メインメニューを開く

音楽に関する世界一の一覧

売り上げ編集

アーティストの売り上げ編集

アーティスト アーティストの世界一 売上枚数 備考
  ビートルズ 世界で最も売れた(男性)音楽グループ 6億枚
[注釈 1]
ギネス認定[1][2][注釈 2]
  エルヴィス・プレスリー 世界で最も売れたソロポップシンガー 6億枚
[注釈 3]
ギネス認定[3][2]
1日で売り上げたレコード枚数が世界一のアーティスト プレスリーが死亡した翌日に世界中で2000万枚売れた
  マイケル・ジャクソン 世界で最も売れたR&B(男性)アーティスト 3億~3.5億枚[4]
[注釈 4]
  マドンナ 世界で最も売れた女性(ソロ)アーティスト 3億3500万枚[注釈 5] ギネス認定[2]
  エルトン・ジョン 世界で最も売れたピアノマン 3億枚
  レッド・ツェッペリン 世界で最も売れたハードロックバンド
  フリオ・イグレシアス 世界で最も売れたラテンシンガー ギネス認定[5][注釈 6]
  ヘルベルト・フォン・カラヤン 世界で最も売れた指揮者 2億5000万枚
  アーラ・プガチョワ 世界で最も売れたロシアン・ポップス歌手
  ボブ・マーリー 世界で最も売れたレゲエ歌手
  メタリカ 世界で最も売れたヘヴィメタルバンド 2億枚
  クイーン 世界で最も売れたオペラロックバンド 1億7000万〜3億枚
  ABBA 世界で最も売れた男女混合グループ 1億~2億枚
  ホイットニー・ヒューストン 世界で最も売れたR&B(女性)アーティスト 1億7000万枚
  ガース・ブルックス 世界で最も売れたカントリー歌手 1億5000万枚 ギネス認定[5][注釈 7]
  ミレイユ・マチュー 世界で最も売れたシャンソン歌手 1億2000万枚
  ルチアーノ・パヴァロッティ 世界で最も売れたクラシックボーカリスト 1億枚
  ケニー・G 世界で最も売れたジャズ奏者 ギネス認定[6][注釈 8]
  エミネム 世界で最も売れたヒップホップ歌手 8600万枚
  B'z 世界で最も売れたJ-POP歌手 8000万枚
  ゴリラズ 世界で最も売れたバーチャルバンド 1500万枚 ギネス認定[7]
  フェイ・ウォン 世界で最も売れた広東語香港ポップス)歌手 約970万枚 売上枚数は2000年3月時点でのアルバムの総売上。
ギネス認定[8]
  マルキット・シン英語版 世界で最も売れたソロのバングラ歌手 490万枚以上 ギネス認定[9]
  ハレド 世界で最も売れたライ歌手 300万枚以上 ギネス認定[9]
  マーク・アンソニー 世界で最も売れたトロピカル・サルサ歌手 ギネス認定[9]

