岐阜県のラーメン店で、M、Mの愛人の男性・A、女子高生の3人が目撃されている。ラーメン店を出てから数時間後、女子高生はMに車内で睡眠薬を飲まされて昏睡状態のところを絞殺され、雑木林に遺棄された。女子高生の遺体は翌月になって発見された。

長野県での殺害編集

同年3月5日、長野県で帰宅途中の信用金庫勤務のOLが、Mに言葉巧みに誘われフェアレディZに乗せられて誘拐された。翌日6日の早朝、OLは絞殺されて町道の脇に遺棄された。その数時間後の午前7時、Mが家族に電話を掛けた。

「明日の朝10時、長野駅に3000万円持ってこい」

翌日7日の朝に長野県警特別捜査本部を設置し、捜査を開始した。10時、長野駅の構内放送で家族が呼び出され、Mからの電話を受ける。家族が10万円しか用意できなかったことを話すと、Mは怒って昼まで待つと言って自宅で電話連絡を待つよう指示、昼過ぎにMから電話が入った。

「2時に2000万円を持って長野駅に来て、4時38分発の列車に乗って高崎駅で降りて待て」

だが結局、Mは現れなかった。

警察は富山県と長野県の事件を同一犯の犯行と断定。どちらの犯行現場でもサングラスをした女が赤いフェアレディZを運転しているのを目撃されていたため、警察は「赤いフェアレディの女」を重要視する。警察の捜査ですぐにMとAが浮上、参考人聴取される。

やがてMの声紋と身代金交渉の電話の声紋が一致したことなどから長野県警察富山県警察岐阜県警察の合同捜査本部は、1980年3月30日夜にMとAを身代金誘拐の容疑で逮捕。身柄は、その日のうちに富山県から長野県に護送[1]、取り調べは翌31日午前からAは長野中央警察署で、Mが長野南警察署で行われた。4月1日、2人は身代金誘拐容疑で長野地方検察庁に送検された[2]

捜査によってOLが車に乗せられる数時間前から、Mが若い女性に「お茶を飲みませんか」と声をかけていたことが判明した。

報道協定編集

警察当局の要請により日本新聞協会加盟各社間で報道協定が結ばれていたため、事件の発生や経過が新聞やテレビで報道されることはなかった。事件が初めて報道されたのは、1980年3月27日発売の「週刊新潮」4月3日号であり、事件発生から3週間が経過し報道協定が事件解決の役に立たなくなったとする週刊新潮編集部の判断によるものであったが、被害者の安否が判明していない中で週刊誌が報道を行ったことは様々な課題を残した[3]

犯行の動機編集

加害者の女M・T(本文中では「M」と表記 / 各事件当時34歳)は1946年(昭和21年)2月14日生まれ[4]生活保護受給家庭で育ったが、成績はトップクラスだった。短大に進学するも家庭の事情で中退、保険会社や化粧品販売会社に勤めた。やがて上京して結婚、埼玉県で暮らし、男児が誕生するもやがて離婚。子供を連れて富山県に戻る。結婚相談所で再婚相手を探しながら朝も夜も働き、一家を支えた。やがて夜の仕事仲間を介してAと知り合う。Aにはすでに妻がいたが、同棲生活を始めることになった。

MはAとギフト店の経営を始めるも、すぐに経営難に陥り、サラ金に手を出して数千万円の借金を負ってしまう。そこでMはかつて勤務した保険会社で得た知識を悪用し、結婚相談所に紹介された男性を保険金殺人のターゲットにして海岸に誘い出し麻酔薬をかがせたが未遂に終わってしまった。

やがて返すあてのない借金をしてフェアレディZを購入する。このころから誘拐で大金を得ることを考え始め、とうとう実行するに至った。

裁判編集

第一審編集

逮捕前後の2人の供述などを証拠として、検察は2人を身代金目的誘拐罪殺人罪などで起訴した。

1980年5月13日富山地裁で初公判が行われ、検察側は冒頭陳述で「富山・長野の両事件とも両被告が身代金目的の誘拐を事前共謀し、誘拐をM、殺害はA、死体遺棄は両被告が実行した」とし、「Aが犯行を主導しMが従った」と主張した。罪状認否でMは誘拐を否認。Aは「Mから政治資金絡みで金が入ると聞かされていただけ。誘拐殺人などは全く知らない」として無罪を主張した。

1985年(昭和60年)3月6日、約5年間の審理によって、富山事件の発生時にAが自宅にいたこと、長野事件の殺害の実行の際はホテルで待機しており、アリバイが存在したこと――が判明したことから、検察側は冒頭陳述の内容を18か所にわたって変更。「両被告は事前共謀をしたが、誘拐、殺害、死体遺棄、身代金要求の実行行為はすべてMが行った」としてこれまでの主張の構図を一転させ、「主導者はMでAは共謀共同正犯」とした。

