メインメニューを開く

ジャニーズ関連企画ユニット

ジャニーズ関連企画ユニット (ジャニーズかんれんきかくユニット)では、ジャニーズ事務所に所属するタレントが関わった、あるいはテレビ番組内などで結成された、期間限定物や企画物のユニットなどを取り上げる。

なお、過去のジャニーズJr.のグループについては「ジャニーズJr.解散グループ (1990年以前)」・「ジャニーズJr.解散グループ (1990年以降)」・「ジャニーズJr.解散グループ (2000年以降)」、バックバンドグループは「ジャニーズ事務所 過去のバックバンド」、その他関連グループは「ジャニーズ関連OBユニット」、主だったグループや個人については「過去のジャニーズ所属者」の項目をそれぞれ参照。

グループ結成順

1970年代編集

新御三家編集

西城秀樹野口五郎郷ひろみの3人[1]。同時期にデビューした3人の総称でありユニットではない。ジャニーズ事務所出身は郷ひろみのみ。

新新御三家編集

城みちる[2]あいざき進也[2](もしくは荒川務)、豊川誕の3人。同時期にデビューした3人の総称であり、ユニットではない。ジャニーズ事務所出身は豊川誕のみ。

サンデーズ編集

NHKレッツゴーヤング』内にて結成された男女混合の歌手ユニット。1977年4月から1986年4月にかけ、川崎麻世、未都由、田原俊彦ひかる一平植草克秀、中村成幸(途中から中村繁之に改名)、大沢樹生ら延べ7名がジャニーズ事務所から参加した[要出典]

1980年代編集

たのきんトリオ編集

田原俊彦近藤真彦野村義男の3人。1980年結成、83年解散[要出典]。『3年B組金八先生』の生徒役でデビューし[3]ただいま放課後』にてユニットとして結成された。1980年代ジャニーズ・ブームのきっかけとなった。この派生としてシブがき隊少年隊が後に正式なアイドルグループとして登場した[要出典]

Toshi & Naoko編集

田原俊彦と研ナオコのデュエット。1985年7月にシングル『夏ざかりほの字組』を発売。退所後の2004年にも「田原俊彦&研ナオコ」名義でシングル『恋すれどシャナナ』を発売した。

おめで隊編集

1986年に萩本欽一司会のバラエティー番組『ドキド欽ちゃんスピリッツ!!』で組まれたユニット[4]

少年御三家編集

光GENJI男闘呼組少年忍者の3組の総称。

CHA-CHA編集

1988年に萩本欽一司会のバラエティー番組『欽きらリン530!!』で組まれたユニット[4]

1990年代編集

音松くん編集

1992年から『夢がMORI MORI』でSMAPが演じたキャラクター[5]

四銃士編集

1994年秋結成。

Junichi&JJr編集

1995年末結成。山本淳一ジャニーズJr.によるユニット。

ストロベリーパフェ編集

1996年に、NHK教育天才てれびくん』内にて結成されたバンドグループ。生田斗真も参加していた[6]

J-FRIENDS編集

1997年12月に結成された、TOKIO、V6、KinKi Kidsによる阪神淡路大震災チャリティーグループ。2003年まで活動した。

ビートルーズ編集

フジテレビ『LOVE LOVEあいしてる』内で結成されたバンド[7]

15minutes編集

フィフティーン・ミニッツ。1999年春にTOKIOのメンバー3人によって日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH!!』内で結成されたインディーズバンド。 メンバーは皆、このバンド用に特別のアーティスト名を設け、正体不明の謎の覆面バンドというコンセプトだった。 バンド名の由来は、自主制作のデビューシングルのレコーディング時間がたった15分しか無かった事から[8]。 なお、制作されたシングルCDは、TOKIOという正体を一切明かさずに販売した。

メンバー
  • 城島茂(アーティスト名「ハデ・ヘンドリックス」)
  • 山口達也(アーティスト名「デーブス・ブラウン」)
  • 国分太一(アーティスト名「チョビット・フォースター」)

ぴんく編集

「15minutes」に対抗して、1999年春に同番組内で結成されたインディーズバンド[9]