アルバムの売り上げ編集

アーティスト アルバム アルバムの世界一 売上枚数 備考
  マイケル・ジャクソン スリラー 世界で最も売れたアルバム 6600万枚 ギネス認定[10][11]
  ホイットニー・ヒューストン 「ボディガード」オリジナル・サウンドトラック英語版 世界で最も売れたサウンドトラック 4400万枚 ギネス認定[12]
  イーグルス グレイテスト・ヒッツ 1971-1975 世界で最も売れたベスト・アルバム 4100万枚
  シャナイア・トゥエイン カム・オン・オーヴァー英語版 世界で最も売れたカントリー・アルバム 4000万枚 ギネス認定[5][注釈 9]
世界で最も売れた女性ソロアーティストのアルバム ギネス認定[13]
  ピンク・フロイド ザ・ウォール 世界で最も売れた2枚組アルバム 3000万枚
  ブリトニー・スピアーズ ベイビー・ワン・モア・タイム 世界で最も売れたティーンエイジャーのソロ・アルバム 3000万枚 ギネス認定[14][注釈 10]
  サンタナ スーパーナチュラル 世界で最も売れたラテン・ミュージシャンのアルバム 3000万枚 ギネス認定[15][注釈 11]
  エリック・クラプトン アンプラグド〜アコースティック・クラプトン 世界で最も売れたライブ・アルバム 2600万枚(推定) ギネス認定[16]
  ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ レジェンド英語版 世界で最も売れたレゲエ・アルバム 2500万枚 ギネス認定[5][注釈 12]
ライオン・キング/オリジナルサウンドトラック 世界で最も売れたアニメーションのサウンドトラック 1500万枚 ギネス認定[17]
主題歌など他数曲エルトンジョン作曲。
  ケニー・G ブレスレス 世界で最も売れたジャズ・アルバム 1400万枚 ギネス認定[6]
  ルチアーノ・パヴァロッティ
  プラシド・ドミンゴ
  ホセ・カレーラス
3大テノール 世紀の競演英語版 世界で最も売れたクラシック・アルバム 1050万枚以上 ギネス認定[18]
  ノトーリアス・B.I.G. ライフ・アフター・デス 世界で最も売れたギャングスタ・ラップ・アルバム 米国1000万枚以上 ギネス認定[19]
  ディクシー・チックス ワイド・オープン・スペーシズ英語版 世界で最も売れたカントリー・グループのアルバム 1000万枚 ギネス認定[15]
  ジャミロクワイ トラベリング・ウィズアウト・ムービング〜ジャミロクワイと旅に出よう〜英語版 世界で最も売れたファンク・アルバム 700万枚 ギネス認定[20]
  ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 世界で最も売れたソン・アルバム 400万枚以上 ギネス認定[5]
  ファットボーイ・スリム ロングウェイ・ベイビー!!英語版 世界で最も売れたビッグ・ビート・アルバム 300万枚以上 ギネス認定[21]
  ロニ・サイズ・レプラゼント ニュー・フォームズ英語版 世界で最も売れたドラムンベース・アルバム 76万枚以上 ギネス認定[22]
  ピート・トン英語版
  ボーイ・ジョージ
ジ・アニュアルII英語版 世界で最も売れたクラブ・ダンスのコンピレーション・アルバム 61万枚以上 ミニストリー・オブ・サウンドの企画アルバム。
ギネス認定[21]
Now That's What I Call Music! 世界で最も売れたヒット曲集アルバムのシリーズ シリーズ累計
2億枚以上
ギネス認定[23]
  ビートルズ ザ・ビートルズ1 世界で最も速く売れたアルバム 発売日に360万枚
発売1か月で1350万枚
ギネス認定[11]
  ジョン・F・ケネディ A Memorial Album ポップス以外で最も早く売れたLP 1963年12月7日〜12日の6日間で400万枚 ギネス認定[24]
  アデル 25英語版 1か国で最も速く売れたアルバム アメリカで発売1週目に337万8000枚[注釈 13] ギネス認定[11]
  エミネム ザ・マーシャル・マザーズ・LP 世界一早く売れたラップアルバム アメリカで発売1週目に176万枚 ギネス認定[25]
  マドンナ MDNA 世界で最も発売後の初週から2週目にかけての売り上げが落ちたアルバム 88%下落。
  アデル 25英語版 iTunesにて最速で売れたアルバム アメリカで初日に90万ユニット以上[26] ギネス認定[27]

シングル・デジタルトラックの売り上げ編集

アーティスト シングル シングルの世界一 売上枚数 備考
  ビング・クロスビー ホワイト・クリスマス 売上世界一のシングル 5000万枚(推定)[注釈 14] ギネス認定[28][11]
  エルトン・ジョン キャンドル・イン・ザ・ウインド 〜ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ 1950年代以後で売上世界一のシングル 3300万枚 ギネス認定[11]
  エド・シーラン シェイプ・オブ・ユー英語版 売上世界一のデジタルシングル 2600万ダウンロード(推定) ギネス認定[29]
  ビル・ヘイリー・アンド・ヒズ・コメッツ ロック・アラウンド・ザ・クロック グループユニット売上世界一のシングル 2500万枚(推定) ギネス認定[30]
  ドメニコ・モドゥーニョ ヴォラーレ 売上世界一のカンツォーネのシングル
  リアン・ライムス ハウ・ドゥ・アイ・リヴ 売上世界一のカントリー・ミュージックのシングル 全米300万枚以上 ギネス認定[8]
  ミーコ英語版 スター・ウォーズのテーマ/酒場のバンド英語版 売上世界一のインスト音楽のシングル 200万枚以上 ギネス認定[31]
    ワン・ダイレクション Fireproof 24時間で最もダウンロードされた曲 108万9278ダウンロード 2014年9月8日に24時間限定で無料配信された際の記録[32]

