メインメニューを開く

ふくしま駅伝(ふくしまえきでん)は、毎年11月第三日曜日に福島県で行われている駅伝大会。正式名称は市町村対抗福島県縦断駅伝競走大会

目次

概要編集

福島県白河市から福島市に向けて福島県中通り(通過市町村:白河市、泉崎村、矢吹町、鏡石町、須賀川市、郡山市、本宮市、大玉村、二本松市、福島市)を縦断する駅伝で、県内の市町村対抗で争われる。

1989年(平成元年)より毎年11月の第三日曜日に開催される。スタートは午前7時40分。雨天・降雪決行。

大会は総合順位のほか、の部、の部、の部に分けられ、それぞれのトップと入賞チームに賞が贈られる。また、前回大会から大きく順位を上げたチームに敢闘賞が贈られる。

テレビ中継はテレビユー福島(TUF)で放送されるが、競技時間が6時間以上と長いため生中継は前半のみで後半は当日の昼下がりに中継録画で放送される。なお、11:24と11:40の2回、速報が放送される。前日には前大会のハイライトや出場チーム、応援マナーなどを伝える特別番組が夕方に放送される。大会主題歌として会津若松市出身の越尾さくら、郡山市で結成されたGReeeeNなどの曲を使用している。

ラジオ中継はラジオ福島で放送され、こちらは2010年までは一部中断があったが、2011年からは完全生中継での放送となる。大会2週間ほど前からチーム紹介が放送される。

新聞による報道は、主催である福島民報社によって行われる。こちらも大会2週間ほど前からチーム紹介が掲載され、テレビユー福島でのチーム紹介にも活用されている。大会当日にはゴール後に号外が出される。

開会式は大会前日の11月第三土曜日の午後2時30分から白河市中央体育館で行われる。

閉会式は大会当日、すべてのチームのアンカーがゴールした後(午後2時15分予定)、福島市立福島第一小学校体育館で表彰式と共に行われる。

ふくしま駅伝は「日本一の応援マナー」を掲げており、小旗で選手の邪魔をしない、車道に身を乗り出さないなどの注意喚起を行っている。

歴史編集

  • 1989年(平成元年)- ふくしま国体に向けての中長距離選手の育成・強化と各市町村のふるさと興しに寄付することを目的として、本大会を開催。
  • 1993年(平成5年)- (当時)県内全90市町村中、檜枝岐村を除く史上最多89市町村が参加。
  • 1998年(平成10年)- 前回大会から大きく順位を上げたチームに贈られる敢闘賞を創設。
  • 2002年(平成14年)- 大会史上初、村の部で岩瀬村泉崎村が同タイムでW優勝。
  • 2004年(平成16年)- 前半賞・後半賞が創設。
  • 2006年(平成18年)- 平成の大合併がほぼ終了し、参加チーム数が大幅に少なくなる。
  • 2007年(平成19年)- 総合順位で1位だった郡山市と2位だったいわき市の差が大会史上最も僅差の3秒差。
  • 2008年(平成20年)- 20回を記念し、福島市の福島県文化センターで自衛隊福島地方協力本部共催の音楽祭が開かれる。
  • 2009年(平成21年)- 新型インフルエンザの流行で広野町などの選手が直前にリタイア。郡山市は特例として替わりの選手がタスキをつなぐ。
  • 2010年(平成22年)- 前半賞・後半賞廃止。
  • 2011年(平成23年)- 東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により被害が大きかった広野町、双葉町飯舘村がオープン参加となる。また地震で第5中継所だった須賀川市役所が甚大な被害を受け立ち入りが制限されたため、第5中継所を「福島県須賀川土木事務所前」に変更。
  • 2012年(平成24年)- 飯舘村が震災特例措置により後半戦のみ参加。
  • 2013年(平成25年)- 四半世紀を迎えた節目の大会で、少子高齢化などでチームを編成できない町村の連合チーム「※希望ふくしま」を創設、初めて県内全59市町村の選手が参加。広野町が震災特例措置で前半戦のみ参加。号砲を2020年東京オリンピック・パラリンピックプレゼンターの谷(旧姓佐藤)真海が務める。25回記念誌が福島民報社から販売される。※希望ふくしま参加町村…三島町金山町湯川村昭和村川内村葛尾村、檜枝岐村
  • 2014年(平成26年)- ナンバーカードに初めて計測用チップがつけられ、記録計測が的確かつ迅速に行われるようになる。会津若松市チームが前回大会で初優勝したことを受け、しずおか市町対抗駅伝に招待される。
  • 2017年(平成29年)- 「希望ふくしま」が正式なチームと認められ、総合結果に反映される。初めて大会の模様をインターネット配信。第23回大会から変更されていた第5中継所が、元の「須賀川市役所前」に戻される。
  • 2018年(平成30年)- 30回を記念し福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でシンポジウムが催される。また30回記念誌が福島民報社から販売。ふくしま駅伝Twitter公式アカウント開設。TUF特別解説として柏原竜二さんが招待される。
  • 2019年(令和元年)- 新元号となって初の大会。

