メインメニューを開く

概要編集

死亡説が発生する要因の例を以下に示す。

  • 通常の死亡記事の誤報や予定稿の流出。
  • 公式には生存していると考えられている人物が、非公式の情報源からすでに死んでいるとする説が流れる。何らかの事情で急激に露出を減らした場合にこのような説が流れることがある。また、大規模な事件・事故・災害が発生した際、有名人がそれに巻き込まれたと思われ、死亡したと噂されることがある。
  • 著名人と同姓同名の別の人物の訃報が流れたとき、その著名人が亡くなったと誤解されて伝わることがある。
  • 著名人が死亡したというフェイクニュースが悪意ある者により故意に流される。
  • 悪事を働いた著名人に対し、死んでくれたらいいのにという皮肉が込められて伝わることがある。

死亡説が流れた人物編集

政治家・君主・軍人編集

音楽関係者・俳優・コメディアンなど編集

スポーツ選手編集

  • 常陸山谷右エ門 - 1910年、大相撲の一行が満州での巡業を終え、大連の港から船で帰国の予定だったが、乗船の直前になって横綱常陸山が「旅順で戦死した義兄(広瀬武夫)のために奉納相撲を行いたい」と突然言い出し、急遽旅順で奉納相撲が行われた。その頃、一行が乗る予定だった船が沈没し乗客乗員は全員死亡。常陸山も死亡したとされ、東京では「常陸山一行遭難」の号外まで出た。その後「帰国が延びる」との常陸山からの知らせがあり、関係者は安堵したという。
  • 栃錦清隆 - 1955年病気で入院したが「死亡した」という情報が流れた。また、1958年巡業中に「交通事故で死亡した」という情報が流れ、新聞記者らがその事実を確かめるべく栃錦ら一行が乗っている列車に駆けつけたが、その中に栃錦の姿が在ったため誤報と分かった。
  • 長谷川勝敏 - 1966年2月、全日空羽田沖墜落事故で墜落機に乗っていたとされ、長谷川も「死亡した」との情報が流れた。事故のニュースを聞いて佐渡ヶ嶽部屋では親方は顔面蒼白の状態だったが、実際には長谷川は墜落機に乗っておらず、長谷川本人が札幌から部屋に電話したため(長谷川は事故を知らなかった)、無事であることが分かった。
  • ディエゴ・マラドーナ - 2007年に腹痛で入院した際、死亡説が流布した。アルゼンチン政府までもが事実関係を調査するに至る大騒動に発展したが、間もなく生存が確認されている。
  • ペレ - 2014年3月28日、CNNの公式Twitter上で「ペレが74歳で死去した」と誤報し、直後に報道を取り消した(なお、ペレは2014年3月時点では73歳であり、年齢も不正確であった)[67]
  • ヨハン・クライフ - 2014年8月19日、オランダのデ・フォルクスクラント紙が「ヨハン・クライフが他界した」と報じ、後に試験中のウェブサイトのエラーと判明し、陳謝した[68]。この誤報から約1年半後の2016年3月24日に実際に死去した。

学者編集

実業家編集

  • 松下幸之助 - 1966年3月に、空売りグループが株価乱高下を狙って死亡説を流した。
  • 李健熙 - 2016年6月30日、SNS上で死亡説が流れ、サムスン関連株価が一時上昇する騒ぎになった。同様の噂は李が入院後の2年余の間に7〜8回起きているという[71]
  • ジャニー喜多川 - 2017年5月22日にマスコミの間で死亡の情報が流れたが、すぐに偽情報と判明した[72]。6月6日には本人が取材に応じ、その場で死亡説を一笑に付した[73]。また、2019年6月に病院に救急搬送された事を一部週刊誌やスポーツ紙が報じた際も電子掲示板まとめサイトを中心に死亡情報が拡散される事態となった[74][75]が、同年7月9日に実際に死去。
  • 渡邉恒雄 - 2018年11月16日に危篤・死亡説が流れたが[76]山口壽一讀賣巨人軍オーナーはこれを否定した[77]