チャートイン記録編集

アーティスト シングル・アルバム チャートの世界一 備考
  マドンナ コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア 世界で最も多くのヒット・チャートで1位を獲得したアルバム。
世界40か国のチャートで1位を獲得。
ギネス認定[33]
  レディー・ガガ ザ・フェイム 1枚のアルバムからのシングルが最も長くチャートインしたアルバム。
全英チャートで154週。
  ボブ・ディラン 世界で最も長期にわたりチャート1位のスタジオ録音アルバムを制作したアーティスト。
全英チャート1位の最古と最新の作品とで録音時期に44年1か月の差がある。
ギネス認定[34]
  マライア・キャリー アイ・ウォナ・ノウ シングルチャート1位世界最長記録を持つ楽曲。
ブラジルビルボードチャートで27週間1位を記録。
ギネス認定[10]
  KinKi Kids 世界で最もデビュー曲からのシングルチャート初登場連続1位記録を持つアーティスト。
日本のオリコンチャートにおいてデビュー曲から32作連続1位。
ギネス認定[35]
  テイラー・スウィフト 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない 世界最速でiTunesで1位を獲得した楽曲。
最短50分。
また、発売1週目に62.3万ユニットを売り上げる。
ギネス認定[36]

曲数・アルバム数編集

曲長編集

  S.O.B  BBQ CHICKENSの楽曲にも1秒のものがある。
一説には  ジョン・ケージの「0分00秒」(メロディが存在しない)で題目通りの演奏例が  ドイツのデッテンハウゼンであった。

速度編集

  •   モービーの「thousand」 - 世界最速の曲。1,000BPM。
  • エクストラトーン - 世界最速の曲が存在する楽曲ジャンル。ある動画サイトには個人的に作ったものと思われる最大180000BPMという凄まじいスピードを誇る曲がアップされている。
  •   チアゴ・デラ・ヴェガ -世界最速のギタリスト。ヘヴィメタルバンド、バーニング・イン・ヘルの元メンバー。1秒間に38音、レガートなしでフルピッキングで発音。
  •   リッキー・ブラウン英語版 - 世界最速のラッパー。2005年1月15日に「ノー・クルー」という曲で、51.27秒の間に723節をラップで歌った。ギネス認定[45][46]
  •   Risky(島崎和歌子)の「My life is...」 - 世界最短でCDリリース。ジャケット撮影からレコーディング・CD完成までの時間が4時間28分。ギネス認定[47]

