小笠原諸島西方沖地震

小笠原諸島西方沖地震(おがさわらしょとうせいほうおきじしん)とは、東京都小笠原諸島の西方沖で発生する地震である。小笠原諸島西方沖では、しばしばM7.0以上の大きな深発地震が発生し、異常震域の発現や長周期地震動による被害を伴うことがある。

目次

主な観測記録編集

1951年編集

小笠原諸島西方沖地震(1951年)
本震
発生日 1951年7月12日
発生時刻 3時21分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 490km
規模    M7.2
最大震度    震度3:福島県猪苗代町など
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1951年7月12日3時21分、北緯28度27.1分、東経139度48.7分を震源として発生した。震源の深さは490kmで、地震の規模を示すMは7.2[1]

震度3以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
3 福島県 猪苗代町(猪苗代測候所)
栃木県 宇都宮市
千葉県 銚子市
東京都 千代田区


1968年編集

小笠原諸島西方沖地震(1968年)
本震
発生日 1968年10月8日
発生時刻 4時20分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 460km
規模    M7.3
最大震度    震度3:福島県福島市など
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1968年10月8日4時20分、北緯26度9.0分、東経140度56.0分を震源として発生した。震源の深さは460kmで、地震の規模を示すMは7.3[1]

震度3以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
3 福島県 福島市
茨城県 石岡市
千葉県 館山市
東京都 千代田区


1970年編集

小笠原諸島西方沖地震(1970年)
本震
発生日 1970年5月27日
発生時刻 21時5分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 350km
規模    M7.1
最大震度    震度3:福島県福島市など
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1970年5月26日21時5分、北緯27度22.0分、東経140度44.0分を震源として発生した。震源の深さは350kmで、地震の規模を示すMは7.1[1]

震度3以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
3 福島県 福島市
千葉県 館山市
東京都 千代田区


1998年編集

小笠原諸島西方沖地震(1998年)
本震
発生日 1998年8月20日
発生時刻 15時40分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 467km
規模    M7.1
最大震度    震度3:埼玉県熊谷市など
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1998年8月20日15時40分、北緯28度53.4分東経139度54.7分を震源として発生した。震源の深さは467kmで、地震の規模を示すMは7.1[1]

震度3以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
3 埼玉県 熊谷市 加須市 宮代町
千葉県 館山市
東京都 父島


2000年編集

小笠原諸島西方沖地震(2000年)
本震
発生日 2000年8月6日
発生時刻 16時27分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 445km
規模    M7.2
最大震度    震度4:東京都父島
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2000年8月6日16時27分、北緯28度49.2分、東経140度5.1分を震源として発生した。震源の深さは445kmで、地震の規模を示すMは7.2[1]

震度3以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
4 東京都 父島
3 山形県 中山町
福島県 福島市 浪江町
茨城県 常陸太田市 笠間市 茨城町 小美玉市 石岡市 つくばみらい市
栃木県 岩舟町 高根沢町
埼玉県 加須市 鴻巣市 宮代町
千葉県 浦安市 館山市 鴨川市 南房総市
神奈川県 横浜市中区


2010年編集

小笠原諸島西方沖地震(2010年)
本震
発生日 2010年11月30日
発生時刻 12時24分(JST)
震央   日本 小笠原諸島西方沖
震源の深さ 490km
規模    M7.1
最大震度    震度3:東京都千代田区神奈川県横浜市西区など[2]
津波 なし[2]
出典:特に注記がない場合は防災科学技術研究所[3]による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2010年11月30日12時24分[3]、北緯28度21.5分、東経139度35.3分を震源として発生した。震源の深さは490kmで、地震の規模を示すMは7.1[1]

震度3以上の地域は次の通りである[2]