メンバー

BIRDMAN編集

バードマン。1999年6月発表のシングル「Fly」の短編映画仕様のプロモーションビデオに登場する5人組で、裏街道を生きているという設定[11]。その後「BIRDMAN」はコンサートツアー『SMAP 1999 TOUR "BIRDMAN"』や、アルバム『BIRDMAN〜SMAP 013』のタイトルに使用された。

メンバー

スマシプ編集

A型の3人で結成された[12]。1999年7月1日 - 4日に行われた紀伊國屋サザンシアターで「THE SECRET LIVE」と題して初のコントライブを行い、7公演で約2900人を動員した[13]。その後、SMAPのツアー(2003年の『MIJ』)でも登場[14]。また、2014年3月9日・2015年9月22日放送の『テレ朝SMAPバラエティ部 スマシプ』にて復活した[15]

メンバー

ムーンブラザーズ編集

1999年10月、日本テレビ『ピカイチ』内にて結成されたグループ[16]。月のかぶりものをした4人が立派な満月になるための修行をしていくコーナーで、話す時には「〇〇だムーン」と語尾に“ムーン”をつけるのが決まり[16]。メンバーにはそれぞれ、001号から004号までの個人番号が付けられていた。

メンバー[16]

J2000編集

1999年11月結成。

2000年代編集

Secret Agent編集

CDジャケットに顔がはっきり写っておらず、問合せが殺到した期間限定ユニット[17]。2000年2月23日にシングル『Secret Agent Man』を1枚リリースした[18]

メンバー
ディスコグラフィ
  1. Secret Agent Man(2000年2月23日)
ジョニー・リヴァース英語版の「秘密諜報員」(1966年の全米3位)のカヴァー曲。日本語訳詞は松井五郎[19]
日本テレビ系『平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜』主題歌[19]

堂本兄弟編集

LOVE LOVE あいしてる』から生まれたKinKi Kids扮するストリート系兄弟歌手ユニット[20]。2001年4月8日から放送のフジテレビ系バラエティ番組『堂本兄弟』のホストを務める。

堂本ブラザーズバンド編集

2001年3月結成。

MiMyCEN編集

2001年3月、TBS『MIMY CEN!』内にて結成された Coming Centuryによるバンド形式の変名ユニット。バンド名は「Midnight Mysterious Century」の略。

GOタリモ&ミニカレー編集

TBS学校へ行こう!』の5周年記念として発足された企画ユニット[21]。番組内コーナー「ちびっこ歌姫を探せ!」に登場していた女の子の幼稚園児たち5名を集め、「ミニカレー」というグループを結成。そこへV6の森田剛が、「GOタリモ」の別名でリーダー役に選ばれた。

メンバー
  • GOタリモ - 森田剛(リーダー)
  • ミニカレー - 一般幼稚園児の女の子5名
ディスコグラフィ
  1. 恋の400M(メートル)カレー(2001年12月5日)
    小林亜星が作曲を手掛け、“プロデューさん”ことピエール瀧のプロデュースにより制作されたCDシングル[22]。『学校へ行こう!』のエンディングテーマにも使用された[23]

MATCHY with O.A.I編集

2002年5月22日、テレビドラマ『ヨイショの男』(TBS)の主題歌を歌唱。正式名称は「Office Akebono Insurance(あけぼの保険株式会社)」で、同ドラマの出演者たち6名で結成。

タイガースJr.編集

2003年、阪神タイガースの応援をするために[24]亀梨和也を中心に結成されたジャニーズJr.36人で構成されるユニット[25]。2003年5月17日に甲子園球場で行われた「阪神×巨人」の試合開始直前に突然現れ、ロック調の「六甲おろし」を披露した[25][26]

メンバー
ほかジャニーズJr.