歌唱能力編集

演奏編集

ミュージックビデオ編集

YouTube編集

  •   - Tシリーズ英語版 - YouTubeで最も視聴されたエンタテインメントのチャンネル。179億3302万9645回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   ジャスティン・ビーバー VEVO - YouTubeで最も視聴された男性ミュージシャンのチャンネル。151億1643万1053回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   ケイティ・ペリー VEVO - YouTubeで最も視聴された女性ミュージシャンのチャンネル。118億1604万9727回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   GMMグラミーオフィシャル - YouTubeで最も視聴された音楽メディアのチャンネル。96億9994万3749回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   マルーン5 VEVO - YouTubeで最も視聴されたグループユニットのチャンネル。90億3597万802回(2018年4月24日現在)。ギネス認定[64]
  •   Trap Nation - YouTubeで最も視聴された音楽コミュニティのチャンネル。46億931万4422回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   Beats by Dre - YouTubeで最も視聴された音楽ブランドのチャンネル。2億6003万7674回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •     ワン・ダイレクション - YouTubeのチャンネル登録者が最も多いバンド。1984万2367人(2016年4月11日現在)。ギネス認定[65]
  •   ジャスティン・ビーバー VEVO - YouTubeのチャンネル登録者が最も多い男性ミュージシャン。3459万4144人(2018年4月24日現在)。ギネス認定[64]
  •   テイラー・スウィフト VEVO - YouTubeのチャンネル登録者が最も多い女性ミュージシャン。2850万6973人(2018年4月24日現在)。ギネス認定[64]
  •   ルイス・フォンシ英語版 featuring ダディー・ヤンキーの「デスパシート」 - YouTubeで最も再生されたミュージックビデオ。60億回(2019年2月24日時点)[66]
  •   Plus Lots More Nursery Rhymes、リトル・ベイビー・バム英語版の「ホイールズ・オン・ザ・バス英語版」 - YouTubeで最も再生された子供向けミュージックビデオ。18億6985万4000回(2017年5月11日現在)。ギネス認定[63]
  •   ガンズ・アンド・ローゼズの「ノーヴェンバー・レイン英語版」 - YouTubeで最も再生された1990年代発表のミュージックビデオ。12億回以上[67]
  •   クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」 - YouTubeで最も再生された1990年以前に作成されたミュージックビデオ。2019年7月22日に10億回突破[68]
  •   ガンズ・アンド・ローゼズの「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」 - YouTubeで最も再生された1980年代発表のミュージックビデオ。10億回以上[67]
  •   防弾少年団の『Boy With Luv』 - YouTubeで最速で1億回再生を達成したミュージックビデオ。1日[69]
  •   防弾少年団の『Boy With Luv』 - YouTubeで24時間に最も再生されたミュージックビデオ。7460万回[69]。ギネス認定[70]
  •   アデルの『Hello』 - YouTubeで最速で10億回再生を達成したミュージックビデオ。88日[71]。ギネス認定[72]

ストリーミング編集

編集

最年少・最高齢編集

キャリア編集

プロデュース編集

  •   ジョージ・マーティン - 最も成功した音楽プロデューサー。ギネス認定[1]
  •   ショーン・コムズ - 最も成功したラップのプロデューサー。1997年にプロデュース作品のシングル4枚が計36週にわたり全米ラップチャートで1位となった。ギネス認定[19]
  •   ジャニー喜多川
    • 最も多くのコンサートをプロデュースした人物。2000年〜2010年に8419回。ギネス認定[89][90]
    • 最も多くのチャート1位シングルをプロデュースした人物。1974年〜2010年に日本のオリコンチャートにおいて232曲。ギネス認定[89][90]
    • 最も多くのチャート1位アーティストを生み出したプロデューサー。日本のオリコンチャートにおいて35組。ギネス認定[90]

報酬編集

  •   ドクター・ドレー - 1年で最も稼いだミュージシャン。2014年6月までの1年間の収入が『フォーブス』誌の推定で6億2000万ドル[注釈 21]。ギネス認定[91]
  •   テイラー・スウィフト - 1年で最も稼いだ女性ミュージシャン。2016年6月1日までの1年間の収入が『フォーブス』誌の推定で1億7000万ドル。ギネス認定[44]
  •   カルヴィン・ハリス - 1年で最も稼いだDJ。2015年6月までの1年間の収入が『フォーブス』誌の推定で6600万ドル。ギネス認定[27]
  •   マライア・キャリー - 一瞬で得られた報酬世界一の歌手。レーベルとの契約打ち切り時に2,800万ドル(30億8,000万円)を受け取った。ギネス認定[45]