ルール編集

・タスキやゼッケンは市の部が黄色、町の部が青色、村の部が赤色、希望ふくしまが緑色となっており、市から順にナンバーが決められている。

・市の部は6位、町の部は10位、村の部は3位までが入賞となる。

・基本的には各中継所、トップのチームが通過してから15分で繰り上げスタートとなるが、第6、7中継所は交通混雑が予想されることからトップが通過してから10分で繰り上げスタートとなる。

・繰り上げスタートとなったチームは白色のタスキをかけて走るが、第7中継所のみは元の各市町村の色のタスキをかけて走る。

・男子シニアは40歳以上、女子シニアは30歳以上(大会当日の年齢)。

・「ふるさと選手」は他市町村、他都道府県在住者であっても、出身中学校のある、市は2名以内に限る。町村は制限無し。

コース ※第31回大会現在編集

しらかわカタールスポーツパーク陸上競技場から福島県庁前に至る16区間94.8 km。

距離 選手 区間
第1区 4.0 km 女子 しらかわカタールスポーツパーク陸上競技場 白河市北中川原
サンフレッシュ白河・大沼体育館前 白河市久田野
第2区 8.2 km 男子中高生又はシニア
泉崎さつき公園入口前 泉崎村大字泉崎
第3区 5.8 km 男子中学生又はシニア
矢吹町役場内 矢吹町一本木
第4区 7.3 km 男子
鏡石町鳥見山陸上競技場内 鏡石町緑町
第5区 6.4 km 男子中高生
須賀川市役所 須賀川市八幡町
第6区 8.5 km 男子
ゼノアック日本全薬工業 郡山市安積町笹川
第7区 5.2 km 男子中学生
郡山市総合体育館前 郡山市豊田町
第8区 4.1 km 男子中学生
福島県立郡山北工業高等学校 郡山市八山田
第9区 3.0 km 女子中学生
平成記念郡山こどもの森公園入口 郡山市日和田町
第10区 9.3 km 男子
本宮市白岩屋商店前 本宮市本宮
第11区 3.9 km 女子
大玉村イイジマ前 大玉村大山
第12区 7.0 km 男子
二本松市役所内 二本松市金色
第13区 4.6 km 男子
二本松市JAふくしま未来安達支店前 二本松市油井
第14区 5.7 km 男子中高生又はシニア
福島市立松陵中学校前 福島市松川町
第15区 3.4 km 女子中学生又はシニア
福島大学入口 福島市松川町浅川
第16区 8.4 km 男子
福島県庁 福島市杉妻町

