高橋克実

日本の俳優

高橋 克実(たかはし かつみ、1961年4月1日 - )は、日本俳優タレント声優司会者新潟県三条市出身[1]シス・カンパニー所属。愛称は「カッツミー」。

たかはし かつみ
高橋 克実
生年月日 (1961-04-01) 1961年4月1日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 新潟県三条市
身長 175 cm
血液型 A型
職業 俳優タレント声優司会者
ジャンル テレビドラマ映画舞台バラエティ番組情報番組
活動期間 1987年 -
活動内容 1987年:劇団離風霊船入団
配偶者 兎本有紀1995年 - 1999年
一般人女性(2011年 - )
事務所 シス・カンパニー
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ショムニ』シリーズ
相棒』シリーズ
33分探偵
フルスイング
特上カバチ!!
龍馬伝
ドン★キホーテ
梅ちゃん先生
スーパーサラリーマン左江内氏
オールドルーキー
映画
星になった少年
フラガール
謝罪の王様
向田理髪店
バラエティ番組
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
爆笑レッドカーペット
情報番組
直撃LIVE グッディ!
テンプレートを表示

略歴編集

人物編集

嗜好・交友関係編集

学生時代編集

子供の頃は、東三条駅近くの商店街で日用雑貨店を営む父、専業主婦の母、妹と暮らしていた[3]。両親が映画好きで、特に陽気な性格で落語などの芸事好きだった父には時々映画に連れて行ってもらった[注 2]。ちなみに幼稚園の頃、地元の信用金庫のCMに家族で出演したことがある[3]。子供の頃からテレビっ子で目立ちたがり屋な性格で、特にドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)が大好きだった[3]。小学4年生の頃から東京に強い憧れを持ち始める[注 3]

中学生の頃は野球部に所属していたが、レギュラーにはなれなかった。3年生の頃、低身長(当時142cm)であることにコンプレックスを抱いていた[3]。後日人づてに“バスケをやれば背が伸びるらしい”という話を聞いたことから、高校進学後に籠球(ろうきゅう)部に入部[3]。その後実際に身長が伸びたことでコンプレックスから開放された。高校では女子にモテたい一心から、バスケと並行してフォークソング同好会にも所属した[注 4]

上京後の生活、俳優の道へ編集

その後進路を考える時期に“上京すること”を第一に考えて、父親に「東京の大学に進学したいから予備校に行かせてほしい」と頼み込んだ[3]。何とか許可をもらい、上京後は東松原駅(京王井の頭線)の予備校の寮で暮らし始めた[3]。しかし ほどなくして東京各地を散策したり、映画館通いに夢中になる余り予備校に通わなくなる[3]

欠席が続いたため寮を出ざるを得なくなり、これを知った父親に怒られて勘当同然となり仕送りも止められた[3]。風呂なしの安アパートに転居し[3]原宿セントラルアパートの1階にあった飲食店でのバイトなどをして生活費を稼いだ[3]。同時期に映画に憧れて出てみたいとの思いから俳優を目指し始めた[注 5]。その後妹が東京での就職が決まり(時期は不明)、父親から「娘が心配だから一緒に暮らしてやれ」と言われて勘当が解かれ、風呂ありのアパートに引っ越して妹との同居生活を送った[3]

20代前半で様々なエキストラのオーディションに落ち続けると、同じように落選が続く若者たちと顔見知りとなった[2]。彼らと今後について話し合った[注 6]結果、後日新宿の小劇場「タイニイアリス」で初舞台(作品名は不明)を踏む。その時の仲間のつてで、26歳の頃に劇団離風霊船に入団することとなった[3]

しかしその後も中々芽が出ず、翌年「次の作品を最後に新潟の実家に帰ろう」と役者を諦めかけた[2]。そして最後のつもりで、劇団主宰・大橋泰彦の作・演出作品『ゴジラ』に出演[2]。すると同作品で大橋が、新人劇作家の登竜門と言われる岸田國士戯曲賞を受賞[注 7]。これに加え1980年代に起こった小劇場ブームも相まって高橋も色々な公演に呼ばれるようになり、役者を続けることを決めた[2]

