グーグル先生(グーグルせんせい)とはインターネット検索サイトであるグーグル先生にたとえているということ。自分の知らないことを教えてくれるサイトであるということから、このような呼ばれ方がされている[1][2]アスキー・メディアワークスから出版されている週刊アスキーMacPeopleという雑誌で連載されている「花のアンドロイド学園」という漫画作品には、グーグル先生をもじった上で擬人化させたという先生役のキャラクターが登場している[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集