媒体編集

その他編集

参考文献編集

  • 『ギネスブック'94(日本語版)』ピーター・マシューズ(編)、騎虎書房、1993年。ISBN 4-88693-272-X
  • 『ギネスブック'96(日本語版)』ピーター・マシューズ(編)、騎虎書房、1995年。ISBN 4-88693-604-0
  • 『ギネスブック2000(日本語版)』イアン・カステロ=コルテス(編)、騎虎書房、1999年。ISBN 4-87771-508-8
  • 『ギネスブック2001(日本語版)』ティム・フットマン(編)、騎虎書房、2001年。ISBN 4-87771-510-X
  • 『ギネスワールドレコーズ2002(日本語版)』イアン・カステロ=コルテス(編)、騎虎書房、2002年。ISBN 4-87771-511-8
  • 『ギネス世界記録2007(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、ポプラ社、2006年。ISBN 978-4-591-09476-1
  • 『ギネス世界記録2010(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、ゴマブックス、2009年。ISBN 978-4-7771-1529-7
  • 『ギネス世界記録2011(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川マガジンズ、2010年。ISBN 978-4-04-895407-5
  • 『ギネス世界記録2012(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川マガジンズ、2011年。ISBN 978-4-04-895439-6
  • 『ギネス世界記録2013(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川マガジンズ、2012年。ISBN 978-4-04-895467-9
  • 『ギネス世界記録2014(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川マガジンズ、2013年。ISBN 978-4-04-731884-7
  • 『ギネス世界記録2015(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2014年。ISBN 978-4-04-899601-3
  • 『ギネス世界記録2016(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2015年。ISBN 978-4-04-899603-7
  • 『ギネス世界記録2017(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2016年。ISBN 978-4-04-899606-8
  • 『ギネス世界記録2018(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2017年。ISBN 978-4-04-899609-9
  • 『ギネス世界記録2019(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2018年。ISBN 978-4-04-911007-4
  • 『ギネス世界記録2020(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2019年。ISBN 978-4-04-911033-3

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『ギネス世界記録』には10億枚と記載。
  2. ^ メンバーのポール・マッカートニーの売上は1億枚。
  3. ^ 『ギネス世界記録』には10億枚と記載。
  4. ^ 妹のジャネット・ジャクソンの売上は1億枚。
  5. ^ デジタル・ダウンロードでの売り上げを含む。
  6. ^ 累計2億枚の時点で認定。
  7. ^ 累計9200万枚の時点で認定。
  8. ^ 累計5500万枚(推定)の時点で認定。
  9. ^ 北米1700万枚の時点で認定。
  10. ^ 北米1200万枚の時点で認定。
  11. ^ 米国1400万枚以上の時点で認定。
  12. ^ 英国180万枚、米国1000万枚以上の時点で認定。
  13. ^ ニールセン・ミュージック調べ。
  14. ^ 収録されたアルバムの売上を含めると1億枚。
  15. ^ 観客数には真夜中の打ち上げ花火を目当てに来た客も含まれるとされる。
  16. ^ 2015年6月26日6月28日ウィーンにて開催。
  17. ^ 90万本あまりの時点で認定。
  18. ^ 1999年の受賞歴は未記載のため、alink-argerich財団に55回載っている。しかも、この受賞歴にはホームタウンディシジョンを一切含んでいない。
  19. ^ 1999年のデビュー60周年時点で認定。
  20. ^ 2000年のアルバム発売時点で認定。
  21. ^ 但し、その収入の多くはビーツ・エレクトロニクスアップルへ売却した際に生じた売却益である。それまでの記録は、マイケル・ジャクソンが1989年に記録した年収1億2500万ドルであった。