婚姻について編集

  • 2001年1月15日にゲスト出演した関西テレビ快傑えみちゃんねる』において、妻(女優・兎本有紀[注 8])と離婚して1年ほど経ったことを明かしている。
  • 2004年12月に、日本国外でのロケに出かけている際に自宅に泥棒が入り、パソコンなどが被害に遭った。同時に妻と離婚していたことも報道されている。前妻とは別れてはいるが仲は悪くなく、前述の盗難被害の際には高橋が海外ロケをしている最中だったことから、当人の代理として警察に盗難の被害届を出したという。
  • 2011年2月16日、かねてより交際が報道されていた当時35歳の一般人女性と同年1月に再婚したことを事務所を通じ、FAXで報告した[8]
  • 2012年4月9日、夫人が妊娠4ヶ月目に入り、同年10月に出産予定であることを所属事務所を通じて発表、51歳にして初めて子を持つことを明らかにした[9]
  • 2012年9月26日前日午後1時47分に長男が誕生したことを事務所の公式サイトで発表し、その際に「髪の毛も生えています」とのコメントを添えた[10]
  • 2015年6月19日に放送された、自ら司会を務める情報番組『直撃LIVE グッディ!』内で、5月に第2子となる女児が誕生していたことを明らかにした[11]

その他編集

  • 下積み生活が長く『ショムニ』に出演する38歳までアルバイトで生計を立てていたという苦労人[1]。バイトを辞めた後実際に役者業だけて(食費などを切り詰めずに)生活できるようになったのは、40歳を過ぎてから[3]
  • 神奈川県相模原市のアパートに住んでいた頃はビニール本配達の仕事を月収3万でしていた。他にラブホテルの車庫入れ係、ディスコ黒服、レンタルビデオ店の店長など、数々のアルバイトを経験しているが、中でも最も長く続けたのは、野立て看板を立てる仕事であった[12]
  • 2010年2月27日放送の『トリビアの泉』の特番にて高橋が自らトリビアを投稿し、自身が『ピタゴラ装置』のギネス世界記録を持っていることを明かした。しかし、確認VTRにおいて高橋は実際はギネス記録に挑戦していたグループの現場にたまたま居合わせただけだったことが発覚した。
  • 劇団離風霊船時代に、劇団遊眠社出身の田山涼成に出会ったことが縁で、その後彼の所属事務所(シス・カンパニー)への所属が決まった[2]
  • 初主演映画『向田理髪店』の監督・森岡利行とは、劇団離風霊船で一緒に芝居をしていた[2]

出演編集

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

映画編集

舞台編集

劇場アニメ編集

テレビアニメ編集

吹き替え編集

テレビ(バラエティ)編集

ナレーション編集

ラジオ編集

CM編集

CD編集

テレビ(その他)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 特にデビュー前の映画で見ていた成田三樹夫原田芳雄などに会った(または共演した)時はとても感激したという[2]
  2. ^ 高橋によると「父親は長門裕之さん系の彫りの深い顔で、稼業を継ぐ前は俳優に憧れていたみたいです」と回想している[2]
  3. ^ 当時叔父が東京の中野で暮らしており、4年生の頃に泊まりがけで遊びに行き、叔父の車で夜の街をドライブして感動したことがきっかけ[3]
  4. ^ ちなみに2年生の文化祭では、なぜかフォークではなくKISS(アメリカのロックバンド)の曲を披露した[3]
  5. ^ 後日このことを父親に報告すると、「お前が役者になれるんだったら、(若い頃に)俺がとっくになってるわ!」と猛反対された[2]
  6. ^ 話し合いでは、「オーディションに受かる役者はみんな舞台出身だから、舞台をやらなきゃだめだ」、「自分たちで映画を作りたいけどお金がかかるから劇団をやろう」などの意見が出た[2][3]
  7. ^ 特に選考委員の一人である井上ひさしから大絶賛された[2]
  8. ^ 高橋との結婚中は「高橋有紀」の名前で活動。
  9. ^ 福岡・熊本先行公開、その他地域では10月14日公開[37]