ほん怖クラブ編集

2004年1月、『ほんとにあった怖い話』で当時ジャニーズJr.だった知念侑李が参加。

トラジ・ハイジ編集

2004年12月21日に結成された、映画『ファンタスティポ』によるユニット[28]

エイトレンジャー編集

関ジャニ∞によるヒーローグループ。

関ジミ3編集

2005年にテレビ東京『∞のギモン』内で結成されたユニット。

メンバー
作詞

修二と彰編集

2005年10月結成。日本テレビ系『野ブタ。をプロデュース』によるユニット。

アンダルシアユニット編集

2005年末に結成された、「アンダルシアに憧れて」を歌うユニット[29]

GYM編集

2006年7月結成[30]

百識団編集

2006年10月、フジテレビ百識〜百で知るひとつの知識〜』内。

木更津キャッツアイ feat.MCU編集

2006年、TBS系ドラマ『木更津キャッツアイ』の主要出演者と、KICK THE CAN CREWMCUの6名で結成された期間限定ユニット[31]

年男ユニット編集

ジャニーズカウントダウンライブ』における元日限定ユニット。

トリオ・ザ・シャキーン編集

2007年春、日本テレビ系ドラマ『喰いタン2』にて結成[31]

Hey! Say! 7編集

2007年春結成。

TU→YU編集

2007年8月結成。

MATCHY with QUESTION?編集

2007年12月に結成された、近藤真彦とQuestion?によるユニット[32]

CHA-CHA2008編集

チャチャにせんはち。中居正広が参加した2008年1月5日限定の企画ユニット。

FLAT FIVE FLOWERS編集

渋谷すばるFieのバンドユニット[33]。通称フラフラ[34]。大阪での公演を終え、2008年9月23日のJohnny's Theater公演初日にマスコミ向け公開リハーサルが行われ、一般にお披露目された[35]。バンド名は「F」が使いたかったことや、“花”がキーワードであることから命名された[35]。渋谷の意向で[35]安田章大がデザイナーとして参加し[34]、舞台やグッズのデザインを手掛けた[35]

メンバー
  • 渋谷すばる
  • Fie
    • 石垣大祐
    • 中江川力也
    • 上里亮太
    • 牧野紘二
オリジナル曲
  • フラフラ(作詞:FLAT FIVE FLOWERS、作曲:中江川力也) - JASRAC作品コード:153-1085-0。ユニットのテーマソング[34]
  • Flower[34](作詞:渋谷すばる、作曲:中江川力也) - JASRAC作品コード:153-1056-6
  • Star Light[34](作詞:渋谷すばる、作曲:中江川力也) - JASRAC作品コード:153-1044-2
  • のっかって(作詞:FLAT FIVE FLOWERS、作曲:上里亮太) - JASRAC作品コード:153-1086-8
コンサート
  • 渋谷すばる with FiVe LIVE 2008 FLAT FIVE FLOWERS(2008年9月4日 - 7日、梅田芸術劇場 / 9月23日 - 10月6日、Johnnys Theater) - ロビーに安田章大のイラスト16点(テーマ:生命)が飾られた[35]
  • J Rock Dream MATCHY '09(2009年2月13日・14日、日本武道館 / 2月21日・22日、大阪城ホール)[36]
  • QUESTION FIVE FLOWERS(2009年3月29日、ウェルシティ札幌 / 4月2日・3日、JCBホール / 4月15日・16日、名古屋市公会堂 / 4月29日、ALSOKホール / 4月30日・5月1日、SHIBUYA-AX / 5月4日・5日、]Zepp Sendai / 5月26日 - 28日、梅田芸術劇場メインホール)[18][36][37]

The SHIGOTONIN編集

2008年12月、ドラマ『必殺仕事人2009』の出演者で結成[38]

参・忍者編集

2009年4月結成。NHK大阪あほやねん!すきやねん!』番組内ユニット[39]。2012年3月に解散。

メンバー[40]
元メンバー

MA-mix編集

2009年結成。『ザ少年倶楽部プレミアム』内で誕生したユニット。[41]

メンバー[41]

中山優馬 w/B.I.Shadow編集

2009年6月結成。

NYC boys編集

2009年6月結成。

2010年代編集

A.N.JELL編集

2011年、TBS系ドラマ『美男ですね』の劇中バンド[42]

noon boyz編集

2011年10月結成。

BOYS編集

2012年結成。NHK大阪『あほやねん!すきやねん!』番組内ユニット[43]