文学者編集

  • フリードリヒ・フォン・シラー - 1805年2月、新聞に死亡記事が掲載された。実際には病臥中で、いったん回復したが3ヶ月後の5月9日に死去。
  • 野口雨情 - 新聞記者をしていた1908年9月、『読売新聞』に死亡記事が掲載される。これを読んだ石川啄木小樽の新聞社で同僚だった時期があった)は「悲しき思出(野口雨情君の北海道時代)」という回想文を書きかけたが、途中で誤報と判明したため中断した[78]
  • 志茂田景樹 - 本人によると、これまで何度か死亡説を流されたという[79]
  • 金子兜太 - 2018年2月19日、時事通信が「金子兜太さん死去」の記事を配信したが、1時間後に誤報だったと取り消した。金子は翌日の2月20日に実際に死去した[80]

その他の人物編集

動物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Jayaprakash Narayan、TIMEScontent。(病院の前に詰め掛けた民衆に対して「ナーラーヤンが死亡した」という発表を否定するチャンドラ・シェーカル(写真中央)。1979年3月22日、ボンベイにて撮影)(2012/03/07閲覧)
  2. ^ スティーヴン・パイル、中村保男(訳)『おかしなおかしな大記録』文藝春秋文春文庫)、1991年、201頁。ISBN 4-16-730916-5
  3. ^ 「田中元首相死亡説流れ、永田町一時騒然」『日本経済新聞』1985年5月9日付朝刊、2頁。
  4. ^ 「ヤマニ氏やはり大物、ジュネーブ滞在──相場動かした死亡説にケリ」『日本経済新聞』1985年9月12日付夕刊、2頁。
  5. ^ 池東旭『ソウルの日本語新聞は書く―見えなかった韓国』草思社、1988年、172-174頁。ISBN 4-7942-0322-5
  6. ^ 「鄧氏死亡説に揺れる 毒殺説も 新華社は強く否定」『日本経済新聞』1989年6月7日付朝刊、8頁。
  7. ^ 「中国 強硬派、指導部握る 鄧氏、厳戒軍を慰問 楊首席・李首相らを伴う」『日本経済新聞』1989年6月10日付朝刊、1頁。
  8. ^ 「チェチェン 反乱軍後継者は生存 TV登場『ロシアと戦闘継続』」『日本経済新聞』1996年5月2日付朝刊、6頁。
  9. ^ 「ポル・ポト氏 生存を確認」『日本経済新聞』1996年6月8日付朝刊、6頁。
  10. ^ 朝日新聞』1999年5月12日付朝刊「天声人語」。
  11. ^ 読売新聞』2001年1月13日付朝刊第15面。
  12. ^ a b c d e f g CNNサイト、人為的ミスでレーガン元大統領などの死亡記事を掲載、WIRED.jp(AP通信)、2003年4月18日。
  13. ^ マンデラ氏「死去」のデマがツイッターに、AFPBB News、2011年1月17日 12:44。
  14. ^ 金総書記死亡説で一時急落 韓国株式市場 - MSN産経ニュース
  15. ^ 藤本健二『金正日の料理人 間近で見た独裁者の素顔」扶桑社文庫、2008年、3-4頁。ISBN 978-4-594-05846-3
  16. ^ 「金正日死亡」情報の奇々怪々 - 有田芳生ブログ「有田芳生の『酔醒漫録』」
  17. ^ 江沢民の死亡説、中国の内部抗争に発展か - 鈴田孝史のブログ「株式投資と市場研究の兜町通信」
  18. ^ 江沢民前国家主席が死去 今後の日中関係にも影響か 産経新聞2011年7月7日
  19. ^ 中国、江沢民前国家主席の死去報道を「うわさ」と否定 ロイター2011年7月7日
  20. ^ サウジ国王、一時死亡説 外相が否定 - MSN産経ニュース
  21. ^ 北朝鮮の労働新聞、「李明博死亡」のうわさを報道 - 中央日報2012年03月12日
  22. ^ 田中真紀子氏 不出馬の理由は準備不足か 東スポweb 2014年11月22日(2017年6月30日閲覧)
  23. ^ 山田風太郎「人間臨終図巻」4巻P15、徳間文庫
  24. ^ 昭和偉人伝』(BS朝日2015年6月10日放送)
  25. ^ a b c 松山ひろし 『3本足のリカちゃん人形―真夜中の都市伝説』 イースト・プレス、2003年、169-173頁。