※しばしば一部のコースや中継所が変わっている。

各区間の特徴編集

第1区:華の1区。各チームの女子のエース級選手が出場。コースはやや下りで、スピード感あふれるレースが繰り広げられる。

第2区:福島県の強豪校の選手が出場。主に各チームの高校生エースが担当する。2.7キロ地点に小高い山がある。残り約1キロは上り坂。

第3区:フレッシュなエース級の中学生選手と経験豊富なシニアの選手が争う区間。序盤はアップダウンが激しいコース。後半の弥栄交差点からは沿道の声援が多い。

第4区:コース全体のアップダウンが激しく、毎年順位の入れ替わりが激しい。大学生選手や実業団選手、強力な市民ランナーが多く出場。

第5区:ほとんどのチームが準エース高校生選手を投入してくる。後半になるにつれてアップダウンが激しくなるコース。

第6区:各チームのエース級あるいは準エース級の選手が出場。前半区間の中で最も距離が長く、国道4号線を北上する、直線が続くコース。中継所手前はキツい上り。

第7区:各チームのエース級あるいは2番手中学生選手が出場。郡山市街地に入るため非常に沿道の応援が多い。

第8区:ほとんどのチームが一斉スタートであることと短い区間のためスピードに力のある中学生が任せられることが多い区間。後半戦のスタート。

第9区:大会唯一の女子中学生限定区間。最も距離が短い区間だが、アップダウンが多いため順位の入れ替わりが激しい。

第10区:最も距離が長いため、各チームのエース級選手が任せられることが多い。強豪校の高校生選手や大学生選手、実業団選手が多く出場。

第11区:後半戦で最もポイントとなる区間。沿道の声援が少なく、精神面と実力が強い選手が要求される。女子の準エース区間。

第12区:最もアップダウンが激しいと言われているコース。第12中継所手前はキツい登り坂となっている。

第13区:男子の中学生からシニア選手までと年齢層が幅広い。コースは短いが中盤に「心臓破りの坂」がある。

第14区:最後の男子中高校生・シニア限定区間。前半は長い登りが続き、後半は平坦なコース。コース中盤に様々なキャラクターがいる。

第15区:最後の女子区間。女子中学生選手が豊富なチームはこの区間で逆転も可能。

第16区:各チームの最も信頼の置ける選手が出場。前半は山を下って後半は平坦なコース。大会の締めくくり。

最新参加チーム ※第30回大会現在編集

No. チーム名 最高順位(総合)とその回数 最高順位(市町村の部)とその回数 合併市町村
1 福島市 1位(7回) 1位(7回) 飯野町
2 会津若松市 1位(3回) 1位(3回) 河東町北会津村
3 郡山市 1位(6回) 1位(6回)
4 いわき市 1位(13回) 1位(13回)
5 白河市 7位(4回) 5位(1回) 表郷村、東村、大信村
6 須賀川市 1位(1回) 1位(1回) 長沼町岩瀬村
7 喜多方市 9位(4回) 7位(3回) 塩川町山都町
8 相馬市 10位(1回) 6位(1回)
9 二本松市 3位(1回) 3位(1回) 安達町岩代町東和町
10 田村市 5位(2回) 5位(3回) 滝根町大越町常葉町船引町都路村
11 南相馬市 7位(2回) 7位(2回) 原町市鹿島町小高町
12 伊達市 11位(2回) 10位(4回) 伊達町保原町霊山町梁川町月舘町
13 本宮市 10位(1回) 9位(1回) 本宮町白沢村
14 桑折町 伊達郡 27位(1回) 9位(1回)
15 国見町 22位(1回) 13位(1回)
16 川俣町 7位(1回) 3位(2回、共に町村の部)
17 鏡石町 岩瀬郡 8位(1回) 2位(2回)
18 矢吹町 西白河郡 5位(1回) 1位(2回)
19 棚倉町 東白川郡 25位(1回) 8位(1回)
20 矢祭町 12位(1回) 4位(1回)
21 塙町 24位(1回) 13位(1回)
22 石川町 石川郡 2位(1回) 1位(3回)
23 浅川町 11位(1回) 4位(1回)
24 古殿町 24位(1回) 8位(1回)
25 三春町 田村郡 6位(2回) 1位(7回)
26 小野町 28位(1回) 13位(1回)
27 南会津町 南会津郡 18位(1回) 5位(1回) 田島町舘岩村伊南村南郷村
28 下郷町 21位(1回) 10位(1回)
29 只見町 38位(1回) 18位(1回)
30 西会津町 耶麻郡 37位(1回) 18位(1回)
31 磐梯町 29位(1回) 13位(1回)
32 猪苗代町 8位(1回) 1位(1回)
33 会津坂下町 河沼郡 10位(1回) 2位(1回)
34 柳津町 22位(1回) 10位(2回)
35 会津美里町 大沼郡 6位(1回) 1位(1回) 会津高田町会津本郷町新鶴村
36 広野町 双葉郡 27位(1回) 11位(1回)
37 楢葉町 18位(3回) 5位(2回)
38 富岡町 9位(1回) 4位(1回)
39 大熊町 9位(1回) 4位(1回、町村の部)
40 双葉町 12位(1回) 5位(1回)
41 浪江町 5位(1回) 1位(1回、町村の部)
42 新地町 相馬郡 29位(1回) 12位(1回)
43 大玉村 安達郡 16位(1回) 3位(2回)
44 天栄村 岩瀬郡 30位(1回) 5位(1回)
45 西郷村 西白河郡 12位(2回) 1位(2回)
46 泉崎村 11位(1回) 1位(11回)
47 中島村 17位(1回) 2位(1回)
48 鮫川村 東白川郡 17位(1回) 3位(2回)
49 玉川村 石川郡 21位(1回) 2位(1回)
50 平田村 11位(1回) 1位(1回)
51 北塩原村 耶麻郡 44位(1回) 7位(1回)
52 飯舘村 相馬郡 5位(1回) 1位(13回)
53 希望ふくしま 33位(1回)