震度 都道府県 市区町村
3 宮城県 岩沼市丸森町
福島県 福島市 郡山市 白河市 須賀川市 国見町 泉崎村 中島村 玉川村 古殿町 田村市 伊達市 いわき市 双葉町 浪江町 南相馬市 猪苗代町
茨城県 水戸市 日立市 常陸太田市 笠間市 茨城町 常陸大宮市 小美玉市 土浦市 石岡市 下妻市 取手市 河内町 坂東市 稲敷市 筑西市 神栖市 桜川市 常総市 つくばみらい市
栃木県 大田原市 那須町 宇都宮市 栃木市 佐野市 鹿沼市 真岡市 益子町 市貝町 芳賀町 岩舟町 高根沢町 下野市
埼玉県 熊谷市 加須市 鴻巣市 久喜市 吉見町 川口市 春日部市 草加市 戸田市 三郷市 幸手市 吉川市 宮代町 杉戸町 さいたま市大宮区 さいたま市中央区
千葉県 東金市 旭市 多古町 大網白里町 九十九里町 睦沢町 長生村 香取市 山武市 千葉市中央区 千葉市花見川区 千葉市美浜区 佐倉市 市原市 浦安市 印西市 館山市 鴨川市 君津市 富津市 鋸南町 いすみ市 南房総市
東京都 千代田区 港区 北区
神奈川県 横浜市西区 横浜市中区 横浜市保土ケ谷区 横浜市緑区 川崎市川崎区 海老名市 二宮町 小田原市 厚木市
山梨県 忍野村

防災科学技術研究所により地表観測点で観測された強震動の伝播の様子が動画で公開されている。

2015年編集

小笠原諸島西方沖地震(2015年)
本震
発生日 2015年5月30日
発生時刻 20時23分(JST
震央   日本 小笠原諸島西方沖
座標 北緯27度51.6分 東経140度40.9分 / 北緯27.8600度 東経140.6817度 / 27.8600; 140.6817[4]
震源の深さ 681km
規模    気象庁マグニチュード(Mj)8.1
最大震度    震度5強:東京都小笠原村神奈川県二宮町
被害
死傷者数 負傷者13人[5]
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

2015年5月30日20時23分、北緯27度51.6分、東経140度40.9分を震源として発生した。震源の深さは681kmで、地震の規模を示すマグニチュードはMj(気象庁マグニチュード)で8.1、Mw(モーメントマグニチュード)で7.9[6] 。この地震では明瞭な異常震域が発現し、地盤が弱いとされている地域で強震を観測した。気象庁が1885年に地震の観測を開始して以降初めて、震度1以上の揺れを47都道府県全てで観測した[7]。また、韓国南部全南でも揺れを観測した[8]

地震発生当初の速報値でマグニチュード8.5[注 1]、震源の深さは590kmと発表されたが、翌日に精査した暫定値ではM8.1、震源の深さ682kmと更に深い数値がそれぞれ発表された。平成28年3月22日公開の地震月報(カタログ編)による確定値はM8.1、震源の深さ681kmとなっている。[12]気象庁によれば、1900年以降に発生したマグニチュード8クラス以上の地震では世界最深となった[13][14]。(Mw 8.0以上の場合はコロンビア地震の644.8kmが最深。)

転倒や火傷などにより、東京・神奈川・埼玉の3都県で計13人がけがをした。東京足立区と埼玉県ふじみ野市では、合わせて600世帯で一時停電が発生した[5]。また国土交通省のまとめでは、首都圏で合わせて1万9千台のエレベーターが地震後に緊急停止し、そのうち14台で利用者の閉じ込めが発生したが、いずれも約1時間で救出された。この結果と、今後首都直下で予想される地震でも閉じ込めが予想されることから、国交省と日本エレベーター協会などは6月2日に会合を行い、復旧作業を担う人材確保や、エレベーター内での飲料水や簡易トイレの備蓄を進める方針とした[15][16]