メンバー

The MONSTERS編集

2012年結成。TBS系ドラマ日曜劇場MONSTERS』での共演がきっかけで結成された、SMAP香取慎吾山下智久によるユニット[44]

スマッホ編集

2012年結成。SMAPが出演したソフトバンクモバイルCM内でのユニット[45]

メンバー

坂崎茂編集

2013年結成。日本テレビ系『THE MUSIC DAY 音楽のちから』内のコーナー「流しの坂崎茂」でのユニット[46]

メンバー

堀田家BAND編集

2013年のテレビドラマ『東京バンドワゴン』による亀梨和也と玉置浩二のユニット[47]

舞祭組編集

2013年結成。中居正広によってつくられたKis-My-Ft2の『後ろの4人』である横尾渉宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永

せんせーションズ編集

2015年結成。同年3月21日公開の山田涼介主演映画『暗殺教室』・『暗殺教室〜卒業編〜』の主題歌を歌う期間限定ユニット[48]

ジュニア Boys編集

2016年結成。アニメ『忍たま乱太郎』のテーマソングを歌う[49]。メンバーはその都度変更される[50]

オリジナル曲
カバー曲
  • 勇気100%(作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二、アニメ『忍たま乱太郎』オープニングテーマ[50]光GENJIのカバー)
CD
  • 勇気100%(2016年6月27日) ※ファミリーマート限定販売

地獄図編集

2016年結成。同年公開の長瀬智也主演映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の主題歌を歌う期間限定ユニット[51]

メンバー
出演

亀と山P編集

2017年、修二と彰から12年ぶりの再結成。

A.Y.T.編集

Hey!Say!JUMP有岡大貴八乙女光髙木雄也の3人から成る派生ユニット。ドラマ『孤食ロボット』の主題歌「Are You There?」を担当した。

まえあし from Kis-My-Ft2編集

2017年7月21日結成。Kis-My-Ft2北山宏光藤ヶ谷太輔玉森裕太の3人が、「舞祭組の方がたくさん音楽番組に出てない?」という思いで『ミュージックステーション』出演のために1日限定で結成した派生ユニット。ユニット名は「前列3人の足=まえあし」から。[53]