出典編集

  1. ^ a b c d e "松田優作に憧れて役者の世界に…高橋克実が語った「子供の頃のCMデビュー」と「還暦過ぎての映画初主演」". 現代ビジネス. 講談社. 13 October 2022. 2022年10月13日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 週刊文春2022年10月6日号・阿川佐和子の「この人に会いたい」第1412回・高橋克実p126-131
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 週刊現代2022年10月8日号「私の地図」第532回・高橋克実p74-76
  4. ^ “【エンタがビタミン♪】高橋克実が人気の姉妹ユニットと音楽トリオを結成! 曲が「面白い」とネット上で話題に。<動画あり>”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2014/11/ginnangakudankarutetto-minnanouta_141110.html 2017年8月1日閲覧。 
  5. ^ “三条出身の高橋克実さんが三条市初のPRアンバサダーに”. ケンオー・ドットコム. (2022年8月2日). https://www.kenoh.com/2022/08/02_takahashi.html 2022年10月7日閲覧。 
  6. ^ “高橋克実さんの「満へぇ」は「三条小跡地」”. ケンオー・ドットコム. (2022年8月3日). https://www.kenoh.com/2022/08/03_trivia.html 2022年10月7日閲覧。 
  7. ^ “高橋克実、俳優デビュー35年で映画初主演 名バイプレイヤーの飽くなき探求心…14日公開「向田理髪店」”. スポーツ報知. (2022年10月5日). https://hochi.news/articles/20221004-OHT1T51239.html?page=1 2022年10月7日閲覧。 
  8. ^ “49歳・高橋克実 14歳年下の一般女性と結婚”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/17/kiji/K20110217000259780.html 2017年8月1日閲覧。 
  9. ^ “高橋克実10月父親に!14歳年下の夫人が妊娠4カ月”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/10/kiji/K20120410003015800.html 2017年8月1日閲覧。 
  10. ^ “高橋克実に第1子男児誕生「髪の毛も生えています」”. オリコン. (2012年9月26日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2017155/full/ 2012年9月26日閲覧。 
  11. ^ 2015年6月19日放送 13:55 - 15:50 フジテレビ 直撃LIVE グッディ!”. TVでた蔵. 2015年6月22日閲覧。
  12. ^ 出版:太田出版 編集:FromA編集部『みんなのバイト時代』より
  13. ^ #57 秋の特別編の超豪華な出演者が早くも明らかに! 広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶが主演!”. フジテレビ. 2020年8月30日閲覧。
  14. ^ “松山ケンイチ主演!本田翼NHKドラマ初出演「紅白が生まれた日」”. NHK ON LINE. (2015年1月6日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/8000/206679.html 2015年1月10日閲覧。 
  15. ^ “反町隆史が天涯孤独の刑事を演じる!”. ウォーカープラス. (2015年3月24日). https://thetv.jp/news/detail/56787/ 2015年3月24日閲覧。 
  16. ^ 登場人物|新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」”. NHK. 2015年12月17日閲覧。
  17. ^ 水曜ミステリー9特別企画 乃南アサ サスペンス「鎖 女刑事 音道貴子」 テレビ東京
  18. ^ 高橋克実もまさかの55歳童貞…!? 三浦春馬と“童貞同級生”に!! さらに…性経験豊富な教師陣に竜星涼&松井愛莉!? 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』|テレビ朝日 (2017年9月17日) 2017年10月22日閲覧
  19. ^ 土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』制作開始!”. NHK. 2019年2月6日閲覧。
  20. ^ 吉田鋼太郎さん主演『柳生一族の陰謀』制作開始!”. NHK. 2019年11月30日閲覧。
  21. ^ “安田顕主演 ドラマ 〈うつ病九段〉 12月20日(日)放送決定 !”. NHKウイークリーステラ (2020年11月20日号). (2020年11月11日発売). https://www.nhk-sc.or.jp/stera/topics/20201120_2.html 2020年11月21日閲覧。. 
  22. ^ 安田顕がうつ病になった実際の棋士に!特集ドラマ『うつ病九段』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. NHK (2020年8月28日). 2020年11月7日閲覧。
  23. ^ “高橋克実、アノニマス第5話から最終話まで出演へ”. 日刊スポーツ. (2021年2月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102080000509.html 2021年2月11日閲覧。 
  24. ^ “高橋克実、『アノニマス』後半から参戦 香取慎吾とドラマ初共演”. ORICON NEWS. (2021年2月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2183961/full/ 2021年2月11日閲覧。 
  25. ^ “二階堂ふみ主演『プロミス・シンデレラ』 三田佳子、高橋克実、友近ら追加キャスト”. ORICON NEWS. (2021年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2195982/full/ 2021年6月9日閲覧。 
  26. ^ 沢村一樹さん主演 特集ドラマ『混声の森』出演者発表のお知らせ”. NHK (2022年2月3日). 2022年2月10日閲覧。