出典編集

  1. ^ a b 『ギネスブック2000』120頁。
  2. ^ a b c d e f 『ギネス世界記録2019』187頁。
  3. ^ 『ギネス世界記録2016』186頁。
  4. ^ 25 Top Selling Music Artists Of All Time”. 2014年11月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 『ギネスブック2001』106頁。
  6. ^ a b 『ギネスブック2001』109頁。
  7. ^ a b c d 『ギネス世界記録2007』170頁。
  8. ^ a b 『ギネスワールドレコーズ2002』156頁。
  9. ^ a b c d 『ギネスブック2001』107頁。
  10. ^ a b 『ギネス世界記録2018』179頁。
  11. ^ a b c d e f g h i 『ギネス世界記録2019』186頁。
  12. ^ 『ギネス世界記録2013』236頁。
  13. ^ a b 『ギネス世界記録2016』185頁。
  14. ^ 『ギネスブック2001』103頁。
  15. ^ a b 『ギネスワールドレコーズ2002』157頁。
  16. ^ a b 『ギネス世界記録2020』197頁。
  17. ^ 『ギネス世界記録2014』206頁。
  18. ^ a b c d e 『ギネスブック2001』108頁。
  19. ^ a b c 『ギネスブック2001』104頁。
  20. ^ a b 『ギネスワールドレコーズ2002』162頁。
  21. ^ a b 『ギネスブック2001』102頁。
  22. ^ 『ギネスブック2001』101頁。
  23. ^ 『ギネス世界記録2012』272頁。
  24. ^ a b 『ギネスブック'96』258頁。
  25. ^ a b 『ギネスワールドレコーズ2002』163頁。
  26. ^ アデル新作『25』、アメリカで前人未到の初動セールス300万枚を突破、bmr、2015年11月27日 20:44。
  27. ^ a b c 『ギネス世界記録2017』178頁。
  28. ^ 『ギネス世界記録2015』166頁。
  29. ^ a b c ジャスティン・ビーバー、“Despacito”でストリーミング再生回数のギネス新記録を樹立、NME JAPAN、2018年8月23日。
  30. ^ 『ギネス世界記録2010』29頁。
  31. ^ 『ギネス世界記録2018』175頁。
  32. ^ 「ワン・ダイレクション」の新曲「Fireproof」が24時間で最もダウンロードされた曲として新記録樹立、TVグルーヴ、2014年9月12日。
  33. ^ 『ギネス世界記録2013』237頁。
  34. ^ 『ギネス世界記録2011』203頁。
  35. ^ 『ギネス世界記録2013』13頁。
  36. ^ a b 『ギネス世界記録2014』210頁。
  37. ^ a b 『ギネスブック'96』248頁。
  38. ^ a b 『ギネスブック2000』126頁。
  39. ^ a b c 『ギネス世界記録2020』196頁。
  40. ^ a b c 『ギネス世界記録2019』198頁。
  41. ^ 『ギネスブック'96』253-254頁。
  42. ^ https://www.joysound.com/web/search/song/253242
  43. ^ ピコ太郎さん、ギネス認定 外国特派員協会で会見, 共同通信, 2016/10/28 19:30
  44. ^ a b 『ギネス世界記録2018』177頁。
  45. ^ a b c d 日経エンタテインメント!2007年11月号日経BP社
  46. ^ 『ギネス世界記録2007』168頁。
  47. ^ 辻希美、劇団ひとり...... ギネスに認定された珍記録を持つ芸能人5名、tocana、2015年6月22日 15:00。
  48. ^ Guinness World Records 2005: Special 50th Anniversary Edition (2005). pg. 196. UK: Guinness Publishing Ltd.
  49. ^ 『ギネスブック'94』273頁。
  50. ^ 『ギネス世界記録2013』235頁。
  51. ^ 『ギネス世界記録2016』184頁。
  52. ^ 『ギネス世界記録2016』187頁。
  53. ^ 『ギネス世界記録2018』181頁
  54. ^ スーパーVIPを超える待遇に愕然。アイスランドの音楽フェスが世界で最も高価なチケットを100万ドルで発表、All Digital Music、2016年4月10日。
  55. ^ a b c d e f g h i 『ギネス世界記録2018』176頁。
  56. ^ レディー・ガガ、ハーフタイム・ショウでの体型に対する批判に反論、NME JAPAN、2017年2月9日。
  57. ^ a b c 『ギネス世界記録2014』212頁。