メンバー
  • 北山宏光
  • 藤ヶ谷太輔
  • 玉森裕太

KEN☆Tackey編集

V6三宅健タッキー&翼滝沢秀明の2人から成るスペシャルユニット。

脚注編集

  1. ^ 西城秀樹&野口五郎、今だから明かせる“新御三家”秘話を告白”. ORICON NEWS (2010年10月10日). 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ a b あいざき進也&元ずうとるび江藤がコンビ結成 『キングオブコント』参戦!”. ORICON NEWS (2013年7月1日). 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ “たのきんトリオ名曲、Sexy Zoneで復活!中島健人自信も”. SANSPO.COM. (2015年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150101/joh15010105040004-n1.html 2017年5月22日閲覧。 
  4. ^ a b CHA-CHA、おめで隊… ジャニーズの混成グループの歴史”. NEWSポストセブン. 小学館 (2019年9月6日). 2019年9月8日閲覧。
  5. ^ “ビストロSMAPのイメージカラーは前身『夢がMORIMORI』から”. NEWSポストセブン. (2012年6月11日). http://www.news-postseven.com/archives/20120611_115767.html 2017年5月22日閲覧。 
  6. ^ 生田斗真、“CDデビュー”の過去明かす ウエンツ瑛士とバンド結成していた”. ORICON STYLE (2016年6月22日). 2018年6月21日閲覧。
  7. ^ 篠原ともえ (2009年8月24日). “堂本兄弟☆ライブで左ベース!”. 篠原ともえ オフィシャルブログ. 2018年6月21日閲覧。
  8. ^ 1999年5月23日の放送 ストリートミュージシャン 稼いだお金でCDは作れるか!”. DASH WEB. 2017年5月25日閲覧。
  9. ^ 1999年6月27日の放送内容 「ぴんく」 オーディションでどこまでやれるか!?”. DASH WEB. 日本テレビ. 2017年5月25日閲覧。
  10. ^ a b c “TOKIOの番組一部カットで放送へ”. zakzak. (1999年6月25日). オリジナルの2003年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030620140845/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_June99/nws3938.html 2018年6月21日閲覧。 
  11. ^ 相田冬ニ (2017年2月23日). “【SMAP】PVから見えてくる、“5人からの隠れたメッセージ”【SMAP is ALIVE(1)】”. ウレぴあ総研. ぴあ. 2018年6月21日閲覧。
  12. ^ a b c d “SMAP改め“スマシプ”大ウケ トリオでコントライブ”. zakzak. (1999年7月4日). オリジナルの2000年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20000604145421/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_July99/nws3984.html 2018年6月21日閲覧。 
  13. ^ “SMAPの3人が初のコントライブ”. SANSPO.COM. (1999年7月4日). オリジナルの2001年7月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010709035707/http://www.sanspo.com/music/top/m9907/m0704.html 2018年2月15日閲覧。 
  14. ^ SMAP|Live MIJ(Disc1)(DVD)”. ビクター (2003年). 2018年6月21日閲覧。
  15. ^ SMAP中居&草なぎ&香取、テレ朝系3番組がコラボ”. ORICON NEWS (2014年2月7日). 2017年5月22日閲覧。
  16. ^ a b c 「アホな企画をごっつやるんだムーン!」『TV Kids』第23巻1999年、集英社、 21-23頁。
  17. ^ a b c 「Secret Agent Man」に関連する音楽・CD”. 価格.com. カカクコム,ワイヤーアクション. 2018年7月5日閲覧。
  18. ^ a b c d 「POTATO 創刊25周年 Special Project グループクロニクル 連載第6回 関ジャニ∞」『POTATO』2009年10月号、学研、2009年9月7日、 200-201頁。
  19. ^ a b ディスコグラフィ”. ソニーミュージックオフィシャルサイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2000年). 2018年7月5日閲覧。
  20. ^ “堂本兄弟、キンキに挑戦! フジテレビ系音楽バラエティー8日スタート”. zakzak. (2001年4月4日). オリジナルの2001年4月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010410111122/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2001_04/g2001040402.html 2018年6月21日閲覧。 
  21. ^ GO タリモ&ミニカレー のアーティスト詳細”. TSUTAYA. 2017年5月22日閲覧。
  22. ^ Goタリモ&ミニカレー”. Real Sound. 2019年7月4日閲覧。
  23. ^ GOタリモ&ミニカレー/恋の400Mカレー”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2019年7月4日閲覧。
  24. ^ “タイガースJr.誕生!!”. デイリースポーツ. (2003年5月13日). オリジナルの2003年8月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030810052025/http://www.daily.co.jp/gossip/2003/05/13/081867.shtml 
  25. ^ a b c d タイガースJr.初甲子園!翼クンも感激!”. tv asahi 芸能&ニュース. テレビ朝日 (2003年5月18日). 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月21日閲覧。
  26. ^ “「関ジャニ8」が開幕、タイガースネタにファン爆笑”. SANSPO.COM. (2003年8月3日). オリジナルの2005年5月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050306095939/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200308/gt2003080305.html 2018年6月21日閲覧。 