  27. ^ 日曜劇場『オールドルーキー』主要キャストを毎日発表 2人目は高橋克実”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
  28. ^ "特集ドラマ「定年オヤジ改造計画」7月25日(月) よる9時放送!". ドラマ情報. 日本放送協会. 31 May 2022. 2022年5月31日閲覧
  29. ^ “郷ひろみが定年オヤジ演じる育児コメディドラマ放送決定「良い意味でイメージを裏切る」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年5月31日). https://natalie.mu/music/news/479700 2022年5月31日閲覧。 
  30. ^ “光石研主演で「帰らないおじさん」ドラマ化 高橋克実&橋本じゅんと“アフター定時”を楽しむ姿を描く”. WEBザテレビジョン. (2022年8月26日). https://thetv.jp/news/detail/1099925/ 2022年8月26日閲覧。 
  31. ^ “吉野北人が「スタンドUPスタート」で竜星涼の仲間役、高橋克実と鈴木浩介はコンビに”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年11月23日). https://natalie.mu/eiga/news/502348 2022年11月23日閲覧。 
  32. ^ “高橋克実、野村萬斎×市川猿之助「花戦さ」で時代劇映画初出演!”. 映画.com. (2016年4月20日). http://eiga.com/news/20160420/1/ 2016年4月20日閲覧。 
  33. ^ “松本潤主演の映画「99.9」新キャストに西島秀俊、道枝駿佑、蒔田彩珠ら7名”. 映画ナタリー. (2021年8月24日). https://natalie.mu/eiga/news/442072 2021年8月24日閲覧。 
  34. ^ 松本潤主演の映画「99.9」公開日が12月30日に決定、予告編とポスター解禁”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年9月13日). 2021年9月13日閲覧。
  35. ^ “篠原涼子が“ウェディングプランナー”に!中村倫也&岩田剛典ら出演『ウェディング・ハイ』3月公開”. cinemacafe.net. (2021年9月1日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/09/01/74549.html 2021年9月1日閲覧。 
  36. ^ “ラジエーションハウス:劇場版で山崎育三郎&若月佑美が夫婦役に 主題歌はマンウィズ続投”. MANTANWEB. (2022年1月12日). https://mantan-web.jp/article/20220112dog00m200001000c.html 2022年1月12日閲覧。 
  37. ^ 梅山富美子 (2022年5月25日). “HKT48矢吹奈子、運上弘菜ら出演!高橋克実主演の映画『向田理髪店』新キャスト発表”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0130311 2022年5月25日閲覧。 
  38. ^ 大内啓輔 (2021年12月1日). “高橋克実が映画初主演!奥田英朗「向田理髪店」映画化”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0127342 2021年12月3日閲覧。 
  39. ^ “井上芳雄主演「ナイスガイ in ニューヨーク」に吉岡里帆、高橋克実ら”. ステージナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/stage/news/192672 2016年6月30日閲覧。 
  40. ^ “鈴木京香が50年代のライフスタイルを愛する主婦に、白井晃演出「Home,I'm Darling」”. ステージナタリー. (2021年4月12日). https://natalie.mu/stage/news/424108 2021年4月13日閲覧。 
  41. ^ “段田安則主演『セールスマンの死』上演決定 鈴木保奈美が25年ぶり舞台挑戦”. クランクイン!. (2021年11月20日). https://www.crank-in.net/news/96627/1 2021年12月3日閲覧。 
  42. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  43. ^ Colorful”. メディア芸術データベース. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月29日閲覧。
  44. ^ “『映画 ちびまる子ちゃん』大阪なんば花月の芸人が本人役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2015年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2063193/full/ 2015年12月28日閲覧。 
  45. ^ 「夜マック」がさらに充実! ごはん、できたよ。日本マクドナルド史上初!人気メニューを“ごはん”ではさんだごはんバーガー3種「ごはんてりやき」「ごはんベーコンレタス」「ごはんチキンフィレオ」2月5日(水)から期間限定販売”. McDonald'sJapan (2020年1月28日). 2020年2月6日閲覧。
  46. ^ 高橋克実と吉田羊が熟年夫婦役 軽快なやり取りを繰り広げる“日常の一コマ””. ORICON (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  47. ^ “フジ大型情報番組タイトル「直撃LIVEグッディ!」に決定”. SANSPO.COM. (2015年2月4日). https://www.sanspo.com/geino/news/20150204/oth15020417000018-n1.html 2015年2月4日閲覧。 
  48. ^ 克実さんのピンチヒッターとして11月と12月は八嶋智人さんが登場します!”. 直撃LIVE グッディ!「せーの!グッディ!」. フジテレビ (2016年10月31日). 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月2日閲覧。
  49. ^ 直撃LIVE グッディ!”. フジテレビ. 2018年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月8日閲覧。

外部リンク編集