※合併市町村の成績は含まない。

過去の大会成績編集

区間と距離 チーム数 総合優勝 町の部優勝 村の部優勝 敢闘賞
1 13区間101.0km 44 福島市 浪江町
2 14区間101.0km 77 福島市 田島町
3 14区間101.0km 85 福島市 東和町
4 14区間101.7km 88 福島市 東和町 飯舘村
5 15区間101.7km 89 いわき市 東和町 飯舘村
6 15区間102.9km 89 福島市 船引町 飯舘村
7 15区間102.5km 88 いわき市 船引町 飯舘村
8 15区間102.1km 88 いわき市 船引町 飯舘村
9 15区間102.9km 88 いわき市 船引町 飯舘村
10 15区間102.9km 88 いわき市 船引町 飯舘村 小高町、棚倉町、大越町、鮫川村
11 15区間96.7km 86 いわき市 船引町 飯舘村 岩代町、浅川町、泉崎村
12 16区間95.6km 85 いわき市 船引町 飯舘村 大熊町、河東町、棚倉町
13 16区間95.4km 85 郡山市 船引町 飯舘村 原町市、猪苗代町、本宮市、下郷町、鹿島町、白沢村、高郷村
14 16区間95.4km 85 いわき市 東和町 岩瀬村泉崎村 原町市、矢吹町、塩川町、磐梯町、小野町、岩瀬村、大玉村
15 16区間95.3km 83 福島市 東和町 飯舘村 白河市、長沼町、河東町、磐梯町、浅川町、飯舘村、高郷村
16 16区間95.2km 81 郡山市 船引町 飯舘村 相馬市、川俣町、常葉町、塩川町、鹿島町、鮫川村、飯舘村、都路村
17 16区間95.7km 73 福島市 矢吹町 飯舘村 白河市、小高町、浅川町、塙町、双葉町、東村、中島村
18 16区間96.2km 53 須賀川市 三春町 泉崎村 須賀川市、浪江町、磐梯町、柳津町、大玉村
19 16区間96.2km 51 郡山市 三春町 泉崎村 いわき市、桑折町、大熊町、天栄村
20 16区間96.2km 51 郡山市 矢吹町 泉崎村 相馬市、棚倉町、富岡町、西郷村
21 16区間96.2km 51 いわき市 三春町 泉崎村 喜多方市、塙町、双葉町、玉川村
22 16区間96.2km 51 郡山市 三春町 泉崎村 伊達市、古殿町、鮫川村、西郷村
23 16区間96.5km 49 いわき市 三春町 泉崎村 本宮市、会津坂下町、南会津町、天栄村、鮫川村
24 16区間96.5km 51 郡山市 三春町 西郷村 喜多方市、川俣町、中島村、鮫川村
25 16区間95.1km 53 会津若松市 会津美里町 泉崎村 田村市、只見町、天栄村、大玉村
26 16区間95.1km 53 いわき市 猪苗代町 西郷村 南相馬市、国見町、大玉村、鮫川村
27 16区間95.1km 53 会津若松市 三春町 泉崎村 古殿町、鮫川村、飯舘村
28 16区間95.1km 53 会津若松市 石川町 平田村 二本松市、西会津町、下郷町、大玉村、北塩原村
29 16区間94.8km 53 いわき市 石川町 泉崎村 伊達市、新地町、大熊町、天栄村
30 16区間95.0km 53 いわき市 石川町 泉崎村 白河市、古殿町、柳津町、鮫川村、大玉村
31 16区間94.8km 53