  27. ^ “「NewS」お披露目!ジャニーズの新シャッフル軍団”. SANSPO.COM. (2003年9月). オリジナルの2003年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030919022235/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200309/gt2003091607.html 
  28. ^ 話題のトラジハイジが初登場1位!”. ORICON NEWS (2005年2月1日). 2017年5月22日閲覧。
  29. ^ ま、まさかの近藤真彦トリビュ-ト!?”. ローチケHMVニュース (2005年11月25日). 2017年5月22日閲覧。
  30. ^ “山P新ユニットGYMお披露目”. スポニチアネックス. (2006年7月18日). オリジナルの2007年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070217130832/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060718036.html 
  31. ^ a b トラジ・ハイジ、木更津キャッツアイ、暗殺教室…ドラマ&映画発のジャニーズユニットを振り返る<11組>”. モデルプレス (2017年2月20日). 2017年5月22日閲覧。
  32. ^ “マッチ&ジャニーズJr.が初コラボ!”. デイリースポーツオンライン. (2007年12月). オリジナルの2007年12月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071222134938/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2007/12/17/0000773388.shtml 
  33. ^ “関ジャニ∞の渋谷が新ユニットで初ライブ”. SANSPO.COM. (2008年9月24日). オリジナルの2008年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080926044345/http://www.sanspo.com/geino/news/080924/gng0809240432000-n1.htm 
  34. ^ a b c d e 「渋谷すばるwithFiVe LIVE 2008 FLAT FIVE FLOWERS」『Wink up』2008年11月号、ワニブックス、2008年10月7日、 91頁。
  35. ^ a b c d e 「5人の音と歌と笑顔がステージに咲き誇る!」『POTATO』2008年11月号、学研、2008年10月7日、 158頁。
  36. ^ a b 関ジャニ∞ Biography 2008”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年7月5日閲覧。
  37. ^ Concert/Stage「QUESTION FIVE FLOWERS」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2009年). 2009年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。
  38. ^ “東山、松岡、大倉が「仕事人」テーマ歌う”. 日刊スポーツ. (2008年12月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20081210-438608.html 2017年5月22日閲覧。 
  39. ^ a b 出演者紹介”. あほやねん!すきやねん!. 2010年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月22日閲覧。
  40. ^ 出演者紹介”. あほやねん!すきやねん!. 2012年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月22日閲覧。
  41. ^ a b 「Let's go!」『POTATO』2009年7月号、学研、2009年6月6日、 120頁。
  42. ^ 【オリコン】A.N.JELL『美男ですね』、ドラマサントラ史上初首位…『ロンバケ』超え!”. ORICON NEWS (2011年10月11日). 2017年5月22日閲覧。
  43. ^ 出演者紹介”. あほやねん!すきやねん!. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月22日閲覧。
  44. ^ “香取慎吾×山下智久ユニット、SMAPライブで初お披露目”. 音楽ナタリー. (2012年10月15日). http://natalie.mu/music/news/78233 2017年5月22日閲覧。 
  45. ^ “稲垣&草なぎ&香取、新ユニット「スマッホ」”. SANSPO.COM. (2012年11月29日). オリジナルの2012年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121201225449/http://www.sanspo.com/geino/news/20121129/joh12112905040000-n1.html 
  46. ^ “日テレ「THE MUSIC DAY」に嵐、EXILE、ZOO、Perfume、ミスチルら66組”. 音楽ナタリー. (2015年6月13日). http://natalie.mu/music/news/150514 2017年5月22日閲覧。 
  47. ^ 【オリコン】亀梨&玉置ユニット“堀田家BAND”が首位”. ORICON NEWS (2013年11月12日). 2017年5月25日閲覧。
  48. ^ 【オリコン】せんせーションズ、DVDシングルが2作連続総合首位”. ORICON NEWS (2016年3月30日). 2017年5月22日閲覧。
  49. ^ “「忍たま乱太郎」第24期の主題歌はジャニーズJr.「ジュニア Boys」”. スポーツ報知. (2016年3月14日). オリジナルの2016年3月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160318173549/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160314-OHT1T50099.html 2017年4月1日閲覧。 
  50. ^ a b c 「忍たま乱太郎」第24シリーズのお知らせ”. 2016年4月11日閲覧。
  51. ^ “映画『TOO YOUNG TO DIE』より誕生したバンド「地獄図(ヘルズ)」がMステ出演!”. RO69. (2016年5月27日). https://rockinon.com/news/detail/143714?rtw 2017年5月22日閲覧。 
  52. ^ 〈METROCK〉長瀬智也、神木隆之介ら地獄図、“日帰り”で現世に降臨”. BARKS (2016年5月21日). 2018年10月13日閲覧。
  53. ^ “キスマイ北山・藤ヶ谷・玉森、21日『Mステ』で一夜限り新ユニット結成”. ORICON NEWS. (2017年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2094367/full/ 2018年7月5日閲覧。