  26. ^ 【プレイバック芸能スキャンダル史】原付き事故でさまざまな死亡説が流れた堀江淳日刊ゲンダイ、2012年11月7日掲載。
  27. ^ 泉麻人ほか『懐かしのNHKこども番組コレクション』アスキー(現:アスキー・メディアワークス)、ISBN 4-7561-4578-7、2005年、98頁。
  28. ^ a b c d e f g h i 12 Infamous Celebrity Death Hoaxes - Womansday.com
  29. ^ TVガイド』1998年4.25~5.1号、136頁。
  30. ^ 騒ぐだけ損な話、INTERNET Watch、1998年11月12日。
  31. ^ 「つぶやきシローが死んだ」ネット上デマ氾濫、ZAKZAK、1999年12月7日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  32. ^ キッズ・ウォーNEWS
  33. ^ ブリトニー・スピアーズが交通事故で死亡!---?? - Beats21
  34. ^ 【イタすぎるセレブ達】ブリトニー・スピアーズ“死亡説”拡散に代理人「生きています」とコメント、Techinsight、2016年12月27日 12:52。
  35. ^ ブリトニー死亡説にファン騒然、AXN Japan、2016年12月28日 17:25。
  36. ^ ホイットニー麻薬常用で死亡説流れる日刊スポーツ、2001年9月15日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  37. ^ 2016年5月22日放送 笑点歌丸ラスト大喜利スペシャル 笑点50年分のウラ事件簿➀ 桂歌丸死亡事件 日本テレビ笑点HP
  38. ^ スポーツ報知「死去誤報」に村田英雄事務所社長、法的措置もSANSPO.COM、2002年6月8日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  39. ^ 元フリーのアンディ・フレイザー、“死亡説”を否定! - CDJournal
  40. ^ a b トム・クルーズ、死亡説は「でたらめ」 - asahi.com
  41. ^ a b c d e f g 人気者の証拠?悪質な死亡説に困惑するスターたち - eiga.com
  42. ^ マイリー・サイラスがトップレス写真で死亡説のデマを否定! Moviewalker 2014年7月24日
  43. ^ a b c d e カニエ・ウェスト死亡説に恋人が激怒 - @niftyニュース
  44. ^ ハリソン・フォード行方不明、ジェフ・ゴールドブラム死亡など悪質な噂が流布 - eiga.com
  45. ^ 「元気ですので御心配なく!」声優・古谷徹が死亡説を一蹴 - オリコンスタイル
  46. ^ あのジョニー大倉が激白! 仰天死亡説の真相からキャロル再結成の行方まで(前編) - 日刊サイゾー
  47. ^ RICK ASTLEYがネット上に流れていた死亡説を否定 - bounce.com
  48. ^ エマ・ワトソンさん事故死の偽情報 - MSN産経ニュース
  49. ^ No, Russell Crowe's Not Dead, Either - eonline
  50. ^ 【イタすぎるセレブ達】米CNNも激怒。俳優モーガン・フリーマンに死亡デマ。 - livedoorニュース
  51. ^ 「トゥルー・ロマンス」C・スレイター死亡説はデマ! - MSNエンタメ
  52. ^ a b アヴリル・ラヴィーンが事故死?Twitterを悪用したデマ・マーケティングが横行中”. 円と生活 365yen (2011年1月3日). 2014年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月11日閲覧。
  53. ^ 発信源はフィリピン男性 産経新聞 2012年2月28日
  54. ^ ジョージ・マイケルの訃報がネットに拡散…スポークスマンが死去を否定 MSNトピックス 2013年3月11日
  55. ^ 田代まさし2013現在!死去説と息子のバンド撃鉄の画像動画と嫁娘 ただならぬニュース 2013年5月10日