※第3回大会までは町村の部。太字は初優勝。

ふくしま駅伝に出場した著名選手編集

  • 相澤晃(須賀川市) - 東洋大陸上競技部長距離部門主将、箱根駅伝4区区間記録保持者、第24回都道府県駅伝7区区間賞、学生ハーフマラソン福島県記録保持者。
  • 阿部弘輝(須賀川市) - 明治大体育会競走部主将、世界ジュニア選手権2016陸上競技5000m日本代表、全日本大学駅伝7区区間記録保持者。
  • 阿部涼(白河市) - 日本大陸上競技部特別長距離部門。
  • 安西秀幸(会津若松市(旧河東町)) - 元日清食品グループ陸上競技部、第22~24回都道府県駅伝男子福島県チーム監督(24回で福島県初優勝)。
  • 石井寿美(矢祭町) - ヤマダ電機女子陸上競技部、第100回日本陸上女子5000m4位。
  • 今井正人(南相馬市(旧小高町)) - トヨタ自動車九州陸上競技部主将、箱根駅伝「初代山の神」(当時順天堂大)、男子フルマラソン日本記録歴代10位。
  • 遠藤日向(郡山市) - 住友電工陸上競技部、男子3000m日本高校記録保持者、国体3連覇(少年男子B3000m、少年男子A5000m) (共に当時学法石川高)。
  • 小川博之(いわき市) - いわき市出身、現サンベルクス陸上競技部監督
  • 柏原竜二(いわき市) - 富士通フロンティアーズマネージャー、箱根駅伝「2代目山の神」(当時東洋大)、第30回大会ゲスト解説者。
  • 小指卓也(群馬県) - 学法石川高出身、早稲田大競走部。
  • 古寺冴佳(須賀川市) - 三井住友海上女子陸上競技部、女子3000m福島県記録保持者(当時学法石川高)。
  • 小松力歩(白河市) - 日本体育大陸上競技部駅伝ブロック主将。
  • 酒井俊幸(石川町) - 東洋大陸上競技部駅伝部門監督、元学法石川高陸上競技部顧問。
  • 佐藤敦之(会津若松市) - 会津坂下町生まれ、京セラ女子陸上競技部監督、北京五輪男子マラソン日本代表、男子フルマラソン日本歴代記録7位。
  • 下重庄三(田村市(旧船引町)) - 札幌国際大学男子駅伝部監督、前ふくしま駅伝解説者。
  • 菅野勝子(本宮市(旧白沢村)) - 第10回全国高等学校駅伝競走大会にてアンカーで田村高校初優勝。
  • 住吉秀昭(猪苗代町) - SUBARU陸上競技部、第20回世界大学クロスカントリー選手権男子12km日本代表(当時国士舘大)。
  • 高嶺秀仁(郡山市) - 富士通
  • 田邉美咲(いわき市) - 三井住友海上女子陸上競技部、女子1500m福島県高校記録保持者(当時田村高)。
  • 田母神一喜(郡山市) - 中央大陸上競技部長距離ブロック主将、世界ユース2015陸上競技800m日本代表(当時学法石川高)。
  • 圓井彰彦(鮫川村) - マツダ陸上競技部、世界ユース2001陸上競技3000m日本代表。
  • 橋本康子(本宮市(旧本宮町)) - 元日本生命陸上競技部、世界陸上大阪女子マラソン日本代表。
  • 畑中良介(福島市) - 田村高女子陸上競技部顧問、第65回箱根駅伝8区区間賞、現ふくしま駅伝解説者。
  • 半澤黎斗(広野町) - 早稲田大競走部、山形IH男子1500m優勝(当時学法石川高)、第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会男子1500m2位。
  • 藤田敦史(白河市(旧東村)) - 駒澤大陸上競技部コーチ、男子フルマラソン日本記録歴代4位(記録樹立当時歴代1位、当時富士通)。
  • 藤宮歩(郡山市) - 学法石川高陸上競技部、ジュニアオリンピック2017男子1500m優勝、全日本中学陸上2018男子3000m優勝(当時大槻中)。
  • 星創太(会津若松市) - 富士通、第97回日本陸上男子5000m優勝。
  • 松山和希(栃木県) - 学法石川高陸上競技部、第22回都道府県駅伝6区区間賞(区間記録保持者)。
  • 村上康則(いわき市) - 第94回日本陸上男子1500m優勝(当時富士通)。
  • 横田俊吾(新潟県) - 学法石川高出身、青山学院大陸上競技部長距離ブロック、第24回都道府県駅伝4区区間賞。

関連各社・団体編集

市町村対抗駅伝を行っている他の都道府県編集

外部リンク編集