北茨城市

日本の茨城県の市
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

北茨城市(きたいばらきし)は、関東の北部、茨城県の北東部にある

きたいばらきし
北茨城市
五浦海岸
Flag of Kitaibaraki, Ibaraki.svg
北茨城市旗
Kitaibaraki, Ibaraki municipal emblem.JPG
北茨城市章
1956年8月10日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
団体コード 08215-5
法人番号 4000020082155
面積 186.80km2
総人口 42,788[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 229人/km2
隣接自治体 高萩市
福島県いわき市
東白川郡鮫川村塙町
市の木 マツ
市の花 シャクナゲ
市の鳥、魚 カモメ
アンコウ
北茨城市役所
市長 豊田稔
所在地 319-1592
茨城県北茨城市磯原町磯原1630番地
北緯36度48分6.8秒東経140度45分3.7秒
北茨城市
外部リンク 北茨城市

北茨城市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 世帯数:17,315世帯(2007年8月1日)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

茨城県の最北端で、律令時代には東海道の最北端でもあった。

20世紀頭になると、久原房之助常磐炭田の運営に乗り出し、炭鉱町として発展した。炭鉱町の時期は、高度経済成長期まで続いた。

常磐線国道6号常磐自動車道が縦断し、南の水戸市までは57キロメートル (km)、日立市までは25 km、北のいわき市までは38 km、いわき市小名浜までは25 kmである。このため、県境を越えたいわき市との関係も親密であり、観光面でも、県内の他の市町村とよりも、いわき市と提携する傾向が強い。又、いわき市の小名浜以南では、北茨城市の景勝案内が随所で見られる。商圏では、概して日立や平への傾斜が目立つ[1]

野口雨情の出身地であり、岡倉天心が愛でた五浦海岸を抱えるなど、美的な景勝地が多い。天心と親交のあったインドの詩人タゴールも訪れている。

地理編集

市域は北西に細い角を伸ばす三角形をしており、北がいわき市、南が高萩市、西の端が鮫川村塙町に接する。市域の大半は低い多賀山地の山林である。東に太平洋に面し、市街は海岸沿いの平地にある。北西部の花園山から花園川が南東に下り、海岸近くで大北川に合流する。大北川は西の高萩市から来て太平洋に注ぐ。北部では里根川が北西から南東に流れる。花園山は分水嶺で、山の西はいわき市の鮫川水系に属する四時川の上流部となっている。

隣接している自治体編集

歴史編集

沿革編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口編集

 
北茨城市と全国の年齢別人口分布(2005年) 北茨城市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 北茨城市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
北茨城市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 48,323人
1975年 44,332人
1980年 47,670人
1985年 51,035人
1990年 51,093人
1995年 52,074人
2000年 51,593人
2005年 49,645人
2010年 47,026人
2015年 44,412人
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

  • 市長:豊田稔(1990年11月~1995年3月、2007年6月~。5期目)

政治編集

茨城県議会

経済編集

工業編集

漁業編集

  • 平潟漁港
  • 大津漁港
 
東日本大震災で被害を受けた大津漁港

金融業編集

銀行・信用金庫

郵便編集

  • 北茨城郵便局(集配局)
  • 大津郵便局(集配局)
  • 大津西町郵便局 
  • 南中郷郵便局
  • 大塚郵便局
  • 平潟郵便局
  • 橋場郵便局 
  • 北茨城華川郵便局 
  • 関本郵便局 

商業編集

磯原地区が商業の中心であるが、商店街が鉄道によって東西に分断されていること、店舗密度が低いこと、歩道や駐車場整備が不十分なことなどの要因から、日立や平へ購買力が流出している[1]

主な大型店