震度4以上の地域は次の通りである。

震度 都道府県 市区町村
5強 東京都 母島
神奈川県 二宮町
5弱 埼玉県 鴻巣市 春日部市 宮代町
4 茨城県 常陸太田市 笠間市 茨城町 古河市 石岡市 取手市 河内町 境町 坂東市 稲敷市 筑西市 常総市 つくばみらい市
栃木県 栃木市 佐野市 野木町 高根沢町
群馬県 館林市 明和町 大泉町 邑楽町
埼玉県 熊谷市 行田市 加須市 久喜市 吉見町 川口市 草加市 蕨市 戸田市 志木市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 幸手市 鶴ヶ島市 吉川市 伊奈町 三芳町 川島町 杉戸町 松伏町 さいたま市大宮区 さいたま市見沼区 さいたま市中央区 さいたま市桜区 さいたま市南区 さいたま市緑区 白岡市
千葉県 長生村 白子町 長柄町 千葉市中央区 千葉市美浜区 市川市 船橋市 野田市 柏市 市原市 流山市 浦安市 館山市 木更津市 鴨川市 君津市 鋸南町 いすみ市 南房総市
東京都 千代田区 中央区 港区 文京区 墨田区 江東区 品川区 大田区 渋谷区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 青ヶ島村 父島
神奈川県 横浜市西区 横浜市中区 横浜市保土ケ谷区 横浜市港北区 横浜市戸塚区 横浜市泉区 川崎市川崎区 平塚市 藤沢市 茅ヶ崎市 海老名市 綾瀬市 寒川町 小田原市 厚木市 大井町
山梨県 忍野村
長野県 佐久市
静岡県 伊豆の国市

防災科学技術研究所により地表観測点で観測された強震動の伝播の様子が動画で公開されている。


脚注編集

注釈編集

  1. ^ M8.5は深発地震としては世界最大級だと、纐纈一起・東京大学地震研究所教授、吉田明夫・静岡大学客員教授、鷺谷威・名古屋大学教授は話した[9][10][11]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 震度データベース検索”. 気象庁. 2014年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c 2010年11月30日12時25分頃発生した地震(最大震度3)”. 日本気象協会. 2012年4月15日閲覧。
  3. ^ a b 2010年11月30日 小笠原諸島西方沖の地震”. 独立行政法人 防災科学技術研究所. 2012年4月15日閲覧。
  4. ^ 平成27年5月30日20時24分頃の小笠原諸島西方沖の地震の震源要素について (PDF)”. 気象庁 (2015年5月31日). 2015年5月31日閲覧。
  5. ^ a b 小笠原諸島西方沖を震源とする地震による被害状況等について 6月2日12:00現在」、内閣府、2015年6月21日閲覧
  6. ^ 気象庁 地震月報(カタログ編)|気象庁2016年3月28日閲覧
  7. ^ “震源最も深かった…682キロ・メートルに修正 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2015年5月31日). http://www.yomiuri.co.jp/science/20150531-OYT1T50071.html 2015年5月31日閲覧。 
  8. ^ “小笠原で地震 関東は震度5強 47都道府県、韓国”. NEWSALT. (2015年6月1日). http://www.yomiuri.co.jp/science/20150531-OYT1T50071.html 2016年1月31日閲覧。 
  9. ^ 震源深く、ゆっくりした揺れ プレート先端が破壊か:朝日新聞デジタル
  10. ^ 東京新聞:小笠原沖でM8.5 深い震源、最大クラス:社会(TOKYO Web)
  11. ^ 小笠原沖M8.5「東日本大震災と違う仕組み」 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  12. ^ 気象庁 地震月報(カタログ編)|気象庁2016年3月28日閲覧
  13. ^ 平成27年5月30日20時24分頃の小笠原諸島西方沖の地震の震源要素について 気象庁
  14. ^ “【小笠原で震度5強】震源を682キロに修正、気象庁「M8クラスで世界最深の地震」 - 産経ニュース”. 産経ニュース. (2015年5月31日). http://www.sankei.com/affairs/news/150531/afr1505310019-n1.html 2015年5月31日閲覧。 
  15. ^ エレベーターに飲料水備蓄へ 閉じ込め対策」、共同通信(47news)、2015年6月2日付、2015年6月21日閲覧
  16. ^ エレベーター首都圏中心に1.9万台停止 小笠原沖地震」日本経済新聞、2015年6月2日付、2015年6月21日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集