1987年(昭和62年)4月30日、検察は論告でMに死刑、Aに無期懲役求刑。Mは「富山事件はAの単独犯行。長野事件では誘拐、死体遺棄、身代金要求は行ったが、殺害はAが1人でやった」とA主導説を主張。一方、Aは「Mは7年間嘘をつき通し、私に罪をなすりつけてきた。私が無期懲役を求刑されたのも全てMの嘘が原因」とM単独犯説を述べ、これまでどおり自身の無罪を主張した。

1988年(昭和63年)2月9日判決が言い渡され、Mは死刑となった。一方、Aについては富山事件で誘拐、殺害の前後に両被告が頻繁に電話連絡したり、長野事件で身代金受け渡し現場に両被告が一緒にやって来たことについて「Mから嘘のもうけ話を聞かされて事件を全く気づかなかった」とするAの証言を真実性が高いと判断。実行行為も共謀も行っていないとして、Aに無罪を言い渡した。検察はAについて控訴、Mは自身について控訴した。

控訴審編集

1992年平成4年)3月31日名古屋高裁金沢支部が検察とMの控訴を棄却した。Mは上告。検察は上告せず、Aの無罪が確定した。

上告審編集

1998年(平成10年)9月4日最高裁で上告棄却となり、Mの死刑が確定した。Mは女性死刑囚としては連合赤軍事件永田洋子以来で、戦後7人目となった。

再審請求編集

2020年令和2年)9月27日時点で[5]、加害者M(現在75歳)は死刑囚として、名古屋拘置所収監されている[注 1][7]。Mはこれまで4度にわたって再審請求を行っている。

1度目の再審請求編集

2度目の再審請求編集

  • 2011年8月15日、富山地裁に再審請求。
  • 2013年(平成25年)2月25日、富山地裁が再審請求を棄却。
  • 2014年(平成26年)1月、名古屋高裁金沢支部が即時抗告を棄却。
  • 2014年3月18日、最高裁が特別抗告を棄却。

3度目の再審請求編集

  • 2014年3月21日、富山地裁に再審請求。
  • 2015年(平成27年)3月30日、富山地裁が再審請求を棄却。
  • 2015年11月19日、名古屋高裁金沢支部が即時抗告を棄却。
  • 2016年(平成28年)2月17日、最高裁が特別抗告を棄却。

4度目の再審請求編集

  • 2016年2月18日、富山地裁に再審請求。
  • 2017年(平成29年)3月23日、富山地裁が再審請求を棄却。
  • 2018年(平成30年)3月23日、名古屋高裁金沢支部が即時抗告を棄却。

Mは一時期、獄中結婚で苗字が変わっていたが、再び元の苗字に戻っている。

名誉毀損訴訟編集

Mは裁判中から、事件報道をしたマスコミ各社に名誉毀損を理由に損害賠償請求訴訟を起こしては和解を繰り返していたが、唯一、Mと和解の道を選択しなかったのは作家佐木隆三出版社徳間書店であった。

1991年に発行された『女高生・OL連続誘拐殺人事件』で、大衆の低俗な興味を満足させる記述により、社会的評価を著しく低下させられ、名誉や人格を傷つけられたとして、Mは著者の佐木と出版した徳間書店に慰謝料500万円を請求する訴訟を起こした。名古屋地裁は名誉感情の侵害を認め、佐木や徳間書店に慰謝料支払いを命じる判決を出したが、双方がすぐに控訴。2000年に佐木と徳間書店に75万円の慰謝料の支払いが命じられた。

関連書籍・作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ Mは上告中の1992年8月5日、金沢刑務所拘置区(金沢市)から名古屋拘置所へ移送された[6]

出典編集

  1. ^ 誘かい事件 富山の男女逮捕 読売新聞 (1980年3月31日朝刊1面)
  2. ^ 遺体発見へ厳しく追及 読売新聞 (1980年4月1日朝刊1面)
  3. ^ デスク討論 読売新聞 (1980年3月29日朝刊5面)
  4. ^ 中日新聞』1980年4月4日朝刊第12版第一社会面23頁「影を背負った生い立ち 誘かい殺人 Mという女 13歳の時、やっと認知 目立たぬ少女期 上京後、派手に」(中日新聞社) - 『中日新聞』縮刷版 1980年(昭和55年)4月号117頁
  5. ^ 年報・死刑廃止 2020, p. 271.
  6. ^ 『中日新聞』1992年8月28日朝刊第一社会面31頁「連続女性誘拐 M被告 名古屋に移監」(中日新聞社)
  7. ^ 年報・死刑廃止 2020, p. 252.

参考文献編集

  • 年報・死刑廃止編集委員会『コロナ禍のなかの死刑 年報・死刑廃止2020』(編集委員:岩井信・可知亮・笹原恵・島谷直子・高田章子・永井迅・安田好弘・深田卓) / (協力:死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90・死刑廃止のための大道寺幸子基金・深瀬暢子・国分葉子・岡本真菜)、インパクト出版会、2020年10月10日、第1刷発行。ISBN 978-4755403064