  58. ^ 『ギネス世界記録2017』180頁。
  59. ^ a b c 『ギネス世界記録2015』169頁。
  60. ^ 『ギネスブック2001』99頁。
  61. ^ 『ギネス世界記録2007』169頁。
  62. ^ アデル、ミュージックビデオ再生回数で新記録、MTV JAPAN、2015年10月26日。
  63. ^ a b c d e f g h i j k 『ギネス世界記録2018』178頁。
  64. ^ a b c 『ギネス世界記録2019』196頁。
  65. ^ 『ギネス世界記録2017』188頁。
  66. ^ “Despacito”、ミュージック・ビデオの再生回数がYouTubeで60億回を突破したことが明らかに、NME JAPAN、2019年2月26日。
  67. ^ a b ガンズ・アンド・ローゼズの「Sweet Child O' Mine」、80年代のMVで初の視聴回数10億突破、BARKS、2019年10月16日 13:10。
  68. ^ 「ボヘミアン・ラプソディ」、ユーチューブで再生回数10億回突破、ロイター、2019年7月23日 12:21。
  69. ^ a b BTS(防弾少年団)の新曲、YouTubeで新記録--公開後24時間の再生回数で、CNET Japan、2019年4月16日 11時24分。
  70. ^ 『ギネス世界記録2020』207頁。
  71. ^ アデル新曲MV、史上最速で再生10億回突破、AFPBB News、2016年01月20日 9:11。
  72. ^ 『ギネス世界記録2017』179頁。
  73. ^ クイーンのあの曲、ネット再生16億回 20世紀で1位、朝日新聞デジタル、2018年12月13日0時24分。
  74. ^ エド・シーラン、「シェイプ・オブ・ユー」がSpotifyで初の20億再生を突破、Rolling Stone Japan、2018年12月12日 18時0分。
  75. ^ a b 『ギネス世界記録2020』194頁。
  76. ^ ドレイクの『スコーピオン』、グローバル・ストリーミング再生回数が1週間で10億回突破した初のアルバムに、Billboard Japan、2018年7月9日。
  77. ^ a b 『ギネス世界記録2020』195頁。
  78. ^ アリアナ・グランデ、リトル・ミックスを批判したテレビ司会者のピアーズ・モーガンに反論、NME JAPAN、2018年11月22日。
  79. ^ ビヨンセ、6部門でのグラミー賞を獲得、BARKS、2010年2月2日 19時10分。
  80. ^ a b 『ギネス世界記録2019』184頁。
  81. ^ Lynch, Joe (2018年12月7日). “Grammys 2019 Nominees: The Complete List”. Billboard. 2018年12月8日閲覧。
  82. ^ 『ギネス世界記録2019』185頁。
  83. ^ ゴールデン・シニア・トリオが世界最高齢の記録、産経WEST、2015年7月5日 19:18更新。
  84. ^ 『ギネス世界記録2013』84頁。
  85. ^ alink-argerich財団調べ。
  86. ^ 『ギネス世界記録2007』171頁。
  87. ^ 『ギネス世界記録2018』68頁。
  88. ^ a b 『ギネスブック2000』127頁。
  89. ^ a b 『ギネス世界記録2012』4頁、230頁。
  90. ^ a b c 『ギネス世界記録2016』J-02頁。
  91. ^ 『ギネス世界記録2016』186-187頁。
  92. ^ a b 『ギネスブック'96』255頁。
  93. ^ a b 世界一小さいレコード 大きいレコード 本田 悦久 (川上 博)、ミュージック・ペンクラブ-2009年7月号
  94. ^ 『ギネスブック'96』247頁。
  95. ^ NME.COM / IPC Media (2011年10月3日). “「音楽史上最も憶えやすいキャッチーな曲」にクィーンの“伝説のチャンピオン”が認定”. RO69. ロッキング・オン. 2013年9月8日閲覧。
  96. ^ We Are The Champions voted catchiest pop song of all time... by scientists” (英語). Daily Mail (2011年9月29日). 2013年9月8日閲覧。
  97. ^ 科学的に最もハッピーになれる楽曲はQueenのあの名曲だった!?@DIME 2/22(金) 18:30配信
  98. ^ 『ギネス世界記録2014』J-01頁。
  99. ^ 『ギネス世界記録2012』230頁。
  100. ^ ウータン・クランの世界で1枚ぽっきりの作品を悪名高い医療投資家が獲得、RO69、2015年12月12日。
  101. ^ 『ギネス世界記録2017』181頁。
  102. ^ 「Get Wild」36曲集がギネス記録に、ORICON NEWS、2018年3月10日 20:04。

関連項目編集