初井言榮

日本の女優・声優(1929−1990)

初井 言榮 (はつい ことえ、1929年1月8日 - 1990年9月21日)は日本の女優声優神奈川県横浜市出身。青葉高等女学校舞台芸術アカデミー卒業。元青年座所属。本名は山野典子。夫は山野史人(1970年から1990年まで)。

はつい ことえ
初井 言榮
本名 山野 典子
生年月日 (1929-01-08) 1929年1月8日
没年月日 (1990-09-21) 1990年9月21日(61歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区河田町
職業 女優声優
ジャンル 演劇テレビドラマ映画
活動期間 1950年代 - 1990年
配偶者 山野史人(1970年 ‐ 1990年)
主な作品
テレビドラマ
サンキュー先生
ヤヌスの鏡
花嫁衣裳は誰が着る
アニメ映画
天空の城ラピュタ
 
受賞
文化庁芸術祭賞
演劇部門優秀賞1978年
テンプレートを表示

来歴・人物編集

東宝児童劇団東童」を経て1948年劇団俳優座研究生として加入。後に山岡久乃らと脱退し、1954年劇団青年座設立に参加。青年座公演とかけもちで1957年から1970年まで日活の専属女優として活動し、日活アクション映画の悪役等を中心に多数出演した。青年座では演出(『ばうめん波を叩け』他) や後進の指導にあたり(松岡ミユキ矢野いづみなど[1])、またボランティアで郷里である横浜の市民演劇へ演技指導を行っていた。

青年座公演では、森塚敏西田敏行らの助演者としてオールドミス役・中年役などを多く演じた。

演じた役が実年齢以上[2]がほとんどだったため、「新劇界の三大婆さん(役)女優」の一人と呼ばれた(他は劇団民藝北林谷栄劇団文化座鈴木光枝)。「三大婆さん女優」の中では若手で(北林:1911年生まれ 鈴木:1918年生まれ)、映画・テレビ映像や舞台演技で静的老境を得意とした二人とは対照的に演技は幅広く、舞台では同様の老女から達者活発なお婆役、平行活動で出演した日活(劇団民藝が俳優の演技指導協力を行った)時代からで元気な中壮年役、中年病身役、水商売、インテリ女性といった様々な大人女性像を演じた。

日活との契約解除後はテレビドラマで当たり役を得る。

1970年代後半から1980年代にかけ、市毛良枝との名コンビで親しまれ、「ライオン奥様劇場」の『嫁姑』シリーズを始めとし、クセのある姑・祖母役で出演して「姑役女優」として広い世代に知名度を高めた[3]

冷徹で手厳しい祖母役がハマり役だったが実際の性格は逆で、プライベートでは温厚かつ大変気遣い上手な優しい人柄であったという。『ヤヌスの鏡』で共演した杉浦幸からも「役柄と違い、とても優しかった」と評されたほどであり、冷酷なシーンの撮影が終わった後は杉浦本人を労わったり、杉浦が叱られた時は庇ったり、杉浦への演技のアドバイスも丁寧にしてくれていたと言う。また、その性格ゆえか実際に厳しく叱りながら折檻する場面ではその性格ゆえに本気になることがどうしてもできずにNGを連発し、それを見かねた監督が代行したほどだった。彼女のリンク先も参照。

声優ではラジオドラマのほか、映画『ティファニーで朝食を』のパトリシア・ニールや映画『愛と喝采の日々』でのアン・バンクロフトアガサ・クリスティの小説及び戯曲『検察側の証人』を原作とする法廷ミステリー映画『情婦』でのマレーネ・ディートリヒなどの日本語版吹き替え、アニメーション作品ではスタジオジブリ制作の映画『天空の城ラピュタ』で海賊ドーラを演じた。

1988年胃癌のため全摘出手術を受け、その後は入退院を繰り返し、1990年9月20日に胃癌再発のため東京女子医科大学病院に入院するも、翌9月21日午後2時54分に同病院で死去。61歳没[4]。当たり役の老境演技を体現しないままの早世が惜しまれた。新劇界著名人の一人であり、結団から永年青年座を支えた功績と慰労から葬儀は劇団葬で青年座劇場で行われ、座長・森塚敏が葬儀委員長を務めた。

出演作品編集

舞台(代表的なもの)編集

  • 第三の証言 (1954年12月17 - 23日 俳優座劇場) 作 椎名麟三(青年座旗揚げ公演)
  • 蠍を飼う女 (1959年12月11 - 17日 一ツ橋講堂)作 椎名麟三(青年座第17回公演、1960年 大阪、神戸他で地方公演)
  • 謀殺〜二上山鎮魂〜(1978年11月03 - 12日 紀伊國屋ホール)作 西島大(青年座第69回公演)

映画編集

テレビドラマ編集

吹き替え編集

俳優編集

パトリシア・ニール

洋画・海外ドラマ編集

ラジオドラマ編集

  • チャオ・チャオ日本(1964年4月、NHK)原作 丹下キヨ子、共演 山岡久乃
  • 喜界島御霊伝説(1965年4月、TBS)脚本 野口達二、共演 天地総子、早野寿郎
  • はかなくもまたかなしくも(1970年7月、NHK)脚本 秋浜悟史、共演 林隆三、芳川和子、谷育子、青柳ひで子他。文化庁芸術祭参加作品。
  • 夜の声(1971年2月、NHK)脚本 瀬戸内晴美、演出 平野敦子、共演 奈良岡朋子
  • 浜鳴り(1971年4月、NHK)脚本 三浦哲郎、演出 竹内日出男、共演 江角英明、左時枝、秋月喜久江 昭和46年度(第26回)文化庁芸術祭ラジオ・ドラマ部門優秀賞
  • 汚れた土地(1971年10月、NHK)原作 コールドウェル、脚色 河野典生、共演 森雅之、井上昭文、島かおり、油谷佐知子
  • ばうめん波を叩け(1972年6月、NHK)脚本 高橋辰雄、共演 小池朝雄、蟹江敬三、横山リエ
  • ラストシーン(1974年6月、NHK)脚本 瀬戸内晴美、演出 平野敦子、共演 垂水悟郎、東恵美子、西村淳二
  • しおばな(1975年4月、NHK)脚本 佐久間崇、共演 林勝也、星千秋、角野卓造、冷泉公裕ほか
  • 道はるか(1983年11月、NHK)脚本 岸宏子、脚本 高沢裕之、共演 磯部勉

アニメ編集

著作編集

  • 『おばちゃんとお母ちゃんとお母さんと母さん』ゲイン 、1990年11月、 ISBN 978-4-906354-04-7
    • 近親にまつわるエッセイ。 まえがき、あとがきで、未了で刊行したこと、執筆様子などを夫の山野史人が記述している。

受賞編集

  • 第33回文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞(個人)
    • 受賞出演作:青年座第69回公演『謀殺〜二上山鎮魂〜』

脚注編集

  1. ^ チョーも付き人を務めた一人。
  2. ^ なかでも『花嫁衣裳は誰が着る』で演じた酒田スエ役は、実際には2歳年長の俳優織本順吉が演じた酒田兵衛の母親役であった。
  3. ^ シリーズ開始当初、初井は40代で、実年齢より10歳以上の年上役を演じていた。
  4. ^ 「「嫁いびり」の姑役で好演・初井言榮さん死去」 読売新聞1990年9月22日朝刊31面
  5. ^ 天空の城ラピュタ - メディア芸術データベース

外部リンク編集