  56. ^ ジャッキー・チェンがネット死亡説を否定 「新しい映画の準備中で元気にしています」
  57. ^ 「ジャッキー・チェンが転落死」に騒然、怒りコメント「死んだら公式発表」―香港
  58. ^ ジャッキー・チェンはなぜ何度も死亡説が流れるのか
  59. ^ 業界を駆け巡った“田村正和死亡説” リアルライブ 2013年11月15日
  60. ^ 小島よしお、自身の死亡説に驚き ツイッターで否定 シネマトゥデイ 2014年1月25日
  61. ^ エド・はるみに「死亡説」浮上 「このままでは済ませません」と怒りの犯人探しをスタート:J-CASTニュース 2014年3月4日閲覧
  62. ^ Aprl.17.14 – RIP: CHEO Feliciano ホセ・フェリシアーノ公式サイト 2014年4月17日
  63. ^ マコーレー・カルキンは生きている!訃報デマに世界中が大騒ぎ Moviewalker 2014年11月10日
  64. ^ 【イタすぎるセレブ達】アヴリル・ラヴィーン、死亡・影武者説に初めて言及、Techinsight、2018年11月5日 11時45分。
  65. ^ 【イタすぎるセレブ達】アヴリル・ラヴィーンに奇妙な噂 「実は2003年に死去。今いるアヴリルは…」、 Techinsight、2017年5月15日 18時30分。
  66. ^ ISISに説教のリンジー・ローハン、歯抜けのデミ・ムーア、超大物に“死亡説”!!……2017セレブB級ニュース、サイゾーウーマン、2018年1月6日。
  67. ^ 「ペレ氏が死去」と誤報 米CNNがツイッターで 日本経済新聞 2014年3月29日
  68. ^ オランダ紙、同国英雄「ヨハン・クライフ氏が他界」の誤報で陳謝、フットボールチャンネル 2014年8月22日
  69. ^ 死の商人から平和の象徴へ、「ノーベル賞」創設秘話 AFPBB News 2010年10月4日
  70. ^ 武田芳一『熱い港-大正十年・川崎三菱大争議』(太陽出版、1979年)
  71. ^ 李健熙会長に一時死亡説…サムスングループ「事実ではない」、中央日報日本語版、2016年6月30日 16:18。
  72. ^ マスコミ騒然!ジャニー喜多川社長「偽死亡」情報 - 東スポWeb、2017年5月24日
  73. ^ ジャニー社長 死亡説笑い飛ばした「僕は死にませんよ、絶対に」、スポニチアネックス、2017年6月7日配信、2017年7月24日閲覧
  74. ^ まとめサイトが拡散した「ジャニーさん死亡説」 憶測の広がり、事務所の容体発表まで”. BuzzFeed News(2019年7月1日作成). 2019年7月1日閲覧。
  75. ^ 「ジャニー喜多川社長が死去」スレッドは「誤報によるもの」 掲示板「ガールズちゃんねる」謝罪”. J-CASTニュース(2019年7月1日作成). 2019年7月1日閲覧。
  76. ^ 読売新聞のナベツネ主筆「死亡説」流れてマスコミ大あわて、SmartFLASH、2018年11月28日。(週刊FLASH 2018年12月11日号)
  77. ^ 「回復に向かっていると聞いている」 巨人・山口オーナーが長嶋氏の近況を説明 容体不安説の渡辺主筆も「先週会社に来た」、産経ニュース、2018年11月28日 23:55。
  78. ^ 『悲しき思出(野口雨情君の北海道時代)』:新字旧仮名 - 青空文庫
  79. ^ kagekinekoのツイート(35631343626878976)
  80. ^ 時事通信、「金子兜太さん死去」と誤った記事配信 YOMIURI ONLINE:カルチャー2018年2月19日 2019年2月21日閲覧 リンク切れ。
  81. ^ 都市伝説 その2 - 高橋名人公式ブログ「16連射のつぶやき」
  82. ^ 吉田昌郎さんは健在です - 青山繁晴の道すがらエッセイ、2012年3月18日
  83. ^ ロイター通信、ソロス氏訃報を誤配信 MSN産経ニュース、2013年4月19日
  84. ^ ソフトバンクのお父さん犬「カイくん死亡説」がネット上で拡散中! ソフトバンクに真実を聞いてみた

関連項目編集